WEB・アプリサービス

Geolocation Technology(ジオロケ)への転職。面接内容や給与・社風まで徹底解説

IPアドレスなどを始めとしたビッグデータを活用し、Web広告マーケティングや通信セキュリティなどで数多くのサービスを展開しているGeolocation Technology。Web制作やログ解析はもちろん、オンライン不正検知やIP移転支援、シティプロモーション支援など幅広い分野で事業展開をしていることが特徴のIT企業です。2020年にTOKYO PRO Marketへ株式を上場して以降も売上高、経常利益ともに順調な伸びを見せており、今後の成長も期待されています。

そんなGeolocation Technologyは、事業規模拡大を募集背景とした中途採用にも力を入れています。セールスエンジニアや開発職はもちろん、マーケティングやクリエイターなど幅広い職種に応募できることが特色です。この記事では、Geolocation Technologyの事業内容や年収、面接での質問内容などについて徹底的に解説します。

Geolocation Technologyを目指す人におすすめの転職エージェント

・Geolocation Technologyの口コミや年収も気になるけど、確実な人から適切な転職先を紹介されたい!

そんな方はまず転職エージェント「DX CAREER AGENT」をチェックしましょう。

DX CAREER AGENTの主な特徴は以下の通り。

・DXに精通した人材紹介に特化されたサービスならではの、求人・サポート

・サポートする少数精鋭のエージェントは全員、各業界の最大手出身者

・大手の採用代行を行なっているので、マーケットに出てこない優良求人を多数保有

DX CAREER AGENT
DX CAREER AGENT

この記事でわかること

  • Geolocation Technologyの企業概要
  • Geolocation Technologyの転職ポイント
  • Geolocation Technologyの社風や企業文化

Geolocation Technologyに転職するポイント

Geolocation Technologyの特徴

POINT

  • ・Webマーケティングやセキュリティを支えるIT企業
  • ・「どこどこJp」「どこどこad」「らくらくログ解析」など、数多くのサービスを展開中
  • ・社員同士の仲が良く、ワークライフバランスも良好との声多数

Geolocation Technologyへ転職するポイント

POINT

  • ・開発、エンジニア、マーケティングなど多彩な職種で中途採用を募集中
  • ・専門職ポジションでの採用がほとんどだが、場合によっては管理職の求人も
  • ・面接では人物面重視の質問が多いとの情報あり

Geolocation Technologyの企業概要

会社名 株式会社Geolocation Technology
本社所在地 静岡県三島市一番町18-22
社長 山本敬介
設立 2000年
株式 福証Q-Board
株主構成 小川武重 (29.19%)
エレファント (27.18%)
キャピタルバンク (14.77%)

Geolocation Technologyの売上

Geolocation Technologyの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 459百万円 475百万円 583百万円
経常利益 18百万円 31百万円 50百万円

Geolocation Technologyの最新ニュース

Geolocation Technologyの事業内容

Geolocation Technologyの主力事業は、IPアドレスを活用したWebマーケティングサービスの開発・運用です。インターネットでは位置情報を始めとした、それぞれのユーザーの特性データが数多く蓄積されます。従来、このようなデータの解析や保存は企業にとってコストのかかるものでした。

Geolocation Technologyでは、ユーザーの位置情報を始めとした様々な顧客特性のデータに簡単にアクセスできる各種サービスを法人向けに提供しています。このサービスにより、企業はそれぞれのユーザーにとって最適な広告を簡単に配信することが可能です。また、同時に不正アクセスの防止やセキュリティの強化にも取り組んでいます。顧客のデータを活用するトータルソリューションとなるべく、マーケティング事業を多角的に展開していることがGeolocation Technologyの特徴です。

Geolocation Technologyの募集要項

法人営業

Geolocation Technologyの開発するオンラインマーケティングツールの新規営業や、自治体などに対する地域活性化の提案営業、自社アプリケーションの新規開発提案などを行います。導入後の運営や検証、フォローアップなども担当する職種です。

必須な経験・スキル

  • ・法人営業経験(業種は問わない)
  • ・インターネット広告営業経験などがあれば歓迎

開発職

Geolocation Technologyの様々なプロダクトの機能実装はもちろん、インフラ管理や既存サービスのメンテナンス、IPv6の動向に対する調査研究なども行います。管理職候補として採用された場合はリーダーとして開発チームをマネジメントし、将来的なGeolocation Technologyの幹部としての素質を磨いていきます。

必須な経験・スキル

  • ・AWSでの構築経験1年以上
  • ・Linuxでのサーバ構築・運用1年以上
  • ・インターネットのセキュリティに関連する基本的な知識
  • ・開発業務におけるマネジメント経験(幹部候補のみ)

Geolocation Technologyの転職難易度

Geolocation Technologyの転職難易度は低めです。Geolocation Technologyでは、セールスエンジニアやマーケティング営業、開発職など大きく分けて9つの職種で中途採用を行っています。このうち正社員として採用されるのはエンジニア、営業、開発、クリエイターの4種類ですが、いずれの職種でも積極的に採用を行っていることがGeolocation Technologyの特徴です。

事業規模が急速に拡大しているため、新卒採用よりも即戦力となる中途採用に力を入れている傾向にあります。応募のための必須条件もそれほど高くないことも、Geolocation Technologyへ応募しやすいポイントです。ただしテクノロジー系の企業ということもあり、株式を上場して以降注目が集まってきている企業でもあります。選考の倍率は上がりつつあるため、早め早めの面接対策を心がけましょう。

Geolocation Technologyが転職者に求める人物像

Geolocation Technologyの社長である山本敬介氏へのインタビューによると、Geolocation Technologyの採用では「諦めずに取り組むことの出来る忍耐力」が重視されているようです。Geolocation Technologyは成長フェーズであり、様々な事業に積極的に挑戦しています。その中で、結果が出るまで粘り強く取り組むことの出来る能力が重要です。

また、同氏によると「新しい技術をキャッチアップする意欲」もGeolocation Technologyの採用では重要視されています。インターネット技術は日々アップデートされ続けているため、新しい技術を追わなければ時代に取り残されてしまいます。忍耐力と新しい技術へのキャッチアップ力を兼ね備えた、バランスの良い人材であることがポイントです。

Geolocation Technologyの転職までの流れ

Geolocation Technologyの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:現場社員
想定内容:1次面接は、採用予定先のチームの社員が担当します。1対1で行われる面接で、志望動機や退職経緯など基本的な内容がメインです。

最終面接

想定選考官:代表
想定内容:最終面接の想定面接官は代表です。Geolocation Technologyに入社した後にやりたいことや将来考えているキャリアについてなど、未来志向の質問も目立ちます。

内定

Geolocation Technologyの面接形式

Geolocation Technologyの面接回数は2回〜3回です。応募する職種や募集状況などによって面接の回数が前後します。形式は1次面接、最終面接ともに1対1面接です。面接1回あたりの所要時間は45分程度と標準的な長さですが、代表面接は30分弱と手短に終わる傾向があります。

Geolocation Technologyの面接内容

Geolocation Technologyの面接は、「Geolocation Technologyをどこで知ったのか」「どうしてGeolocation Technologyを志望したのか」といった志望動機に関する基本的な内容がメインです。これといって答えにくいような質問はありませんが、志望動機を様々な切り口で深堀りされる傾向にあるため、Geolocation Technologyを目指したきっかけをあらかじめ明確化させておくことが重要となります。「テクノロジーに興味を持ったきっかけ」などを聞かれることもあるようです。

また、Geolocation Technologyでは近年給与システムを改定するなど、社員の人生設計を重視した体制が強化されています。将来のビジョンや想定しているキャリアについてなど、未来志向のやや踏み込んだ質問も目立つようなので、事前に入社後のビジョンをよく考えておきましょう。

Geolocation Technologyの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには多くのポジションで募集をしている
・求人情報はGREENなどでも確認できる
・WEB面接あり

PD、30代、男性
Geolocation Technologyを知ったきっかけや、なぜGeolocation Technologyへ入社しようと思ったのかなど、志望動機に関連する質問が多かったです。それぞれの回答に矛盾がないよう、丁寧に答えることを心がけました。
営業、40代、女性
これまでの営業経験とともに、営業をする上で大切だと思うことは何かを聞かれました。一般的な質問が多く、答えやすかったです。
エンジニア、40代、男性
エンジニアとしてこれまでにどのような経験を積んできたのかを聞かれました。面接の雰囲気は終始和やかで、圧迫面接のようなことは全くありませんでした。
開発、30代、男性
プライベートに関する質問が目立ちました。また、将来の人生設計や入社後のキャリアなど、これからのことについて深堀りする質問が多かったです。
PD、40代、女性
Geolocation Technologyに入社したあとにやりたいことを聞かれました。また家族に関する質問など、プライベートな質問が多かったことが印象的でした。

Geolocation Technologyで働いている方の評判・口コミ

法人営業、在籍12年、男性
扱っている商材自体が珍しいため、どのようにそれを顧客へ売り込むかが重要です。営業としての素質を磨くことの出来る環境だと思います。評価制度は年功序列で、上下関係を重んじる風土があります。ワークライフバランスはかなりよく、有給休暇も気兼ねなく取得することが可能です。残業時間も全体的に少なく、家庭と仕事を両立させることができます。
SE、在籍4年、男性
入社後の研修が充実しており、2ヶ月間、社外を含めた研修を受けることができます。代表が自衛隊出身のため、上下関係が厳しいなどやや軍隊的な風土が特徴的です。評価も年功序列が基本となっており、役職に就かないとそれほど高い給与はもらえません。IPアドレスを活用するというサービス自体は非常に画期的で、将来性もあるビジネスモデルです。
開発、在籍6年、女性
社員同士の仲が非常に良く、プライベートでも積極的に関わる社員が多いです。家族的な付き合いを求める人に向いている会社だと思います。残業時間は非常に少なく、ワークライフバランスを取ることが可能です。社内では一定数の女性も活躍しており、育児と仕事を両立させている社員も多くいます。女性だからといって出世が不利になるということもなく、男女問わず活躍できる会社です。

口コミの要約上下関係を重んじる風潮があり、年功序列がしっかりしているという口コミが多く見られました。また、社員同士の仲がよくプライベートでも積極的に関わる機会が多いようです。ワークライフバランスに関しても好意的な意見が目立ちました。一方で給与に関しては、役職に就かないと上がらないという声がちらほら。上場するなど業績が改善してきている中、社員の待遇改善が求められているようです。

Geolocation Technologyの年収・給与

年収 460万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年2回
残業手当 有り
固定残業手当 一部有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、退職金制度、入社時研修、社内講習会、資格取得推奨制度、在宅勤務制度など

Geolocation Technologyでの転職者の出世難易度

Geolocation Technologyでの転職者の出世難易度は中程度です。Geolocation Technologyでの評価は、基本的に年功序列です。勤続年数が出世の評価にあたってもかなり大きなウェイトを占めるようなので、長く勤務することが出世に直結します。

ただし、完全に年功序列というわけではありません。定期的にある評価によっては給与が大きく上下することもあります。基本的に下がることはなく、大きな実績を上げれば上昇するという評価制度です。Geolocation Technologyでの出世を狙うのであればコツコツと実績を積み上げるとともに、経営層へ仕事の成果をアピールすることが大切です。

Geolocation Technologyはどんな人が働いている?

Geolocation Technologyの従業員数

37名

Geolocation Technologyの平均年齢

33.5歳

Geolocation Technologyの平均勤続年数

4.3年

Geolocation Technologyの社風

Geolocation Technologyの社風の特徴として、上下関係を重んじるという点が挙げられます。社長が自衛隊出身ということもあり、比較的厳格な上下関係があるようです。良くも悪くも古くからの日本企業といった特徴ですが、社長のカリスマ性で経営が上手くいっていると感じる社員も多いです。社内の規律も重要視されているという点も、Geolocation Technologyの企業カルチャーと言えます。

また、チャレンジを後押しする社風があることも特徴です。社内では、資格取得支援を始めとした様々な支援制度が導入されています。新規事業へ挑戦する機会も多く、チャレンジ精神が根付いているという企業風土も特徴的です。

Geolocation Technologyのワークライフバランス

副業可否 不可
勤務時間 8:30〜17:30
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 有給休暇、年末年始休暇、夏季休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 18.3時間
フレックス制度 なし
リモートワーク 有り
産休・育休制度 記載なし
時短勤務 記載なし

Geolocation Technologyの社長

山本敬介

1974年生まれ。1992年、陸上自衛隊へ入隊。1996年、同隊を任期満了し、有限会社クリエイトへ入社。2000年、Geolocation Technologyを設立。代表取締役へ就任。2016年より株式会社エレファントの代表取締役、2019年よりNPO法人ふじのくに情報ネットワーク機構理事も務める。

Geolocation Technology現職、OB/OGの有名人

遠藤寿彦

Geolocation Technologyの取締役営業部長。1962年生まれ。1996年、静岡インターネット株式会社の取締役へ就任。2000年、Geolocation Technologyの取締役。2018年、取締役営業部長。2019年より取締役事業開発部長を務め、2021年取締役営業部長へ就任。

福井隆一

Geolocation Technologyの取締役管理部長。1965年生まれ。1989年、日本アセアン投資株式会社へ入社。1997年、日本ベンチャーキャピタル株式会社へ入社し、1998年日本アジア投資株式会社へ入社。2004年よりドイツテレコム株式会社で実務経験を積んだ後、2010年株式会社リアル・フリート取締役CFO就任。2016年よりGeolocation Technologyの取締役管理部長。

Geolocation Technologyの転職に関わるQ&A


有価証券報告書に記載されている内容によると、Geolocation Technologyの平均年間給与は460万円。同規模のIT企業としては平均的な水準ですが、近年上場したことも踏まえるとやや低めと感じる社員も多いようです。残業が少ないことが、給与が上がりにくい一因となっています。ワークライフバランス重視型の人に向いている会社です。


Geolocation Technologyは成長フェーズということもあり、即戦力となる中途採用の社員を積極的に採用しています。特に専門職ポジションでは中途入社の社員が多くを占めており、中途入社だからといって馴染みにくかったり、出世が不利になったりということは全くありません。中途入社の社員も多い、働きやすい会社だと言えます。

Geolocation Technologyへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

Geolocation Technologyの採用ページから応募が可能です。
公式サイトでは現在募集されている職種や条件がざっくりと記載されているため、「まずは求人の状況を簡単に知りたい」という人はチェックしておきましょう。

ただ、採用のポイントや求めている経歴・スキルは詳細には記載されていないため、採用の確率を高めたい場合や非公開求人も見たい場合には転職サイトや転職エージェントを活用するのがおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、Geolocation Technologyの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

競合他社の募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してGeolocation Technologyに転職するなら、他社の募集要項を比較することができる「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・手軽さ
  • ・案件数の豊富さ
  • ・案件確認から応募までの早さ

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、案件が豊富であり、案件確認から応募までが非常にスピーディーです。
今すぐ転職をしたい方や、まずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

他企業の募集を比較するなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)には、幅広い企業の募集要項を確認することができます。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールの平均年収は800万円~1,300万円程度となっており、別サイトよりも比較的高く設定されています。
また、doda X(旧:iX転職)は、表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
Web関連企業がどれほどあるのか、それぞれ募集要項はどのように違うのかなどを自らの手で調べたい方は、まずはdoda X(旧:iX転職)に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

日本情報クリエイトへの転職情報まとめ。事業内容や転職難易度などを解説

日本情報クリエイト転職者の主なキャリアステップ ...

ジャストシステムへの転職!口コミや年収、社風など徹底まとめ

ジャストシステム転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒からのプロパー社員 ジャストシステム株式会社に転職 次の転職先 日本オラクル Microsoft...

チェックポイントの転職難易度は?面接内容や口コミなど解説

チェックポイントは、インターネットのファイアウォールやVPI製品で知られているセキュリティ製品の開発と提供をしている企業です。 主に、Microsoft WindowsやLinuxなどで動作するファイアウォールなどのネットワーク・セキ...

ベネフィットワンの転職難易度は高い?選考フローや口コミなどを解説

ベネフィットワンは、官公庁や企業の福利厚生業務「ベネフィット・ステーション」などの運営代行サービスを行っている企業です。 主に法人向けサービスを主軸に手掛けており、設立以来より、ユーザー定額課金型のサービスマッチングを展開することで、...

株式会社いつもの転職事情。選考フローや口コミなどを解説

いつも転職者の主なキャリアステップ ...

クラウドワークスへの転職は難しい?年収や口コミなどを解説

クラウドワークス転職者の主なキャリアステップ 前職 人材紹介会社 広告制作会社 生命保険会社 観光業界 株式会社クラウドワークスに転職 次の転職先 ...

フレクトへの転職は難しい?事業内容や転職難易度などを解説

フレクト転職者の主なキャリアステップ ...

HENNGE(へんげ)への転職まとめ。面接で聞かれる質問や社員口コミなどを解説

▼下記は、HENNGEに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからHENNGEに転職してくるのか ・転職先:HENNGEからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

サーバーワークスへの転職は難しい?事業内容やミッション、将来性などを解説

サーバーワークス転職者の主なキャリアステップ ...

アマゾン(Amazon)への転職!評判や転職のポイントを解説

アマゾンジャパン転職者の主なキャリアステップ 前職 楽天などのWEB系事業会社 プロダクト・商品・サービスを持っている大手事業会社 アクセンチュアなどのコンサルティングファーム Googleなどの外資系テク...

TOP