メーカー

田辺三菱製薬の転職難易度は?年収や面接についての評判を解説

田辺三菱製薬転職者の主なキャリアステップ

  • 前職

    第一三共、久光製薬、小林製薬などの製薬会社、P&G、サンスターなどの消費財メーカーなどからの転職事例がある。

  • 田辺三菱製薬株式会社に転職
  • 次の転職先

    GEヘルスケア、エーザイ参天製薬などの製薬会社があげられる。

日本郵政の主な転職元・転職先

学歴学歴は、大学、大学院卒などが在籍しており、大学は国立大学や有名私立大学(早慶MARCH)、薬科大学の割合が高い。

前職第一三共、久光製薬、小林製薬などの製薬会社、P&G、サンスターなどの消費財メーカーなどからの転職事例がある。

次の転職先GEヘルスケア、エーザイ参天製薬などの製薬会社があげられる。

「アスパラ」シリーズや「フルコートF」軟膏など、一般向けに数多くの医薬品を販売していることで知られる田辺三菱製薬。2007年に田辺製薬と三菱ウェルファーマが合併して誕生した、大阪に本社を置く日本の準大手製薬会社です。近年は神経疾患領域や免疫領域、特異疾患領域に力を入れており、事業規模のさらなる拡大を目指しています。
そんな田辺三菱製薬は、中途採用に非常に積極的。事務系から技術系まで、幅広い職種の求人があることが特徴です。今回は、田辺三菱製薬への転職を検討している人に向けて、面接前に知っておきたい面接の傾向や対策のポイント、社員の口コミなどを徹底的に紹介していきます。

田辺三菱製薬への転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・田辺三菱製薬の口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、田辺三菱製薬の最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • 田辺三菱製薬の企業概要
  • 田辺三菱製薬の転職ポイント
  • 田辺三菱製薬の社風や企業文化

田辺三菱製薬に転職するポイント

田辺三菱製薬の特徴

POINT

  • ・2007年に発足した日本の中堅製薬会社
  • ・若手や、入社間もない社員の重役抜擢も多い
  • ・神経疾患や免疫疾患領域など、扱っている分野が多彩

田辺三菱製薬へ転職するポイント

POINT

  • ・通年で一定数の求人を出している
  • ・技術系、管理系共に幅広い採用あり
  • ・薬学に関する知識はほとんどの職種で必須

田辺三菱製薬の企業概要

会社名 田辺三菱製薬株式会社
本社所在地 大阪府大阪市中央区道修町三丁目2番10号
社長 上野裕明
設立 1933年
株式 上場(東証1部)
株主構成 :株式会社三菱ケミカルホールディングス 100%

田辺三菱製薬の売上


※2020年に上場廃止しているため、売上は2019年以前のものとなります。
田辺三菱製薬の売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 423,977百万円 433,855百万円 424,767百万円
経常利益 96,059百万円 78,764百万円 50,439百万円

田辺三菱製薬の最新ニュース

田辺三菱製薬の事業内容

田辺三菱製薬の主力事業はヘルスケア事業です。三菱ケミカルホールディングスに属している田辺三菱製薬は、グループ内ヘルスケア事業の中核を担っています。多くの分野の医薬品を開発していることが特徴ですが、中でも中枢神経領域と免疫疾患領域は得意分野です。中枢神経領域では、うつ病の治療薬である「レクサプロ」、免疫炎症領域では関節リウマチなどの治療に使用される「レミケード」などがそれぞれ主力製品となっています。今後はこれらの主力製品で確保した利益をもとに、さらなる開発投資に踏み切ることができるかが注目です。他にも、インフルエンザワクチンや日本脳炎ワクチン、皮膚疾患治療薬であるフルコートfなど数多くの主力商品があります。

田辺三菱製薬の募集要項

プロジェクトマネージャー

各プロジェクト専門のプロジェクトマネージャーとして、医薬品開発に必要な各種マネージメント業務を行います。具体的には、欧米やASEANを中心としたグローバル開発プロジェクトの立案や計画策定、リスクマネジメントプランの作成、グローバル治験薬の供給計画策定とその遂行などが担当です。中長期的な生産戦略の策定やLCM申請関連業務など、この他にも幅広い職務を担当します。高い能力と責任感が求められるポジションですが、やりがいのある職種です。

必須な経験・スキル

  • ・バイオ医薬品または低分子医薬品開発のプロジェクトマネジメント経験
  • ・CMC分野での実務経験
  • ・国内外において、申請業務をした経験
  • ・プロジェクトマネジメントスキルや、専門知識があること
  • ・英語での会議運営を含む、基本的な英語でのコミュニケーション能力があること

データサイエンティスト

臨床治験、臨床研究などに関するデータマネジメント業務を担当します。治験で必要な各種データの整備やデータベース構築、その他データの管理に必要なプロセス全般が主な担当です。海外で治験が実施される場合は、現地のCROや田辺三菱製薬の現地スタッフと連携しながら業務にあたります。

必須な経験・スキル

  • ・臨床治験のデータマネジメント担当者として3年以上の実務経験があること
  • ・CDISC仕様のデータセットを自分でプログラムできる
  • ・電話会議などで、英語を用いて十分にコミュニケーションを取れること(目安:TOEIC800点)
  • ・SDTM作成のガイダンスに精通している
  • ・SAS、あるいはRのプログラミングスキル

バイオインフォマティシャン

バイオインフォマティクスのスペシャリストとして、病理画像を含む各種データ解析、創薬ターゲット分子の探索、バイオマーカー探索などを行います。また、AIを用いた画像解析や病理評価の推進業務、社内向けアプリケーションの開発やデータベースの整備なども担当です。1年目は即戦力として活躍し、その後はチームの次なる柱としてリーダーシップを発揮することが期待されています。

必須な経験・スキル

  • ・医療、創薬、生命科学の学術領域においてデータサイエンスの研究、業務経験が5年以上
  • ・創薬におけるデータサイエンス業務をリードする意欲
  • ・R、Python、MATLAB、Perl、Javaなどのプログラミング技術があれば望ましい

田辺三菱製薬の転職難易度

田辺三菱製薬の転職難易度は中程度です。田辺三菱製薬の特徴として、非常に中途採用に積極的なことが挙げられます。紹介した以外にも、公式サイト上では幅広い職種の求人がありました。非公開求人なども含めるとその数は相当なものとなります。一定以上の規模を持ち、中途採用にここまで積極的な製薬会社は珍しいため、転職者にとっては狙いやすい企業と言えるでしょう。一方で募集している職種はどれも専門性が高く、決して転職が容易というわけではありません。研究職をはじめとした数々の職種で、3年〜5年以上の製薬会社における実務経験が求められます。自分のスキルと照らし合わせながら、ぴったりな職種を見つけましょう。

田辺三菱製薬が転職者に求める人物像

田辺三菱製薬では、グローバルな視点に富んだ、挑戦心のある人物を求めています。ほとんどの職種の募集要項には、TOEIC800点以上などのやや厳しめな語学条件が記されています。また、患者数の少ない希少疾患領域などに積極的に取り組んでいることも田辺三菱製薬の特徴の一つです。まだまだ未開拓な領域であっても、積極的にチャレンジすることのできる意欲に溢れた人物が求められているといえるでしょう。2017年には米国でALS治療薬の「ラジカヴァ」が承認されるなど、海外での売り上げも伸びてきています。グローバルな視野を持ちつつ、即戦力として活躍しようという姿勢をアピールすることが大切です。

田辺三菱製薬の転職までの流れ

田辺三菱製薬の選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:人事担当者・中堅社員
想定内容:内容としてはオーソドックスなものが中心で、田辺三菱製薬を選んだ理由や製薬業界で働こうと思った理由などが聞かれるようです。

最終面接

想定選考官:人事・部長クラスの社員・役員
中途採用にしては珍しく、グループディスカッションが行われたという口コミがありました。意表をつかれる人も多いようなので、要対策です。面接内容は1次面接と同様、基本的なものが中心となっています。

内定

田辺三菱製薬の面接方式

田辺三菱製薬の面接回数は2回です。面接は、応募者1人に対して3名程度の担当者が対応する形式で行われます。応募から内定までの期間は2週間〜1ヶ月ほどとなることが多いようで、標準的な長さといえるでしょう。面接1回はおよそ30分前後で終了するようで、こちらも一般的な長さです。

田辺三菱製薬の面接内容

田辺三菱製薬の面接内容は、オーソドックスな質問で構成されています。雰囲気も落ち着いており、淡々と面接が進行したという印象を受ける人が多いです。「田辺三菱製薬をなぜ選んだのか」「なぜ他の業界ではなく製薬業界で働こうと思ったのか」など志望動機については掘り下げて聞かれます。説得力のある受け答えができるよう、あらかじめ回答を考えておくとよいでしょう。
他には、「今後の医薬品業界はどのように変化していくと思うか」「医療の現状と展望について」など、業界全体に対する知識が求められるような質問も。このような質問へ的確に答えるためには、企業研究をはじめとした製薬分野全体に関する知識が欠かせません。異業種からの転職を目指している人は特に、製薬業界の知識を面接前におさらいしておくことがおすすめです。

田辺三菱製薬で働いている方の評判・口コミ

営業、在籍16年、男性
現在、医薬品メーカーから総合的メーカーへと転身するべく事業領域の拡大を進めています。若手の積極的な登用も多く、実力が試される機会が多いです。合併吸収などを繰り返すことで規模を増し、競争力を上げようとする風潮があります。社内全体としてのまとまりを築き上げることが次なる目標でしょう。
研究、在籍4年、男性
コンプライアンス意識が非常に高く、製薬会社の中でも特に規制が厳しい方だと思います。結果はシビアに追求する風土があり、業績を挙げればしっかりと昇進するし、パフォーマンスが低いとその分評価が下がります。フレックスタイムも導入済みで、ワークライフバランスは保ちやすいです。
MR、在籍12年、女性
昇進していくと裁量労働を選択できるようになり、時間の融通が効くようなシステムになっています。管理職は自身の部門の有給消化率などにも責任を持つようです。産休育休などの制度は整っており、男女問わず働きやすい環境だと思います。一方で、女性の管理職はまだまだ少ないのが現状です。

口コミの要約待遇はよく、ワークライフバランスも保ちやすいという声が目立ちました。裁量労働制やフレックスタイム制など、多様な働き方を推進する様々な制度が整ってきているようです。社内の体制替えが頻繁にあり、風通しを良くしようとする試みが多いという意見も。縦割りの風土が根強く、組織の壁が厚い体制からの脱却を図っています。

田辺三菱製薬の年収・給与

年収 846万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 職種による
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 各種社会保険、退職金、年金、共済会、財形貯蓄、育英一時金、団体長期生涯所得補償保険、社宅制度など

田辺三菱製薬での転職者の出世難易度

田辺三菱製薬での転職者の出世難易度は低めです。田辺三菱製薬では、2020度の採用者のうち73%を中途採用が占めているなど、非常に中途採用に積極的な企業となっています。このため、転職者だから出世に不利ということは全くなく、むしろ実力がある分有利に出世できるほどです。社内独自の評価制度があり、「チャレンジング目標」と呼ばれる難易度の高い目標を達成することで評価されます。決して楽に出世できるというわけではありませんが、田辺三菱製薬で転職者が出世を狙うことは十分可能であるといえるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 700万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 課長補佐 900万円
40代前半 課長 1100万円
40代後半 部長 1700万円

田辺三菱製薬はどんな人が働いている?

田辺三菱製薬の従業員数

6,728人

田辺三菱製薬の平均年齢

46.0歳

田辺三菱製薬の平均勤続年数

21.8年

田辺三菱製薬の社風

2007年に田辺製薬と三菱ウェルファーマが合併して発足した田辺三菱製薬。その社風は、良い意味で穏やかなことが特徴的です。社内には真面目な人が多く、働きやすさを感じている社員も多くいます。人間関係のトラブルもほとんどなく、ストレスフリーな働き方ができるという意見が多く見られました。
また、数字で実力を評価しようとする動きが見られるという声も。営業をはじめ、様々な職種で実力主義の評価へと転換が進んでいるようです。若手の社員や入社間もない社員であっても責任のある仕事を任せられることもあります。優秀でやる気のある社員がしっかりと成長することのできる、実力重視の社風があることが特徴だといえるでしょう。

田辺三菱製薬のワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 9:00〜17:30
休日 完全週休二日制
その他の休日・休暇 年末年始、5月1日、夏季休日、特別休日、年次有給休暇、連続年休取得制度、積立休暇、慶弔休暇、ボランティア休暇、リフレッシュ休暇、育児介護休暇、不妊治療休職制度など
平均残業時間 月20時間〜30時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

田辺三菱製薬の社長

上野裕明

1958年生まれ。東京工業大学大学院理工学研究科修士課程を卒業後、1983年に三菱化成工業へ入社。2005年、三菱ウェルファーマ創薬本部研究部門創薬第四研究所長を務め、2007年田辺三菱製薬研究本部創薬化学研究所化学第二部長。2014年より執行役員。その後、多くの役員を歴任し、2020年代表取締役社長へ就任。希少疾患領域をはじめとした事業展開を進めている。

田辺三菱製薬現職、OB/OGの有名人

葉山 夏樹

田辺三菱製薬の初代社長。1939年生まれ。1962年に富山大学経済学部を卒業後、同年田辺製薬株式会社へ入社。営業企画センター所長を経て、1996年同社の取締役。1998年、常務取締役営業本部長。2001年、代表取締役副社長へ就任。2007年、発足直後の田辺三菱製薬の社長へ就任。2009年に相談役。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・リアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

田辺三菱製薬の転職に関わるQ&A


田辺三菱製薬は、女性社員の活躍推進に向けて様々な取り組みを打ち出しています。産休や育休などの制度面での整備はもちろん、キャリア形成にも注力していることがポイントです。女性の管理職はまだまだ多くないのが現状ですが、今後女性管理職の比率を増やしていくことができるかが注目されています。

田辺三菱製薬の平均年収は846万円です。これは上位5%ほどに位置する高年収といえるでしょう。製薬会社としては標準的な水準です。業績評価と行動評価の2つの評価基準があり、それぞれの基準で高評価を受ければ受けるほどボーナスなどが上昇していく仕組みとなっています。

田辺三菱製薬へ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

田辺三菱製薬の公式HPにある採用情報ページからエントリーできます。
採用情報ページには、企業メッセージや企業プロフィールなどが掲載されているため、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、田辺三菱製薬では、キャリア登録を行ったうえでマッチしているポジションがあれば、企業側からオファーするという方式を採用しているため、募集要項を確認することができません。
自分で募集要項を確認してから応募したい方や公式HPに載っていないような求人に応募してみたい方は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、田辺三菱製薬の最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

競合他社の募集要項も見比べたいなら「転職サイト」

転職サイトを活用して田辺三菱製薬に転職するなら、競合他社の募集要項も一緒に見比べられる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・同じような条件の募集も見れる
  • ・求人件数が豊富
  • ・手軽に始められる

転職サイトは、空き時間を活用して転職活動を行える手軽さがあるため、忙しい方でも比較的転職しやすいでしょう。
また、求人件数が豊富なため、自分の希望するポジションを見つけやすいという特徴があります。
できるだけ早く転職したい方や希望ポジションを見つけたい方は、転職サイトの活用がおすすすめです。

競合他社を比較するなら「iX転職」

iX転職には、メーカー企業をはじめとした企業の募集要項もまとめて確認できます。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールのメーカー業界は、800万円~1,200万円が平均年収となっており、ほかの転職サイトと比べると比較的高くなっています。
また、iX転職は非公開求人を多く保有している転職サイトとしても有名であり、ヘッドハンターに相談することで、自分のスキルや経験に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「時計を製造している企業はどれほどあるのか」や「競合他社では募集要項はどのように変わるのか」などが知りたい方は、iX転職に登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

デンカへ転職するためには?面接の傾向や採用のためのポイントなどを解説

デンカ転職者の主なキャリアステップ ...

株式会社サイバーセキュリティクラウドへの転職は難しい?口コミや年収などを解説

サイバーセキュリティクラウド転職者の主なキャリアステップ ...

アステラス製薬への転職ってどう?面接内容や選考フロー、口コミなどを解説

アステラス製薬転職者の主なキャリアステップ 前職 山之内、田辺などの製薬会社 電機、化成などのメーカー PwCなどのコンサルファーム アステラス製薬株式会社に転職 ...

日本マイクロソフトへの転職は難しい?口コミや年収などをチェック

日本マイクロソフト転職者の主なキャリアステップ 前職 大手SIer アクセンチュア、IBMなどのコンサルティングファーム 大手ソフトウェア会社 日本マイクロソフト株式会社に転職 ...

ブリヂストンへの転職事情!中途採用の難易度や口コミ評判を徹底調査

ブリヂストン転職者の主なキャリアステップ 前職 富士通、日立製作所、東芝などの大手メーカー コンサル 株式会社ブリヂストンに転職 次の転職先 デンソー、...

カルビーへ転職するには?採用フローや面接内容をご紹介!

カルビー転職者の主なキャリアステップ 前職 サントリー ハウス食品 IBMなどのIT アクセンチュアなどのコンサルファーム アパレル 機械メーカー カルビー株式会社に転職 ...

シキノハイテックへの転職。面接の口コミや年収・会社の特徴を紹介

社業を通じて社会へ奉仕することを目指して、半導体、電子システム、画像処理の3領域で事業を展開している「株式会社シキノハイテック」。事業の拡大による人員増加を目的にエンジニアを中心とした、他複数ポジションで中途採用の求人掲載を行っています...

リコーの転職難易度は高い?口コミや年収などを解説

リコー転職者の主なキャリアステップ 前職 日立製作所、ミノルタ、富士ゼロックス、パナソニック、京セラなどの大手メーカー リコー株式会社に転職 次の転職先 ...

富士通の転職情報まとめ。中途採用は難しい?

富士通転職者の主なキャリアステップ 前職 国内大手の様々な業界の事業会社 SIer 新卒プロパーが多い 富士通株式会社に転職 次の転職先 国内SIer...

川崎重工への転職。難易度や口コミなどを解説

川崎重工転職者の主なキャリアステップ 前職 IHIなどの同業 トヨタ自動車、本田技研などの自動車メーカー 川崎重工業株式会社に転職 次の転職先 IHIな...

TOP