SIer

ソフトバンク・テクノロジーへの転職。評判や年収、残業は?

  • 主な転職元

    ・大手SIer
    ・NIerなどの国内事業会社
    ・WEB系事業会社

  • ソフトバンク・テクノロジー

  • 主な転職先

    ・大手SIer
    ・大手NIer
    ・リクルートグループ
    ・大手WEB系事業会社

ソフトバンク・テクノロジーの主な転職元・転職先

学歴

学歴は、大学・大学院卒が在籍。幅広い大学の在籍者がいる。

職歴

大手SIerをはじめ、NIerなどの国内事業会社、ヤフー・楽天などのWEB系事業会社が中心。システムやネットワーク面の幅広い知識を持つ人材が多い。

退職後の主な転職先

大手SIerや大手NIer、リクルートグループ、ヤフー・アマゾンなどのWEB系事業会社が多い傾向がある。

ソフトバンク・テクノロジー株式会社はソフトバンクの連結子会社であり技術の中核会社です。1990年10月16日に設立され東京都新宿区の東新宿に本社を構えています。

同社はソフトバンクグループの中でICTサービス事業を担っており、昨今ではクラウドを軸に「デジタルマーケティング分野」「プラットフォームソリューション分野」「クラウドシステム分野」を展開しています。

この記事でわかること

  • ソフトバンク・テクノロジーの企業概要や事業内容
  • ソフトバンク・テクノロジーへ転職するときのポイント
  • ソフトバンク・テクノロジーの給与や働き方など

ソフトバンク・テクノロジーに転職する際のポイント

ソフトバンク・テクノロジーの特徴

POINT

・経験豊富な技術者が多いため、スキルアップの現場として最適
・若い人でも新しい事業やサービスの提案ができ、やりがいを感じやすい会社
・時短勤務やフレックス制度などが充実

楽天へ転職するポイント

POINT

・実力主義が根強い会社
・優秀な技術者が多く、自分のスキルアップが望める
・経歴重視の部署多数

ソフトバンク・テクノロジーの企業概要

会社名 ソフトバンク・テクノロジー株式会社
本社所在地 東京都世田谷区玉川一丁目14番1号
社長 阿多 親市
設立 1990年10月16日
株式 上場(東証1部)
株主構成 ソフトバンク(48.35%)
自社(自己株口)(11.27%)
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口)(9.59%)

ソフトバンク・テクノロジーの売上

ソフトバンク・テクノロジーの売上推移

年数 2017年 2018年 2019年
売上高 50,225百万円 49,140百万円 50,430百万円
経常利益 2,286百万円 2,399百万円 2,291百万円

ソフトバンク・テクノロジーの最新ニュース

ソフトバンク・テクノロジーの事業内容

IoT導入支援サービス

ITテクノロジーの進化に伴い、IoT機器は今後も増加すると考えられています。ソフトバンク・テクノロジーはIoTの活用により企業のビジネスプロセスの効率性
向上や、より優れた顧客体験の提供、新たな収益源の創出など「モノのデータ」による新たなビジネスの創出を手助けします。

さらに、IoTのサービスを活用したプラットフォームサービスで、データや人を統合的に管理するサービスをシームレスに提供。総合インターフェースにおいてさまざまな情報管理をより簡単にするほか、拡張性を活かした連携により多様なニーズに対応します。

clouXion

マイクロソフト365のセキュリティ運用や監視を24時間365日体制で行うほか、オンプレミスで運用しているactiveDirectoryの認証でクラウドサービスの認証を行います。

また、クラウドサービスの社外利用にあたり、PCやスマートデバイスの端末認証、アクセス制御、シングルサインオンを実現します。メールの誤送信対策やアーカイブ機能の提供、運用負荷とセキュリティリスクの低減も行います。

このほかにも、Officeソフトと連携するチャットボットでこれまで工数がかかっていたお客様からの問い合わせ対応業務の効率化や、クラウドサービスに対する設定情報を承認フローを介して自動設定するサービスを提供します。

サイト作成の時間短縮、効率化をはかるOnePortalModernやOnePortalClassicなども業務効率化のソリューションとして提供しています。

マネージドセキュリティサービス

クラウド環境におけるセキュリティ運用監視ができるサービスです。成長を続けるクラウド環境を高いセキュリティで保護し、不正アクセスやウイルス感染、データ改ざんなどが起きた際にも素早く対応。経験豊富なセキュリティアナリストが豊富なノウハウを活かして企業をサポートします。

システムの運用・監視もするため、コストや運用負荷がかかりにくいのもポイントです。

ソフトバンク・テクノロジーの転職の募集要項

セキュリティアナリスト

マネージドセキュリティサービスにおけるセキュリティ運用監視業務を行います。セキュリティイベントの解析業務をはじめ、緊急対応時のネットワーク通信遮断対応等のシステムオペレーション業務、定期的にユーザーに報告をするレポーティング業務がメインとなります。

若手と中堅社員がバランス良く配置されており、連携して業務を遂行しています。また、フラットな職場環境です。

これまでにネットワークやサーバーの設計、構築、運用の経験があることが求められ、Webアプリケーションの設計や開発、運用、パケットダンプ解析、IDS/IPSの設計、運用、構築、マルウエア解析、セキュリティ診断の経験があると尚よいでしょう。

必須なスキル・経験

・ネットワークやサーバー設計、構築運用などの経験がある方
・セキュリティデバイスやサービスの構築、運用の経験がある方など

ソフトバンクグループ向けWebアプリ開発

ソフトバンクグループ向けのさまざまなWebアプリケーション開発プロジェクトに関わります。提案からリリースまでの全工程に参画し、スキルによっては入社後すぐにPMやPLとして活躍することも可能です。

顧客のニーズを汲み取った提案や開発全般における上流工程を行い、将来的にはOSSを取り入れた独自のサービス立ち上げに貢献できるような人材を求めています。

Webアプリケーションの開発経験が3年以上、Java言語またはC#言語を利用したWebシステム開発経験が必須です。物流分野における業務知識や経験、クレジットカード決済代行業務知識やネットワーク知識が豊富な人は歓迎されます。

必須なスキル・経験

・WEBアプリケーションの開発経験が3年以上ある方
・JavaやC#などを活用したWEBシステムの開発経験がある方など

データサイエンティスト

機械学習アルゴリズムを利用したソリューションの開発、機械学習モデル構築や連携開発、AI技術を取り入れたIoTビジネスの企画、提案、開発、実装を行います。

必要となる経験・求める人材は、Pythonや関連言語を使用した機械学習モデル構築経験、統計学の知識、IoT・AIを中心としたIT業界の最新動向・技術に興味があり、知識や技術の習得に向けて積極に取り組む姿勢がある方です。

深層学習や強化学習などの機械学習技術の研究開発経験、AI分野におけるオープンソースプロジェクトへの参加経験のある人、大学における修士課程・博士課程にて統計・物理・数理学に関連する研究や論文執筆に取り組んだ経験がある人は重宝されるでしょう。

担当したプロジェクトを最後まで粘り強くやり遂げ、自分のアウトプットに責任が持てる人は歓迎されるでしょう。

必須なスキル・経験

・AI関連ビジネスの提案や設計などの実務経験が1年以上ある方
・統計検定2級程度の知識がある方など

ソフトバンク・テクノロジーの転職難易度

技術力に定評のあるソフトバンク・テクノロジーではネットワークサービスなどの運用経験やエンジニアとしての経験・スキルが必須となる部署が大半を占めます。

IT業界での経験、特に大型プロジェクトに参加した経験や、リーダーとしてチームを引っ張っていった経験があれば面接でのアピールポイントになり、難易度もそれほど高くないといえるでしょう。

ソフトバンク・テクノロジーが転職者の求める人物像

職種を問わず、社会とのつながりを実感しながら責任もって最後までやり遂げられる粘り強い人材が求められています。その職種の基本的な知識や情報、実務経験があることはもちろんですが、継続的に最先端の情報や知識を追い続ける探求心が求められます。

チームで動くことが多いので、コミュニケーションスキルも重要です。また、社内の他部門や社外のパートナーと信頼を築き、連携してアイデアを形にできる人は重宝されます。

ソフトバンク・テクノロジーの転職までの流れ

ソフトバンク・テクノロジーの選考フロー

ソフトバンク・テクノロジーのWebサイトにある「採用情報」の中にあるキャリア採用からエントリーします。

書類選考(履歴書・職務経歴書)

一次面接

想定面接官:部長
想定内容:提出した書類に関する一般的な質問が多いようです。

二次面接

想定面接官:役員
想定内容:職務経歴書に沿って、過去の業務経験に関する質問をされることが多いようです。

条件面談

人事と待遇などについて面談を行います。

ソフトバンク・テクノロジーの面接形式

面接回数は3回程度でそのうち最後の1回は就職後の待遇などに関する面談です。

1回の面接は1時間程度で、これまでの経歴や志望動機を聞かれることが多いです。

ただし、応募職種・選考時期・状況によっては選考ステップが変わる可能性があります。

ソフトバンク・テクノロジーの面接内容

志望動機などの一般的な内容に関する質問が多いです。
面接で最も重視されるのが「自己発信」できるかどうかです。自分の考えをしっかりと語れるか、自分の言葉で質問に答えられるかどうかを注視しているようです。

いかに自分自身のことを深く話せるかどうかが面接の鍵となります。

ソフトバンク・テクノロジーで働いている方の評判・口コミ

エンジニア、中途採用、3年未満、男性
スキル基盤が厚い人が多い会社のため、自分の経験や知識に繋がる。自己成長はできる会社だと思います。また、上流から下流までの工程も見ることができることもすごく良い。

エンジニア、中途採用、3年~5年、女性
残業時間が減ってきており、ワークライフバランスを保ちやすくなっている。残業手当もしっかり出る。
エンジニア、中途採用、3年~5年、男性
フレックス制度などが導入されているため、働きやすいと思う。案件の進捗状況によるが、休暇も比較的に取りやすい会社だと思う。
必須なスキル・経験

スキルが高い方が多く、スキルアップが望めるという声が多い会社です。また、フレックス制度などの環境整備もされているため、働きやすいという声も多いです。

ソフトバンク・テクノロジーの年収・給与は?

年収 600~650万
ボーナスの有無 有り
昇給制度 年1回(4月)
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 一部支給
福利厚生 アニバーサリー休暇、恩人感謝の日
ベネフィット・ワン福利厚生システムなど

ソフトバンク・テクノロジーでの転職者の出世難易度

中途採用者が多い会社なので新卒との差はなく、平等な評価がなされています。

しかし、近年、優秀な実績を持つ新卒採用者を対象に、入社直後に管理職手前の階級に配置する制度の導入が進んでいるため、年齢が若い人にチャンスが多いことは事実なようです。

ただし、実力主義であることは変わらないため、社内での評価を高め上司との良好な関係を築くことができれば出世のチャンスは訪れるでしょう。

ソフトバンク・テクノロジーの役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 なし 700万円
40代前半 マネージャー 900万円
40代前半 なし 900万円
40代後半 部長 1,100万円
50代前半 なし 900万円

ソフトバンク・テクノロジーはどんな人が働いてる?

従業員数

970名(2018年3月末時点/連結)

平均年齢

参考なし

平均勤続年数

参考なし

ソフトバンク・テクノロジーの社風

若い人が多く、活気に溢れた会社です。営業は若いメンバーが多く、よきライバルとして切磋琢磨している印象で、エンジニア職の社員は中堅からベテランが引っ張っていくのが特長です。

また、中途入社の社員は人間関係よりもスキルで評価される風土があります。積極的でスキルのある人にはやりがいを感じられる職場です。同社では人材の育成に力を入れており、能力開発休暇や資格取得奨励金制度、SBT塾など個人の能力を伸ばせる福利厚生が充実しています。

さらに、従業員間でのコミュニケーションも活発で、月に一度上司との個人面談があるなど意思疎通のとれた風通しの良い社風であると言えます。

ソフトバンク・テクノロジーのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~17:45
休日 土曜・日曜・祝日
その他の休日・休暇 年末年始休暇 、慶弔休暇、
介護に関する休暇、アニバーサリー休暇、
恩人感謝の日、キッズ&看護午前半日休暇、
能力開発休暇、リフレッシュ休暇
平均残業時間 25時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ソフトバンク・テクノロジーの社長

代表取締役社長 CEO 阿多親市

日本マイクロソフト、ソフトバンク・テクノロジー代表取締役社長兼CEO。島根大学文学部法学科卒業後、アイワを経て日本マイクロソフトに入社。日本マイクロソフトで常務取締役や社長をつとめたのちソフトバンクBBに入社。ソフトバンク・ペイメント・サービス社長やビートラステッド・ジャパン社長、ソフトバンクモバイル専務執行役などを勤めた。

ソフトバンク・テクノロジー現職、OB/OGの有名人

記載なし

ソフトバンク・テクノロジーの転職に関わるQ&A


技術エンジニアがそれぞれの部門にバランスよく在籍しているので技術の相乗効果が期待できます。社内でトータルに管理できる環境が整っているので、エンジニアにとっては働きやすい環境と言えるでしょう。


残業代は出ますが、全体として残業を減らそうという働きがあります。


フレックスタイム制を導入しています。コアタイムの範囲内であれば、何時に出社しても問題ありません。

あなたがソフトバンク・テクノロジーに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

ソフトバンク・テクノロジーへ転職する方法

ソフトバンク・テクノロジーに転職する方法は以下の3通りです。

方法①|ソフトバンク・テクノロジーのホームページからエントリーする

ソフトバンク・テクノロジーの「キャリア採用」のページからエントリーすることができます。履歴書や職務経歴書はエントリーページからアップロードすると便利です。書

方法②|大手求人サイトから申し込む

ソフトバンク・テクノロジーは「vorkers」や「doda」でも求人を出しています。求人サイトであれば、会社の口コミなども見ることができるサイトもあるので、ソフトバンクテクノロジーのことをより詳しく知ることができますよ。

関連記事

日立製作所の転職情報。難易度はどのくらい?

...

ソフトバンク・テクノロジーへの転職。評判や年収、残業は?

...

NTTデータに転職したい方必見。中途入社の難易度や年収を解説

...

セブン&アイ・ネットメディアに転職するべき?口コミや面接内容を調査

セブン&アイ・ネットメディアは、セブン&アイホールディングスのシステム全般の開発や運営を担う企業として2008年に設立されました。 セブン&アイホールディングス傘下150社のWEBサービスやスマートフォンアプリ、店頭デバイスなどを...

NTT西日本への転職はおすすめ?年収や転職難易度について解説

...

TOP