ツールベンダー

日本オラクルに転職したい方必見。転職難易度や給料、口コミなどをご紹介

日本オラクル転職者の主なキャリアステップ

日本オラクルの主な転職元・転職先

学歴学歴学歴は、大学・大学院(博士含む)卒が在籍。高学歴者の比率が高く、海外大学も多い。

前職職歴は、富士通などのSIerAdobeなどの外資系テクノロジー企業アクセンチュアなどのコンサルティングファームが挙げられます。

次の転職先退職後の主な転職先として、富士通などのSIerAdobeなどの外資系テクノロジー企業アクセンチュアなどのコンサルティングファームが挙げられます。

日本オラクルは、米国オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立された企業です。
国内には、北海道から沖縄まで全国8か所に支社を構え、国内事業者向けにライセンス販売を行う役割が中心となっています。
また、企業の全業務領域を網羅するアプリケーション製品や世界最高水準のデータベース、ミドルウェア製品群の提供も行っています。
さらには、2023年にオラクルのSaaSで顧客の真のDXやビジネス変革を支援するなど、幅広く手掛けている企業です。
この記事では、そんな日本オラクルの転職に向けて必ず知っておきたい事業内容や面接内容、口コミなどについて解説します。

日本オラクルを目指す人におすすめの転職エージェント

・日本オラクルの口コミや年収も気になるけど、確実な人から適切な転職先を紹介されたい!

そんな方はまず転職エージェント「DX CAREER AGENT」をチェックしましょう。

DX CAREER AGENTの主な特徴は以下の通り。

・DXに精通した人材紹介に特化されたサービスならではの、求人・サポート

・サポートする少数精鋭のエージェントは全員、各業界の最大手出身者

・大手の採用代行を行なっているので、マーケットに出てこない優良求人を多数保有

DX CAREER AGENT
DX CAREER AGENT

この記事でわかること

  • 日本オラクルの企業概要や事業内容
  • 日本オラクルへ転職するときのポイント
  • 日本オラクルの給与や働き方など

日本オラクルへ転職する際のポイント

日本オラクルの特徴

POINT
・ツールベンダーとして世界でトップクラス
・国内事業者向けにライセンス販売を行うことが主な役割
・フリーアドレス制で在宅勤務も可能、ワークライフバランスを調整しやすい

日本オラクルへ転職するポイント

POINT
・社員紹介による中途入社が多い
・ITコンサルファームや富士通などのSIer出身者が多い
・セールス採用では、営業経験者であればIT業界未経験でも応募可能

日本オラクルの企業概要

会社名 日本オラクル株式会社
本社所在地 東京都港区北青山二丁目5-8 オラクル青山センター
社長 三澤 智光
設立 1985年10月15日
株式 上場(東証スタンダード)
株主構成 オラクル・ジャパン・ホールディング(74.04%)
日本マスタートラスト信託銀行(4.46%)
日本カストディ銀行(1.04%)

日本オラクルの売上

年数 2019年度 2020年度 2021年度
売上高 211,357百万円 208,523百万円 214,691百万円
経常利益 68,857百万円 70,904百万円 73,543百万円

日本オラクルの最新ニュース

日本オラクルの事業内容

日本オラクルは、ERPなどの企業の事業活動の基盤となるソフトウェア・ハードウェアやクラウドサービス、それらの利⽤を⽀援する各種サービスの提供を行っている企業です。
ビジネス・イノベーションを阻害している複雑性を取り除くことをモットーとしています。
日本オラクルは、「あなたのITはリソースを消耗させていますか?それともビジネスを前進させていますか?」と問いかけ、ITの簡略化を目指し、さまざまな製品やサービスを生み出しています。
また、自社開発だけではなく、M&Aによる企業買収や製品・サービスラインナップの拡充にも積極的です。

日本オラクルの募集要項

主任コンサルタント

エンゲージメントに高品質な業務成果を提供するポジションです。
具体亭には、変化する複雑な業務やタスクを実行し、オラクル製品と技術の実装によって顧客のニーズに応えるほか、顧客エンゲージメントに対して専門知識を駆使して機能面や技術面のソリューションを提供します。

必須なスキル・経験
・2年程度のコンサルティング経験を含む、5~7年以上の類似職種での実務経験
・学士号もしくは同等の経験の保有
・プラクティスを重視した製品や技術の専門知識の保有 など

技術営業

製品やサービスを提供するポジションです。
具体的には、技術ソフトウェアと関連サービスを定義されたテリトリーの販売や、ビジネス新規開拓調査と仕様作成から契約交渉や締結、販売後のサポートなど、営業プロセス全体を含むアカウント管理を行います。

必須なスキル・経験
・主導的な立場で、人に対する指示や指導が行える能力
・7年程度の技術セールス経験を含む、8年程度の該当分野での実務経験
・予測や営業経費の管理を行い、オラクルの新しいビジネスを成功させる能力 など

コンサルティングプラクティスディレクター

サービス部門や技術センターなどに定義可能な特定のプラクティス内のビジネス業務とリソースの管理を担当するポジションです。
具体的は、戦略の方向性を維持してプラクティスの有益な拡大、コンサルティングやデリバリーの品質確保、顧客リファレンス機能の維持を行います。

必須なスキル・経験
・5年程度のコンサルティング経験と2年程度のプロジェクト管理リーダー経験を含む、合計10年以上の類似職種での実務経験
・プロジェクトや人材、顧客、財務関係を含む現場での直接管理経験
・プラクティスを重視した製品や技術、業界に関する専門知識の保有 など

日本オラクルへの転職難易度

日本オラクルの転職難易度は非常に高いです。
どのポジションでも経験年数が求められることが多く、一定以上の経験やスキルは必要不可欠です。
また、日本オラクルは非常に知名度が高いため、どのポジションでも倍率が高くなることが想定できます。
日本オラクルへの転職を目指す場合は、簡単ではないことをあらかじめ理解しておき、万全な状態で面接に臨めることが肝心です。

オラクルが転職者に求める人物像

クライアントに対して、課題を的確に聞き出せるコミュニケーション能力がある方や、新しい技術や変化に対してチャレンジできる方を求めています。

また、オラクルはチームワークを大切にする企業です。個人でのパフォーマンス発揮はもちろんのこと、チームとして最大のパフォーマンスを発揮できる人を求めています。

エージェント
転職エージェント

社風などはとても居心地が良いとの声も多く、平均勤続年数も外資系としてはだいぶ長いです。実力主義の社風はしっかりとあるため、自ら進んで研鑽や経験を積んでいく必要がありますが、ある意味、平均年収は1,000万円を超えている外資系の企業としては当たり前かもしれません。
意欲があれば、居心地が良さそうですが、注意点もあります。入社後の給料は上がりにくいため、入社時の給料交渉をしっかりと行いましょう!

日本オラクルの転職までの流れ

日本オラクルの選考フロー

エントリー

一次~二次面接

想定選考官:人事・マネージャー
想定内容:志望動機や転職理由など、一般的な質問をされます。

三次面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問を再度深堀し、改めてマッチしている人材かを判断されます。

内定

日本オラクルの面接形式

面接は1対1で行われる場合や1対複数で行われる場合があるなど、状況によって異なります。
面接回数は基本的に2~3回あります。
1回あたりの時間は1時間前後です。

日本オラクルの面接内容

日本オラクルの面接では、オーソドックスな志望動機や今までの経験、入社後やりたいことなどを聞かれます。

そのほかにも、以下の内容の質問があります。
・経験の深掘り(営業リストの内容と受注金額、過去1番大変だった経験など)
・「営業成績が足りない時、パワハラを受けたらどうするか?」
・「2,000社の顧客リストがある場合、どのような営業プランを立てますか?」
・「今後のIT業界の展望について、考察を話して下さい」

これといった変わった質問をされることはありませんが、こちらの回答に対して深堀される場合があります。
企業研究や自己分析はしっかりと行い、どのような質問にも一貫性のある回答ができるようにしましょう。

日本オラクルの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は比較的少ない
・求人情報はマイナビ転職などで確認できる可能性がある
・経験やスキルを問うような質問が多い

営業、30代後半、男性
現職のメンバーにどう思われていると思うかを聞かれました。クレーム対応などのマイナスなアクションにも進んで取り組んでおり、頼りにされていると思うということを伝えました。
コンサルタント、20代後半、男性
商品を売ると仮定したロールプレイを行いました。この商品があればイニシャルコストはかかるが、将来的にどの程度の利益が生み出せるという売り込みをしました。
マーケティング、20代後半、女性
日本オラクルのイメージは?と質問されました。SIer出身者が活躍しているイメージがあり、その通りに伝えましたが、できるだけ深堀したような内容を伝えるように意識しました。
マーケティング、30代前半、女性
海外事業所への転勤は可能かを聞かれました。転勤期間が数か月にも及ぶため、家族との相談が必要ですが、前向きに検討したいと伝えました。
営業、30代前半、男性
今までの経験談について深堀されました。これまでに顧客や企業に対して提案してきたことや得たスキルや経験など、できるだけ分かりやすく伝わりやすいようにアピールしました。

日本オラクルで働いている方の評判・口コミ

コンサルタント、在籍5年、男性日本オラクルだけで2,000人以上の従業員がいる会社となっており、外資系会社のような雰囲気は感じられない。特にコンサルティング部門では、クライアントが日本法人のため、その色は強く感じられます。最近は外国籍の方が増えており、部署によっては英語を使う機会が増えています。

営業、在籍3年未満、男性
入社時のベース給与は非常に大切です。基本的に入社してからのベース給与は上がらないと考えておいた方が良い。営業は案件の受注に応じてインセンティブが支給される為、ベース給与+インセンティブで1,000万円~を狙えます。
シニアマネージャー、在籍3年未満、男性
外資系のため、手取り足取り先輩が教えてくれるということはなく、ある程度のことは自分から動いて身につけていかなければならない。そのため、入社当初は会社に適応するのに時間がかかる。しかし、自分のスキルは向上すると思う。

口コミの要約2,000人以上の従業員が働く大企業であり、クライアントは日本法人がほとんどですので、基本的に日本語でのコミュニケーションとなります。社内の雰囲気も日本企業よりです。

一方、外資企業的な要素としては給与制度が年俸制である点や、先輩からの積極的な指導などは無いため受け身で成長できる環境では無い点があげられます。研修制度の選択肢は多く準備されているため、自ら進んでスキルアップに向けた研鑽に励んでいく必要があります。

日本オラクルの年収・給与は?

年収 1,121万円
ボーナスの有無 年4回(インセンティブ)
昇給制度 有り
残業手当 記載なし
通勤手当 記載なし
住宅手当 記載なし
福利厚生 マッサージルーム、社会保険完備、確定拠出年金制度、ヒューマンスキル検収など

日本オラクルでの転職者の出世難易度

オラクルは外資系企業らしく、転職者であっても、実力があればある程度の出世は可能です。ただし、役員クラスとなると話は別で、米国本社の方針により、日本法人における内部昇格は限定的となっているようです。マネジメント層は外部が多い実態もあるため、役員までの出世難易度は高いと言えます。

日本オラクルの役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代前半 なし 500万円
20代中盤 なし 700万円
20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 マネージャー 1,000万円
30代後半 コンサルタント 850万円
40代前半 コンサルタント 800万円
40代前半 シニアマネージャー 1,100万円
40代後半 ディレクター 1,700万円

日本オラクルはどんな人が働いている?

従業員数

2,430名

平均年齢

43.4歳

平均勤続年数

8.6年

日本オラクルの社風

日本オラクルは、外資系ならではのオープンでフラットな社風です。
一方で、一部では日本企業の良さも兼ね備えており、人間関係がドライすぎずに適度な距離感と感じる方が多くいます。
会社からの社員に対する教育として、社内の勉強会やトレーニングツールの提供がありますが、個人の能力、キャリア開発の提供はほとんどありません。
また、昇格の機会もそれほど多くはないため、個人の成長を考えた際には積極的に動き、学ぶ必要があります。

日本オラクルのワークライフバランス

副業可否 可能(応相談)
勤務時間 所定労働時間 7時間
休日 土日祝日(完全週休二日制)
平均残業時間 月40時間程度
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
休暇制度 年末年始休暇、慶弔休暇、ボランティア休暇、介護休業、傷病休暇など
時短勤務 有り

日本オラクルの社長

三澤 智光

横浜国立大学卒業後、富士通株式会社へ入社。
1995年に日本オラクル株式会社へ入社。
2000年に執行役員パートナー営業本部長兼ソリューション統括部長に就任。
2006年に常務執行役員システム製品統括本部長兼マーケティング本部長に就任。
その後も、専務執行役員テクノロジー製品事業統括本部長や副社長執行役員データベース事業統括などを歴任。
2021年より、取締役執行役社長を務めている。

日本オラクル現職、OB/OGの有名人

金子 忠浩

1986年に兼松江商株式会社(現・兼松株式会社)へ入社。
1996年にエヌ・ティ・ティ移動通信網株式会社(現・株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ)へ入社し、総務部法務担当課長に就任。
2001年にモトローラ株式会社へ入社し、法務部長に就任。
2006年に日本オラクル株式会社へ入社し、チーフリーガルオフィサー法務室長に就任。
その後も、執行役員チーフリーガルオフィサー法務室長や代表執行役、執行役員チーフリーガルオフィサー法務室長などを歴任。
2018年に代表執行役最高法務責任者に就任し、2020年9月まで務めた人物。

日本オラクルの転職に関わるQ&A


1人1人の意思を尊重しながら、価値を創造していくということです。企業側の都合で組織体制や人事制度を用意するのではなく、社員側の立場に立ってビジネスをよりやり易くするために制度やルールを決めていくということです。自主的に参加できる豊富な社員研修や社内公募制度もその一環です。


他社のIT企業に比べて、かなり女性が働きやすい環境が整っていると言えます。フレックス制度の他、在宅勤務も可能なので家庭とも両立しやすいです。もちろん、産休、育休も完備されています。出産育児での一時的なキャリア停滞に対するフォロー制度も整っています。
とはいえ実際には、育児休暇後はバックアップオフィス系やインサイドセールス系に異動する女性も多いです。


オラクルはワークアットエブリウェア(どこで仕事をしてもかまわない)という考え方が浸透しています。固定席がなく、毎日決まった時間、決まった場所に行くという概念がありません。オフィス以外の場所、自宅で働くことも可能です。やるべきことをやっているのならば早い時間に帰宅することも可能ですし、有給も自由に取得することが出来ます。1週間以上連続で取る方も多くいます。

日本オラクルへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

日本オラクルの公式サイトに掲載されている採用情報ページからエントリーすることが可能です。
公式サイトには求人情報をはじめ、日本オラクルについてのさまざまな情報が掲載されています。
また、現在募集されているポジションの必須スキル・経験などがある程度掲載されているので、どのような仕事なのか知りたいという方は一度チェックしておくのをおすすめします。
ただし、掲載されている採用情報は十分とは言えず、より詳細な情報を知りたい方や公式サイトに載っていないような求人情報が気になるという方は、転職サイト・転職エージェントの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、日本オラクルの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

自分のペースで転職活動したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用して日本オラクルへ転職したいと考えている方におすすめなのが、トップクラスの企業案件数と多くのハイクラス求人情報を取り扱っている「doda X(旧:iX転職)」です。
doda X(旧:iX転職)では自分の市場価値を長期的にサポートしてくれるヘッドハンターと出会えます。自分の市場価値を客観的に知ることができるので、より自分に合ったポジションへの転職ができるという特徴があります。

転職サイトを活用するメリットは大きく分けると3つです。

・豊富な求人情報数なので理想の転職先が見つけやすい
・転職活動に割く時間があまりとれなくても自分のペースで転職活動可能
・転職先への応募がすぐできる

自分の希望するポジションを探している方や、転職活動のための時間がなかなか取れないという方にはおすすめです。
また、転職サイトは転職エージェントを利用するという方にもおすすめで、事前に日本オラクルの募集内容や求められるスキルをチェックすることができます。

doda X(旧:iX転職)には、日本オラクル以外の競合他社・同業他社の求人情報が多数

doda X(旧:iX転職)には、日本オラクル以外にも競合他社・同業他社の求人が多数取扱っているので、気になる企業と比較してみるのをおすすめします。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)では、ハイクラス求人を多数抱えているので、全体的に年収が高い傾向にあり、年収の相談も可能となっています。
さらにdoda X(旧:iX転職)は、非公開求人を持っていることもあり、ヘッドハンターに相談することで、非公開求人を紹介してもらうことも可能です。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

日本オラクルへの転職に少しでも不安を感じているなら「転職エージェント」

日本オラクルへ転職する方におすすめなのが外資系に特化した転職エージェント「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」がです。
ロバート・ウォルターズ・ジャパンが抱えている案件は、転職難易度が比較的高く非公開の求人情報もハイクラスで高収入といった傾向があります。

転職エージェントを利用するメリットとしては
・転職に関するサポートが万全
・自分と企業との高いマッチング率
・非公開求人案件が転職サイトに比べて多い
この3つが挙げられます。

転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書の添削や、模擬面接によるアドバイス、さらには給与交渉まで幅広いサポートを受けることが可能です。
また、あらかじめ日本オラクルへの転職実績があれば、転職先の人事や現場職員との人脈があるので、普段は知ることのできない内部情報などを事前に聞くこともできます。
転職活動において、少しでも不安がある場合は、ロバート・ウォルターズ・ジャパンの利用をおすすめします。

日本オラクルへの転職成功率を上げるなら「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」

ロバート・ウォルターズは1985年に人材紹介会社としてロンドンで設立されました。
人材紹介会社としてはの老舗であり、グローバル企業への専門性が非常に高いため、日本オラクルへ転職したいのであれば、ロバート・ウォルターズ・ジャパンに絞られてくるといえるでしょう。

※画像はイメージです。

ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、非公開求人を多く保有している転職エージェントなので、キャリアアドバイザーに日本オラクルへの転職相談をすることで、あなたに合った非公開求人を紹介してもらえるでしょう。
注意点として、ロバート・ウォルターズ・ジャパンでは、基本的にビジネスレベル以上の英語スキルを持っていることが前提とされることが多く、英語力が足りない場合には独学での勉強や、まずは学習支援制度のある企業への転職が必要になる場合があります。

関連記事

Shippioへの転職は難しい?面接内容や年収など解説

Shippioとは、クラウド貿易業務ソフトと国際輸送サービスを提供している日本初のデジタルフォワーダー企業です。 デジタルフォワーダーとは、国際物流に関わるプラットフォームをクラウドベースで構築したもののことを指し、国際輸送を担う...

アカマイへの転職方法を解説!年収や評判もご紹介

アカマイ転職者の主なキャリアステップ 前職 シスコ、オラクルなどの外資系ベンチャー アカマイ・テクノロジーズ合会社に転職 次の転職先 SAP、AWS、Mi...

セールスフォースへの転職。福利厚生や年収はどう?

セールスフォース転職者の主なキャリアステップ 前職 オラクル、IBM、SAPなどのIT系事業会社 アクセンチュア、デロイトなどの戦略コンサル 株式会社セールスフォース・ドットコム ...

日本オラクルに転職したい方必見。転職難易度や給料、口コミなどをご紹介

日本オラクル転職者の主なキャリアステップ 前職 富士通などのSIer Adobeなどの外資系テクノロジー企業 アクセンチュアなどのコンサルティングファーム 日本オラクル株式会社に...

Yext(イエクスト)に転職するには?事業内容や評判を紹介

Yext(イエクスト)はアメリカに本社を置くITデータシステム企業です。 自社ブランドサイトや検索エンジン、マップ、SNSや音声アシスタントなどの情報発信を助けるクラウドプラットフォーム「Yext」の開発・販売を行っています。 ...

NTTコムウェアへ転職するべき?年収や福利厚生について解説

NTTコムウェア転職者の主なキャリアステップ 前職 ・新卒 NTTグループ企業 NTTコムウェア株式会社に転職 次の転職先 ソニー、富士通などの国内事業...

マカフィーの転職難易度は?面接内容や口コミなど解説

マカフィー転職者の主なキャリアステップ 前職 トレンドマイクロなどのセキュリティソフトメーカー IBMなどのSIer オラクル、Microsoftなどの外資系ソフトメーカー マカ...

ノキアへ転職するには?転職難易度や面接内容などを解説

ノキア転職者の主なキャリアステップ 前職 パナソニック、三菱、NEC、IBMなどの大手電機メーカー NTT、KDDIなどの通信事業会社 ソフトウェアメーカー ノキアソリューション...

SAPジャパンの転職事情。難易度や口コミなど紹介

SAPジャパン転職者の主なキャリアステップ 前職 デロイト、AC、EYなどのIT系コンサルファーム IBMなどのSIer オラクルなどの外資系ベンダー SPAジャパン株式会社に転...

ウフルの転職はおすすめ?転職難易度や年収などを徹底調査!

ウフル転職者の主なキャリアステップ 前職 Web系事業会社 ソフトウェアメーカー ITサービス企業 株式会社ウフルに転職 次の転職先 フリーランス ...

TOP