ツールベンダー

アカマイへの転職方法を解説!年収や評判もご紹介

▼下記は、アカマイに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからアカマイに転職してくるのか
・転職先:アカマイからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

アカマイの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、専門学校卒業や大学、大学院卒業などが在籍しており、海外大学出身者の比率が高くなっています。

職歴

アカマイ在籍者の主な職歴として、シスコオラクルといった外資系ベンチャー企業が挙げられます。

退職後の主な転職先

アカマイからの転職先として、SAPやAWS、Microsoftなどの大手外資系企業、楽天などのWEB系事業企業などへ転職しています。

アカマイは、コンテンツデリバリーネットワークやクラウドセキュリティーを提供し、数学理論を取り入れたシステムを武器としているアメリカ合衆国の企業です。
コンテンツ・デリバリー・ネットワークサービスのリーディングカンパニーでありますが、提供するソリューションや商品など、知名度こそはそれほど高くありません。
しかし、顧客からの信頼は絶大であり、日本国内においては金融や製造、流通など、主要業界を中心に600社以上の顧客企業を持っています。
1998年に設立、日本法人は2003年に設立されました。
東京都中央区に本店を構えており、現在では210名の社員が在籍しています。
そんなアカマイでは、コンサルタントなどの専門ポジションで、即戦力となる人材を求めています。

初めての転職でアカマイを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

アカマイの年収や評判も気になるけど、それよりも先にどんな求人が出ているのか知りたい場合は、まずビズリーチなどの転職サイトで掲載されている求人をチェックしてみましょう。
ビズリーチには、ハイクラス求人が豊富に掲載されているため、応募したいポジションがまだ定まっていない場合は、ここで一度比較することをおすすめします。
転職エージェントの活用を考えている場合でも、情報収集としてビズリーチを事前にチェックしておくと、転職活動がスムーズに進められるようになるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • アカマイの企業概要
  • アカマイの転職ポイント
  • アカマイの社風や企業文化

アカマイに転職するポイント

アカマイの特徴

POINT

  • ・コンテンツ・デリバリー・ネットワークサービスのリーディングカンパニー
  • ・130か国以上に対し24万台の高度なサーバプラットフォームと1,700超えのネットワーク保有
  • ・日本においては600社以上の顧客企業を持っている

アカマイへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は非常に少ない
  • ・コンサルタントなどの専門ポジションで求人募集
  • ・専門性に優れ、非常に高いスキルを持った人材を求めている

アカマイの企業概要

会社名 アカマイ・テクノロジーズ合同会社
日本所在地 東京都中央区京橋2-1-3 京橋トラストタワー6階
社長 山野 修
設立 2003年1月28日
株式 未上場
株主構成 Akamai Technologies, Inc.(100%)

アカマイの売上

アカマイ・テクノロジーズ合同会社の売上は非公開なため、親会社である米アカマイ・テクノロジーズの売上を掲載しています。

アカマイの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上 2,714,474千ドル 2,502,996千ドル 2,340,049千ドル
当期利益 316,132千ドル 218,321千ドル 298,373千ドル

アカマイの最新ニュース

アカマイの事業内容

インターネット上でのコンテンツとビジネスアプリケーションを確保するためのクラウドサービスの提供を行っている企業です。
世界130か国以上に分散された24万台の高度なサーバプラットフォームと1,700を超えるネットワークを持っています。
企業のデータセンターやクラウドプロバイダーのデータセンターなど、広範囲に網羅し、企業自身とそのビジネスを高速かつスマートにサービスを提供、攻撃や脅威からの保守を務めています。
さらには、マルチクラウドアーキテクチャの拡大や、俊敏性の優れたソリューションを活用による競争優位確立など、さまざまな支援を行い、さまざまなクライアントのサポートを行っている企業です。
今後の展望として、IoTの拡大や5Gのサービスインする現代において、エッジコンピューティングの認知されるようになり、そのエッジコンピューティングの推進や拡大を目指していると公言しています。

アカマイの募集要項

セキュリティコンサルタント

Webコンテンツの配信やトラフィック管理サービスの提供、ストリーミングメディアの配信などを行うポジションです。
そのほかにも、Webアプリケーションの配信やWebセキュリティソリューションの提供、さらには、サービス導入に関するコンサルティングサービスの提供も行います。

必須な経験・スキル

  • 記載なし

エンゲージメントマネージャー

顧客のライフサイクルを通じて価値や維持、成長を最大化させるため、顧客のパフォーマンスとセキュリティ戦略の構築や革新を支援します。
また、アカウント戦略を定義し、主要的な関係の確立、プロジェクパイプラインの構築と維持なども行います。
業界のエキスパートとして、顧客に革新的な成果をもたらすことで喜びを感じることができるポジションです。

必須な経験・スキル

  • 記載なし

カスタマーサポート

顧客のPoCおよび信頼してもらえるアドバイザーとして、顧客との関係構築やカスタマーサクセスを担当します。
具体的には、アカマイ製品の使用と運用を成功させるために、顧客とパートナーを積極的にサポート、セールスチームと連携し、顧客の懸念点の解決などを行います。
そのほかにも、継続的な顧客関係マネジメントとエンゲージメントの構築なども行います。

必須な経験・スキル

  • 記載なし

アカマイの転職難易度

アカマイの転職難易度は比較的高いです。
募集されている求人は比較的少なく、それに反して応募者が多くいるため、倍率が高くなってしまうことが予測できます。
また、アカマイでは優秀な人材を求めているので、採用してもらえるのは簡単ではないでしょう。
企業分析をしっかりと行い、自分が即戦力として働けることを上手にアピールできるかどうかがポイントです。

アカマイが転職者に求める人物像

論理的思考が強く、物事の本質を見抜く力を持った人材を求めています。
また、アカマイはさまざまなバックグラウンドと視点を持っているため、ダイナミックな職場環境の価値を高めてくれる聡明で創造力豊かな人材も必要としています。
面接では、これらをアピールできるエピソードをいくつか用意し、面接官を納得させられることが肝心です。

アカマイの転職までの流れ

アカマイの選考フロー

エントリー

一次~二次面接

想定選考官:人事
想定内容:志望動機や前職までの経験など、定型的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでにされた質問を再度深堀し、改めてアカマイにマッチしている人材かを判断されます。

内定

アカマイの面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数は2~3回ですが、ポジションや応募人数によって異なります。
1回あたりの時間は30分~1時間で終わります。

アカマイの面接内容

アカマイの面接は、志望動機や前職までの経験など、定型的な質問から進みます。
特に、前職までの経験を重要視している傾向があり、「具体的にどんなことができるのか」や「どういった応用ができるか」など、深堀されることがあります。
また、英語による会話があるため、日常会話レベルの英語力は必須です。
どんな質問をされても一貫性を持って回答できるようにしておき、英語でも会話できるように事前に準備しておくと良いでしょう。

アカマイで働いている方の評判・口コミ

法人営業、在籍7~10年、男性
営業の場合ですが、売上や受注の結果に対してのインセンティブの幅が大きく、高収入になるのも夢ではありません。また、リーディングカンパニーだけあり、さまざまな顧客と日々エキサイティングなプロジェクトに関わることもあるので、やりがいは非常に感じます。
ネットワーク運用・保守、在籍3~5年、男性
入社して数か月は企業が持っている技術やそのほかの業務で必要となる知識についての勉強期間が与えられるので、落ち着いて勉強することができます。その一環で、一定のテクニカルな事項について、ホワイトボードで説明してくれるので、分かりやすくて良いと思います。
ネットワーク設計・構築、在籍5~7年、女性
私が所属している部署は、残業がほとんどなく、定時で帰れるのでプライベートな時間を大切にすることができます。ただし、部署によってはかなり忙しいところもあるので、部署によるのかもしれません。
口コミの要約

アカマイの口コミを見てみると、大きなプロジェクトに関わることができ、やりがいを感じることができることが伝わってきます。また、勉強期間を設けているため、集中して勉強できる環境があるということも伺えます。

アカマイの年収・給与

年収 850~1,050万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 月10万円まで
住宅手当 有り
福利厚生 確定拠出年金制度、総合福祉団体定期保険、団体長期生涯所得補償保険など

アカマイでの転職者の出世難易度

アカマイの出世難易度は比較的高いです。
アカマイには優秀な社員が多く在籍しており、その中から出世するのは簡単なことではありません。
出世を目指すなら、ほかの人よりも多くの実績を残す必要があり、さらには、上司に認められていて気に入られていること、役職に空きがあるかどうかも重要なポイントです。
多少の運も必要になるので、実績を残しつつ、タイミングを見極めることが大切でしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 700万円
30代前半 なし 1,000万円
30代中盤 なし 1,100万円
30代後半 なし 1,400万円
40代前半 なし 1,800万円
40代中盤 なし 1,200万円
40代後半 部長 2,500万円

アカマイはどんな人が働いている?

アカマイの従業員数

約210名(日本のみ)
約6,600名(全体)

アカマイの平均年齢

46歳

アカマイの平均勤続年数

記載なし

アカマイの社風

アカマイは、非常に挑戦的で自由な社風です。
外資系企業ということもあり、日本においても日本らしさはなく、自由でありますが、全てが評価で決まるという風土があります。
また、企業全体が社員の成長や能力開花、向上心を持つことをサポートするカルチャーであるため、社員同士のディスカッションやディベートが非常に盛んです。
社員同士が意見に耳を傾け合い、活発にコミュニケーションを取っています。
お互いに高め合ってどんどんスキルアップしたいという方には向いている企業といえるでしょう。

アカマイのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~18:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年次有給休暇、疾病休暇、年末年始休暇、夏季休暇など
平均残業時間 月30時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

アカマイの社長

山野 修

1959年生まれ、東京都出身。
30年以上に及ぶIT業界における豊富な経験を保有しており、RSAセキュリティ株式会社やEMCジャパン株式会社、マカフィー株式会社など、有力なIT業界のトップを歴任。
2019年にアカマイ・テクノロジーズ合同会社の職務執行者社長に就任。
培ったキャリアを通じて、研究開発やマーケティング、エンタープライズセールスなど、幅広い分野において多くの実績を残し、現在では、電気通信大学の客員教授も務めている。

アカマイ現職、OB/OGの有名人

F. Thomson Leighion(フランク・トムソン・レイトン)

1956年生まれ。
アカマイ・テクノロジーズの最高経営責任者であり、アカマイを21世紀のトップコンテンツ配信プロバイダにした実業家。
また、ネットワークアプリケーションとサイバーセキュリティのアルゴリズムに関する世界有数の権威として、応用数学と分散コンピューティングを使用してWebの問題を解決するソリューションを発見。
現在では、SSPやCEEの評議員を務め、CEEの高校生向けの主力プログラムであるDistinguished Lecture Seriesに参加している。

アカマイの転職に関わるQ&A


結論からいうと、部署によって異なります。
それほど忙しくなく、定時で上がれる部署もあれば、逆に忙しくて残業しなければならないという部署も存在します。
ただし、残業代はしっかりと支給されるので、バリバリ働いて稼ぎたいという方には嬉しいでしょう。

アカマイは、性別関係なく、活躍できる環境があり、男性のみならず、女性のキャリア育成に力を入れています。
また、Awareness Trainingや乳がんセミナー、ファイナンス講座などを開催しており、醸成だけでなく、多くの男性社員も積極的に参加しています。
さらには、産休や育休の制度が整えられており、復帰する女性社員も多く、ワーキングマザーやワーキングファザーも多く活躍しているので、働きやすい環境があるといえるでしょう。

アカマイへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

アカマイの公式サイトにある採用情報ページから応募が可能です。
採用情報ページには、アカマイからのメッセージやテクノロジーの重要性、アカマイの文化など、さまざまな情報が掲載されているので、企業分析に役立てることができます。
ただし、現在日本における求人は掲載されていません。
アカマイに応募したい場合や、一般公開されていない非公開求人に応募したい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な求人から自分に合ったポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用してアカマイへ転職したいなら、ミドルクラス~ハイクラスの求人を豊富に扱っている「ビズリーチ」がおすすめです。
ビズリーチでは、キャリアアドバイザーの評価をチェックすることができるため、自分に合った担当者を探すことができます。

転職サイトを活用する大きなメリットは3つ。
・豊富な求人案件数
・空いている時間に転職活動ができる
・応募~面接までにスピード感がある

豊富な求人情報の中から自分に合ったポジションを探したい方や、空いている時間に転職活動がしたい方には、転職サイトが良いでしょう。
また、最近は転職エージェントを活用する前に転職サイトを利用するという方も増えており、アカマイの募集内容が早めに知りたい方は、事前にチェックするのも一つの手です。

ビズリーチではマネージャーや人事といった求人を掲載!

ビズリーチに掲載されている求人は3件です。

※画像はイメージです。

掲載されている求人数は少なくなっていますが、マネージャーや人事といった責任を問われるポジションで募集をされています。
ハイクラス求人を扱っているビズリーチでは、提示されている年収が高くなっており、最低年収が800万円となっています。
また、ビズリーチは比較的多くの非公開求人を持っている傾向があるため、キャリアアドバイザーに相談することで紹介してもらえる可能性もあるでしょう。
ただし、転職サイトを活用した応募の場合、自分と企業とのすり合わせが上手くいかないこともあり、スキルや経験などで落とされてしまうことも少なくありません。
より確実な転職活動をするなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

アカマイに応募する前に相談!「転職エージェント」

アカマイへの転職に対して、少しでも不安や疑問がある方は、外資系専門転職エージェントとして人気を誇る「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」の活用がおすすめです。
キャリアアドバイザーへ相談することで、アカマイへの転職に必要なスキルや実績、さらにはそれらを習得することができる企業を紹介してもらうことは可能です。
転職エージェントは、そのときの転職だけではなく、転職希望者のキャリア形成全体をサポートしてくれます。
応募する前に、まずはキャリアアドバイザーに相談し、自分の足りない部分を客観的に見てもらうことがアカマイへ転職する最短ルートといえるでしょう。

外資系企業への転職を目指すならロバート・ウォルターズ・ジャパン

ロバート・ウォルターズは1985年にロンドンで設立された老舗の転職エージェントです。
国際展開する企業への専門性が非常に高いため、アカマイへの転職に必要な経験を積める外資系企業へ転職するのであれば、ロバート・ウォルターズ・ジャパン一択といえます。

ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、ハイクラスの非公開求人を豊富に持っている転職エージェントなので、アカマイへ転職したい旨を伝えることで、目的にあったポジションを紹介してもらえるでしょう。
ただし、ロバート・ウォルターズ・ジャパンでは、日常会話ができるレベルの英語力を持っていることが前提であるため、スキルや実績が足りていないと希望する案件は紹介してもらえません。
そうでなくても、アカマイへ転職するには英語スキルが必要になるため、スキルが足りないと感じたら独自で勉強をするか、学習支援制度のある企業へ一度転職することをおすすめします。

あなたがアカマイに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

フロムスクラッチへの転職は難しい?激務って噂は本当?

  ▼下記は、フロムスクラッチに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからフロムスクラッチに転職してくるのか ・転職先:フロムスクラッチからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来...

ALBERTへ転職したい方必見。選考フローや平均給与などについて調査

  ▼下記は、ALBERTに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからALBERTに転職してくるのか ・転職先:ALBERTからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

ウフルの転職はおすすめ?転職難易度や年収などを徹底調査!

  ▼下記は、ウフルに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからウフルに転職してくるのか ・転職先:ウフルからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

サイボウズへ転職はおすすめ?年収や働きやすさなどについて調査

  ▼下記は、サイボウズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからサイボウズに転職してくるのか ・転職先:サイボウズからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

マルケトへの転職はおすすめ?評判や年収などについてご紹介

▼下記は、マルケトに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからマルケトに転職してくるのか ・転職先:マルケトからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

日本オラクルに転職したい方必見。転職難易度や給料、口コミなどをご紹介

  ▼下記は、日本オラクルに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本オラクルに転職してくるのか ・転職先:日本オラクルからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

アカマイへの転職方法を解説!年収や評判もご紹介

▼下記は、アカマイに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアカマイに転職してくるのか ・転職先:アカマイからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

Yext(イエクスト)に転職するには?事業内容や評判を紹介

Yext(イエクスト)はアメリカに本社を置くITデータシステム企業です。 自社ブランドサイトや検索エンジン、マップ、SNSや音声アシスタントなどの情報発信を助けるクラウドプラットフォーム「Yext」の開発・販売を行っています。...

ニフティの転職難易度は?年収や転職難易度などを解説

▼下記は、ニフティに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからニフティに転職してくるのか ・転職先:ニフティからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

セールスフォースへの転職。福利厚生や年収はどう?

  ▼下記は、セールスフォース・ドットコムに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからセールスフォース・ドットコムに転職してくるのか ・転職先:セールスフォース・ドットコムからどこへ転職するのか...

TOP