SIer

NTTデータに転職したい方必見。中途入社の難易度や年収を解説

 
▼下記は、NTTデータに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからNTTデータに転職してくるのか
・転職先:NTTデータからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

NTTデータの主な転職元・転職先

学歴学歴は、高専〜大学・大学院(博士含む)卒が在籍。高学歴者の比率が高く、海外大学出身者もいる。

職歴キャリア採用の人数は少なく、ほとんどが新卒からの社員となっているが、SIer出身の社員も在籍している。

退職後の主な転職先NTTデータの転職先として、アクセンチュアなどのコンサルティングファームリクルートグループなどのWeb系事業会社日本オラクルなどの外資系テクノロジー企業、ソフトバンクなどの通信会社、その他SIerなどが挙げられます。

データ通信やシステム構築事業によって情報サービス産業を牽引し続けているNTTデータは、1988年5月23日に設立、本社は東京都江東区の豊洲センタービルに位置しています。資本金は1,425億2千万円、従業員数は2018年3月末現在、11,263名となっています。

主な事業はシステムインテグレーション事業、ネットワークシステムサービス事業であり、国内ITサービス企業としては、富士通・日立製作所に続く国内第3位の売上高を誇っています。

NTTデータでは最先端のテクノロジーを活かして、グローバルな視点で活躍できる優秀な人材を求めています。

初めての転職でNTTデータを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

NTTデータの平均年収や、社員の口コミ評判よりも募集要項をまとめてみたい!そんな方はまずはビズリーチをチェック!
NTTデータでは現在データサイエンティストの中途採用に力を入れています。
ビズリーチでは、NTTデータの募集要項が多数掲載されていて、ハイクラス専門の転職サイトということもあり、平均年収は800万円〜です。

ビズリーチはサイト上に載っていない非公開案件も多数保有しているため、自分にあったポストが見つからない際にはアドバイザーに相談することをおすすめします。

この記事でわかること

  • NTTデータの企業概要や事業内容
  • NTTデータへ転職するときのポイント
  • NTTデータの給与や働き方など

NTTデータに転職する際のポイント

NTTデータの特徴

POINT

・日本を代表するSler企業であり、NTTグループの中核を担う企業
・ベンチャー企業というよりは古来からの大手日本企業のような保守的な社風
・同業他社と比べて給与水準は平均的だが、ワークライフバランスは比較的取りやすい

NTTデータへ転職するポイント

POINT

・転職者はSler出身者が多い
・事務系・技術系共に、専門職ポジションでの採用多数
・高い技術力が求められるため難易度は高め

NTTデータの企業概要

会社名 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
本社所在地 東京都江東区豊洲三丁目3番3号 豊洲センタービル
社長 本間 洋
設立 1988年5月23日
株式 上場(東証1部)
株主構成 日本電信電話(54.19%)
日本マスタートラスト信託銀行(信託口)(9.09%)
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口)(4.57%)

NTTデータの売上

NTTデータの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 1,614,897百万円 1,732,473百万円 2,117,167百万円
経常利益 117,109百万円 123,522百万円 147,716百万円
POINT

連結の売り上げは落ちることなく3期連続で右肩上がりになっている。

NTTデータの最新ニュース

NTTデータの事業内容

NTTデータの事業内容は主に「システムインテグレーション事業」「ネットワークシステムサービス事業」の2つに分けることができます。クライアントは官公庁、製造業、教育、金融、流通、医療など多岐に渡ります。それぞれの詳細は以下の通りです。

システムインテグレーション事業

ITシステムの開発から導入までを一貫してクライアントのニーズに応じて提供しています。

お客様の業務を把握し、課題解決のためのコンサルティングから設計、開発、運用・保守まで全てを請け負う事業です。例えば、クレジットカード決済における小売会社、銀行、クレジットカード会社間における決裁システムの構築や、金融機関相互における為替業務のオンライン処理などがシステムインテグレーション事業に該当します。

特にNTTデータでは官民、規模の大小に関わらず幅広く手掛けており、業務領域は拡大しています。

ネットワークシステムサービス事業

安全かつ大容量のデータ伝達など、ネットワークを介した無線LAN、モバイル活用、社内システム等の構築を事業内容としています。具体的には、クレジットカード、デビットカード、Suicaのようなカードを使用した決済において、店舗のPOS端末と決済センターを安全につなぐネットワーク構築やインターネットバンキング、モバイルバンキングにおける口座取引サービスのためのネットワーク構築などが挙げられます。

NTTデータの募集要項

クレジットカード業界向け営業担当

NTTデータの開発チームと連携をしながら、新規のモデルを開発したり、クレカ会社などのIT戦略の立案を行なったりなどが主な業務です。大手ファイナンシャルグループへの提案が主になります。

必須なスキル・経験

・顧客営業の経験が3年以上ある方
・システム部門との調整などの経験が5年以上ある方

クレジット業界向け企画/ソリューション営業

クレジットカード会社を中心とした決済事業者向けにスマホアプリやWebサイトといったフロント系、AIやAPIといったデジタル系、オーソリやポイント、ペイメントシステムといった決済系を含む広範な提案活動、新たなビジネスモデルやサービスの企画が主な仕事です。

具体的にはカード会社、加盟店向け決済ソリューション、商品企画・提案や、EC決済、モバイルコマースサービス企画・提案などが挙げられます。

必須なスキル・経験

・金融業界もしくはIT業界において法人営業の経験がある方
・企画業務経験があり、ITを用いたソリューション提案営業の志望度が高い方
・ビジネスレベルの英語力がある方

テクノロジーコンサルタント

先進テクノロジーの深い知見と技術力および業界・業務の知見・分析力をベースとしたコンサルティングプロジェクトに参画し、顧客企業のデジタル変革(新サービス創出やビジネス変革など)を実現させます。

必須なスキル・経験

ITサービス会社、コンサルティング会社または事業会社において、以下について1つ以上の経験があること
・データ分析業務
・データ分析・活用に係るコンサルティング
・AI/BI/IoT/クラウド等の技術を用いたコンサルティングまたはシステム開発

クラウド上流エンジニア/コンサルタント

クラウド上流エンジニアとして、クライアントに提供するシステムの全体を設計し、クラウド導入を支援、導入後のシステム全体の運用統制を行う業務です。

読み書きができるレベルの英語力や、AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト、Azure関連のMicrosoft Certified Professional、情報処理技術者資格、いずれかの資格取得が求められます。事前にしっかり募集要項を確認することが重要です。

必須なスキル・経験

・システム開発や運用の経験が5年以上ある方
・オープン系システムの構築や運用の経験が5年以上ある方
・業務システムの設計、構築、運用、トラブル対応において、基盤系ITスペシャリストあるいはITアーキテクトとして活躍した経験があること 
・OS、ネットワーク、データベースその他のミドルウェア等について、スペシャリストとして深い知識・経験を有していること
・プロジェクトマネージャの経験が2年以上ある方

データサイエンティスト

NTTデータ内のバックエンドで蓄積しているデータを元に、将来予測や予兆検知が可能なアナリティクスの仕組みを構築し、経営課題や業務レベルの課題解決を行います。また、確立・運用した仕組みは社内事例として事業部門に提供し、ビジネスへの貢献も行います。

経営分析や、働き方改革などさまざまなテーマに対して、社内のデータを分析活用し、全社の利益や社員の満足度の向上に寄与するポジションです。

必須なスキル・経験

機械学習、ディープラーニング、AI、統計分析、データマイニング等の内、いずれかの手法を用いてデータ分析した経験が1年以上ある方

NTTデータへの転職難易度は?

NTTデータが求めているのは以下のような人材です。

・自ら主体的に動き、周りを巻き込む力がある人
・変化を楽しみ、チャレンジし続けられる人
・多様な仲間と共通の目標に向かって走り続けられる人

NTTデータでは中途採用を行う目的と考え方として「大きな変化の時」と「人を大切にする文化」を挙げています。現在、社会ではAI、ビックデータ、ロボットのようなシステムインテグレーションにおける大きな技術的変化が急速に起きてます。

NTTデータが幅広い社会の要請に応えるためには、より多様な視点、多様な能力を結集することが必要です。そのため転職者には、NTTデータにこれまでなかったビジョンや経験を活かして、新しい価値を創造していくことが求められています。

NTTデータの転職はどんな方が受かりやすい?

NTTデータが積極的に採用するのは以下のような人材です。

・自ら動き周りを巻き込む
・変化を起こすことを楽しむ
・多様な仲間と共通の目標を達成する

NTTデータの価値観に賛同できる方を求めています。

NTTデータが転職者に求める人物像

NTTデータが求めているのは以下のような人材です。

・自ら主体的に動き、周りを巻き込む力がある人
・変化を楽しみ、チャレンジし続けられる人
・多様な仲間と共通の目標に向かって走り続けられる人

NTTデータでは中途採用を行う目的と考え方として「大きな変化の時」と「人を大切にする文化」を挙げています。現在、社会ではAI、ビックデータ、ロボットのようなシステムインテグレーションにおける大きな技術的変化が急速に起きてます。

NTTデータが幅広い社会の要請に応えるためには、より多様な視点、多様な能力を結集することが必要です。そのため転職者には、NTTデータにこれまでなかったビジョンや経験を活かして、新しい価値を創造していくことが求められています。

NTTデータの転職までの流れ

NTTデータの選考フロー

こちらは公募ルート(転職情報媒体、当社応募フォーム等)から応募された場合の一般的なフローです。

個々の選考状況により、変動する可能性があります。

応募

エントリーシート・webテスト

想定内容:応募職種における求める人材像(経験・スキル)とのマッチングの観点から選考が行われます。webテストの出題形式は年度によりSPI・WEBテスティング、玉手箱、TG-WEBなど様々であり、言語・非言語・性格のいずれかが出題されます。

一次面接および適性検査

想定選考官:現場責任者
想定内容:職務経歴書に沿って経歴や志望動機など基本的なことが質問されます。過去の実績や業務経験についても多く聞かれます。

二次面接

想定選考官:役員
想定内容:基本的には一次と同じく基本的な質問がなされます。ただし、一次面接よりも性格や考え方、マインドを重視するような質問が多くされます。

採用条件提示

入社

NTTデータの面接形式

面接回数は通常2回です。
1回につき20分程度行います。

NTTデータの面接内容

質問内容は至って一般的です。
・なぜNTTデータを志望したのか
・今までの人生で一番苦労したことは何か
・入社後どのようになりたいか
・今までの技術経験について
構えず自然体で答えると良いでしょう。

NTTデータで働いている方の評判・口コミ

ディレクター、在籍年数3~5年、男性
大企業ということもなので、ルールや業務マニュアルは厳格に作られている
また、システム開発についてのノウハウも社内に蓄積されており、レベルが高い。
システム開発をしたいのであれば入社することでかなりのスキルアップになる可能性はある。
エンジニア、在籍年数3~5年、男性
プログラミングをゴリゴリ書きたい人にはあまり向いていない会社である。なぜなら、マネジメントが中心となるから。
一部、プログラムを組んだり、システムを構築したりする部署もあるが、大体はマネジメントなどの業務を行うことが多い。
ディレクター、在籍年数5年以上、男性
有給などの取得が義務化しているため、取得しやすく長期休暇を取ることもできる。
ただ、繁忙期に関しては、難しい時もあり、中々有給などを取得して長期で休みにくい。
口コミの要約

業務マニュアルなどがしっかりと整備されており、開発のノウハウの蓄積もあるため、スキルアップに繋がるとの声が多い。また、大手企業であるため有休消化などに関しても厳しく、長期で有給を取得することもできるようです。

NTTデータの年収・給与は?

平成28年におけるNTTデータの平均年収は812万円です。ここ数年は788万円から807万円あたりを推移しており、安定していることが分かります。

年収 812万円
ボーナスの有無 年2回(6月・12月)
昇給制度 有り
残業手当 記載なし
固定残業手当 記載なし
通勤手当 全額支給
住宅手当 有り
福利厚生 社員持株会、リゾート施設・スポーツ施設利用
企業年金など

NTTデータでの転職者の出世難易度

設立から30年を経過した若干古い企業であることや、日系の大手企業であることからもわかるように、年功序列の風土がある会社だと言えます。そのため、転職者が役員クラスまで出世するには、持ち場での業務をしっかりとこなし続けていくことが必要です。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代前半 なし 400万円
20代中盤 なし 550万円
20代後半 なし 650万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 なし 800万円
30代後半 なし 800万円
30代後半 課長 1,000万円
40代前半 なし 900万円
40代前半 課長 1,100万円
40代中盤 課長 1,150万円

NTTデータはどんな人が働いている?

従業員数

11,263名(2018年3月末現在)

平均年齢

38.4歳

平均勤続年数

14.3年

NTTデータの社風

平均年齢が38.4歳と比較的平均年齢の若い企業と言えます。勤続年数は14.3年とIT企業の中では比較的長いのも特徴です。基本的には年功序列の風土ですが、社内の風通しがよく、比較的若手でも意見が通りやすい環境となっています。

また事業部としてコスト管理をしているため、大企業でありながらも、中小企業のようなスピード感があるのも特徴です。社員・社風を含めて堅実で保守的な傾向が強いため、真面目で穏やかな人にはなじみやすい職場かと言えます。

NTTデータのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:30~18:00
休日 土曜・日曜・祝日
その他の休日・休暇 年末年始、夏季休暇
介護休暇制度、特別休暇
平均残業時間 記載なし
フレックス制度 職種により有り
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

NTTデータの社長

本間 洋

1980年に日本電信電話公社に入社。2013年にNTTデータ常務執行役員第三法人事業本部長に就任。2014年に同社取締役常務執行役員エンタープライズITサービスカンパニー長に就任。2017年より同社代表取締役副社長執行役員を務める。

NTTデータ現職、OB/OGの有名人

※該当なし

NTTデータの転職に関わるQ&A


テストは自宅で行うWEBテストです。難易度は高いと言えるため、テキスト使ってしっかり対策を行っておくと良いでしょう。また、性格診断も用意されており、採用の際に重要視されています。


女性にとって働きやすい会社だと言えます。育児休暇などの制度が充実していますし、出産後もテレワーク制度を活用することによって、自宅で子育てをしながら仕事をすることができます。


繁忙期と閑散期で大きな差があります。繁忙期は定時で帰れないことがほとんどです。しかし、有給取得率は高く、毎月・毎週の決まった曜日や日にちにリフレッシュデーを設ける取り組みがなされています。

NTTデータへ転職する方法

まずは公式サイトで概要を確認

NTTデータのキャリア採用特設ページには、転職希望者に向けた社員インタビューや事業紹介など、企業研究に欠かせないコンテンツが多数用意されています。
転職エージェントや転職サイト経由での転職を予定している場合でも、一度目を通しておくことをおすすめします。

また、NTTグループのキャリア登録もこちらのページから可能です。

複数の企業に応募するなら「転職サイト」

転職サイト経由でNTTデータへ転職するなら「ビズリーチ」がおすすめです。
ビズリーチはハイクラス専門の転職サイト。企業からの募集要項とエージェントの案件をまとめて閲覧できるほか、アドバイザーのサポートも受けられるため、安心して転職活動を進められるでしょう。
転職サイトを利用する最大のメリットは、求人案件数が豊富なことです。富士通やアクセンチュア、日本IBMなど、競合会社の募集要項を見比べながら検討できるなど、効率的に情報を集ることができます。
またプロフィールや職務経歴をと一度登録すれば、まとめて複数の求人にエントリーできるため、スピード感を持って転職活動を進めることができます。
ただし、志望理由や、面接対策、日程調整などを全て自分1人で行う必要があるため、NTTデータ1本に絞って、確実に転職するのであればエージェントの活用をおすすめします。

ビズリーチの求人は新規事業企画・事業開発ポジションが多め

ビズリーチに掲載されているNTTデータの求人案件は、新規事業企画・事業開発ポジションが中心となっています。

※画像はイメージです

そのほかに掲載されているポジションとしては、流通業向けの新規事業デザイナー、教育部門の新規事業企画など、幅広い職種へ展開されています。
なお、ビズリーチは非公開案件を多数保有している転職サイトです。求めるポジションがサイト内に記載されていない場合でも、諦めずにアドバイザーに相談することをおすすめします。
ただし、ビズリーチでは基本的に1人で転職活動を進める必要があるため、より確実性を高めるのであれば、転職エージェントを利用することをおすすめします。

通過率を高めてより確実に転職するなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用してNTTデータへ転職するのであれば、大手の転職に強いリクルートエージェントがおすすめです。
リクルートエージェントは日本最大級の求人案件数を持つ転職エージェント。大手企業への転職実績も多く、NTTデータの中途採用に関する的確なアドバイスがもらえるでしょう。
転職エージェントを利用するメリットは、書類添削、模擬面接、日程調整、給与交渉、転職後のキャリアサポートまで、全て無料で受けられることです。
NTTデータへの転職難易度は高く、書類選考の段階で足切りされるケースが多々あります。各業界に精通している転職コンサルタントと面談をし、転職の対策を打っていくことで、書類・面接の通過率を高めていきましょう。
ただし、転職エージェントを利用する場合、面談や模擬面接など、本番前の準備期間が必要になります。応募を決めてから内定までの間に1ヶ月〜半年以上かかる場合もありますので、その点を留意したうえでエージェントを利用しましょう。

リクルートエージェントにはコンサルタント案件が多め

2020年6月現在、リクルートエージェントに掲載されているポジションはコンサルティング系が中心となっています。

※画像はイメージです。

リクルートエージェントは案件掲載数業界トップクラスの転職エージェントです。現在NTTデータの案件も20件掲載されており、会員登録不要で募集要項を確認することができます。

リークルートエージェントはサイト上に掲載されていない非公開求人が約15万件あり、NTTデータの非公開求人がある可能性も非常に高いです。
サイト内に希望する職種が掲載されていない場合でも、非公開求人を紹介してもらえる可能性があるので、転職についての疑問や、自身のキャリアについてなど、コンサルタントに一度相談することをおすすめします。

あなたがNTTデータに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

コムウェアの転職はおすすめ?転職難易度や年収などを調査!

  ▼下記は、コムウェアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからコムウェアに転職してくるのか ・転職先:コムウェアからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)へ転職するには?難易度や面接情報を調査

▼下記は、伊藤忠テクノソリューションズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから伊藤忠テクノソリューションズに転職してくるのか ・転職先:伊藤忠テクノソリューションズからどこへ転職するのか 一般的な...

大塚商会の転職情報まとめ。面接の口コミや転職難易度を調査!

  ▼下記は、大塚商会に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから大塚商会に転職してくるのか ・転職先:大塚商会からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

ソフトバンク・テクノロジーへの転職。評判や年収、残業は?

  ▼下記は、ソフトバンク・テクノロジーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからソフトバンク・テクノロジーに転職してくるのか ・転職先:ソフトバンク・テクノロジーからどこへ転職するのか ...

日立製作所の転職難易度は?面接内容や口コミ評判を徹底調査

  ▼下記は、日立製作所に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日立製作所に転職してくるのか ・転職先:日立製作所からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

TISへの転職は難しい?難易度や年収などを解説

  ▼下記は、TISに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからTISに転職してくるのか ・転職先:TISからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

富士ソフトの転職難易度は?年収や選考内容などを解説

  ▼下記は、富士ソフトに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから富士ソフトに転職してくるのか ・転職先:富士ソフトからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

野村総合研究所への転職難易度は高い?年収や倍率などを解説

  ▼下記は、野村総合研究所に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから野村総合研究所に転職してくるのか ・転職先:野村総合研究所からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりた...

NTTデータに転職したい方必見。中途入社の難易度や年収を解説

  ▼下記は、NTTデータに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTTデータに転職してくるのか ・転職先:NTTデータからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

セブン&アイ・ネットメディアに転職するべき?口コミや面接内容を調査

  ▼下記は、セブン&アイ・ネットメディアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからセブン&アイ・ネットメディアに転職してくるのか ・転職先:セブン&アイ・ネットメディアからどこへ転職するのか...

TOP