メーカー

ライフドリンクカンパニーへの転職。将来性や年収などを徹底解説

ライフドリンクカンパニー転職者の主なキャリアステップ

  • 前職

    食品メーカー、製薬会社、電機メーカーなど

  • 株式会社ライフドリンクカンパニーに転職

  • 次の転職先

    飲料・食品メーカーや化粧品メーカーなど

ライフドリンクカンパニーの主な転職元・転職先

学歴

学歴は、高校、専門学校、大学、などが在籍している。学歴の幅は広い。

前職

食品メーカー、製薬会社、電機メーカーなどがあげられる。

次の転職先

飲料・食品メーカーや化粧品メーカーなどがあげられる。

清涼飲料や茶葉の製造、仕入れや販売などを行っているライフドリンクカンパニー。「お茶屋さんの緑茶」「自然の恵み天然水」などの自社飲料の製造を手掛けている、東証スタンダード上場企業です。機能性表示食品や調味料の開発も進めており、血中中性脂肪や血糖値の上昇を抑える烏龍茶や、毎日の食卓を応援する「とんかつ&フライソース」などを展開しています。

ライフドリンクカンパニーでは、営業やSCM、品質管理といった職種で中途採用を募集中です。東証スタンダード上場企業ということもあり、今後も着実な成長が期待される、安定性の高い企業なのが特徴と言えます。この記事では、ライフドリンクカンパニーへの転職を検討する上で必ず知っておきたい、同社の事業内容や年収、転職するメリットなどをどこよりも詳しく解説します。

ライフドリンクカンパニーへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・ライフドリンクカンパニーの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ライフドリンクカンパニーの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ライフドリンクカンパニーの企業概要
  • ライフドリンクカンパニーの転職ポイント
  • ライフドリンクカンパニーの社風や企業文化

ライフドリンクカンパニーに転職するポイント

ライフドリンクカンパニーの特徴

POINT

  • ・清涼飲料や茶葉の製造、仕入れ、販売を行う東証スタンダード上場企業
  • ・機能性表示食品や調味料などの開発にも力を入れており、商品ラインナップは多彩
  • ・リモートワークが推進されているなど、多様な働き方支援にも注力

ライフドリンクカンパニーへ転職するポイント

POINT

  • ・営業やSCM、品質管理などでの求人あり
  • ・各地の工場で製造スタッフ、品質管理などの募集も行っている
  • ・面接では転職理由など基本的な内容について丁寧に深堀りされるため、対策が必要

ライフドリンクカンパニーの企業概要

会社名 株式会社ライフドリンクカンパニー
本社所在地 大阪府大阪市北区梅田3丁目3番10号
社長 岡野邦昭
設立 1972年
株式 東証スタンダード
株主構成 サンライズ・キャピタル2 (35.77%)
サンライズ・キャピタル2(Non-U.S.) (31.87%)
田中利子 (11.49%)

ライフドリンクカンパニーの売上

ライフドリンクカンパニーの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上高 19,026百万円 1,466,249百万円 1,297,947百万円
経常利益 -1,126百万円 431百万円 1,402百万円

ライフドリンクカンパニーの最新ニュース

ライフドリンクカンパニーの事業内容

ライフドリンクカンパニーの主力事業は、清涼飲料や茶葉の製造販売です。関連会社である生駒名水株式会社とも連携しながら、水飲料や茶系の飲料、炭酸飲料の販売を行っています。ライフドリンクカンパニーの主力製品としては、水飲料である「自然の恵み天然水」、茶系飲料である「お茶屋さんの緑茶」「お茶屋さんの烏龍茶」、さらに炭酸水である「やさしい水の炭酸水」などがあります。茶葉商品としては「一番摘み緑茶」などの製品を展開しており、多彩なラインナップを展開中です。

ライフドリンクカンパニーでは、原料の調達から販売までを内製化することによって安定した製品供給を実現しています。全国展開した自社の工場を各地に持っているため、品質管理も全て自社で行うことが可能です。上記で紹介した商品の他にも、機能性表示食品分野や調味料分野でも製品を展開しています。東証スタンダード上場企業ということもあり比較的規模の大きな企業ですが、今後も安定した経営が続いていくことが期待されています。

ライフドリンクカンパニーの募集要項

営業

自社製品の販売拡大に向けたBtoB営業を行います。量販店や大手の総合スーパー、ドラッグストアなどの担当者と折衝しながら、ニーズに合わせた提案を行うことが求められる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・食品業界での営業経験があること

品質管理

自社製品の品質管理や品質保証に関連する業務を幅広く行います。具体的には、工程で異常が発生した際の原因究明や対策、品質教育の実施、品質監査、認証企画の事務局対応などが業務内容です。

必須な経験・スキル

  • ・食品業界で品質管理や品質保証業務を行った経験があること

ライフドリンクカンパニーの転職難易度

ライフドリンクカンパニーの転職難易度は中程度です。ライフドリンクカンパニーでは、営業職やSCM、品質保証といった職種のほか、本社勤務の生産技術職でも中途採用を募集しています。求人の数自体はそれほど多いわけではありませんが、食品の製造業界における代表的な職種はあらかた募集されているため、食品業界で働いてきた経験がある場合は前職での経験を生かした転職が可能です。

一方、いずれの職種も過去に食品業界で働いていた経験が求められていることが多いため、全くの未経験から異業種への転職を狙うのはやや厳しいかもしれません。職種にこだわりがない場合は、工場勤務の製造や品質管理、配送などへ応募するのも手です。幅広く求人を眺めて、自身にぴったりな職種へ応募するようにしましょう。

ライフドリンクカンパニーが転職者に求める人物像

ライフドリンクカンパニーが転職者に求める人物像として、「安定ではなく変革や成長、スピードを求めること」が挙げられます。近年の飲料業界は競争が激しく、様々な工夫をこらした商品が多数販売されています。激しい競争の波に取り残されないためには、社員一人ひとりが積極的に仕事を見つけ、年齢や職歴にとらわれない高い目標を達成していくことが欠かせません。特に転職者に対しては、前職などでの経験を活かしながら積極的にチャレンジしていくことが求められます。冒頭のキーワードは公式サイトに記載されている代表メッセージでも言及されている文言なので、社内でも重要視されていることが伺えます。ぜひ念頭に置いておくとよいでしょう。

ライフドリンクカンパニーの転職までの流れ

ライフドリンクカンパニーの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事
想定内容:1次面接の想定面接官は人事の採用担当です。これまでの経験や志望理由など、基本的な内容を丁寧に聞かれます。

最終面接

想定選考官:代表・役員
想定内容:最終面接は、代表または役員による面接です。1次面接までと同様にオーソドックスな内容が中心ですが、ライフドリンクカンパニーの社風にマッチするかどうか、といった観点からやや踏み込んだ質問も目立ちます。

内定

ライフドリンクカンパニーの面接形式

ライフドリンクカンパニーの面接回数は2回です。面接形式は1対1となっています。面接1回あたりの所要時間は30分ほどと標準的か、やや短めな水準です。標準的な選考期間は1〜2週間となっており、スピーディーに選考が行われていることが伺えます。

ライフドリンクカンパニーの面接内容

ライフドリンクカンパニーの面接では、「どうして前職をやめようと思ったのか」「なぜライフドリンクカンパニーを選んだのか」といった、転職理由や志望動機を問うオーソドックスな質問が多く聞かれます。志望動機は、「どうして他の飲料メーカーではなくライフドリンクカンパニーなのか」といった聞き方をされることもあるようです。これと言って特に答えにくいような質問もないため、一般的な中途採用の面接で聞かれる内容に対して丁寧に答えを用意しておくことがポイントです。

また、「これまでにチャレンジした経験を教えて下さい」といった、ライフドリンクカンパニーの社風にマッチする人材かどうかを聞く質問もあります。自分自身のエピソードなどを用意して、自分がライフドリンクカンパニーにマッチした人材だということをアピール出来るよう、対策を進めておきましょう。

ライフドリンクカンパニーの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトでは幅広い職種の募集要項が確認できる
・DODAなどでも転職情報を確認できる
・面接は一般的な内容が多い

営業、20代、女性
「これまでにチャレンジした経験はなにかあるか」と聞かれたため、前職の営業で経験した内容を元にお話しました。社風にマッチしているかどうかを重視される印象です。
事務、30代、男性
書類に沿って淡々と進んでいく印象を受けました。転職理由や、ライフドリンクカンパニーを選んだ理由など、一般的な内容がほとんどです。
営業、30代、男性
実力面よりも人物面を重視した選考が行われています。内容としては、「これまでに一番大変だった経験は」「協力して物事をこなした経験は」といった、過去のエピソードに関するものが多めです。
品質保証、20代、女性
「どうして他の飲料メーカーではなくライフドリンクカンパニーを選んだのか」と聞かれました。雰囲気はかなり淡々としており、こちらの受け答えに対してあまり表情を変えることはありません。
管理、40代、男性
志望動機などオーソドックスな内容がほとんどでした。2次面接では、「前職と同じ給与は出せないが大丈夫か」など、踏み込んだ内容もありました。

ライフドリンクカンパニーで働いている方の評判・口コミ

営業、在籍5年、男性
多くの企業を吸収合併して発展してきた複雑な歴史を持つ企業なので、これといった社風が確立されているわけではありません。人の入れ替わりが激しいため、結果的に風通しは良いです。配属される部署にはよりますが、全体的に残業時間はやや長く感じます。ワークライフバランスよりもキャリアを重視する人に向いている企業かもしれません。
品質保証、在籍1年、女性
低価格帯製品に強く、商品群が充実しています。安定供給できる体制を更に整えることでますます成長することの出来る企業です。退職金制度がないため、自身で貯蓄を行ったり、資産運用を行ったりする必要があります。男女問わず活躍しやすい風土があり、女性でも責任のあるポジションを任せられていることも少なくありません。
営業、在籍4年、男性
休日出勤があるため、実際の年間休日数は90日前後となっています。もちろん職種にはよりますが、概して忙しいことが多いです。一方残業が多いため、給与はそれなりに頂くことができます。安定性は非常に高い企業で、工場勤務であっても待遇が充実していると考える社員が多いです。
口コミの要約

商品ラインナップが充実しており、今後も安定して成長を続けることが出来る企業なのではないかという声が多く見られました。また、ワークライフバランスについては否定的な意見が目立っていました。給与はその分しっかりともらえる一方で、休日出勤が少なくないなどのデメリットもあるようです。

ライフドリンクカンパニーの年収・給与

年収 445万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 社会保険完備、交通費支給など

ライフドリンクカンパニーでの転職者の出世難易度

ライフドリンクカンパニーの転職者の出世難易度は低めです。ライフドリンクカンパニーでは、基本的に実力主義で出世が決定します。入社年次に関係なく、実力のある転職者を責任のある管理職へ抜擢しようという動きもあるため、転職者は比較的に有利に出世を進めることができるでしょう。特に大手企業でキャリアを積んだ経験がある場合は優遇される傾向があるようです。他部署と協力しながらしっかりと実績を築くことの出来る社員が活躍出来る出世システムと言えます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 400万円
30代前半 なし 400万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 なし 900万円
40代前半 マネージャー 900万円
40代後半 シニアマネージャー 700万円

ライフドリンクカンパニーはどんな人が働いている?

ライフドリンクカンパニーの従業員数

390人

ライフドリンクカンパニーの平均年齢

40.5歳

ライフドリンクカンパニーの平均勤続年数

5.8年

ライフドリンクカンパニーの社風

ライフドリンクカンパニーの社風の特徴として、「チャレンジを後押しする文化」が挙げられます。採用の際にもチャレンジ精神を重視しているだけあり、社内には「やる気さえあれば色々任せよう」と考える文化が浸透しているのが特徴です。単純化作業が多いとされる工場勤務であっても、設備のメンテナンスなどやる気次第で幅広い業務を担当することが出来ます。

この他の社風に関しては、素朴な人が多く働きやすい企業だという口コミも目立っていました。良くも悪くもひたすら出世競争に明け暮れるような社員は少なく、のびのびと働くひとが多い風土があります。人間関係のトラブルも少なく、温かみのある社風があるのがライフドリンクカンパニーの特徴です。

ライフドリンクカンパニーのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00〜18:00
休日 年間休日122日
その他の休日・休暇 土日(会社カレンダーに準ずる)、有給休暇、特別休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 59.9時間(月)
フレックス制度 なし
リモートワーク 有り
産休・育休制度 なし
時短勤務 なし

ライフドリンクカンパニーの社長

岡野邦昭

1975年生まれ。1997年、監査法人トーマツへ入社。2004年、株式会社ローランド・ベルガーへ入社し、2008年にヴァリアント・パートナーズ株式会社へ入社。2013年、株式会社全国通販の取締役へ就任し、2019年にライフドリンクカンパニーの取締役へ就任。同年10月より代表取締役副社長を務め、2020年より代表取締役社長。

ライフドリンクカンパニー現職、OB/OGの有名人

新敬史

ライフドリンクカンパニーの取締役管理本部長兼経営企画部長。1972年生まれ。1995年、株式会社レイクへ入社。2005年にニッセンGEクレジット株式会社へ出向し、2014年に同社の取締役CFOへ就任。2017年、株式会社おやつカンパニーへ入社。同社の海外CFOなどを歴任し、2020年にライフドリンクカンパニーへ入社。2021年より現職。

ライフドリンクカンパニーの転職に関わるQ&A


ライフドリンクカンパニーは、産休や育休などの制度が求人に明記されていませんでした。一方、実際に働いている社員の口コミによると、女性も品質管理チームや業務チームで多く活躍しているという情報がありました。一方、製造チームの場合はシフト制が多いこともあり、なかなか女性の活躍が進んでいないのが現状です。女性の働きやすさについては、部署によって変わることを頭に入れておくとよいでしょう。


有価証券報告書によれば、ライフドリンクカンパニーの平均年間給与は445万円。これは東証スタンダード上場企業としてはやや低めの水準です。社員の口コミを見ると、基本給が安く残業代でそれに上乗せすることが多いという情報がありました。休日出勤などで勤務時間が長くなると給与はそれなりにもらえますが、入社直後の基本給は並程度といった印象です。

ライフドリンクカンパニーへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

公式サイトでは現在募集されている職種や条件がざっくりと記載されているため、「まずは求人の状況を簡単に知りたい」という人はチェックしておきましょう。

ただ、採用のポイントや求めている経歴・スキルは詳細には記載されていないため、採用の確率を高めたい場合や非公開求人も見たい場合には転職サイトや転職エージェントを活用するのがおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ライフドリンクカンパニーの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

同業他社の募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してライフドリンクカンパニーに転職するなら、同業他社の募集要項を比較することができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・手軽さ
  • ・案件数の豊富さ
  • ・案件確認から応募までの早さ

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、案件が豊富であり、案件確認から応募までが非常にスピーディーです。
今すぐ転職をしたい方や、まずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

マーケティングを行う企業の募集を比較するなら「iX転職」

iX転職では、サントリーやコカ・コーラといった幅広い企業の募集要項を確認することができます。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの平均年収は800万円~1,300万円程度となっており、別サイトよりも比較的高く設定されています。
また、iX転職は、表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントと言えるでしょう!
マーケティングを行う企業がどれほどあるのか、それぞれ募集要項はどのように違うのかなどを自らの手で調べたい方は、まずはiX転職に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

ニプロの転職難易度は高い?口コミや評判などを解説

ニプロ転職者の主なキャリアステップ 前職 小野薬品工業などの製薬会社 医療機器メーカー ニプロ株式会社に転職 次の転職先 小林製薬などの製薬会社 富士...

アスクルへ転職するには?面接難易度や口コミなどを解説

アスクル転職者の主なキャリアステップ 前職 銀行 コンサルファーム メーカー 小売 映画 不動産 アクスル株式会社に転職 次の転職先 ミスミグル...

マキタへの転職は難しい?口コミや面接内容などを解説

マキタ転職者の主なキャリアステップ 前職 リンナイ、ブラザー工業などの製造メーカー 株式会社マキタに転職 次の転職先 三菱自動車、いすゞ自動車などの自動車...

コスモス薬品への転職。平均年収・出世難易度や評判を徹底解説

コスモス薬品転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員がほとんどだが、医療コンサル、ドラッグストア、医療システムメーカーの他、車販売、旅行会社、スーパー、空港ラウンジなど接客業からの転職事例がある。 ...

ネスレの転職難易度は高い?口コミや年収などを解説

ネスレ転職者の主なキャリアステップ 前職 アストラゼネカ、参天などの薬品メーカー 富士通などのメーカー 医療機器メーカー コンサルファーム 自動車販売 ネスレ日本株式会社に転...

エブレンの転職事情。面接内容や転職難易度などを解説

エブレンは、情報や通信、制御などの分野を対象に、産業用電子機器や工業用コンピューターの設計と製造を専門としているメーカーです。 バックプレーンやバスラック、システムシャーシを中心に、電子機器本体まわりの開発や試作、設計などに関...

沢井製薬の転職難易度は?面接内容や口コミなどを解説

沢井製薬転職者の主なキャリアステップ 前職 武田薬品工業、東和薬品、アステラス製薬などの製薬会社 東レなどの化学メーカー、医療機器メーカーなど 沢井製薬株式会社に転職 ...

ツムラの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

ツムラ転職者の主なキャリアステップ 前職 曙ブレーキ工業、ブリヂストンなどの自動車関連メーカー 東レなどの化学製品メーカー 富士薬品などの医薬品企業 株式会社ツムラに転職 ...

AGCの転職難易度は?面接内容や口コミなど解説

AGC転職者の主なキャリアステップ 前職 三井化学、協和キリン、武田薬品などの化学メーカー ライオンなどの日用品メーカー AGC株式会社に転職 次の転職先...

雪印メグミルクへの転職。面接内容や社風、口コミなどを解説

雪印メグミルク転職者の主なキャリアステップ 前職 カネボウ、コーセー、ノエビアなどの化粧品メーカー 大王製紙、王子ネピアなどの製紙メーカーからの転職事例がある。 雪印メグミル株式会...

TOP