コンサルティング

デリバリーコンサルティングへの転職。面接内容や年収を紹介

デリバリーコンサルティング転職者の主なキャリアステップ

デリバリーコンサルティングの主な転職元・転職先

学歴

学歴は、高校、専門学校、大学、大学院卒など幅広く在籍している。学歴の幅は広い。

前職

エス・エム・エスなどのWEB系事業者やPwCなどのコンサルファームがあげられる。

次の転職先

転職事例はほとんどないが、コンサルティングファームへの転職事例がある。

「デジタルマイグレーション」と「データストラテジー」の2本柱のもと、企業のDX化支援やITコンサルティング事業などを展開しているデリバリーコンサルティング。製造や保険、流通など様々な業界においてデータ活用ノウハウの提供やシステム開発などを行った実績のある、ITコンサルティング企業です。近年ではAIを活用した自然言語に関するソリューションも取り扱っており、常に最新の技術を導入していることが強みです。

そんなデリバリーコンサルティングは、2021年7月に東証マザーズへ株式を新規上場するなど近年事業規模を拡大しています。人材確保を目的とした中途採用にも力を入れており、PMOコンサルタントやITアーキテクトなど様々な職種で中途採用を募集中です。この記事では、デリバリーコンサルティングへの転職を検討している人に向けて、デリバリーコンサルティングの事業内容や将来性、面接での質問内容などを徹底的に紹介します。

デリバリーコンサルティングへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・デリバリーコンサルティングの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • デリバリーコンサルティングの企業概要
  • デリバリーコンサルティングの転職ポイント
  • デリバリーコンサルティングの社風や企業文化

デリバリーコンサルティングに転職するポイント

デリバリーコンサルティングの特徴

POINT

  • ・DX化支援やシステム開発などを行うITコンサルティング企業
  • ・AIを活用したソリューションの提供など、最新技術を用いた事業展開に強み
  • ・上司や役員とも話がしやすい、風通しの良い雰囲気との情報あり

デリバリーコンサルティングへ転職するポイント

POINT

  • ・PMOコンサルタントやITアーキテクトなどの職種で中途採用の募集あり
  • ・専門職ポジションの採用がほとんどだが、募集している職種は多彩
  • ・面接では志望動機やキャリアプランなどを丁寧に聞かれるとの声多数

デリバリーコンサルティングの企業概要

会社名 株式会社デリバリーコンサルティング
本社所在地 東京都港区高輪一丁目3番13号NBF高輪ビル
社長 阪口琢夫
設立 2003年
株式 東証マザーズ
株主構成 阪口琢夫 (31.69%)
メディアシーク (19.98%)
MFアセット (11.47%)

デリバリーコンサルティングの売上

デリバリーコンサルティングの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 1,054,391千円 1,394,510千円 1,677,998千円
経常利益 6,431千円 119,075千円 265,520千円

デリバリーコンサルティングの最新ニュース

デリバリーコンサルティングの事業内容

デリバリーコンサルティングの主力事業は、データ活用ソリューションの提供やDX化支援などを始めとしたコンサルティング事業です。2003年の創業以来一貫してITコンサルティングを手掛けており、製造業や流通業、小売業など多彩な分野でコンサルティングを行ってきました。IT化のコンサルティングと並行してITシステムの開発も行うため、導入からアフターサービスまでを一貫してサポート出来ることが強みです。AIを活用した自然言語処理など、最新の技術も積極的に導入しています。

特に、DX化と並行したデータ活用ソリューションの提案には力を入れてきました。企業の経営によって蓄積されたデータの活用方法を提案することにより、これまで活用されていなかったリソースのマネタイズを図ります。統計処理に対するノウハウが蓄積されていることも、デリバリーコンサルティングの特徴です。

デリバリーコンサルティングの募集要項

PMOコンサルタント

クライアント企業のニーズを的確に把握したソリューションの展開をするために必要な、プランニングやプロジェクト推進を総合的に担当します。DX推進やIT基盤開発などプロジェクトは多岐にわたるため、デジタルテクノロジーに対する深い理解が求められる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・システム開発におけるチームリーダー経験、あるいはPMO経験
  • ・物事を論理的に考え、事象の分析と理解が出来ること

ITアーキテクト

デリバリーコンサルティングのプロジェクトで必要な各種システムの要件定義や設計、開発などを担当します。インフラの設計や開発を幅広く担当する、技術レイヤーの中心的な役割となることが期待される職種です。

必須な経験・スキル

  • ・オープン系開発言語でシステム要件定義・設計開発をした経験
  • ・クラウドシステムの開発経験

デリバリーコンサルティングの転職難易度

デリバリーコンサルティングの転職難易度は中程度です。デリバリーコンサルティングでは、コンサルタントやアーキテクトなど様々な職種で中途採用を募集しています。2021年には東証マザーズへ株式を上場しており、最近急速に事業規模の拡大している企業です。人材確保のための中途採用にも積極的なため、特にIT系の企業でコンサルティングを行った経験のある人にとっては転職を狙いやすい企業と言えます。

ただし、デリバリーコンサルティングは創業以来一貫してITコンサルティングを行ってきた企業であり、いずれの職種でもデジタルテクノロジーに対する深い理解が求められます。応募のための必須要件もある程度厳し目に定められていることが多く、転職者に期待される役割は大きいです。デリバリーコンサルティングへの転職を必ず成功させるためには、企業研究を徹底して行うなど面接対策を入念に行いましょう。

デリバリーコンサルティングが転職者に求める人物像

デリバリーコンサルティングが転職者に求めている人物像は、「最新のテクノロジーに興味があること」「論理的な思考能力があること」の2つです。デリバリーコンサルティングでは、AIを用いて自然言語処理を行う「ライティング代行ロボ」など、最新のテクノロジーを活用したソリューションを数多く展開しています。入社後、実際に業務を行っていく上で最新の技術を積極的に取り入れていく姿勢は欠かせません。

またコンサルティング業務を行う上では、根拠に基づくロジカルな推論が欠かせません。実際、面接での受け答えがロジカルかどうかなどは重要な評価項目となっています。数字やデータなどの明確な根拠に基づいて説得力のある提案を行う、論理的な思考力が必要です。

デリバリーコンサルティングの転職までの流れ

デリバリーコンサルティングの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事・役員
想定内容:1次面接の想定面接官は、人事部の社員と役員です。部長クラスのマネージャーが担当することもあります。自己紹介や志望動機など、基本的な内容がメインです。

最終面接

想定選考官:社長
想定内容:最終面接の想定面接官は社長です。IT業界に興味を持ったきっかけや、デリバリーコンサルティングの良いところ、転職活動の軸など、やや踏み込んだ質問が目立ちます。

内定

デリバリーコンサルティングの面接形式

デリバリーコンサルティングの面接回数は2回です。面接形式は、1次面接が応募者1人、面接官2人の複数人形式、最終面接が1対1形式となっています。面接1回あたりにかかる時間は45分〜1時間前後と、やや長めの面接となることが多いようです。選考期間は2週間〜3週間程度で、一般的な水準と言えます。

デリバリーコンサルティングの面接内容

デリバリーコンサルティングの面接では、自己紹介や転職経緯といった基本的な内容はもちろん、「どうしてITコンサルティングに興味を持ったのか」「デリバリーコンサルティングのどのような点が良いと思って志望したのか」など、志望動機を一歩踏み込んだ質問が多く聞かれます。他に志望している会社はあるかどうかなど、これまでの転職活動についても触れられることがあるようです。「他のITコンサル企業ではなくなぜデリバリーコンサルティングを選んだのか」など、志望動機を様々な角度から丁寧に考えておくとよいでしょう。

この他、「どのような基準で企業を選んでいるのか」「転職活動は順調か」といった内容を聞かれたという情報も目立ちました。自分なりの軸をしっかりと持っていることをアピールしつつ、論理的に答えることを心がけると好印象です。

デリバリーコンサルティングの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには多くのポジションで募集をしている
・求人情報はDODAなどでも確認できる
・WEB面接あり

ITコンサルタント、30代、男性
デリバリーコンサルティングを選んだ理由や、デリバリーコンサルティングの強みなどについて聞かれました。他社との差別化を意識した質問が多かったように感じます。
データストラテジー、30代、男性
ITコンサルティングに興味を持ったのはどうしてか、といった志望動機ベースの質問が目立ちました。また、データストラテジーとしての経歴についても簡単に触れられました。
ITコンサルタント、30代、女性
「論理的に考えることは得意か」「数字には強いか」といった、論理的な思考力を聞いてくるような質問が多かったです。雰囲気は和やかで、話しやすい面接でした。
システムエンジニア、20代、男性
転職活動は順調かどうかを聞かれました。また、他に志望している企業はあるかと聞かれたため、いくつか答えたところ「良いなと思ったところはあるか」と質問されました。
コンサルタント、30代、女性
デリバリーコンサルティングの魅力はどこだと思うかを聞かれました。また、デリバリーコンサルティングに入社した後にどのようなキャリアパスを考えているかも聞かれました。

デリバリーコンサルティングで働いている方の評判・口コミ

ITコンサルタント、在籍2年、男性
上司や同僚などに仕事の内容を相談しやすい、風通しの良い社風があります。会社の規模自体もそれほど大きくないため、フレキシブルな対応が可能です。在宅勤務を積極的に導入しており、社員の9割ほどがリモートワークを行っている時もあります。コンサルティング会社としては休みもかなり取りやすく、プライベートとの調整がしやすいです。
システムエンジニア、在籍8年、男性
基本的に余裕を持ったスケジュール調整が行われるため、有給など休みも取りやすい雰囲気です。残業もそれほど多くなく、繁忙期を除けばかなり働きやすい会社なのではないかと思います。ワークライフバランスが良いこともあり、社内には多くの女性が活躍しています。在宅勤務が基本なので、育児と家事を上手く両立している社員も多いようです。
データアナリスト、在籍4年、女性
クラウド事業やIoTなど、挑戦的な事業内容が多いです。コンサルティング会社として手掛けていることは幅広く、自身の市場価値を高めることが出来る環境なのではないかと思います。リモートワークが基本ということもあり、感覚としてはフリーランスに近いです。大手からの案件も多く受注しているため働きがいのある環境でしたが、これといった特徴的な技術が社内に蓄積されているわけでもありません。
口コミの要約

リモートワークが基本の働き方を採用しているため、フレキシブルに働くことができるという意見が目立ちました。業務上で困った場面があれば上司や同僚とも相談しやすい環境があるなど、風通しも良いようです。一方、社内に蓄積されているノウハウが少ないことや、プロジェクトによっては繁忙期に仕事が大幅に増えることを指摘する意見もありました。

デリバリーコンサルティングの年収・給与

年収 513万円
ボーナスの有無 年1回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 福利厚生サービス加入、慶弔見舞金、定期健康診断、インフルエンザ予防接種補助金、資格受験費用補助、健康保険組合の福利厚生施設など

デリバリーコンサルティングでの転職者の出世難易度

デリバリーコンサルティングでの転職者の出世難易度は低めです。デリバリーコンサルティングでは、勤続年数に関係なく実力で評価するという雰囲気があります。幅広い観点から、なるべく公平になるよう意識した評価が行われています。実績を挙げた社員は若くしてプロジェクトマネージャーなど責任のあるポジションに抜擢されるなど、素直に実力が出世に影響する制度となっているのが特徴です。

ただし、大手コンサルティング企業などで実績を挙げたことのある社員も多く在籍しており、決して簡単に出世できるわけではありません。転職者だからといって出世が不利になるわけではありませんが、部長クラス以上への出世を狙うためには目立った実績を築く必要があります。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 なし 1,000万円
40代前半 なし 1,000万円
40代後半 なし 1,200万円

デリバリーコンサルティングはどんな人が働いている?

デリバリーコンサルティングの従業員数

105人

デリバリーコンサルティングの平均年齢

34.9歳

デリバリーコンサルティングの平均勤続年数

4.6年

デリバリーコンサルティングの社風

デリバリーコンサルティングの社風の特徴として、周りに相談しやすい風通しの良い風土が挙げられます。社員間のプライベートでの交流が特別多いというわけではないようですが、仕事の中で必要なコミュニケーションは積極的に取る雰囲気です。上司や役員とも話しやすく、人間関係がフラットだという情報もありました。

また、リモートワークを積極的に導入しているなど、フレキシブルな働き方を全社的に重視していることも特徴的です。実際、ほとんどの仕事をリモートワークで行っている社員はフリーランスに近い働き方だという意見もありました。働きやすさを重視した、柔軟な職場環境が整っているのもデリバリーコンサルティングの企業カルチャーです。

デリバリーコンサルティングのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 10:00〜19:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 祝祭日、有給休暇、慶弔休暇、夏季休暇、年末年始休暇、産前産後休業、介護休業、育児休業など
平均残業時間 6.9時間(月)
フレックス制度 なし
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

デリバリーコンサルティングの社長

坂口琢夫

1964年生まれ。1989年、アンダーセンコンサルティングへ入社。1995年、アンダーセンコンサルティング株式会社へ転籍。2000年、トランス・コスモス株式会社へ入社する。2003年にデリバリーコンサルティングを設立し、代表取締役社長へ就任。MFアセット株式会社の代表取締役なども務めている。

デリバリーコンサルティング現職、OB/OGの有名人

伊藤享弘

デリバリーコンサルティングの取締役管理本部長。1972年生まれ。1997年、プライスウォーターハウスコンサルティング株式会社へ入社。2002年よりトランス・コスモス株式会社で勤務し、2004年に中央青山監査法人へ入社。2006年にデリバリーコンサルティングへ入社し、2010年より取締役。2019年より取締役管理本部長を務める。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

デリバリーコンサルティングの転職に関わるQ&A


公式サイト上のFAQに掲載されている情報によると、デリバリーコンサルティングの女性社員比率は2020年12月時点で17%。IT系のコンサルティング会社としてもやや少なめの数字です。エンジニアなどの職種が多いことが影響し、やや低めの女性比率となっています。ただ、口コミでは女性社員も活躍しやすく、産休や育休などの制度も整っているという意見もありました。女性の働きやすさについて気になる場合は、面接で事前に質問することもおすすめです。


デリバリーコンサルティングの月平均残業時間は6.9時間。これは非常に短い水準で、社員にもワークライフバランスが非常によく働きやすい会社だと感じている人が多くいました。一般に激務と呼ばれる企業が多いコンサル系の中でもワークライフバランスを保つことのできる会社として、上場後の注目も集まってきています。

デリバリーコンサルティングへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

公式の採用ページから応募が可能です。
公式サイトでは現在募集されている職種や条件がざっくりと記載されているため、「まずは求人の状況を簡単に知りたい」という人はチェックしておきましょう。

ただ、採用のポイントや求めている経歴・スキルは詳細には記載されていないため、採用の確率を高めたい場合や非公開求人も見たい場合には転職サイトや転職エージェントを活用するのがおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してデリバリーコンサルティングに転職するなら、他社の募集要項を比較することができる「iX転職」がおすすめです。
転職サイトを活用するメリットは、

  • ・手軽さ
  • ・案件数の豊富さ
  • ・案件確認から応募までの早さ

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、案件が豊富であり、案件確認から応募までが非常にスピーディーです。
今すぐ転職をしたい方や、まずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

コンサルティングを行う企業の募集を比較するなら「iX転職」

iX転職では、幅広い企業の募集要項を確認することができます。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの平均年収は800万円~1,300万円程度となっており、別サイトよりも比較的高く設定されています。
また、iX転職は、表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
・厳選された企業からのヘッドハンディング
企業がどれほどあるのか、それぞれ募集要項はどのように違うのかなどを自らの手で調べたい方は、まずはiX転職に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

プロレド・パートナーズの転職事情。面接内容や転職難易度などを解説

プロレド・パートナーズは、多数の企業に対してコンサルティングサービスを提供し、厳しい経営状況にある企業を支援している経営コンサルティング会社です。 ベネッセコーポレーションや日本郵政など、数多くの大手企業をクライアントとし、創業以...

三菱総合研究所の転職難易度は?年収や面接内容などを解説

三菱総合研究所転職者の主なキャリアステップ 前職 アクセンチュアなどのコンサルティング会社 NECなどの大手メーカー 株式会社三菱総合研究所に転職 次の転...

BlueMemeへの転職まとめ。事業内容や年収、面接内容などについて解説

「プログラミングの自動化」をキーワードに、システム開発の内製化をサポートするコンサルティング業務などを行っているBlueMeme。従来は多くのエンジニアが必要であった開発案件を、独自のローコード技術で効率的に解決する方法論「AG...

WACULの転職事情。事業内容や転職するメリットなどについて解説

WACUL転職者の主なキャリアステップ ...

Supershipへの転職がオススメな理由。年収や福利厚生などを解説。

Supership転職者の主なキャリアステップ ...

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの転職難易度は?面接内容・選考フローや年収を解説!

三菱UFJリサーチ&コンサルティング転職者の主なキャリアステップ ...

シンプレクスの転職難易度は?年収や面接内容などを解説

シンプレクス転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒 IT 銀行 メーカー コンサルティングファーム シンプレクス株式会社に転職 次の転職先 アク...

ベイン・アンド・カンパニーの年収は?中途面接の内容や評判などの転職情報まとめ

ベイン・アンド・カンパニー転職者の主なキャリアステップ ...

マネジメントソリューションズへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、マネジメントソリューションズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからマネジメントソリューションズに転職してくるのか ・転職先:マネジメントソリューションズからどこへ転職するのか 一般...

PwCコンサルティングの転職難易度は高い?年収や口コミを解説

PwCコンサルティング転職者の主なキャリアステップ 前職 メガバンクなどの銀行 アクセンチュア、デロイト、EYなどの戦略コンサル 大手シンクタンク PwCコンサルティング合同会社...

TOP