コンサルティング

エクサウィザーズへの転職。将来性や年収について徹底解説

エクサウィザーズ転職者の主なキャリアステップ

エクサウィザーズの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、大学卒業や大学院卒業などが在籍しており、大学は国立大学や早慶などの有名私立大学の割合が高くなっています。

前職

エクサウィザーズ在籍者の主な職歴は、PwCアクセンチュアベインアンドカンパニーなどのコンサルファーム村田製作所デンソーなどの部品メーカー日本アイ・ビー・エムなどのSIerが挙げられます。

次の転職先

エクサウィザーズからの転職先として、AIシステム専門開発企業のほか、SIerなどへ転職しています。

エクサウィザーズは、「AIを用いた社会課題解決を通じて、幸せな社会を実現する」というミッションのもと、AIを用いた多種多様な分野に対するコンサルティングを行っている企業です。
クライアント企業のデジタル化・AI化を推進するAIプラットフォームや、広い範囲の顧客に向けて自社のAI活用ソフトウェアを提供するAIプロダクト事業などを行っています。
また、2022年に内製主導のAIソフト開発の支援が可能な 「exaBase Studio」を発表するなど、革新的なサービスを提供している企業です。
エクサウィザーズは現在中途採用に力を入れており、機械学習エンジニアなどのエンジニアやコンサルタントはもちろん、経理部長候補やセールス、人事、広報など、非常に幅広い職種で中途採用を行っています。
この記事では、新進気鋭のコンサル企業であるエクサウィザーズへ転職を検討している方に向けて、エクサウィザーズの事業内容や転職難易度、社員からの評判などを解説します。

エクサウィザーズへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・エクサウィザーズの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、エクサウィザーズの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • エクサウィザーズの企業概要
  • エクサウィザーズの転職ポイント
  • エクサウィザーズの社風や企業文化

エクサウィザーズに転職するポイント

エクサウィザーズの特徴

POINT

  • ・クライアント企業のデジタル化・AI化を支援するコンサル企業
  • ・自社のAIプロダクトも開発しており、機械学習の技術力に定評
  • ・平均年収は814万円と高く、ワークライフバランスも良好との声多数

エクサウィザーズへ転職するポイント

POINT

  • ・エンジニア、コンサルタントなどを中心に中途採用を募集中
  • ・経理や人事、広報など、幅広い職種でも求人募集がされている
  • ・面接では入社後のビジョンについて深堀される傾向あり

エクサウィザーズの企業概要

会社名 株式会社エクサウィザーズ
本社所在地 東京都港区東新橋1丁目9-2 汐留住友ビル21階
社長 石山 洸
設立 2016年2月
株式 上場(東証マザーズ)
株主構成 春田真(12.23%)
古屋俊和(11.62%)
株式会社ベータカタリスト(11.53%)

エクサウィザーズの売上

エクサウィザーズの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 985百万円 2,063百万円 2,612百万円
経常利益 -386百万円 -422百万円 -348百万円

エクサウィザーズの最新ニュース

エクサウィザーズの事業内容

エクサウィザーズの主力事業は、顧客のデジタル化・AI化を支援するAIプラットフォーム事業です。
エクサウィザーズが独自に開発したAIアルゴリズムをもとに、さまざまな業種で重ねてきたコンサルティングノウハウを活用したコンサルティングを行っています。
多種多様な経験を持つ人材が在籍していることがエクサウィザーズの特徴の一つで、ビジネスや開発、デザインなど、さまざまな視点からクライアント企業の課題を徹底的に洗い出します。
銀行や証券、保険、電力、小売、物流など、非常に多様な分野への導入実績があるのも強みの一つです。
また、それら各業界でのAIの実装経験をノウハウとして蓄積している「exaBase」という独自のデータベースも開発しています。
経営の予測や解析はもちろん、文章解析や画像解析、最適化など、多様なAIソリューションを提供することが可能で、大企業からの受注実績も多くあります。
経常利益はマイナスを記録していますが、売上はここ数年で大幅に拡大しており、今後の成長が期待されている企業といえるでしょう。

エクサウィザーズの募集要項

AIコンサルタント

顧客企業に対するエクサウィザーズの理解の促進活動や、プロジェクトの要件定義、社会課題の理解や優先順位付け、プロジェクトマネジメントなどを行うのがAIコンサルタントの主な役割です。
エンジニアなどの他職種の社員と連携することもあり、マネジメント能力が必要な職種といえます。

必須な経験・スキル

  • ・戦略やITコンサルでの実務経験
  • ・AI技術を用いた業務経験

機械学習エンジニア

機械学習エンジニアとして、大手企業と連携した研究やソリューション開発、機械学習に関する研究やアルゴリズムの実装などを行います。
書籍購入や外部発信に対する報奨金など、独自の福利厚生が充実しているのもエクサウィザーズのエンジニアの魅力です。

必須な経験・スキル

  • ・Pythonの深い理解と豊富な知識の保有
  • ・ScipyやNumpy、Scikit-Learnなどの基本的なフレームワークを利用した経験
  • ・機械学習の理論的背景に関する理解がある

エクサウィザーズの転職難易度

エクサウィザーズの転職難易度は中程度です。
エクサウィザーズでは、コンサルタントやエンジニアはもちろん、広報や人事、経理といった職種でも中途採用を募集しています。
コンサルタントやエンジニアに求められる必須要件はやや高いため、全くの未経験から応募することは難しいかもしれません。
さらには、AIに関する専門知識や最新の論文を理解する思考力が求められます。
一方で、人事や広報といった職種では応募要件がそれほど厳しくはなく、採用の倍率もそれほど高くありません。
こういった職種では熱意を重視した選考が行われるため、エクサウィザーズへ入社することに対する熱意をアピールすることが有効です。
面接対策次第では、採用を勝ち取ることは十分可能でしょう。

エクサウィザーズが転職者に求める人物像

エクサウィザーズが転職者に求める人物像として、「AIに関する豊富な専門知識があること」と「最新の技術動向を理解する熱意」の2つが挙げられます。
エクサウィザーズは、高い技術力に裏打ちされたコンサルティングを展開しているため、自然言語処理や画像解析、音声解析など、AIに関する豊富な知識が職種を問わず求められます。
特にエンジニアの場合は、最新の論文を理解できる専門知識と思考力が必要不可欠です。
また、AIに関する研究の進歩はめざましく、日々最新の技術動向は変化しています。
最新の技術をキャッチアップすることのできる学習意欲に富んだ人材であることも重要です。

エクサウィザーズの転職までの流れ

エクサウィザーズの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:人事・現場責任者
想定内容:志望動機などの基本的な内容が多く、答えやすい質問がほとんどです。

最終面接

想定選考官:代表・役員
想定内容:エクサウィザーズへ入社したあとのビジョンなど、1次面接の時よりも踏み込んだ質問が多くなります。

内定

エクサウィザーズの面接形式

エクサウィザーズの面接回数は2回です。
ただし、職種によってプロセスには微妙な差があり、部長候補など責任のある一部の求人については3回以上の面接が行われることもあります。
面接はオンラインで行うこともでき、応募者1人に対して複数人の面接官が対応する複数人形式のことが多いです。
1回あたりの面接時間は30分ほどと標準的な長さです。

エクサウィザーズの面接内容

エクサウィザーズの面接内容でよく聞かれるものとして、「エクサウィザーズへ入社した後にどのようなことが出来るのか」という質問が挙げられます。
エクサウィザーズは大手コンサル出身の社員も多く、現在は中途入社の社員が中心となって社内にノウハウを蓄積している段階です。
実力のある社員に中途入社してほしいという意向が強いため、「入社後にどう貢献できるのか」といった観点からの質問が目立ちます。
面接前に入社後のビジョンを明確化しておくと良いでしょう。
そのほかには、オーソドックスな質問がほとんどで、「志望動機は何か」や「これまでの業績はなにかあるか」といった内容が目立ちます。
ただし、このように一般的な質問であっても、コンサルティングに必要な論理的思考能力があるかどうかは厳しくチェックされる傾向が強いため、一つ一つの回答に根拠を示しながら説得力のある受け答えをするように心がけましょう。

エクサウィザーズの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには比較的多くのポジションで求人募集
・求人情報はリクルートなどでも確認できる
・コンサルティングに関する質問を多くされる

コンサル、40代前半、女性
「エクサウィザーズへ入社したら、どう貢献できるのか」とストレートに聞かれたことが印象に残っています。全体的に論理的思考能力を重視している印象を受けました。
エンジニア、20代後半、男性
これまでに開発に携わった案件について丁寧に聞かれました。また、開発をするなかで他業種の人と協力した経験はあるかどうかも聞かれました。
人事、40代後半、男性
書類に沿って進む面接で、オーソドックスな内容がほとんどでした。志望動機や将来のビジョンなどについては深堀された印象です。
コンサル、30代前半、男性
オンライン形式の面接でしたが特に困ることもなく、スムーズに進みました。「コンサルティングを行ううえで重要なことは何だと思うか?」と聞かれました。
デザイナー、20代後半、女性
これまでの実績を端的に教えて下さいといわれました。デザイナーなど、専門職に応募する場合は、ポートフォリオなどの端的に自身の実力を示せるものを用意しておくと良いかもしれません。

エクサウィザーズで働いている方の評判・口コミ

デザイナー、在籍1~3年、男性
本人がやりたいことを企業が応援してくれるという風土があり、何でも自由に挑戦させてもらえる雰囲気があります。社会課題の解決に向けたアプローチができるという点で働きがいがあると感じる社員も多く、チャレンジ精神も浸透しています。職種によってはフルリモートで働くことも可能で、ワークライフバランスも良好です。
コンサルタント、在籍1~3年、女性
優秀な社員が多く、刺激的な環境で働くことができていると感じます。大手コンサル出身者も少なくないため、社内に蓄積されたノウハウは膨大です。人間関係は比較的フラットで、上から見下されるような態度は全くありません。ただし、経営陣には強いリーダーシップがあるため、良くも悪くもトップダウンになりがちです。
ビジネス、在籍3~5年、男性
職種にはよりますが基本的にハードワークで、特にコンサルは残業が長くなる傾向があります。ただし、休みなどはしっかり取ることが可能です。優秀で頭の切れる社員が多く、コンサルトして成長できる環境だと感じます。自社プロダクトがやや弱く、現状はコンサルティングで利益を上げているため、この弱みを克服できれば更に成長できる企業です。
口コミの要約

コンサルタントとして優秀な社員が多く在籍しており、成長できる環境だという口コミが目立ちました。個々の力がしっかりと発揮される風土があり、チャレンジ精神も浸透しているようです。一方で、ワークライフバランスについては大きく意見が分かれました。コンサルタントはやや残業時間が長い一方で、リモートワークが可能ということもあり、それ以外の職種は比較的働きやすい環境となっているようです。

エクサウィザーズの年収・給与

年収 814万円
ボーナスの有無 記載なし
昇給制度 記載なし
残業手当 有り
固定残業手当 有り(月45時間分)
通勤手当 有り(月3万円まで)
住宅手当 記載なし
福利厚生 書籍購入、勉強会、出張手当、ベビーシッター利用補助制度など

エクサウィザーズでの転職者の出世難易度

エクサウィザーズでの転職者の出世難易度は中程度です。
エクサウィザーズでは、できる限り社員の実績を数字で評価しようという実力主義が採用されています。
職種を問わず実績を数字で評価するため、転職者であっても結果を出すことができれば重要なポジションに抜擢されることも十分可能です。
一方でエクサウィザーズは年俸制を採用しており、定期的な昇給制度などは用意されていないため、結果を出すことができなければシビアな評価となることもあります。
コンスタントに数字として実績を残すことのできる実力ある社員が出世しやすい環境です。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 900万円
30代中盤 なし 900万円
30代後半 なし 1,100万円
40代前半 マネージャー 1,400万円
40代後半 グループマネージャー 1,400万円

エクサウィザーズはどんな人が働いている?

エクサウィザーズの従業員数

233名

エクサウィザーズの平均年齢

35.4歳

エクサウィザーズの平均勤続年数

2.0年

エクサウィザーズの社風

エクサウィザーズの社風の特徴として、数字を大切にする実力主義の風土が挙げられます。
特に予算などの数字は厳しく管理されることが多く、良くも悪くも厳密な運用が行われています。
また、役員が戦略コンサル出身者で占められているなど、コンサルタントが全体的に優遇されていると感じるという社員もいました。
そのほかの特徴としては、優秀な社員が非常に多く在籍しているという点が挙げられます。
大手コンサル出身者も多く、このようなバックグラウンドも数字を大切にするというエクサウィザーズならではの文化を形作っている要因といえるでしょう。
社会課題を解決するというビジョンも共有されており、ベンチャー企業らしいアットホームな雰囲気が特徴的です。

エクサウィザーズのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 9:00〜18:00(職種による)
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始、慶弔休暇、結婚休暇、介護休暇、半日有給取得可など
平均残業時間 月38.2時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

エクサウィザーズの社長

石山 洸

1982年生まれ。
2006年に株式会社リクルートへ入社。
2014年に株式会社リクルートホールディングスR&D本部メディアテクノロジーラボ室長に就任。
その後もデジタルセンセーション株式会社取締役などを経て、2017年にエクサウィーズの代表取締役社長に就任。
東京大学未来ビジョン研究センター客員准教授なども務めている人物。

エクサウィザーズ現職、OB/OGの有名人

春田 真

1969年生まれ。
1992年に株式会社住友銀行へ入行。
2000年に株式会社ディー・エヌ・エーへ入社し、取締役総合企画部長に就任。
その後、取締役会長兼執行役員などを経て、2017年にエクサウィーズの取締役会長に就任。
株式会社TBSホールディングスの社外取締役なども務めている人物。

エクサウィザーズの転職に関わるQ&A


エクサウィザーズでは、実力主義の風土が浸透しており、男女関係なく平等に評価されるという社風があります。
実際の社員口コミでも、女性だからといって出世が不利になるということは全くないという声が目立っています。
産休や育休といった基本的な制度も整備されており、女性にとっても働きやすい企業だといえるでしょう。

エクサウィザーズの月平均座尿時間は38.2時間であり、これはコンサル企業としては標準的かやや長い水準です。
ただし、口コミによると職種によってワークライフバランスは大きく異なるという意見が目立ちます。
コンサル職の場合はやや残業時間が長く、それ以外の職種ではリモートワークが採用されていることもあり、ワークライフバランスは良好となる傾向があります。

エクサウィザーズへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

エクサウィザーズの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
募集要項以外にも、代表メッセージやミッション、事業概要図など、さまざまな情報が掲載されているため、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、公式サイトからの応募の場合、どうしても時間がかかってしまいます。
できるだけ時間をかけずに転職したいと考えている場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、エクサウィザーズの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

コンサル企業の募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してエクサウィザーズに転職するなら、コンサルティングを行う他社の募集要項も比較することができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動できる手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件の確認から応募までが早い

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が豊富であり、案件確認から応募までをスピーディーに行えます。
できるだけ素早く転職をしたい方やまずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

競合他社の募集要項と比較したいなら「iX転職」

iX転職では、コンサル企業などの募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールのコンサル企業の平均年収は、900万円~1,500万円となっており、ほかの転職サイトよりも比較的高くなっています。
また、iX転職は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「自身が活躍できる企業がどれほどあるのか」や「企業ごとで募集要項はどんな風に変わるのか」などを知りたい方は、まずはiX転職に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

アビームコンサルティングに転職する方法。難易度や転職方法を解説

アビームコンサルティング転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルートグループなどのWeb系事業会社 大手事業会社 アクセンチュアなどのコンサルティングファーム アビームコンサル...

マネジメントソリューションズへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、マネジメントソリューションズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからマネジメントソリューションズに転職してくるのか ・転職先:マネジメントソリューションズからどこへ転職するのか 一般的な...

株式会社リベロの転職難易度は高い?選考フローや面接内容などを解説

リベロは、新生活を迎える方に対してサービスを提供し、事業者の課題解決をする新生活サービスプラットフォームを手掛けている企業です。 主力として、部屋が決まった方に向けた新生活ワンストップサービス「新生活ラクっとNAVI」や転勤の際に...

AGSの転職難易度は?面接内容や口コミなどを解説

AGS転職者の主なキャリアステップ 前職 ほとんどがプロパー社員 AGS株式会社に転職 次の転職先 トーマツ、あずさ監査法人、NTTデータなどのSIer ...

Appier Japanの転職事情。面接内容や出世難易度などを解説

Appier Japan転職者の主なキャリアステップ 前職 セールスフォース、日本オラクルなどの外資系ベンター ヤフー、サイバーエージェントなどのWEB事業者 Appier Jap...

ランドネットへの転職は難しい?面接内容や年収などを解説

▼下記は、ランドネットに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからランドネットに転職してくるのか ・転職先:ランドネットからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

デリバリーコンサルティングへの転職。面接内容や年収を紹介

デリバリーコンサルティング転職者の主なキャリアステップ 前職 エス・エム・エスなどのWEB系事業者やPwCなどのコンサルファームがあげられる。 株式会社デリバリーコンサルティングに転...

ビザスクの転職難易度は高い?口コミや年収などを解説

ビザスク転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルート、サイバーエージェントなどのWEB系事業会社 三井物産、住友商事などの総合商社 パーソルキャリアなどの人材関連企業 株式会社...

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの転職難易度は?口コミや年収など解説

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ転職者の主なキャリアステップ 前職 デロイトトーマツなどのコンサルティングファーム パナソニックなどの電機メーカー 三菱商事などの商社 小売 ...

セカンドサイトアナリティカの転職事情。事業内容や選考フローなど解説

セカンドサイトアナリティカは、「データから、新たな価値を。」という経営理念のもと、人工知能技術を活用したコンサルティングやアナリティクスサービスを提供している企業です。 企業に蓄積されている膨大なビッグデータを解析するAIの開...

TOP