WEB・アプリサービス

HENNGE(へんげ)への転職まとめ。面接で聞かれる質問や社員口コミなどを解説

▼下記は、HENNGEに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからHENNGEに転職してくるのか
・転職先:HENNGEからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

HENNGEの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、大学卒業や大学院卒業などが在籍しており、大学は国立大学や早慶MARCHとった有名私立大学の割合が高く、なかには海外大学出身者もいます。

職歴

HENNGE在籍者の主な職歴は、オービックや富士通Japanなどのシステムインテグレーターが挙げられます。

退職後の主な転職先

HENNGEからの転職事例はほとんどなく、これといった転職先はありません。

HENNGEは、クラウドセキュリティやクラウドコンピューティングなど、企業向けに多様なサービスの提供を行っているSaaS企業です。
クラウドセキュリティ分野において、7年連続で市場シェア第1位を獲得するなど、業界トップのポジションを確立しています。
また、クラウドメールのサービスには特に注力しており、配送ログの管理やエラーメール処理などメール配信事業に必要な各種サービスを提供しています。
そんなHENNGEでは、エンジニアや経理、マーケティングなど、幅広いポジションでテクノロジーの力を信じて、意欲的に学べる人材を求めています。
この記事では、HENNGEへの転職を検討している方に向けて、面接での質問内容や社員口コミなどを解説します。

HENNGEへの転職を目指すなら「iX転職」を見るべし

・HENNGEの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
・大手やハイクラスの求人情報を知りたい。
・現職や、特定の企業にばれずに転職活動をしたい。
そんな方に最もおすすめしたいのが、大手やハイクラス求人を豊富に取り扱っていてる人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手がける「iX転職」。
また、まだ転職するつもりはなくても、情報収集として、事前にiX転職をチェックしておくと、目指す業界・職種などの傾向を把握することが可能です。
現職や特定の企業に対し、自分の情報を非公開できるため、設定した企業にばれずに安心して転職を進めたい方にもマッチするサイトです。

この記事でわかること

  • HENNGEの企業概要
  • HENNGEの転職ポイント
  • HENNGEの社風や企業文化

HENNGEに転職するポイント

HENNGEの特徴

POINT

  • ・企業向けに有益なサービスを提供している日本のSaaS企業
  • ・クラウドセキュリティ分野にて、業界シェアは7年連続第1位を獲得
  • ・クラウドメールサービスには特に注力している

HENNGEへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的多い
  • ・エンジニアや経理、マーケティングなどで求人募集
  • ・テクノロジーの力を信じ、意欲的に学べることが肝心

HENNGEの企業概要

会社名 HENNGE株式会社
本社所在地 東京都渋谷区南平台町16番28号 Daiwa渋谷スクエア
社長 小椋 一宏
設立 1996年11月5日
株式 上場(東証マザーズ)
株主構成 小椋一宏(26.1%)
宮本和明(13.2%)
永留義己(12.1%)

HENNGEの売上

HENNGEの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 3,427百万円 4,153百万円 4,845百万円
経常利益 178百万円 535百万円 383百万円

HENNGEの最新ニュース

HENNGEの事業内容

HENNGEは、クラウドメールサービスをはじめとしたサービスを展開しているSaaS事業です。
1996年にホライズン・デジタル・エンタープライズとして設立されたHENNGEは、2011年に電子メールサービスへ活路を見出して以降、企業のクラウド化に向けたサービスの提供を行っています。
企業が電子メールサービスを提供するのには、多額の開発や運用コストが必要ですが、HENNGEでは、電子メールをはじめとするクラウドサービスを必要としている企業に対して、さまざまな支援を行っています。
その結果、SaaS認証基盤「HENNGE One」の導入実績が1,500社を突破、クラウドセキュリティ分野では7年連続で業界のシェア第1位を獲得しており、さらには売上高も3年連続で上昇している企業です。
今後も利便性と安全性のバランスの取れたサービスを提供し、「テクノロジーの解放で世の中をよりよく変えていく」というビジョンの実現を目指しています。

HENNGEの募集要項

バックエンドエンジニア

HENNGEの運用しているBtoBサービスにおけるバックエンドの開発を行うポジションです。
具体的には、開発チームに所属し、プロダクトの計画や設計、開発、リリース、オペレーションなどを一貫して行います。
英語力は求められますが、グローバルに活躍できる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・AWS,やAzureなど、クラウドインフラでの開発経験
  • ・TCP/IP、ネットワークプログラミングに馴染みがある
  • ・ビジネスレベルの英語力

経理リーダー

個別決算や連結決算など、財務会計業務や開示業務、業務改善、会計監査対応を行うポジションです。
また、実際の会計業務を通して業務の全体像を把握し、チームマネジメントも担当します。
さらには、チームメンバーの育成や取りまとめを行うなど、将来的な企業の幹部候補としての活躍が期待されている職種です。

必須な経験・スキル

  • ・10年程度の日本会計基準での経理経験
  • ・上場企業での経理や財務、開示資料の作成経験
  • ・TOEIC650点程度の英語力 など

HENNGEの転職難易度

HENNGEの転職難易度は中程度です。
HENNGEでは、数多くのポジションで中途採用によるキャリア募集を行っています。
そのため、これまでの経験を武器に転職したい方や、職種にこだわりがある方といった場合でも、自身が希望する求人が見つかりやすいのがHENNGEの特徴といえるでしょう。
しかしその一方、各ポジションで求める経験やスキルは比較的高くなっており、応募へのハードルは決して低くありません。
現在でも成長中の企業であり、選考の倍率も高くなっていることが予想されるため、徹底した面接対策が欠かせないでしょう。

HENNGEが転職者に求める人物像

HENNGEでは、求める人物像として「テクノロジーの力を心から信じていること」「猛勉強せずにはいられないこと」などが挙げられています。
HENNGEは、クラウド化されたテクノロジーを各種クライアント企業へ提供することであり、テクノロジーを信頼するということは、ビジネスモデルへの共感へ直結します。
そのため、面接では、この部分を効率的にアピールできるかどうかがポイントでしょう。
また、応募にあたっては「英語にアレルギーがないこと」も記載されています。
HENNGEでは、国内外との取引が多く、英語を用いる場面が頻繁にあるため、英語力はもちろんのこと、グローバル性に富んだ人材が求めています。

HENNGEの転職までの流れ

HENNGEの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:部署責任者
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、定型的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問を再度深堀し、改めてマッチしている人材かを判断されます。

内定

HENNGEの面接形式

面接は1対1で行われるのがほとんどです。
面接回数は基本的に2回ですが、職種によって異なる場合があります。
1回あたりの時間は45分程度と標準的な長さです。

HENNGEの面接内容

HENNGEの面接は、志望動機やこれまでの経験など、定型的な質問から進みます。
そのほかにも、「どうしてIT業界に興味を持ったか」や「IT業界は今後どのようになっていくと思うか」など、IT業界に関する質問をされる傾向があります。
全体的に変わった質問をされることはほぼありませんが、こちらの回答に対し、「それはなぜ?」と深堀される傾向があるため、一貫性のある回答をできるようにしておくことが大切です。
企業研究や自己分析をしっかりと行い、万全な状態で面接に臨むようにしましょう。

HENNGEの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには非常に多くのポジションが掲載されている
・求人情報はDODAやGreenなどでも確認できる
・IT業界に関する質問が多数

エンジニア、20代後半、男性
SaaS業界についてのイメージや印象などを聞かれました。IT業界全体についての質問が多かったので、企業研究は力を入れておくと良いと思います。
PM、30代前半、男性
マネージャー候補としての入社だったので、今後どのようなキャリアを歩んでいくつもりかなどを聞かれました。自分のやりたいことと絡めながら、組織のリーダー的なポジションとなりたい旨を簡潔に伝えました。
営業、30代後半、男性
自己紹介のような基本的な内容のあと、どうしてIT業界に興味を持ったのかを聞かれました。また、テクノロジーは好きかどうかなども聞かれました。
経理、20代後半、男性
BtoB企業のため、なかなか名前に馴染みがない企業だと思うが、どこでこの企業を知ったのかなどを聞かれました。面接は終始和やかで、話しやすい雰囲気でした。
デザイナー、30代前半、女性
どうして転職しようと思ったのか、これまでのデザイナーとしての経験はあるかなど基本的な内容が中心の面接でした。答えにくいような質問は少なく、オーソドックスな質問がメインです。

HENNGEで働いている方の評判・口コミ

営業、在籍10年以上、男性
社内は比較的フラットな人間関係で、圧倒的にボトムアップな雰囲気があります。社長も含め、全員を「さん」付けで呼ぶなど、コミュニケーションが取りやすい環境があるといえるでしょう。
カスタマーサービス、在籍7~10年、女性
良くも悪くも個々の能力が尊重される個人主義の風土があります。そのため、チャレンジ精神に富んでいる社員が多く、新たな物事に積極的に取り掛かろうとする姿勢があるため、お互いに切磋琢磨しながら働けるでしょう。
開発、在籍5~7年、男性
ワークライフバランスが非常に良く、非常に働きやすい企業であると感じます。産休や育休を取得している社員も多く、取得しづらいというような雰囲気もなく、男性で育休を取得している社員もいます。
口コミの要約

HENNGEの口コミを見てみると、ボトムアップの雰囲気があり、社内の人間関係は非常にフラットということが伝わってきます。また、ワークライフバランスは部署によって異なるものの、全体的には働きやすい企業であるということが伺えます。

HENNGEの年収・給与

年収 705万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 各種社会保険完備、社員持株会制度、フリードクペ制度、英語学習支援など

HENNGEでの転職者の出世難易度

HENNGEの出世難易度は中程度です。
HENNGEでの評価制度は、数百万円を単位とする基本レンジとそれぞれのレンジが持つ10万円を単位とするサブランクの2種類で決定されます。
一般的なMBO方式が採用されており、HENNGEで出世を狙うためには上長からの評価で高評価を獲得することが必要です。
また、出世するためには「昇段審査」と呼ばれるプロセスを通過する必要があり、基本的には実力主義の風潮があります。
転職者だからといって出世が不利になることはありませんが、上司を中心に積極的なコミュニケーションを取れるかどうかが出世の鍵になるといえるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 セクションマネージャー 700万円
30代中盤 なし 900万円
30代後半 マネージャー 1,100万円
40代前半 なし 1,100万円
40代後半 ディビジョンマネージャー 1,100万円

HENNGEはどんな人が働いている?

HENNGEの従業員数

175名

HENNGEの平均年齢

35.4歳

HENNGEの平均勤続年数

5.0年

HENNGEの社風

HENNGEは、ボトムアップで物事をこなしていく風土があります。
社員一人一人の裁量が大きいため、働きがいを感じながら仕事に取り組めるという環境があります。
また、人間関係は比較的フラットであり、設立後間もないベンチャー企業のような雰囲気が感じられる企業です。
さらには、チームの力を重視するというよりは個人主義の風潮が強い傾向があるため、積極的に業務をこなし、仕事に誇りと熱意を持っている方には、向いているといえるでしょう。

HENNGEのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 10:00〜19:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、年次有給休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月13.9時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

HENNGEの社長

小椋 一宏

1975年生まれ、米国ニューヨーク州出身。
一橋大学経済学部在学中に株式会社ホライズン・デジタル・エンタープライズ(現・HENNGE株式会社)を設立。
1997年、株式会社へ改組し、代表取締役社長に就任。
1999年に一橋大学経済学部を卒業し、CTOも兼務。
2019年に東証マザーズへの上場を成し遂げた。

HENNGE現職、OB/OGの有名人

岩谷 直幸

1977年生まれ。
一橋大学在学中に、学内で知り合った小椋一宏氏と株式会社ホライズン・デジタル・エンタープライズ(現・HENNGE株式会社)の設立に参画。
マッキンゼー・アンド・カンパニーのインターンシップへ参加し、1999年に一橋大学経済学部卒業。
その後、マッキンゼー日本支社に入社し、2021年に社長・日本代表に就任。
著書に『日本の未来について話そう:日本再生への提言』が挙げられる。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

HENNGEの転職に関わるQ&A


HENNGEの平均残業時間は13.9時間であり、ほかの競合他社と比べると低い水準だといえるでしょう。
部署によって異なるものの、休日出勤もほとんどなく、働きやすいと感じている社員が多くいます。
有給休暇の取得率も76.6%となっており、比較的取得しやすいといえます。

HENNGEでは、女性の活躍を推進するためのさまざまな制度が用意されています。
特に産休や育休は取得する社員が多く、男女問わず活躍できる環境が整っているといえるでしょう。

HENNGEへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

HENNGEの公式HPにある採用情報ページからエントリーできます。
募集要項以外にも、企業メッセージや代表挨拶、私たちの働き方など、有益な情報が掲載されているため、一度を目を通しておくと良いでしょう。
ただし、公式HPからの応募の場合、どうしても時間がかかってしまいがちです。
素早く転職したい方や公式HPに載っていないような求人を見てみたい方は、転職サイトの活用がおすすめです。

競合他社の募集要項を一緒に確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してHENNGEに転職するなら、競合他社の募集要項を比較することが可能な「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動を行える手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・求人案件確認~応募までのスピード感

転職サイトは、空いた時間を活用して転職活動を行えるという手軽さがあるので、比較的時間をかけずに転職することが可能です。
また、求人案件が比較的豊富であり、求人案件の確認から応募までがスピーディーに進みます。
できるだけ時間をかけずに転職したい方やさまざまな企業を比較したい方は、転職サイトの活用がおすすめです。

競合他社の募集をまとめて比較するなら「iX転職」

iX転職には、競合他社の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの情報通信業界の平均年収は、800万円~1,200万円となっており、別サイトと比べて高く設定されています。
また、iX転職では、一般的に掲載していない非公開求人を多く持っている転職サイトとして有名であり、ヘッドハンターに相談することで自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性もあります。
「自分の今の能力で活躍できる企業がどれほどあるのか」や「募集要項はどのような違いがあるのか」などを知りたい方は、iX転職にまずは登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

あなたがHENNGEに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

はてなへの転職は難しい?難易度や社風について調査

はてな転職者の主なキャリアステップ 前職 web系事業会社 株式会社はてなに転職 次の転職先 w...

マネーフォワードへ転職するには?年収・面接回数・口コミも併せてご紹介!

マネーフォワード転職者の主なキャリアステップ ...

ワークス・ジャパンは転職にオススメ?年収や社風など気になる情報を徹底分析!

ワークス・ジャパン転職者の主なキャリアステップ ...

AWSへの転職は難しい?キャリアプランや福利厚生についてご紹介

AWS転職者の主なキャリアステップ ...

ベースの転職はおすすめ?転職難易度や年収などを調査!

ベース転職者の主なキャリアステップ ...

ヤプリへの転職。社風や年収などの就職状況を解説!

ヤプリ転職者の主なキャリアステップ ...

Indeed Japanへの転職難易度は??面接内容や給与を紹介

Indeed Japan転職者の主なキャリアステップ ...

freee(フリー)への転職。転職難易度や評判などを解説

freee転職者の主なキャリアステップ ...

チームスピリットへの転職は難しい?口コミや年収などを解説

チームスピリット転職者の主なキャリアステップ ...

Chatworkへの転職情報。採用傾向や口コミまとめ

Chatwork転職者の主なキャリアステップ ...

TOP