WEB・アプリサービス

日本情報クリエイトへの転職情報まとめ。事業内容や転職難易度などを解説

日本情報クリエイト転職者の主なキャリアステップ

日本情報クリエイトの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学卒業などが在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職

日本情報クリエイト在籍者の主な職歴は、NTTデータなどのSIerのほか、情報通信業者などが挙げられます。

次の転職先

日本情報クリエイトからの転職先として、楽天電機メーカーなどへ転職しています。

「不動産BB」や「賃貸革命」といった不動産業界におけるDX支援サービスを提供する日本情報クリエイト。
ITソリューションを通じて不動産業界の業務効率化や生産性向上に貢献している企業です。
最近では、非対面での取引に特化したサービスである仲介業務支援サービスなども展開しています。
また、2022年に家主と不動産会社のためのセミナー&展示会「賃貸住宅フェア2022」に出展するなど、幅広く手掛けています。
そんな日本情報クリエイトでは、カスタマーコンサルタントやSEプログラマー、Webデザイナーなど、幅広い職種で中途採用を募集中です。
3年連続で売上が上昇中の将来性が高い企業でもあり、非常に注目を集めています。
この記事では、日本情報クリエイトへの転職を検討している方に向けて、事業内容や想定年収、転職難易度などを解説します。

日本情報クリエイトへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・日本情報クリエイトの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、日本情報クリエイトの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • 日本情報クリエイトの企業概要
  • 日本情報クリエイトの転職ポイント
  • 日本情報クリエイトの社風や企業文化

日本情報クリエイトに転職するポイント

日本情報クリエイトの特徴

POINT

  • ・不動産業界におけるDX化をワンストップで支援する企業
  • ・「不動産BB」や「賃貸革命」といったサービスを展開中
  • ・社員の口コミベースの総合満足度ランキングでは上位2%にランクイン

日本情報クリエイトへ転職するポイント

POINT

  • ・法人営業職やカスタマーコンサルタントなどでの中途採用の募集している
  • ・エンジニアやデザイナーなど、専門職での募集もある
  • ・面接では将来の目標や未来のビジョンが重視されるため、対策が必須

日本情報クリエイトの企業概要

会社名 日本情報クリエイト株式会社
本社所在地 宮崎県都城市上町13街区18号
社長 米津 健一
設立 1994年8月1日
株式 上場(東証グロース)
株主構成 株式会社NJC(39.97%)
米津健一(30.29%)
日本マスタートラスト信託銀行(1.93%)

日本情報クリエイトの売上

日本情報クリエイトの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上高 2,375百万円 2,617百万円 3,053百万円
経常利益 565百万円 642百万円 538百万円

日本情報クリエイトの最新ニュース

日本情報クリエイトの事業内容

日本情報クリエイトの主力事業は、不動産業界におけるDX化支援サービスです。
「テクノロジーで不動産領域に革新的プラットフォームを創造する」という中期目標を掲げている通り、幅広い不動産業務に対してクラウドサービスを提供しています。
そのなかでも「不動産BB」という業者間物件の流通サービスは人気が高く、2018年には会員数が10,000店を突破しました。
最近では、不動産業者に向けて自社ホームページでの集客を支援する「Web Manager Pro3」といったサービスやポータルサイト集客を支援するサービスも展開しています。
不動産業界をサポートするサービスを一気通貫型で提供しているのが日本情報クリエイトの強みです。
売上は3年連続で上昇しており、今後もさらに事業規模が拡大していくことが見込まれている企業です。

日本情報クリエイトの募集要項

法人営業

自社の開発したクラウドサービスやWebアプリ、スマホアプリを法人企業へコンサルティング営業するのが法人営業の役割です。
オンライン会議を実施しながら業務上の悩みや経営課題をヒアリングし、解決へ導くITサービスを提案します。

必須な経験・スキル

  • ・短大・専門・高専・大学・大学院卒業
  • ・普通自動車運転免許

SEプログラマー

日本情報クリエイトが提供しているWebシステムの企画や開発、保守を行います。
また、アプリケーションシステムやネットワークについても幅広く担当することがあります。
自身の得意な領域に合わせた開発ができるのが特徴的なポジションです。

必須な経験・スキル

  • ・短大・専門・高専・大学・大学院卒業

日本情報クリエイトの転職難易度

日本情報クリエイトの転職難易度は中程度です。
日本情報クリエイトでは、法人営業などのビジネス職とエンジニアやデザイナーといった専門職の双方で中途採用を募集しています。
ビジネス職の場合はコンサルタントからの転職も狙うことができるため、幅広い業界から応募可能です。
応募にあたっての必須要件もほとんど定められていないため、多彩な経歴を持つ人材に中途採用の門戸を開いているといえるでしょう。
最近は企業成長に伴い、第二新卒採用や中途採用を強化しつつありますが、同時に応募者が増えてきているのも事実です。
気を抜かず、手抜かりのない対策を進めるようにしましょう。

日本情報クリエイトが転職者に求める人物像

日本情報クリエイトが転職者に対して求める人物像として、「成長意欲があること」や「自己成長に貪欲なこと」が挙げられます。
日本情報クリエイトは、現在3年連続で売上高が上昇しているなど、業績が右肩上がりで推移している企業です。
事業規模が拡大フェーズにある今だからこそ、企業の発展を後押ししていくことができるような成長意欲に富んだ人材が重宝されます。
また、「ITや不動産に興味があること」も重要であり、日本情報クリエイトは不動産とITというこれまで注目されてこなかった組み合わせに目をつけた事業で発展してきました。
同社の掲げる精神に共感することができる人材が活躍できるでしょう。

日本情報クリエイトの転職までの流れ

日本情報クリエイトの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:人事・店長
想定内容:これまでの経歴や将来挑戦したいことなど、オーソドックスな質問が中心です。また、1次面接はWeb上で実施することも可能です。

最終面接

想定選考官:社長・部長
想定内容:1次面接までに質問された内容はもちろんですが、「日本情報クリエイトで実現したいこと」や「日本情報クリエイトで働くビジョンについて」など、未来志向の質問も目立ちます。

内定

日本情報クリエイトの面接形式

日本情報クリエイトの面接回数は2回です。
面接形式は原則としてすべて1対1で行われます。
1次面接のみ、Web上で実施することも可能です。
面接1回あたりの所要時間は45分ほどと標準的ですが、逆質問の時間を長く取ってくれたというケースもありました。

日本情報クリエイトの面接内容

日本情報クリエイトで最もよく聞かれる質問内容は、「日本情報クリエイトで何を目指したいのか」といったような応募者自身の将来に関する質問です。
「将来のキャリアはどのように考えているのか」といった単刀直入な切り口で聞かれることもあります。
場合によっては過去のキャリアと結びつけながら質問されることもあり、面接前に今一度自身のキャリアプランをはっきりさせておくと良いでしょう。
それ以外には、「営業として働くうえで大切にしていること」や「後輩への指導の仕方で心掛けていること」など、一般的な質問が目立ちます。
ただし、「好きな映画はなんですか」など、世間話のような質問があったという口コミもあります。
緊張せず、いつも通りの自分を出せるように対策を進めておきましょう。

日本情報クリエイトの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は比較的多い
・求人情報はDODAなどでも確認できる
・基本的な質問が多い

営業、20代後半、男性
「日本情報クリエイトに転職したらどのような仕事に取り組みたいのか」と聞かれたことが印象に残っています。このほかにはオーソドックスな質問がほとんどで、志望動機やキャリアプランなどを深掘りされました。
コンサルタント、20代後半、男性
「前職の退職経緯を教えてください」「日本情報クリエイトにこだわる理由を教えてください」といった一般的な内容がほとんどでした。書類に書いてある内容について「この部分はどういうことですか」などと詳しく聞かれることがあるため、対策が必要です。
エンジニア、30代前半、男性
「好きな映画はなんですか」と聞かれたことがとても印象に残っています。このほかには基本的な質問がほとんどで、「これまでに携わった製品について教えてください」「どのような部分の実装が得意ですか」などと聞かれました。
営業、20代後半、女性
「営業として仕事をするうえで大切にしていることは何か」と聞かれました。自分なりの仕事の軸のようなものを持っていると良いのだと思います。雰囲気は終始和やかで、話しやすい面接でした。
管理職、40代前半、男性
書類に沿って淡々と進む面接といったイメージです。具体的には、「簡単に自己紹介してください」といわれたあと、「志望動機について教えてください」「どうして前職を退職したのですか」などと、基本的な質問が続きました。

日本情報クリエイトで働いている方の評判・口コミ

エンジニア、在籍3~5年、男性
エンジニアはやや人手不足な状況で、事業規模の拡大に人員が追いついていない印象を受けます。ナレッジの共有はしっかりできているため、成長できる人はすぐに成長できる環境です。カレンダー通りの休みは確保されていますが、他社と比べると残業時間はやや多いかもしれません。
営業、在籍10年以上、男性
本社が宮崎県にあるためか、それぞれの営業所でカルチャーが大きく異なる印象を受けます。地道に成長を続けている企業ではありますが、最近は売上が大きく上昇傾向にあるのが特筆的です。営業は昔ながらのテレアポや飛び込みも多く行なっており、ワークライフバランスはそれほど良くありません。
営業、在籍7~10年、女性
顧客と直接コミュニケーションをとりながら仕事を進めることができるため、裁量が大きく、試行錯誤を繰り返しながら成長していくことができます。本社は産休や育休がしっかりと整備されており、既婚女性も多く働いているようです。各営業拠点は、拠点にもよりますがまだまだ男性中心となっています。全体的にはやや安定思考の経営方針があり、コツコツ成長を続けていこうという風土です。
口コミの要約

営業が中心となりながら、コツコツと成長を重ねていこうという安定性の高い企業であるという口コミが多く寄せられていました。最近は売上が急拡大していることもあり、やや人手不足に陥っていまっているようです。また、本社と各営業所でカルチャーが大きく異なるという意見も寄せられていました。

日本情報クリエイトの年収・給与

年収 462万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 従業員持株制度、定期健康診断、慶弔見舞金、懇親会予算制度など

日本情報クリエイトでの転職者の出世難易度

日本情報クリエイトの出世難易度は中程度です。
日本情報クリエイトでは、年に1回の昇給の機会があります。
しっかりと実績を積み重ねることは大切ですが、そのほかにも社内で率先して何かを企画したり、部署間での連携に携わったりなど、何か行動を起こすと出世につながりやすいのが特徴です。
自ら仕事を見つけ出していくことができるような主体性に富んだ人材が重宝されます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 なし 600万円
30代後半 支店長 700万円
40代前半 課長 700万円
40代後半 室長 900万円

日本情報クリエイトはどんな人が働いている?

日本情報クリエイトの従業員数

242名

日本情報クリエイトの平均年齢

36.1歳

日本情報クリエイトの平均勤続年数

6.6年

日本情報クリエイトの社風

日本情報クリエイトの社風としては、活気あふれる雰囲気を大切にする風土が挙げられます。
本社以外の場合は各営業拠点によっても雰囲気は異なりますが、それでも全体的にあいさつや声かけを重視する体育会系の風土があります。
営業職が中心となりながら企業を盛り上げていこうという意識の強い活気あふれる風土が日本情報クリエイトの特徴です。
そのほかにも、中途採用の社員が多いため、多様な人材が働いている企業だという声もあります。
中途採用の社員が多いためか即戦力が求められる風土があり、主体性が重視されやすいのも日本情報クリエイトの社風の特徴です。

日本情報クリエイトのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00〜18:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年次有給休暇、夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、誕生日休暇など
平均残業時間 月45.9時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

日本情報クリエイトの社長

米津 健一

1963年生まれ。
1981年に株式会社豊田自動織機へ入社。
1983年に株式会社ほるぷ出版へ入社。
1985年にPM社(個人事業主)へ入社。
1994年に日本情報クリエイト株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。

日本情報クリエイト現職、OB/OGの有名人

丸田 英明

1974年生まれ。
1994年に株式会社デンソーへ入社。
1997年に株式会社エリウスへ入社後、2001年に個人事業主として開業。
2009年に日本情報クリエイト株式会社へ入社。
2017年に開発部長を務め、2017年より取締役開発部長を務めている。

日本情報クリエイトの転職に関わるQ&A


社員からの口コミによると、日本情報クリエイトの月平均残業時間は45.9時間です。
これは上場企業の平均と比較すると比較的長い水準であり、口コミによると有給休暇の取得率も45%前後にとどまっています。
昔ながらの営業を大切にしている企業であり、ワークライフバランスはそれほど良いとはいえません。
しかし、カレンダー通りの休日はしっかりと確保されているなど、最低限のワークライフバランスは担保されています。

日本情報クリエイトでは、本社勤務の場合は産休や育休などが整備されています。
営業拠点の場合はほとんど事例がありませんが、本社の場合は産休や育休などを利用後に職場へ復帰する社員が多くいます。
女性の働きやすさについては、本社か営業拠点かによってやや異なりますが、営業所配属の場合であっても一定数の女性が活躍している企業です。

日本情報クリエイトへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

日本情報クリエイトの公式HPにある採用情報ページからエントリーできます。
採用情報ページには、スタッフインタビューや社長インタビュー、「会社を知る」など、さまざまな情報が掲載されているため、企業研究に役立てることができます。
ただし、公式HPからの応募の場合、どうしても時間がかかってしまいがちです。
現職が忙しくてあまり転職活動に時間が割けないという方は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、日本情報クリエイトの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

自分のペースで転職を進めたいなら「転職サイト」

求人情報の検索から応募までを自分のペースで転職活動をするなら、「iX転職」をはじめとした転職サイトの活用がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。

  • ・公開求人の件数が多い
  • ・自分のタイミングで転職活動が進められる
  • ・気になる求人に素早く応募することができる

転職サイトは、公開されている求人件数が多いため、希望するポジションが見つけやすいという特徴があります。
また、自分のペースで転職活動ができるため、忙しい方でも転職しやすくなっています。
豊富な企業や職種のなかから自分が希望するポジションを探したい方や、自分の時間やペースを大切にしながら転職活動がしたい方には、転職サイトが向いているでしょう。

IT企業の募集要項も比較したいなら「iX転職」

iX転職では、競合他社の募集要項も一緒に確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールのIT業界の平均年収は800万円〜1,200万円程度で、別サイトよりも比較的高めの水準となっています。
また、iX転職は一般的に掲載している公開求人に限らず、非公開求人が多い転職サイトでもあるため、アドバイザーに相談すると、自分にあった非公開求人を紹介してもらえる可能性が高いです。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「IT企業がどれほどあるのか」や「それぞれ募集要項はどのように違うのか」などを自分で調べたい方は、まずはiX転職に登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

ディ・アイ・システムへの転職は難しい?事業内容や将来性などを解説

ディ・アイ・システム転職者の主なキャリアステップ ...

Geolocation Technology(ジオロケ)への転職。面接内容や給与・社風まで徹底解説

IPアドレスなどを始めとしたビッグデータを活用し、Web広告マーケティングや通信セキュリティなどで数多くのサービスを展開しているGeolocation Technology。Web制作やログ解析はもちろん、オンライン不正検知やIP移...

チームスピリットへの転職は難しい?口コミや年収などを解説

チームスピリット転職者の主なキャリアステップ 前職 IBM、富士通などのSIer ワークスアプリケーションズ、セールスフォースドットコムなどのIT系企業 マクロミルなどのマーケティング事業会社 メーカー ...

Facebook Japan(Meta)への転職。評判や難易度などを解説

Facebook Japan転職者の主なキャリアステップ 前職 国内・外資系の大手事業会社 大手総合代理店 Web系代理店 Facebook Japan株式会社に転職 ...

i-plugの転職事情。転職難易度や面接内容などを解説

i-plug転職者の主なキャリアステップ 前職 人材サービス業 マーケティング企業 株式会社i-plugに転職 次の転職先 トレンドマイクロなどのセキュ...

株式会社ペイロールへの転職は難しい?事業内容や年収、面接の傾向などを解説

ペイロール転職者の主なキャリアステップ 前職 ソフトウェア開発会社 株式会社ペイロールに転職 次の転職先 BPOサービスベンダー 電気通信事業者 ...

JDSCへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

JDSC転職者の主なキャリアステップ ...

マネーフォワードへ転職するには?年収・面接回数・口コミも併せてご紹介!

マネーフォワード転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルートグループ、楽天などのWEB系事業会社 サイバーエージェントなどのWEB系代理店 株式会社マネーフォワードに転職 ...

ニューラルポケットの転職難易度は高い?選考フローや年収などを解説

ニューラルポケットは、画像や動画を解析する独自のAI技術の研究開発を行っている企業です。 AIをスマートフォンやPC、カメラなどの端末に搭載してデータ処理することで低コストや低消費電力の実現を図っています。 また、2022年...

Shopifyへの転職は可能?採用情報や転職難易度を徹底調査

Shopifyは、Eコマースプラットフォーム「Shopify」を提供するカナダ発の企業です。 「Shopify」は中小企業をメインに設計されており、世界175か国において100万を超える加盟店に利用されています。 Amazonや楽天...

TOP