メーカー

SANEIへの転職事情。事業内容や年収、転職難易度などを解説

SANEI転職者の主なキャリアステップ

SANEIの主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学卒業など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職SANEI在籍者はほとんどがプロパー社員であり、これといった職歴はありません。

次の転職先SANEIからの転職先として、電子部品メーカーSIerなどが挙げられます。

SANEIは、給水栓や金具、配管など、水回り部品の製造や販売を手掛けている企業です。
デザイン性の高さから若年層を中心に人気を獲得しており、製品の品質には全体的に定評があります。
その結果、一般家庭のみならず、ホテルのスウィートルームやペントハウスなどでも導入されている企業です。
そんなSANEIは、品質保証や機械設計といった職種を中心に中途採用を募集しています。
2年連続で売上が上昇している成長中の企業であるため、メーカーを中心に転職を目指す方が増加中です。
そこでこの記事では、SANEIへの転職を必ず成功させるうえで知っておきたいSANEIの事業内容や年収、転職難易度などを解説します。

SANEIへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・SANEIの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、SANEIの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • SANEIの企業概要
  • SANEIの転職ポイント
  • SANEIの社風や企業文化

SANEIに転職するポイント

SANEIの特徴

POINT

  • ・デザイン性の高い水回り部品の製造販売を手掛ける東証2部上場企業
  • ・一般家庭のみならず、ホテルや病院、介護施設などでも多数の導入実績あり
  • ・ワークライフバランスが非常に良く、月の平均残業時間は14.5時間

SANEIへ転職するポイント

POINT

  • ・品質保証や機械設計などの職種で中途採用を募集中
  • ・デザインにこだわった製品を目指しているため、デザイナーの募集も多い
  • ・面接では学生時代の経験から前職での経験まで幅広く聞かれる

SANEIの企業概要

会社名 SANEI株式会社
本社所在地 大阪府大阪市東成区玉津1丁目12番29号
社長 西岡 利明
設立 1960年12月21日
株式 上場(東証2部)
株主構成 西岡利明(30.58%)
吉川正弘(25.34%)
自社従業員持株会(6.42%)

SANEIの売上

SANEIの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 20,805百万円 21,346百万円 22,182百万円
経常利益 938百万円 1,095百万円 1,593百万円

SANEIの最新ニュース

SANEIの事業内容

SANEIの主力事業は、給水栓や給排水用の金具、配管に用いられる部品などの製造販売です。
デザイン性の高い水回り部品をコンセプトに、デザイナーや建築家などと共同で多くの製品を開発してきました。
同業他社は少なくないものの、水栓金具を専門で取り扱う企業は少なく、SANEIは独自のポジションを確立しています。
現在の新型コロナウィルス感染症による不況のなかでも売上高や経常利益は共に2年連続で上昇するなど、成長中の企業です。
SANEIが展開しているブランドとしては、徹底的にシンプルさを追求した「MONOTON」、レトロとモダンの両立を目指した「cye」、空間に合わせた水栓、アクセサリーを自由に組み合わせることのできる「morfo」などがあります。
販売チャネルは幅広く、一般家庭へのトータル提案の他にホテルや病院、介護施設などへ製品を販売中です。
最近は海外進出にも積極的で、中国や台湾、インドネシア、タイなど、アジア諸国に販路を築いています。

SANEIの募集要項

品質保証

SANEIのブランドにふさわしい商品としての品質を保証するため、新製品の品質評価や製造プロセスの管理、監視などを行うポジションです。
ISOやJISなどの規格遵守体制の維持管理や顧客に対する品質サポート業務など、SANEIの品質保証全般に携わります。

必須な経験・スキル

  • ・ISO維持管理やJIS、JET等海外の製品保証の維持管理経験
  • ・電子電気機器の品質保証経験

製品開発

水栓金具や給水栓、シャワーなどの設計を担当するポジションです。
住宅設備メーカーとの共同開発が多く、CADを用いた設計経験や流体力学に関する知識も身につけることができます。

必須な経験・スキル

  • ・商品設計や機構設計の実務経験

SANEIの転職難易度

SANEIの転職難易度は中程度です。
SANEIは、品質保証や製品開発などの職種で中途採用を募集しています。
いずれの職種でもある程度の実務経験が求められますが、同業他社で働いていた経験があればそれほど高いハードルではありません。
最近は事業規模の拡大を背景とした中途採用拡大も積極的に行っているため、転職を狙いやすいといえます。
しかし、決して簡単に転職ができるというわけではありません。
東証2部へ株式を上場したことで企業の知名度も高まっており、面接の倍率も上昇していることが予想されます。
いずれにしても、企業研究をはじめとした面接対策をしっかりと行い、万全の準備を整えておくことが大切です。

SANEIが転職者に求める人物像

SANEIが転職者に求める人物像は、「主体的に行動できること」「高いコミュニケーション能力があること」の2点です。
SANEIでは、一つ一つの職種に与えられる裁量が大きいです。
例えば品質保証では、社内の体制構築から各部署との連携までを自分で順序立てながら行う必要があります。
与えられた業務をこなすだけではなく、主体性に富んだ人物であることが重要です。
また、SANEIでは現在住宅設備メーカーや外部のデザイナーなどとも積極的に共同開発を行っています。
職種を問わず、社内外で協力する場面が多いです。
コミュニケーション能力に富んだ協調性の高い人材が重宝されます。

SANEIの転職までの流れ

SANEIの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:人事・部長
想定内容:職務経験といった基本的な内容のほか、人物面に関する質問が多くなっています。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:学生時代の経験を聞かれるなど、応募者の人となりを見極めるような内容が多く聞かれます。

内定

SANEIの面接形式

SANEIの面接回数は2回です。
面接形式は1対1のことが多いですが、職種によっては1次面接が面接官側が複数の2対1形式になるなど、柔軟に運営されています。
面接1回あたりの所要時間は30分ほどと標準的で、3週間前後で結果が出ることが多い傾向にあります。

SANEIの面接内容

SANEIの中途採用面接では、人物面を重視した質問が多いです。
実際に聞かれた具体的な質問例としては、「当社でのあなたの将来の目標は何か?」や「休日はどのようにして過ごしているか?」といったものが挙げられます。
入社後のビジョンについては特によく触れられるため、あらかじめ明確化させておくと良いでしょう。
オーソドックスな内容が多いですが、状況によっては「給与についてあなたはどのような認識を持っているか?」といったやや答えにくい質問もあります。
そのほかに、「小学校から今までどのようにして過ごしてきたか」や「その中で嬉しかったことと辛かったことは何か?」と質問される場合があります。
今までの経歴を振り返りながら、嬉しかったことと辛かったことを事前に準備しておくことがおすすめです。

SANEIの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人はそれほど多くない
・求人情報はリクナビNEXTなどでも確認可能
・学生時代に関する質問をされる傾向がある

セールス、20代後半、女性
「営業をする上でどのようなことを大切にしているか」と聞かれました。人物面重視の質問が多かったです。また、車を運転できるかどうか確認されました。
企画、30代前半、男性
「小学校時代から今まで、どのようにして過ごしてきたか」と聞かれたため、自身の経験をお話したところ、「その中で嬉しかったことと辛かったことはなにか」と聞かれました。学生時代の経験を中心に、分かりやすく伝えるように心がけました。
製品開発、30代前半、女性
「他にも水回りの製品を扱う企業はあると思うが、どうしてSANEIに入社しようと思ったのか」と聞かれました。オーソドックスな内容が多く、志望動機は何度か聞かれたため、エントリーシートに書いた内容と矛盾しないように気をつけました。
法人営業、20代後半、男性
「スポーツの経験はあるか」と聞かれました。ほかには、「休日はどのようにして過ごしているか」と聞かれました。なかには何と答えるのが正解なのかよく分からないような質問もあったため、素直に答えるように心がけました。
法務、40代前半、男性
全体的に和やかで、話しやすい雰囲気の面接でした。「あなたの経歴を端的に説明してください」など、オーソドックスな内容を中心に浅く広く聞かれた印象です。

SANEIで働いている方の評判・口コミ

事務、在籍5~7年、女性
やる気があり、それ相応の行動ができれば必ず評価される風土があります。逆に、いわれたことをこなすだけのタイプの方は出世が難しいかもしれません。ワークライフバランスは非常に良く、営業などを除いて残業が多いと感じている社員はほとんどいません。やや保守的な風土があるため、女性のキャリアパスについてはまだ課題感があります。
営業、在籍7~10年、男性
生活に必要不可欠な商材を扱っており、今後も需要がなくなることはないと思います。新型コロナウィルス感染症の影響で非接触型製品の需要が増えており、今後も成長が見込まれます。自分で考えた企画や提案が実際に店舗で陳列されているのを見るとやりがいを感じます。良くも悪くも緩い雰囲気があり、責任の所在をはっきりさせない時があります。
製造、在籍3~5年、男性
基本給はそれほど高くありませんが、手当が充実しているためそれを埋め合わせることができます。有給などは事前に申請すればほぼ確実に通るので、ワークライフバランスは良好です。現場で働いている場合、成長できる環境というわけではありません。全体的に風通しの良い社風があり、社員同士の仲は非常に良いです。

口コミの要約職種を問わず、ワークライフバランスが非常に良好だという意見で一致していました。有給休暇も取得しやすく、20日分使い切ったという社員も少なくありません。出世についても公平感があり、やりがいと行動がしっかり評価されるという声が多かったです。一方、仕事のやりがいについては職種で意見が割れていました。

SANEIの年収・給与

年収 520万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 家族手当、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、退職金制度など

SANEIでの転職者の出世難易度

SANEIでの転職者の出世難易度は中程度です。
SANEIでは、年に1度の給与改定が行われます。
出世に繋がる評価はそれよりも若干多く、年に2回面談が行われるシステムです。
SANEIでは、実力主義と年功序列がバランス良く組み合わさった評価体系が採用されているため、出世を狙うにはコツコツと勤続年数を重ねるのみならず目立った実績を築くことが必要です。
しかし、中途採用だからといって出世が不利になるということは全くありません。
やる気があり、それに合った行動を起こすことができれば確実に評価されるという口コミもあります。
いずれにしても、主体性を持ち自分の頭で考えながら行動できる人材が出世しやすい傾向にあるといえるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 500万円
30代中盤 主任 500万円
30代後半 なし 500万円
40代前半 係長 700万円
40代後半 課長代理 700万円
50代前半 なし 900万円

SANEIはどんな人が働いている?

SANEIの従業員数

633名

SANEIの平均年齢

39.6歳

SANEIの平均勤続年数

14.2年

SANEIの社風

SANEIの社風の特徴として、風通しの良い自由な雰囲気が挙げられます。
勤務時間に関してもフレックスタイム制を導入しているなど、自己の裁量で自由に働く時間を決められることが多いです。
社員同士の仲も良いため、働きやすい企業だと感じるという口コミが目立ちます。
一方で、一部には旧態依然の体制が残っていることも事実です。
営業の部署を中心に体育会系の雰囲気があります。
部署によっては年功序列の色が濃いところもあり、古臭いという社員の意見も少なからずあります。
また、保守的な風土が堅調な経営実績にも現れており、安定感があるといえる反面、合う合わないが分かれるポイントとなるでしょう。

SANEIのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 標準労働時間8時間
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、夏季休暇、年次有給休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月14.5時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

SANEIの社長

西岡 利明

1958年生まれ。
1981年に株式会社オリエント貿易へ入社。
翌年、SANEI株式会社へ入社、1985年に取締役に就任。
1991年に常務取締役に就任し、2003年から大連三栄水栓有限公司の董事長を務める。
2004年より、代表取締役社長を務めている。

SANEI現職、OB/OGの有名人

吉川 正弘

1958年生まれ。
1982年にヒフティー貿易株式会社へ入社。
1985年にSANEI株式会社へ入社し、取締役に就任。
1991年に常務取締役に就任後、2004年より代表取締役副社長を務めている。

SANEIの転職に関わるQ&A


SANEIでは、産休や育休を始めとした、女性の働きやすさを実現するための制度の導入が進んでいます。
時短勤務制度については求人上に明記されていませんが、フレックスタイム制が導入されているため調整しやすいという意見があります。
一方で、管理職の女性が少ないなど、女性のキャリアパスについてはまだまだ課題があるといえます。

SANEIの月平均残業時間は14.5時間ほどで、これは非常に短い水準です。
実際、社員の口コミのなかにも「SANEIは非常にワークライフバランスの取りやすい企業だ」という意見が職種を問わず寄せられています。
有給休暇も事前に申請すれば取得できることがほとんどで休日出勤もないため、ワークライフバランスについては心配ないでしょう。

SANEIへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

SANEIの公式HPにある採用情報ページからエントリーできます。
募集要項以外にも、「会社を知る」や「仕事を知る」、「人を知る」など、さまざまな情報が掲載されているため、一度目を通してみると良いでしょう。
ただし、求人内容がざっくりとしか掲載されておらず、イマイチ分からないという部分も少なくありません。
より詳しい内容が知りたい場合や公式HPに載っていない求人に応募したい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、SANEIの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

競合他社の募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してSANEIに転職するなら、製品開発を行う他社の募集要項も比較することができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動できる手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件の確認から応募までが早い

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が豊富であり、案件確認から応募までがスピーディーに行えます。
できるだけ素早く転職をしたい方やまずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

競合他社の募集要項と比較したいなら「iX転職」

iX転職では、製品開発企業などの募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールのメーカー企業の平均年収は、900万円~1,200万円となっており、ほかの転職サイトよりも比較的高くなっています。
また、iX転職は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「自身が活躍できる企業がどれほどあるのか」や「企業ごとで募集要項はどんな風に変わるのか」などを知りたい方は、まずはiX転職に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

アスクルへ転職するには?面接難易度や口コミなどを解説

アスクル転職者の主なキャリアステップ 前職 銀行 コンサルファーム メーカー 小売 映画 不動産 アクスル株式会社に転職 次の転職先 ミスミグル...

レベルファイブに転職するには?社員の評判と面接のポイントを解説

レベルファイブ転職者の主なキャリアステップ 前職 ハンゲーム スクウェア・エニックス リクルート Web系事業会社 株式会社レベルファイブに転職 次の...

ゼリア新薬への転職は難しい?面接の対策やポイントを解説

ゼリア新薬転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 ゼリア新薬工業株式会社に転職 次の転職先 アストラゼネカ、EAファーマなどの製薬会社 ジョン...

豊田自動織機への転職。面接内容や口コミなどを解説

トヨタ自動車や愛知製鋼など、トヨタグループの源流にあたる豊田自動織機。 1926年設立・創業の非常に歴史の長い機械メーカーで、現在は主に自動織機などの繊維機械やトヨタ自動車で使われる自動車部品の生産などを行っています。 そのなか...

テルモの転職難易度は高い?面接内容やコツ、会社の情報などを解説

テルモ転職者の主なキャリアステップ  前職 新卒からのプロパー社員 マイクロソフトなどのIT系企業 電機メーカー テルモ株式会社に転職 次の転職先 日...

IHIの転職難易度は?口コミや年収などを解説

IHI転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒からのプロパー社員 パイオニアなどの電機メーカー トヨタ、川崎重工などの自動車・輸送用機器ケーカー 建築会社 株式会社IHIに転職...

富士フイルムビジネスイノベーション(旧:富士ゼロックス)への転職。年収や口コミなどを解説

富士フイルムビジネスイノベーション転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 キヤノンなどの大手メーカー 事務機器メーカー 富士フイルムビジネスイノベーション(旧:富士ゼロ...

日東電工の転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

日東電工転職者の主なキャリアステップ 前職 パナソニックなどの電機メーカー 武田薬品などの製薬会社 電子部品、化学製品、住宅などのメーカー 日東電工株式会社に転職 ...

三菱重工への転職は難しい?面接内容や倍率など解説

三菱重工転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒からのプロパー社員が多い 日産、IBM、京セラなどのメーカー 三菱重工業株式会社に転職 次の転職先 トヨ...

良品計画への転職はおすすめ?気になる年収や評判を調査

良品計画転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員中心 株式会社良品計画に転職 次の転職先 衣料品メーカー 小売業 良品計画の主な転...

TOP