通信

JTOWERへの転職は難しい?口コミや年収などを解説

▼下記は、JTOWERに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからJTOWERに転職してくるのか
・転職先:JTOWERからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

  • 主な転職元

    ・ノキア、楽天モバイルなどの通信事業
    ・IT企業
    ・NW企業
    メーカー
      

  • 株式会社JTOWER

  • 主な転職先

    ・業界問わず幅広い

JTOWERの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や大学・大学院卒業など、幅広い学歴が在籍しています。

職歴

JTOWER在籍者の主な職歴は、ノキアや楽天モバイルなどの通信事業、IT企業やNW企業、さらにはメーカーなどが挙げられます。

退職後の主な転職先

JTOWERからの転職事例はほとんどなく、一部転職者は業界問わず幅広く転職してます。

JTOWERは、「すべてのステークスホルダーに価値をもたらす、社会的意義の事業を創出する」を企業理念とし、国内でも珍しい通信インフラシェアリングを提供している企業です。
携帯電話の設備を一本化するインフラシェアリングを主軸に、さまざまな関連サービスを展開し、付加価値のあるソリューションを提供しています。
また、ローカル5Gをはじめとした未来を見据えるサービスにも取り組んでおり、今後の展開に注目を集めている企業です。
2012年設立、東京都港区に本社を構えており、111名の社員が在籍しています。
そんなJTOWERでは、エンジニアや企画、営業など幅広いポジションで、協調性や主体性を持ちながら業務を遂行できる人材を求めています。

初めての転職でJTOWERを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

JTOWERの口コミや年収も気になるけど、それよりも先にどんな求人が募集されているのか知りたい!という方はまず、ビズリーチなどの転職サイトで求人情報をチェックしてみましょう。
ビズリーチは、ハイクラス求人を豊富に掲載しているため、転職先が未だ定まっていない方は、ここで一度比較することをおすすめします。
転職エージェントを活用する場合でも、情報収集として事前にビズリーチをチェックしておくと、今後の転職活動をスムーズに進めることができるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • JTOWERの企業概要
  • JTOWERの転職ポイント
  • JTOWERの社風や企業文化

JTOWERに転職するポイント

JTOWERの特徴

POINT

  • ・国内でも珍しい通信インフラシェアリングを提供している企業
  • ・ローカル5Gをはじめ、未来を見据えたサービスを展開
  • ・これまでに200社以上の導入実績を誇る

JTOWERへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的多い
  • ・エンジニアや企画など、幅広く求人募集
  • ・協調性と主体性を併せ持っていることが重要

JTOWERの企業概要

会社名 株式会社JTOWER
本社所在地 東京都港区赤坂8丁目5番41号 イースタン青山ビル
社長 田中 敦史
設立 2012年6月15日
株式 上場(東証マザーズ)
株主構成 株式会社カルティブ(22.81%)
日本電信電話株式会社(20.51%)
田中敦史(8.94%)

JTOWERの売上

JTOWERの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 756,601千円 1,377,990千円 2,558,500千円
経常利益 -479,062千円 -166,826千円 5,642千円

JTOWERの最新ニュース

JTOWERの事業内容

JTOWERは、国内でも珍しい通信インフラシェアリングを手がけている企業です。
携帯基地局関連インフラの装置やアンテナ、構築物などの設備投資をグループで一本化にし、各社へシェアリングするサービスを国内外で展開しています。
JTOWERの主な事業として、下記の3事業を主軸に運営しています。

国内・海外 IBS事業

日本において携帯キャリア各社がそれぞれ単独で行ってきた屋内携帯インフラ設備投資を、独自に開発した教養設備で一本化するソリューションを提供している事業です。
一本化することで、設備の簡素化や消費電力の削減、対策負担金の削減など、さまざまなメリットが生まれ、さらには顧客満足度の向上にも繋がります。
2014年にサービス開始して以来、導入物件の増加や平均参画キャリア数の増加により、着実に成長を促しており、現在では、商業設備やオフィスビルを中心に導入が進んでいます。
また、国内のみならず、ベトナムやミャンマーなどの海外でも展開しており、グローバルを推進している事業です。
今後の展望として、海外の現地パートナーと連携し、東南アジアを中心に事業展開していくことを目指しています。

タワー事業

日本国内における5Gに関わる基地局設備投資需要の拡大を図っている事業です。
通信インフラシェアリングを屋内だけでなく、屋外にも提供するべく、鉄塔やコンクリート柱、ポールなどを携帯キャリア向けのシェアリングを行っています。
また、新宿エリアでは5Gアンテナ基地局やWi-Fiなどの機能を搭載した「スマートポール」の先行・試行設置の取り組みが進んでおり、5G設備エリアの拡大、5Gネットワーク活用の検証などを行っています。
5G設備に対し、インフラシェアリングを活用することで、設備設置スペースの簡素化や省電力化などの実現となるため、非常に注目を集めている事業です。
今後の展望として、これまでの200を超える実績とノウハウを活用し、建物内における効率的な5G電波環境の設備に貢献していくことを目指しています。

ソリューション事業

通信インフラシェアリングを提供するうえで、さらなる付加価値を提供できるようソリューションの強化を図っている事業です。
主に不動産事業者にニーズに応え、安定的に提供できるクラウドWi-Fiソリューションを展開しています。
また、JTOWERで開発した基地局設置許可を得た不動産事業者情報を集約するデータベース「SITE LOCATOR」を活用し、収益化ニーズを持つ不動産事業者と携帯キャリアをマッチングするサービスも展開している事業です。
今後の展望して、携帯会社や携帯電話利用者にとって価値のあるサービスを提供し、より良い社会インフラの構築に貢献していくことを目指しています。

JTOWERの募集要項

事業企画・営業企画

ローカル5Gサービスにおける、事業企画または営業企画業務を担当するポジションです。
具体的には、事業計画作成や予実管理、料金プランと提案書の作成、プロジェクト管理を行います。
また、プリセールスツールの作成や事業パートナーとの関係構築など、幅広い業務に携わる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・通信関連事業での営業企画やプロジェクト管理などの実務的な経験
  • ・携帯電話ネットワーク全体に関する知見

開発エンジニア

新規装置の開発仕様策定(RFP)や 装置ベンダー・メーカー、各通信事業者との調整や共同での確認作業などを行うポジションです。
また、運用フェーズにおいての機器周辺の作業全般を担当します。
より高い通信品質を目指した装置の開発を継続的に行う職種のため、やりがいを感じながら働ける職種です。

必須な経験・スキル

  • ・装置メーカーでの通信事業者向け無線関連装置の開発経験
  • ・通信事業者などでの屋内装置の開発や運用の業務経験
  • ・携帯電話や無線通信アンテナの開発経験 など

営業推進

通信事業者窓口担当として、JTOWERのインフラシェアリング導入物件の提案から導入工程管理、導入後の各種フォローなどを行うポジションです。
具体的には、各種提案資料の作成と提案業務やサービスインまでの導入工程管理、業務フローの構築を行います。
また、運用改善提案と検討やサービスイン後の各種問い合わせ窓口などを担当することがあります。

必須な経験・スキル

  • ・移動体通信事業者との折衝経験
  • ・通信事業者や通信系建設会社での工事工程管理経験

JTOWERの転職難易度

JTOWERの転職難易度は比較的高いです。
注目を集めている企業ということもあり知名度が高く、その結果、多くの転職者が集まっています。
また、中途採用による求人情報はそれほど多くはなく、一定以上のスキルや経験を求められるため、簡単に採用してもらうということはないでしょう。
ほかの転職者と一線を画すような能力を持っていることで、採用してもらえる可能性は高くなるといえます。

JTOWERが転職者に求める人物像

JTOWERは、協調性と主体性を持って業務を遂行できる人材を求めています。
また、誠実さや素直さを持っている人材も求めている傾向があります。
JTOWERでは、システムを実際に使用する顧客のリアクションを直に感じ、他部署との連携が必須なため、こういった能力が必要不可欠です。
面接では、これらをしっかりとアピールできるエピソードを用意してから、臨むと良いでしょう。

JTOWERの転職までの流れ

JTOWERの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:配属先担当者・役員
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、オーソドックスな質問をされます。

最終面接

想定選考官:社長
想定内容:これまでの質問を再度質問し、細かいところまで深堀されます。

内定

JTOWERの面接形式

面接は1対1で行われるのがほとんどです。
面接回数は2回ですが、場合によって異なります。
1回あたりの時間は1時間ほどです。

JTOWERの面接内容

面接は、志望動機やこれまでの経験など、オーソドックスな質問から進みます。
それ以外にも、「学生時代に頑張ったこと」や「学生時代の部活やサークルは何に入っていたか」などの質問をされ、そこから協調性や主体性の有無を判断されます。
また、こちらの回答に対し、「それはなぜ?」と深堀される傾向があるので、どんな質問でも回答できるように自己分析を行いましょう。
それと同時に企業研究もしっかりと行い、JTOWERの強みと弱みを理解しておくと、面接を有利に進めることができます。

JTOWERで働いている方の評判・口コミ

記載なし

JTOWERの年収・給与

年収 482~608万円
ボーナスの有無 記載なし
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り(60時間)
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 産業医相談、資格褒賞金制度、社長ランチミーティングなど

JTOWERでの転職者の出世難易度

JTOWERの出世難易度は比較的高いです。
社員数はそれほど多くはありませんが、優秀な社員が多く在籍している少数精鋭な企業であり、それぞれ多くの実績を残しています。
出世するためには、それ以上の実績を残し、ずば抜けたスキルや経験が必要になります。
また、コミュニケーション能力やマネジメントスキルなども求められるでしょう。
JTOWERで出世を目指すなら、これらの能力を身に付け、周囲に認めてもらうことで出世への道が拓けるといえます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

30代前半 なし 600万円
30代後半 グループ長 700万円
40代前半 なし 800万円

JTOWERはどんな人が働いている?

JTOWERの従業員数

60名(単独)
111名(連結)

JTOWERの平均年齢

38.9歳

JTOWERの平均勤続年数

2.6年

JTOWERの社風

JTOWERは、「家庭を大切に」という社風があります。
企業全体として、仕事を全力でこなしつつ、家庭も大切にしようという考えが定着しています。
家庭の休養などで休暇を取得する場合も、理解してくれる社員が多く、また、そういったことを大切にするという風土があります。
また、部署や年齢、役職などの垣根がなく、フラットにコミュニケーションを取れる環境があります。
月に一度、社長ランチミーティングがあり、新しく入社したメンバーを中心に、親睦を深めう目的で実施されています。
それを機に、社長や他部署メンバーとの接点を作ることができ、その後の業務やコミュニケーションが円滑になるでしょう。
社員同士仲良くして、家庭を大切にしながら働きたいという方には、向いている企業といえます。

JTOWERのワークライフバランス

副業可否 不可
勤務時間 8:30~18:30(所定労働時間8時間)
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、生理休暇、裁判員休暇など
平均残業時間 月30時間前後
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 不可(コロナ環境下では対応可能)
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

JTOWERの社長

田中 敦史

1974年生まれ。
1997年にゴールドマン・サックス証券会社(現・ゴールドマン・サックス証券株式会社)入社、通信やインターネット業界の証券アナリストとして従事。
2年後に、イー・アクセス株式会社の創業に参画、経営企画から営業管理業務まで幅広く従事、各種資金調達やM&A案件などを取りまとめ、常務執行役員経営企画本部長に就任。
それ以外にも、常務執行役員兼CFOや常務執行役員兼経営企画本部長などを歴任。
2012年に株式会社JTOWERを設立、代表取締役社長に就任。

JTOWER現職、OB/OGの有名人

桐谷 裕介

1946年生まれ。
1968年に国際電信電話株式会社(現・ケイディディ株式会社)入社。
1996年に取締役、4年後の企業合併以降は、KDDI株式会社の取締役ネットワーク運用本部長に就任。
さらに、執行役員ネットワーク技術本部長や情報システム本部長、取締役執行役員常務 ブロードバンド・コンシューマ事業本部長などを歴任。
2012年より株式会社JTOWERの顧問に就任、翌年にJTOWERに入社、取締役に就任。

JTOWERの転職に関わるQ&A


JTOWERは、国内でも珍しいとされているインフラシェアリングを提供している企業なため、「どうしてインフラシェアリングを提供している企業で働きたいのか」を明確にすると良いでしょう。
そうすることで、同業他社との差別化を図ることができ、志望動機がより具体的に書くことができます。

男女比でいうと男性社員のほうが多くなっていますが、女性社員も大勢在籍しています。
仕事に対する評価は平等なため、女性でもしっかりと評価してもらうことが可能です。
また、産休や育休の取得実績もあることからそういった休暇を取得しやすい環境があるため、ライフイベントの際でも安心でしょう。

JTOWERへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

JTOWERの公式HPにある採用情報ページから応募することができます。
求人情報のほかに、代表メッセージや福利厚生、社内制度などが掲載されているので、企業研究に役立てると良いでしょう。
ただし、公式HPからの応募は、どうしても時間を要してしまします。
できるだけ素早く転職したい方やさまざまなサポートを受けながら転職したい方は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な求人の中から希望ポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用してJTOWERへの転職を目指すなら、掲載企業数が豊富であり、ハイクラス求人が多い「ビズリーチ」がベストです。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。
・案件数の圧倒的な多さ
・自分のペースで転職を進められる気軽さ
・応募までのスピード感

豊富な職種や企業の中から自分が希望するポジションを探したい方や、転職エージェントとのスケジュール調整がなかなかできない方には、転職サイトがおすすめです。
また、最近では本格的に転職エージェントを活用する前の下調べに転職サイトを利用する人も多く、まずはJTOWERの募集要項や必須スキルを知りたいという方は、事前にビズリーチをチェックしてみると良いでしょう。

ビズリーチでは比較的年収が高い!

ビズリーチに掲載されている公開求人を見ると、エンジニアや工事工程管理などの求人が多数掲載されています。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。

ハイクラスをメイン層としているビズリーチだけあって提示されている年収も比較的高く、800~1000万円程度が平均となっています。
また、ビズリーチは転職サイトの中でも比較的非公開求人が多い傾向があり、キャリアアドバイザーに相談すると非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
ただし、ビズリーチなどの転職サイトから応募した場合、「企業が求めているスキルや人物像」が具体的に分からなかったり、JTOWERの社内事情に精通しているキャリアアドバイザーはつかないため、経歴やスキルで落とされる可能性も高くなります。
より確実性を重視するのであれば転職エージェントを利用するのがおすすめ。

転職成功率を高め、幅広いサポートをしてもらうなら「転職エージェント」

転職エージェント活用してJTOWERへの転職を目指すなら、転職支援実績を多く持っている「JACリクルートメント」がベストです。

転職エージェントを活用するメリットは大きく3つ。
・キャリアプランや給与交渉などを含む幅広いサポート
・本人のスキルや希望条件との高いマッチング率
・非公開求人が比較的多い

JTOWERはハイクラス転職の中では人気の高い企業で、当然その競争率も高くなる傾向があります。
「通過率はどれくらいあるのか」や「自分の理想としている転職先か」など、不安や疑問がある場合は、キャリアコンサルタントに相談することで解消できる可能性があります。
JTOWERへの転職成功率を可能な限り上げたいのであれば、転職エージェントを活用するのが確実です。

JACリクルートメントではエンジニアの案件多数!

JACリクルートメントは基本的に企業名が伏せられている案件が多いですが、ハイクラス求人を豊富に掲載されています。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。

JACリクルートメントは、いろんな企業や業界を熟知しており、専門性に特化したキャリアコンサルタントが650名ほど在籍しています。
また、転職支援実績が43万人以上であり、利用者満足度は90%超えている転職エージェントなので、より確実な転職活動を目指すなら、JACリクルートメントがベストといえるでしょう。

あなたがJTOWERに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

NTT西日本への転職はおすすめ?年収や転職難易度について解説

  ▼下記は、NTT西日本に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTT西日本に転職してくるのか ・転職先:NTT西日本からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

トレンドマイクロの転職難易度は高い?評判や試験情報などを調査

  ▼下記は、トレンドマイクロに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからトレンドマイクロに転職してくるのか ・転職先:トレンドマイクロからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来...

WOWOWの中途採用の倍率は高い?転職難易度や口コミを解説

▼下記は、WOWOWに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからWOWOWに転職してくるのか ・転職先:WOWOWからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

システムサポートの転職事情。面接内容や年収など解説

▼下記は、システムサポートに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからシステムサポートに転職してくるのか ・転職先:システムサポートからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目...

HCネットワークスの転職はおすすめ?難易度やポイントをご紹介

  ▼下記は、HCネットワークスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからHCネットワークスに転職してくるのか ・転職先:HCネットワークスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、...

ネットワンシステムズの面接や年収って?転職難易度など口コミまとめ

▼下記は、ネットワンシステムズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからネットワンシステムズに転職してくるのか ・転職先:ネットワンシステムズからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「...

NTTコミュニケーションズへ転職。会社の雰囲気や給料について調査

  ▼下記は、NTTコミュニケーションズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTTコミュニケーションズに転職してくるのか ・転職先:NTTコミュニケーションズからどこへ転職するのか ...

テラスカイへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、テラスカイに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからテラスカイに転職してくるのか ・転職先:テラスカイからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

株式会社ビジョンへの転職は難しい?面接内容など転職情報を調査!

株式会社ビジョンは、2001年12月4日に設立された、グローバルWi-Fiレンタルサービスや情報通信サービスを提供している企業です。 東京都新宿区に本社を構え、海外には10以上の拠点を持ち、国内670名、海外66名の従業員数を抱え...

フューチャーの転職難易度は?面接内容や年収など解説

▼下記は、フューチャーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからフューチャーに転職してくるのか ・転職先:フューチャーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

TOP