コンサルティング

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの転職難易度は?口コミや年収など解説

▼下記は、日本タタ・コンサルタンシー・サービシズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこから日本タタ・コンサルタンシー・サービシズに転職してくるのか
・転職先:日本タタ・コンサルタンシー・サービシズからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、大学卒業や大学院卒業などが多く、海外の大学出身者も在籍しています。

職歴

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ在籍者は、IT系企業からの転職が多く、そのほかの職歴として、デロイトトーマツなどのコンサルティングファームパナソニックなどの電機メーカー三菱商事などの商社、小売などが挙げられます。

退職後の主な転職先

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズからの転職先として、アクセンチュアやプライスウォーターハウスパースなどのコンサルティングファームクニエや日立コンサルティングなどの外資日系コンサルファーム、リンクシェア・ジャパンなどの広告代理店、さらには、IT企業、Web系事業会社などへ転職しています。

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズは、ITマネージメントをメインに行っているシステムインテグレーター企業です。
インド最大の財閥タタグループと三菱商事の合併会社であり、主にITサービスやコンサルティング、ビジネスソリューションを提供し、世界中の一流企業を支えて企業変革の後押しをしています。
また、グローバルで多様なビジネスを展開しており、事業拡大を計っている企業です。
日本法人として、2014年に設立、東京都港区に本社を構えています。
日本タタ・コンサルタンシー・サービシズでは、コンサルタントやエンジニアなどの専門職ポジションで、柔軟な発想やリーダーシップがある人材を求めています。

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズへの転職を目指すなら「iX転職」を見るべし

・日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
・大手やハイクラスの求人情報を知りたい。
・現職や、特定の企業にばれずに転職活動をしたい。

そんな方に最もおすすめしたいのが、大手やハイクラス求人を豊富に取り扱っていてる人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手がける「iX転職」。

また、まだ転職するつもりはなくても、情報収集として、事前にiX転職をチェックしておくと、目指す業界・職種などの傾向を把握することができます。

現職や特定の企業に対し、自分の情報を非公開にすることができるため、設定した企業にばれずに安心して転職を進めたい方にもマッチするサイトです。

この記事でわかること

  • 日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの企業概要
  • 日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの転職ポイント
  • 日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの社風や企業文化

目次

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズに転職するポイント

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの特徴

POINT

  • ・ITマネージメントをメインに行っているシステムインテグレーター
  • ・インド最大の財閥タタグループと三菱商事の合併企業
  • ・男女関係なく、活躍できる環境がある

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は非常に多い
  • ・コンサルタントやエンジニアなどで求人募集
  • ・柔軟な発想があり、リーダーシップがあることが重要

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの企業概要

会社名 日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社
本社所在地 東京都港区芝公園四丁目1番4号
社長 垣原 弘道
設立 2014年7月1日
株式 非上場
株主構成 タタ・コンサルタンシー・サービシズ(66%)
三菱商事(34%)

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの売上

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 65,753百万円 74,707百万円 76,703百万円
経常利益 2,888百万円 4,302百万円 4,074百万円

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの最新ニュース

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの事業内容

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズは、グローバルにビジネス展開する日本企業との多くの実績や培った知見を活用し、ITマネージメントをメインに行っているシステムインテグレーターです。
グローバル展開している日本タタ・コンサルタンシー・サービシズのサービスを提供し、さまざまな業種や規模のクライアントに、最適なソリューションの提供を目指しています。
投資の最適化や業務効率の向上、リスクの最小化などの実現を目指した「金融機関向けサービス」や、ハイテク企業のデジタルトランスf-メーションの実現を目指した「ハイテク産業向けサービス」の提供を行っています。
さらには、患者中心医療の発展に貢献している「ライフサイエンス業界向けサービス」などの提供も行っており、あらゆる業界と業種に対して、さまざまなソリューションを提供している企業です。
今後の展望として、ERP(総合基幹業務システム)の方向性を転換し、ガラパゴス化を解消することを目標としています。

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの募集要項

インフラエンジニア

システムインフラ基盤構築や運用サービスを行うポジションです。
それ以外にも、ITインフラアセスメントやデータセンター・マネジメントサービス、エンドユーザー・コンピューティングサービスなども行います。
クライアントは、国内外の大手有名企業が中心であり、多岐にわたる業種や業務システムのプロジェクトを経験できる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上のインフラエンジニア経験
  • ・基本情報技術者取得
  • ・Active Directoryの設計・構築の実務経験 など

技術戦略コンサルタント

営業やソリューショニングといったエンドtoエンドで、コンサルティブな能力とビジネスマネジメント能力を最大限に発揮し、4つのインテグレーションを担うポジションです。
具体的なインテグレーションは、市場・顧客とTCSとのインテグレーションや、営業組織とデリバリー組織のインテグレーション、日本TCSとグローバルTCSとのインテグレーション、複数サービスのインテグレーションです。

必須な経験・スキル

  • ・コンサルティングファームにて事業マネジメントやプロジェクトマネジメントの経験
  • ・特定のインダストリーと技術やテクノロジーに関する知見
  • ・業務機能に対する理解度がある など

ネットワークスペシャリスト

TCS重要顧客や新規に始まる大規模グローバルオフショアプロジェクトにて活動するポジションです。
具体的には、特定顧客向けシステム基盤の構築や技術支援、インドと協業した技術支援や運用改善などを行います。
外資の環境やグローバルプロジェクトに興味がある方には、向いている職種といえます。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上のインフラエンジニア経験
  • ・クライアントフェーシングの経験
  • ・SD‐WANもしくはPalo Alto/CISCO/ARUBAいずれかの製品を利用したネットワークの構築や技術支援の経験

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの転職難易度

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの転職難易度は比較的高いです。
その理由として、大企業であることが挙げられます。
日本タタ・コンサルタンシー・サービシズは、インド最大の財閥タタグループと三菱商事の合併で設立された会社であり、知名度が非常に高くなっています。
そのため、多くの転職者がいることが想定でき、その結果、倍率が高くなるということがいえるでしょう。
中途採用枠が多いものの、応募者が多いため、簡単な転職ではないことを理解しておくことが肝心です。

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズが転職者に求める人物像

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズでは、柔軟な発想を持ち、リーダーとして働けるような人材を求めています。
また、分析的思考力や人を巻き込み影響を与えられる力を持っている人材も求めている傾向があります。
日本タタ・コンサルタンシー・サービシズでは、今後も海外展開を推進していく企業であり、さまざまな業種や業界にサービスやソリューションを提供しているため、こういった能力が必要です。
面接では、これらを上手にアピールできるよう複数のエピソードを用意してから臨むと良いでしょう。

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの転職までの流れ

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの選考フロー

エントリー

一次面接

想定選考官:人事
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問に加え、英語力はどれくらいかなどの質問をされます。

内定

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの面接形式

面接は1対1で行われるのがほとんどです。
面接回数は基本3回ですが、ポジションによって異なります。
1回あたりの時間は30分~1時間です。

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの面接内容

面接は、志望動機やこれまでの経験など、一般的な質問から進みます。
そのほかにも、「英語力はどれくらいあるか」や「インドに行くとなっても不安はないか」など、外資系特有の質問を多くされます。
また、「逆に質問は?」ということも問われるので、しっかりと企業研究を行っておくことが大切です。
さらには、自己分析を入念に行い、どんな質問にも一貫性を持って回答できるようにしておきましょう。
面接の雰囲気は、比較的穏やかなであり、圧迫面接はほぼありません。
変に緊張せず、自分らしく面接に臨むことができます。

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズで働いている方の評判・口コミ

データベース設計、在籍7~10年、女性
多国籍やグローバルというワードに興味がある方ならやりがいを感じながら働くことができると思います。インドだけではなく、韓国や中国といったさまざまな国籍の人が多く所属しているので、多様性のある環境で働きたいという方には向いているでしょう。
法人営業、在籍10年以上、男性
各種社内研修や外部研修の参加が可能であり、自分自身で目標を持って取り組めば、さまざまな資格が取得可能です。また、希望があればインドでの業務もでき、英語力もどんどんスキルアップすることができるでしょう。
社内SE、在籍3~5年、男性
トラブルが発生した場合は、一時的に残業が増えることがありますが、法律に則って管理されているため、一定基準を超えると休暇所得などの指示が入ります。有給取得などもしやすいため、ワークライフバランスは良いほうだと思います。
口コミの要約

口コミを見てみると、さまざまな国籍の方が在籍しているため、グローバルに活躍したい方にとって働きやすい企業ということが伝わってきます。また、スキルアップできる環境があるということも伺えます。

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの年収・給与

年収 583万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 各種社会保険完備、各種表彰、財形貯蓄、慶弔見舞金など

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズでの転職者の出世難易度

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの出世難易度は比較的高いです。
その理由は、出世するためには非常に多くの実績が必要であり、周囲の社員よりも卓越していることが条件となります。
また、それだけではなく、堪能な英語力やリーダーシップなども必要な要素といえます。
ただし、仕事などに対する評価は平等な傾向があるため、新卒や中途といった部分で出世難易度は変わらないでしょう。
日本タタ・コンサルタンシー・サービシズで出世を目指すなら、ほかの社員よりも多くの実績を残し、高いスキルを身に付けることが出世への道が拓けるといえます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 主任 600万円
30代中盤 なし 750万円
30代後半 なし 750万円
40代前半 なし 800万円
40代後半 なし 800万円
50代前半 マネージャー 1,250万円

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズはどんな人が働いている?

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの従業員数

約3,200名

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの平均年齢

36.6歳

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの平均勤続年数

記載なし

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの社風

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズは、別の企業同士が合併して設立された企業だったため、さまざまな社風が存在しましたが、現在は統一されおり、比較的風通しの良い環境があります。
また、有給の取得のしやすさや、フレックス制度の活用など、融通が利きやすいため、社員にとって働きやすい環境があります。
社員同士は比較的仲が良く、一つの目標に向けて、一丸でチャレンジするという風土もあるため、チームワークを大切にしている方には向いている企業といえるでしょう。

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~18:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月20〜30時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの社長

垣原 弘道

1958年生まれ、
慶応義塾大学経済学部卒業後、三菱商事株式会社に入社。
2000年に機械グループCIO、2008年には、株式会社シグマクシス代表取締役COOに就任。
その後も、三菱商事のITサービス事業本部長や日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの取締役副社長を歴任。
2019年より、代表取締役社長に就任。
デジタル技術を通じたビジネス変革の道のりのパートナーとして、日本のクライアントに貢献している人物。

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ現職、OB/OGの有名人

Rajesh Gopinathan(ラジェシュ・ゴピナサン)

1971年生まれ。
ティルチラーパッリの地域高額大学で工学の学位を取得、さらには、インド経営研究所アーメダバードから経営学の大学院卒業証書を取得。
2001年にタタ・コンサルタンシー・サービシズに入社。
2013年に最高財務責任者を務め、2017年からは最高経営責任者に就任。
TCSのブランド価値を向上させ、2年連続でトップ3のITサービスブランドの1つとしての地位を確立させた人物。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声がわからない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。

よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。

それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「CREEDO」。

※画像はイメージです。現在掲載中のものとは内容が異なる可能性があります。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞ける上、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの転職に関わるQ&A


結論からいうと、ブラック企業ではありません。
残業時間が全くないというわけではありせんが、比較的残業時間が少なく、残業するためには申請が必要になります。
そのため、ワークライフバランスは良く、プライベートな時間を大切にすることができるでしょう。

比較的フラットな雰囲気のため、上下関係はそれほど厳しくはありません。
比較的どんなことでも相談しやすい環境があり、相談がある場合でも、親身に聞いてくれる上司や先輩が多く在籍しています。

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの公式HPにある採用情報ページから応募することができます。
求人情報のほかにも、ニュースや企業について、フォトギャラリー、事業領域など、非常に多くの情報が掲載されています。
しかし、求人情報はそれほど詳しく掲載されているわけでなありません。
より細かい内容が知りたい場合や確実な転職をしたい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な求人の中から希望ポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用して日本タタ・コンサルタンシー・サービシズへの転職を目指すなら、取り扱い企業数が豊富であり、ミドル~ハイクラスの案件が多い「iX転職」がベストです。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。
・案件数の圧倒的な多さ
・自分のペースで転職を進められる気軽さ
・応募までのスピード感

豊富な職種や企業の中から自分が希望するポジションを探したい方や、転職エージェントだとスケジュール調整がなかなか難しいという方には、転職サイトがおすすめです。
また、最近では本格的に転職エージェントを活用する前の下調べとして転職サイトを利用する方も多く、日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの募集要項や必須スキルなどをざっくりでも知りたいという方は、事前にチェックしてみると良いでしょう。

iX転職では比較的年収が高く、年収最高額は1,600万円以上!

iX転職から届くスカウトメールを見ると、マネージャーやリーダーといった求人が多数。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。

ミドル~ハイクラスをメイン層としているiX転職だけあって提示されている年収も比較的高く、年収最高額は1,600万円以上となっています。
また、iX転職は転職サイトの中でも比較的非公開求人が多い傾向があるので、非公開案件を紹介してもらえる可能性があります。
ただし、転職サイトから応募した場合、「企業が求めているスキルや人物像」がイマイチ分からなかったり、日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの社内事情に精通しているキャリアアドバイザーはつかないため、経歴やスキルで落とされる可能性も高くなります。
より確実性を重視するのであれば転職エージェントを利用するのがおすすめ。

応募する前に一度相談するのがおすすめ!「転職エージェント」

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズへの転職に対して、少なからず不安や疑問があるという方も少なくないでしょう。
そういった場合は、外資系に特化している専門転職エージェント「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」の活用がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは主に3つ。
・キャリア相談や面接対策をはじめとした手厚いサポート
・今の自分を客観的に見て、足りない部分を教えてくれる
・比較的多くに非公開求人を持っている

転職エージェントでは、キャリア相談や面接対策などといった手厚いサポートがあり、内定までしっかりと導いてくれます。
また、キャリアアドバイザーに客観的に見てもらうことで、今の自分に足りない部分を教えてもらうことができます。
転職エージェントは、そのときの転職活動だけを支援するだけではなく、転職希望者のキャリア形成全体を見てくれるため、確実な転職を目指しているという方には非常におすすめです。

外資系企業への転職を目指すならロバート・ウォルターズ・ジャパン

ロバート・ウォルターズ・ジャパンに掲載されている求人は、基本的に英語表記になっています。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。

ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、1985年にロンドンで設立された歴史の長い転職エージェントです。
主にハイクラスの非公開求人を豊富に持っているので、日本タタ・コンサルタンシー・サービシズへ転職したい旨を伝えれば、目的にあったポジションを紹介してもらえる可能性があります。
また、国際的に展開する企業に対して、非常に強みを持っているため、日本タタ・コンサルタンシー・サービシズへの転職に必要な経験を積める外資系企業への転職では、ロバート・ウォルターズ・ジャパン一択といえるでしょう。
ただし、ロバート・ウォルターズ・ジャパンでは、日常会話ができる英語力を持っていることが大前提であるため、スキルや実績が足りていないと希望する案件は紹介してもらえないので、一定以上の英語力があることが肝心です。

あなたが日本タタ・コンサルタンシー・サービシズに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

ガートナージャパンへの転職は難しい?面接内容や年収などを解説

▼下記は、ガートナージャパンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからガートナージャパンに転職してくるのか ・転職先:ガートナージャパンからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自...

ボストン・コンサルティング・グループへの転職。年収や難易度を解説

▼下記は、ボストンコンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからボストンコンサルティングに転職してくるのか ・転職先:ボストンコンサルティングからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し...

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの転職難易度は?面接内容・選考フローや年収を解説!

▼下記は、三菱UFJリサーチ&コンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三菱UFJリサーチ&コンサルティングに転職してくるのか ・転職先:三菱UFJリサーチ&コンサルティングからどこへ転職...

アクセンチュアへの転職。激務で大変って本当?

▼下記は、アクセンチュアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアクセンチュアに転職してくるのか ・転職先:アクセンチュアからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せる...

アビームコンサルティングに転職する方法。難易度や転職方法を解説

  ▼下記は、アビームコンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアビームコンサルティングに転職してくるのか ・転職先:アビームコンサルティングからどこへ転職するのか 一般...

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの転職難易度は?口コミや年収など解説

▼下記は、日本タタ・コンサルタンシー・サービシズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本タタ・コンサルタンシー・サービシズに転職してくるのか ・転職先:日本タタ・コンサルタンシー・サービシズからどこ...

PwCコンサルティングの転職難易度は高い?年収や口コミを解説

  ▼下記は、PwCコンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからPwCコンサルティングに転職してくるのか ・転職先:PwCコンサルティングからどこへ転職するのか 一般的な傾...

ベイカレント・コンサルティングへ転職するには?年収や難易度について解説

  ▼下記は、ベイカレント・コンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからベイカレント・コンサルティングに転職してくるのか ・転職先:ベイカレント・コンサルティングからどこへ転職す...

三菱総合研究所の転職難易度は?年収や面接内容などを解説

▼下記は、三菱総研に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三菱総研に転職してくるのか ・転職先:三菱総研からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

IMJの転職情報!年収や口コミ、転職難易度を解説

  ▼下記は、IMJに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからIMJに転職してくるのか ・転職先:IMJからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

TOP