コンサルティング

三菱総合研究所の転職難易度は?年収や面接内容などを解説

▼下記は、三菱総研に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこから三菱総研に転職してくるのか
・転職先:三菱総研からどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

三菱総研の主な転職元・転職先

学歴

三菱総研に在籍している社員の学歴は、大学出身者がほとんどであり、幅広い大学出身者が在籍しています。

職歴

三菱総研在籍者は新卒で入社した社員が多く、転職者の職歴としてアクセンチュアなどのコンサルティング会社や、NECなどの大手メーカーなどが挙げられます。

退職後の主な転職先

三菱総研の転職先として主に、デロイト・トーマツ・コンサルティングアクセンチュアなどのコンサルティング会社などへ転職しています。

三菱総研は、日本のシンクタンク・システム開発会社でシステムインテグレーターであり、三菱創業100周年の記念事業として設立された企業です。
政府や官公庁、地方公共団体などから委託される各種調査研究に強みを持っており、さまざまな企業の課題解決を支援するサービスを提供しています。
1970年に設立、東京都千代田区永田町に本社を構えており、4,011名の社員が在籍しています。
三菱総研では、中途採用枠が多く、シンクタンク部門やコンサルティング部門などの専門職で、即戦力となる人材を求めています。

初めての転職で三菱総研を目指すなら「ビズリーチ」を見るべし!

三菱総研の年収や面接内容も気になるけど、先にどんな求人があるのか知りたい!という方は、まずはビズリーチなどの転職サイトで掲載されている求人情報をチェックしてみましょう。
ビズリーチでは、ハイクラス求人を豊富に扱っており、転職先がまだ定まっていないという方は、ここで比較することをおすすめします。
転職エージェントを活用する場合でも、情報収集として事前にチェックしておくことで、転職活動をスムーズに進めることができるでしょう。

また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • 三菱総研の企業概要
  • 三菱総研の転職ポイント
  • 三菱総研の社風や企業文化

三菱総研に転職するポイント

三菱総研の特徴

POINT

  • ・三菱グループの総合シンクタンクであり、政府や官公庁などに強みを持つ企業
  • ・自主性を尊重した風土があり、働きやすい環境がある
  • ・平均年収は日系コンサルティング企業内でトップクラスで高い

三菱総研へ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠の多い
  • ・専門職ポジションでの求人募集を行っている
  • ・転職サイトと転職エージェントの併用で転職成功率アップ

三菱総研の企業概要

会社名 株式会社三菱総合研究所
本社所在地 東京都千代田区永田町二丁目10番3号
社長 大森 京太
設立 1970年5月8日
株式 上場(東証1部)
株主構成 三菱商事(5.93%)
三菱重工業(5.93%)
三菱電機(5.49%)

三菱総研の売上

三菱総研の売上推移

年数 2017年 2018年 2019年
売上高 89,466百万円 90,250百万円 90,029百万円
経常利益 6,258百万円 5,364百万円 5,718百万円

三菱総研の最新ニュース


三菱総研の最新情報を掲載しております。

三菱総研の事業内容

シンクタンク部門

さまざまな社会課題を総合的に捉えて、解決策の提案や合意形成、ビジネスのよる解決を目指している部門です。
持続的な地域社会を実現、再生エネルギーの導入による持続的な地域社会の実現に貢献する「地域創生事業」や、ソリューション提供を通じて、持続的な社会システムの実現を行う「次世代インフラ事業」などの事業展開を行っています。
そのほかにも、「ヘルスケア・ウェルネス事業」や「環境・エネルギー事業」、「化学・安全事業」などを展開しており、医療や自然環境、防災などにも注力している部門です。

コンサルティング部門

三菱総研が強みとする国内外の経済や社会、政策など、技術動向に関わる知見を最大限に活かし、クライアントの経営改革や組織改革、新事業開発などのイノベーションを支援している部門です。
総合力強化や外部パートナー企業との連携強化に取り組み、幅広い課題解決を行う「アライアンス推進室」や、AIを活用した新サービスの開発に取り組んでいる「AIイノベーション推進室」などの事業展開を行っています。
そのほかにも、「経営イノベーション」や「デジタル・イノベーション」、「社会ICTソリューション」などを展開しており、経営戦略や人材戦略のほかにも、IA・ロボット活用支援や金融システムなどにも、力を入れている部門です。

三菱総研の転職の募集要項

経営コンサルタント

経営コンサルタントは、成長戦略や事業戦略、技術戦略などを行うポジションです。
そのほかにも、マーケティング戦略や組織戦略などの企業向けコンサルティングサービスを担当します。
クライアントが自力で解決できない課題に対する真因の特定や解決策の提示、実行支援などを行うため、責任感とやりがいを感じることができるポジションでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・一般事業会社やコンサルティングファームでの実務経験
  • ・企業提案書や実施計画書などの組織承認を得るための資料作成やプレゼン経験

サイバーセキュリティ戦略

サイバーセキュリティ戦略では、リサーチャーや調査員として、制御システムやネットワーク、IoTなどの情報セキュリティを対象とした調査研究やコンサルティングを行います。
社会問題といった公共性の高い業務への関心や、プロジェクトマネジメントを主導とするリーダーシップ、業務への主体性などが問われる職種です。
営業経験や事業開拓のマインド、チャレンジ精神がある人材は優遇される傾向があります。

必須な経験・スキル

  • ・システムベンダーや通信キャリアなどにおいて、サイバーセキュリティ領域などでの業務経験
  • ・電力や中央官庁などのシステム企画や開発経験

研究員

研究員は、官公庁や民間企業の調査研究を通じて、組織や社会の持続的な発展による未来社会の実現に貢献するポジションです。
具体的には、将来の宇宙利用戦略やビジネスモデルに関する調査研究、電波関連の制度設計などを行います。
そのほかにも、システム構築推進や海洋政策など、幅広くマルチに活動します。
10年先や20年先の社会を見据え、政府などの公共セクターや大手民間企業と腰を据えてプロジェクトを行っていけるような人材が求められています。

必須な経験・スキル

  • ・宇宙や海洋、電波などの分野によける調査研究やコンサルティング経験
  • ・産業分野の設備保守や安全管理に関する業務経験

三菱総研の転職難易度

三菱総研の転職難易度は非常に高いです。
年収が非常に高くなっており、ほかの転職者も優秀な人材が多く応募してるため、最難関といっても過言ではないほど、難易度が高いといえます。
そんな優秀な転職者のなかから自分を採用してもらうというのは、並大抵のことではありません。
事前に企業分析と自己分析をしっかりと行い、ほかの候補者と差をつけられるような能力が必要です。
面接の際は、そういった卓越したスキルや知識を上手にアピールできることが重要となるでしょう。

三菱総研が転職者に求める人物像

三菱総研では、高度な専門性をもった多彩な研究個性を持っている人材を求めています。
性別や国籍などは一切関係なく、多様性に富んだ個人の結集による組織の総合力が発揮できるかどうかが問われます。
また、基本姿勢として、プロフェッショナルとして広い視野から未来への提言ができる未来志向と、チャレンジ精神、分散思考などを持ち合わせたビジネスパーソンとしての資質があることが重要です。
面接では、これらをアピールできるエピソードを複数用意してから臨みましょう。

三菱総研の転職までの流れ

三菱総研の選考フロー

書類・エントリーシート提出

一次~三次面接

想定選考官:現場研究員
志望動機やこれまでに培ってきたものなど、定型的な質問をされます。

最終選考

想定選考官:人事・役員
これまでの質問を再度深堀し、改めてマッチしている人材かを判断されます。

三菱総研の面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数は2~4回です。
ただし、職種やポジションによって面接人数や回数が変わる可能性があります。
面接は1回あたり30分~1時間です。

三菱総研の面接内容

三菱総研では、志望動機やこれまでに培ってきたものなど、定型的な質問から面接が進みます。
また、「学生のときに打ち込んできたこと」や「社会をどう変えたいか」、「具体的な過去プロジェクトの役割」などの質問をされることがあります。
質問内容には統一性がなく、面接官によって質問される内容が異なってくるので、どんな質問をされても回答できるように、あらかじめ準備をしておくと良いでしょう。
面接の雰囲気は、比較的アットホームな感じであり、柔らかい雰囲気で行われます。
ただし、論理性を試されてプレゼンスキルを評価している傾向があるため、リラックスしすぎず、良い意味で緊張感を持って面接に臨むようにしましょう。

三菱総研で働いている方の評判・口コミ

ビジネスコンサルタント 在籍3~5年 男性
部署によって仕事内容は異なりますが、今の仕事の内容にやりがいを感じ、社会を変えていると実感することができます。また、外部のエグゼクティブとの関わりが大きいことも魅力の一つだと思います。
コンサルタント関連 在籍5~7年 女性
身近に大学の教員に転職する人や、その道のプロといえそうな人が多く在籍しているので、そういった人から見習えることが多く、良い環境があります。また、能力開発制度があるので、スキルアップできる環境は用意されています。
営業アシスタント 在籍3~5年 男性
非常に自由度が高く、必要な業務を終わらすことができれば、休みや半休などは比較的取りやすいです。また、働き方改革も積極的に進めているため、ほかの企業に比べたら柔軟性はあると思います。
口コミの要約

三菱総研の口コミを見てみると、業務に対してやりがいを感じることができ、周りに優秀な人材がいることで学べる環境があるということが伺えます。また、自由度が高く、働きやすい環境があるということが伝わってきます。

三菱総研の年収・給与

年収 983万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 社会保険完備、厚生年金、確定拠出年金制度、財形貯蓄制度など

三菱総研での転職者の出世難易度

三菱総研の出世難易度は中程度です。
すぐに出世できるということはほとんどありませんが、長く勤務することで自然と出世できる傾向があります。
早く出世したいと考えている方には出世難易度は高く感じるかもしれませんが、長く働き、コツコツと実績を積み重ねることが三菱総研での出世のポイントです。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 なし 700万円
40代前半 なし 700万円
40代後半 課長 1,000万円

三菱総研はどんな人が働いている?

三菱総研の従業員数

930名(単体)
4,011名(連結)

三菱総研の平均年齢

42.7歳

三菱総研の平均勤続年数

4年

三菱総研の社風

三菱総研は、比較的風通しが良い社風です。
若手でも意見が通りやすい雰囲気があり、若手でも一定の裁量を与えてもらえるので、やりたいことをやれる環境があり、それらを通じて成長を実感できます。
また、穏やかな社員が多く在籍しており、自主性を尊重した風土があるので、変にストレスを溜めず、業務にあたることができるでしょう。

三菱総研のワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 記載なし
休日 土日祝日(週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始、ゴールデンウィーク、創業記念日、夏季休暇など
平均残業時間 55~65時間
フレックス制度 有り(コアタイム 10:30~15:30)
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

三菱総研の社長

森崎 孝

1955年生まれ。
1978年に三菱銀行入行。
2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループ常務執行役員と三菱東京UFJ銀行常務執行役員に就任。
その後も、常務執行役員アジア本部長や専務執行役員市場部門長、専務取締役市場部門長などを歴任し、2016年に三菱総研の代表取締役社長に就任。

三菱総研現職、OB/OGの有名人

大森 京太

1948年生まれ。
1972年に三菱銀行入行。
2003年に東京三菱銀行の常務取締役に就任。
その後も、三菱UFJフィナンシャル・グループ取締役副社長や取締役、三菱総研の代表取締役社長を歴任。
2017年に三菱総研の取締役会長に就任した。

三菱総研の転職に関わるQ&A


三菱総研は平均残業時間が55~65時間となっており、一見大変そうに感じるかもしれません。
しかし、実際は働き方改革を積極的に進めていることにより、残業時間が少なくなってきています。
繁忙期などは忙しくなり、残業時間が増えてしまいますが、それ以外のときは休みや半休を取れる可能性があります。
一昔前に比べると働き方が見直されたので、働きやすい環境ができているといえるでしょう。


三菱総研は女性でも働きやすい環境が整っています。
性別での差別はなく、平等に評価してもらえることから、女性でも出世できる可能性は十分にあるでしょう。
また、産休や育休があるので、何かあったときも安心して働くことができます。

三菱総研へ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

三菱総研の公式サイトにある採用情報ページから応募することができます。
公式サイトには求人情報以外にも、三菱総研についてのメッセージなどが掲載されています。
また、現在募集されているポジションについて軽く掲載されているので、どんな仕事なのか知りたいという方は一度チェックしてみると良いでしょう。
ただし、掲載されている求人情報の情報量は少なく、より詳しい情報が知りたい場合や公式サイトに載っていないような求人に応募したいという場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

自分のテンポで転職活動したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用して三菱総研へ転職したいなら、掲載案件数がトップクラスで、ハイクラス求人を豊富に扱っている「ビズリーチ」の利用がおすすめです。
ビズリーチは、今の自分の市場価値を知ることができ、より適したポジションへの転職がしやすいという特徴があります。

転職サイトを活用するメリットは大きく分けると3つです。
・掲載案件数の多さ
・自分のテンポで転職活動が行える
・応募までのスピード感がある

自分の希望するポジションを探している方や、自分のテンポで転職活動を行いたいという方にはおすすめです。
また、転職サイトは転職エージェントを利用する前に活用する方も多く、三菱総研の募集内容や求められるスキルなどが知りたい場合は一度チェックすると良いでしょう。

ビズリーチでは年収の相談が可能

ビズリーチには、三菱総研の求人件数が2件と非常に少ないですが、同業他社の求人募集が多数掲載されています。


※画像はイメージです。

ハイクラス求人を豊富に扱っているビズリーチなだけあり、全体的に年収が高く、また、求人によっては年収交渉が可能となっています。
さらには、非公開求人を持っていることもあり、キャリアアドバイザーに相談することで、非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
ただし、ビズリーチを含めた転職サイトからの応募は、自分と企業側とのすり合わせが上手くいかないことも少なくなく、経験やスキルなどで落とされてしまう可能性も少なからずあります。
確実な転職を行いたいのであれば、転職エージェントの活用がおすすめです。

質の高い転職支援で転職成功率を上げるなら「転職エージェント」

三菱総研へ転職するために転職エージェントを利用するなら「リクルートエージェント」がおすすめです。
リクルートエージェントは、業界トップクラスの案件数を保有しており、数多くの転職実績がある人気の転職エージェントです。

転職エージェントを利用するメリットは大きく分けて3つです。
・キャリア相談や年収交渉などを含む質の高い転職支援
・自身と企業との高いマッチング率
・非公開求人案件の圧倒的な多さ

転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書を含めた応募書類の添削や、模擬面接による指摘とアドバイス、さらには年収交渉まで自分の代わりに行ってくれます。
また、あらかじめ三菱総研への転職実績があれば、企業との太いパイプが構築されているため、普通では知ることができないような内部情報を聞くこともできます。
転職活動において、少しでも不安がある場合や確実な転職をしたい場合は、リクルートエージェントの利用がおすすめです。

リクルートエージェントはWEB面接可能で、ハイクラス案件が多数

リクルートエージェントに掲載されている三菱総研の求人情報を見てみると、コンサルタントや研究員の求人が多数掲載されています。

三菱総研 リクルートエージェント
※画像はイメージです。

自分では大したことないと思っているスキルでも違う業種からしたら、貴重なスキルということもあり、キャリアアドバイザーから客観的に見てもらうことで、そういった部分が明確になります。
また、リクルートエージェントでは公開されている求人のほかに非公開求人も多く持っているので、状況や持っている能力によっては非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。

あなたが三菱総研に転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

IMJの転職情報!年収や口コミ、転職難易度を解説

  ▼下記は、IMJに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからIMJに転職してくるのか ・転職先:IMJからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの転職難易度は?面接内容・選考フローや年収を解説!

  ▼下記は、三菱UFJリサーチ&コンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三菱UFJリサーチ&コンサルティングに転職してくるのか ・転職先:三菱UFJリサーチ&コンサルティン...

アクセンチュアへの転職。激務で大変って本当?

▼下記は、アクセンチュアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアクセンチュアに転職してくるのか ・転職先:アクセンチュアからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せる...

ボストン・コンサルティング・グループへの転職。年収や難易度を解説

▼下記は、ボストンコンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからボストンコンサルティングに転職してくるのか ・転職先:ボストンコンサルティングからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し...

PwCコンサルティングの転職難易度は高い?年収や口コミを解説

  ▼下記は、PwCコンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからPwCコンサルティングに転職してくるのか ・転職先:PwCコンサルティングからどこへ転職するのか 一般的な傾...

SHIFTへ転職するには?評判や面接のポイントなどを解説

▼下記は、SHIFTに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからSHIFTに転職してくるのか ・転職先:SHIFTからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

マッキンゼーアンドカンパニーの転職難易度は?英語は必須?

▼下記は、マッキンゼーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからマッキンゼーに転職してくるのか ・転職先:マッキンゼーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

ベイカレント・コンサルティングへ転職するには?年収や難易度について解説

  ▼下記は、ベイカレント・コンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからベイカレント・コンサルティングに転職してくるのか ・転職先:ベイカレント・コンサルティングからどこへ転職す...

BCGデジタルベンチャーズへの転職はアリ?評判や激務なのかについて調査

  ▼下記は、BCGデジタルベンチャーズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからBCGデジタルベンチャーズに転職してくるのか ・転職先:BCGデジタルベンチャーズからどこへ転職するのか ...

アビームコンサルティングに転職する方法。難易度や転職方法を解説

  ▼下記は、アビームコンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアビームコンサルティングに転職してくるのか ・転職先:アビームコンサルティングからどこへ転職するのか 一般...

TOP