通信

NECネッツエスアイの転職事情。口コミや年収などを解説

▼下記は、NECネッツエスアイに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからNECネッツエスアイに転職してくるのか
・転職先:NECネッツエスアイからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

NECネッツエスアイの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、専門学校卒業や大学・大学院卒業など幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

職歴

NECネッツエスアイ在籍者の主な職歴は、三井情報などのSIer京セラやノキア、モトローラなどのモバイル関連企業が挙げられます。

退職後の主な転職先

NECネッツエスアイからの転職先として、ベイカレントコンサルティングやビジョンコンサルティングなどのITコンサルマカフィーなどのセキュリティ関連企業、さらにはネットワンなどのIT機材関連企業へ転職しています。

NECネッツエスアイは、NECグループのネットワーク通信工事やシステムインテグレーションにおける中核企業です。
生活に必要な情報インフラを半世紀以上にわたり、ネットワークで支え続けており、通信事業者や官公庁といった幅広い顧客にさまざまな機器やソフトウェア、ネットワーク、サービスを提供しています。
また、最先端技術を組み合わせ、コミュニケーションに関わるシステムやサービスなどを、最適化するとともに運用や監視、保守など、総合的に支援をしている企業です。
1953年に設立、東京都文京区に本社を構えており、7563名に社員が在籍しています。
そんなNECネッツエスアイでは、エンジニアをはじめとした幅広いポジションで、日々の変化に対応でき、新しい価値の創造をできる人材を求めています。

NECネッツエスアイへの転職を目指すなら「iX転職」を見るべし

・NECネッツエスアイの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
・大手やハイクラスの求人情報を知りたい。
・現職や、特定の企業にばれずに転職活動をしたい。
そんな方に最もおすすめしたいのが、大手やハイクラス求人を豊富に取り扱っていてる人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手がける「iX転職」。
また、まだ転職するつもりはなくても、情報収集として、事前にiX転職をチェックしておくと、目指す業界・職種などの傾向を把握することができます。
現職や特定の企業に対し、自分の情報を非公開にすることができるため、設定した企業にばれずに安心して転職を進めたい方にもマッチするサイトです。

この記事でわかること

  • NECネッツエスアイの企業概要
  • NECネッツエスアイの転職ポイント
  • NECネッツエスアイの社風や企業文化

NECネッツエスアイに転職するポイント

NECネッツエスアイの特徴

POINT

  • ・NECグループのネットワーク通信工事やシステムインテグレーションを担う中核企業
  • ・通信事業者や官公庁など、幅広い顧客にさまざまなソフトウェアやサービスを提供
  • ・400か所以上の国内サービス拠点を展開

NECネッツエスアイへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は非常に多い
  • ・エンジニアをはじめ、さまざまなポジションで求人募集
  • ・日々の変化に対応でき、新たな価値を創造できることが肝心

NECネッツエスアイの企業概要

会社名 NECネッツエスアイ株式会社
本社所在地 東京都文京区後楽2-6-1 飯田橋ファーストタワー
社長 牛島 祐之
設立 1953年11月26日
株式 上場(東証1部)
株主構成 日本電気株式会社(38.49%)
日本トラスティ・サービス信託銀行(21.01%)
日本マスタートラスト信託銀行(6.07%)

NECネッツエスアイの売上

NECネッツエスアイの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 267,939百万円 277,949百万円 303,616百万円
経常利益 10,957百万円 13,023百万円 15,938百万円

NECネッツエスアイの最新ニュース

NECネッツエスアイの事業内容

NECネッツエスアイは、ネットワークソリューションを提供しているNECグループの中核企業です。
電気通信工事会社として設立以来、時代や技術の変化とともに事業領域を拡大しており、現在では通信事業者や官公庁、社会インフラ事業者など、幅広い顧客に対してさまざまなサービスを提供しています。
具体的には、企業のネットワークやITといった業務に必要なICT(情報通信技術)のシステムやサービスを提供し、最先端のデジタル技術を用いて、さまざまな働き方を提案、働き方の多様化や高度化を支えています。
また、官公庁や自治体をはじめとした企業を支えるICTインフラなどの構築やサービスの提供し、社会のインフラづくりに取り組んでいる企業です。
さらには、ICTシステムやサービスに関する工事施工や保守、運用といったアウトソーシングサービスのサポートを行うとともに、海外顧客へのICTインフラを提供するなど、マルチに展開しています。
今後もさまざまな企業に対して高水準のサービスやソリューションを提供し、新しい社会価値を生み出す「コミュニケーションサービス・オーケストレーター」となることを目指しています。

NECネッツエスアイの募集要項

クラウドサービスエンジニア

クラウドサービスを基盤とした新規サービスの企画や設計、構築業務を行うポジションです。
また、顧客や社内関係者との要件定義の仕様詰めからリリースまでをトータルで管理する業務や、導入管理とコミュニケーション基盤の品質管理なども行います。
最新技術を取り扱うため、新しいことにチャレンジできる環境がある職種です。

必須な経験・スキル

  • ・クラウドにおけるサーバー設計構築経験
  • ・高いコミュニケーション能力

ICT設計・構築

働き方改革に関し顧客のオフィスづくりや働き方改革をサポートするICTの設計や構築を行うポジションです。
具体的には、中堅企業から大手企業などの幅広い企業に対し、顧客の目指したい働き方改革の要望を聞き出し、新しいオフィスや働き方改革をサポートするICTを提案、それらの設計や構築を統括管理します。
幅広い企業に携わることができるため、やりがいと責任を感じながら働ける職種です。

必須な経験・スキル

  • ・プロジェクトマネジメント経験
  • ・施工管理業務経験
  • ・高いコミュニケーション能力を持ち、積極的に取り組める姿勢

施工系安全品質管理

現場の安全品質の維持や向上など、現場サポートを担当するポジションです。
具体的には、電気通信や土木といった施工系現場に対して、安全品質に関する現場への法令や技術的指導、出来形検査対応による現場の品質担保を行います。
マルチスキルとして自身の技術向上に繋げることができ、スキル向上やキャリアアップを図ることができる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・電気通信設備に関する設計や施工の実務的経験
  • ・施工管理技士の資格保有、または同等のスキルを保有

NECネッツエスアイの転職難易度

NECネッツエスアイの転職難易度は比較的高いです。
中途採用による求人募集は非常に多くありますが、どのポジションでも一定以上のスキルや経験が求められるため、難易度が高くなっています。
また、スキルや経験以外にも、人柄やマネジメントスキルの保有なども最低限求められる傾向があります。
NECネッツエスアイへの転職を目指すなら、ポジションで求められるスキルや経験以外にも、企業が求める人柄であることやマネジメントスキルを保有していることをアピールしましょう。

NECネッツエスアイが転職者に求める人物像

NECネッツエスアイでは、日々の変化に対応し、新しい価値を創造できる人材を求めています。
また、主体的に行動し、粘り強くやり遂げられる人材や、チームの目標を個の目標として行動できる人材も求めている傾向があります。
NECネッツエスアイは、常に顧客を支え、サービスやソリューションを提供している企業なため、このような能力が必要不可欠です。
面接では、これらを上手にアピールし、面接官を感心させられるかどうかがポイントといえるでしょう。

NECネッツエスアイの転職までの流れ

NECネッツエスアイの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、オーソドックスな質問から進みます。

最終面接

想定選考官:人事部長・課長
想定内容:これまでの質問に加え、インターネット関連の質問をされます。

内定

NECネッツエスアイの面接形式

面接は応募者1人に対し、面接官2人もしくは3人で行われます。
面接回数は2~3回ですが、タイミングなどによって異なります。
1回あたりの時間は1時間前後です。

NECネッツエスアイの面接内容

NECネッツエスアイの面接は、志望動機やこれまでの経験といったオーソドックスな質問から進みます。
それ以外にも、「IPはどんなものか説明できますか?」や「アナログとデジタルの違いは?」など、インターネットに関する質問をされる傾向があります。
また、「ストレスの発散方法は?」や「困難をどう乗り越える?」なども質問されることがあるので、あらゆる質問に対してしっかりと回答できるようにしておくことが大切です。
面接の雰囲気は、全体的に和やかであり、圧迫面接はほぼありません。
変に緊張せず、リラックスして自分らしく面接に臨むことができるでしょう。

NECネッツエスアイで働いている方の評判・口コミ

アプリケーション設計、在籍7~10年、男性
チャレンジしたい方にはたくさんの仕事が回ってきます。また、若手でも手を挙げることで、やりたいことをやらせてもらえる環境があるため、やりがいを感じながら働くことができるでしょう。
サーバ設計・構築、在籍5~7年、男性
定期的にeラーニングが受けることができるため、向上したいスキルの講習や技術者として持っておくべき資格の講習を受けることができます。また、業務との調整ができれば、一週間研修や講習を受けに行くことができるなど、スキルアップできる環境はあるといえます。
新規事業・事業開発、在籍5~7年、女性
テレワーク制度が整っており、必要な場合に出社するという形式をとっています。また、スーパーフレックス制度なため、コアタイムがなく、中抜け制度もあるため、保育園のお迎えや買い物がしやすいなど、それぞれの働き方に対して力を入れている印象があります。
口コミの要約

チャレンジしたい方には仕事を回してくれる雰囲気があるため、若手でも手を挙げることで多様な業務に携わることができます。また、スキルアップできる環境は非常に整っており、さまざまな学べる環境があるといえます。

NECネッツエスアイの年収・給与

年収 769万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 家族手当、退職金制度、階層別研修制度、資格取得費用支援制度など

NECネッツエスアイでの転職者の出世難易度

NECネッツエスアイの出世難易度は中程度です。
優秀な社員が多く年功序列な雰囲気はありますが、ほかの社員よりも多くの実績を残し、さまざまな技術を身に付けることで周囲に認めてもらうことができ、出世できる可能性が高まります。
また、新卒社員と中途社員の差はほとんどなく、評価は平等に行われるため、中途社員でも出世を目指すことができます。
人一倍努力を重ね、周囲に認めてもらいつつタイミングを見計らうことで、出世への道は拓けるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 なし 800万円
40代前半 課長 900万円
50代後半 部長級 1,300万円

NECネッツエスアイはどんな人が働いている?

NECネッツエスアイの従業員数

4,991名(単独)
7,563名(連結)

NECネッツエスアイの平均年齢

44.0歳

NECネッツエスアイの平均勤続年数

17.5年

NECネッツエスアイの社風

NECネッツエスアイは、自身の意見を積極的に発言できる社風です。
また、行動力とチームワークを兼ね備え明るい雰囲気があり、さまざまなことにチャレンジするという風土があります。
さらには、働き方改革の提案にも注力し、社員一人一人の働きやすさを考慮しているため、どんな方にとっても働きやすい環境があるといえます。
積極的にチャレンジし、働きやすい環境で業務を遂行したい方には、向いている企業といえるでしょう。

NECネッツエスアイのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 8:30~17:15
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 メーデー、年末年始休暇、特別休暇、振替特別休日など
平均残業時間 月18.9時間
フレックス制度 有り(コアタイムなし)
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

NECネッツエスアイの社長

牛島 祐之

1960年生まれ、東京都出身。
青山学院大学経営学部卒業後、日本電気システム建設株式会社(現・NECネッツエスアイ株式会社)に入社。
営業職に従事し、2007年に働き方改革ソリューション「エンパワードオフィス」を営業現場で牽引。
2013年に執行役員兼営業統括本部東日本支社長に就任、翌年にはグループ会社であるキューアンドエー株式会社の代表取締役執行役員副社長に就任。
さらに翌年には、代表取締役執行役員社長に就任。
2017年より、NECネッツエスアイ株式会社の代表取締役社長に就任。
CVCファンドの設立をはじめ、イノベーション創出加速に向けて、スピード感ある経営を推進している人物。

NECネッツエスアイ現職、OB/OGの有名人

和田 雅夫

1953年生まれ、東京都出身。
慶應義塾大学大学院卒業後、日本電気株式会社に入社。
2008年に放送・制御副事業本部長に就任。
翌年に放送・制御事業本部長、さらに翌年には、執行役員兼社会システム事業本部長に就任。
2012年に、NECネッツエスアイ株式会社の顧問に就任、同年代表取締役執行役員社長に就任。
2018年より、取締役執行役員会長に就任。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声がわからない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞ける上、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

NECネッツエスアイの転職に関わるQ&A


転勤する可能性はあります。
地方へ転勤した場合は、転勤手当や引っ越し補助といった制度があります。

最初は契約社員からの入社でも、経験やスキルを身に付けることで正社員になることができます。
ただし、正社員になる場合は、現役の正社員と同等かそれ以上の能力を持っていることが最低限の条件として挙げられます。
正社員になりたい場合は、コツコツと努力をし、周囲に認めてもらえるような人材になりましょう。

NECネッツエスアイへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

NECネッツエスアイの公式サイトにある採用情報ページから応募することができます。
求人情報以外にも、仕事内容の紹介や社員インタビュー、働く環境などが掲載されています。
ただし、公式サイトからの応募は、少なからず時間がかかってしまいがちです。
できるだけ時間をかけずに転職したい方や競合他社の求人も一緒に確認したい方は、転職サイトの活用がおすすめです。

募集要項の詳細を確認したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してNECネッツエスアイに転職するなら、競合他社の募集要項も比較することができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・簡単に転職活動を行える手軽さ
  • ・求人数の豊富さ
  • ・求人内容確認から応募までがスピーディー

転職サイトは、空いている時間などを使って簡単に転職活動を行える手軽さがあるため、忙しい方でも比較的転職しやすくなっています。
また、求人数が豊富であり、競合他社の募集要項も確認することができるため、幅広く求人情報をチェックできます。

競合他社の募集内容も見たいなら「iX転職」

iX転職には、支援やサービスの提供を行っている幅広い競合他社の募集要項を確認することができます。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの情報通信会社の平均年収は、800万円~1,200万円と比較的高くなっています。
また、iX転職には一般公開されていない非公開求人が多く扱っている転職サイトとしても有名であり、相談することで自分に見合った非公開求人を紹介してもらえることがあります。
「この企業はどんな人材を求めているのか」や「競合他社では募集要項にはどんな違いがあるのか」などを知りたい方は、iX転職に登録してスカウトメールをチェックすると良いでしょう。

あなたがNECネッツエスアイに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

NTT東日本へ転職するには?年収や面接難易度について調査

  ▼下記は、NTT東日本に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTT東日本に転職してくるのか ・転職先:NTT東日本からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

NTTコミュニケーションズへ転職。会社の雰囲気や給料について調査

  ▼下記は、NTTコミュニケーションズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTTコミュニケーションズに転職してくるのか ・転職先:NTTコミュニケーションズからどこへ転職するのか ...

システムサポートの転職事情。面接内容や年収など解説

▼下記は、システムサポートに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからシステムサポートに転職してくるのか ・転職先:システムサポートからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目...

株式会社ビジョンへの転職は難しい?面接内容など転職情報を調査!

株式会社ビジョンは、2001年12月4日に設立された、グローバルWi-Fiレンタルサービスや情報通信サービスを提供している企業です。 東京都新宿区に本社を構え、海外には10以上の拠点を持ち、国内670名、海外66名の従業員数を抱え...

コーエーテクモへの転職は難しい?面接の対策やポイントなどを解説

コーエーテクモは、「信長の野望」や「三國無双」などといった有名タイトルを手掛けている株式会社コーエーテクモゲームスなどを傘下に持つ持株会社です。 また、「シブサワ・コウ」や「ω-Force」、「Team NINJA」、「ガスト」、「ル...

日本テレビの転職難易度は高い?年収や口コミなど解説

▼下記は、日本テレビに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本テレビに転職してくるのか ・転職先:日本テレビからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

コムチュアへの転職情報。面接内容やポイントをご紹介

▼下記は、コムチュアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからコムチュアに転職してくるのか ・転職先:コムチュアからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

KDDIへ転職したい方必見。面接の内容や年収について解説

▼下記は、KDDIに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからKDDIに転職してくるのか ・転職先:KDDIからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

USENの転職難易度は高い?評判や仕事内容などの情報まとめ

▼下記は、USENに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからUSENに転職してくるのか ・転職先:USENからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

HCネットワークスの転職はおすすめ?難易度やポイントをご紹介

  ▼下記は、HCネットワークスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからHCネットワークスに転職してくるのか ・転職先:HCネットワークスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、...

TOP