人材

株式会社ワンキャリアの転職事情。事業内容や年収、面接内容などを解説

ワンキャリア転職者の主なキャリアステップ

ワンキャリアの主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学・大学院卒など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

職歴ワンキャリア在籍者の主な職歴は、ぐるなびなどのWEB事業者三井住友銀行第一生命保険などの金融のほか、人事コンサルタントなどからの転職事例が挙げられます。

退職後の主な転職先ワンキャリアからの転職先として、デロイトトーマツコンサルティングやPayPay証券などへ転職しています。

ワンキャリアは、「人の数だけ、キャリアを作る」というミッションのもと、採用活動のDXを支援するさまざまなサービスやwebメディアを展開している企業です。
就職活動の際に必要となる様々な情報に対して、一元的にアクセスできる「キャリアデータプラットフォーム」の実現を目指し、「ONE CAREER」などのメディアを運営しています。
従来は別々に扱われていたOB・OG訪問や説明会の情報などにまとめてアクセスできるようにすることで、企業・求職者双方に対して採用支援を行っていることが特色です。
ワンキャリアは、2021年に新しいメディア「ONE CAREER PLUS」をリリースするなど、現在事業規模が急速に拡大しています。
中途採用の求人も多く、業界内外からの注目も集まっている人気の企業です。
この記事では、事業内容や面接内容などワンキャリアに関する転職情報を解説します。

ワンキャリアを目指す人におすすめの転職エージェント

・ワンキャリアの口コミや年収も気になるけど、確実な人から適切な転職先を紹介されたい!

そんな方はまず転職エージェント「DX CAREER AGENT」をチェックしましょう。

DX CAREER AGENTの主な特徴は以下の通り。

・DXに精通した人材紹介に特化されたサービスならではの、求人・サポート

・サポートする少数精鋭のエージェントは全員、各業界の最大手出身者

・大手の採用代行を行なっているので、マーケットに出てこない優良求人を多数保有

DX CAREER AGENT
DX CAREER AGENT

この記事でわかること

  • ワンキャリアの企業概要
  • ワンキャリアの転職ポイント
  • ワンキャリアの社風や企業文化

ワンキャリアに転職するポイント

ワンキャリアの特徴

POINT

  • ・求職者向けメディア「ONE CAREER」などを運営中
  • ・2021年10月に東証マザーズへ上場するなど、事業規模が拡大している
  • ・人材の長期育成ランキングで業界第2位を獲得するなど、社員評判も高い

ワンキャリアへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的多い
  • ・セールスやカスタマーサポートなどで求人募集
  • ・面接は志望動機を中心に、オーソドックスな内容が多い

ワンキャリアの企業概要

会社名 株式会社ワンキャリア
本社所在地 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー16階
社長 宮下 尚之
設立 2015年8月
株式 上場(東証マザーズ)
株主構成 宮下尚之(80.75%)
長澤有紘(5.00%)
UBVFund-Ⅰ投資事業有限責任組合(5.00%)

ワンキャリアの売上

ワンキャリアの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 638百万円 952百万円 1,330百万円
経常利益 22百万円 9百万円 72百万円

ワンキャリアの最新ニュース

ワンキャリアの事業内容

ワンキャリアは、採用活動や人事業務のDXを推進する「キャリアデータプラットフォーム事業」を主力事業としています。
これまではインターネット上に掲載されている求人広告へ応募する際には、企業ページや求人サイト、実際に働いている社員など、さまざまな情報にアクセスする必要がありました。
ワンキャリアでは、これらのプロセスを一本化し、すべての必要な情報に一元的にアクセスできるデータプラットフォームの提供を行っています。
実際に提供しているデータプラットフォームは、求職者向けと企業向けで2つに分かれ、求職者向けには、転職情報メディアである「ONE CAREER」、中途採用支援メディアで2021年にローンチしたばかりの「ONE CAREER PLUS」を提供しています。
一方、企業向けには、動画配信や求人掲載など採用ソリューションの提供を行う「ワンキャリアクラウドシリーズ」を提供しています。
企業と求職者双方をターゲットとした事業展開を行うことで、雇用の場を効果的に創出していることが特色です。
少子高齢化が進み、労働人口の減少が叫ばれているなかで、事業規模を拡大していくことができるのかを注目されています。

ワンキャリアの募集要項

セールスマネージャー

ワンキャリアの主力事業である人材採用支援領域において、セールスチームを牽引するポジションです。
組織のマネジメント力はもちろん、メンバーの採用や育成業務、営業戦略の立案などを行う総合力が求められます。

必須な経験・スキル

  • ・2年以上の法人営業組織のマネジメント経験

カスタマーサポート

ワンキャリアのプラットフォームを利用した顧客企業に対し、サービスの導入やパフォーマンス向上の支援を行うポジションです。
具体的には、求人票の作成や入稿、ダイレクトメール配信の文面作成、ウェブマーケティング施策の検討など、顧客支援業務全般を行います。

必須な経験・スキル

  • ・基本的なタイピングスキル、ビジネス電話、メール対応スキル

ワンキャリアの転職難易度

ワンキャリアの転職難易度は中程度です。
ワンキャリアの事業規模は年々拡大を続けており、事業規模拡大を募集背景とした求人も多数出されており、応募しやすいのが特徴です。
特に営業部隊の求人は豊富で、法人営業やインサイドセールスはもちろん、営業事務やセールスマネージャーなども募集されています。
求められている経験水準も平均的にはそれほど高くないため、応募へのハードルは決して高くありません。
ディレクターやマネージャーなど、管理職の求人も豊富にありますが、面接対策は気を抜かずに行っておくことが必要です。
2021年の東証マザーズ上場後は企業としての注目度も集まり、選考の倍率も高まっています。
事業内容や経営理念などをしっかり把握し、熱意をアピールすることを忘れないようにしましょう。

ワンキャリアが転職者に求める人物像

ワンキャリアは職種ごとに求める人物像を細かく指定していますが、そのなかでも多くの職種で共通して書かれているのが「丁寧なコミュニケーションが取れること」「上昇志向が強く、目標に対するコミットが強いこと」の2点です。
就職は人生を左右する決断となることも多く、それをサポートするワンキャリアでの仕事を的確に行っていくには顧客との信頼関係が欠かせません。
丁寧にコミュニケーションを取り、企業と求職者の間にミスマッチがないように最新の注意を払う必要があります。
上場後も勢いを止めずに成長していくためには、上昇志向も欠かせません。
面接では、これらの2点を意識しながら受け答えをすると好印象です。

ワンキャリアの転職までの流れ

ワンキャリアの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事・現場社員
想定内容:志望動機や前職の退職理由など、基本的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問に加え、人物面を判断するような質問をされます。

内定

ワンキャリアの面接形式

面接は1対1で行われるのがほとんどです。
面接回数は2~3回ありますが、職種によって異なります。
1回あたりの時間は45分程度と標準的な長さです。

ワンキャリアの面接内容

ワンキャリアの面接では、志望動機や前職の退職経緯といった基本的な質問に加え、「これまでに挫折した経験はあるか」や「周りからどのような人といわれるか」といった人物面を重視した質問をされます。
特に営業やカスタマーサポートなど、顧客折衝の機会が多い職種では、コミュニケーションスキルを重視した質問が多い傾向があります。
営業職に応募した方のなかには、「このボールペンを10万円で売ってこれるか」と聞かれた方もおり、営業系の職種に応募する際には、営業のスキルを直接的に問われると考えておきましょう。
さらに、「ほかに受けている企業はあるか」や「この業界以外に検討している業界はあるか」なども聞かれることがあります。
オーソドックスな内容が多いものの、さまざまな観点からワンキャリアへの熱意を確かめられるため、事前に企業や業界について入念に下調べをしておきましょう。

ワンキャリアの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには多くのポジションで求人募集している
・求人情報はGreenやリクルートなどでも確認可能
・ワンキャリアに関する質問を多くされる

営業、40代前半、男性
これまでの経験や、どの程度の規模の案件に携わったのかなどを聞かれました。営業職の場合は、営業スキルや実績を評価される傾向にあります。
人材、30代前半、男性
ワンキャリアをどこで知ったのか、どうしてワンキャリアに転職しようと思ったのかなど、志望動機ベースの基本的な内容が中心の面接でした。雰囲気は終始和やかで、話しやすかったです。
企画、20代後半、女性
今後どのようなマーケットを選んでいくべきだと思うかなど、経営者目線での質問が目立ちました。ベンチャー企業で社員もそれほど多くないため、オーナーシップが求められているのかもしれません。
採用、30代後半、男性
入社前にワンキャリアに抱いたイメージを聞かせてくださいといわれました。総合的に人物面重視の質問が多かったです。
企画、20代後半、男性
「これまでに挫折した経験を教えて下さい」「一番これまでに自分が頑張ったと思うことはなんですか」など、過去の経験を丁寧に聞かれました。面接官の方は非常に丁寧で、こちらの話を引き出してくれているように感じました。

ワンキャリアで働いている方の評判・口コミ

企画、在籍3~5年、男性
創業時の社長が今も経営を導いている会社です。社員の平均年齢は非常に若いですが、学生サークルのようなノリはなく、平均年齢に対しては良い意味で落ち着いた風土があります。ベンチャーらしい企業であり、社内の風通しも良いです。大企業出身者も多く、お互いに技術や知見をシェアし合う文化があります。
営業、在籍1~3年、女性
現在急速に事業規模が拡大している企業であり、会社としても個人としても成長している実感を持つことができます。自身の強みを活かして仕事に取り組むことができ、新しいことにも積極的にチャレンジさせてくれるのが魅力です。経営陣には子供がいる方も多く、子育てに対する理解も得られやすい雰囲気があります。男女問わず活躍できる会社です。
コーポレート、在籍3~5年、男性
大企業のように縦割りで事業が割り振られているわけではないため、組織のなかでさまざまな仕事を柔軟にこなすことができます。社内には優秀な社員が多く、刺激的な環境です。休日出勤は少ないものの、部署によっては平日の残業時間が長い傾向にあります。実際にハードワークが原因で転職した社員もいます。

口コミの要約ベンチャー企業ならではの風通しの良さがあり、人間関係もフラットであるという口コミが目立ちます。社員の出身は外資や大企業、その他ベンチャーなど、さまざまであり多様なバックグラウンドを持った方が活躍しています。男女問わず、活躍できる企業だという意見も多かった一方で、ワークライフバランスについては否定的な意見も少なくありません。月平均残業時間は32時間ほどとなっており、労働時間の短縮が課題となっています。

ワンキャリアの年収・給与

年収 603万円
ボーナスの有無 記載なし
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 各種社会保険完備、育児支援制度、出張手当、社員研修など

ワンキャリアでの転職者の出世難易度

ワンキャリアの出世難易度は中程度です。
ワンキャリアでは、半年に1回査定が行われます。
基本的にインセンティブなどの支給はなく、出世するかどうかもこの査定で決定される傾向にあります。
評価基準などはオープンにされており、公平性のある評価だという声がありました。
また、社内には「前例のないことをやる」といったチャレンジが評価される傾向もあり、ワンキャリアでの出世を狙うのであれば、このようなポイントを意識しながら仕事で着実に実績を積み上げ、査定で高評価を獲得することが重要でしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 なし 900万円
30代後半 マネージャー 900万円
40代前半 なし 900万円

ワンキャリアはどんな人が働いている?

ワンキャリアの従業員数

66名

ワンキャリアの平均年齢

28.5歳

ワンキャリアの平均勤続年数

1.8年

ワンキャリアの社風

ワンキャリアの社風としては、平均年齢が比較的低いにも関わらず、落ち着いた風土があるという特徴が挙げられます。
実際、有価証券報告書に記載されている社員の平均年齢は28.5歳と、30歳を下回る若さです。
平均年齢の若いベンチャー企業には、学生サークルのような賑やかな雰囲気な企業が多い傾向にありますが、ワンキャリアには比較的落ち着いた雰囲気があります。
勢いだけに頼らず、毎年の堅実な成長を重視するところが特徴的です。
また、お互いに学び合う文化が根付いており、週に1回開催される全社の定例会議では、在籍メンバーが積極的に情報を発信し、互いに学び合う機会を創出しています。
優秀な社員が多いなか、切磋琢磨しながら前進していこうという雰囲気はワンキャリアならではといえるでしょう。

ワンキャリアのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 10:00~19:00(職種による)
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、夏季休暇、慶弔休暇、看護休暇など
平均残業時間 月32.1時間
フレックス制度 有り(コアタイム 11:00~16:00)
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ワンキャリアの社長

宮下 尚之

2010年にMars Japan Limitedに入社。
主にブランドマーケティング業務や経営企画業務に従事。
2015年に株式会社ワンキャリアを創業し、代表取締役社長に就任。
新卒採用メディア「ONE CAREER」や、中途採用支援メディア「ONE CAREER PLUS」など、採用市場へ大きな変革をもたらす数々のサービスを打ち出してきた人物。

ワンキャリア現職、OB/OGの有名人

長澤 有紘

2011年にIT系のベンチャー企業へ入社し、実務経験を積む。
2014年、株式会社ワンキャリアの社長である宮下尚之の創業した株式会社トライフへ参画。
2015年にワンキャリアに入社し、取締役COOを務めている。

ワンキャリアの転職に関わるQ&A


ワンキャリアの月平均残業時間は32.1時間となっています。
ベンチャー企業としては標準的ですが、やや労働時間が長いと感じている社員が多いです。
スタートアップだから仕方ないと割り切っている社員も多い一方で、拘束時間の長さを理由に辞めてしまう社員も少なくありません。
フレックスタイム制はあるものの、時期によってある程度の長時間労働となる可能性は頭に入れておきましょう。


ワンキャリアでは、女性の働きやすさを重視したさまざまな取り組みが行われています。
役員にも子供がいる方が多く、子育てに理解を得やすい風土があります。
リモートワークの会議の際に子供の顔を見せても歓迎されるなど、育児と両立しやすい雰囲気があると感じる社員の声も目立ちました。
育休や産休から取得後に職場へ復帰し、第一線で活躍を続けている社員も多いです。

ワンキャリアへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ワンキャリアの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
採用情報ページには、企業メッセージをはじめ、働く社員のストーリーや職場環境、会社紹介資料など、有益な情報が多数掲載されています。
ただし、公式サイトからの応募の場合、どうしても時間がかかってしまいがちです。
できるだけ時間をかけたくない場合や公式サイトに載っていないような求人に応募したい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、株式会社ワンキャリアの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

募集要項の詳細を確認したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してワンキャリアに転職するなら、転職支援を行う他社の募集要項も比較することができる「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・簡単に転職活動を行える手軽さ
  • ・求人数の豊富さ
  • ・求人内容確認から応募までがスピーディー

転職サイトは、空いている時間などを使って簡単に転職活動を行える手軽さがあるため、忙しい方でも比較的転職しやすくなっています。
また、求人数が豊富であり、競合他社の募集要項も確認することができるため、幅広く求人情報をチェックすることができます。

競合他社の募集内容も見たいなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)には、転職支援を行っている幅広い企業の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールの人材会社は、平均年収が800万円~1,200万円と比較的高くなっています。
また、doda X(旧:iX転職)には一般公開されていない非公開求人が多く扱っている転職サイトとしても有名であり、相談することで自分に見合った非公開求人を紹介してもらえることがあります。
「この企業はどんな人材を求めているのか」や「競合他社では募集要項にはどんな違いがあるのか」などを知りたい方は、doda X(旧:iX転職)に登録してスカウトメールをチェックすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

エムスリーキャリアの転職はおすすめ?年収や難易度について調査

エムスリーキャリア転職者の主なキャリアステップ 前職 Web系代理店 ベンチャー 医療やヘルスケア領域の事業会社 エムスリーキャリア株式会社に転職 次の...

株式会社ワンキャリアの転職事情。事業内容や年収、面接内容などを解説

ワンキャリア転職者の主なキャリアステップ 前職 ぐるなびなどのWEB事業者 三井住友銀行、第一生命保険などの金融 人事コンサルタント 株式会社ワンキャリアに転職 ...

ビズリーチの転職難易度は?採用情報や将来性を調査!

ビズリーチ転職者の主なキャリアステップ 前職 エンジャパンやパーソルキャリアなど人材紹介会社 楽天やリクルートなどのWEB系事業会社 生命保険会社など 株式会社ビズリーチに転職 ...

メディア総研への転職事情。事業内容や年収、面接の内容などを解説

メディア総研は、新卒の求職者に向けた企業説明会など、就職活動支援イベントの開催などを行っている企業です。 特に理工系の学生にスポットをあてた事業を展開しており、高専生などを中心に高い支持を得ていることが特徴です。 2021年9月...

リクルートジョブズへ転職するべき?年収や難易度について解説

リクルートジョブズ転職者の主なキャリアステップ 前職 業種を問わず幅広い 株式会社リクルートジョブズに転職 次の転職先 大手総合代理店 楽天 DeNA...

セルムへの転職は難しい?口コミや年収などを解説

セルム転職者の主なキャリアステップ 前職 人事系コンサルファーム 株式会社セルムに転職 次の転職先 人材サービス業界 企業の人材開発部門 ...

日総工産への転職は難しい?転職のメリットや年収などを解説

日総工産転職者の主なキャリアステップ ...

リクルートキャリアへの転職。仕事内容や難易度、年収を解説

リクルートキャリア転職者の主なキャリアステップ 前職 都市銀行・地方銀行などの銀行や大手生損保 業種を問わず幅広い営業職出身者 株式会社リクルートキャリアに転職 ...

メイテックへの転職は難しい?難易度や年収などを解説

メイテック転職者の主なキャリアステップ 前職 メーカー IT系企業 人材派遣会社 株式会社メイテックに転職 次の転職先 SUBARU、タカタなどの自動...

ネオキャリアへの転職難易度は?面接時にされる質問や口コミなどを解説

ネオキャリア転職者の主なキャリアステップ 前職 WEB系事業会社 ケーブルテレビ 証券会社 株式会社ネオキャリアに転職 次の転職先 デジタルマーケティ...

TOP