コラム

キャリアカーバーの評判!転職希望者、エージェント、求人企業の評判をまとめてみた!

キャリアカーバーのロゴ

様々な理由で転職活動をする際に利用する『転職サイト』。“転職”というキーワードで検索すると多くの転職サイトが表示されます。

しかし、実際にエントリーして転職を決めるとなると、どこのサイトを利用すればいいか悩むのも事実です。今後の社会人生活において満足のいく転職をするには、転職サイトをどう選ぶかも大きな成功の秘訣です。

今回は、『ハイクラス求人』を扱っている転職サイトではトップクラスのキャリアカーバーをご紹介します。ハイクラスな職種への転職を成功させるなら『キャリアカーバー』を活用しない手はありません。ご紹介する内容を元に『キャリアカーバー』の特徴や自分に合っているかどうかの参考にしていきましょう。

キャリアカーバーとは?運営企業は?

最初にご紹介しておきたいのが、キャリアカーバーのコンセプトです。多くの方が利用しているキャリアカーバーを知る上では、コンセプトに共感できることも大事です。

キャリアカーバーのコンセプト

CAREER CARVER(キャリアカーバー)とは、「CAREER(キャリア)」+「CARVER(カーバー=切り開く人)」という意味で、キャリアを主体的に切り開こうとする方のパートナーでありたいという思いが込められています。

最初にコンセプトをご紹介する理由は、直感でもキャリアカーバーを利用したいと思うかどうか、興味を持てるかどうかが大切だからです。

次にご紹介するのはキャリアカーバーを運営している企業についてです。

ご存知のない方も多いのですが、キャリアカーバーは株式会社リクルートが運営しています。リクルートと言えば、聞いたことがある方も多いはずです。改めて、株式会社リクルートがどんな企業かをご紹介します。

キャリアカーバーを運営している「リクルート」とは

企業名 株式会社リクルート(Recruit Co., Ltd.)
創業 創業 1960年(昭和35年)3月31日
設立 1963年(昭和38年)8月26日
(2018年4月1日 株式会社リクルートアドミニストレーションから商号変更)
本社所在地 〒100-6640 東京都千代田区丸の内1-9-2(登記上本社)〒104-0061 東京都中央区銀座8-4-17
代表電話 03-6835-3000
資本金 3億5千万円
メディア&ソリューション事業の売上収益 7,214億円(2018年4月1日~2019年3月31日)

創業は1960年、既に60年を超えており歴史のある企業です。多くの企業が利用し続けている実績を持っています。実際に転職活動等で利用している方も多く、知名度は国内でもトップクラスです。

これから転職活動をしたいと思った際に利用したい企業ナンバーワンと言われるのも納得です。

キャリアカーバーを運営している「リクルート」のサービスとは

株式会社リクルート社が展開するサービスをご紹介します。リクルートは多くのサービスを展開していますが、ここでは転職に関するサービスのみを公式サイトより抜粋してご紹介します。

サービス名 サービス概要
キャリアカーバー ハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト
リクナビNEXT 社会人のための転職情報サイト
リクルートエージェント 転職成功実績No.1のエージェントサービス
タウンワーク社員 家の近くで働きたい方に人気の社員募集が多数のサイト
とらばーゆ 女性のための転職サイト

この他にも、アルバイトや派遣等も豊富な求人を扱っており、それぞれに専用のサイトを展開しています。『転職』というだけでも違う角度で様々な要望に応えるサイトを運営していることをご理解頂けると思います。

キャリアカーバーの概要

キャリアカーバーの概要を整理してご紹介します。こちらの内容は、キャリアカーバーの公式サイトから抜粋しています。

公開求人数 14,310件(2021年2月時点)
非公開求人数 非公開
職種 経営ボード/経営企画・事業企画/管理/マーケティング/クリエイティブ/営業/コンサルタント/ITコンサルタント/専門職/IT・インターネット/ゲーム/電気・電子/半導体/機械/組み込み制御/化学/化粧品・食品/金融/メディカル/建設・不動産/
求人地域 全国対応。海外勤務もあり。
拠点エリア 東京5拠点(丸の内、八重洲、京橋、日本橋、立川)、さいたま、千葉、横浜、宇都宮、札幌、仙台、盛岡、郡山、金沢、新潟、長野、松本、富山、静岡、浜松、名古屋2拠点、京都、大阪、神戸、岡山、広島、高松、松山、北九州、福岡2拠点、熊本、鹿児島
年齢層 20代、30代、40代

キャリアカーバーに向いている人

キャリアカーバーが扱う求人はハイクラス求人に分類されます。そのため、こんな方に向いているといえます。

キャリアカーバーに向いている人

・年収750万~2,000万のハイキャリア志向
・国内最高峰のサポートを受けてみたいと考える方
・ヘッドハンティングを受けたいと考える方
・経営幹部・次世代リーダーとしてのキャリア形成を希望している方
・年収アップを目的とした転職をしたい方
・転職活動を短期集中型で実施したい方

また、特に経営層に密着した求人が多いため、「経営幹部クラスの転職サポートに強い転職サイト」と言われています。

キャリアカーバーのビジネスモデルと特徴

まず、キャリアカーバーのビジネスモデルを紹介します。

キャリアカーバーのビジネスモデル

キャリアカーバーは、他の転職サイトとは異なるビジネスモデルを展開しています。

キャリアカーバーのビジネスモデル

会員登録された求職者にヘッドハンターからのスカウトメールが送付され、企業とのマッチングを行っています。

求職者の企業への入社が決定した場合に、企業がキャリアカーバーに成功報酬を支払います。この成功報酬によりキャリアカーバーの収益が確保されているため、求職者は無料でキャリアカーバーを利用できます。

キャリアカーバーの特徴

次に、キャリアカーバーの特徴を整理してご紹介します。「キャリアカーバーが安心して利用できるサービスか」「自分の転職活動の良きパートナーになるか」を見極める重要な要素です。3つの特徴を詳しく解説します。

特徴①|ヘッドハンターがあなたの代わりに仕事を探す

他の転職サイトとは異なり情報を登録すると、ヘッドハンターから連絡が来ます。このヘッドハンターは、他の転職サイトに比べてハイスペックな人材が揃っています。

その理由は、ハイクラスの求人を扱っているからです。年収750万以上の求人を扱うヘッドハンターは、自分の得意なジャンルがあります。単純に業界を知っているだけでは不十分です。

「経営層との人脈を持っているか」ということに加えて「どんな人物像が業界にとって必要であるのか」「どんな人物が活躍していけるか」などを判断しなければならず、他ヘッドハンターよりもスキルや経験が必要です。ハイクラスの求人は多くの場合、企業の経営層とのコンタクトが必要です。

推薦する人材は、企業にとってどう必要な人材となるかのプレゼン力も必要です。このような活動ができるヘッドハンターが、求職者の登録後に自分自身では想定していない企業を含め広く可能性を検索していきます。

ヘッドハンターは、自分が扱っている求人に適した人材を常に検索しています。求職者の登録情報を閲覧に推薦出来ると判断した場合には、広くアプローチを行います。

こうした仕組みに基づいて、ヘッドハンターが自分の代わりに適した企業がないかを探していきます。登録した情報を元にヘッドハンターが企業を検索してくれるため、ときには想定外の業界や業種を提案される可能性もあります。

特徴②|レジュメは全て匿名なので大事な情報は求人企業に見られない

転職活動を開始した際に、現職の企業に活動をしていることを知られたくないものです。ハイクラスの求人に応募する人は、現職で既にある程度のポジションについている場合も少なくありません。ときには経営層に属している場合もあり、転職先が決まるまで誰にも知られたくないと思います。

キャリアカーバーはその点安心です。選考プロセスが実際に進んでいくまでは、個人を特定する情報は閲覧できない仕組みです。しかし、現職での担当業務等を詳しく書きすぎてしまうと閲覧している採用担当者に特定される可能性もありますので、注意が必要です。

個人情報はリクルートグループ全体でもヘッドハンター自身も特に注意して対応してくれるので、安心して登録できます。

特徴③|豊富な非公開求人

ハイクラス求人は、往々にして大々的に公開されません。経営層に近いポジションであればあるほど非公開求人として登録されます。これはキャリアカーバーでも同じです。

キャリアカーバーは特に求めるポジションが経営層に近くなります。こうした求人を公開求人としてしまうと、周囲の企業に周知されることもあり取り扱いは慎重になります。

キャリアカーバーは他転職サイトとは違う特徴をもっているサービスです。ここで紹介した以外にも、求職者へのサポート等も手厚く実施していますので、多くの方が転職に成功をしているのです。

キャリアカーバーを利用した求職者からの良い評判を大公開

キャリアカーバーで転職に成功した方からの良い評判を紹介します。

ハイクラス求人数の多さ

やはり最も多い評判はハイクラス求人数の多さです。

コンサル・30代前半・男性・年収900万円以上

自分自身のスキルアップ、やりがいを考えて転職活動を開始。

他サイトを含め4社ほどの登録を行い、ハイクラス求人を検索していたが自分の希望に合った求人を検索できず、また紹介もいただけませんでした。

そこで、高年収求人のみを扱っているキャリアカーバーに登録。一般的な転職サイトとは違い、ヘッドハンターと呼ばれる方を自分で選び、自分の希望条件に合った求人のみを紹介を頂く事ができました。

結果的に、その中の1社にご縁を頂くことになりました。他の転職サイトでは紹介頂けなかった分、ハイクラス求人数の多さには驚きました。

金融・30代前半・男性・年収800万円以上

現職での給与は年代としては多い方だと思っていましたが、今後のスキルアップを目指して転職を考えキャリアカーバーに登録。

今の給料を維持しながらキャリアアップできる企業数は少ないと思っていましたが、登録後にスカウトメールが複数届き驚きました。

いづれも自分の年収を維持しながら、新しい可能性を考えれる求人でヘッドハンターに相談をしながら企業エントリー、面接と進み無事に転職に成功することができました。

ハイクラスの求人数の多さや、ヘッドハンターの専門スキルは他サイトと比較しても断然上だと思います。

ハイクラス求人を専門とするスタイルのため、扱っている求人の大半はハイクラス求人です。他の転職サイトとは異なり、ハイクラス求人を専門に扱う転職サイトだからこその評価です。

ハイスペックなヘッドハンター集団

次に多い評判はヘッドハンターについてです。

人材・30代後半・女性・年収700万円以上

30代を過ぎて、真剣に自分のキャリアについて考えて始めました。

転職を決めていた訳ではなかったのですが、ヘッドハンターに相談している際に、自分の可能性を考えれる企業を紹介頂きました。

相談したヘッドハンターの方は、自分と同業を経験した方に絞り相談をすることで、今後のキャリア成長に必要な事や目指していく方向性についてもアドバイス頂くことができました。

応募を決めてからは、スピードある対応をして頂いたこと、職務経歴書の記載に関するアドバイスを頂き無事に内定を頂くことができました。

ヘッドハンターの方には本当にお世話になり感謝しています。

金融・40代前半・男性・年収800万円以上

社会人として最後の転職にすると決めて転職活動を開始。

待遇面、年齢や過去の経験等を理由に落ちることもありましたが、職務経歴の書き方や面接時の対応等、ヘッドハンターの方に丁寧にアドバイス頂き結果的に、前職よりも約1.5倍の年収を提示頂き内定を頂くことができました。

業界に精通したヘッドハンターについて頂けたことも転職成功の要因だと思います。

ヘッドハンターの知識やアドバイスは他サイトと比較できないほど高いと思います。

ヘッドハンターは非常に優秀な人材が多いと評価している声が多数あります。スキルの高いヘッドハンターは、業界に精通しています。業界が求めている人物像や将来像も熟知しており、どんな人物が企業で成長できるかを的確にアドバイスしてくれます。

専門性があるヘッドハンターに相談することで、自分が求めるキャリアの整理や企業が求める人物像等を理解しターゲットを絞った転職活動ができます。

ヘッドハンターを選べる仕組み

キャリアカーバーでは、ヘッドハンターを検索し自分にあったヘッドハンターを見つけられます。

マーケティング・40代前半・女性・年収800万円以上

他サイトで転職活動を実施していたが、書類選考が通らない時に何がいけないか等の相談をしていた。最初は、向き合ってくれていたヘッドハンターからの連絡も選考を重ねるうちに少なくなり最後には、レスも遅く意欲的だと感じなくなった。

キャリアカーバーでは、ヘッドハンターを検索することが出来きるので自分が転職したい業界に精通した方を探すことができました。

業界に精通している事で、今までの転職活動で不十分だった点も相談でき転職を成功することができました。

ヘッドハンターを自分で探せることで、自分に合いそうな方とコンタクトを取れる仕組みには助けられました。

不動産業営業・30代後半・男性・700万以上

転職活動をした理由は、今後のキャリア形成と年収アップでした。

転職を成功させるには、パートナーとなるヘッドハンターの力を借りる必要性があることは分かっていたのですが、他サイトでは自分でヘッドハンターを探すことが出来ません。その点、キャリアカーバーは『厳選ヘッドハンター』の紹介やヘッドハンター検索機能が充実しているので、同じ不動産業界を経験した方とコンタクトを取ることができました。

最終的には、今後の不動産業界で活躍する上で必要となるスキルも明確に整理でき転職も成功することができました。今後は、頂いたアドバイスを元に自分自身でもスキル向上をしつつ活躍していきたいと思います。

転職活動を単独で行い成功することは難しいと言われています。転職活動の成功には転職サイトの利用や支援をしてくれるパートナー探しが必要です。その点、キャリアカーバーは自分自身でヘッドハンターを探しコンタクトを取る仕組みが構築されています。

求職者情報を登録することでスカウトをしてくれるヘッドハンターもいますが、担当してくれるヘッドハンターは1人でなくてもいいのです。自分が目指す業界に精通したヘッドハンターや転職成功率が高いヘッドハンターを見つけることは転職成功の近道ともいえます。

キャリアカーバーを利用した求職者からの悪い評判を大公開

続いてご紹介するのはキャリアカーバーが合わなかった求職者からの悪い評判です。

ハイクラス以外の求人数は少ない

研究職・30代後半・女性・600万以上

年収800万円以上の求人数の多さは他サイトとは比較になりませんでした。

その分、幹部クラスなどの求人が多く自分が求めるポジションとは異なると求人数が少ない印象を受けます。

幹部などの高ポジションを望まない方には、他のサイトと併用しながらの方がよい転職活動をする事が出来ると思います。

サービス業・30代前半・男性・500万以上

現職では、これ以上のスキルアップが難しいと考えてキャリアカーバーに登録。

ハイクラス求人と言われるだけあり、自分がエントリーできる求人は少ないと感じた。

もっと専門スキルがないとキャリアカーバーでの転職は難しいと思います。

ハイクラス求人サイトなだけに、ハイクラス以外の求人は少ないと感じる人が多くいます。しかし、チャンスは存在します。ヘッドハンターに自分の可能性の相談や転職活動を成功するには何が必要であるか相談することで、方向性を見出すことができます。

ヘッドハンターを見つけることが難しい

メーカー・30代前半・女性・年収500万円以上

自分にあったヘッドハンターを見つけることが難しいと思います。

サイトで検索をしても、どの人が自分に合うか分からず評価が高そうな数人に相談をしました。

相談した方の得意な業界が異なると相談内容がピンとこず、ヘッドハンター探しに労力がかかってしまう。

サービス業・30代前半・男性・500万以上

何を基準にヘッドハンターを探したらいいか分からない。

声を掛けてくれたヘッドハンターに任せていいか登録をしたが、機能を使いこなせていない気がした。

転職の成功にはヘッドハンターとの相性が大切だと分かっていても何を基準に自分に合っているか判断することは難しいという意見もあります。こうした場合には、自分の転職した業界を主軸にしているヘッドハンターにコンタクトを取ることから始めてください。

もしも、自分自身には合わないと思った場合には他のヘッドハンターに連絡して問題ありません。連絡を取るヘッドハンターの人数に制限はありませんので、まずはやり取りを行うことで自分に合うヘッドハンターを探していきましょう

選考に落ちる

証券会社・30代後半・男性・年収700万円以上

新卒から同じ会社に勤務し、キャリアアップを目指して転職活動を開始。

業界での経験が武器になると思っていたが、選考に落ちることが続き自分に自信がなくなってしまった。

銀行員・20代後半・男性・500万以上

登録はしたがスキル不足からか選考プロセスに進むことが出来ない。

自分自身では同年代よりもキャリア蓄積が出来ていると思っていたが、キャリアカーバーに登録されている求人はハイスペックすぎた。

転職活動は、簡単にはいきません。ハイクラス求人となればなおさらです。書類選考などに繰り返し落ちてしまうと自信を無くしてしまうのも仕方ないことです。

転職活動には時間が掛かることを理解し、自分の不足しているスキルや何の経験が足りないかを客観的に分析できる期間であると捉え、ヘッドハンターにアドバイスをもらうことが得策です。自分のキャリアを客観的に分析できる機会は少ないため、ヘッドハンターの意見を参考にすることで転職活動の成功に近づきます。

他の転職サイト・エージェントとの比較|転職者から見たキャリアカーバーを選ぶ理由

転職者が他サイトとキャリアカーバーを比較して、キャリアカーバーを選ぶ理由を紹介します。

ハイクラス求人を無料で提供する仕組み

転職者は、様々なサイトを比較して転職サイトを選びます。ハイクラス求人を探す方の多くは「ビズリーチ」と「キャリアカーバー」を比較します。

2つともハイクラス求人を扱う転職サイトですが、大きな違いが求職者の利用料金です。

キャリアカーバー ビズリーチ
求職者利用費用 完全無料 有料

それぞれの転職サイトが、求職者の利用料金設定を行う理由を持っています。しかし、求職者にとっては無料でサービスを利用できることは助かります。「転職活動には期間が必要」「自分が転職できる求人があるのか」等を考えた場合には無料であるキャリアカーバーの選択が良いといえます。

また、キャリアカーバーではヘッドハンターのプロフィール(業界経験年数・学歴・自己PR・経歴・実績など)を閲覧でき、プロフィールを参考に自ら相談したいヘッドハンターを選択できます。これだけのサービスが無料なのは心強い味方となるでしょう。

キャリアカーバーとビズリーチの特徴を比較して自分にあった転職サイトを選択しましょう。

求人検索をヘッドハンターに任せることも自分で検索することもできる仕組み

キャリアカーバーの求人検索方法は3つあります。

キャリアカーバーの求人検索方法

①ヘッドハンターからのスカウトを待つ
②自分で求人検索する
③ヘッドハンター検索をして相談する

多くの転職サイトでは、登録後に自分で求人を検索します。しかし、キャリアカーバーは求人検索機能が充実しています。スカウトを待つこともでき、自分で求人を検索する機能も整っているからこそ、自分にあった求人を他サイトよりも多く、早く見つけることが可能です。

多くの求職者に選ばれるのは他サイトにはない特徴に魅力があると評価されているからです。ハイクラス求人を狙うなら、キャリアカーバーを利用しない理由はないでしょう。

ヘッドハンターから見たキャリアカーバーの評判

ヘッドハンターから見たキャリアカーバーとはどんな転職サイトなのでしょうか。「圧倒的なハイクラス求人数」「ヘッドハンターのスキル」で高い評価を得ているのがキャリアカーバーです。ヘッドハンターにとっても他と比べて優位だと考えてられています。

では、その理由を紹介していきましょう。

優れている理由①|ハイクラス求人数は圧倒的

やはりハイクラス求人数で圧倒的に高い評価が出ています。そもそも、各サイトは自分達が扱う求人にランク付けし、どのランクを主流にするかを決めています。キャリアカーバーは「年収800万~2,000万円のハイクラス転職もリクルートにお任せください。」と、公式サイトのトップに記載しています。

キャリアカーバーは、800万円以上のハイクラス求人を扱うサイトです。主力としている求人が、800万円以上ですので企業から集まる求人もハイクラスです。扱う求人をハイクラスと定義しているため、企業から求人を受ける際もハイクラス求人になります。

扱う求人をハイクラスと明言していることで、求職者のスキルも高くヘッドハンターとしても幹部候補等、ハイクラス求人への紹介を優位に行える環境が揃っています。

優れている理由②|スキルの高いヘッドハンター集団

ヘッドハンター検索機能や評価公開の仕組みが後押ししヘッドハンター自身も常にスキルアップを求められています。他サイトでは、ここまでヘッドハンターを評価する仕組みはありません。

ヘッドハンターにとっては、厳しい仕組みですが、この結果、ヘッドハンターは常に業界知識の蓄積やスキルアップを継続して行う必要があります。

ある意味、競争となりますが他サイトとは異なりヘッドハンターの評価がリアルタイムに分かることは自分自身のスキルアップの指標となります。

結果的に他サイトに比べヘッドハンターのスキルを維持し続ける仕組みを構築しています。

スキルの高いヘッドハンター集団の中で、評価を上げる努力をし続けることでプロ集団してし他サイトよりも一歩も二歩も求職者や企業に寄り添う転職サイトとなっています。

企業からみた見たキャリアカーバーの評判

最後にご紹介するのは、キャリアカーバーを利用している企業からの評価です。キャリアカーバーは、公式サイト上に『厳選求人情報』を紹介しています。こちらに紹介されている企業は、多くの方が知っている大手企業です。

キャリアカーバーの厳選求人情報

特集を組んでいる企業以外にもキャリアカーバーを高く評価している企業は多数あります。ここでは、企業の評価として一例をご紹介します。

IT系企業 人事担当者

今回、経営層に近いポジションでの人材を募集する事になりました。

求めている人物には、経験値だけではなく向上心等も必要ですが、最も必要なのは当社の社風に合うかどうか。そして、今の社風を変えるだけのマネジメント力が備わっているかという点です。

複数の転職サイトに求人掲載を検討した中で、キャリアカーバーを選択した理由は、登録されている人物がマネジメントポジションを経験している人材が多数登録されていることと、担当するヘッドハンターを評価したことです。

結果的に、採用工数の無駄を減らし厳選された人との面接を効果的に行うことが出来たと考えています。

「ハイクラス求人を探す求職者が存在すること」「ヘッドハンターのスキルが高いこと」といった既にご紹介しているキャリアカーバーの特徴は、企業側にとっても評価が高い項目です。

やはり経営層に近いポジションを扱うハイスキルを持ち合わせたヘッドハンターの存在は欠かせません。精通している業界があり、企業が求める人物像を理解できるヘッドハンターは必要な存在です。自社を理解し最適な人材を紹介してくれるヘッドハンターは少ないのが実情です。

だからこそ、求める人材とのマッチングを実現してくれるキャリアカーバーは企業にとってなくてはならない存在といえます。

キャリアカーバーの登録手順

キャリアカーバーへの登録手順を紹介します。今後の転職を成功させるため、ぜひキャリアカーバーへ登録しましょう。

キャリアカーバーの登録は、3つのステップで完了です。

STEP1:基本情報の入力

公式サイトにアクセスし、基本情報として以下の項目を入力します。

キャリアカーバーの会員登録

基本情報
・パスワード
・連絡用メールアドレス
・氏名
・生年月日
・性別
・都道府県
・直近の年収
・直近の業種・職種

STEP2:レジュメの登録

キャリアカーバーのレジュメ登録

レジュメに入力する項目

・学歴
・語学
・連絡先
・直近の職務経歴

資格や語学情報は丁寧かつ具体的に入力しましょう。入力内容によりスカウト数が大きく変動します。

STEP3:登録完了

登録完了すると以下のメッセージが表示されます。

キャリアカーバーの登録完了

レジュメの登録後にも修正や追加は可能です。このメッセージを確認できれば、キャリアカーバーの機能を利用できるようになります。

まとめ

今回は、ハイクラス求人を扱うキャリアカーバーについてご紹介してきました。

ハイクラス求人に特化している転職サイトだからこそ求める求人を見つけられます。ハイスペックなヘッドハンターの在籍、ヘッドハンターを検索できる仕組み等、転職を応援する仕組みも揃っています。転職を妥協せず進めていくためにも、ぜひキャリアカーバーを最大限に活かして転職の夢を実現していきましょう。

関連記事

転職にはベストな時期がある?おすすめのタイミングとは

年収アップやスキルアップなど、さまざまな理由で転職を考える人が多くいます。 しかし、いざ転職しようと考えてもちょうど良いタイミングはいつなのか、転職するならベストなタイミングでしたいなど、思う方も少なくないのではないでしょうか...

おすすめ転職エージェント&転職サイト【2021年最新】

転職エージェントや転職サイトは、希望する業界や属性など、自分にあったものを利用することをおすすめします。 業界・職種特化型転職エージェント希望する業界や職種が決まっている人向け 総合型転職エージェント業界、職種にはこだわ...

ロバート・ウォルターズの評判!転職希望者、エージェント、求人企業の評判をまとめてみた!

様々な理由で転職活動をする際に利用する『転職エージェント』。“転職”というキーワードで検索すると多くの転職エージェントが表示されます。 しかし、実際にエントリーして転職を決めるとなると、どこのエージェントを利用すればいいか悩む...

転職エージェントとの面談は本音で話すべき?流れや服装、準備を解説

転職活動を行うとき、転職エージェントを活用する人が多いのではないでしょうか。 転職エージェントの活用にはメリットが多くあり、転職に対して少しでも不安があるなら、転職エージェントの活用が非常におすすめです。 しかし...

転職時に確定申告が「必要な人」と「不要な人」は?申請方法も解説!

社会人になれば、毎年、年末頃になると耳にすることが多くなる「確定申告」という言葉。 会社勤めをしているほとんどの人が会社で年末調整の手続きをするため、個人で確定申告をすることはありませんよね。 しかし、確定申告をする必要...

30代で転職するときに知るべき全注意点と、成功を勝ち取る6ステップ

「30代で転職したいけど、失敗したくない。」「30代の転職者にはどんな能力が求められるの?」などと考えていませんか? 30代の方は、今までのキャリアを生かした転職がしやすいので、年収アップに大きく期待を持つことができます。 ...

気をつけて!絶対に知っておきたい転職活動の面接マナーを徹底解説

転職活動で面接に行くとき、何に気を付ければいいのか、マナーについて気になりますよね。 面接において、マナーや第一印象は採用にとても影響するため、何も気にせずに面接を受けてしまうと、「自分は良い感触だと思ったのに、不合格になって...

転職を引き止められても迷うな!上手くかわす対処法2つを解説します

「転職先への採用も決まって、そろそろ今の職場に退職の意思を伝えようかな。」 そんなタイミングで、現職の上司や人事と話し合うことを「退職交渉」といい、多くの場合は退職交渉が終わってから退職届を提出します。 ただ、「退職届を...

転職年齢に限界はある?平均や年代ごとの転職事情

年代関係なく転職を希望する方は大勢いらっしゃいます。 年収アップしたい、違うところでさらなるスキルアップしたいなど、転職理由はさまざまでしょう。 しかし、いざ転職しようと考えても、年齢に限界があるのかもしれないと思う人は少な...

転職で内定を辞退するのはマナー違反?知っておくべき注意点3つを解説

転職活動において、内定を辞退したい場合、どのように企業に伝えるべきでしょうか? 「内定を辞退したいと言ったら、マナー違反?」 「どのタイミングで辞退を伝えるのがいい?」 この記事では、こういった疑問を解決します...

TOP