メーカー

断熱材の製造で有名な日本インシュレーションへの転職。面接内容や年収などを解説

日本インシュレーション転職者の主なキャリアステップ

日本インシュレーションの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学・大学院卒業など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職

日本インシュレーション在籍者はプロパー社員がほとんどであり、これといった職歴はありません。

次の転職先

日本インシュレーションからの転職先として、電子部品専門商社製紙メーカーSIerなどへ転職しています。

建築関連の工事の請負や断熱材の製造などを行っている日本インシュレーションは、1914年に創業した歴史のある企業です。
大阪の本社をはじめとして関東や中部、九州など全国に支社を持っています。
保温材や防耐火建材の製造や販売に加え、施工や設計、アスベスト関連のコンサルティングや除去工事なども行っているのが特徴です。
そんな日本インシュレーションでは、研究開発職や生産管理職、営業など、幅広い職種で中途採用を募集しており、製造業や建設業での経験を幅広く生かした転職が可能なのがポイントです。
この記事では、日本インシュレーションへの転職を検討している方に向けて、事業内容や年収、面接で聞かれる質問内容などを解説します。

日本インシュレーションを目指す人におすすめの転職エージェント

・日本インシュレーションの口コミや年収も気になるけど、確実な人から適切な転職先を紹介されたい!

そんな方はまず転職エージェント「DX CAREER AGENT」をチェックしましょう。

DX CAREER AGENTの主な特徴は以下の通り。

・DXに精通した人材紹介に特化されたサービスならではの、求人・サポート

・サポートする少数精鋭のエージェントは全員、各業界の最大手出身者

・大手の採用代行を行なっているので、マーケットに出てこない優良求人を多数保有

DX CAREER AGENT
DX CAREER AGENT

この記事でわかること

  • 日本インシュレーションの企業概要
  • 日本インシュレーションの転職ポイント
  • 日本インシュレーションの社風や企業文化

日本インシュレーションに転職するポイント

日本インシュレーションの特徴

POINT

  • ・断熱材の製造で知られる企業
  • ・保温材や防耐火建材の製造販売などを幅広く手掛けている
  • ・1914年創業の歴史ある企業で、業界内での存在感も大きい

日本インシュレーションへ転職するポイント

POINT

  • ・研究開発や生産管理などの職種で中途採用あり
  • ・営業や総合職ポジションでの採用もある
  • ・面接では人物面について掘り下げられるため、あらかじめ対策しておくことが大切

日本インシュレーションの企業概要

会社名 日本インシュレーション株式会社
本社所在地 大阪府大阪市中央区南船場1-18-17 商工中金船場ビル7F
社長 吉井 智彦
設立 1949年1月14日
株式 上場(東証スタンダード)
株主構成 大橋ゆふみ(11.44%)
大阪中小企業投資育成(10.02%)
大橋健一(7.38%)

日本インシュレーションの売上

日本インシュレーションの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上高 14,195百万円 14,301百万円 14,118百万円
経常利益 2,024百万円 2,220百万円 1,891百万円

日本インシュレーションの最新ニュース

日本インシュレーションの事業内容

日本インシュレーションの主力事業は、建築現場などで用いられる防耐火建材の製造販売です。
鉄骨の耐火被覆材や免震装置の耐火被覆材、ケーブル延焼防止剤といった建設に欠かすことのできない資材を製造しています。
また、内装建材として不燃内装建材や調湿建材、不燃断熱建材なども手掛けています。
日本インシュレーションは、もともとフタなどの断熱に用いられるパッキンの製造を行う企業として1914年に創業され、創業当初から培われてきた断熱材に関するノウハウを生かした建材の製造に定評があるのが同社の強みです。
そのほかにも、耐火被覆工事やアスベスト除去工事など、工事の請負も行っています。
さらには、ベトナムに関連会社を持っており、プラント関連の保温材の製造事業も展開中です。

日本インシュレーションの募集要項

研究開発

基礎研究から商品開発まで、幅広い分野で日本インシュレーションの商品の基礎となる研究を行うのが研究開発職の役割です。
断熱材や保温材はもちろん、化粧品や日用品などをはじめとしたケイ素カルシウムの用途開発にも力を入れています。

必須な経験・スキル

  • ・研究職の実務経験

施工管理

日本インシュレーションが開発したプロダクトの優秀性をクライアントにアピールするため、施工手段の選定や施工計画の策定、工事中の品質・安全管理など、幅広い施工管理業務を行います。
マネジメント能力を活かすことができる職種で、多種多様な人材と交流することができます。

必須な経験・スキル

  • ・営業職の実務経験

営業事務

顧客からの受注や問合せ対応、システム入力、見積書や請求書作成などを行うポジションです。
具体的には、工事業者や建材商社に対する電話やメールでの対応、自社システムに入力し製品の手配、ExcelやWordを活用して見積書や請求書の作成などを行います。

必須な経験・スキル

  • ・高校卒業以上

日本インシュレーションの転職難易度

日本インシュレーションの転職難易度は中程度です。
日本インシュレーションでは、研究開発や生産管理、施工管理といった職種で中途採用を募集しています。
いずれの職種でも即戦力として活躍することが前提であるため、未経験からの転職の場合はやや厳しいといわざるを得ません。
特に日本インシュレーションの技術は世界最高水準ともいわれているため、技術職や研究開発職では高い専門性が求められるでしょう。
しかし、製造業や建設業での経験を幅広く生かした転職ができるのも日本インシュレーションの特徴です。
徹底した企業研究を行うとともに、自身のキャリアと日本インシュレーションでの仕事をどう結びつけるのかをしっかりと練ることが転職成功への近道です。

日本インシュレーションが転職者に求める人物像

日本インシュレーションが転職者に求めている人物像として、「一つのことに取り組み続けることができる粘り強さ」が挙げられます。
日本インシュレーションには、100年以上にわたって培われてきた世界最高水準の技術力があります。
海外へ技術輸出を行うことができるほどのノウハウは、同社に受け継がれる研究に対する粘り強さによる賜物にほかなりません。
困難があっても諦めずに挑戦し続けることができる人材が重宝されるのが日本インシュレーションの特徴です。

日本インシュレーションの転職までの流れ

日本インシュレーションの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接・筆記試験・適性検査

想定選考官:人事担当者・現場社員
想定内容:履歴書に書いた内容を中心に、オーソドックスな質問がほとんどです。

最終面接

想定選考官:社長・役員
想定内容:1次面接までに聞かれた内容の再確認はもちろん、同社へ転職したあとに取り組んでみたい仕事や入社したあとのビジョンなどについても深堀りされます。

内定

日本インシュレーションの面接形式

日本インシュレーションの面接回数は基本的に2回です。
ただし、応募状況や応募するポジションによって、面接回数は変化します。
適性検査や一般常識に関する筆記試験が課されることもあるため、対策を進めておくとよいでしょう。
面接形式は1対1で、面接1回あたりの所要時間は45分前後と標準的な水準です。

日本インシュレーションの面接内容

日本インシュレーションの中途採用面接でよく聞かれる質問内容として、「これまでに経験したことをどう日本インシュレーションでの仕事に生かしていくつもりか」というものが挙げられます。
中途採用では即戦力としての活躍が求められるのが一般的ですが、日本インシュレーションも例外ではありません。
「入社することで日本インシュレーション側にとってどのようなメリットがあるのか?」という観点から、自身の日本インシュレーションにおける価値をしっかりとアピールできるようにしておきましょう。
また、「断熱材や保温材についての知識はあるか」や「製品についてどれほど知っているか」など、日本インシュレーションならではの質問も少なくありません。
異業種から転職を狙う場合は、同社の事業内容や製品について一通り調べておくと、面接の場でも熱意をアピールすることができます。

日本インシュレーションの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトでは求人内容が確認できない
・求人情報はDODAなどでも確認可能
・未来志向を問うような質問が多い

営業、30代後半、女性
「日本インシュレーションに入社したあと、どのような仕事に取り組んでみたいか」と聞かれたことが印象に残っています。とても和やかな雰囲気での面接で話しやすかったです。
施工管理、20代前半、男性
「断熱材や保温材についてどれくらいの知識があるか」と聞かれました。一通り下調べはしていましたが、それほど詳しいわけではないと伝えたところ、実際の製品の触り心地などを体験しながら説明してくれました。
研究開発、30代前半、女性
「これまでのキャリアをどう日本インシュレーションに生かしていくつもりか」と聞かれました。人物面よりも実際の仕事に即した質問内容が多かったです。商品の説明や事業説明などもしてくれました。
技術、30代前半、男性
「日本インシュレーションに入社したら、どのような仕事に取り組むつもりか」や「どのようなキャリアプランを想定しているか」など、未来志向の質問が目立ちました。また、大学生時代の経験や転職活動でほかにどこを見ているのかなども聞かれました。
営業、40代後半、男性
「周りからどのような人といわれるか」「コミュニケーションに自信はあるか」などと聞かれました。全体的に熱意や人物についての質問が目立ち、「友人は多いか」といった内容もありました。

日本インシュレーションで働いている方の評判・口コミ

営業、在籍5~7年、男性
100年以上続いている企業ということもあり、コンプライアンスがしっかりとしている印象を受けます。その反面、体制や風土はやや古く、良くも悪くも古き良き日本企業といった雰囲気です。製造工程や生産管理、マネジメント能力などを幅広く伸ばすことができる環境なのではないでしょうか。残業も少ないため、ワークライフバランスも比較的好印象です。
総合職、在籍10年以上、女性
自社開発製品で中堅企業まで成長しており、高い技術力に裏打ちされた安定性が強みです。しかし、一度大きなミスをしてしまうと出世コースから外れてしまう可能性があります。また、営業所を全国に展開しているため、それぞれで異なった風土があります。海外進出にも積極的で、これからも成長していく企業だと思います。建材という景気に左右されにくい製品を製造しているため、安定感も高いです。
技術、在籍7~10年、男性
自衛隊研修があることに象徴されるように、精神論を好む傾向があります。社員同士は比較的仲が良く、しっかりとお互いにコミュニケーションを取ろうという風土があるのが特徴です。社内は建築事業部とプラント事業部の2つに分かれており、プラント事業部のほうがやや力は強いかもしれません。女性の働きやすさは職種によってまちまちですが、全体的には和気あいあいとやっている印象です。
口コミの要約

100年を超える歴史のある企業で、社名だけで信頼感を与えることができるという口コミが多く見られました。安定感と成長性を兼ね備えた企業で、ワークライフバランスについても好意的な意見が多かったです。一方、体制が古く評価制度の透明性が乏しい点や、職種によっては女性の活躍が遅れている点については厳しい声が寄せられていました。

日本インシュレーションの年収・給与

年収 567万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り(職種による)
福利厚生 地域手当、深夜手当、家族手当、社宅借上制度、退職金制度、リゾート施設利用制度、社員持株会制度など

日本インシュレーションでの転職者の出世難易度

日本インシュレーションでの転職者の出世難易度は中程度です。
日本インシュレーションでは、年功序列と実力主義が半々の評価が行われています。
大きなミスなく着々とやり遂げることが重視される風土があり、コツコツと実績を積み上げることである程度の出世が可能です。
反対に、一度大きなミスをしてしまうとその後の出世はやや難しくなってしまうのではないかという声もありました。
また、先述したように日本インシュレーションでは粘り強く一つの物事に取り組み続ける人材が重宝される傾向にあります。
与えられた仕事を諦めることなくこなし続けられるような根気のある人材が出世しやすいです。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 400万円
30代前半 主任 600万円
30代後半 係長 700万円
40代前半 課長 700万円
40代後半 支社長 900万円
50代前半 なし 700万円
50代後半 室長 900万円

日本インシュレーションはどんな人が働いている?

日本インシュレーションの従業員数

302名

日本インシュレーションの平均年齢

42.6歳

日本インシュレーションの平均勤続年数

15.0年

日本インシュレーションの社風

日本インシュレーションの社風の特徴として、社員同士の仲が良いという点が挙げられます。
和気あいあいと仲良くしようという雰囲気が強い部署が多く、古き良き日本企業といったイメージが合う企業です。
また、顧客ともコミュニケーションを取りながら仕事につなげるという口コミもありました。
日本インシュレーションはオーナー企業のため、会長の権限が強いトップダウンだという意見もあり、会長の一言で物事が決まることも珍しくないようです。
カリスマ性が高いという意見もあれば、ワンマンの体制に疑問を呈する意見もあり、経営陣に対する評価は社内でも分かれています。

日本インシュレーションのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 8:00~17:00
休日 週休二日制
その他の休日・休暇 年末年始休暇、夏季休暇、結婚休暇、看護休暇、介護休暇、出産立ち会い休暇、新型コロナウィルスワクチン接種休暇など
平均残業時間 月20時間前後
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

日本インシュレーションの社長

吉井 智彦

1956年生まれ。
1979年に日本インシュレーションへ入社。
1998年にプラント営業本部営業1部長に就任。
2001年に営業本部営業開発部部長を務め、その後取締役営業本部本部長などを歴任。
2017年に代表取締役社長へ就任し、2022年より代表取締役社長執行役員を務めている。

日本インシュレーション現職、OB/OGの有名人

大橋 健一

1951年生まれ。
1974年に日本インシュレーションへ入社。
1994年に取締役プラント営業本部副本部長に就任。
2001年に取締役営業本部統括部長に就任。
翌年、常務取締役営業本部統括に就任。
2005年に専務取締役営業本部本部長、2006年に代表取締役社長に就任。
2017年に代表取締役会長に就任、2021年より取締役会長を務めている。

日本インシュレーションの転職に関わるQ&A


社員からの口コミによると、日本インシュレーションの月平均残業時間は23.4時間で、これは上場企業の平均と比較しても短く、ワークライフバランスは良好だといえるでしょう。
休日出勤なども少なく、実際社員の口コミにも「ワークライフバランスは良い」という意見が目立っていました。

日本インシュレーションでは、出産休暇や看護休暇といった出産・育児に関する休暇制度が整備されています。
また、生理休暇といった女性のための先進的な取り組みも導入されているのが特徴的です。
女性社員の数は職種によってまちまちですが、特に事務系の職種では活躍する女性社員も多いです。
総じて女性の働きやすさは心配ないといえるでしょう。

日本インシュレーションへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

日本インシュレーションの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
採用情報ページには、若手社員からのメッセージやさまざまな職種で活躍する先輩社員からのメッセージなどが掲載されているため、応募する前に読んでおくと良いでしょう。
ただし、2022年10月現在、公式サイトでは中途採用によるキャリア募集は確認できません。
そのため、中途採用がされているかを定期的にチェックすることが必要です。
今すぐ日本インシュレーションへ転職したいと考える場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、日本インシュレーションの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

競合他社の募集要項も見比べたいなら「転職サイト」

転職サイトを活用して日本インシュレーションに転職するなら、競合他社の募集要項も一緒に見比べることができる「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空き時間を活用できる手軽さ
  • ・求人件数の豊富さ
  • ・求人確認から応募までのスピード感

転職サイトは、空き時間を活用して転職活動を行える手軽さがあるため、忙しい方でも比較的転職しやすいでしょう。
また、求人件数が豊富なため、自分の希望するポジションを見つけやすいという特徴があります。
できるだけ早く転職したい方や希望ポジションを見つけたい方は、転職サイトの活用がおすすすめです。

競合他社を比較するなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)では、製造を行っている競合他社の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールの製造業界は、800万円~1,200万円が平均年収となっており、ほかの転職サイトと比べると、比較的高くなっています。
また、doda X(旧:iX転職)は非公開求人を多く保有している転職サイトとしても有名であり、ヘッドハンターに相談することで、自分のスキルや経験に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「製造業を展開している企業はどれほどあるのか」や「競合他社では募集要項はどのように変わるのか」などが知りたい方は、doda X(旧:iX転職)に登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

タカラトミーの転職事情。難易度や選考フローなどを解説

タカラトミー転職者の主なキャリアステップ 前職 ツクダオリジナルなどの玩具メーカー 小売 Web事業会社 株式会社タカラトミーに転職 次の転職先 キリ...

テルモの転職難易度は高い?面接内容やコツ、会社の情報などを解説

テルモ転職者の主なキャリアステップ  前職 新卒からのプロパー社員 マイクロソフトなどのIT系企業 電機メーカー テルモ株式会社に転職 次の転職先 日...

東和薬品の転職難易度は?面接内容や口コミなどを解説

東和薬品転職者の主なキャリアステップ 前職 武田薬品、大日本住友製薬、小林製薬などの製薬会社 三栄源エフエフアイなどの食品メーカー 東和薬品株式会社に転職 ...

メニコンの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

メニコン転職者の主なキャリアステップ 前職 車、カー用品、ABCマート、ジャパネットなどの小売、日立製作所や化学製品などのメーカーがあげられる。 株式会社メニコンに転職 ...

リファインバース株式会社への転職は難しい?面接内容や選考フローなどを解説

リファインバースは、独自の精密加工技術を開発し、使用済みカーペットタイルなどから合成樹脂素材を取り出して各種メーカーに提供している素材系ベンチャー企業です。 現在は、カーペットのみならず廃棄された漁網やシリコンコート付きエアバック...

ゼリア新薬への転職は難しい?面接の対策やポイントを解説

ゼリア新薬転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 ゼリア新薬工業株式会社に転職 次の転職先 アストラゼネカ、EAファーマなどの製薬会社 ジョン...

森永乳業への転職を成功させるためには?面接内容や年収など解説

森永乳業転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員がほとんど 森永乳業株式会社に転職 次の転職先 ファイザー、大正製薬などの製薬会社 その他メーカ...

カシオへ転職するうえでのポイントは?口コミや面接突破のコツなどを解説

カシオ転職者の主なキャリアステップ 前職 富士フイルム、ホンダなどのメーカー 楽天、マイナビなどのWEB事業会社 IT系企業 家電量販店 カシオ計算機株式会社に転職 ...

トヨタ自動車への転職。難易度や年収、面接内容を調査!

トヨタ転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒中心 トヨタ自動車株式会社に転職 次の転職先 国内、外資系の自動車メーカー トヨタ自動車の主な...

マツダへの転職を成功させるには?難易度や面接内容など徹底解説

マツダ転職者の主なキャリアステップ 前職 三菱電機、東芝などの大手メーカー アイシン精機などの自動車関連メーカー マツダ株式会社に転職 次の転職先 エル...

TOP