コンサルティング

ダイレクトマーケティングミックスへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

ダイレクトマーケティングミックスは、顧客企業からの業務委託に基づいたフィールドセールスによる訪問やエンドユーザー向けのダイレクトマーケティングなどを実施し、顧客の営業成果向上を支援している企業です。
常に顧客目線で最適な提案を行い、期待を上回る成果を残すことを目指しており、顧客の重要なパートナーとして事業展開を図っています。
その結果、徹底した事業戦略が顧客から高い評価を得ており、現在では300社以上から支持されている企業です。
そんなダイレクトマーケティングミックスでは、広報などのポジションで自身の固定概念をなくし、異なる考えを自身に吸収できる人材を求めています。

ダイレクトマーケティングミックスへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・ダイレクトマーケティングミックスの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ダイレクトマーケティングミックスの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ダイレクトマーケティングミックスの企業概要
  • ダイレクトマーケティングミックスの転職ポイント
  • ダイレクトマーケティングミックスの社風や企業文化

ダイレクトマーケティングミックスに転職するポイント

ダイレクトマーケティングミックスの特徴

POINT

  • ・顧客企業からの業務委託に基づき、営業成果向上を支援している企業
  • ・顧客目線で提案を行い、期待を上回る成果を残すことを目指している
  • ・300社以上から高い評価を得ている

ダイレクトマーケティングミックスへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は非常に少ない
  • ・広報などのポジションで求人募集
  • ・自身の固定概念をなくし、異なる考えを自身に吸収できることが肝心

ダイレクトマーケティングミックスの企業概要

会社名 株式会社ダイレクトマーケティングミックス
本社所在地 大阪府大阪市北区曽根崎新地1-13-22 WeWork御堂筋フロンティア16階
社長 小林 祐樹
設立 2017年8月
株式 上場(東証プライム)
株主構成 インテグラル3号投資事業有限責任組合(39.83%)
日本マスタートラスト信託銀行(9.13%)
イノベーション・アルファ(ケイマン)(6.32%)

ダイレクトマーケティングミックスの売上

ダイレクトマーケティングミックスの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上収益 17,213百万円 22,461百万円 30,285百万円
営業利益 2,237百万円 3,586百万円 4,779百万円

ダイレクトマーケティングミックスの最新ニュース

ダイレクトマーケティングミックスの事業内容

ダイレクトマーケティングミックスは、顧客からの業務委託に基づき、顧客の営業成果向上を支援する西日本を代表するベンチャー企業です。
主力として、数多くの運用経験から得たノウハウと実績を活用し、顧客の課題や目的に合わせた戦略と計画の策定など、顧客企業向けのコンサルティングが挙げられます。
また、顧客の要望に合わせてきめ細かく、企業と人をつなぐための人材派遣サービスや、さまざまな業界におけるコンタクトセンターの構築と運営実績、専門的なオペレーションノウハウを駆使したマーケティングも行っています。
これらのコンサルティングやマーケティング、人材派遣サービスを提供し、顧客の営業耐性強化や業務効率化の改善に大きく貢献している企業です。
今後の展望として、デジタルによる付加価値の向上や多様化する顧客のニーズに対応するべく、サービスの機能向上と多様化を図っていくことを公言しています。

ダイレクトマーケティングミックスの募集要項

広報・事務サポート

SNSの更新や社内外の広報活動を行うポジションです。
具体的には、会社公式SNSや従業員用ホームページ、連絡ツールの情報発信企画と管理、運営を行います。
また、投稿内容の企画や作成、それらに付随する事務処理なども行うなど、比較的幅広く携われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・Excelなどの基礎的操作ができる

ダイレクトマーケティングミックスの転職難易度

ダイレクトマーケティングミックスの転職難易度は比較的高いです。
現在募集されているポジションでは、それほど高いレベルのスキルや経験が求められていることはなく、未経験からの応募でもチャンスがあるといえます。
しかし、求人数は非常に少なく、競争率が激しくなり倍率が高くなることが想定できます。
そのため、ほかの応募者に負けないようにしっかりと自己アピールできるかどうかが肝心です。

ダイレクトマーケティングミックスが転職者に求める人物像

ダイレクトマーケティングミックスでは、自身の固定概念をなくし、異なる考えを自身に吸収できる人材を求めています。
そのほかにも、失敗を恐れずにチャレンジできる人材や激しく変化する世の中に対応できる柔軟性がある人材も求めている傾向にあります。
ダイレクトマーケティングミックスは、スピード感をもって新しいことにも積極的に挑戦していくという企業であるため、このような能力が必要不可欠といえるでしょう。
面接では、これらを保有していることをアピールできるエピソードを用意し、効率的にアピールできるかどうかがポイントです。

ダイレクトマーケティングミックスの転職までの流れ

ダイレクトマーケティングミックスの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:人事
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問に加え、人柄を判断するような質問をされます。

内定

ダイレクトマーケティングミックスの面接形式

面接は1対1で行われるのがほとんどです。
面接回数は基本的に2回ですが、職種によって異なる場合があります。
1回あたりの時間は30分~1時間です。

ダイレクトマーケティングミックスの面接内容

ダイレクトマーケティングミックスの面接は、志望動機やこれまでの経験など、一般的な質問から進みます。
また、「これからどんなキャリアを歩みたいか」や「10年後にはどのようになりたいか」など、未来志向を問うような質問もされます。
そのほかにも、「学生時代に頑張ったこと」や「趣味は何か」など、人柄を判断するような質問もされるため、事前に自己分析を行っておくことが大切です。
面接の雰囲気は、比較的和やかであり、穏やかな雰囲気のなかで行われるため、必要以上に緊張することなく、自分らしく望むことができるでしょう。

ダイレクトマーケティングミックスの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は非常に少ない
・求人情報はリクナビNEXTなどでも確認できる
・こちらの回答に対し、深堀されることがある

営業、20代後半、男性
なぜうちで働きたいのかを質問されました。以前からダイレクトマーケティングミックスを知っていて興味があり、転職を機に一員として働きたいと思ったということを軸に、ポジティブな言葉でアピールしました。
経理、30代前半、女性
これといった難しい質問をされることなく、一般的な質問を中心にされました。ただし、こちらの回答を深堀されることもあるため、一貫性のある回答ができることが大切です。面接の雰囲気は比較的和やかだったので、それほど緊張することなく臨めました。
広報、20代後半、女性
学生時代に打ち込んでいたことに関して質問されました。学生時代では部活に打ち込んでおり、毎日遅くまで練習してそれなりの結果を残せたということをはじめ、頑張ってきたことをアピールしました。

ダイレクトマーケティングミックスで働いている方の評判・口コミ

事業開発、在籍3~5年、男性
以前は業務量が多く、残業時間が長くなっていたため、非常に大変でしたが、上場してからは働き方改革が進んでいるように感じます。そのため、残業しなければいけないときはあるものの、残業時間の削減やリモートの導入など、働きやすい環境が整いつつあります。
法人営業、在籍3~5年、女性
企業自体が結果主義な風潮があり、結果を出すことで正当な評価を得ることができます。また、企業としても積極的にチャレンジしているため、日々刺激を受けながら働くことができ、将来性は高いと感じます。
広報、在籍3~5年、女性
女性のキャリアアップを中心とした環境が整っているため、女性でも出世を目指すことが可能です。男性女性ともに働きやすい環境の整備に取り組んでおり、今後も働き方改革が推進されることが予想できるため、どのような方でも働きやすい企業といえるでしょう。
口コミの要約

ダイレクトマーケティングミックスの口コミを見てみると、働き方改革の推進により、働きやすい環境が整ってきているということが伝わってきます。また、正当な評価を得られるため、モチベーションにもつながるということも伺えます。

ダイレクトマーケティングミックスの年収・給与

年収 515万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年2回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 役職手当、持株会制度、婦人科健診費用補助、アオハル制度など

ダイレクトマーケティングミックスでの転職者の出世難易度

ダイレクトマーケティングミックスの出世難易度は比較的高いです。
ダイレクトマーケティングミックスでは、結果主義を採用しているため、実績を残せば残すほど正当な評価を得ることができます。
そのため、自分の努力次第では出世できる可能性が高まるでしょう。
ただし、優秀な社員が多く在籍しており、それぞれ結果を残しているため、簡単に出世できるというわけではありません。
ダイレクトマーケティングミックスでの出世を目指すなら、効率的に結果を残し、周囲に認めてもらうことで出世への道が拓けるでしょう。

ダイレクトマーケティングミックスはどんな人が働いている?

ダイレクトマーケティングミックスの従業員数

75名(単独)
1,053名(連結)

ダイレクトマーケティングミックスの平均年齢

33.7歳

ダイレクトマーケティングミックスの平均勤続年数

9.2年

ダイレクトマーケティングミックスの社風

ダイレクトマーケティングミックスは、企業全体的に穏やかであり、アットホームな雰囲気がある企業です。
そのため、社員同士も比較的仲が良く、企業側としても働きやすい環境づくりに取り組んでいます。
また、福利厚生の整備やモチベーションの上がる社内施設の完備など、細かいところまで整っています。
働きやすい環境があり、アットホームな雰囲気のなかで自分らしく働きたいと考える方には、向いている企業といえるでしょう。

ダイレクトマーケティングミックスのワークライフバランス

副業可否 不可
勤務時間 9:00~18:00
休日 土日祝日(週休二日制)
その他の休日・休暇 GW休暇、夏季休暇、年末年始休暇、介護休暇など
平均残業時間 月10~20時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ダイレクトマーケティングミックスの社長

小林 祐樹

1982年生まれ、埼玉県出身。
2005年に株式会社光通信へ入社。
2011年に株式会社カスタマーリレーションテレマーケティングの代表取締役に就任。
その4年後、株式会社テレマーケティングサポート(現・株式会社マケレボ)の取締役に就任。
その後も、株式会社スタッフファーストの代表取締役や株式会社medicliの代表取締役などを歴任。
2022年より、株式会社ダイレクトマーケティングミックスの取締役兼代表執行役社長CEOを務めている。

ダイレクトマーケティングミックス現職、OB/OGの有名人

植原 大祐

1981年生まれ、静岡県出身。
関東学院大学卒業後、株式会社光通信へ入社。
2007年に株式会社カスタマーリレーションテレマーケティングへ入社。
2010年に取締役に就任、2016年に取締役副社長に就任。
2022年より、株式会社ダイレクトマーケティングミックスの取締役兼執行役COOを務めている。

ダイレクトマーケティングミックスの転職に関わるQ&A


ダイレクトマーケティングミックスの平均残業時間は10~20時間程度であり、競合他社に比べると短い傾向があります。
そのため、激務ということはなく、比較的プライベートも大切にできるでしょう。
ただし、時期によっては忙しく残業時間が長くなることもあるため、あらかじめ理解しておくことが肝心です。。

企業研究を行ううえでのポイントは、ダイレクトマーケティングミックスだけが行っていることを理解することです。
競合他社にはない事業や分野、手掛けていることなどを理解することで、効率的に自己アピールすることができるようになります。
また、それらの情報を志望動機に織り交ぜることでより説得力のある志望動機が作成することができるでしょう。

ダイレクトマーケティングミックスへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

2022年9月現在、ダイレクトマーケティングミックスの公式サイトには採用情報ページが存在しません。
そのため、定期的に公式サイトをチェックし、中途採用によるキャリア募集がされているかどうかを確認することが必要です。
今すぐダイレクトマーケティングミックスへ転職したいと考えている場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ダイレクトマーケティングミックスの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

サービス業の募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してダイレクトマーケティングミックスに転職するなら、サービスの提供を行う他社の募集要項も比較することができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動できる手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件の確認から応募までが早い

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が豊富であり、案件確認から応募までをスピーディーに行えます。
できるだけ素早く転職をしたい方やまずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

競合他社の募集要項と比較したいなら「iX転職」

iX転職では、サービス業をはじめとした競合他社の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールのサービス業の平均年収は、900万円~1,200万円となっており、ほかの転職サイトよりも比較的高くなっています。
また、iX転職は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「自身が活躍できる企業がどれほどあるのか」や「企業ごとで募集要項はどんな風に変わるのか」などを知りたい方は、まずはiX転職に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

Appier Japanの転職事情。面接内容や出世難易度などを解説

Appier Japan転職者の主なキャリアステップ 前職 セールスフォース、日本オラクルなどの外資系ベンター ヤフー、サイバーエージェントなどのWEB事業者 Appier Jap...

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの転職難易度は?面接内容・選考フローや年収を解説!

三菱UFJリサーチ&コンサルティング転職者の主なキャリアステップ 前職 メガバンクなどの銀行 ソニー、日立製作所などの大手電機メーカー アクセンチュアなどのコンサルティング会社 ...

プロレド・パートナーズの転職事情。面接内容や転職難易度などを解説

プロレド・パートナーズは、多数の企業に対してコンサルティングサービスを提供し、厳しい経営状況にある企業を支援している経営コンサルティング会社です。 ベネッセコーポレーションや日本郵政など、数多くの大手企業をクライアントとし、創業以...

アビームコンサルティングに転職する方法。難易度や転職方法を解説

アビームコンサルティング転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルートグループなどのWeb系事業会社 大手事業会社 アクセンチュアなどのコンサルティングファーム アビームコンサル...

シンプレクスの転職難易度は?年収や面接内容などを解説

シンプレクス転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒 IT 銀行 メーカー コンサルティングファーム シンプレクス株式会社に転職 次の転職先 アク...

ギックスの転職事情。2022年に上場した新進気鋭のITコンサル企業について解説します

ギックス転職者の主なキャリアステップ ...

ドリームインキュベータの転職事情。面接内容や選考フローなどを解説

ドリームインキュベータ転職者の主なキャリアステップ 前職 ATカーニー、アクセンチュアなどの同業コンサル トヨタ自動車、LINE、大手商社などの大手事業会社 国家公務員 株式会社...

デジタリフトは転職しやすい?事業内容や面接内容などを解説

デジタリフトは、Web上の広告の配信設計や分析、レポートなどを一気通貫して手掛ける「トレーディングデスク」事業を展開している企業です。 ユーザーに最適な広告を配信するために必要な各種マーケティングサービスなどを提供しており、202...

エクサウィザーズへの転職。将来性や年収について徹底解説

エクサウィザーズ転職者の主なキャリアステップ ...

オンデックへの転職は難しい?事業内容や年収、転職難易度などを解説

オンデックは、中小企業を対象としたM&Aの仲介や助言などを行うM&Aアドバイザリー事業を展開している企業です。 M&Aを行う企業のマッチングのみならず、双方の成長を確実に実現するためのサポート、プロジェクト...

TOP