コンサルティング

クニエの転職難易度は?年収や面接対策を解説

 
▼下記は、クニエに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからクニエに転職してくるのか
・転職先:クニエからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

クニエで働いている人の学歴・職歴

学歴

学歴は、大学・大学院卒が在籍。高学歴者の比率が高く、海外大学出身者もいます。

職歴

職歴は、富士通IBMなどのSIerアクセンチュアデロイトPwCなどのコンサルティングファームがあげられます。

退職後の主な転職先

業種問わず国内大手事業会社や、アクセンチュアデロイトPwCなどのコンサルティングファームに転職しています。

クニエはNTTデータのビジネスコンサルティングユニットとして設立されたビジネスコンサルティング企業です。
システム開発は行わず、業務プロセス改革や戦略の立案など、上流から下流までコンサルティング業務に特化しており、顧客と共に企業変革を実現することを目指しています。
2009年設立と歴史はまだ浅く、東京都千代田区に本社を構えており、700名の従業員が在籍しています。
クニエでは現在、熱意をもって仕事に取り組むことができ、チームを牽引していける能力や語学力など、即戦力となる力が求められています。

【非公開求人】エージェントを通してクニエに転職する方法

企業の「人事部と直接繋がっている」日系ハイエンド転職エージェントにしかないクローズド案件をご紹介します!

ポイント!
  1. ・スペシャリストを探す目的とされた案件のため、一般的に公開はされておらず、限られたエージェントのみが企業側から共有されております。
  2. ・人事部と直接繋がっているため、企業に聞き辛いこともエージェントが先にお答え致します。(職場環境・採用人物像・給料交渉など)
  3. ・企業に採用されるためのトータルサポートを行います!

-実際のクローズド案件(一部)
クニエ案件
クニエ案件

クニエへの転職に強い転職エージェント ウィル・グロー株式会社

ポイント!
  1. ・代表がNTT東日本の人事部出身者(13年勤務)
  2. -クニエはNTTデータグループ

  3. ・クニエへの転職サポート実績あり
  4. ・エージェント経由(ウィルグローからクニエ)での高い合格率

この記事でわかること

  • クニエの企業概要
  • クニエの転職ポイント
  • クニエの社風や企業文化

クニエに転職するポイント

クニエの特徴

POINT

  • ・コンサルティングに特化したプロフェッショナル企業
  • ・キャリア採用が9割
  • ・多様性と働きやすい環境

クニエへ転職するポイント

POINT

  • ・情熱があり、貢献心がある人材を求めている
  • ・チームを思いやる気持ちがあることが肝心
  • ・国内外を行き来するため、一定以上の語学力が必要

クニエの企業概要

会社名 株式会社クニエ
本社所在地 東京都千代田区大手町2-3-2 大手町プレイスイーストタワー11F
社長 高木 真也
設立 2009年7月1日
株式 未上場
株主構成 株式会社NTTデータ(100%)

クニエの売上

クニエは未上場のため、親会社の株式会社NTTデータの売上を掲載しています。

株式会社NTTデータの売上推移

年数 2017年 2018年 2019年
売上高 1,732,473百万円 2,117,167百万円 2,167,083百万円
経常利益 112,993百万円 121,564百万円 125,897百万円

クニエの最新ニュース

クニエの最新情報を掲載しております。

クニエの事業内容

クニエは経営戦略や企画変革を実現するためにコンサルティングサービスを提供している企業です。
企業の持続的な成長を実現するために、戦略的意思決定の支援やスピーディーな実現と定着化など行います。
また、企業経営における経営戦略や事業戦略を合理的かつ効率的に実行するために、組織構成や経営管理制度の設計、グループ事業再編やM&Aの実行なども支援します。
そのほかにもマーケティング戦略の提供や組織・人材ソリューションの提供、地方創生と農業再生などにも力を入れており、あらゆる場面でマルチに活躍している企業です。
今後は東南アジアへの海外展開を拡大、さらには欧米への海外展開と拡大を考えています。
その理由としては、NTTグループが所持しているデジタル技術や生産と設計開発など、そういった能力がアメリカの企業でも求められているところにあります。
クニエはこの先もグローバル展開を積極的に行い、事業展開と拡大を計っていくでしょう。

クニエの転職の募集要項

インダストリーコンサルタント(消費財・小売流通)

インダストリーコンサルタントは飲料や食品などの消費財メーカーから卸や小売を通じて、最終消費者に至るまでの消費財バリューチェーンに特化したポジションです。
消費財業界に対する知見や先進マネジメント手法、ITなどの専門性に加えて、ソリューションの組み合わせやチェンジマネジメントを担当します。
具体的な業務内容は、グループ戦略立案支援や経営管理改善支援、連結経営、業績管理強化などです。
キーアカウントとの長期リレーションシップに基づく多くの実績があり、若手コンサルタン度でも早い段階で第一線で活躍できるサポート体制が整っています。

必須な経験・スキル

  • ・消費者メーカーや小売、流通における全般の業務知識
  • ・消費財業界におけるプロジェクト経験
  • ・理論的思考能力やリーダーシップ能力 など

インフラテクノロジーコンサルタント

インフラテクノロジーコンサルタントはオンプレミスや仮想化、クラウドなどさまざなITインフラストラクチャーの提供を行うポジションです。
企業のITインフラストラクチャーが複雑化する現代のさまざまなニーズ、期待に応えるためのITインフラストラクチャー環境の最適化が重要と重きを置いています。
具体的な業務内容は、IT最適化戦略やクラウド戦略、IT運用最適化などです。
サーバOSに関する知識や経験、ネットワークの知識などがある方は、面接で有利になる可能性があります。

必須な経験・スキル

  • ・ITインフラストラクチャーに関する基礎知識
  • ・情報処理に関する基礎知識
  • ・顧客要望を理解しチームに共有できるコミュニケーション能力 など

プラクティスサポート

プラクティスサポートは、リスク品質管理や人材育成、管理の観点からバックアップなど、多岐にわたってサポートするポジションです。
具体的な業務内容は、プロジェクトリスク品質管理やリソースマネジメント、害虫契約管理などです。
コンサルタントとして後進の指導や教育経験、プロジェクトマネージャーとしての経験などがあると、重宝される傾向があります。

必須な経験・スキル

  • ・大手コンサルティングファームにおけるコンサルタント経験
  • ・高いコミュニケーション能力
  • ・会話ができるレベルの英語力 など

クニエの転職難易度

クニエの転職難易度は比較的高いです。
クニエは2009年設立と歴史は浅いですが、事業拡大中の企業であり、即戦力となるような優秀な人材を求めている傾向があります。
その結果、応募者のレベルは全体的に高く、そのなかで採用を勝ち取るというのは簡単ではありません。
ライバルの応募者たちに負けないような卓越した能力があることが採用してもらえる鍵になります。
そういった能力を上手にアピールすることが肝心です。

クニエが転職者に求める人物像

クニエでは、情熱があり、社会に貢献する気持ちを持った人材を求めています。
クニエという社名には「Quality(品質)」と「Enthusiasms(熱意)」という2つの意味が込められています。
品質は徹底的な学習と経験の積み重ねで得られるものですが、熱意は顧客を思い仕事に打ち込むマインドのことです。
それに加えて、共に働く仲間やチーム、会社と社会に貢献したいと考えている人材を求めています。
そういった人材が集まることで、切磋琢磨するライバル同士の健全な競争が促進されて、組織の成長にも繋がります。
面接の際は、知的レベルが高く、仲間の成功を喜べるということをアピールすると良いでしょう。

クニエの転職までの流れ

クニエの選考フロー

書類・エントリーシート提出

WEBテスト・SPI

一次~二次面接

想定選考官:人事・役員
志望動機や前職までの経験など、一般的な質問が多いです。

最終選考

想定選考官:代表
これまでにされた質問をさらに深堀して、改めてクニエにマッチしている人材かを判断されます。

クニエの面接形式

面接はほとんどの場合1対1で行われます。
面接回数は2~3回です。
面接時間は1回につき30分前後となります。

クニエの面接内容

クニエの面接は、志望動機や前職までの経験など、一般的な質問から面接が進められていきます。
特段変わった質問をされることはほぼありませんが、「なぜコンサルタントになりたいのか」「なぜクニエを選んだのか」「コンサルタントとして何を実現したいのか」の3つは重要視しており、この3つをしっかり回答できないと採用してもらうのは厳しくなってしまうでしょう。
また、こちらの回答に対して「それはなぜ?」と深堀してくる傾向があります。
しっかりと自己分析を行い、どんな質問をされても回答できるように事前準備することをおすすめします。

クニエで働いている方の評判・口コミ

ITコンサルタント 在籍3~5年 男性
良い意味で小さく、小回りが利く会社なので、チャンスに触れられる機会が多い会社だと思います。各コンサルタントが自由に発言できる環境があります。ただし、部署やプロジェクトによっては、文化はきく異なるので合う合わないは人によってあるかもしれません。
ビジネスコンサルタント 在籍1~3年 男性
新卒や中途採用関係なく、研修制度が非常に手厚く、外部講師を積極的に活用しているので、スキルアップに繋がります。コンサルタントとして、レベルアップしたいと思っている人には向いている会社だと思います。
ビジネスコンサルタント 在籍3~5年 女性
NTTグループなだけあって、福利厚生などの社内制度がとても充実しています。有給休暇の消費率はとても高く、プライベートの時間も大切にすることができます。安定した収入もあるため、安心して働ける環境が用意されています。
口コミの要約

クニエの口コミを見てみると、多くのチャンスが得られて、働きやすい環境があるということが伝わってきます。研修制度も充実していることから、スキルアップに繋がる環境があるということも分かります。ネガティブな口コミとしては、部署によって文化が異なり、大変な部署があるという口コミが多く目につきました。

クニエの年収・給与

年収 800万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 なし
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 社会保険完備、厚生年金基金、社員持株会、退職金制度など

クニエでの転職者の出世難易度

クニエの出世難易度は、比較的高いです。
上記で説明した通り、クニエでは即戦力で優秀な人材を求めている傾向があり、在籍している社員も優秀な方が多く在籍しています。
そんな優秀な社員が在籍しているなかで、成果を出し続けて出世するというのはなかなか大変でしょう。
しかし、平等に評価してもらえるので、まったく出世できないということではありません。
情熱を持ち、顧客に対して真摯に向き合い、その企業に貢献できるような人材であれば、出世できる可能性は大いにあります。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代前半 なし 500万円
20代後半 なし 600万円
20代後半 なし 700万円
30代前半 なし 700万円
30代前半 なし 800万円
30代中盤 シニアコンサルタント 1000万円
30代後半 マネージャー 1,100万円
40代前半 マネージャー 1,100万円
40代前半 マネージャー 1,100万円
40代中盤 マネージャー 1,200万円

クニエはどんな人が働いている?

クニエの従業員数

700名

クニエの平均年齢

31.0歳

クニエの平均勤続年数

記載なし

クニエの社風

クニエは比較的自由な風潮であり、風通しの良い社風です。
必要以上にストレスを感じることなく、業務にあたれる環境が用意されています。
やれる人がやるべきことをやり、成果が出た場合はそれをみんなでシェアする、決して奪い合うことはしない、という社内風土も定着しています。
また、日本に本社があることから、グローバルプロジェクトを自分達が主導に仕切って進められるという魅力があります。
さらにはNTTデータグループであることから、新しいITテクノロジーやビジネスモデルに触れられる機会がとても多いでしょう。

クニエのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~18:00
休日 休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 リフレッシュ休暇、各種有給休暇、年末年始休暇、創立記念日など
平均残業時間 45時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

クニエの社長

高木 真也

1957年生まれ、東京都出身。
1980年に日本電信電話公社入社。
1994年にNTTデータ通信株式会社の産業システム事業本部担当部長に就任。
その後、株式会社NTTデータの東海支社産業部長や、法人ビジネス事業本部第一法人ビジネス事業部長などを歴任。
2011年に株式会社クニエの代表取締役社長に就任。

クニエ現職、OB/OGの有名人

勝俣 利光

1995年にKPMGコンサルティングのスターティングメンバーとして日本法人の立ち上げに参画。
2002年にKPMGコンサルティングマネージングディレクター就任し、ERP部門とSCM部門を統括。
その後、ベリングポイント執行役員やインダストリーリーダーなどを歴任し、クニエの創立と発展をリードしてきた。

クニエの転職に関わるQ&A


クニエのSPIはクニエ独自のものを使っており、計数や言語、英語などが出題されます。
全体的に難易度はそこまで高いというわけではなく、ほかの企業を受けるときと同じように対策しておけば、そこまで問題ないでしょう。
ただし、英語だけは難易度が少し上がりますので、心配な方は英文読解の演習を行うことをおすすめします。


クニエの男女比でいうと男性のほうが多く在籍していますが、女性でも男性と変わらず働けるよう工夫がされており、差別がないので、評価も平等にしてもらえます。
また産休や育休の取得率が高く、そこからの復帰率は100%となっているので、女性でも安心して働けるでしょう。
また、多様性があることから、男女のみならず国籍問わず、海外の方でも働きやすい環境があります。

クニエへ転職する方法

クニエの採用ページから申し込む

クニエの公式サイトにある採用ページから応募が可能です。
採用情報ページには企業のことやプロジェクトのことなどが掲載されているので、応募する前に一度、読んでおくと良いでしょう。
ただし、募集内容はそれほど具体的に掲載されているわけではありません。
より詳しい募集内容が知りたい場合や、一般公開されていないような求人に応募したい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な求人から自分に合ったポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用してクニエへ転職したいなら、豊富な求人数を誇っており、ミドルクラス~ハイクラス案件が多い「ビズリーチ」がおすすめです。
ビズリーチでは、今の自分の市場価値を把握することができ、より自分にピッタリなポジションへ転職しやすくなるという特徴を持っています。

転職サイトを活用するメリットは3つあります。
・豊富な求人案件数
・自分のペースで転職活動ができる
・応募までのスピード感

豊富な求人案件数の中から自分に合ったポジションを探したい場合や、気軽に自分のペースで転職活動を行いたい場合は、転職サイトがおすすめです。
また、転職エージェントを活用する前に転職サイトを利用する方が多く、まずは募集内容や必須スキルなどを知りたいという方は、事前にチェックするのも一つの手といえます。

ビズリーチには細かい分野ごとのコンサルタント案件が多数!

ビズリーチに掲載されているクニエ求人は616件です。

※画像はイメージです。

募集している職種の多くは、業務プロセスコンサルタントや戦略コンサルタントといった、コンサルト職の募集が多く掲載されています。
ハイクラスをメインに扱っているビズリーチなだけあり、全体的に年収が高めであり、最低年収は800万円となっています。
また、一般公開されていない非公開求人を多く持っている傾向があり、キャリアアドバイザーに相談することで紹介してもらえる可能性があるでしょう。
ただし、ビズリーチを含めた転職サイトからの応募は、自分と企業とのすり合わせが上手くいかないこともあり、スキルや経験などで不採用となってしまうことも少なくありません。
確実な転職をしたのであれば、転職エージェントの活用がおすすめです。

少しでも転職成功率を上げたいなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用してクニエへの転職を目指すなら、キャリアコンサルタントの質に定評がある「リクルートエージェント」がおすすめです。
業界やポジションごとの専門性に特化したキャリアコンサルタントが在籍しており、非常に多くの求人案件数を誇っています。

転職エージェントを活用するメリットは3つあります。
・キャリアプランをはじめ、さまざまな幅広いサポート
・高いマッチング率により、転職成功率UP
・豊富な一般求人のほかにも非公開求人多数

クニエはミドルクラス~ハイクラス企業の中では人気の高いため、競争率は非常に高くなっています。
転職成功率を可能な限り上げて、より有利に転職したいのであれば、転職エージェントを活用するのが確実な方法といえます。

リクルートエージェントでは企画やコンサルタントなどの案件が多数!

リクルートエージェントの求人を見てみると、企画やコンサルタントといった案件が多数掲載されています。
クニエ リクルートエージェント
※画像はイメージです。

クニエのどのポジションに行きたいかを完全に決めきれていない方や、初めての転職という方は、求人情報を幅広く見られるリクルートエージェントはベストといえます。
また、リクルートエージェントは登録しなくても案件を閲覧することが可能なので、パッと求人を見て興味があれば登録してみるのも良いでしょう。
また、非常に多くの非公開求人を持っている傾向があるため、相談することで紹介してもらうことも可能です。

あなたがクニエに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

ボストン・コンサルティング・グループへの転職。年収や難易度を解説

▼下記は、ボストンコンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからボストンコンサルティングに転職してくるのか ・転職先:ボストンコンサルティングからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し...

PwCコンサルティングの転職難易度は高い?年収や口コミを解説

  ▼下記は、PwCコンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからPwCコンサルティングに転職してくるのか ・転職先:PwCコンサルティングからどこへ転職するのか 一般的な傾...

アクセンチュアへの転職。激務で大変って本当?

▼下記は、アクセンチュアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアクセンチュアに転職してくるのか ・転職先:アクセンチュアからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せる...

クニエの転職難易度は?年収や面接対策を解説

  ▼下記は、クニエに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからクニエに転職してくるのか ・転職先:クニエからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

ATカーニーへ転職するには?難易度から面接内容を徹底調査

  ▼下記は、ATカーニーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからATカーニーに転職してくるのか ・転職先:ATカーニーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

三菱総合研究所の転職難易度は?年収や面接内容などを解説

▼下記は、三菱総研に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三菱総研に転職してくるのか ・転職先:三菱総研からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

日本ユニシスへの転職は難しい?年収や口コミなどを解説

▼下記は、日本ユニシスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本ユニシスに転職してくるのか ・転職先:日本ユニシスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの転職難易度は?面接内容・選考フローや年収を解説!

▼下記は、三菱UFJリサーチ&コンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三菱UFJリサーチ&コンサルティングに転職してくるのか ・転職先:三菱UFJリサーチ&コンサルティングからどこへ転職...

デロイト・トーマツ・コンサルティングの転職難易度は?年収や面接内容を調査

▼下記は、デロイト・トーマツ・コンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからデロイト・トーマツ・コンサルティングに転職してくるのか ・転職先:デロイト・トーマツ・コンサルティングからどこへ転職...

野村総合研究所への転職難易度は高い?年収や倍率などを解説

  ▼下記は、野村総合研究所に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから野村総合研究所に転職してくるのか ・転職先:野村総合研究所からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりた...

TOP