通信

VMwareの転職事情。面接難易度や口コミなどを解説

▼下記は、VMwareに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからVMwareに転職してくるのか
・転職先:VMwareからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

VMwareの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、大学卒業や大学院卒業などが在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

職歴

VMware在籍者の主な職歴は、KDDIソフトバンクなどの通信事業者NTTデータ伊藤忠テクノソリューションズ、日立ソリューションズなどのSIer、SASやトレンドマイクロシスコヒューレットパッカードなどのIT系企業が挙げられます。

退職後の主な転職先

VMwareからの転職先として、マイクロソフトアマゾンウェブサービスセールスフォースドットコム、Tableau、ヒューレットパッカードなどの外資系IT企業へ転職しています。

VMwareは、クラウド時代である現代において、ビジネスの活性化を支援する仮想化ソリューションやクラウドインフラソリューションを提供している企業です。
ソフトウェアには、消費者の日々の生活や社会の新しい可能性をもたらす力があるという思想を持ち、革新的なアプリケーションやサービスの創出と提供を行っています。
また、日本市場におけるセキュリティをインフラに組み込み、広範囲にわたって最大限の制御を実現するソリューションの展開を加速する取り組みも行っています。
その結果、IT業界の仮想化市場において、世界トップクラスのシェアを誇っており、ソフトウェアベンダー全体でも世界第5位の売上高を誇っている企業です。
本社は米国カリフォルニア州に構えており、日本法人として2003年に設立、東京都港区に構えています。
そんなVMwareでは、エンジニアなどの技術職を中心に、主体的に行動でき、自ら課題を見つけて解決できる人材を求めています。

VMwareへの転職を目指すなら「iX転職」を見るべし

・VMwareの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
・大手やハイクラスの求人情報を知りたい。
・現職や、特定の企業にばれずに転職活動をしたい。
そんな方に最もおすすめしたいのが、大手やハイクラス求人を豊富に取り扱っていてる人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手がける「iX転職」。
また、まだ転職するつもりはなくても、情報収集として、事前にiX転職をチェックしておくと、目指す業界・職種などの傾向を把握することができます。
現職や特定の企業に対し、自分の情報を非公開にすることができるため、設定した企業にばれずに安心して転職を進めたい方にもマッチするサイトです。

この記事でわかること

  • VMwareの企業概要
  • VMwareの転職ポイント
  • VMwareの社風や企業文化

VMwareに転職するポイント

VMwareの特徴

POINT

  • ・ビジネスの活性化を促すさまざまソリューションを提供する企業
  • ・ITの仮想化市場において世界トップクラスのシェアを誇る
  • ・外資系企業だが、日系企業よりの雰囲気を持つ

VMwareへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的多い
  • ・エンジニアを中心に求人募集
  • ・主体的に行動でき、自ら課題を見つけて取り組めることが肝心

VMwareの企業概要

日本法人名 ヴイエムウェア株式会社
日本所在地 東京都港区芝浦3-1-1 田町ステーションタワーN18階
代表者 山中 直
設立 2003年5月12日
株式 非上場
株主構成 記載なし

VMwareの売上

ヴイエムウェア株式会社は非上場のため、親会社であるVMware, Inc.の売上高を掲載いたします。

VMware, Inc.の売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 8,974百万ドル 10,811百万ドル 11,767百万ドル
営業利益 2,050百万ドル 1,441百万ドル 2,388百万ドル

VMwareの最新ニュース

VMwareの事業内容

VMwareは、ビジネスの活性化を支援する仮想化ソリューションやクラウドインフラソリューションを提供している企業です。
主力として、プライベートクラウドの提供や、マルチデバイス環境にけるITリソースの管理と支援を行っており、顧客のデジタルトランスフォーメーションを可能にするデジタル基盤を提供しています。
また、ハイパーバイザーソフトウェアを利用した「VMware vSphere」などのコンピュートや、従来型からコンテナまでのさまざまなハイブリッド環境を管理できるクラウド管理プラットフォームなどの提供も行っています。
顧客のニーズに対応した幅広いソフトウェアやソリューションを提供し、その結果として、ITの仮想化市場において世界トップクラスのシェアを誇っており、さまざまなビジネスの活性化を多方面から支援している企業です。
今後の展望として、「People」「Process」「Technology」の3つの柱を挙げ、デジタル時代の人開発や業界ごとのDigital Foundationなどに取り組むことを公言しています。

VMwareの募集要項

サポートエンジニア

VMware NSX Advanced Load Balanceの障害解析をはじめ、テクニカルサポート業務を担うポジションです。
具体的には、取得したログからの障害解析や社内でのテスト環境の構築、事象の再現とその原因解析、顧客への定期的な進捗報告とアクションプランなどによるフォローアップを行います。
また、顧客環境や事象ごとの判断による迅速なエスカレーション、新規ナレッジベースの作成を行うなど、幅広い業務に携われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・ネットワーク構築の経験
  • ・ビジネスレベルの英語力
  • ・サポートエンジニアとしての実務経験

アソシエイトコンサルタント

プロジェクトにおける製品設計やクラウドなどのサービス活用を主軸に、コンサルティングサービスを提供するポジションです。
具体的には、各種製品やクラウドサービスに関連する基盤設計、環境構築支援、運用プロセス設計を行います。
また、スキルや経験に応じて、運用自動化支援やIT戦略の策定なども行います。

必須な経験・スキル

  • ・IT関連プロジェクトの実務経験

テクノロジーコンサルタント

プロジェクトにおける要件定義や基本設計といった上流工程を中心としたサービスを提供するポジションです。
具体的には、現状評価のためのアセスメントの実施や顧客のIT戦略の作成、RFP作成の支援、ベンダー選定の支援を行います。
また、各種製品やクラウドサービスに関連する基盤設計やSDDCやクラウドなどに関する環境構築の支援と運用プロセスの設計を行うなど、責任感が問われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・2年以上のIT業界でのエンジニア経験
  • ・5年以上の社内ITとしてIT環境の設計や構築した経験
  • ・ビジネスレベルの英語力 など

VMwareの転職難易度

VMwareの転職難易度は比較的高いです。
どのポジションでも必要なスキルや経験が多く求められており、どの条件も満たしていることが前提であるため、未経験からの転職は難しいかもしれません。
また、全体的にビジネスレベル程度の英語力が必要とされているため、スキルや経験以外にも、ビジネスレベルの英語力も必要です。
そのため、転職難易度は高いといえるでしょう。
VMwareへの転職を目指すなら、簡単な転職ではないことをあらかじめ理解しておくことが肝心です。

VMwareが転職者に求める人物像

VMwareでは、主体的に行動し、自ら課題を見つけて解決に取り組める人材を求めています。
また、新しい技術に関心があり、進んで身に付ける努力をできる人材や、顧客のビジネスに変革をもたらしたいという強い意志を持つ人材も求めている傾向があります。
VMwareは、常に顧客と寄り添って支援している企業なため、このような能力が必要不可欠といえるでしょう。
面接では、これらをアピールできるエピソードを複数個用意してから臨むことをおすすめします。

VMwareの転職までの流れ

VMwareの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事・部長
想定内容:志望動機や前職までの経験など、定型的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問を再度深堀し、改めてVMwareにマッチしている人材かを判断されます。

内定

VMwareの面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数は2~3回ですが、職種によって異なる場合があります。
1回あたりの時間は30分~1時間前後です。

VMwareの面接内容

VMwareの面接は、志望動機や前職までの経験など、定型的な質問から進みます。
それ以外にも、「VMwareの製品についてどう思うか」や「VMwareで開発してみたい製品は?」など、VMwareについての質問を多くされる傾向があります。
これいった変わった質問をされることはほとんどありませんが、こちらの回答に対して「それはなぜ?」と深堀される傾向があるため、入念な準備が必要です。
また、志望動機に関して非常に重要視しており、「なぜVMwareに入社したいのか」を明確にし、面接官を関心させられるようにしておかなければ、採用確率は低下してしまう可能性があります。
企業分析を競合他社も含めて非常に細かいところまで行い、どんな質問にも一貫性のある回答できるように心がけましょう。

VMwareで働いている方の評判・口コミ

法人営業、在籍7~10年、男性
部署にとどまらず、幅広い業務携わることができ、大きな仕事も任せてもらえるので、非常に大きなやりがいを感じます。また、優秀な方が多く在籍しているため、日々刺激を受けながら業務をこなすことができます。
エンジニア、在籍3~5年、男性
資格取得のための研修や教育が非常に多くあります。そのため、積極性を持って取り組めば、スキルアップできる環境があるといえます。また、活発に社内異動や海外転勤など、配置転換を行うため、さまざまなところで働きたい方には魅力的な要素でしょう。
テクニカルサポート、在籍5~7年、女性
有給が非常に取りやすく、業務が溜まっていなければ、2~3連休を取得することが可能です。また、順調に仕事が進んでいれば残業せずに帰ることもでき、自身の好きなように働くことができる企業といえます。
口コミの要約

VMwareの口コミを見てみると、幅広い業務に携わることができ、さまざまな経験を積めるということ伺えます。また、自発的に行動することで、スキルアップできる環境があるということが伝わってきます。

VMwareの年収・給与

年収 938万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 有り
残業手当 記載なし
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 児童教育支援、自己啓発プログラム、カフェテリアプランなど

VMwareでの転職者の出世難易度

VMwareの出世難易度は比較的高いです。
優秀な社員が大勢在籍しており、それぞれ多くの実績を残しています。
そのようななかで、自身が出世するということは簡単なことではありません。
また、実績を残すだけでなく、リーダーシップや主体的に行動できる姿勢、高いコミュニケーション能力なども出世するためには必要な要素です。
VMwareで出世を目指すなら、これらを意識し、コツコツと努力することで、出世への道は拓けるといえるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 700万円
30代前半 なし 1,000万円
30代中盤 なし 1,100万円
30代後半 なし 1,200万円
40代前半 なし 1,200万円
40代後半 マネージャー 1,500万円
50代前半 マネージャー 1,500万円

VMwareはどんな人が働いている?

VMwareの従業員数

約31,000名(連結)

VMwareの平均年齢

34.8歳

VMwareの平均勤続年数

記載なし

VMwareの社風

VMwareは、自由な雰囲気があり、活気溢れる社風です。
積極的に最先端技術を取り入れているため、常に新しい技術を触れるという風土があります。
また、社員の教育や研修などに注力しているため、スキルアップできる環境が整っているといえます。
さらには、在籍している社員に対するサービスも充実しているため、どのような方でも働きやすい企業といえるでしょう。

VMwareのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~18:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年次有給休暇、慶弔休暇、年末年始休暇など
平均残業時間 月35時間前後
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

VMwareの社長

山中 直

広島県出身。
2007年にヴイエムウェア株式会社へ入社し、シニア・コーポレートアカウント・マネージャとして従事。
その後もさまざまな要職を歴任し、2021年より代表取締役社長を務めている。
日本の顧客企業のデジタル変革の支援に注力している人物。

VMware現職、OB/OGの有名人

Raghu Raghuram(ラグー・ラグラム)

2003 年にVMware, Inc.へ入社、主に経営陣として従事。
プロダクトやクラウドサービスの最高執行責任者(COO)に就任後は、VMwareの全ての製品やサービスを統括し、サービスやサポート、運用の各部門の一元化を推進。
現在は最高経営責任者(CEO)を務めており、業界を先導するソートリーダーとして、戦略やテクノロジーを進化させるためのプロジェクトを指揮し、成功へと導いている人物。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声がわからない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「CREEDO」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞ける上、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

VMwareの転職に関わるQ&A


最大のポイントは、「なぜVMwareで働きたいか」を明確にすることです。
上記でも説明しましたが、なぜVMwareを選んだのかという部分を非常に重要視しているため、この部分で採用確率は左右されてしまう可能性があります。
そのため、他社も含めた企業研究をしっかりと行い、「なぜ、ほかの企業ではなく、VMwareが良いのか」や「VMwareに惹かれるポイント」などを明確にしておくことで、より説得力のある志望動機になるでしょう。

男性社員だけでなく、女性社員も大勢在籍しており、産休や育休といった制度が充実してます。
そのため、ライフイベントの際でも安心して働くことができます。
また、評価制度には男女差別がないため、女性でも出世を目指すことができるでしょう。

VMwareへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

VMwareの公式サイトのある採用情報ページから応募できます。
求人情報以外にも、「VMwareの魅力」や「VMwareで働く」、「VMwareの職場環境」など、企業研究に役立つ情報が掲載されています。
ただし、公式サイトからの応募には、少なからず時間がかかってしまいがちです。
できるだけ時間をかけずに転職したい場合やほかの募集要項も確認してみたい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

IT業界の募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してVMwareに転職するなら、競合他社の募集要項を比較することができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・気軽に転職活動を行える手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件確認から応募までの早さ

転職サイトは、空いた時間を活用して転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が比較的豊富であり、案件確認から応募までにスピード感があります。
今すぐ転職をしたい方やまずはさまざまな企業を比較したいという方は、転職サイトの活用がおすすめです。

IT企業の募集を比較するなら「iX転職」

iX転職には、IT業界の募集要項をまとめて確認できます。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールのIT企業の平均年収は800万円~1,500万円程度となっており、別サイトよりも比較的高くなっています。
また、iX転職は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「IT企業がどれほどあるのか」や「それぞれ募集要項はどのように違うのか」などを調べたい場合は、iX転職に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめです。

VMwareに応募する前に一度相談!「転職エージェント」

VMwareへの転職に対して、不安や疑問な点があるなら、外資系に特化している専門転職エージェント「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは主に3つ。
・キャリア相談や面接対策をはじめとした手厚いサポート
・今の自分を客観的に見てくれて、足りない部分を教えてくれる
・比較的多くに非公開求人を持っている

転職エージェントでは、キャリア相談や面接対策などといった手厚いサポートがあり、内定までしっかりと導いてくれます。
また、キャリアアドバイザーに客観的に見てもらうことで、自分の足りない部分を教えてもらえるという特徴があります。
転職エージェントは、そのときの転職活動だけを支援するというだけではなく、転職希望者のキャリア形成全体も見てくれるため、確実な転職をしたい方には活用がおすすめです。

外資系企業への転職を目指すならロバート・ウォルターズ・ジャパン

ロバート・ウォルターズ・ジャパンに掲載されている求人は、基本的に英語表記になっています。

※画像はイメージです。

ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、1985年にロンドンで設立された転職エージェントであり、ハイクラスの非公開求人を豊富に持っている傾向があります。
そのため、VMwareへ転職したいと伝えれば、目的にあったポジションを紹介してもらえる可能性があるでしょう。
ただし、ロバート・ウォルターズ・ジャパンでは、ビジネスレベルの英語力を持っていることが大前提となっているため、スキルや実績が足りていない場合は案件を紹介してもらえないので、あらかじめ理解しておく必要があります。

あなたがVMwareに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

NTTドコモの転職情報を解説。年収や転職難易度について調査

  ▼下記は、NTTドコモに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTTドコモに転職してくるのか ・転職先:NTTドコモからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

NTTコミュニケーションズへ転職。会社の雰囲気や給料について調査

  ▼下記は、NTTコミュニケーションズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTTコミュニケーションズに転職してくるのか ・転職先:NTTコミュニケーションズからどこへ転職するのか ...

NECネッツエスアイの転職事情。口コミや年収などを解説

▼下記は、NECネッツエスアイに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNECネッツエスアイに転職してくるのか ・転職先:NECネッツエスアイからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なり...

NTT西日本への転職はおすすめ?年収や転職難易度について解説

  ▼下記は、NTT西日本に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTT西日本に転職してくるのか ・転職先:NTT西日本からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

Eストアーへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、Eストアーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからEストアーに転職してくるのか ・転職先:Eストアーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

ソフトバンクの転職情報。難易度はどのくらい?

  ▼下記は、ソフトバンクに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからソフトバンクに転職してくるのか ・転職先:ソフトバンクからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

JTOWERへの転職は難しい?口コミや年収などを解説

▼下記は、JTOWERに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからJTOWERに転職してくるのか ・転職先:JTOWERからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

オリコンの転職事情。面接内容や口コミをなどを解説

▼下記は、オリコンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからオリコンに転職してくるのか ・転職先:オリコンからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

HCネットワークスの転職はおすすめ?難易度やポイントをご紹介

  ▼下記は、HCネットワークスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからHCネットワークスに転職してくるのか ・転職先:HCネットワークスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、...

WOWOWの中途採用の倍率は高い?転職難易度や口コミを解説

▼下記は、WOWOWに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからWOWOWに転職してくるのか ・転職先:WOWOWからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

TOP