ツールベンダー

プレイドの転職難易度は?面接内容や口コミなど解説


株式会社プレイドは顧客体験プラットフォーム「KARATE」の開発・提供・運営を主に行うSaaS企業です。
2011年設立の若いベンチャーですが、2019年にGoogleからの資金調達・戦略的パートナーシップの締結に成功し、2020年12/17には東京証券取引所への新規上場を果たしています。
オフィスは東京都中央区銀座に構えており、190名の社員が在籍しています。
プレイドでは、エンジニアをはじめとした、デザイナーやセールス、コーポレートポジションなど、幅広いポジションで共に新しい領域に挑戦できる人材を求めています。

プレイドへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・プレイドの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、プレイドの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • プレイドの企業概要
  • プレイドの転職ポイント
  • プレイドの社風や企業文化

プレイドに転職するポイント

プレイドの特徴

POINT

  • ・SalesforceやGoogleアナリティクスなどと肩を並べるSaaSを提供
  • ・累計ユーザー数68.3ユーザー・年間流通額1.44兆円突破
  • ・上下関係という概念がなく非常にフラットな環境が整っている

プレイドへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的多い
  • ・エンジニアをはじめ、幅広いポジションで求人募集
  • ・データによって人の価値を最大化するというミッションへの理解が求められる

プレイドの企業概要

会社名 プレイド株式会社
本社所在地 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 10F
社長 倉橋 健太
設立 2011年10月
株式 上場(東京証券取引所マザーズ市場)
株主構成(2018年3月期) 倉橋 健太(29.65%)
柴山 直樹(19.78%)
JAPAN VENTURES I L.P.(15.89%)

プレイドの売上

プレイドの売上推移

事業年度 2018年度 2019年度 2020年度
売上高 1,595百万円 2,937百万円 4,007百万円
経常利益 -200百万円 -534百万円 -1,079百万円

プレイドの最新ニュース

プレイドの事業内容

プレイドでは現在、顧客体験プラットフォーム「KARATE」をはじめとした、3つのサービスをユーザーに提供し、データによって人の価値を最大化するというミッションに沿った事業を展開しています。

KARATE

プレイドが適用するKARATEはサイトやアプリを持つ、あらゆるサービスの顧客体験の向上を促進させるマーケティングSaaSの枠超えたプラットフォームです。
KRATEの最大の強みであるエンドユーザーの可視化は、様々なユーザーから評価を得ており、導入企業は、AEON.comやSBI証券、集英社、Ymobileなど、業種の垣根を超えて非常に幅広くなっています。
累計ユーザー数は68.3億ユーザーを超えており、プレイドの主軸となる事業といえるでしょう。
2019年にはGoogleからの資金調達にも成功している事業で、今後の拡大も期待できる事業です。
また、Googleとは戦略的パートナーシップも結んでおり、今後様々な企業との連携も視野に入れらています。

XD

XD(クロスディー)は2018年3月よりスタートしたカスタマーエクスペリエンスに特化したビジオネスメディアです。
編集長には『図解一目でわかるITプラットフォーム』などを著書に持つイイヅカアキラ氏が就任しており、企業事例を中心とした、カスタマーエクスペリエンスの周辺情報を発信しています。

CX DIVE

CX DIVEは最先端の顧客体験についてのノウハウを学び、体験できるプレイドが主宰するカンファレンスです。
2019年10月のCX DIVEでは登壇者にプレイドの代表取締役である倉橋健太氏をはじめとした、インクワイア代表取締役のモリジュンヤ氏や、オールユアーズの木村まさし氏、クラシコムの青木耕平氏など、顧客体験に取り組む一流のプロフェッショナル達が集いました。
また、2019年10月のCX DIVE AKIは参加料無料で開催しており、日本経済への貢献度が高い事業ともいえるでしょう。

プレイドの募集要項

エンジニア

プレイドのエンジニアは、世界中のあらゆるサイトのユーザーをデータベース化するというミッションに沿ってシステムの企画・構築・運用を行ます。
主な業務としては、リアルタイムのユーザー解析を行う大規模分散システムの開発。クラウドインフラの構築・運用。メンバーと共同しながらの新規プロダクト・事業創出などが挙げられます。

必須な経験・スキル

  • ・ビジネスサイドとの境界がない
  • ・プロセスを信頼しない。人を信頼する。
  • ・カオスを楽しむ。(問題を楽しむ)
  • ・学習のための挑戦を重視する
  • ・コードを書くのではなく未来を描く
  • ・全員でぶっ壊して進む

ビジネス

プレイドのビジネス担当は、顧客中心のサービスをあたりまえにというミッションに沿ってビジネスパートナーとの戦略的アライアンスを結びます。
主な業務としてはKARATAEの導入推進およびリデザインや、クライアントの課題解決に向けたコンサルティング支援、新規事業の立ち上げやプロダクトアウトな機能、価値の事業化など事業の事業のマーケティング・コミュニケーション全般を行います。

必須な経験・スキル

  • ・複数のクライアントとのリレーション構築・維持できる
  • 表層ではなく本質的な課題を発見しクライアントや社内を巻き込みながら解決へ導くことができる
  • ・未知領域でも自ら学習しキャッチアップできる
  • ・自分の領域に囚われず柔軟に対応できる
  • ・ラフでもスピード重視して動ける
  • ・過去の経験に囚われず積極的にunlearningできる

デザイナー

プレイドが募集するデザイナーの活動領域は大きく二つに分けることができます。
「Product Experience Design」の領域でプロダクトに携わるデザイナーは主に KARATE管理画面のビジュアルデザイン全般やフロントエンドの実装を担います。
「Customer Experience Design」の領域でユーザーの成功体験づくりに携わるデザイナーはプロダクト周辺の体験設計と最適化に取り組みます。
応募時に関心の強い領域を選択することは可能ですが、チームはプロジェクトや期間によって柔軟に変化していくため各領域は交差するものと認識しておきましょう。

必須な経験・スキル

  • ・toB SaaS プロダクトに関するデザイン経験がある方
  • ・スタートアップにデザイナーとして参画された経験がある方
  • ・新しい技術やトレンドをキャッチアップし、自己研磨を欠かさない方

プレイドの転職難易度

プレイドの転職難易度は比較的高いです。
世界からも注目されるプラットフォームを提供する企業なだけあって、優秀な人材が多く集まっており、求められるスキルも非常に高いです。
また、プレイドでは人を重視する文化が根付いているため、一定以上のスキルを持っていても企業の理念にマッチしない場合、採用を見送られる可能せいがあります。
ただし、ブレイドは2020年に上場を果たしたばかりで、今後事業の拡大に伴う採用枠の増加も期待できるため、プレイドへの転職をお考えの場合、なるべく早めの行動をおすすめします。

プレイドが転職者に求める人物像

プレイドでは「データによって人の価値を最大化する」というミッションのもとに事業を展開し、ユーザーの顧客体験向上に勤めています。
人の興味関心や心境はインターネットでは見えないという常識を打ち砕くことを目標とし、あたりまえを壊すようなチャレンジ精神が転職者には求められます。
スキルや経験があることはもちろんですが、常識から逸脱できる心意気も重視されるため、面接では、型破りな発想による成功事例などのエピソードを複数用意してから臨むと良いでしょう。

プレイドの転職までの流れ

プレイドの選考フロー

記載なし

プレイドの面接形式

プレイドの面接回数は2~3回です。
エンジニアやデザイナーの採用が中心となるため、CTOが面接官を担当する場合が多いようです。

プレイドの面接内容

プレイドの面接では、ありがちな一問一答の面接ではなく、プロダクトや企業のミッションについてのすり合わせがメインに行われます。
プレイドの面接では、面接官が転職者について深堀するのではなく、相互理解を深めることで採用を判断しているため、テンプレート的な回答は通用しない可能性が高いです。
志望動機などの質問に対してもありきたりな回答ではなく、型破りな回答をする人材が重宝される傾向があるため、自分の目指す仕事について包み隠さず、素直な言葉で”会話する”ように対応することがポイントとなります。

プレイドで働いている方の評判・口コミ

biz、在籍1~3年、男性
社風もルールも非常にオープン。過去の議事録にアクセスできるなど情報についてや、CEOの思いなど、共有される内容が多いため、全体でミッションに沿って運営している印象がある。
biz、在籍1~3年、女性
実力で評価されるため、性別問わず優秀な人は出世していく。女性ならではの休暇も用意されているため、女性が働きやすい環境は整っていると思う。
biz、在籍1~3年、女性
ワークライフバランスが非常に良い。休暇を自由に取得できるため、海外旅行に行っている社員も非常に多かった。ただしアウトプットの質や生産性が前提となっているため、一定以上のスキルを持ったプロフェッショナルが集う会社という印象を感じた。

口コミの要約プレイドの口コミを見てみると、環境による自身の成長や、企業文化への共感、ワークライフバランスに関するポジティブな評判が多く見られました。特にエンジニアについては優秀な人材が集まっているという口コミが多く、スキルを磨きたい人材にとってプレイドは最適な環境といえそうです。

プレイドの年収・給与

年収 500万円 〜 1,200万円
ボーナスの有無 あり
昇給制度 あり(年2回)
残業手当 記載なし
固定残業手当 記載なし
通勤手当 あり
住宅手当 記載なし
福利厚生 IT保険,PLAY-AID Holiday,各種社会保険完備など

プレイドでの転職者の出世難易度

プレイドの出世難易度は比較的高いです。
プレイドには、非常に優秀なメンバーが集っており、数多くの実績を残している人材が多く在籍しています。その中で自分が出世するということは簡単ではないでしょう。
プレイドには決まった評価制度がなく、機械的な評価は行われいません。パフォーマンスやセルフマネジメントが見られるため、不当に評価を受けられないということはまずないでしょう。
プレイドのミッションと常識を撃ち壊すという共通理念を理解し、それに沿って従事することで、自然と出世の道は開けてくるでしょう。

プレイドはどんな人が働いている?

プレイドの従業員数

190名

プレイドの平均年齢

32.4歳

プレイドの平均勤続年数

記載なし

プレイドの社風

プレイドはエンジニアが多く在籍しており、効率的かつ破壊的イノベーションを促進していく風土があります。また、オープンな情報が多いことや、定期的に全体の共有会が開かれるなど風通しが非常に良い環境が整っています。
社員の特徴としては、スキルの高さはもちろんのこと、あたりまえを変えるという気概が強い人材が多く、互いに切磋琢磨して次のステップに進めていく雰囲気があります。
与えられたタスクをこなすのではなく、常に新しい課題に対し常識破りなアプローチで解決に導いていきたい人や、チャレンジ精神旺盛の人には最適な環境といえるでしょう。

プレイドのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 記載なし
休日 週休2日制
その他の休日・休暇 忌引休暇、年末年始休暇、PLAY-AID休暇(独自制度)など
平均残業時間 月16.5時間
フレックス制度 あり(コアタイムなし)
リモートワーク あり
産休・育休制度 あり
時短勤務 あり

プレイドの社長

倉橋 健太

同志社大学卒業後楽天株式会社へ入社。楽天ではWebディレクター、マーケッターとして、モバイル戦略、広告戦略などを多岐に渡る領域を担当。27歳で企業を決意しその後2011年にプレイドを設立。
2014年12月にInfinity Ventures Summit Launch Padにおけるアワード獲得を経て2015年3月にKARATEを正式リリース。
世の中全てのサービスの質を高めること、価値が消費者に届く社会を創り出すことを目標としている。

プレイド現職、OB/OGの有名人

柴山 直樹

東京大学工学部にて神経科学、チューリッヒ工科大学にてロボティクス、東大大学院にて分散環境における機械学習の研究に従事。在学時から起業についてを考え、2013年に現プレイド代表の倉橋氏との出会いをきっかけに大学院を辞めプレイドの創立にCTOとして携わる。
KARATEのリリースには欠かせない人物で、現在サービスの顧客体験の向上目指し業務に携わっている。

プレイドの転職に関わるQ&A


プレイドは常識を打ち砕くような人材を求めているため、平凡な内容の志望動機では採用を見送られる可能性が高い企業といえます。CTOの柴山氏は採用に関するカンファレンスに参加していることが多く、どのような人材をどのような基準で採用しているのかを詳しく語っています。そこで柴山氏は実際にどれくらいのパフォーマンスを社内で発揮できるか具体的に想定したうえで面接を行うと述べていることから、志望動機には具体性をもち、チャレンジ精神をアピールできる内容を盛り込むことをおすすめします。

2020年の上場によりさらなる注目を浴びているプレイドですが、注目されている理由は上場によるものだけではありません。CXプラットフォームとして業界シェア率トップのKARATEですが、成長の余地は未知数といわれています。
また、業績は赤字ではありますが、成長スピードは年々増加しており、昨年大型IPOを果たした株式会社freeeと同様に、今後の成長も大いに期待できるでしょう。

プレイドへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

プレイドの公式HPにある採用情報ページからエントリーすることが可能です。
求人情報をはじめ、企業からのメッセージや、社員インタビューなどが掲載されているので、企業研究に役立てることができるでしょう。
ただし、求人案内は情報量に限りがあり、働いてからの具体的なビジョンが沸かなという場合も少なくありません。
より詳しい内容が知りたい場合や、公式HPに載っていないような非公開求人に応募したいという場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、プレイドの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

様々な求人情報の中から自分に合ったポジションを探すなら「転職サイト」

プレイドへ転職サイトを活用して転職するなら、掲載されている企業数が豊富で、ハイクラス求人が多い「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用する大きなメリットは以下の3つです。
・掲載されている求人情報が豊富
・自分のペースで気軽に転職活動が進められる
・気になる求人があればすぐに応募できる

豊富にある企業やポジションの中から自分が希望するポジションを探したい場合や、自分のペースで転職活動がしたい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。
また、近年では、本格的に転職エージェントを活用する前の下調べとして、転職サイトを利用するという方が増えてきています。
まずはプレイドの募集内容などを知りたいという場合は、事前に一度チェックしてみるのも一つの手といえるでしょう。

iX転職では年収1,000万円以上のハイクラス案件が多数!

iX転職から届くスカウトメールです。

※画像はイメージです。タイミングによって掲載内容が異なります。

トップクラスの求人案件数を誇るiX転職には、上場企業の求人情報も多数募集されています。
また、iX転職は転職サイトの中でも比較的多くの非公開求人を持っている傾向があり、ヘッドハンターに相談することで、一般公開されていない非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

モビルスへの転職情報まとめ。ビジネスモデルや年収、面接内容などを紹介

モビルス転職者の主なキャリアステップ 前職 日立製作所、ソフトバンクなどがあげられる。 モビルス株式会社に転職 次の転職先 転職事例はほとんどない。 ...

ALBERTへ転職したい方必見。選考フローや平均給与などについて調査

ALBERT転職者の主なキャリアステップ 前職 大手Sler データサイエンティスト業務の経験者 株式会社ALBERTに転職 次の転職先 業種を問わず幅...

Sky株式会社への転職は難しい?口コミや面接内容などを解説

Sky転職者の主なキャリアステップ 前職 パイオニア、オンキョー、パナソニックなどの大手メーカー トランスコスモスなどのマーケ関連企業 Sky株式会社に転職 ...

アドビ(旧・アドビシステムズ)の転職情報!募集要項や給与などを解説

アドビ転職者の主なキャリアステップ 前職 日本オラクルなどの外資系テクノロジー企業 アクセンチュアなどのコンサルティングファーム アドビ株式会社に転職 次...

NTTレゾナントへの転職は難しい?難易度や年収などを解説

NTTレゾナント転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 NTTグループからの転籍 NTTレゾナント株式会社に転職 次の転職先 楽天 DeNA...

ラクスの転職への転職。口コミや面接内容を解説

ラクス転職者の主なキャリアステップ 前職 システム開発 ITコンサルティング会社 株式会社ラクスに転職 次の転職先 通信サービス システム開発 ソフ...

サイボウズへ転職はおすすめ?年収や働きやすさなどについて調査

▼下記は、サイボウズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからサイボウズに転職してくるのか ・転職先:サイボウズからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

SAPジャパンの転職事情。難易度や口コミなど紹介

SAPジャパン転職者の主なキャリアステップ 前職 デロイト、AC、EYなどのIT系コンサルファーム IBMなどのSIer オラクルなどの外資系ベンダー SPAジャパン株式会社に転...

NTTコムウェアへ転職するべき?年収や福利厚生について解説

NTTコムウェア転職者の主なキャリアステップ 前職 ・新卒 NTTグループ企業 NTTコムウェア株式会社に転職 次の転職先 ソニー、富士通などの国内事業...

シスコへの転職難易度は?年収や評判などを解説

シスコ転職者の主なキャリアステップ 前職 NTTグループ、KDDIなどの大手通信会社 富士通、NECなどの大手電機メーカー シスコシステム合同会社に転職 ...

TOP