コンサルティング

AGSの転職難易度は?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、AGSに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからAGSに転職してくるのか
・転職先:AGSからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

  • 主な転職元

    ・ほとんどがプロパー社員
      

  • AGS株式会社

  • 主な転職先

    トーマツ、あずさ監査法人、NTTデータなどのSIer

AGSの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学卒業などが在籍しており、学歴は幅広くなっています。

職歴

AGS在籍者の職歴はほぼなく、ほとんどがプロパー社員です。

退職後の主な転職先

AGSからの転職先として主に、トーマツやあずさ監査法人、NTTデータなどのSIerへ転職しています。

AGSは、当時の協和銀行と埼玉銀行が顧客向け受託計算サービス事業を目的に設立した子会社をルーツに持つ独立系システムインテグレーターです。
主に、金融や公共、法人の3つの領域で、システムコンサルティングからシステム構築、保守・運用など、幅広い分野で顧客の経営課題の解決をすべく最適なサービスをワンストップで提供しています。
また、最先端の都市型データセンターを保有しており、インターネットデータセンターサービスやクラウドサービスにも取り組んでいる企業です。
1971年設立、埼玉県さいたま市に本社を構えており、1,024名の社員が在籍しています。
そんなAGSでは、営業職を中心に、社会環境の変化に柔軟に対応でき、チャレンジ精神を持って業務遂行できる人材を求めています。

初めての転職でAGSを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

AGSの面接内容や口コミも重要だけど、まずはどういった求人募集がされているのか知りたい!という方は、ビズリーチをはじめとした転職サイトをチェックしてみましょう。
ビズリーチには、ハイクラス求人をメインに掲載しているため、希望ポジションが未だに定まっていないという場合は、ここで一度比較することをおすすめします。
転職エージェントのみの活用を考えている場合でも、情報収集源としてビズリーチをチェックしておくと、転職活動をより円滑に進められるようになるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • AGSの企業概要
  • AGSの転職ポイント
  • AGSの社風や企業文化

AGSに転職するポイント

AGSの特徴

POINT

  • ・金融や公共、法人の3領域で展開している独立系システムインテグレーター
  • ・システム構築や保守など、ワンストップサービスで提供できる強みを持つ
  • ・インターネットデータセンターサービスやクラウドサービスにも注力

AGSへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的多い
  • ・営業職を中心に求人募集
  • ・社会環境の変化に柔軟であることが重要

AGSの企業概要

会社名 AGS株式会社
本社所在地 埼玉県さいたま市浦和区針ヶ谷4-3-25
社長 原 俊樹
設立 1971年7月
株式 上場(東証1部)
株主構成 AGS社員持株会(11.50%)
大栄不動産株式会社(7.95%)
富士倉庫運輸株式会社(5.90%)

AGSの売上

AGSの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 19,471,553千円 19,666,681千円 19,942,445千円
経常利益 864,094千円 863,873千円 750,233千円

AGSの最新ニュース

AGSの事業内容

AGSは、当時の協和銀行と埼玉銀行が顧客向け受託計算サービスを目的とし設立された独立系システムインテグレーターです。
主に銀行業務や地方自治体業に対し強みを持っており、その一方で取引拡大に注力した結果、現在では、金融や公共、法人の3領域でシステムコンサルティングからアウトソーシングまで、ワンストップで情報サービスを提供しています。
さらには、インターネットを活用したサービスやセキュリティ対策への関心の高まりを踏まえて、インターネットデータセンターサービスや情報セキュリティサービスにも積極的に取り組んでいます。
また、埼玉県内屈指のデーターセンターを基盤に、大型汎用機を中心とした受託計算サービスの提供と共に、データ入力や印刷といった周辺業務を併せたトータルサポート支援なども行っている企業です。
それ以外にも、ソリューション経験と実績を活かしたシステムの企画や設計、開発したシステムパッケージ商品やパートナー企業の開発したシステムパッケージ商品の販売と導入支援サービスの提供など、幅広い業務を手がけています。
今後の展望として、社内実践で蓄積したノウハウを顧客への提案に活かして新しい技術へチャレンジし、顧客サービスのさらなる向上を目指しています。

AGSの募集要項

ソリューション営業

顧客の元へ訪問し、顧客が抱えている課題を解決に導くための提案を行うポジションです。
具体的には、病院や不動産、飲食店などをはじめとした一般法人や官公庁などの各自治体へ顧客の業務効率化を図るためのシステム開発、導入支援の提案を行います。
要望や課題を細かくヒアリングし、解決策の模索を行うため、責任感とやりがいを感じながら働くことができる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・営業経験

医療システム導入担当

中小規模の病院やクリニックへ電子カルテといったシステムの導入を担当するポジションです。
取り扱うシステムは、主に富士通が製造した電子カルテや会計システムなどのパッケージシステムであり、顧客の要望やニーズを聞き出し、システム設定などをカスタマイズします。
また、ソリューションの提案や営業の商談に同行してパッケージシステムの詳しい案内なども行います。

必須な経験・スキル

  • ・社会人レベルのPCスキル

サーバ運用監視オペレーター

サーバ運用における監視を行うポジションです。
具体的には、サーバに不具合やトラブルが起きないように監視を行い、システムからアラートが出たときに、その原因に合わせて必要な操作を行って正常な状態に戻します。
また、銀行などのサービスを根元で支えている重要な汎用機の運用なども行うため、責任感が問われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・要経験1年以上

AGSの転職難易度

AGSの転職難易度は比較的高いです。
その理由として主に、知名度の高さが挙げられます。
また、知名度に加え、福利厚生が充実していることや働きやすい環境があることから、人気のある企業であり、そのため倍率が高くなることが想定されます。
求人情報自体は比較的多く、ポジションや職種によっては未経験でも応募することができますが、転職者が多いため、油断大敵です。
AGSへの転職を目指すなら、簡単ではないことをあらかじめ理解しておきましょう。

AGSが転職者に求める人物像

AGSでは、社会環境の変化に柔軟に対応でき、チャレンジ精神を持って業務を遂行できる人材を求めています。
また、高いコミュニケーション能力や業務に対するバランス感覚を持っている人材も求めている傾向があります。
AGSは、顧客対応やチームでの仕事が中心となるため、こういった能力が必要であり、システムの性質上、正確性や論理的思考力は必須です。
また、つまずいたときでもくじけない意志や想いの強さを持ち、何にでも臆せずチャレンジできることが大切といえます。
面接では、これらをアピールできるエピソードを用意してから臨むようにしましょう。

AGSの転職までの流れ

AGSの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事担当者・人事部長
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、定型的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問に加え、資料を見てこちらからの逆質問させられます。

内定

AGSの面接形式

面接は1対1で行われるのがほとんどです。
面接回数は2~3回ですが、ポジションによって異なる場合があります。
1回あたりの時間は30分~1時間です。

AGSの面接内容

AGSの面接は、志望動機やこれまでの経験など、定型的な質問から進みます。
また、資料を渡され、それを見ながらこちらから質問するという逆質問をさせられる可能性があります。
メモなどの持ち込みは可能なので、思い浮かぶことを書いておくと良いでしょう。
面接の雰囲気は、比較的和やかですが、面接官によっては多少圧迫面接のような場合もあります。
変に緊張せず、自分らしく面接に臨むことが肝心です。

AGSで働いている方の評判・口コミ

アプリケーション設計、在籍7~10年、男性
法人や金融、公共など、幅広い分野にサービスを提供しているので、さまざまなシステムを知りたいという方には、やりがいを感じながら働けるでしょう。また、感謝されることが多いので、歓びを感じながら働くことができます。
プログラマー、在籍5~7年、男性
研修はセミナーは比較的多くあり、自由に参加することができます。業務上必要であれば書籍を購入することもできます。全体的にスキルアップに対するバックアップ体制が整っているので、向上心があればどんどん成長していける環境です。
法人営業、在籍5~7年、女性
他社に比べると有給休暇の取得がしやすく、全体的に取得率100%かそれに近い形になっています。また、フレックス制度が導入されており、繁忙期でなければ早く帰ることもできるので、比較的ワークライフバランスは良いと思います。
口コミの要約

AGSの口コミを見てみると、幅広い分野に対しサービスを提供しているので、さまざまなシステムを知ることができるため、やりがいを感じながら働けるということが伝わってきます。また、有給取得率が高く、フレックス制度を導入しているなど、働きやすい環境があるということが伺えます。

AGSの年収・給与

年収 569万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り(全額支給)
住宅手当 記載なし
福利厚生 各種社会保険完備、従業員持株会、確定拠出年金など

AGSでの転職者の出世難易度

AGSの出世難易度は比較的高いです。
優秀な社員が多数在籍しており、それぞれ実績を残しています。
出世するためには、それらの実績を超えるような多くの実績が必要になってきます。
また、上司や周囲の社員から評価されていなければ、出世することは難しいかもしれません。
さらには、スキルや経験以外にも、コミュニケーションの高さやリーダーシップがあるかなども、出世には必要な要素です。
AGSで出世を目指すなら、こういった部分も身に付けていくことで出世できる可能性は高くなるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 なし 600万円
30代後半 なし 600万円
40代前半 なし 800万円

AGSはどんな人が働いている?

AGSの従業員数

1,024名(連結)

AGSの平均年齢

37.8歳

AGSの平均勤続年数

18.6年

AGSの社風

AGSは、全体的に穏やかな雰囲気があり、風通しが良い社風です。
優しい社員が多く在籍しているため、何か困ったことや相談事があれば気軽に相談しやすいという雰囲気があります。
また、定期的にコミュニケーションを取るという風土があるため、社員同士仲が良い傾向があります。
人間関係で悩みながら働きたくない、自分らしく働きたいという方には、向いている企業といえるでしょう。

AGSのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~17:40
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 有給休暇、AGS記念日、慶弔特別休暇、介護休暇など
平均残業時間 月10~20時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

AGSの社長

原 俊樹

1960年生まれ、兵庫県出身。
関西大学法学部卒業後、株式会社協和銀行(現・りそな銀行)に入行。
2008年に銀行執行役員大阪地域担当に就任。
その後も、代表知里島利益副社長兼執行役員東日本担当統括や株式会社近畿大阪銀行取締役などを歴任。
2019年より代表取締役社長兼社長執行役員法務統括室担当、2020年からは代表取締役社長兼社長執行役員業務監査部担当に就任。
これまでに、りそな銀行執行役員人材サービス部副担当や株式会社関西みらいフィナンシャルグループ取締役兼執行役員人事部担当などを歴任し、企業を牽引てきた人物。

AGS現職、OB/OGの有名人

石井 進

1953年生まれ、埼玉県出身。
千葉大学理工学部卒業後、株式会社埼玉銀行に入行。
2003年に株式会社りそなホールディングス 事務・システム部長に就任。
その後も、執行役業務管理部長や執行役業務サービス部長兼システム部、埼玉りそな銀行の取締役などを歴任。
2015年に代表取締役社長兼社長執行役員に就任。
2019年より、代表取締役会長に就任。
現在は、一般社団法人埼玉経営者協会会長も務めている。

AGSの転職に関わるQ&A


結論からいうと、簡単な業務ではありません。
時期によっては業務量が多くなり、激務と感じる方も少なくないといえます。
ただし、働いたら働いた分だけ給与として支給されるので、バリバリ働きたいという方には、嬉しい企業でしょう。

正社員になれる可能性はあります。
しかし、正社員になるためには、一定以上のスキルや経験、勤続年数が必要になります。
AGSで正社員を目指すなら、どんどんスキルアップしていき経験を積んでいきましょう。

AGSへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

AGSの公式HPにある採用情報ページから応募することができます。
求人情報以外にも、採用スケジュールやQ&Aが掲載されているので、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、求人内容はそれほど詳しく掲載されていません。
より具体的な内容が知りたい場合やサポートを受けながら転職したい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な企業情報の中から自分に合ったポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用してAGSへ転職するなら、掲載されている企業数が豊富で、ハイクラス求人が多い「ビズリーチ」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。
・求人情報が豊富に掲載されている
・自分のペースで気軽に転職活動が進められる
・気になる求人があればすぐに応募できる

豊富な企業や職種の中から自分が希望するポジションを探したい方や、自分のペースで転職活動がしたい方は、転職サイトの利用がおすすめです。
また、ここ数年では、本格的に転職エージェントを活用する前の下調べとして、転職サイトを利用する方も多く、まずはAGSの募集内容などを知りたいという場合は、一度転職サイトをチェックしてみるのも一つの手でしょう。

ビズリーチでは平均年収が高くになっている!

ビズリーチに掲載されている求人を見てみると、エンジニアなどのポジションが多く掲載されています。

※画像はイメージです。タイミングによって掲載内容が異なります。

ハイクラス求人をメインに扱っているビズリーチだけあり、提示されている年収が比較的高く、平均年収は800~1000万円となっています。
また、ビズリーチは転職サイトの中でも比較的多くの非公開求人を持っている傾向があり、キャリアアドバイザーに相談することで、一般公開されていない非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
ただし、ビズリーチを含めた転職サイトからの応募は、自身と企業とのすり合わせが上手くいかないこともあり、その結果、書類選考が通らないということもあります。
より確実な転職をしたいなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

手厚いサポートを受けながら確実な転職するなら「転職エージェント」

転職エージェント活用してAGSへ転職するなら、非常に多くの転職支援実績がある「JACリクルートメント」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは大きく3つ。
・応募書類の添削や模擬面接などをはじめとした手厚いサポート
・自分と企業のすり合わせをしてくれる
・非公開求人が比較的多い

履歴書などの応募書類の添削や模擬面接による指摘とアドバイスといった手厚いサポートを受けながら転職活動することができます。
また、自身の代わりに年収交渉も行ってくれるので、年収アップを目的とした転職や初めての転職で不安という方は、転職エージェントの活用がおすすめです。

JACリクルートメントではエンジニアの案件多数!

JACリクルートメントは基本的に企業名が伏せられている案件が多いですが、ハイクラス求人を豊富に掲載されています。

※画像はイメージです。タイミングによって掲載内容が異なります。

JACリクルートメントは、さまざまな企業や業界を熟知している専門性に強みがあるキャリアコンサルタントが650名ほど在籍しています。
また、転職支援実績が43万人以上であり、利用者満足度は90%超えている転職エージェントなので、内定までしっかりサポートしてくれます。
手厚いサポートを受けながら、確実な転職を目指すなら、JACリクルートメントがベストといえるでしょう。

あなたがAGSに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

JSOLへの転職は難しい?口コミや転職難易度などを解説

▼下記は、JSOLに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからJSOLに転職してくるのか ・転職先:JSOLからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの転職難易度は?面接内容・選考フローや年収を解説!

▼下記は、三菱UFJリサーチ&コンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三菱UFJリサーチ&コンサルティングに転職してくるのか ・転職先:三菱UFJリサーチ&コンサルティングからどこへ転職...

ベイン・アンド・カンパニーの年収は?中途面接の内容や評判などの転職情報まとめ

  ▼下記は、ベインに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからベインに転職してくるのか ・転職先:ベインからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

AGSの転職難易度は?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、AGSに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからAGSに転職してくるのか ・転職先:AGSからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

野村総合研究所への転職難易度は高い?年収や倍率などを解説

  ▼下記は、野村総合研究所に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから野村総合研究所に転職してくるのか ・転職先:野村総合研究所からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりた...

アビームコンサルティングに転職する方法。難易度や転職方法を解説

  ▼下記は、アビームコンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアビームコンサルティングに転職してくるのか ・転職先:アビームコンサルティングからどこへ転職するのか 一般...

ベイカレント・コンサルティングへ転職するには?年収や難易度について解説

  ▼下記は、ベイカレント・コンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからベイカレント・コンサルティングに転職してくるのか ・転職先:ベイカレント・コンサルティングからどこへ転職す...

BCGデジタルベンチャーズへの転職はアリ?評判や激務なのかについて調査

  ▼下記は、BCGデジタルベンチャーズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからBCGデジタルベンチャーズに転職してくるのか ・転職先:BCGデジタルベンチャーズからどこへ転職するのか ...

ボストン・コンサルティング・グループへの転職。年収や難易度を解説

▼下記は、ボストンコンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからボストンコンサルティングに転職してくるのか ・転職先:ボストンコンサルティングからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し...

シンプレクスの転職難易度は?年収や面接内容などを解説

▼下記は、シンプレクスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからシンプレクスに転職してくるのか ・転職先:シンプレクスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

TOP