通信

コーエーテクモへの転職は難しい?面接の対策やポイントなどを解説


コーエーテクモは、「信長の野望」や「三國無双」などといった有名タイトルを手掛けている株式会社コーエーテクモゲームスなどを傘下に持つ持株会社です。
また、「シブサワ・コウ」や「ω-Force」、「Team NINJA」、「ガスト」、「ルビーパーティー」、「midas」など、数多くのブランドを抱えていることでも非常に有名です。
2022年3月期の連結純利益は前期よりも上回り、最高益を記録しています。「三国志」シリーズが好調で、ロイヤルティーでの収入が増えているようです。
コーエーテクモは、「多くの人に愛されるゲームを作りたい」という熱意を持った方が多く集まる企業なため、転職先として高い人気を誇ります。
今回は、そんなコーエーテクモへの転職を検討している方に向けて、会社の基本情報や面接の傾向、対策のポイントなどを解説します。

コーエーテクモへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・コーエーテクモの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、コーエーテクモの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • コーエーテクモの企業概要
  • コーエーテクモの転職ポイント
  • コーエーテクモの社風や企業文化

コーエーテクモに転職するポイント

コーエーテクモの特徴

POINT

  • ・2009年に株式会社コーエーとテクモ株式会社の株式移転によって設立
  • ・「コーエーテクモゲームス」をはじめとした企業を傘下に持つ持株会社
  • ・パソコンや家庭用のゲームソフトなど、多くのプラットフォームで活躍

コーエーテクモへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的多い
  • ・プログラマーやエンジニアなどで求人募集
  • ・常に前向きで、新しいことにチャレンジできることが重要

コーエーテクモの企業概要

会社名 株式会社コーエーテクモホールディングス
本社所在地 神奈川県横浜市港北区箕輪町1-18-12
社長 襟川 陽一
設立 2009年4月1日
株式 上場(東証1部)
株主構成 株式会社光優ホールディングス(50.94%)
環境科学株式会社(7.56%)
日本マスタートラスト信託銀行(4.11%)

コーエーテクモの売上

コーエーテクモの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 38,968百万円 42,645百万円 60,370百万円
経常利益 18,307百万円 18,869百万円 39,299百万円

コーエーテクモの最新ニュース

コーエーテクモの事業内容

コーエーテクモは、コーエーテクモゲームスやコーエーテクモウェーブなど、多数の企業を傘下に持つコーエーテクモグループのホールディングカンパニーです。
主に、「シブサワ・コウ」や「ω-Force」、「Team NINJA」、「ガスト」などの各ブランドのもと、魅力溢れるエンタテインメントコンテンツの創造と展開を図っています。
パソコンや家庭用ゲームソフトをはじめ、オンラインゲームやスマートフォンゲームなど、さまざざなプラットフォームを通じてゲームコンテンツの提供も行っています。
さらには、イベント開催やグッズ販売、漫画、アニメなど、総合的なエンタテインメントコンテンツとして幅広く展開している企業です。
また、それらを活用したパチンコやパチスロ機への版権許諾や液晶ソフトの企画と開発なども行っており、アミューズメント施設「テクモピア」の運営も行っています。
今後も、コーエーテクモが誇る独創性溢れる開発力や技術力を活用し、ゲームビジネスを総合的にマネジメントし、拡大していくことを目指しています。

コーエーテクモの募集要項

プログラマー

3Dグラフィックスの基礎研究開発、ゲームエンジンの開発、CDデザイナーやサウンドクリエイターが使用する制作ツールの開発などを行うポジションです。
グラフィックスや表現力というゲームの根幹を担う重要な要素を制作する重要なポジションであり、プレイヤーを感動させる表現力を生み出せるため、非常にやりがいを感じながら働くことが可能です。

必須な経験・スキル

  • ・3次元処理全般やライブラリ・ツール開発経験
  • ・C++を使用したプログラム経験
  • ・DirectX、OpenGLを使用したプログラミング経験 など

社内システムエンジニア

社員が安心してゲーム制作に打ち込めるよう、社内のシステムを保守する役割を担うポジションです。
具体的には、ネットワーク・セキュリティ基盤の設計や構築、運用保守、グループウェアやEメール、社内コミュニケーションツールなどの情報インフラの導入や運用保守を行います。
ゲーム制作における、縁の下の力持ちとして活躍できる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・企業内ネットワークや拠点間WANなどのネットワーク設計、構築設計の経験
  • ・ネットワークセキュリティ基盤の設計や運用経験
  • ・ネットワーク障害時の原因調査やネットワーク監視システムの運用経験 など

CG制作

ゲームの顔とも呼べるグラフィックの製作を担当するポジションです。
具体的には、2DCGやエフェクト、3D背景、モーションの制作を行います。
また、そういったCG製作だけではなく、海外子会社やパートナー企業への発注の指示、品質管理も行う場合があります。

必須な経験・スキル

  • ・ゲームへの興味や関心
  • ・各担当業務における制作の実務経験

コーエーテクモの転職難易度

コーエーテクモの転職難易度は中程度です。
公式サイトや転職サイトなどで、中途採用によるキャリア募集を定期的に行っているため、チャンスは比較的多くあるといえます。
ただし、どのポジションでも、即戦力となることが前提となっているため、一定以上のスキルや経験が必要といえます。
求められるスキルや知識を保有しており、入念な企業研究や面接対策を行うことで、コーエーテクモで採用してもらえる可能性があるでしょう。

コーエーテクモが転職者に求める人物像

コーエーテクモでは、常に前向きで、新しいことにチャレンジできる人材を求めています。
また、チームワークを大切にしながら業務を遂行できる人材や、斬新な発想力があり、アイデアを具体的な形にできる人材なども求めている傾向があります。
コーエーテクモは、積極的に新しいことにチャレンジしている企業なため、このような能力が必要不可欠です。
面接では、これらを持っていることを上手にアピールできるように準備してから臨むと良いでしょう。

コーエーテクモの転職までの流れ

コーエーテクモの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接・筆記試験

想定選考官:人事担当・部門長
想定内容:志望動機や前職の退職理由など、オーソドックスな質問をされます。

最終面接

想定選考官:社長・会長
想定内容:これまでの質問に加え、ゲームに関する質問をされます。

内定

コーエーテクモの面接形式

面接は応募者1人に対し、面接官が複数人で行われます。
面接回数は基本的に2回ですが、職種によって異なる場合があります。
1回あたりの時間は30分程度です。

コーエーテクモの面接内容

コーエーテクモの面接は、志望動機や前職の退職理由といったオーソドックスな質問から進みます。
それ以外にも、「どんなゲームをするのか」や「新しい分野を新規開拓できるゲームを考えて」といったゲームに関する質問を多くされる傾向があります。
これいった変わった質問をされることはほぼありませんが、こちらの回答に対して深堀されることがあるので、一貫性のある回答ができることが大切です。
面接の雰囲気は、やや圧迫気味な傾向があり、ストレス耐性を判断するような形で面接が行われます。
自己分析はもちろんのこと、企業研究も入念に行い、リラックスして自分らしく臨むと良いでしょう。

コーエーテクモの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには多くのポジションで募集をしている
・ゲームに関する質問は多い
・和やかな雰囲気での面接との口コミあり

ソフト開発部、30代、男性
ゲーム以外の趣味について教えてくださいという質問がありました。ゲーム以外の内容を話題にしつつ、自分の趣味について話しました。
CGデザイナー、20代、男性
最近見た映画について聞かれました。ゲームだけでなく、映像作品を常日頃からチェックしておくと良いと思います。
法人営業、30代、女性
柔らかな雰囲気の面接でした。「ゲームは好きか」「なぜ本社を応募するのか」「入社後はどのような目標があるか」などを聞かれました。
総務、20代、男性
志望動機よりも自分自身のスキルを理解し、何を成し遂げられるかを考えておくことが大切だと思います。
開発、30代、男性
どのようなジャンルのゲームが好きかの質問がありました。新規開拓についての質問もあったので、ゲーム業界の動向を知っておくことは必須だと思います。

コーエーテクモで働いている方の評判・口コミ

プログラマー、在籍3~5年、男性
消費者が触れる製品を作っているため、消費者の声が直接聞けるのでモチベーションに繋げることができます。また、ゲームを制作には非常に多くの業務をこなす必要がありますが、自然と経験が積むことができるでしょう。
デザイナー、在籍5~7年、女性
ブランドやタイトルに関係なく、さまざまなプロジェクトに携われるのが魅力的です。また、携わったタイトルの売り上げが良ければ、賞与のほかに報酬金をもらえるため、やりがいを感じます。
プランナー、在籍7~10年、男性
ネームバリューがある会社で働いているという満足感があり、大きなやりがいを感じています。良くも悪くも長時間労働がベースの会社なので、経験を積むことができ、成長できるチャンスが大きいといえるでしょう。

口コミの要約コーエーテクモの口コミを見てみると、消費者の声を直接聞くことができるため、モチベーションに繋がるということが伝わってきます。また、さまざまなプロジェクトに携わることができ、多彩な経験を積めるということが伺えます。

コーエーテクモの年収・給与

年収 634万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り(職種による)
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 退職金制度、寮社宅、ストックオプション、社内特殊会、社員食堂など

コーエーテクモでの転職者の出世難易度

コーエーテクモの出世難易度は中程度です。
コーエーテクモでは、経営理念や会社組織、各種人事制度、ハラスメント防止、メンタルヘルスなど、中途採用者用の研修制度が充実しているため、比較的早く馴染めるでしょう。
また、複数タイトルに携わって業務を遂行する場合もあるため、経験が積める機会は多くあるといえます。
そのようななかでコツコツと努力し、実績を残すことで、出世できる可能性は大いにあるでしょう。

コーエーテクモはどんな人が働いている?

コーエーテクモの従業員数

74名(単独)
1,983名(連結)

コーエーテクモの平均年齢

37.1歳

コーエーテクモの平均勤続年数

8.8年

コーエーテクモの社風

コーエーテクモは、真面目で堅実な社風です。
また、より良いゲームを創り出そうという熱意に溢れた方が多く集まっているため、活気に満ちている雰囲気があります。
「創造と貢献」という企業理念は、社員のチャレンジ精神を掻き立て、「ゲーム」という形で社会に新しい価値を生み出すことを実現している企業です。
一方で、非常に日本的な安定感のある社風も併せ持っています。
チャレンジ精神と安定感というバランスが取れているため、そのような環境のなかで積極的に行動していきたいと考える方には、向いている企業といえるでしょう。

コーエーテクモのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~17:30(職種による)
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、特別休暇など
平均残業時間 月55時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

コーエーテクモの社長

襟川 陽一

1950年生まれ、栃木県出身。
慶應義塾大学商学部卒業後、株式会社光栄を設立。
1981年に『川中島の合戦』を発売し、このゲームが大ヒット、元々営んでいた染料の年商の3倍の年商を上げる。
これ以降、本格的にゲーム制作ビジネスを始動し、1983年には『信長の野望』を、その2年後には『三國志』を発売。
いずれも大ヒットし、続編が何作も出る名シリーズとなった。
2009年にゲーム制作会社のテクモと経営統合し、株式会社コーエーテクモホールディングスを設立、代表取締役社長に就任。

コーエーテクモ現職、OB/OGの有名人

襟川 恵子

1949年生まれ、神奈川県出身。
多摩美術大学デザイン学部卒業後、夫である襟川陽一とともに株式会社光栄を設立。
会社経営の傍ら、開発チーム「ルビーパーティー」を立ち上げ、『アンジェリーク』などのネオロマンスゲームシリーズの制作を指揮。
世界初の女性向けゲームのジャンルを開拓。
ゲームソフトの著作権保護と、業界の発展のために活動し、7つの社団法人や公益法人の設立に従事した。
「The Wall Street Journal Online」記事である『日本を直せる10人の人々』の一人として選出。
現在は株式会社コーエーテクモホールディングスの代表取締役会長を務めている。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

コーエーテクモの転職に関わるQ&A


コーエーテクモは「多くの人に愛され、コアなファンが多いゲームを数多く輩出している会社で働ける」という働きがいがあるという口コミが多くあります。
また、「グローバルでも受け入れられるゲームづくり」を目指し、ゲームの開発だけでなく、海外ファンとの交流やコミュニティ作り、海外拠点を主体としたプロモーション活動もなども行っています。
このように世界へ進出しようとする動きもあり、今後大きな成長が見込める企業なため、やりがを感じながら働けるでしょう。

コーエーテクモは、繁忙期は休日出勤も多く、仕事量が多いため、ライフワークバランスが取りづらいということも少なくありません。
しかしながら、その仕事量の多さや複数のタイトルに関われるため、経験を積むためには良いチャンスとなります。
そのため、女性でも十分に活躍できる職場といえます。

コーエーテクモへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

コーエーテクモの公式HPにある採用情報ページからエントリーできます。
採用情報ページには、「社長メッセージ」や「人材に対する考え方」、「待遇」など、さまざまな情報が掲載されているため、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、公式HPからの応募の場合、少なからず時間がかかってしまいます。
時間をかけずに転職したい方や公式HPに載っていないような求人に応募したい方は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、コーエーテクモの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

制作会社の募集要項を一緒に確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してコーエーテクモに転職するなら、制作を行う競合他社の募集要項を比較することが可能な「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動を行える手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・求人案件確認~応募までのスピード感

転職サイトは、空いた時間を活用して転職活動を行えるという手軽さがあるので、比較的時間をかけずに転職することが可能です。
また、求人案件が比較的豊富であり、求人案件の確認から応募までがスピーディーに進みます。
できるだけ時間をかけずに転職したい方やさまざまな企業を比較したい方は、転職サイトの活用がおすすめです。

制作を行う企業の募集を比較するなら「iX転職」

iX転職には、制作を行っている競合他社の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの制作会社の平均年収は、800万円~1,200万円となっており、別サイトと比べ、比較的高く設定されています。
また、iX転職では、一般的に掲載していない非公開求人を多く持っている転職サイトとして有名であり、ヘッドハンターに相談することで自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性もあります。
「自分の今の能力で活躍できる企業がどれほどあるのか」や「募集要項はどのような違いがあるのか」などを知りたい方は、iX転職にまずは登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

テラスカイへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

テラスカイ転職者の主なキャリアステップ 前職 富士通、IBM、大塚商会、ワークスアプリなどのSIer 株式会社テラスカイに転職 次の転職先 PwCコンサル...

トレンドマイクロの転職難易度は高い?評判や試験情報などを調査

トレンドマイクロ転職者の主なキャリアステップ 前職 ソフトウェアメーカー 富士ソフトなどのSIer NTT、ソフトバンクなどの通信会社 IT系メーカー など トレンドマイクロ株...

ネットワンシステムズの面接や年収って?転職難易度など口コミまとめ

ネットワンシステムズ転職者の主なキャリアステップ 前職 IT系企業の幅広い業種 ネットワンシステムズ株式会社に転職 次の転職先 オラクルなどのIT系企業 ...

NTTドコモの転職情報を解説。年収や転職難易度について調査

NTTドコモ転職者の主なキャリアステップ 前職 大手SIer 大手NIer 株式会社NTTドコモに転職 次の転職先 大手SIer アマゾン、LINEな...

NTTコミュニケーションズへ転職。会社の雰囲気や給料について調査

NTTコミュニケーションズ転職者の主なキャリアステップ 前職 SIer NIer NTTコミュニケーションズ株式会社に転職 次の転職先 大手国内NIer...

HCネットワークスの転職はおすすめ?難易度やポイントをご紹介

HCネットワークス転職者の主なキャリアステップ 前職 日立電線からの転籍 SIer 株式会社HCネットワークスに転職 ...

NTT西日本への転職はおすすめ?年収や転職難易度について解説

NTT西日本転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 西日本電信電話株式会社に転職 次の転職先 リクルートグループ LINE コンサルティング...

サイバネットシステムの転職事情。面接内容や必要やスキルなどを解説

サイバネットシステム転職者の主なキャリアステップ ...

コムチュアへの転職情報。面接内容やポイントをご紹介

コムチュア転職者の主なキャリアステップ 前職 日本タタコンサルティング、デロイトトーマツなどのコンサルファーム、IBM、富士ソフト、セゾン情報システムズなどのIT系企業 コムチュア株...

インターネットイニシアティブへの転職は難しい?面接内容や選考フローなどを解説

インターネットイニシアティブ転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒からのプロパー社員 SIer 株式会社インターネットイニシアティブに転職 次の転職先 ...

TOP