コンサルティング

ベイン・アンド・カンパニーの年収は?中途面接の内容や評判などの転職情報まとめ

ベイン・アンド・カンパニー転職者の主なキャリアステップ

ベインの主な転職元・転職先

学歴学歴は、大学・大学院卒などが在籍しており、海外大学の出身者もいます。
また、国立では東大・京大が多く、私立も早稲田などの高学歴者が多い傾向にあります。

前職職歴は、銀行、証券、コンサルティングファームのほかに、メディア、通信、消費財メーカーなど多岐にわたります。

次の転職先転職先として、コンサルティングファームやシンクタンクのほか、Web事業会社、医療機器メーカー、IT企業などが挙げられます。

ベインアンドカンパニーは1973年にアメリカ合衆国ボストンにおいてビル・ベイン他4名のコンサルタントによって設立された世界有数の戦略コンサルティングファームです。
北米・アジア・ヨーロッパなど世界37ヶ国に58拠点のネットワークを展開しており、従業員数は10,500名となっています。
ベインの東京オフィスは1981年に設立され、ベインクライアントの利益を生み出すという使命のため、日本独自のビジネス環境、産業構造、企業文化、実務現場において、豊富な経験・分析力を持ったコンサルタントが徹底した結果主義のもとにプロジェクトを推進しています。
各国にあるベインのオフィスとの連携によるプロジェクトや海外研修などにおるキャリア構築などグローバルな活動を行っています。
現在ベインでは積極的に中途採用を行っており、転職者に人気の外資系コンサルティングファームとなっています。

ベインを目指す人におすすめの転職エージェント

・ベインの口コミや年収も気になるけど、確実な人から適切な転職先を紹介されたい!

そんな方はまず転職エージェント「DX CAREER AGENT」をチェックしましょう。

DX CAREER AGENTの主な特徴は以下の通り。

・DXに精通した人材紹介に特化されたサービスならではの、求人・サポート

・サポートする少数精鋭のエージェントは全員、各業界の最大手出身者

・大手の採用代行を行なっているので、マーケットに出てこない優良求人を多数保有

DX CAREER AGENT
DX CAREER AGENT

この記事でわかること

  • ベインの企業概要
  • ベインの転職ポイント
  • ベインの社風や企業文化

ベインに転職するポイント

ベインの特徴

POINT

  • ・徹底した結果主義の公約を掲げている
  • ・業界トップレベルの収入
  • ・日本において、マッキンゼーを上回るビジネス規模コンサルタント数

ベインへ転職するポイント

POINT

  • ・前職の専門的経験を高く評価される
  • ・海外出張や駐在の意欲および英語力
  • ・口頭や文章によるプレゼンテーション能力

ベインの企業概要

会社名 ベインアンドカンパニージャパンインコーポレイテッド
本社所在地 東京都港区赤坂9-7-1ミッドタウン・タワー8階(東京オフィス)
社長 奥野慎太郎
設立 1981年10月(日本オフィス)
株式 非公開
株主構成 非公開

ベインの売上

記載なし

ベインの売上推移

年数 2017年 2018年 2019年
売上高 非公開 非公開 非公開
経常利益 非公開 非公開 非公開

ベインの最新ニュース

ベインの最新情報を掲載しております。

ベインの事業内容

ベイン・アンド・カンパニーでは、テクノロジー、消費財、公共事業など幅広い業界のクライアントに対して、経営コンサルティングを行っています。
支援の領域は非常に幅広く、トランスフォーメーションやM&Aなど11の領域を中心として、クライアントを支援しています。

トランスフォーメーション

トランスフォーメーション領域では、比較的穏やか経営改革から、経営破綻した企業の事業再生まで、クライアントの現状に合わせて、フルポテンシャル・トランスフォーメーションを推進していきます。
ベインでは、クライアントの限られた経営リソースの中で、最大限の効果を発揮するために、戦略・オペレーション・組織・顧客志向・資本構造・ITの6つから検討し、最適なアクションをとってクライアントの経営を支援しています。

戦略

さまざまな企業・業界のクライアントへ戦略策定および実行支援を行い、クライアントの組織的能力を強化することで、持続的な成長への支援を行います。
長期的な成長を推進させるためのクライアントへの企業戦略構築支援や競争力のあるデジタル戦略を立て、ユニークなアプローチで短期間に実現するといった活動を行います。

企業買収、合併 (M&A)

ベインでは「取引の組み立て方」ではなく、「持続可能な価値を生み出す取引の方法」を重視し、M&Aをグローバルな成長戦略の重要な要素にします。 これがベインの答えです。
特定のトランザクションを処理する前に十分に積極的に計画し、頻繁かつ継続的な取引を行うことで、再現可能な獲得モデルの構築を行います。

顧客戦略、NPS®、マーケティング

会社が真の成長を成し遂げるには顧客という存在は欠かせません。
その点においてベインでは、顧客への深い洞察と運用およびビジネス経済学の知見を組み合わせることで、クライアント利益に伴った持続的な成長への支援を行います。

業務改善

調達・販売管理・運用コストの削減、R&D効率の向上、複雑な事象の簡素化、またはこれらすべてを支援します。
コストの削減や研究開発の効率改善、事象のシンプル化といった支援を行っています。
また、クライアントの状況に応じて、加速および持続可能なコスト削減計画やゼロベースの予算再設計などの提案も行っています。
ベインのコンサルティングによってクライアントの収益は、毎年ベインの料金の平均17倍の結果を残しています。

組織

優れた組織の設計と運用は、競合他社との違いを生む要素となります。
ベインの調査によると、高いパフォーマンスを生み出しているとされる企業の特徴として、企業の株主総利益が平均6%上回っています。
また、その従業員は他の人に就職先として、自社を薦める傾向があり、大きな差を生む意思決定の方法ともいえます。
企業の高いパフォーマンスを発揮できるよう、適切な意思決定をを迅速に行い、効果的にサポートを行います。

コーポレート・ ファイナンス

ベインのコーポレート・ファイナンスコンサルティングサービスでは、経営陣とそのチームが企業戦略・財務戦略・トランザクション(合併、買収、販売、スピンオフ)および資本市場を包括的な視点で見ることによる価値を生み出すサポートを行っています。
また、IR戦略の改善、「あらゆる株主(活動家投資家)」へのアプローチの準備、および対応における企業の支援も行います。

チェンジ・マネジメント

適切なチェンジ・マネジメントを行っている企業は競争に優位であり、比較的新しい組織が優れている傾向にあります。 それに加えベインの調査では、80%以上の企業が期待した結果に到達できなかったということがわかりました。
この80%という数字は、1980年代から1990年代にかけて行われた調査結果とほぼ同じであり、チェンジ・マネジメントを取り巻く環境はさらに複雑化しているといえます。
ベインでは、グローバル企業184社での数十年の経験と分析により導き出された知見から、結果を期待できる新しいチェンジ・マネジメント方法で企業をサポートします。

アジャイル

アジャイルは、企業を変革し、イノベーションと利益成長を促進する効果的な方法です。
ベインが持ち合わせているアジャイルについての深い知識を活用することで、数百の組織にわたってどのように拡張するかを市場の変化に応じて変化を推進し、品質と従業員の考え方を変化させる支援を行っています。

オペレーション

品質、スピード、洗礼された方法はビジネスにおいて非常に重要な要素といえます。
ベインの運用コンサルティングの専門家は、効果的かつ効率的な運用を構築するために4,000以上のプロジェクトに取り組んできた実績と経験があります。
ベインでは、成長の促進・コストの削減・運用の改善を通した戦略の実行を支援します。

サステイナビリティ、社会貢献

サステイナビリティへの取り組みは、ベインにおけるビジネスの基盤の1つと見なしており、明確な投資収益率や投資利益率を実証し、戦略と運用に統合される必要があります。
持続可能性戦略・利害関係者の関与・持続可能性に関連する成長とコストの機会における環境的・社会的影響に関して重要な決定を行う組織への支援を行います。

ベインの転職の募集要項

戦略コンサルタント

分析・退陣・創造思考・ビジネス経営・リーダーシップ能力を発揮し、大手企業と協議することで変化をもたらすプロジェクトに関わります。
業務内容としては、プロジェクトに関する調査・・戦略の策定・企画立案・クライアントへの提案およびその後の実行支援など、幅広い分野の担当を行います。
中途採用場合、能力や経験に応じたポジションで入社することになり、アソシエイトコンサルタントやコンサルタント職で多くの場合入社することとなります。
また、新卒社員と同様のトレーニング・コーチング・パフォーマンス管理・パーソナライズされた能力開発・昇進の機会が与えられ、海外オフィスとの共同チームでプロジェクトに取り組む機会もあります。

必須な経験・スキル

  • ・コンサルティングファームにおける1年以上の実務経験
  • ・ビジネスレベルの英語および日本語スキル
  • ・3~12年程度の社会人歴

アソシエイトコンサルタント(AC)

ベインでの業務内容として、プロジェクトチームにおける戦略提案の構成による土台づくりや、クライアントの顧客・競合企業、サプライヤー・社員対象のインタビューなどを行います。
また情報の入手および情報源の特定、データの収集・解釈、分析による有意義なインサイトの導出も行いある程度経験を積んだあとは、経験の浅井アソシエイトコンサルタントの監督を担います。

必須な経験・スキル

  • ・数年間の実務経験
  • ・分析、対人、創造的思考、ビジネス経営、リーダーシップの能力

マネージャー

社内のさまざまな場面でリーダーシップをとり、各プラクティス領域の専門性を深め、社会貢献を促進することで、アソシエイトコンサルタントやコンサルタントを支援する業務です。
クライアントが抱える課題を特定し、確信をもって行動可能にするため、インサイトを掲示することで、優れた人材を育成し複数チームとの連携が求められます。
また、コンサルタントのキャリアプラン構築支援・研修・業規定準拠・社会貢献の取り組みの促進といった指導的役割を担います。

必須な経験・スキル

  • ・培われたリーダーシップ力
  • ・深いコンサルティング知識

ベインの転職難易度

ベインへの転職難易度は高いといえます。
ベインは日本はもちろん世界的にも信頼を集めている有名企業であり、トップファームの中でもオフィスの従業員数が比較的少ない企業であるため、高い知名度と採用人数の少なさから難易度が高いといえます。
また、採用されるコンサルタントは学歴が高い傾向があり、さらにその中でも特に優秀な実績をアピールする必要があります。

ただし、ベインでは異業種からの中途採用も積極的に行っている企業です。
外資系コンサル未経験からの転職であってもスキルと実績次第では採用される可能性は充分あるといえるでしょう。

ベインが転職者に求める人物像

ベインでは、求める人材として以下を掲げています。
・信頼できるチームプレイヤーであると同時に自主的思考の持ち主
・納期厳守で計画的、マルチタスクに長けている
・口頭・文書による表現に優れ、数量的能力およびプレゼンテーション能力が高い
・優れた分析的思考
・海外出張および駐在の意欲がある(本人が望む場合)
・英語が堪能である
ベインでは、コンサルタントの成果物は過程ではなく結果という考えであるため、結果を出すための考えや行動を求められ、ベイン自体もそういった考えの組織作りがなされています。
そのため常にハイクオリティで高いパフォーマンスを要求された場合でも結果を足し続ける人物を求められているといえます。
また、ベインが考えるミッションへの核として「常に高い質を目指すこと」「互いのパフォーマンスを常に再定義すること」を掲げています。
ベインの考えるミッションを達成するために必要な要素として、基礎的な分析力・専門的分野を土台に
・総合的思考
・顧客の理解および密接な関係づくり
・チーム力
の3つを挙げており、これらを持ち合わせている人物をベインは求めています。

ベインの転職までの流れ

ベインの選考フロー

書類選考

筆記試験

職歴によっては筆記試験が免除される場合があります。

面接

想定選考官:現場のコンサルティングスタッフ
面接官2人と応募者1人

ベインの面接形式

面接官2人と応募者1人での面接で、面接回数はスケジュールにもよりますが3~5回行われます。
面接官は現場のコンサルティングスタッフで、面接回数が増えるにつれポジションが高くなる傾向があります。

ベインの面接内容

ベインの面接では、3種類の面接での選考が行われます。
◆筆記ケース面接
ケースに関する設問や情報が与えられ制限時間までに資料に示された課題に対し提言を行う筆記ケース・インタビューを行います。
クライアントの現状から政策を考えトレードオフをそれぞれ考慮することで、説得力のある解決策の掲示が求められます。
また、面接官と議論を進めながら、いくつかある政策の中からクライアントの課題解決のための善良な策を導き出します。

◆ケース面接
面接官が担当した過去のビジネスケースを題材に出題されるケース・インタビューによる面接を行われます。
ケース面接のために用意した題材ではなく、実際の事例から出題することで、実際に行うプロジェクトのような実践的なディスカッションが行われます。
ベインが重要視しているポイントとして以下が挙げられます。
・問題解決のアプローチ
・分析力とクリエイティブな思考性の有無
・提言構築のためにどのようにデータを活用して課題を定量化するか
・自身のアイデアを伝えるコミュニケーションスキル
・提言実行のための提案内容

◆職務経験に関する面接
職務経験に関する面接では、応募者のこれまでの実績・経歴や仕事に対するモチベーションなどの質問以外に、コンサルタントとしてどのようなキャリアを積みたいかといった質問がされます。
また、経歴面接では、まず質問を通じて、応募者の経歴・興味領域・キャリアゴールについての理解を深めることから始まります。
次に、応募者の経歴として、プロジェクトの説明や提言を構築したエピソードや実践したアプローチについて説明が求められるミニケース・インタビューが行われます。
過去の経験や課題に対してどのように処理したかを、コンサルタントとしてスキルを発揮しながら説明することが求められる行動特性に関する質問がされ、応募者のチームスキルおよびベインへの関心がどの程度か評価されます。

面接内容および題材としては以下のような口コミが見受けられました。
「国内No1旅行代理店の売り上げ規模の算出および売上拡大するための案」
「業種の年間収入を推定する一般的なフェルミ推定」
「あなたが東京都知事だった場合、外国人旅行客数を1年以内にどう増やすか」

ベインで働いている方の評判・口コミ

コンサルタント 在籍1~3年 女性
戦略コンサルという業界の性質上残業が多く、長時間労働が恒常化しているので、21-22時退勤が平均です。労働時間はコンサル業界の中では短いほうだと感じ、在宅ワークができるので働き方はある程度柔軟性がある。
コンサルタント 在籍5~7年 男性
退職金制度は存在しますが、外資系であるため社員寮などの福利厚生は整っていません。
ですが、社内研修制度は非常に充実しており、国内研修に加えて海外研修が数年に1度実施されます。研修内容は非常に高いクオリティで、キャリア形成において有意義な内容と感じました。
コンサルタント 在籍3~5年 男性
男女の差別は一切無く女性でも昇進することが可能で、実際に女性の管理職は存在します。
コンサルタントの性質上非常にハードな仕事で、労働時間も長くなりがちです。なので、子育てをしながら上を目指す場合、家族のサポートや有償サービスの活用が前提になってくると思います。
口コミの要約残業・労働時間は非常に多いですが、同業他社と比べると比較的短い傾向にあり、在宅ワークなど働き方の柔軟性があります。
福利厚生があまり整っていない代わりに、クオリティの高い国内・海外研修が設けられており、キャリア形成が可能とのことです。
女性の働き方に関しては、男女の差別は一切ありませんが、出世を目指す場合家族のサポートやサービスの活用が前提になるようです。

ベインの年収・給与

年収 1920万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 無し(専門業務型裁量労働制)
固定残業手当 記載なし
通勤手当 あり
住宅手当 無し
福利厚生 各種研修制度・海外支部への移動・適格退職年金制度など

ベインでの転職者の出世難易度

ベインでの出世難易度は非常に高いといえます。
ベインはトップファームの中でも日本オフィスの人数が少なく少数精鋭体制なため、優秀な層からさらに絞られた人間がほとんどなので、出世するには相当の結果を残さなければいけません。
また、終身雇用性とは相反するUp or Out制度が厳しいため、出世以前にベインで結果を出せなければ、退職勧告を受けるなど生存競争に打ち勝たなければなりません。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 シニアアソシエイト 1000万円
30代前半 シニアアソシエイト 1500万円
30代中盤 マネージャー 1800万円
30代後半 マネージャー 2500万円
40代前半 マネージャー 2500万円

ベインはどんな人が働いている?

ベインの従業員数

12,000名

ベインの平均年齢

30歳前後

ベインの平均勤続年数

約10年

ベインの社風

社員寮などの福利厚生は存在しないが社内イベントは活発といえます。
社内イベントでは、社員旅行、クリスマスパーティー、お花見、スポーツ、ミュージカル鑑賞などが年間を通して開催されています。
ベインでは、研修にも力を入れており、国内での研修および数年に1度の海外研修が行われており、クオリティの高い研修内容であるため、キャリア形成において非常に有意義だといえます。

ベインのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~18:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)、年末年始5日
その他の休日・休暇 有給休暇・テイク・ツー(個人の目標達成のために使用できる2カ月間の休職)など
平均残業時間 85時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ベインの社長

奥野 慎太郎

京都大学経済学部を卒業し、マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院経営学修士課程(MBA)修了後、東海旅客鉄道株式会社(JR東海)を経てベインに参画。
担当分野・業界は主に電子部品・テクノロジー、製薬、自動車、建設、サービスなど。
企業統合、ターンアラウンド、プライベートエクイティ投資先企業企業の戦略策定を中心にM&A・提携戦略、成長戦略、営業戦略の策定、コスト削減など広い分野でのプロジェクトに従事。
ベイン東京オフィスではM&Aプラクティスのリーダーであり、2014年よりベイン東京オフィスの代表を務める。

ベイン現職、OB/OGの有名人

斎藤 英明

1963年生まれ、東京出身。
1986年、東京大学法学部卒業後農林中央金庫に入庫し、1944年にスタンフォード大学ビジネススクールへ留学し経営学修士課程(MBA)を修了。
1998年にボストン・コンサルティンググループに入社し広い分野で、企業へのコンサルティングに従事し、パートナー&マネージング・ディレクターを務める。
2010年シスコシステムズに入社し、常務執行役員や専務執行役員を務めた。
2013年にアレクサダイレクト生命保険のCEOを務め、2019年ベインに参画。
電気・電子機器メーカー、自動車、産業財、消費財、サービスなど幅広い業界において、国内外問わずコンサルティングに従事。
成長戦略・顧客戦略策定、コスト構造改革、ディール実行、買収後の統合支援といった多岐にわたるプロジェクトを手がけている。

ベインの転職に関わるQ&A


ベインでは、コンサルティング業界の中でも「トラストフォーメーション」と呼ばれる全社戦略や組織改革のような、クライアント企業の中核から変革を促すプロジェクトが多い傾向にあります。

また、会社のグローバル色も強いので、多くの場合プロジェクトチームには外国人メンバーがいます。


ベインに「Up or Out」制度が存在し、評価基準・昇格要件を明確に示しており、原則3年で昇格できなければ退職勧告を受けます。
ベインでは、結果至上主義という考えで、少数精鋭のファームを現在でも維持しているようです。

ベインへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ベインの公式サイト内にある採用情報ページからエントリーすることができます。
公式サイトには中途採用情報をはじめ、ベインの活動についてなど、さまざまな情報が掲載されています。
また、現在募集されているポジションの条件などがある程度掲載されているので、どのような業務を行っているのか知りたいという方は一度チェックしておくと良いでしょう。
ただし、掲載されている情報量は多いとは言えず、より詳細な情報が知りたい場合や公式サイトでは募集していない求人に応募したいという方は転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

自分のペースで転職活動したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してベインへ転職したいなら、企業数がトップクラスで、ハイクラス求人が多い「doda X(旧:iX転職)」の利用がおすすめです。
doda X(旧:iX転職)では、自分の市場価値を長期的にサポートしてくれるヘッドハンターと出会えます。
自分の今の市場における価値を客観的に把握することができ、自分にマッチしたポジションへ転職がしやすくなるというメリットがあります。
転職サイトを活用するメリットとして大きく分けると3つあります。

・募集求人数の多さ
・自分のペースに合わせて転職活動が可能
・募集案件への応募の速さ

自分の希望するポジションを探している方や、今すぐにでも転職したいと考えている方には転職サイトがおすすめです。
また、転職サイトは転職エージェントを利用する方が事前に活用する場合も多く、ベインの求人募集内容や求められる実績・スキルなどが知りたい場合はチェックするのも良いでしょう。

doda X(旧:iX転職)では年収の相談が可能

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールです。

※画像はイメージです。

募集しているポジションは多くあり、コンサルティングやマネージャーなどの職種があります。
doda X(旧:iX転職)はハイクラス求人を比較的多く取り扱っているため、全体的に年収が高く、また、年収に関する相談も可能となっています。
さらには、非公開求人も取り扱っていることもあり、ヘッドハンターに相談することで、非公開求人の紹介が可能です。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

質の高い転職支援で転職成功率を上げるなら「転職エージェント」

ベインへ転職するために転職エージェントを利用するなら「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」がおすすめです。
ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、業界トップの募集案件を保有しており、転職実績も数多くある転職エージェントです。
転職エージェントを利用するメリットとしては

・転職に関わる幅広いサポート
・自身と企業との間で、条件のすり合わせをしてくれる
・多くの非公開求人案件数
この3つが挙げられます。

転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書の添削や、模擬面接によるアドバイス、さらには給与交渉まで行ってくれます。
また、あらかじめベインへの転職実績があれば、転職先の人事や現場職員との太いパイプがあるため、事前に内部情報などを聞くこともできます。
転職活動において、少しでも不安がある場合は、ロバート・ウォルターズ・ジャパンの利用をおすすめします。

ロバート・ウォルターズ・ジャパンはWEB面接可能で、ハイクラス案件が多数

ロバート・ウォルターズ・ジャパンに掲載されている求人情報を見てみると、外資系企業のコンサルタントの求人が多数掲載されています。

※画像はイメージです。

自分のスキル・実績が異なる業種や別業界からしたら、重要であったということもあり、自分の市場評価をキャリアアドバイザーから客観的に見てもらうことで、自分に合ったポジションを紹介してもらえます。
また、ロバート・ウォルターズ・ジャパンでは公開されている求人のほかに非公開求人も多く持っているので、状況や持っている能力によっては非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。

関連記事

三菱総合研究所の転職難易度は?年収や面接内容などを解説

三菱総合研究所転職者の主なキャリアステップ 前職 アクセンチュアなどのコンサルティング会社 NECなどの大手メーカー 株式会社三菱総合研究所に転職 次の転...

ランドネットへの転職は難しい?面接内容や年収などを解説

▼下記は、ランドネットに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからランドネットに転職してくるのか ・転職先:ランドネットからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

ネオマーケティングへの転職ってどう?事業や年収、社員の口コミなどを解説

ネオマーケティング転職者の主なキャリアステップ 前職 広告代理店 マーケティング企業 株式会社ネオマーケティングに転職 次の転職先 アイレップ サイバ...

SHIFTへ転職するには?評判や面接のポイントなどを解説

SHIFT転職者の主なキャリアステップ 前職 NTTデータ、日本IBM、TISなどのSIer出身者 株式会社SHIFTに転職 次の転職先 グノシー、UUU...

デロイト・トーマツ・コンサルティングの転職難易度は?年収や面接内容を調査

デロイト・トーマツ・コンサルティング転職者の主なキャリアステップ 前職 メガバンクなどの銀行 ソニー、パナソニック、ドコモなどの事業会社 コンサルティングファーム デロイト・トー...

IMJの転職情報!年収や口コミ、転職難易度を解説

IMJ転職者の主なキャリアステップ 前職 トランスコスモスなどの制作会社 アイレップなどのネット専業代理店 マーケティングテクノロジーツールベンダー 株式会社IMJに転職 ...

EYストラテジー・アンド・コンサルティングへの転職。難易度やポイントをご紹介

EY・ストラテジー・コンサルティング転職者の主なキャリアステップ 前職 ソニーなどの事業会社、デロイト、PWC、アクセンチュアなどのコンサルティングファームなど EY・ストラテジー・...

TDSEの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

TDSEは、AIを活用した総合型ソリューションを提供している企業です。 主にデータとAIを活用して顧客の変革のサポートをはじめ、「Tableau」や「NetBase」といったツールの提供を行っています。 また、2022年に株...

CINCの転職事情。転職難易度や年収などを解説

CINC転職者の主なキャリアステップ ...

ATカーニーへ転職するには?難易度から面接内容を徹底調査

ATカーニー転職者の主なキャリアステップ 前職 アクセンチュア、デロイトトーマツ、野村総研などのコンサルティングファーム、シンクタンク トヨタ、ホンダなどの自動車メーカー 官公庁 メーカー 商社 銀行 ...

TOP