コラム

ミドルの転職の評判は?口コミを徹底検証し大手転職サイトと比較!


現在、転職を希望する人のほとんどがエージェントの在籍する転職サイトを活用して転職活動を行っています。「せっかく転職サイトに登録したのに求人がなかった」「エージェントが自分に合わなかった」そういった思いをしないためにも、まずは自分にぴったりの転職サイトを見つけることが重要です。それぞれの転職サイトには異なった特徴があります。掲載求人数や、登録方法、エージェントとの面談など有無など気になる方も多いようです。今回は、「エン・ジャパン」が運営している転職サイト「ミドルの転職」についてご紹介します。ミドルの転職の特徴やメリット・デメリット、登録から面談までの流れを詳しく解説するので、これらを参考に転職成功につなげましょう。

転職サイト「ミドルの転職」とは

「ミドルの転職」は2015年にリリースされた転職サイトです。その後2017年にリニューアルし、運営は国内最大手の転職支援会社エン・ジャパン株式会社が行っています。充実したサポートや優秀な転職エージェントが揃っており、信頼性の高いサイトといえるでしょう。30代・40代のミドル層に向けて転職・採用を支援する求人情報サイトで、年収1000万円を超えるハイクラスな求人を豊富に掲載しています。ミドル層の転職には、経験や高いスキルだけではなく価値観を重視したマッチングが求められます。ミドルの転職サイト内の様々な機能を活用し、転職活動自体の生産性を向上させることで転職者の心的・物理的負担を最小限に抑えた支援を行っています。

ミドルの転職の特徴

ミドルの転職の基本情報を紹介しましたが、具体的にどのような特徴があるのでしょうか。

ミドルの転職の特徴は以下の3つ。

  • ・30代・40代のミドル層専用求人サイト
  • ・年収1,000万円以上の求人を1,000件以上掲載
  • ・会員のみの非公開求人・スカウト機能有り

下記にて、上記の特徴を詳しく解説します。

特徴①30代・40代のミドル層専用求人サイト

ミドルの転職は30代・40代のミドル層の転職支援に特化したサイトです。ミドル層向けの求人件数は国内最大規模であり、経営幹部や部長クラス以上の募集などハイクラス求人が豊富です。農林水産省や防衛相のような各省庁、大手企業管理職などレアな求人も多数掲載されています。他求人サイトでは出会えないようなレアな求人が多く集まっています。また、一般的に転職が成功しやすい年齢は30歳前後といわれていますが、ミドルの転職はハイキャリア向けの求人サイトなので年齢を理由に不採用になる心配がほとんどありません。

特徴②年収1,000万円以上の求人を1,000件以上掲載

現在年収1,000万円以上の求人を15,655件掲載しています。幅広い職種の求人を取り扱っており、そのほとんどが高収入、好待遇の求人です。年収1,000万円まではいかなくとも最低年収500万円以上の求人がほとんどです。これは一般的な転職サイトに掲載される年収と比較しても高い年収になるため、キャリアアップで高収入を狙いたいミドル層にはぴったりの転職サイトでしょう。

特徴③ 会員のみの非公開求人・スカウト機能有り

ハイクラスな求人を多数掲載しているということで社名が非公開の求人も多く存在します。このような求人を確認するためには会員登録を行い、求人を担当しているエージェントに向けて自分からアクションを起こす必要があります。求人を見つけてすぐに応募する場合と異なり、手間が多いと感じるかもしれません。しかし非公開の求人は高収入・好待遇で応募の殺到が予測されるなど非公開になった理由が必ず存在します。好条件の求人である傾向が強いため非公開の求人はぜひ確認しましょう。また、会員登録で自分の条件や興味のある職種、これまでの職歴・実績など細かく設定しておくことで、転職エージェントからスカウトが来る可能性もあります。これは、登録者に魅力を感じてくれているというサインです。積極的にスカウトの求人に応募してみましょう。

ミドルの転職の良い評判・メリット

上記では、ミドルの転職の基本情報や特徴をご紹介しました。では具体的にいい評判やメリットはどのようなことがあるのでしょうか。ここからは実際の口コミをもとに、ミドルの転職のいい評判・メリットをご紹介します。ミドルの転職のメリットは、主に以下の2つです。

  • ・大手企業の管理職への転職チャンスがある
  • ・転職者に最適な転職エージェントを探すことができる

それでは、詳しく見ていきましょう。

メリット①:大手企業の管理職への転職チャンスがある

40代前半・男性

これまで当たり前にやっていた仕事を詳しく職歴に記載することで、長年培ってきたスキルが企業から評価され管理職として採用されたときには非常に驚きました。自分が望んだ以上の好条件・高収入な転職先決定にとても満足しています。また、自分のもつスキルを再確認することにもつながったと感じています。

30代後半・男性

スカウトを待つばかりで積極的に求人に応募する、エージェントにコンタクトをとるなど自分からのアクションが少なかったと思います。しかし、思うような転職活動ができていないと気付き、非公開求人を覗いて気になったエージェントこちらから連絡したところ、トントン拍子に希望転職先から内定をいただくことができました。ミドルの転職では待っているだけではチャンスをつかむことができません。自分から積極的な行動に移すことが想定以上の転職成功につながるはずです。

上記のようにミドルの転職では転職者希望者自ら積極的な行動をとることが、大手企業管理職やそれ以上の転職につながっているようです。会員登録することでスカウト機能が使えるようになりますが、待っているだけではなかなか成果に直結しません。会員登録のもう一つの機能として非公開求人の閲覧が可能になるため、そちらの機能を積極的に使うことで期待以上の転職につながるでしょう。

メリット②:転職者に最適な転職エージェントを探すことができる

30代後半・女性

エージェントを探すという機能を使って自分にぴったりの転職エージェントを見つけました。良い転職エージェントとの出会いが良い転職につながると思います。エージェントとより細かくヒアリングすることで信頼性を築き、転職活動の途中で自分の新たな良さに気づくことができました。それにより職種の視野を広げたことがきっかけで、早期転職に成功しました。

40代前半・女性

年齢的にも転職先が決まるか不安でしたが、転職エージェントとの相性がよく履歴書及び職務経歴書の作成ポイント、面接対策など様々な面でサポートしていただきました。これらがなければ自分の希望条件に合った転職活動はできなかったと思います。他転職サイト・エージェントでは1人の転職エージェントから変更できない場合もあるようです。しかし、ミドルの転職ではエージェントが合わないと感じたら、再度別のエージェントを探すこともできるため、自分にぴったりに優秀なエージェントに出会えるはずです。

エージェントとの相性も転職成功につながっているようです。「エージェントを探す」という検索機能が、よい転職エージェントを見つけることに役立っています。転職活動を行う際には、転職のプロであるエージェントからのアドバイスは必要不可欠です。細かいヒアリングを通して信頼できるエージェントを見つけましょう。

ミドルの転職の良い評判は本当?口コミを徹底検証

ここまで実際のミドルの転職のいい評判に関して、口コミをもとに紹介してきました。しかし、これらの評判は本当なのでしょうか。ここでは前述したミドルの転職の2つのメリットを実際に検証していきます。

メリットの検証①:大手企業の管理職への転職チャンスがある


引用元:https://mid-tenshoku.com/
ミドルの転職では年収が1000万円以上の求人を10000件以上掲載しています。年収1000万円まで行かなくとも一般的なサラリーマンの平均年収を上回る求人が多数で、それらはほとんどが大手企業または管理職の募集です。ミドルの転職の公式サイトには転職実績が記載され、NECやOMRONなど、他にも多くの国内大手企業の名前が並んでいました。

転職者に最適な転職エージェントを探すことができる


引用元:https://mid-tenshoku.com/

ミドルの転職には、専門分野に精通した優秀な転職エージェントが在籍しています。現在の在籍数は約2,500社で、その多くが非公開求人を保有するエージェントです。現在ミドルの転職に掲載されている求人は132,869件ですが、そのうちの10,000件近くが非公開求人になっています。これらは高収入や好待遇で応募の殺到が予想される求人ばかりです。会員登録することで非公開求人を保有するエージェントとコンタクトをとることが可能です。スカウトを待つだけでなく積極的に行動しましょう。

ミドルの転職の悪い評判・デメリット

転職エージェントには異なる特徴があるため、実際に使ってみないと合う・合わないは判断できません。ここからはミドルの転職の実際の口コミをもとに、ミドルの転職の悪い評判・デメリットをご紹介します。ミドルの転職のデメリットは以下の2点です。

  • ・20代~30代前半の若手向け求人が少ない
  • ・ハードルが高い求人が多い

それでは見ていきましょう。

デメリット①:20代~30代前半の若手向け求人が少ない

20代後半・男性

年収500万円~1,000万円のハイクラスな求人が多く、それに伴って応募の必須条件が若手では満たせないような求人が多いと感じました。これからキャリアアップを考え、徐々に年収を高くしていきたいと考える人は別の転職サイトやエージェントを利用したほうがよいと思います。魅力的な求人がたくさんありましたが、私自身がミドルの転職で転職活動を行えるレベルではないと感じました。

30代前半・女性
若手が応募できる現実的な応募要項を提示している企業がほとんどありませんでした。専門的な資格必須や、マネージャーのような管理業務の経験を有するなどハードルの高さを感じました。また、優秀なエージェントが多いと定評があるミドルの転職ですがエージェントの対応にばらつきを感じます。最初のエージェントは「紹介できる求人がない」とそれ以上のアドバイスが特になく、若手の転職希望者へ対応が冷たく厳しいと思いました。

ミドルの転職は、その名の通り30代、40代のミドル専用ハイクラス転職サイトなので、20代~30代前半の若手向け求人の件数がかなり少ないようです。求人が少ないとエージェントにとっても対応しづらくなってしまうため、対応が悪いという印象を持ってしまう場合もあるでしょう。高収入の求人が多い分、それに伴ったレベルの高さが求められます。

デメリット②:ハードルが高い求人が多い

30代後半・女性

20代でそれなりのキャリアを積んできたと考え、今後更なるキャリアアップを望みミドルの転職に登録しました。高収入な求人が多いためか、一般的な転職サイトと比べて必要資格や職歴のハードルが高く、求人紹介していただいても書類の時点で落ちてしまうことが数回続きました。

40代前半・男性

前職で管理職についていた経験を活かし、より高収入な企業への転職を希望しました。ミドルの転職掲載求人は、管理職での実務経験に加えて具体的な実績の提示が求める企業がほとんどです。ある程度のキャリアを積み、転職前から年収500万円近くある方には良い転職サイトだと思いますが、そうでない方は別の転職サイトやエージェントを活用したほうがよいと思います。

キャリアアップをするために利用する転職サイトとして、ミドルの転職は申し分ないでしょう。しかしその分、求められるスキルや実績のハードルが高いことは理解しておく必要があります。実際のサイトに掲載されている求人のほとんどには、必須の応募資格として具体的な実務経験や実績が記載されています。キャリアや経験が少ない若手転職希望者にとっては、なかなか応募まで進めず、ハードルが高いと感じてしまうでしょう。

ミドルの転職の悪い評判は本当?検証して分かった実情

ミドルの転職は多くの口コミが存在し、そのほとんどが「良さやメリットを感じている」という内容でした。しかし中には悪い口コミやデメリットも存在するようです。悪い評判を気にして転職サイトの利用を躊躇する方も多いのではないでしょうか。そういった方に向けて、ここでは上記で紹介した2つのデメリットを解説していきます。

デメリットの検証①:20代~30代前半の若手向け求人が少ない


引用元:https://mid-tenshoku.com/
ミドルの転職は国内最大級のミドル層向け転職サイトです。サイト登録者も35歳以上の転職希望者がほとんどのようです。高収入を狙う、20代の時とは転職理由が異なる、転職年齢に不安があるなど、ミドル層独特の転職に対する悩みに特化したサイトであるため、若手向けの求人掲載やエージェント対応はほとんどありません。ハイキャリアを狙う若手向けの転職サイトとして、ミドルの転職と同じくエン・ジャパンが運営するAMBIという転職サイトがあります。20代~30代前半の若手ビジネスパーソンはそちらを活用したほうがスムーズな転職活動につながるでしょう。

デメリットの検証②:ハードルの高い求人が多い


引用元:https://mid-tenshoku.com/report/

ミドルの転職に掲載されている求人は高収入・好待遇な求人がほとんどです。それに伴って応募必須条件や求める人材のハードルが高い求人が多い傾向にあります。「ある程度のキャリアは積んできたが、企業とマッチするか不安…」そういった気持ちの転職希望者も多いはずです。しかしミドル層の転職に特化した転職エージェントが的確なアドバイスや、提出書類の添削を行ってくれるため、安心して転職活動を進めることができます。エージェントは転職者自身が気づかない良さまで引き出してくれるため、積極的に面談・相談の機会を設けましょう。

ミドルの転職の総評

ミドルの転職は30代~40代のミドル層向けにハイキャリア求人を多数掲載する転職サイトです。求人数掲載数が多いですがそのほとんどが年収500万円以上、中には年収1000万円を超える高収入・好待遇求人もあります。大手企業の管理職や各省庁勤務など、ほかの転職サイトでは目にすることがないレアな求人と出会うチャンスもあります。会員登録することでエージェントが保有する非公開求人への応募も可能です。しかし、ミドルの転職の求人掲載は転職者に求めるレベルが高く、職歴や実績、特別な資格を必要とする求人がほとんどです。20代~30代前半の若手ビジネスパーソンには適したサイトではありません。そういった転職者が高収入・好待遇を狙ってミドルの転職を利用しても、スムーズな転職活動ができないことが予想されます。

ミドルの転職では、転職や企業にまつわる様々なテーマでコラム記事を掲載しています。その時期のトレンドに合わせた内容で社会情勢と結びつくような記事が多数です。読んでおくことで面接などに役立つ可能性もあります。こちらは会員登録なしで閲覧可能なので、ハイキャリア転職を勉強したいという方におすすめです。

ミドルの転職に向いている人と向いていない人の特徴

ミドルの転職は30代~40代のミドル層向け転職サイトなので、向いている人と向いていない人の特徴がはっきりと分かれます。自分に向いていない転職エージェント・サイトの活用は転職活動を長引かせる原因になってしまいます。事前に確認し、向いていないと感じた際には別の転職エージェント・サイトの利用をおすすめします。

ミドルの転職に向いている人

下記のような人に向いているといえます。

  • ・30代~40代のミドル層でハイキャリアを目指す方
  • ・転職前の年収が500万円以上で転職後はそれ以上の高収入を狙いたい方
  • ・大手企業や各省庁勤務などのレアな求人に興味がある方
  • ・過去の職歴で特別なスキル・資格を有し、それらを活かして転職したいと考える方

30代~40代のミドル層でハイキャリアを目指す方には最適な転職サイトです。特に転職前の年収が一般的なサラリーマンより高く、転職後はそれ以上の収入を狙っている方、過去の就業で特別なスキルや経験を有する方は、それらを活かしてスムーズに転職活動を進めることができるでしょう。会員登録することで優秀なエージェントが保有する非公開求人への応募も可能です。非公開求人は高収入・好待遇であることがほとんどなので、こういった求人への応募に興味がある、挑戦したい方はミドルの転職に登録してみましょう。

ミドルの転職に向いていない人

  • ・20代~30代の若手ビジネスパーソン
  • ・これまでの職歴で特別なスキル・資格を有していない方
  • ・転職前の年収が500万円以下の方

20代~30代の若手ビジネスパーソンは、ほとんどの求人で応募必須条件に達しない可能性があります。中には、20代後半~30代前半でミドルの転職から転職先が決定した方もいるようですが、ごく少数に留まっています。また、ミドル層でも特別なスキル・資格を有していない方は応募のハードルが高いと感じてしまうかもしれません。そういった方も別の転職サイト・エージェントを利用したほうが、スムーズな転職活動を行うことができるでしょう。

【主要エリア】ミドルの転職の求人数

東京のミドルの転職の求人数

2021年11月現在のミドルの転職求人掲載数は128,349件です。そのうち79,082件が東京都の求人で、これは全体の約62%に当たります。半数以上が都心部の求人であることが分かります。

大阪のミドルの転職の求人数

2021年11月現在関西全域の求人掲載件数は23,347件です。そのうち大阪府の求人は17,906件で約77%に当たります。やはり関西の中心である大阪の求人が多いようです。

愛知のミドルの転職の求人数

2021年11月現在愛知県の求人掲載数は11,059件です。愛知県は名古屋市の求人がほとんどのようです。ミドルの転職全体の求人掲載数から、地方に行くにつれて求人数が少なくなる傾向が分かります。

ミドルの転職の登録~面談の流れ

会員登録

ミドルの転職で転職活動を行う際にはまず会員登録を行う必要があります。公式サイトにアクセスして「会員登録」をクリックして必要事項入力に進んでください。ここでは基本的なプロフィールに加えて、これまでの職歴や所有資格など詳しく入力していきます。また、転職希望企業の条件入力もあります。これらを詳細に書くことがエージェントからのオファーや、自分にぴったりの求人をピックアップしてくれることにつながります。

「気になる」ボタンを押していく
会員登録で入力した情報から転職者に合った求人を自動的にピックアップしてくれます。「気になる」というところをクリックすると見た求人を記録しておくことができます。あとからさかのぼって求人を探す手間が省けるとても便利な機能です。ぜひ活用しましょう。

・求人・エージェント検索


企業やエージェントからスカウトが来ることもありますが、早期に転職を成功させたい場合は自分から積極的な行動に移しましょう。求人検索は細かい条件を指定して検索することができます。また、エージェントは得意分野から自分ぴったりのエージェントを見つけましょう。

エージェントとの面談

気になるエージェントにコンタクトをとったら次は面談を設定しましょう。エージェントと細かくヒアリングを重ねることで、転職成功につながる具体的なアドバイスをもらうことができます。また、エージェントが保有する非公開求人を公開してくれる可能性もあるため、多くのコミュニケーションをとり信頼関係を築いていきましょう。

ミドルの転職に関するQ&A

ミドルの転職から企業にエントリーした後の流れを教えてください

エントリー完了後1週間ほどで応募企業からメッセージが届きます。「エントリー・メッセージ管理」をクリックすると届いたメッセージを確認することができます。メッセージには追加提出資料や今後の流れ、面接予定日などが記載されています。しっかり確認しましょう。

登録しましたが、全体的にハードルが高い気がします

ミドルの転職では様々な職種の求人を掲載しています。転職エージェントはそれぞれの分野に特化した優秀なエージェントがおおいため、まずは一度面談してみることをおすすめします。ハードルが高いと感じていても、これまでの職歴や資格を活かせる新たな可能性が見つかるかもしれません。また、視野に入れていなかった求人を見る良い機会にもなります。積極的にサイトを活用してみてください。

エージェントは本当に安全ですか

転職エージェントは、厚生労働大臣の許可を得て、職業安定法に基づいた業務を行っています。ミドルの転職では「許認可」を受けた転職エージェントのみを掲載しているため、安心してご利用いただけます。

転職に関するコラム記事の閲覧は無料ですか

転職関連やトレンドに合わせたコラム記事、インタビュー記事を多数掲載しています。定期的な更新も行っており、これらはすべて無料で閲覧可能です。ハイキャリア転職に関する勉強や社会情勢について学べる記事もあるため、ぜひ読んでいただき面接対策への活用をおすすめします。

ミドルの転職の運営会社「エン・ジャパン」

ここまでミドル層向け転職サイト「ミドルの転職」について詳しく説明してきました。では、ミドルの転職を運営している「エン・ジャパン」はどのような会社なのでしょうか。会社概要について紹介していきます。

会社概要

ミドルの転職を運営しているエン・ジャパン株式会社の会社概要を掲載します。

社名 エン・ジャパン株式会社
本社所在地 〒163-1335 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー
資本金 11億9,499円
設立 2000年1月
従業員数 (法人全体)2,853名(単体:1,407名)
事業内容 ・人材採用・入社後活躍サービスの提供
・インターネットを活用した求人求職情報サービス
・人材紹介
・社員研修
・人事コンサルティング、適正テスト

拠点 全国

エン・ジャパン株式会社は国内最大手の人材広告関連企業です。転職サイトをターゲット別に複数運営し、他にも学生向けの就職支援やアルバイト情報の掲載まで多岐にわたって人材広告事業を展開しています。国内最大手で雑誌やテレビCMでも取り上げられていることから、運営会社としては信頼のおける企業でしょう。サービス充実に加えて、個人情報の管理も徹底しているため安心して転職活動を行うことができます。

関連記事

ミドルの転職の評判は?口コミを徹底検証し大手転職サイトと比較!

現在、転職を希望する人のほとんどがエージェントの在籍する転職サイトを活用して転職活動を行っています。「せっかく転職サイトに登録したのに求人がなかった」「エージェントが自分に合わなかった」そういった思いをしないためにも、まずは自分にぴった...

ハイクラス向け!ビズリーチの使い方・注意点を3分で解説

ビズリーチとは、国内最大級の「ハイクラス向け」転職サービスです。 転職サイトは基本的に無料で使えるところが多いのですが、ビズリーチでは有料会員という枠が設けられています。 有料と聞くと「無料で使えるサイトとどう違うの?」...

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)の評判は悪い?他転職サイトとの比較や口コミの徹底検証

転職サイト「リクルートダイレクトスカウト」とは リクルートダイレクトスカウトは、人材系大手のリクルートが運営する転職サイトです。 「ハイクラス求人に特化したエグゼクティブ向け転職サービス」をうたっており、特にミドル層以上に多く利用さ...

ビズリーチでヘッドハンターを活用するための3つのポイントを解説

ビズリーチは、ヘッドハンターと呼ばれる人材紹介会社などの転職エージェントも登録しているのが特徴です。 しかし、実際のところ「ヘッドハンター制度ってどういうものなの?」「どうやって選べばいいの?」と思いますよね。 そこで今...

転職したときって退職金はもらえる?知っておくべき注意点2つも解説

退職金は、一定の勤続年数以上の方には、自己都合での退職の場合も支給されたりすることがあります。 そんな退職金ですが、「転職したときってもらえるの?」や、「どれくらい支払ってくれるの?」という疑問はありますよね。 そこでこ...

【2021】ビズリーチで受け取る2つのスカウトについて徹底解説します。

国内有数のハイクラス向けの転職サイト「ビズリーチ」には、スカウト機能があるのが大きな特徴です。 これは、企業や転職エージェントが求職者へ直接オファーをかけるというもの。 今回は、このスカウト機能について徹底的に解説してい...

Greenの評判は?口コミを徹底検証し大手転職サイトと比較!

転職活動の方法のひとつとして、転職エージェント以外に転職サイトを使用する方も多いのではないでしょうか。気軽に転職情報を確認ができ、自分にあった業界や住まいの近くの企業を検索することも可能です。 しかし無数にある転職サイトのなか...

findyの評判は?口コミを徹底検証し大手転職サイトと比較

現在、転職を希望する人のほとんどがエージェントの在籍する転職サイトを活用して転職活動を行っています。「せっかく転職サイトに登録したのに求人がなかった」「エージェントが自分に合わなかった」そういった思いをしないためにも、まずは自分にぴった...

レバテックキャリアの評判は?口コミを徹底検証し大手転職サイトと比較!

転職エージェント「レバテックキャリア」とは 転職エージェント「レバテックキャリア」は、ITエンジニア・クリエイターに特化した転職支援サービスです。職種の専門知識やノウハウをもつ、専任のキャリアアドバイザーがカウンセリングを行い、求職者...

アンテロープの評判は?口コミを徹底兼用し大手転職サイトと比較

現在、転職を希望する人のほとんどがエージェントの在籍する転職サイトを活用して転職活動を行っています。「せっかく転職サイトに登録したのに求人がなかった」「エージェントが自分に合わなかった」そういった思いをしないためにも、まずは自分にぴった...

TOP