コンサルティング

ギックスの転職事情。2022年に上場した新進気鋭のITコンサル企業について解説します

ギックス転職者の主なキャリアステップ

ギックスの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、大学卒業や大学院卒業などが在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職

ギックス在籍者の主な職歴は、医療機器や光学機器、製鉄などのさまざまなメーカーのほか、Web事業会社証券会社コンサルファームSIerなどが挙げられます。

次の転職先

ギックスからの転職事例はほとんどなく、これといった転職先はありません。

ギックスは、戦略コンサルティング企業としてクライアント企業の事業課題を把握し、一貫した独自のITコンサルティングを行う企業です。
データを用いて考える思考態度「データ・インフォームド」をキーワードに据え、様々なコンサルティングやプロダクトの開発などを行っています。
また、2022年に個別選択型スタンプラリーやキャンペーンの作成と管理機能を提供を開始するなど、幅広く手掛けている企業です。
そんなギックスは、バックエンドエンジニアやフロントエンドエンジニア、データアナリストなどの職種を中心に中途採用を行っています。
ITの専門職での採用がメインですが、なかにはコンサルティングやセールスなどの求人もあり、募集職種は幅広いです。
この記事ではギックスへの転職を検討している方に向けて、近年急成長を遂げているギックスの事業内容や将来性、社員の口コミなどについて解説します。

ギックスへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・ギックスの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ギックスの企業概要
  • ギックスの転職ポイント
  • ギックスの社風や企業文化

ギックスに転職するポイント

ギックスの特徴

POINT

  • ・「データ・インフォームド」をコンセプトに掲げる新進気鋭のITコンサル企業
  • ・コンサルティングのほか、プロダクトの開発などの案件も請け負っている
  • ・やや激務な傾向があるが、大手との取引も多く成長できる環境との声が多数

ギックスへ転職するポイント

POINT

  • ・エンジニアやデータアナリストなどで中途採用を募集中
  • ・セールスやマネージャー候補といった職種でも採用があり、募集職種は幅広い
  • ・面接ではギックスのビジョンに対する共感が重視される

ギックスの企業概要

会社名 株式会社ギックス
本社所在地 東京都港区三田1-4-28 三田国際ビル11F
社長 網野 知博
設立 2012年12月12日
株式 上場(東証マザーズ)
株主構成 網野知博(39.15%)
田中耕比古(17.97%)
FinTechビジネスイノベーション投資事業有限責任組合(10.99%)

ギックスの売上

ギックスの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 382百万円 617百万円 722百万円
経常利益 45百万円 42百万円 50百万円

ギックスの最新ニュース

ギックスの事業内容

ギックスの主力事業は、ギックスの提唱する独自のコンセプト「データインフォームド」に基づいたコンサルティング事業です。
データインフォームドとは、ギックスによると「データを用いて考える思考態度」とされています。
ギックスでは、単なるDX化にとどまらない徹底したデータ分析に基づいたコンサルティングを行っていることが特徴です。
戦略の提案やデータ分析、実装など、さまざまな観点からサポートを行い、クライアント企業の「データインフォームド」化に向けたサポートを行っています。
ギックスでは、クライアント企業の必要とするプロダクトの開発なども一気通貫して手掛けていることも強みです。
機械学習など最新のアルゴリズムに基づいた設計開発を行うなど、常に最新のテクノロジーに基づいた開発を行っています。
2013年の創業当初から東日本グループのクレジットカード会社であるビューカードがクライアント企業につくなど、成長性の高さでも話題になりました。
上場後も安定した経常利益を出すことができるか注目されています。

ギックスの募集要項

データアナリスト

ギックスのクライアント企業に対し、データ分析を活用した各種コンサルティング業務を行うことがデータアナリストの主な役割です。
データ分析に関わるツールなどの研究開発、分析システムの構築なども行います。

必須な経験・スキル

  • ・最低限の数学的素養の保有

事業企画(マネージャー候補)

ギックスの経営戦略を実現するために必要な短期・中長期の課題設定、方針の策定、実行などを行うのが事業企画の役割です。
経営陣や事業部門の責任者とともにギックスの経営に直接携わることのできる裁量の大きな職種です。

必須な経験・スキル

  • ・コンサルティング企業において経営や事業、IT戦略を行った経験
  • ・事業会社ににおいて事業企画や営業企画を行った経験
  • ・経営戦略や事業戦略の策定や実行の経験 など

ギックスの転職難易度

ギックスの転職難易度は中程度です。
ギックスでは、エンジニアやセールスなどをはじめとする幅広い職種で中途採用を行っています。
特にエンジニアはバックエンドエンジニアやフロントエンドエンジニア、データ基盤エンジニアなど細分化された募集が行われていることが特徴です。
マネージャー候補や事業企画など責任のあるポジションでの中途採用も多く、経営に直接携わりたいという意志のある方も活躍できる環境といえます。
応募のために必要な必須要件もそれほど厳しくありませんが、反面多数の応募者が求人に殺到する可能性があるので注意が必要です。
2022年2月に株式を上場して企業の知名度が高まったこともあり、今後も倍率は上がり続ける可能性があります。
志望動機をしっかり練っておくなど、油断せずに面接対策を行っておきましょう。

ギックスが転職者に求める人物像

ギックスは、求人にそれぞれの職種へ求める人物像を明記しています。
職種によって求める細かな人物像は異なりますが、共通して見られるキーワードは「セルフスターターで、自ら課題設定を行って業務に取り組めること」と「新しい技術の取得や活用を楽しめること」の2点です。
ギックスはまだまだ社員数の少ない企業で体制も確立されきっていないため、社員それぞれが主体性を持って働くことが求められます。
また、機械学習のモデリングなど、最新のテクノロジーを活用した事業を数多く展開していることから、絶えず変化し続ける技術を学び続ける学習意欲も欠かせません。
常に世の中の動きをキャッチアップするとともに、そのような過程を楽しむことのできる人材が求められています。

ギックスの転職までの流れ

ギックスの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事
想定内容:前職での経験やギックスでやりたいことなど、オーソドックスな質問が多くされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの面接同様にこれまでのキャリアについて聞かれるほか、ギックスにどう貢献できるかといった視点からも質問されます。

内定

ギックスの面接形式

ギックスの面接回数は2回〜3回です。
職種によって面接回数に差がありますが、多くの職種は2回で採用が決定し、一部の責任あるポジションなどは3回程度の面接となります。
面接形式はいずれも1対1で、面接1回あたりの所要時間は45分ほどと標準的です。
標準的な選考期間は3週間ほどとなっており、やや長い選考といえます。

ギックスの面接内容

ギックスの面接では、「あなたの強みは何か」や「どうギックスに貢献出来るのか」といった、スキルや能力をストレートに聞く質問が多いです。
また、「あなたの強みと、ギックスという会社がどうマッチしているのか説明して」といった切り口で聞かれることもあります。
戦略コンサルティング企業らしく、論理性の高い回答が評価される傾向があるのが特徴です。
アピールポイントそれぞれに根拠を提示するなど、工夫しながら答えると好印象を与えることができます。
そのほかにも、「どこでギックスという企業を知ったのか」や「他社ではなくギックスを選んだ理由は何か」といった志望動機ベースの基本的な内容が目立ちます。
他社ではなくギックスを選んだ理由を明確化させておくなど、志望動機をよく練っておくことがギックスへの転職を成功させるポイントです。

ギックスの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには多くのポジションで募集をしている
・求人情報はDODAなどでも確認可能
・ギックスへ貢献できるかどうかを質問される傾向がある

コンサルタント、30代前半、男性
「ギックスにあなたはどのように貢献できると思うのか」と聞かれました。また、「他社ではなくギックスにこだわる理由は何か」と聞かれたことが印象に残っています。
営業、20代後半、男性
「あなたとギックスがどうマッチしているのか説明してください」といわれたことが印象に残っています。全体的に論理性を重視されている印象でした。
データアナリスト、30代後半、女性
「前職でのキャリアについて手短にアピールしてください」といわれました。また、「そのアピールポイントをどうギックスへ活かしていくのか」と聞かれました。
その他、40代前半、女性
やや緊張感のある雰囲気での面接でした。内容としてはオーソドックスなものが多く、「ギックスをどこで知ったのか」や「ギックスにこだわる理由」などを聞かれました。
エンジニア、20代後半、男性
エンジニアとしてのスキルや能力と人物面をバランスよく聞かれる面接です。「ギックスであなたの能力をどう活かせるか」と聞かれました。全体的に論理性を重視している印象があります。

ギックスで働いている方の評判・口コミ

エンジニア、在籍1~3年、男性
最先端の技術に常に会社としてアンテナを張っている印象があり、国内外のセミナーやイベントへの参加が奨励されています。社内には優秀なエンジニアが多く、刺激的な環境で働くことが可能です。ワークライフバランスはあまり良いとはいえず、時期によってはかなり残業時間が長くなることもあります。
営業、在籍1~3年、男性
クライアントと直接折衝する機会が多く、営業としての実力を磨くことができる環境です。ネットワークや情報管理機器の性能が上がるにつれ、ビッグデータ活用サービスなどは需要が高まっているため、将来性の高い事業展開となっています。最近は業務量の拡大に社員の人員補充が追いついておらず、積極的な中途採用でそれを補っている印象です。
コンサルタント、在籍5~7年、女性
ベンチャー企業らしく風通しの良い風土があります。ただ、社員同士の距離が近いというわけではなく、サバサバした社員が多い印象があり、外資系のような雰囲気があります。実力主義の評価風土がありますが、それほど実績を出していない社員であっても待遇は全体的に良いです。ただ業務時間は長く、クライアントによっては土日や夜間に対応しなければいけないこともあります。
口コミの要約

セミナー派遣や勉強会など、企業として社員の学習をサポートしているという口コミが目立ちました。また、待遇が良く、年収が高いという口コミも多かったです。一方で、ワークライフバランスについては否定的な声も少なくありません。ワークライフバランス重視の方というよりも、どんどんとステップアップしていきたいキャリア志向の方に向いている企業といえそうです。

ギックスの年収・給与

年収 858万円
ボーナスの有無 年俸制
昇給制度 有り(リアルタイムプロモーション制度)
残業手当 有り
固定残業手当 有り(月32時間分)
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 各種社会保険完備、退職金制度、勉強会、書籍購入補助など

ギックスでの転職者の出世難易度

ギックスでの転職者の出世難易度は中程度です。
ギックスでは、時期を問わずに毎月昇給や出世が判断される「リアルタイムプロモーション」という制度が導入されています。
実力主義の風土があるため、中途採用だからといって出世が不利になることは全くありません。
目立った実績を挙げるとともに、しっかりとアピールを行うことがギックスで出世を狙ううえでのポイントです。
また、ギックスでは社内外での学習を推進する風土があります。
年に1回海外カンファレンスへの参加を推奨しているなど、常に学習する姿勢のある社員が評価されやすい風土です。
ギックスで出世するためには、最新のテクノロジーなどを常に学び続けようとする姿勢が重要といえます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 マネージャー 1,000万円
30代後半 なし 900万円
40代前半 なし 1,200万円

ギックスはどんな人が働いている?

ギックスの従業員数

31名

ギックスの平均年齢

33.7歳

ギックスの平均勤続年数

2.3年

ギックスの社風

ギックスには、論理性を重視する風土があります。
戦略コンサルティング企業ということもあり、ロジカルシンキングの能力が高い社員が多く在籍しているという口コミが多く見られました。
熱意や想いももちろん重要ですが、それと同等以上に数字や論理性を大切にする風土がギックスの特徴です。
そのほかにも、社員の学習をサポートする風土があるのもギックスの特徴です。
年に1回の海外カンファレンス参加推奨制度のほか、社内外で開催されるセミナーへの積極参加も進められています。
社内にも学習意欲の高い優秀な社員が多いため、このような風土に馴染むことができるかどうかがギックスへの転職を検討するうえでのポイントです。

ギックスのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 10:00~19:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年次有給休暇、年末年始休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 記載なし
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 記載なし
時短勤務 記載なし

ギックスの社長

網野 知博

1973年生まれ。
1998年に株式会社CSKへ入社。
2004年にアクセンチュア株式会社へ入社し、2011年に日本IBMへ転職。
2012年に株式会社ギックスを設立し、代表取締役社長に就任。

ギックス現職、OB/OGの有名人

花谷 慎太郎

1976年生まれ。
2001年に日本工営株式会社へ入社。
2008年にIBM Business Consulting Services社(現・日本IBM株式会社)へ入社。
2012年に網野知博氏とともにギックスを設立し、取締役に就任。

ギックスの転職に関わるQ&A


ギックスは社員数が少ないため、月平均残業時間の具体的な数値に関する情報は2022年4月現在見つかりませんでした。
また、口コミとしては激務という内容が目立ちます。
会社の事業規模が急成長しているため仕事量も多くなってきており、それに社内の人材の拡充が追いついていない現状があります。
キャリア志向でステップアップしていきたい方に向いている企業といえるでしょう。

ギックスでは、産休や育休といった具体的な制度は求人に明記されていません。
ただ、もともとフレックスタイム制のため融通を効かせやすいのが特徴です。
フルリモートワークも導入されているため、職種によってはこちらも活用することができます。
しかし、具体的に女性の活躍を推進する制度が導入されているわけではないため、女性の働きやすさはまずまずといった水準です。

ギックスへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ギックスの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
募集要項以外にも、企業メッセージや業種についてなど、さまざまな情報が掲載されているため、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、公式サイトからの応募の場合、どうしても時間がかかってしまいます。
できるだけ時間をかけずに転職したい場合や公式サイトに載っていない求人に応募したい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

サービス業の募集要項を一緒に確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してギックスに転職するなら、サービスを展開する競合他社の募集要項を比較することが可能な「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動を行える手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・求人案件確認~応募までのスピード感

転職サイトは、空いた時間を活用して転職活動を行えるという手軽さがあるので、比較的時間をかけずに転職することが可能です。
また、求人案件が比較的豊富であり、求人案件の確認から応募までがスピーディーに進みます。
できるだけ時間をかけずに転職したい方やさまざまな企業を比較したい方は、転職サイトの活用がおすすめです。

サービスの提供を行う企業の募集を比較するなら「iX転職」

iX転職では、競合他社の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールのサービス業の平均年収は、800万円~1,200万円となっており、別サイトと比べ、比較的高く設定されています。
また、iX転職では、一般的に掲載していない非公開求人を多く持っている転職サイトとして有名であり、ヘッドハンターに相談することで自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性もあります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「自分の今の能力で活躍できる企業がどれほどあるのか」や「募集要項はどのような違いがあるのか」などを知りたい方は、iX転職にまずは登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

ランドネットへの転職は難しい?面接内容や年収などを解説

▼下記は、ランドネットに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからランドネットに転職してくるのか ・転職先:ランドネットからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

マネジメントソリューションズへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、マネジメントソリューションズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからマネジメントソリューションズに転職してくるのか ・転職先:マネジメントソリューションズからどこへ転職するのか 一般的な...

Appier Japanの転職事情。面接内容や出世難易度などを解説

Appier Japan転職者の主なキャリアステップ 前職 セールスフォース、日本オラクルなどの外資系ベンター ヤフー、サイバーエージェントなどのWEB事業者 Appier Jap...

WACULの転職事情。事業内容や転職するメリットなどについて解説

WACUL転職者の主なキャリアステップ 前職 ITコンサルティング企業 三井住友銀行、三菱UFJモルガンスタンレー証券などの金融 NTTドコモ ベネッセ 株式会社WACULに転...

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの転職難易度は?面接内容・選考フローや年収を解説!

三菱UFJリサーチ&コンサルティング転職者の主なキャリアステップ 前職 メガバンクなどの銀行 ソニー、日立製作所などの大手電機メーカー アクセンチュアなどのコンサルティング会社 ...

クニエの転職難易度は?年収や面接対策を解説

クニエ転職者の主なキャリアステップ ...

シンプレクスの転職難易度は?年収や面接内容などを解説

シンプレクス転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒 IT 銀行 メーカー コンサルティングファーム シンプレクス株式会社に転職 次の転職先 アク...

オンデックへの転職は難しい?事業内容や年収、転職難易度などを解説

オンデックは、中小企業を対象としたM&Aの仲介や助言などを行うM&Aアドバイザリー事業を展開している企業です。 M&Aを行う企業のマッチングのみならず、双方の成長を確実に実現するためのサポート、プロジェクト...

フューチャーアーキテクトの転職を解説。難易度や採用情報を紹介

フューチャーアキテクト転職者の主なキャリアステップ  前職 日本ユニシスなどのSIer フューチャーアキテクト株式会社に転職 次の転職先 リクルートグルー...

野村総合研究所(NRI)への転職難易度は高い?年収や倍率などを解説

野村総合研究所(NRI)転職者の主なキャリアステップ 前職 IT系メーカー 株式会社野村総合研究所に転職 次の転職先 アクセンチュアなどのコンサルティング...

TOP