メーカー

コクヨへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

コクヨ転職者の主なキャリアステップ

  • 前職

    新卒からのプロパー社員
    メーカー
    印刷会社
      

  • コクヨ株式会社に転職

  • 次の転職先

    メーカー
    IT企業

コクヨの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、大学卒業や大学院卒業などが在籍しており、大学は国立大学や早慶MARCHといった有名私立大学の割合が高くなっています。

前職

コクヨ在籍者は新卒からのプロパー社員がほとんどですが、メーカーや印刷会社からの転職者も少数います。

次の転職先

コクヨからの転職事例はありませんが、一部転職者はメーカーやIT企業へ転職しています。

コクヨは、文房具をはじめ、オフィス家具や事務機器用品の製造や販売を行っている企業です。
代表的な商品は、累計26億冊出荷した「Campusノート」が上げられます。
そのほかにも、物差しやテープ、ファイルなど、さまざまな商品を展開しており、文具業界のシェアは第2位を誇っている大手メーカーです。
1905年設立と企業の歴史は115年以上と非常に長く、現在は6,882名の社員が在籍しています。
2021年11月には、沖電気工業とテレプレゼンスロボットを使った健康性を高めるオフィス向けソリューションの共同検証を開始し、文具以外の事業にも注目されています。
コクヨでは、社内SEやシステム企画などのポジションで、リーダーシップがあり、自発的に考え行動できる人材を求めています。

コクヨへの転職を目指すなら「iX転職」を見るべし

・コクヨの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
・大手やハイクラスの求人情報を知りたい。
・現職や、特定の企業にばれずに転職活動をしたい。
そんな方に最もおすすめしたいのが、大手やハイクラス求人を豊富に取り扱っていてる人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手がける「iX転職」。
また、まだ転職するつもりはなくても、情報収集として、事前にiX転職をチェックしておくと、目指す業界・職種などの傾向を把握することができます。
現職や特定の企業に対し、自分の情報を非公開にすることができるため、設定した企業にばれずに安心して転職を進めたい方にもマッチするサイトです。

この記事でわかること

  • コクヨの企業概要
  • コクヨの転職ポイント
  • コクヨの社風や企業文化

コクヨに転職するポイント

コクヨの特徴

POINT

  • ・文房具やオフィス家具、事務機器用品を製造・販売している企業
  • ・累計26億冊出荷した「Campusノート」をはじめ、物差しやテープなど、さまざまな商品を展開
  • ・文具業界では第2位のシェアを誇る

コクヨへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は非常に少ない
  • ・社内SEやシステム企画などで求人募集
  • ・リーダーシップを持ち、自発的に考え行動できることが重要

コクヨの企業概要

会社名 コクヨ株式会社
本社所在地 大阪府大阪市東成区大今里南6丁目1番1号
社長 黒田 英邦
設立 1920年7月10日
株式 上場(東証1部)
株主構成 コクヨ共栄会(7.99%)
日本マスタートラスト信託銀行(信託口)(6.65%)
(株)日本カストディ銀行(信託口)(4.29%)

コクヨの売上

コクヨの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 315,155百万円 320,200百万円 300,644百万円
経常利益 19,178百万円 18,198百万円 14,173百万円

コクヨの最新ニュース

コクヨの事業内容

コクヨは、文房具屋事務用品、オフィス家具などの製造と販売を行っている企業です。
文具を通して「はたらく」「まなぶ」「くらし」を豊かにし、多様化するニーズに対応した文具の提供を目指しています。
主力として、書くことに回帰する社会人に向けた「大人Campus」の提供や、自分らしく選ぶ楽しさを提案する文具ブランド「KOKUYO ME」の展開をしています。
また、さまざまなワークスタイルのニーズに合わせ、働き方や働く人の暮らし方を考慮し、より創造的で快適になる空間の提案も行っている企業です。
さらには、消費者の声を集め、商品開発に繋げるコミュニティサイト「モニカ」の運営や、アジアを中心にグローバル化を推進するなど、幅広く展開しています。
今後の展望として、商品やサービスを通じて、消費者の創造性を向上する価値を提供するとともに、QOLの向上を実現し、社会に役立つ「Life & Work Style Company」を目指しています。

コクヨの募集要項

社内SE

見積もりや手配、物流などの仕組みの拡充などに関するシステムエンジニア業務を担当するポジションです。
具体的には、運営販管費低減のために、アプリケーションを中心としたサービスの削減抑制策の実施や、生産性向上のためのSLA向上と定型業務化の実現を行います。
また、各部門の生産性向上のため、独自運営されているアプリケーションの運営や管理業務集約化の企画と実行を行うなど、幅広く業務に携われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・アプリケーションに関する要件定義などの上流工程の経験

システム企画/推進

@Tovasサービスに関するシステム企画業務を担うポジションです。
具体的には、すでに計画されている機能追加プロジェクトへの参画や、サービスの拡充とサービスの運用、次期システムの企画やシステム化計画を行います。
また、システム連携立案をはじめとしたシステム面の拡販施策の創出や、顧客サポートと営業支援なども行います。

必須な経験・スキル

  • ・ITシステム開発の経験
  • ・システム運用の経験
  • ・ネットワーク技術やクラウド技術に関する経験や知見

オフィス内設計

オフィスをはじめとする空間の設計業務を行うポジションです。営業担当と客先を訪問し、ヒアリングから納品までを一貫して担当します。
国内主要都市部の再開発などでオフィス内装設計の需要が高まっていることに加え、直近では官公庁案件のデザインコンペで高い勝率をおさめており、現在引き合いが多いため、増員採用をしています。
昨今の働き方改革やコロナウイルス等の影響を受け、オフィスの効率化を検討している企業が増えているので、売り上げの伸びも期待できる事業です。

必須な経験・スキル

  • ・オフィスの内装設計または監理業務経験
  • ・オフィス家具メーカーにおける法人営業経験
  • ・企業総務部等に所属しオフィスに係るファシリティマネジメント経験

コクヨの転職難易度

コクヨの転職難易度は非常に高いです。
文具メーカーとして、シェア第2位を誇っており、そのため知名度が非常に高く、人気も高い傾向があります。
企業としても経営が安定しており、離職率が低いことから中途採用による求人募集は少ない傾向があります。
また、求人募集が出たとしても、一定以上のスキルや経験が必要であり、それらに加えて、コミュニケーション能力の高さやマネジメントスキルの有無なども問われるため、転職難易度は非常に高いといえるでしょう。

コクヨが転職者に求める人物像

コクヨでは、自らの意志で自発的に考え、行動できる人材を求めています。
また、リーダーシップを持ち、チームワークを大切にできる人材も求めている傾向があります。
コクヨは、「変化を楽しみながら多様な人材が能力を発揮し、チャレンジして成長し続ける」ということを目指しているため、このような能力が必須です。
面接では、これらをどのようにアピールし、面接官をどれほど感心させられるかがポイントといえるでしょう。

コクヨの転職までの流れ

コクヨの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、オーソドックスな質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員・人事部長
想定内容:これまでの質問に加え、ストレス耐性や働き方に関する質問をされます。

内定

コクヨの面接形式

面接は大勢で行われる場合や、応募者が1人に対して面接官複数の場合など、タイミングや職種によって異なります。
面接回数は基本的に3回です。
1回あたりの時間は30分~1時間で終わります。

コクヨの面接内容

コクヨの面接は、志望動機やこれまでの経験なおd、オーソドックスな質問から進みます。
それ以外にも、「困難を乗り越えるためには?」や「ストレス発散方法は?」など、ストレス耐性に関する質問もされる傾向があります。
さらには、「働くうえで重視していることは?」や「自分にとって仕事とは?」といった働き方に関する質問をされることもあるため、自己分析は入念に行っておくと良いでしょう。
面接の雰囲気は、基本的には穏やかですが、面接官によっては圧迫面接になる場合もあります。
どんな状況でも、リラックスして自分らしく臨むことが重要といえます。

コクヨの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトでは中途採用は行われていない
・求人情報はDODAなどで確認できる
・WEB面接あり

物流コンサルタント、40代、男性
どのように組織を改革していきたいかという質問がありました。よくも悪くも典型的なオーナー企業だと思います。
代理店営業、30代、男性
出身地のアピールをしてくださいという質問がありました。父が転勤族だったため、出身地という出身地がなく、困りました。
法務、30代、女性
英語のレベルを見られました。面接から次のまでの時間が長く、忘れたころに連絡が来ました。
企画営業、30代、女性
今までで一番人を感動させた出来事を聞かれました。小学生の頃に祖母に文房具をあげた話しをしました。
企画営業、30代、男性
なぜコクヨなのか、という質問がありました。面接前には競合他社について調べて臨んだ方が良いと感じました。

コクヨで働いている方の評判・口コミ

インテリアデザイナー、在籍7~10年、女性
大企業との取引が多く、挑戦し甲斐のある環境で働くことができます。自分のやった業務が大企業の働くベースを創出したのだと考えると、大きなやりがいと喜びを感じるため、モチベーションにも繋がります。
インテリア・工業製品関連、在籍5~7年、男性
教育体制や研修制度は比較的充実しています。若手を社員でフォローするため、若手でも安心して働くことができます。また、自身の伸ばしたいスキルがあれば、キャリア開発に繋がる講座を受講することもできるため、やる気がある方には良い環境でしょう。
法人営業、在籍3~5年、女性
働き方改革の推進により、残業時間の削減や働きやすい環境の整備などが進んでいます。そのため、残業せずに退社できるときもあり、プライベートな時間を大切にしやすくなっているといえるでしょう。
口コミの要約

大企業との取引があり、挑戦できる環境で仕事ができるため、やりがいを感じられます。また、教育体制や研究制度が充実しているため、若手から長年働いている社員まで学べる環境があるといえます。

コクヨの年収・給与

年収 731万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り(全額支給)
住宅手当 有り
福利厚生 各種社会保険完備、家族手当、退職金制度など

コクヨでの転職者の出世難易度

コクヨの出世難易度は比較的高いです。
優秀な社員が多く在籍しており、それぞれ実績を残しています。
それに対し、出世枠もそれほど多くないため、出世競争が激しくなる傾向があります。
そのようななかから、自身が出世するということは簡単なことではありません。
コクヨでの出世を目指すなら、ほかの社員の実績以上の実績を残し、周囲に認めてもらうことで、出世への道は拓けるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 課長補佐 800万円
30代後半 課長補佐 800万円
40代前半 課長 1,000万円
40代後半 課長 1,000万円
50代前半 部長 1,300万円

コクヨはどんな人が働いている?

コクヨの従業員数

2,241名

コクヨの平均年齢

43.8歳

コクヨの平均勤続年数

18.6年

コクヨの社風

コクヨは、堅実で安定を重んじる社風です。
誠心誠意で製造製造販売し、信用を得るという創業者の教えを伝統として守っており、また、社員を大切にする家族的な企業風土が築かれています。
そのため、在籍している社員は穏やかで面倒見が良い方が多く、困っている方を手助けしフォローするという雰囲気があります。
さらには、男性女性関係なく働きやすい環境の整備にも注力しているなど、社員一人一人の働き方を考慮している企業です。

コクヨのワークライフバランス

副業可否 応相談
勤務時間 8:45~17:30
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年次有給休暇、夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月35~45時間
フレックス制度 有り(コアタイムなし)
リモートワーク 応相談
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

コクヨの社長

黒田 英邦

1976年生まれ、兵庫県出身。
米国ルイス&クラーク大学経済学部卒業後、コクヨ株式会社に入社。
2005年にコクヨオフィスシステム株式会社の取締役に就任、さらに2年後には取締役兼常務執行役員に就任。
2009年にコクヨ株式会社の取締役とコクヨファニチャー株式会社の代表取締役社長に就任。
その後もコクヨ株式会社の常務執行役員や取締役専務執行役員を歴任し、2015年より代表取締役社長に就任。
海外事業の展開に注力し、推進している人物。

コクヨ現職、OB/OGの有名人

黒田 章裕

1949年生まれ、大阪府出身。
慶應義塾大学経済学部卒業後、コクヨ株式会社に入社。
1977年に取締役に就任。
その後も常務取締役や専務取締役を歴任し、1987年に代表取締役副社長に就任。
さらに2年後には代表取締役社長に就任、2015年より代表取締役会長に就任。
現在は、大阪日米協会会長や全日本紙製品工業会副理事長なども務めている。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声がわからない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞ける上、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

コクヨの転職に関わるQ&A


基本的には転勤することはありません。
そのため、入社したところでの勤務となり、同じところで働きたいという方にとっては安心して働くことができるでしょう。

入社当初は契約社員としての採用でも、しっかりと評価してもらうことで正社員になることができます。
ただし、正社員になるためには、一定以上のスキルや経験が必要不可欠なので、努力を怠らないことが肝心です。

コクヨへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

コクヨの公式HPにある採用情報ページから応募できます。
採用情報ページには、製品やサービス、ニュースなどが掲載されているので、企業研究に役立てることができます。
ただし、公式HPには中途採用による求人が掲載されていません。
コクヨへの転職を目指すなら、転職サイトの活用がおすすめです。

文具メーカーの募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してコクヨに転職するなら、競合他社の募集要項も一緒に比較できる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動できる手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件の確認から応募までが早い

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が豊富であり、案件確認から応募までがスピーディーに行えます。
できるだけ素早く転職をしたい方やまずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。

競合他社の募集要項と比較したいなら「iX転職」

iX転職には、文具メーカーや製造販売企業などの競合他社の募集要項を確認することができます。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールのメーカー企業の平均年収は、900万円~1,200万円となっており、ほかの転職サイトよりも比較的高くなっています。
また、iX転職は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「自身が活躍できる企業がどれほどあるのか」や「企業ごとで募集要項はどんな風に変わるのか」などを知りたい方は、まずはiX転職に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

関連記事

ニコンの転職事情。面接内容や転職難易度などを解説

ニコン転職者の主なキャリアステップ ...

ホシザキへの転職は大変?年収や口コミなどを解説

ホシザキ転職者の主なキャリアステップ ...

ミルボンへの転職は難しい?面接突破方法や口コミなどを解説

ミルボン転職者の主なキャリアステップ ...

テルモの転職難易度は高い?面接内容やコツ、会社の情報などを解説

テルモ転職者の主なキャリアステップ ...

スバル(SUBARU)への転職。面接ポイントや評判をご紹介

スバル転職者の主なキャリアステップ ...

ダイフクの転職難易度は?求める人物像や働く環境について解説

ダイフク転職者の主なキャリアステップ ...

ディスコへの転職は難しい?年収や口コミなど解説

ディスコ転職者の主なキャリアステップ ...

カシオへ転職するうえでのポイントは?口コミや面接突破のコツなどを解説

カシオ転職者の主なキャリアステップ ...

マキタへの転職は難しい?口コミや面接内容などを解説

マキタ転職者の主なキャリアステップ ...

日本電産の転職難易度は?口コミや年収などを解説

日本電産転職者の主なキャリアステップ ...

TOP