コンサルティング

M&Aキャピタルパートナーズの転職はおすすめ?採用情報や年収をご紹介

▼下記は、MAキャピタルに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからMAキャピタルに転職してくるのか
・転職先:MAキャピタルからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

MAキャピタルで働いている人の学歴・職歴

学歴

主な学歴は、大学卒業や大学院卒業が在籍しており、幅広い大学出身者がいます。

職歴

MAキャピタル在籍者の主な職歴は、Web系事業会社メーカーコンサルティング会社、さらには銀行など、幅広い職歴の方が在籍しています。

退職後の主な転職先

MAキャピタルからの転職者は少ないですが、金融系業界などへ転職している方がいます。

MAキャピタルは日本における中堅企業や中小企業を対象にした独立系M&Aアドバイザリーとして仲介する企業です。
着手金無料で、専門コンサルタントによる専任担当制を採用しており、より多くの企業がM&Aを一つの選択肢として検討できる体制を整えています。
2005年に設立、本社を東京都千代田区丸の内に構えており、従業員数は98名が在籍しています。平均年収は2000万円を超えており、今後も注目されていく企業でしょう。
MAキャピタルは今後の業績向上のため、積極的に中途採用を行っており、優秀な人材を求めています。

初めての転職でMAキャピタルを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

MAキャピタルの採用情報や年収も大切だけど、それよりも先にどんな求人が募集されているのか知りたいという方は、ビズリーチなどの転職サイトで掲載求人をチェックしてみましょう。
ビズリーチではハイクラス求人を豊富に取り扱っているため、転職先が未だ定まっていないという方は、ここで一度比較することをおすすめします。
転職エージェントの活用のみを考えている場合でも、情報収集源としてビズリーチをチェックしておくことで、転職活動をより円滑に進めることができるようになるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • MAキャピタルの企業概要
  • MAキャピタルの転職ポイント
  • MAキャピタルの社風や企業文化

MAキャピタルに転職するポイント

MAキャピタルの特徴

POINT

  • ・中堅企業、中小企業に対するM&Aアドバイザリーを行う事業
  • ・顧客が納得の料金体系で安心できる専任担当制
  • ・独自のデータベース活用により、ベストなマッチングを提供

MAキャピタルへ転職するポイント

POINT

  • ・前職にてトップクラスの営業成績があると採用される可能性が高い
  • ・激務に耐えられる体力と忍耐力を求められる
  • ・自ら考え、自発的に行動できることが肝心

MAキャピタルの企業概要

会社名 M&Aキャピタルパートナーズ株式会社
本社所在地 東京都千代田区丸の内1丁目9番1号 グラントウキョウノースタワー38F
社長 中村 悟
設立 2005年10月
株式 上場(東証1部)
株主構成 中村悟(45.03%)
十亀洋三(6.9%)
日本トラスティサービス信託銀行(3.15%)

MAキャピタルの売上

MAキャピタルの売上推移

年数 2017年 2018年 2019年
売上高 8,337,246千円 8,018,443千円 12,592,278千円
経常利益 3,612,458千円 3,160,042千円 5,855,801千円

MAキャピタルの最新ニュース

M&Aキャピタルパートナーズの最新情報を掲載しております。

MAキャピタルの事業内容

M&A仲介業務

M&A仲介業務は、会社を売却や譲渡したい経営者、社長と会社を買収や譲受したい企業を仲介し、M&Aを進めるうえで必要なサービスを提供します。
買い手・売り手の双方から提示される条件を調整しつつ、双方の財務状況を的確に読み取ってマッチングするのが主な業務です。
具体的にはM&Aによる会社売却や譲渡を考えている経営者や社長にM&Aアドバイザリーサービスを提供し、買収先の検討や交渉、資料作成など、最終契約の締結までを一貫してサポートを行います。
その一方、M&Aによる会社買収や譲受を希望している企業に対し、ファインディングサービスを提供して、その企業のニーズに合わせた優良案件の紹介やサポートも行っています。
双方が納得できる料金体系で安心の専任担当制を導入していることもあり、現在では国内トップクラスの成約件数実績になりました。
今後も成長し続ける事業でしょう。

MAキャピタルの転職の募集要項

M&Aコンサルタント

M&Aアドバイザーは中堅企業や中小企業のM&Aに関する一連の業務を担当するポジションです。
管理職として、数名のメンバーを管理しつつ、自らも企業のさまざまなニーズを発掘し、ターゲット企業の選定や交渉、クロージングなどを一貫して携わり、M&A戦略の提案や実行をします。
証券会社での営業経験や銀行での新規開拓中心の融資営業経験、財務会計の知識などがあると重宝される傾向があります。
また、週に一度研修があり、定期的に勉強会が開かれているので、知識向上やスキルアップが図れるでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・独立系M&Aブティックでのディールマネジメント経験
  • ・銀行や証券においてM&A専任部署でのソーシングもしくはエグゼキューション業務の経験

フルスタックエンジニア

フルスタックエンジニアは顧客基盤システムであるCRMの新機能開発や改善業務BI・RPAなどのシステムを取り入れた改善や解決、デジタルシフトによる営業活動の効率化を目指すポジションです。
具体的にはシステムによる問題解決やデータ分析、顧客基盤システムの機能開発、新サービスの開発や導入支援などを行います。
また、Webサイトの部分改修やメンテナンスなど、業務は多岐にわたり、能力や実績に応じて、携われる領域が拡大していきます。
国内最高峰の営業員が終結していて、そのメンバーと共に働くので、多くの刺激を得られる環境です。

必須な経験・スキル

  • ・改善業務の経験
  • ・SEで上流工程の担当経験
  • ・事業会社でCRMの機能開発経験
  • ・2年以上のWeb制作会社でのプログラマー経験
  • ・パッケージベンダーとの要件定義~開発までの実務経験

MAキャピタルの転職難易度

MAキャピタルの転職難易度は比較的高いです。
MAキャピタルでは新卒採用はほとんど行っておらず、中途採用を積極的に行っている傾向があります。
応募する転職者はレベルが高く、そのなかで採用してもらうというのは簡単なことではありません。
経験者が優遇される傾向がありますが、M&Aに関する知識や業務経験がなくても、金融業界で2年以上の営業経験があればM&A未経験者でも応募することが可能です。
経験者・未経験者問わず、これまで培ってきたスキルや知識を上手にアピールすることが肝心です。

MAキャピタルが転職者に求める人物像

MAキャピタルでは誠実さや情熱を持っている人を求めています。
日々の自己研鑽を怠らず、クライアントに対して親身になり、誠心誠意サポートすることが大切です。
また、M&Aの経験はなくても高い営業力があることや、激務になることあるのでそれに耐えられる精神力や忍耐力も求められます。
逆に強い精神力や忍耐力がないとMAキャピタルで働くことは難しいかもしれません。
面接の際は高い営業力や強い精神力、忍耐力があることをアピールすると良いでしょう。

MAキャピタルの転職までの流れ

MAキャピタルの選考フロー

書類・エントリーシート提出

一次~二次面接

想定選考官:部次長・社長
これまでの経験や志望動機など、基本的な質問をされます。

最終選考

想定選考官:社長
最終面接では会食を行いながらの面接になります。

MAキャピタルの面接形式

面接はほとんどの場合1対1で行われますが、職種によっては複数人で行われる場合もあります。
面接回数は基本的に3回です。
1回につき1時間程度となります。

MAキャピタルの面接内容

MAキャピタルでは前職までの経験や志望動機などの定型的な質問から始まります。
学生時代に取り組んできたことや前職での仕事のやり方、休日の過ごし方など、細かいところまで質問されます。
どんな質問をされてもしっかり答えられるように、あらかじめ準備しておくと良いでしょう。
また、5分程度の自己PRを行い、人柄も見られてMAキャピタルにマッチしている人材かどうか判断されます。
MAキャピタルは即戦力となるような人材を求めている傾向があるため、営業力や精神力、忍耐力があることをアピールできるエピソードがあると採用される可能性が高くなります。

MAキャピタルで働いている方の評判・口コミ

管理職 在籍1~3年 女性
在籍している社員は全体的に若く、転職者ばかりなのでフラットな感じがあります。良い意味で気を使わなくて良いので、自分らしく働くことができます。また、チームワークを大切にしているので、一丸となって業務遂行するときはやりがいを感じます。
コンサルタント 在籍1~3年 男性
業務をこなし成果をしっかりと出していれば細かい制限などはありません。プライベートな時間も大切にすることができると思います。しかし、自分の都合でスケジュールを組むことができないので、営業力がない人には続けるのは難しいかもしれません。
コンサルタント 在籍3~5年 男性
成果主義なところがあるので、成果を出せば報酬がたくさんもらえます。頑張ったら頑張った分だけ収入が増えるので、モチベーションにも繋がります。ただし、基本給は安いので、成果が出せるようになるまでは潤沢な生活は送れないかもしれません。
口コミの要約

MAキャピタルの口コミを見てみると、フラットな雰囲気で働きやすい環境ということが分かります。また、頑張ったら頑張った分だけ収入に繋がるので、モチベーションアップにもなるようです。しかし、その反面、営業力がないと続けられないという声もありました。

MAキャピタルの年収・給与

年収 2,478万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 社会保険完備、社内表彰制度、納会、社員旅行など

MAキャピタルでの転職者の出世難易度

MAキャピタルの出世難易度は非常に高いです。
MAキャピタルに在籍している社員は全体的にレベルが高く、専門性に優れた知識やスキルを持っています。
また、営業成績が優秀な人が多く、そのなかから出世するというのは、とても難易度が高いでしょう。
しかし、評価は正当にされるので、まったく出世できないというわけではありません。
小さなことからコツコツと努力していき、多くの実績を残すことができれば、出世できる可能性は大いにあります。
努力を怠らず、営業成績などの実績を残し続けることが大切です。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 800万円
30代前半 なし 900万円
30代中盤 なし 1000万円
30代後半 なし 3000万円
40代前半 課長 5000万円
40代中盤 部長 5000万円

MAキャピタルはどんな人が働いている?

MAキャピタルの従業員数

98名(単体)
169名(連結)

MAキャピタルの平均年齢

31.3歳

MAキャピタルの平均勤続年数

3.31年

MAキャピタルの社風

MAキャピタルは転職者が多いことから、風通しが良くフラットな社風です。
成績を出している社員は誠実にクライアントと向き合っている人が多く、かっちりしたゴリゴリの営業マンはいません。
この業界は勢いだけの営業はまったく通用しないため、「ちょっとしたテクニックがある」「プレゼンテーションや話が上手」などが理由で成績向上というのはあまりないでしょう。
誠心誠意クライアントと向き合うことで成績が向上するという考えがあります。
また、長期的に人材を育てようという文化があり、たとえ成約0件が続いたとしてもクビになるということはありません。
長年成約が0件だったとしても後にすごい成果を挙げたというケースもあります。

MAキャピタルのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 8:00~17:00
休日 休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、産休・育児休暇など
平均残業時間 30時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

MAキャピタルの社長

中村 悟

1973年生まれ、福岡県出身。
工学大学工学部卒業後、積水ハウス株式会社に入社。
設計や営業マンとして活躍し、その頃、土地オーナーが所有する店舗や会社の譲渡について相談を受けるようになり、M&Aに興味を持つ。
2005年にM&Aキャピタルパートナーズ株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。
中堅企業や中小企業の後継者問題の解決と発展的事業承継の実現を目指し、日々奮闘しています。

MAキャピタル現職、OB/OGの有名人

十亀 洋三

1975年生まれ。
2003年に株式会社平沢コミュニケーションズに入社。
2005年にスタイル・テクノロジー株式会社の代表取締役社長に就任、同年にMAキャピタルの設立に参画、取締役に就任。
世界最高峰の投資銀行の実現向け、日々努力をしています。

MAキャピタルの転職に関わるQ&A


MAキャピタルは転職者に対して、強い精神力や忍耐力を求めている傾向があります。
その理由は繁忙期などでは激務になる可能性があるからでしょう。
どの企業でもいえることですが、繁忙期は忙しく大変な時期で、MAキャピタルは特に忙しいことが想定できます。
しかし、休暇はしっかりあり、プライベートな時間を満喫することができるので、ブラック企業ではないでしょう。


MAキャピタルは男性社員が多いですが、女性社員も在籍しています。
仕事の成果は平等に判断されるため、差別などはありません。
また、産休や育休があるので、安心して働くことができます。
復帰後も時短勤務が可能なので、仕事と家事の両立ができるでしょう。

MAキャピタルへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

MAキャピタルの公式HPにある採用情報ページからエントリーすることが可能です。
求人情報のほかに、企業メッセージや仕事について、組織や人材についてなど、さまざまな情報が掲載されているので、応募前に一読しておいたほうが良いでしょう。
ただし、求人情報の内容はそれほど細かく掲載していないため、もっと具体的な内容が知りたい方や確実な転職を果たしたい方は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

空いた時間に転職活動したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してMAキャピタルへ転職するなら、掲載されている企業数が豊富であり、ハイクラス求人が多い「ビズリーチ」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。
・すぐに転職活動が行えて、空いた時間に転職活動ができる
・非常に求人数が多い
・希望する求人が見つけやすい

転職エージェントと比べ、転職サイトはすぐに転職活動をすることができ、また、空いた時間を効率的に使って転職活動できます。
また、求人数が非常に多く、求人検索が細かく設定できるため、自分に合ったポジションを探すことが可能です。
時間をかけずに素早く転職したいという方は、転職サイトがおすすめです。

ビズリーチは比較的平均年収が高い!

ビズリーチに掲載されている求人を見ると、コンサルタント系が中心に掲載されています。

※画像はイメージです。時期やタイミングによって掲載内容が異なります。

ハイクラス求人をメインに扱っているビズリーチなだけあり、提示されている年収が比較的高くなっています。
また、転職サイトの中でもビズリーチは非公開求人が多く持っている傾向があるため、キャリアアドバイザーに相談することで、紹介してもらえる可能性があります。
ただし、転職サイトからの応募の場合、自分と企業とのすり合わせが上手くいかないことも少なくなく、書類選考が通過できないということも珍しくありません。
時間をかけてでも確実な転職をしたいなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

手厚いサポートを受けながら確実な転職するなら「転職エージェント」

転職エージェント活用してMAキャピタルへ転職するなら、非常に多くの転職支援実績がある「JACリクルートメント」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは大きく3つ。
・応募書類の添削や模擬面接などをはじめとした手厚いサポート
・自分と企業のすり合わせをしてくれる
・非公開求人が比較的多い

履歴書などの応募書類の添削や模擬面接による指摘とアドバイスといった手厚いサポートを受けながら転職活動することができます。
また、自身の代わりに年収交渉も行ってくれるので、年収アップを目的とした転職や、初めての転職で不安という方は、転職エージェントの活用がおすすめです。

JACリクルートメントでは営業などの案件多数!

JACリクルートメントは基本的に企業名が伏せられている案件が多いですが、ハイクラス求人を豊富に掲載されています。

※画像はイメージです。時期やタイミングによって掲載内容が異なります。

JACリクルートメントは、さまざまな企業や業界を熟知している専門性に強みがあるキャリアコンサルタントが650名ほど在籍しています。
また、転職支援実績が43万人以上であり、利用者満足度は90%超えている転職エージェントなので、内定までしっかりサポートしてくれます。
手厚いサポートを受けながら、確実な転職を目指すなら、JACリクルートメントがベストといえるでしょう。

あなたがMAキャピタルに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

Supershipへの転職がオススメな理由。年収や福利厚生などを解説。

▼下記は、Supershipに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからSupershipに転職してくるのか ・転職先:Supershipからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自...

ベイカレント・コンサルティングへ転職するには?年収や難易度について解説

  ▼下記は、ベイカレント・コンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからベイカレント・コンサルティングに転職してくるのか ・転職先:ベイカレント・コンサルティングからどこへ転職す...

日本IBMへの転職方法まとめ!面接の難易度や評判を徹底解説

  ▼下記は、日本IBMに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本IBMに転職してくるのか ・転職先:日本IBMからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

フューチャーアーキテクトの転職を解説。難易度や採用情報を紹介

  ▼下記は、フューチャーアーキテクトに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからフューチャーアーキテクトに転職してくるのか ・転職先:フューチャーアーキテクトからどこへ転職するのか 一般...

野村総合研究所への転職難易度は高い?年収や倍率などを解説

  ▼下記は、野村総合研究所に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから野村総合研究所に転職してくるのか ・転職先:野村総合研究所からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりた...

デロイト・トーマツ・コンサルティングの転職難易度は?年収や面接内容を調査

▼下記は、デロイト・トーマツ・コンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからデロイト・トーマツ・コンサルティングに転職してくるのか ・転職先:デロイト・トーマツ・コンサルティングからどこへ転職...

シンプレクスの転職難易度は?年収や面接内容などを解説

▼下記は、シンプレクスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからシンプレクスに転職してくるのか ・転職先:シンプレクスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

BCGデジタルベンチャーズへの転職はアリ?評判や激務なのかについて調査

  ▼下記は、BCGデジタルベンチャーズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからBCGデジタルベンチャーズに転職してくるのか ・転職先:BCGデジタルベンチャーズからどこへ転職するのか ...

三菱総合研究所の転職難易度は?年収や面接内容などを解説

▼下記は、三菱総研に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三菱総研に転職してくるのか ・転職先:三菱総研からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

ストライクへ転職するべき?年収や難易度について解説

▼下記は、ストライクに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからストライクに転職してくるのか ・転職先:ストライクからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

TOP