通信

インターネットイニシアティブへの転職は難しい?面接内容や選考フローなどを解説

▼下記は、インターネットイニシアティブに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからインターネットイニシアティブに転職してくるのか
・転職先:インターネットイニシアティブからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

インターネットイニシアティブの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学・大学院卒業などが在籍しており、学歴は幅広くなっています。

職歴

インターネットイニシアティブ在籍者は、新卒からのプロパー社員がほとんどですが、一部転職者の職歴はSIerなどが挙げられます。

退職後の主な転職先

インターネットイニシアティブからの転職先として、LINEやマイナビなどのWEB系事業会社富士通やデルなどのメーカーへ転職しています。

インターネットイニシアティブは、日本の電気通信事業者であり、日本初のインターネット接続サービスを開始した企業です。
MVNO(仮想移動体通信事業者)やシステムインテグレーション、アウトソーシングなど、法人向けサービスを主力に、革新的な技術やサービスを創出、企業が抱える課題解決に貢献しています。
その結果、中央省庁や自治体、独立行政法人など、12,000社を超えるさまざまな企業への提供実績を誇っている企業です。
1992年設立、東京都千代田区に本社を構えており、3,804名の社員が在籍しています。
インターネットイニシアティブでは、営業やエンジニアなど、幅広いポジションで、熱意と知的好奇心を持ち、主体的に行動できる人材を求めています。

インターネットイニシアティブへの転職を目指すなら「iX転職」を見るべし

・インターネットイニシアティブの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
・大手やハイクラスの求人情報を知りたい。
・現職や、特定の企業にばれずに転職活動をしたい。
そんな方に最もおすすめしたいのが、大手やハイクラス求人を豊富に取り扱っていてる人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手がける「iX転職」。
また、まだ転職するつもりはなくても、情報収集として、事前にiX転職をチェックしておくと、目指す業界・職種などの傾向を把握することができます。
現職や特定の企業に対し、自分の情報を非公開にすることができるため、設定した企業にばれずに安心して転職を進めたい方にもマッチするサイトです。

この記事でわかること

  • インターネットイニシアティブの企業概要
  • インターネットイニシアティブの転職ポイント
  • インターネットイニシアティブの社風や企業文化

インターネットイニシアティブに転職するポイント

インターネットイニシアティブの特徴

POINT

  • ・国内初のインターネット接続サービスを開始した電気通信事業者
  • ・MVNOやシステムインテグレーションなど、法人向けサービスを主力に展開
  • ・12,000社を超えるさまざまな企業への提供実績を誇る

インターネットイニシアティブへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は非常に多い
  • ・営業やマネージャーなど、幅広いポジションで求人募集
  • ・熱意と知的好奇心を持ち、主体的に行動できることが肝心

インターネットイニシアティブの企業概要

会社名 株式会社インターネットイニシアティブ
本社所在地 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム
社長 勝 栄二郎
設立 1992年12月3日
株式 上場(東証1部)
株主構成 日本電信電話(22.39%)
日本トラスティ・サービス信託銀行(5.9%)
エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ(4.52%)

インターネットイニシアティブの売上

インターネットイニシアティブの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 176,233,321千円 192,430,185千円 204,473,515千円
営業利益 6,769,617千円 6,022,987千円 8,225,172千円

インターネットイニシアティブの最新ニュース

インターネットイニシアティブの事業内容

インターネットイニシアティブは、インターネット接続サービスをはじめ、アウトソーシングサービスやWANサービスなどをワンストップで複合的に提供している企業です。
日本初となるインターネット事業を開始し、「つながる」というIT常識を誕生させ、常に「ほかにはない存在価値」をモットーにIT業界を先導しています。
法人顧客をメインに、クラウドやセキュリティ、IoTなどのネットワークサービスを提供しており、また、コンサルティングといった事業を展開するなど、幅広く企業を支援しています。
その結果、これまでに12,000社を超えるサービス導入実績を誇っており、さらに海外の70か国でもサービス導入されている企業です。
今後の展望として、独自性や先進性を活用した品質の高いITサービスをトータルで提供し、日々変化をしているIT社会の発展と高度化の貢献を目指しています。

インターネットイニシアティブの募集要項

ソリューション営業

顧客のあらゆるニーズに対応するソリューションを総合的に提案するポジションです。
具体的には、クラウドコンピューティング基盤 IIJ GIOやメール、セキュリティなどのマネージドサービスやネットワークサービスなどを提案します。
また、システムインテグレーションから運用など、幅広く活躍することができる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・IT業界でのアカウント営業やプロダクト営業、SI営業などの経験
  • ・ITインフラ関連の技術的な知見の保有

プロジェクトマネージャー

金融業界におけるFX取引や仮想通貨取引などのBtoCプラットフォームサービス(SaaS)のデリバリ案件のプロジェクトマネージャーを担うポジションです。
また、QCDを管理し、プリセールスから開発、保守までの作業を担当します。
さらには、クラウド・ネットワークサービスと独自開発技術を駆使した最適構成や方式を決定し、プライム案件としてプロジェクトコントロールや推進の実施など、責任が問われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・プリセールスもしくは要件定義の実務経験
  • ・プロジェクト管理や協力会社管理の経験
  • ・提案書や設計書、テスト仕様書などのドキュメント作成、顧客折衝と調整の経験

インフラエンジニア

インフラストラクチャ企画や設計、開発、テストなどを行うポジションです。
また、経験や能力に応じて、サービスを横断してインフラ企画や設計、運用を牽引するマネージャーとしての業務や、新サービスの開発などを行います。
業務知識やノウハウなど、非常に多くのことを学べる環境があるため、スキルアップすることが期待できる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・6年以上の仮想化インフラの設計や構築の経験
  • ・4年以上のLinuxサーバ設計と構築の実務経験
  • ・受託開発やサービス提供問わず、WEBサービス開発経験 など

インターネットイニシアティブの転職難易度

インターネットイニシアティブの転職難易度は比較的高いです。
以前、働きがいのある企業ランキングで11位を獲得した経験を持つ企業なため、多くの応募者がおり、どのポジションでも難易度が高くなっている傾向があります。
また、企業側からも非常に高レベルなスキルや経験を求められるため、未経験からの転職は非常に難しいといえます。
インターネットイニシアティブへの転職を目指すなら、面接官に関心を持ってもらえるような能力やスキルがあることが肝心です。

インターネットイニシアティブが転職者に求める人物像

インターネットイニシアティブでは、熱意と知的好奇心を持ち、自身の意志を持って主体的に行動できる人材を求めています。
また、今後のキャリアプランなど、しっかりとした目標があり、その目標に向かって努力できる人材も求めています。
インターネットイニシアティブは、多様化する顧客のニーズに応え、新たな価値を持つIT環境を提供し続けることをコアに持っているため、このような能力が必要とされるのです。
面接では、上記のような人材であることを上手にアピールできるかどうかがポイントといえるでしょう。

インターネットイニシアティブの転職までの流れ

インターネットイニシアティブの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事・部門担当者
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問に加え、仕事に関連する質問をされます。

内定

インターネットイニシアティブの面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数は2~3回ですが、場合によって異なることがあります。
1回あたりの時間は30分~1時間です。

インターネットイニシアティブの面接内容

面接は、志望動機やこれまで経験など、一般的な質問から進みます。
また、「入社したらどのように働きたいか」や「業務を通じてどのように成長したいか」など、仕事に関連する質問を多くされる傾向があります。
さらには、「仕事での失敗談」や「仕事での苦労したこと」など、どのような失敗をして、どのように向き合ってきたかを確認されることがあるので、しっかり回答できるようにしておきましょう。
また、より具体的に自身をアピールできるように自己分析は入念に行うことが肝心です。

インターネットイニシアティブで働いている方の評判・口コミ

新規事業・事業開発、在籍10年以上、男性
手続きを踏むことで自分の企画を通して案件を進めることができます。また、案件が進むことでセミナーの開催や参加、研修の参加などができるため、刺激を受けながら働くことができます。
販売企画・営業企画、在籍7~10年、女性
社内研修が非常に充実しているので、学べる環境があるといえます。また、資格取得も推奨しており、資格取得の補助もあるため、業務に必要であれば資格取得することができるでしょう。
法人営業、在籍5~7年、男性
会社側から有給100%取得するようにいわれているため、自由に有休を取ることができます。また、体調不良や急用といった急な休みでも対応してもらえるので、ワークライフバランスは良いといえます。
口コミの要約

インターネットイニシアティブの口コミを見てみると、自分の企画を通すことができるため、やりがいと責任を感じながら働けるということが伝わってきます。また、研修が充実していることから、スキルアップできる環境が整っていることが伺えます。

インターネットイニシアティブの年収・給与

年収 698万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り(月20時間分)
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 各種社会保険完備、財形貯蓄制度、各種ベンダー資格取得支援制度など

インターネットイニシアティブでの転職者の出世難易度

インターネットイニシアティブの出世難易度は比較的高いです。
実績を残している社員が多く、そのなかから自身が実績を残し、上長などに認めてもらうということは簡単ではありません。
また、実績のほかにも、コミュニケーション能力といった部分も重要なポイントの一つです。
インターネットイニシアティブで出世を目指すなら、より多くの実績を残すとともに、コミュニケーション能力をはじめ、マネジメントスキルなどを身に付けることが肝心です。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 課長代理 700万円
40代前半 課長 800万円
40代後半 部長 1,000万円

インターネットイニシアティブはどんな人が働いている?

インターネットイニシアティブの従業員数

2,206名(単独)
3,804名(連結)

インターネットイニシアティブの平均年齢

37.6歳

インターネットイニシアティブの平均勤続年数

12.2年

インターネットイニシアティブの社風

インターネットイニシアティブは技術者をはじめ、社員を大切にしている風土があり、フラットな雰囲気で比較的風通しが良い社風です。
上司や先輩は耳を傾けてくれるため、発言しやすい環境があり、意欲のある社員には積極的に仕事を任せてもらえるため、チャンスが多くあるといえます。
また、社内環境は自由度が高く、自身の業務しやすいように工夫することもできます。
チャレンジ精神があり、積極的に仕事に取り組みながら、働きやすい環境で仕事したいという方には、向いている企業でしょう。

インターネットイニシアティブのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~17:30
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、年次有給休暇、慶弔休暇、特別休暇など
平均残業時間 月30時間前後
フレックス制度 一部有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

インターネットイニシアティブの社長

勝 栄二郎

1950年生まれ、埼玉県出身。
早稲田大学法学部卒業後、東京大学法学部第1類(私法コース)学士編入学、1975年に卒業。
同年、大蔵省(現・財務省)に入省。
2010年から財務事務次官を務め、2013年に株式会社インターネットイニシアティブの代表取締役社長兼COOに就任。
創業当時から持ち続ける「自己実現する職場」を経営理念に掲げ、連結従業員数3,500名を超える規模にまで会社を拡大させた人物。

インターネットイニシアティブ現職、OB/OGの有名人

鈴木 幸一

1946年生まれ、神奈川県出身。
早稲田大学文学部卒業後、社団法人日本能率協会に入社、インダストリアル・エンジニアリング、新規事業開発などに従事。
1992年に株式会社インターネットイニシアティブ企画を創立、取締役に就任、2年後には代表取締役社長に就任。
以来、日本における商用インターネットサービスの先駆者として、20年以上にわたり新しい通信インフラ市場を切り拓く。
2013年に代表取締役会長兼CEOに就任し、現在に至る。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声がわからない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞ける上、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

インターネットイニシアティブの転職に関わるQ&A


インターネットイニシアティブの福利厚生は、提携保養所優待やテーマパーク優待、スポーツクラブ利用割引、健康診断・インフルエンザ注射、メンタルヘルス相談など、幅広く用意されています。
また、自宅から勤務地までの移動に120分以上かかる人を対象に、新築または築浅のマンションを借り上げて、社員寮として提供されます。

キャリア支援には、ビジネススキル研修やテクニカルスキル研修、階層別研修など、充実した社内研修が用意されています。
また、外部セミナー受講制度を利用した社外研修にも参加することができます。
キャリアについての相談は、半期に一度の上長との「自己申告面談」で、目標の振り返りと次期の目標設定とともに相談することが可能です。

インターネットイニシアティブへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

インターネットイニシアティブの公式HPにある採用情報ページから応募することができます。
求人情報以外にも、企業情報や情報発信、バックボーンネットワークなど、有益な情報が掲載されているので、企業研究に活用することができます。
ただし、公式HPからの応募は、どうしても時間がかかってしまいがちです。
できるだけ時間をかけずに転職したい場合や競合他社の募集要項も確認したい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

競合他社の募集要項も見比べたいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してインターネットイニシアティブに転職するなら、競合他社の募集要項も一緒に見比べることができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空き時間を活用できる手軽さ
  • ・求人件数の豊富さ
  • ・求人確認から応募までのスピード感

転職サイトは、空き時間を活用して転職活動を行える手軽さがあるため、忙しい方でも比較的転職しやすいでしょう。
また、求人件数が豊富なため、自分の希望するポジションを見つけやすいという特徴があります。
できるだけ早く転職したい方や希望ポジションを見つけたい方は、転職サイトの活用がおすすすめです。

競合他社を比較するなら「iX転職」

iX転職には、支援サービスやソリューションを提供している競合他社の募集要項を確認することができます。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの通信業界は、800万円~1,500万円が平均年収となっており、ほかの転職サイトと比べると、比較的高くなっています。
また、iX転職は非公開求人を多く保有している転職サイトとしても有名であり、ヘッドハンターに相談することで、自分のスキルや経験に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「通信業や情報業を生業としている企業はどれほどあるのか」や「競合他社では募集要項はどのように変わるのか」などが知りたい方は、iX転職に登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

あなたがインターネットイニシアティブに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

JMDCの転職事情。面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、JMDCに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからJMDCに転職してくるのか ・転職先:JMDCからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

テラスカイへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、テラスカイに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからテラスカイに転職してくるのか ・転職先:テラスカイからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

サイバネットシステムの転職事情。面接内容や必要やスキルなどを解説

▼下記は、サイバネットシステムに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからサイバネットシステムに転職してくるのか ・転職先:サイバネットシステムからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なり...

ネットワンシステムズの面接や年収って?転職難易度など口コミまとめ

▼下記は、ネットワンシステムズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからネットワンシステムズに転職してくるのか ・転職先:ネットワンシステムズからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なり...

トレンドマイクロの転職難易度は高い?評判や試験情報などを調査

  ▼下記は、トレンドマイクロに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからトレンドマイクロに転職してくるのか ・転職先:トレンドマイクロからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来...

フューチャーの転職難易度は?面接内容や年収など解説

▼下記は、フューチャーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからフューチャーに転職してくるのか ・転職先:フューチャーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

Eストアーへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、Eストアーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからEストアーに転職してくるのか ・転職先:Eストアーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

NTT東日本へ転職するには?年収や面接難易度について調査

  ▼下記は、NTT東日本に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTT東日本に転職してくるのか ・転職先:NTT東日本からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

ネットイヤーグループへの転職は難しい?選考フローや年収などを解説

▼下記は、ネットイヤーグループに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからネットイヤーグループに転職してくるのか ・転職先:ネットイヤーグループからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なり...

NTT西日本への転職はおすすめ?年収や転職難易度について解説

  ▼下記は、NTT西日本に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTT西日本に転職してくるのか ・転職先:NTT西日本からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

TOP