コンサルティング

KPMGコンサルティングへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、KPMGコンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからKPMGコンサルティングに転職してくるのか
・転職先:KPMGコンサルティングからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

KPMGコンサルティングの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、大学・大学院卒業が在籍しており、高学歴者の比率が高く、海外大学出身者も在籍しています。

職歴

KPMGコンサルティング在籍者の主な職歴は、大手国内事業会社、アクセンチュアデロイトPwCなどのコンサルファームが挙げられます。

退職後の主な転職先

KPMGコンサルティングからの転職先として、リクルートグループなどの国内事業会社、アクセンチュアデロイトPwCなどのコンサルファーム、さらには、IBMなどのIT系コンサル電通などの大手広告代理店へ転職しています。

KPMGコンサルティングは、会計と経営コンサルティングを主力としている多国籍企業「KPMG」のメンバーファームの一つです。
4大会計事務所「BIG4」の一角を担っているほどの大手企業であり、世界154か国に約20万人のプロフェッショナルを擁しています。
KPMGコンサルティングでは主に、事業変革やテクノロジートラスフォーメーション、リスク&コンプライアンスの3分野から企業を支援しています。
さまざまなコンサルティング分野に対する専門知識と豊富な経験を有するコンサルタントが多数在籍しており、幅補広い業界に対してコンサルティングサービスの提供をしている企業です。
2014年に、「KPMGマネジメントコンサルティング株式会社」と「KPMGビジネスアドバイザリー株式会社」、「あずさITアドバイザリー部門」の合併により設立され、現在は、1,153名の社員が在籍しています。
そんなKPMGコンサルティングでは、コンサルタントを中心に、失敗してもチャレンジし続けられるタフネス精神を持った人材を求めています。

KPMGコンサルティングへの転職を目指すなら「iX転職」を見るべし

・KPMGコンサルティングの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
・大手やハイクラスの求人情報を知りたい。
・現職や、特定の企業にばれずに転職活動をしたい。
そんな方に最もおすすめしたいのが、大手やハイクラス求人を豊富に取り扱っていてる人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手がける「iX転職」。
また、まだ転職するつもりはなくても、情報収集として、事前にiX転職をチェックしておくと、目指す業界・職種などの傾向を把握することができます。
現職や特定の企業に対し、自分の情報を非公開にすることができるため、設定した企業にばれずに安心して転職を進めたい方にもマッチするサイトです。

この記事でわかること

  • KPMGコンサルティングの企業概要
  • KPMGコンサルティングの転職ポイント
  • KPMGコンサルティングの社風や企業文化

KPMGコンサルティングに転職するポイント

KPMGコンサルティングの特徴

POINT

  • ・BIG4の一角である「KPMG」のメンバーファーム
  • ・事業変革をはじめとした3分野から企業を支援
  • ・幅補広い業界に対し、高品質なコンサルティングサービスを提供

KPMGコンサルティングへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的少ない
  • ・コンサルタントを中心に中途募集
  • ・失敗してもチャレンジし続けるタフネス精神があることが重要

KPMGコンサルティングの企業概要

会社名 KPMGコンサルティング株式会社
本社所在地 東京都千代田区大手町1丁目9番7号 大手町フィナンシャルシティ サウスタワー
社長 宮原 正弘
設立 2014年7月1日
株式 非上場
株主構成 記載なし

KPMGコンサルティングの売上

KPMGコンサルティングの売上推移

事業年度 2016年 2017年 2018年
業績収入 1,387億円 1,449億円 1,562億円

KPMGコンサルティングの最新ニュース

KPMGコンサルティングの事業内容

KPMGコンサルティングは、デジタルテクノロジーなどの最先端技術を活用し、企業のビジネスモデルなどをグローバル規模で変革するためのサービスを提供している企業です。
主力として、「事業変革(ビジネストランスフォーメーション)」や「テクノロジートランスフォーメーション」、「リスク&コンプライアンス」の3分野において、クライアントの支援を行っています。
また、ここ数年では、これら3分野以外にも、グローバル化支援や海外子会社管理、デジタル化支援などのコンサルティングサービスの提供もしています。
そのなかでもRPAとセキュリティ・リスクに対して非常に高い強みを持っており、デジタル化が進み、需要が高まっている領域をピックアップし、高品質なサービスを提供している企業です。
今後の展望として、クライアントからの信頼をさらに構築し、より付加価値の高いサービスを提供することを目指しています。

KPMGコンサルティングの募集要項

組織人事コンサルタント

組織人事領域のさまざまな課題に対し、高度な人事知識とグローバルの最新ソリューションを基に解決策を提案するポジションです。
また、顧客企業に対し、問題分析やソリューション提供といったコンサルティングサービス、リレーション構築、プロジェクト実施も行います。
それ以外にも、人材マネジメント戦略策定やグローバル人事戦略策定、人事育成体系策定など、幅広い業務に携わる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・コンサルティングファームの出身者
  • ・2年以上の大手企業や外資系企業の人事部門における人事業務経験

SAPリスクコンサルタント

会計コンサルティング事業を行うSAPリスクコンサルタントとして従事するポジションです。
具体的には、SAP ERPに関連して、各モジュールのデータ抽出やツールを活用した分析、ガバナンスやリスク、コンプライアンスの観点による問題点と改善案の提案を行います。
また、組織や人、プロセスを取り巻くSAP ERPを用いた改善の提案なども行うため、責任が問われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・SAP ERPのアドオン開発の経験
  • ・アプリケーション開発でのSQL操作実務経験
  • ・チームメンバー等を率いて、目的達成した経験 など

グローバルリスクコンサルタント

クライアントの着実な成長を促すために、リスクを未然に防止する態勢の設備やカルチャーの醸成などを支援するポジションです。
また、日本企業の海外事業進出や撤退、再編など海外事業の主要イベントへの適切な対応を実現し、グローバル展開と戦略実行なども行います。
国内だけでなく、海外でも活躍することができる可能性があります。

必須な経験・スキル

  • ・TOEIC850点以上もしくは同等の英語力
  • ・論理的思考力の保有
  • ・高いコミュニケーションスキルの保有 など

KPMGコンサルティングの転職難易度

KPMGコンサルティングの転職難易度は比較的高いです。
企業側として、積極的に採用を行うというスタンスはありますが、求人情報はそれほど多くありません。
また、どのポジションでも一定以上の経験やスキルを求められるため、未経験者の転職は厳しいといえます。
特に英語力は必須レベルであり、卓越した英語力が必要不可欠です。
KPMGコンサルティングへの転職を目指すなら、英語力を身に付け、ほかの応募者に劣らない経験やスキルを持っていることが肝心です。

KPMGコンサルティングが転職者に求める人物像

KPMGコンサルティングでは、失敗してもチャレンジし続けるタフネス精神を持っている人材を求めています。
また、常に新しいことを貪欲に吸収していける好奇心を持つ人材や、誰とでも連携を取ることができるコミュニケーション能力を持っている人材も求めている傾向があります。
KPMGコンサルティングは、常にクライアントのために支援を行っている企業なため、こういった能力が必要不可欠です。
面接では、これらの能力を持っていることを上手にアピールし、面接官を感心させられるようにしましょう。

KPMGコンサルティングの転職までの流れ

KPMGコンサルティングの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接・適性検査

想定選考官:人事・現場責任者
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問に加え、KPMGについての質問をされます。

内定

KPMGコンサルティングの面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数は2~3回です。
ただし、ポジションやタイミングによって異なる場合があります。
1回あたりの時間は30分~1時間で終わります。

KPMGコンサルティングの面接内容

面接は、志望動機やこれまでの経験など、一般的な質問から進みます。
また、「KPMGについてどう思うか」や「ほかのファームと比べてKPMGはどんな印象か」といったKPMGに関する質問を多くされる傾向があります。
これといった変わった質問をされることはほとんどありませんが、どんな質問にも一貫性を持ち、ハッキリと回答できなれば採用してもらえる可能性が減少してしまうでしょう。
企業分析はもちろんのこと、自己分析も抜かりなく行ってから、面接に臨むことが大切です。

KPMGコンサルティングで働いている方の評判・口コミ

ビジネスコンサルタント、在籍5~7年、男性
一定の裁量を与えてもらいながら仕事することができます。また、筋が通っていれば提案することもでき、自分の提案が採用されたときは非常に嬉しく感じます。責任はありますが、それ以上にやりがいを感じながら働けます。
その他コンサルティング関連、在籍5~7年、男性
さまざまなファーム出身者がいるため、いろんなコンサルティングスタイルを見ることができ、吸収できるものが多くあります。また、外資系企業なため、語学研修を受けることができるので、英語力を向上させることができるでしょう。
経営企画、在籍3~5年、女性
有給取得がしやすく、有給取得推奨日が設けられているため、会社全体で休みやすい奮起があります。また、それ以外にも年5日間のリフレッシュ休暇があるため、プライベートな時間を大切にすることができます。
口コミの要約

KPMGコンサルティングの口コミを見てみると、さまざまなファーム出身者が在籍しているため、刺激を受けながら働けるということが伺えます。また、有給取得推奨日が設定されているため、有給が取得しやすいということも伝わってきます。

KPMGコンサルティングの年収・給与

年収 1,000万~1,200万円
ボーナスの有無 年1回(会社業績と個人成績による)
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り(50時間分)
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 各種社会保険完備、退職金制度、マッサージルームなど

KPMGコンサルティングでの転職者の出世難易度

KPMGコンサルティングの出世難易度は非常に高いです。
優秀な社員が多く在籍しており、それぞれ実績を残しています。
また、高度なスキルや経験を保有しているため、そのようななかから自身が出世するというのは簡単ではありません。
ただし、評価制度は平等な傾向があり、差別などはほぼなく、中途入社でも出世することが可能です。
KPMGコンサルティングで出世をするなら、ほかの社員よりも人一倍努力を重ね、周囲に見てもらえるほどの実績を残すことで、出世への道は拓けるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 900万円
20代後半 なし 900万円
30代前半 マネージャー 1,100万円
30代中盤 マネージャー 1,100万円
30代後半 マネージャー 1,100万円
40代前半 なし 900万円
40代中盤 マネージャー 1,100万円

KPMGコンサルティングはどんな人が働いている?

KPMGコンサルティングの従業員数

1,153名(単独)
約20万人(連結)

KPMGコンサルティングの平均年齢

30代前半

KPMGコンサルティングの平均勤続年数

記載なし

KPMGコンサルティングの社風

KPMGコンサルティングは、外資系なためインターナショナルであり、風通しが良い社風です。
上下関係がそれほど厳しくなく、フランクな雰囲気があります。
そのため、社員同士は比較的仲が良く、困ったことや相談があれば親身になって手助けしてくれる方が大勢います。
人間関係に悩まず、外資系企業で自分らしく働きたいという方には、向いている企業でしょう。

KPMGコンサルティングのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:15~17:15
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、有給休暇、リフレッシュ休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月21.22時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

KPMGコンサルティングの社長

宮原 正弘

早稲田大学政治経済学部卒業後、旧・朝日新和会計社(現・有限責任あずさ監査法人)に入所。
1995年にビジネスコンサルティング部門に出向。
その後は、米国ロサンゼルス事務所やニューヨーク事務所への駐在を経て、2010年にIFRS(現・アカウンティング・アドバイザリー・サービス)入社し、事業部長や日本・アジア太平洋地域代表に歴任。
2014年にあずさ監査法人アドバイザリー企画部長に就任、2017年にKPMGコンサルティング代表取締役社長兼COOに就任。
2018年より、代表取締役社長兼CEOに就任。

KPMGコンサルティング現職、OB/OGの有名人

天野 秀樹

1953年生まれ。
KPMGコンサルティングの会長を務めていた人物。
1980年に公認会計士登録。
1992年に井上斎藤英和監査法人(現・有限責任あずさ監査法人)代表社員に就任。
さらには、有限責任あずさ監査法人副理事長(監査統括)、KPMGコンサルティングの会長を歴任。
現在は、トッパン・フォームズ株式会社社外取締役や花王株式会社社外監査役、セイコーホールディングス株式会社社外監査役などを務めている。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声がわからない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞ける上、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。
自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

KPMGコンサルティングの転職に関わるQ&A


海外で活躍できる可能性は大いにあります。
プロジェクトベースで、世界中のKPMGオフィスがあるので、一定以上の能力や実績があれば、海外で活躍することができるでしょう。
また、海外出張などもある場合があります。

女性に対する差別の風潮はほぼありません。
そのため、産休や育休が取得しやすくなっています。
また、仕事に対する評価も男女差別はないため、女性でも出世を目指すことができるでしょう。

KPMGコンサルティングへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

KPMGコンサルティングの公式サイトにある採用情報ページから応募することができます。
募集要項をはじめ、選考ステップやよくある質問などが掲載されているため、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、求人内容はそれほど詳しく掲載していないため、イマイチ内容が分からないという方も少なくありません。
より詳しい内容が知りたい場合や確実な転職をしたい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

動画配信事業者の募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してKPMGコンサルティングに転職するなら、コンサルティングを行う他社の募集要項を比較することができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動できる手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件の確認から応募までが早い

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が豊富であり、案件確認から応募までがスピーディーに行えます。
できるだけ素早く転職をしたい方や、まずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

動画配信サービスを行う企業の募集を比較するなら「iX転職」

iX転職には、大手コンサル企業や急成長を遂げている企業などの募集要項を確認することができます。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールのコンサルティング企業の平均年収は、900万円~1,400万円となっており、ほかの転職サイトよりも比較的高くなっています。
また、iX転職は、表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「自身が活躍できる企業がどれほどあるのか」や「企業ごとで募集要項はどんな風に変わるのか」などを知りたい方は、まずはiX転職に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

より確実な転職を目指しているなら「転職エージェント」

KPMGコンサルティングへの転職をより確実なものとするのであれば、外資系に特化した転職エージェント「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」の活用がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは、

  • ・給与交渉や面接の日程調整などをはじめとした手厚いサポート
  • ・今の自分を客観的に見てくれて、足りない部分を教えてくれる
  • ・比較的多くに非公開求人を持っている

転職エージェントは、給与交渉や面接の日程調整などを代行してくれるほか、書類添削や模擬面接といったところまでサポートしてくれます。
また、コンサルタントとのミーティングのなかで、自分では気付いていないキャリアが見つかるというケースもあります。
自身のキャリアについて時間をかけてじっくり考え、自身が100%満足できる転職により近づきたい方にとって、転職エージェントを利用することは非常に有効的な手段といえるでしょう

KPMGコンサルティングの非公開求人を持っている可能性が高いエージェントなら「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」

ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、非公開求人を比較的多く持っているため、KPMGコンサルティングの非公開求人を持っている可能性が高いでしょう。

※画像はイメージです。

ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、外資系特化の人材サービスを30年近く続けてきた、いわば外資系転職エージェントの老舗です。
そのため、各企業からの信頼は厚く、外資系企業の非公開求人を豊富に所有している転職エージェントとして知られています。
また、在籍しているコンサルタントは、各業界に特化した外国人であり、コンサルタントとのコミュニケーションが難しい場合、英語力必須なKPMGコンサルティングへの転職は厳しいといえます。
その反面、ビジネスレベルの英語力を持っている方にとっては、非常に有効的な転職エージェントでしょう。

あなたがKPMGコンサルティングに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

Supershipへの転職がオススメな理由。年収や福利厚生などを解説。

▼下記は、Supershipに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからSupershipに転職してくるのか ・転職先:Supershipからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自...

アーサー・D・リトル(ADL)の転職難易度は?中途採用情報まとめ

▼下記は、アーサーDリトルに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアーサーDリトルに転職してくるのか ・転職先:アーサーDリトルからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目...

日本IBMへの転職方法まとめ!面接の難易度や評判を徹底解説

  ▼下記は、日本IBMに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本IBMに転職してくるのか ・転職先:日本IBMからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

ベイカレント・コンサルティングへ転職するには?年収や難易度について解説

  ▼下記は、ベイカレント・コンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからベイカレント・コンサルティングに転職してくるのか ・転職先:ベイカレント・コンサルティングからどこへ転職す...

SHIFTへ転職するには?評判や面接のポイントなどを解説

▼下記は、SHIFTに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからSHIFTに転職してくるのか ・転職先:SHIFTからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

日本ユニシスへの転職は難しい?年収や口コミなどを解説

▼下記は、日本ユニシスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本ユニシスに転職してくるのか ・転職先:日本ユニシスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

シグマクシスの面接内容って?評判や口コミなど転職情報をご紹介

シグマクシスの面接内容って?評判や口コミなど転職情報をご紹介 ▼下記は、シグマクシスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからシグマクシスに転職してくるのか ・転職先:シグマクシスからどこへ転職するのか...

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの転職難易度は?面接内容・選考フローや年収を解説!

▼下記は、三菱UFJリサーチ&コンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三菱UFJリサーチ&コンサルティングに転職してくるのか ・転職先:三菱UFJリサーチ&コンサルティングからどこへ転職...

フューチャーアーキテクトの転職を解説。難易度や採用情報を紹介

  ▼下記は、フューチャーアーキテクトに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからフューチャーアーキテクトに転職してくるのか ・転職先:フューチャーアーキテクトからどこへ転職するのか 一般...

シンプレクスの転職難易度は?年収や面接内容などを解説

▼下記は、シンプレクスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからシンプレクスに転職してくるのか ・転職先:シンプレクスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

TOP