コラム

ネオキャリアの転職エージェント「第二新卒エージェントneo」の評判は?


転職において自分に最適なサービスを受けることが良い企業との出会いにつながります。しかし、求職者向けの転職サイト・エージェントは多数存在しており、どれを活用すべきか悩む方も多いのではないでしょうか?そんな方に向けて、この記事では多数の転職支援サービスを運営する株式会社ネオキャリアについて、メリット・デメリットの検証や取り扱う求人の特徴などを詳しく解説していきます。ぜひ参考にして転職成功につなげましょう。

就職・転職エージェントを運営するネオキャリアとは


※引用元:https://www.daini-agent.jp/
人材関連事業・ヘルスケア領域事業を中心に、Web広告や自社プラットフォームメディアを活用したサービスの提供、最近では海外で世界に挑戦しようとする人材や企業成長に貢献するグローバルビジネスの展開を始めた株式会社ネオキャリア。人材関連事業では就職・転職支援サービスを複数運営し、求職者からの支持を集めています。

ネオキャリアは、「就職エージェントneo」「理系就職エージェントneo」「第二新卒エージェントneo」の3つのエージェントサービスを提供しています。

「就職エージェントneo」は学生向けの就職エージェントです。就活のサポートを行うエージェントサービスです。
「理系就職エージェントneo」は理系学生向けの転職エージェントで、「第二新卒エージェントneo」は、第二新卒・高卒・中卒・既卒・フリーターを支援する転職エージェントです。

今回はネオキャリアの人材関連事業、特に運営する転職エージェント「第二新卒エージェントneo」について詳しく紹介していきます。

ネオキャリアの「第二新卒エージェントneo」の特徴

ネオキャリアの基本情報を紹介しましたが、具体的にはどのような特徴があるのでしょうか。ネオキャリアの特徴は以下の2点です。

  • ・アルバイト・パートのみの経験でも応募可能な求人がある
  • ・2020年「日本マーケティングリサーチ機構」によるブランドイメージ調査で1位を獲得

下記にて、上記の特徴を詳しく解説します。

特徴①アルバイト・パートのみの経験でも応募可能な求人がある


※引用元:https://www.daini-agent.jp/
ネオキャリアが運営する「第二新卒エージェントトneo」では、経歴・学歴不問の求人も数多く取り扱っており、2000年の創業以来アルバイト・パートのみ経験から正社員への転職支援を1万件以上達成してきた実績があるようです。転職支援サービスの中にはこういった求職者への会社紹介が難しい、転職できてもブラック企業だったという場合もありますが、第二新卒エージェントneoでは労働環境や若手教育制度が整った企業を厳選し、求職者へ紹介しています。「アルバイト・パートしか経験がないから正社員への道は厳しいだろう…」そう考える方でも、正社員として働くことは夢ではないでしょう。

特徴②2020年「日本マーケティングリサーチ機構」によるブランドイメージ調査で1位を獲得


※引用元:https://www.daini-agent.jp/
日本マーケティングリサーチ機構が実施する2020年「ブランドイメージ調査」によると、第二新卒エージェントneoは就職・転職満足度第1位、おすすめしたいエージェント第1位、就職・転職しやすさ第1位の3つを獲得しています。専任キャリアアドバイザーによる履歴書添削や面接対策、内定決定後まで支援を続けてくれることがこの調査結果につながっているようです。また、求職者に向けたコラム記事なども掲載しているため、これらの閲覧によるサービス満足度も高くなっています。

ネオキャリアの「第二新卒エージェントneo」の良い評判・メリット

ここまでネオキャリアの基本情報や特徴をご紹介しました。では具体的にいい評判やメリットはどのようなことがあるのでしょうか。ここからは実際の口コミをもとに、ネオキャリアのいい評判・メリットをご紹介します。ネオキャリアのメリットは主に以下の2つです。

  • ・大手企業への転職のチャンスがある
  • ・効率よく企業とコンタクトが取れる
  • ・「合格可能性」で自分の市場価値がわかる

それでは見ていきましょう。

メリット①:第二新卒など若手ビジネスパーソンの転職に強い

20代前半・男性

新卒で入社した会社を数カ月で退職し、転職には不利だと考えていましたが、専任キャリアアドバイザーにアドバイスや対策のおかげで、想定より早く新しい会社から内定をもらうことができました。

20代後半・男性
新卒から数年間勤務した会社を退職し、しばらく働いていませんでした。貯金がなくなりそうになった時慌てて転職活動を始め、ブランクがありながらも希望条件にマッチした良い企業を紹介してもらうことができました。

第二新卒や早期退職者といった若手ビジネスパーソンは、企業からの印象が良くない、転職に不利と考えがちです。しかし、第二新卒エージェントneoではこういった求職者がスムーズに転職先決定に至るよう、徹底的なサポートを行ってくれるようです。

メリット②:応募前に働く環境について詳しく教えてくれる

20代後半・女性
「未経験者歓迎」「学歴不問」といったワードを見るとブラック企業なのではないかと気になり、紹介していただいた企業について応募前に詳しく質問しました。実際に企業まで足を運び、働く環境を見たうえで企業と提携しているという話を聞き安心しました。

20代前半・男性
前回の転職でミスマッチを経験し、今回は失敗できないと思っていました。労働条件や転職者に対する研修体制など企業に関する気になる情報について細かく教えていただき、理想的な企業への転職が決まりました。

新しい職場から内定をもらい、いざ働き始めた後にミスマッチだったというケースはできるだけ避けたいものです。第二新卒エージェントneoではそういったことを防ぐため、キャリアアドバイザーが企業に足を運んで得た情報を、直接求職者に教えてくれます。そういった支援体制を信頼し、転職サポートを受ける求職者が多数利用していることがメリットの1つにあるようです。

ネオキャリアの「第二新卒エージェントneo」の良い評判は本当?口コミを徹底検証

上記にて第二新卒エージェントneoの良い評判を口コミと合わせて紹介しましたが、果たしてその評判は本当なのでしょうか。
ここでは、前述した第二新卒エージェントneoの2つのメリットを実際に検証していきます。

メリットの検証①:第二新卒など若手ビジネスパーソンの転職に強い


※引用元:https://www.daini-agent.jp/

求人掲載されている企業は、最低年収が400万円以上と定められています。平均的なサラリーマンの年収よりも高い額なので、海外勤務や新規事業など、大手・一流企業など、高収入の求人が多く掲載されているようです。
公式ウェブサイトには、実際にはテレビ朝日、バンダイ、ハウス食品などの大手企業の名前が並んでいます。

メリットの検証②:効率よく企業とコンタクトが取れる


※引用元:https://www.daini-agent.jp/

第二新卒エージェントneoでは「人気企業に勤めること=長く安心して働ける環境とは限らない」と考え、キャリアアドバイザーが足を運んで社風や環境、やりがいなど働くうえで大切な点を見極め、厳選した優良企業のみを求職者へ紹介しています。面談時に気になる点を質問し、明確な回答を得ることができるため安心して応募に勧める求職者が多いようです。

ネオキャリアの「第二新卒エージェントneo」の悪い評判・デメリット

転職サイトによって特色があるので、人によって合う・合わないがあります。
ここからは、実際の口コミを元に、第二新卒エージェントneoの悪い評判・デメリットをご紹介します。

第二新卒エージェントneoのデメリットは、主に以下の3点です。

  • ・連絡がこない
  • ・求人紹介を断った後も営業の連絡がしつこい

それでは見ていきましょう。

デメリット①:連絡がこない

20代前半・女性
面談終了後、企業の紹介が来る予定でしたがしばらく音沙汰がなく、不信感を感じました。連絡が早かったという利用者の口コミを見かけましたが、キャリアアドバイザーによって差があるようですね。
20代後半・男性
早期の転職希望にも対応してくれるとHPで目にしたため期待していましたが、キャリアアドバイザーからの連絡が遅くがっかりしました。

キャリアアドバイザーとの面談まではスムーズに進むものの、その後の企業紹介連絡が遅く、転職を急ぐ求職者からは不満の声があるようです。キャリアアドバイザーによって異なるとの声も挙げられますが、利用する身としては同じサービスをすべての求職者に提供してもらいたいものです。早めに連絡が欲しい場合はその旨を事前に伝えておくと、連絡遅延によるトラブルを回避につながるでしょう。

デメリット②:求人を断った後も営業の連絡がしつこい

30代前半・女性
企業を紹介していただきましたが、条件に合わなかったためお断りの連絡をしました。その後、すぐに別の転職サイトで転職先が決定したためその旨を伝えたのに、しつこく営業の電話がかかってくるようになり迷惑です。

20代後半・女性
自分に合わない転職エージェントだと感じたため、登録後に利用をやめる連絡をしました。しかし、メールや電話で転職活動の進捗状況を細かく聞かれ、途中から無視するようになりました。一度連絡を入れたらその後は連絡してこないでほしいです。

企業の紹介を断った、転職エージェントを退会した後の営業電話・メールがしつこい場合があるようです。一度断った後に再度連絡があった場合には、今後の連絡を控えるよう一言申告しましょう。しつこいと感じ電話やメールを無視してしまうと、その後も頻繁に連絡が来る原因になってしまうため注意が必要です。

ネオキャリアの「第二新卒エージェントneo」の悪い評判は本当?検証して分かった実情

上記にてネオキャリアの悪い評判に関して実際の口コミをもとに紹介してきました。こちらもメリットと同様、事実なのか気になるところです。ここでは、前述したネオキャリアの2つのデメリットを実際に検証していきます。

デメリットの検証①:連絡がこない

第二新卒エージェントneoには複数のキャリアアドバイザーが在籍していますが、1人のアドバイザーは複数の転職希望者を担当しているため、連絡の遅延が発生することもあるようです。早めの転職を希望する場合は、いつまでに転職したいか最初の面談時に伝える、それでも連絡が遅い場合はこちらから連絡してみても良いでしょう。

デメリットの検証②:求人を断った後も営業の連絡がしつこい

転職エージェントに在籍するキャリアアドバイザーのようなスタッフには営業ノルマがある場合が多く、その影響で電話・メールの連絡がどうしても頻繁になってしまうようです。そうでない場合も、一度相談を受けた求職者がその後どうなったか気になるアドバイザーもいるでしょう。断った後に別のルートから転職が決まった場合は一言連絡を入れておくことをおすすめします。

ネオキャリアの総評

ネオキャリアが運営する転職サービスは若手ビジネスパーソンに向けた求人が多く、実際に企業に足を運んだアドバイザーから、厳選した優良企業を紹介してもらうことが期待できるでしょう。また、専任キャリアアドバイザーへ気になる点を事前確認することで、安心して転職活動を進めることが可能であり、転職成功につながる手厚いサポートも実施されています。実際に利用者からの評価も高くブランドイメージ調査において複数の部門で1位を獲得しています。

複数のメリットがある転職エージェントですが、デメリットもいくつか存在します。それを踏まえたうえで活用してみましょう。ネオキャリアが提供するサービスのデメリットをカバーできる別の転職サイト・エージェントと併用して、利用を検討するのも良いかもしれませんね。

「第二新卒エージェントneo」に向いている人と向いていない人の特徴

求職者にとって転職サポートに求めることは異なり、自分に合った転職サイトやエージェントを見つけることが、良い転職につながります。ここではネオキャリアが提供する転職支援サービスが向いている人・向いていない人について紹介していきます。自分に当てはまるものはないか確認してみましょう。

第二新卒エージェントneoに向いている人

ネオキャリアに向いている人の特徴は下記の2点です。

  • ・未経験・学歴不問でも、できるだけ良い企業で働きたい
  • ・転職スケジュールを自分で計画するのが苦手

アルバイトやパートであれば、未経験・学歴不問の求人は多いですが、正社員採用ではこういった求人が少ない傾向にあります。応募可能な求人があってもブラック企業である場合が多く「なかなか転職がうまくいかない…」という求職者は少なくありません。ネオキャリアでは厳選した企業のみを紹介しているためこういった心配なく転職活動を進めることが可能です。また、キャリアアドバイザーが転職活動に関することを細かくヒアリングしてくれるため計画が苦手、企業とのやり取りが面倒と感じる方でもスムーズに転職活動を進めることができるでしょう。

「第二新卒エージェントneo」に向いていない人

一方で、ネオキャリアに向いていない人の特徴は下記の2点です。

  • ・ミドル層やエグゼクティブ層の転職
  • ・自分のペースで転職活動を進めたい方

ネオキャリアが運営する転職支援サービスは。若手ビジネスパーソン向けのものが比較的多い傾向にあります。特に、転職エージェントは利用年齢の制限など設けられていませんが、ミドル層やエグゼクティブ層が求める条件にはマッチしないことが想定されます。そういった場合は会社紹介が難しく、貴重な転職活動の時間を無駄にする可能性があるため他の転職サイト・エージェントの活用をおすすめします。

【主要エリア】第二新卒エージェントneoの求人数

東京の第二新卒エージェントneoの求人数

ネオキャリアが運営する転職エージェントでは、登録者にのみ求人情報を公開しているため、東京での具体的な求人数は記載されていませんでした。しかし、本社が東京であるため勤務地が東京の求人は他の地域と比較して多いことが想定されます。

メモ大阪の第二新卒エージェントneoの求人数

大阪にはネオキャリアの支社があり、大阪や大阪付近在住の求職者は直接来社して面談を実施します。このことを踏まえると大阪が勤務地の求人は首都圏・関東近郊に次いで多いことが期待できるでしょう。

愛知の第二新卒エージェントneoの求人数

大阪と同様、愛知県内は名古屋にネオキャリアの支社があるようです。また、地方からの転職・就職サポート実績もあります。これらのことを踏まえると、愛知は名古屋を中心に求人数が比較的多いことが期待できるでしょう。

第二新卒エージェントneoの登録~面談の流れ

・登録
ネオキャリアが運営する転職エージェントの公式HP上で会員登録を行い、面談(カウンセリング)予約まで進みます。基本的には来社して直接面談を実施していますが、難しい場合は電話やWeb上での面談も可能です。都合に合わせて予約をとりましょう。

・面談
専属キャリアアドバイザーがマンツーマンで面談を実施します。企業を紹介する前に提供サービスに関する簡単な説明があるため、何か気になる点がある場合には積極的に質問しましょう。その後、相談を交えながら今後についての詳しいヒアリングを行うようです。

第二新卒エージェントneoに関するQ&A

ネオキャリアが運営する転職エージェントの活用だけに関わらず、転職活動に不安を感じる人は少なくありません。ここではよくある質問5つをご紹介します。

サービスを受けるうえでお金はかかりますか?

提携企業より費用をとっているため、利用者の方は全てのサービスを無料で受けることが可能です。

内定をいただくまでどれくらい時間がかかりますか?

ネオキャリアで運営する転職エージェントは短期間での転職を希望する求職者の方に最適です。早い方の場合10日程度で転職先が決定します。多くの方は1ヶ月程度で入社を決定する傾向が強いようです。

年齢制限・利用制限はありますか?

特に制限は設けていませんが、取り扱う求人の特徴として第二新卒やフリーターなど若年層向けの求人を数多く取り扱っています。希望条件によっては企業の紹介ができない場合もあるため、その場合は別の転職エージェント・サイトの利用をおすすめします。

紹介された企業がブラック企業の可能性もありますか?

ネオキャリアが運営する転職エージェントでは労働条件や労働環境など、厳選した求人のみを取り扱っています。そのため社会保険がない、離職率が高い、若手育成制度が完備されていない企業とは提携していないため、安心して転職活動に活用してください。

職歴がアルバイト・パートのみでも転職先を紹介していただくことは可能ですか?

ネオキャリアが運営する転職エージェントでは、正社員としての就業経験がない方に向けた就職・転職支援実績を1万人以上有しています。アルバイト・パートのみしか経験がない方でも、まずは一度無料相談を行うことをおすすめします。

第二新卒エージェントneoの運営会社「株式会社ネオキャリア」

複数の就職・転職エージェントを運営する株式会社ネオキャリアについて説明しましたが、どのような会社なのでしょうか。ここではネオキャリアの会社概要について紹介していきます。

会社概要

第二新卒エージェントneoを運営しているエン・ジャパン株式会社の会社概要を掲載します。

社名 株式会社ネオキャリア
本社所在地 東京都新宿区西新宿1-22-2 
新宿サンエービル2F
資本金 1億円
設立 2000年11月15日
従業員数 3699名
事業内容 1)人材関連事業
2)先端テクノロジー活用したサービス・プロダクトの提供
拠点 本社を東京に構え全国各地に支店を設置(アジア圏を中心に海外支店あり)

2000年の創業から人材関連事業を中心に事業のドメインを拡大してきた株式会社ネオキャリア。人事管理領域やヘルスケア領域、海外領域まで幅広く対応可能。多様なソリューションを提供しているようです。また、近年ではテクノロジーの進化によって変化する労働環境においてネット領域にも事業の視野を広げ、HRテクノロジーなどの先端テクノロジーを活用したサービス・プロダクトの提供も行っています。

ハイクラス転職なら「iX転職」もおすすめ

そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
そんな方に最もおすすめしたいのが、人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手がける「iX転職」。
・厳選された企業からのヘッドハンディング
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

関連記事

ハイクラス向け!ビズリーチの使い方・注意点を3分で解説

ビズリーチとは、国内最大級の「ハイクラス向け」転職サービスです。 転職サイトは基本的に無料で使えるところが多いのですが、ビズリーチでは有料会員という枠が設けられています。 有料と聞くと「無料で使えるサイトとどう違うの?」...

新型コロナ拡大の転職への影響は?いま積極採用を行う企業33選

新型コロナウイルスの感染拡大により、健康面への不安だけでなく、経済への不安を抱える方も大勢いらっしゃるかと思います。 中でも、現在求職中の方にとっては、コロナウイルスが転職市場にどのような影響を与えているのか、転職活動は進めていく...

msエージェントの評判は?口コミを徹底検証し大手転職サイトと比較!

現在、転職を希望する人のほとんどがエージェントの在籍する転職サイトを活用して転職活動を行っています。「せっかく転職サイトに登録したのに求人がなかった」「エージェントが自分に合わなかった」そういった思いをしないためにも、まずは自分にぴった...

ネオキャリアの転職エージェント「第二新卒エージェントneo」の評判は?

転職において自分に最適なサービスを受けることが良い企業との出会いにつながります。しかし、求職者向けの転職サイト・エージェントは多数存在しており、どれを活用すべきか悩む方も多いのではないでしょうか?そんな方に向けて、この記事では多数の転職...

気をつけて!ビズリーチの登録で注意すべき3つのポイント

テレビCMや広告などで見かけることも多くなったビズリーチ。 いわゆる「ハイクラス向け」の転職サイトであり、高年収の求人も多く掲載されているのが特徴です。 今回は、ビズリーチにこれから登録しようとしている人のために、気をつ...

spring転職エージェントの評判は?実際の口コミから評判を徹底検証!

転職活動をする上で、転職エージェントの利用を検討している方も多いのではないでしょうか。業界に精通しているコンサルタントからサポートを受けられるため、一人で転職活動を行うよりもスムーズに進みます。 しかし、転職エージェントや転職...

アジェンテの評判は?実際の口コミからその評判を検証します!

転職を検討している方の中には、転職サイトや転職エージェントを利用して少しでもいい求人を探したいと考える方が多いのではないでしょうか。転職活動を支援する様々なサービスが増えている中で、アジェンテの利用を検討している方もいらっしゃるでしょう...

転職で内定を辞退するのはマナー違反?知っておくべき注意点3つを解説

転職活動において、内定を辞退したい場合、どのように企業に伝えるべきでしょうか? 「内定を辞退したいと言ったら、マナー違反?」 「どのタイミングで辞退を伝えるのがいい?」 この記事では、こういった疑問を解決します...

転職を引き止められても迷うな!上手くかわす対処法2つを解説します

「転職先への採用も決まって、そろそろ今の職場に退職の意思を伝えようかな。」 そんなタイミングで、現職の上司や人事と話し合うことを「退職交渉」といい、多くの場合は退職交渉が終わってから退職届を提出します。 ただ、「退職届を...

レバテックキャリアの評判は?口コミを徹底検証し大手転職サイトと比較!

転職エージェント「レバテックキャリア」とは 転職エージェント「レバテックキャリア」は、ITエンジニア・クリエイターに特化した転職支援サービスです。職種の専門知識やノウハウをもつ、専任のキャリアアドバイザーがカウンセリングを行い、求職者...

TOP