メーカー

旭化成への転職は難しい?年収や口コミ、激務との噂も徹底調査

旭化成転職者の主なキャリアステップ

  • 前職

    新卒からの社員が多い
    メーカー

  • 旭化成株式会社に転職
  • 次の転職先

    転職者は少ない

旭化成の主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、大学卒業や修士取得を含む大学院卒業などが在籍しています。

前職旭化成在籍者は、ほとんどが新卒からの社員であり、一部転職者の職歴は、メーカーが挙げられます。

次の転職先旭化成からの転職者はほとんどおらず、これといった事例はありません。

旭化成は、マテリアル領域や住宅領域、ヘルスケア領域の三つを軸に事業展開している国内大手の総合化学メーカーです。
それらの事業を通じて企業価値の向上を図るとともに、持続可能な社会への貢献を目指しています。
また、2022年にプラスチック資源循環プロジェクト「BLUE Plastics」をファミリーマートにて実証実験の検討を開始するなど、地球環境問題にも積極的に取り組んでいる企業です。
そんな旭化成は、創業時から社会のニーズに応えるため、新しい価値観を持った人材の確保に力を入れており、キャリア採用に積極的な企業として知られています。
ただし、化学メーカー業界のなかでは平均年収が高いことや社会への貢献度が高いなど、転職先としても人気が非常に高いため、旭化成は転職難易度も高い企業としても知られています。

旭化成を目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・旭化成の口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、旭化成の最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • 旭化成の企業概要
  • 旭化成の転職ポイント
  • 旭化成の社風や企業文化

旭化成に転職するポイント

旭化成の特徴

POINT

  • ・戦後の財閥解体によって日窒コンツェルンから独立した企業
  • ・世界20か国以上へ事業を展開しており、海外進出にも積極的
  • ・平均残業時間は20~30時間と比較的少なく、育児支援、財産形成など福利厚生も充実

旭化成へ転職するポイント

POINT

  • ・ほとんどのポストでビジネスレベルの英語スキルが求められる
  • ・ほとんどのポストでその職種にあった業務経験が必須
  • ・AI系に強い人材が優遇される傾向がある

旭化成の企業概要

会社名 旭化成株式会社
本社所在地 東京都千代田区有楽町1-1-2 日比谷三井タワー
社長 工藤 幸四郎
設立 1946年4月
株式 上場(東証1部)
株主構成 日本マスタートラスト信託銀行(17.54%)
日本カストディ銀行(5.30%)
JPモルガン・チェース・バンク385632(3.30%)

旭化成の売上

旭化成の売上推移

事業年度 2019年度 2020年度 2021年度
売上高 2,151,646百万円 2,106,051百万円 2,461,317百万円
経常利益 184,008百万円 178,036百万円 212,052百万円

旭化成の最新ニュース

旭化成の最新情報を掲載しております。

旭化成の事業内容

マテリアル領域

マテリアル領域は、旭化成の売上構成比の約半分以上を占めている、旭化成のメインともいえる事業です。
環境を考慮した技術を用い、素材や商品を開発するマテリアル領域は、繊維事業・ケミカル事業・エレクトロニクス事業の3つに分けられています。
現在、家庭でもよく使われているサランラップをはじめ、オフィスのパソコンや複合機、AED、スーツなど、さまざまなところで旭化成の技術が活かされています。
今後は需要が増えると予想される5Gスマートフォンのリチウム電池用セパレータなどに注力していくことを明言している領域です。

住宅領域

旭化成の住宅領域は、個人向け住宅から都市計画まで幅広く事業展開しています。
住宅領域は、戸建住宅のヘーベルハウスや分譲マンションのアトラス、賃貸のヘーベルメゾンなどの住宅事業や、軽量気泡コンクリート「ヘーベル」などを作り出す建材事業の2種類の領域に分類されています。
また、北米のやオーストラリアなどの海外展開にも力を入れており、今後も国内外問わずにさらなる事業の拡大が期待されている領域です。

ヘルスケア領域

ヘルスケア領域では、医薬・医療・クリティカルケア(重症患者に対しての介護)の三つの事業に分けられています。
特にクリティカルケア事業では、米国を中心にAEDや除細動器などをはじめとする蘇生関連技術から開発された製品の開発を行っています。
現代の医療現場では、ウイルス除去フィルターや血液浄化関連製品などの医療領域の需要が非常に高まっているため、ヘルスケア領域の生産性や生産能力の向上が期待できるなど、今後もさらに力を入れることが予想される領域です。

旭化成の転職の募集要項

リーダー候補/M&A、新規事業開発職

M&A戦略の立案支援からマネジメントまで一貫して行います。
外部のアドバイザーはもちろんのこと、社内のチームを含めたプロジェクトのチームリーダーとしての責任が問われるため、業務内容はハードになりますがそれ以上にやりがいが大きい職種です。
また、国内外への出張を伴うポストとなるため、あらかじめ注意しておきましょう。

必須な経験・スキル

  • ・大卒以上
  • ・ビジネスレベルの英語スキル
  • 5年以上のM&Aに関する実務経験

物流・生産スタッフ

物流や生産の計画に関する一連の業務に一貫して携わるポジションです。
具体的には、製品の出荷実態を把握し、販売計画をもとにした最適な生産計画の起案や、最適な輸送会社や倉庫の選定とその運用を行います。
また、能力に応じて、関連システムの基本構想を立案するなど、比較的幅広い業務に携われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・大卒以上
  • ・メーカーや商社、物流会社での実務経験
  • ・3年以上の物流管理経験

物流企画職/リチウムイオン電池用セパレータ

5G対応のスマートフォンへの注目が集まっているなか、リチウムイオン電池の需要も高まっており、旭化成内でも今後リチウム電池用セパレータ事業へ力をいれることが明言されています。
本ポストでは、リチウムイオン電池用セパレータの物流設計やコストアップ抑制などの起案・実行を行います。
必須ではありませんが、化学粒製造業の物流担当経験や英語スキルは高く評価される傾向があるポジションです。

必須な経験・スキル

  • ・大卒以上
  • ・5年以上の物流設計や構築の経験
  • ・若手社員のフォローやマネジメントスキルの保有

旭化成の転職難易度

旭化成の転職難易度は業界の中ではトップクラスに高いです。
旭化成では、中途採用を積極的に行っている企業として知られていますが、基本的には新卒社員を大量に採用し育成していく傾向があります。
キャリア採用の募集は通年であるものの倍率は非常に高く、専門的なスキルや英語スキルが必ず求められます。
また、5年以上の業務経験が必須な職種も多いため、書類選考の段階で見送られるケースは非常に多いことを覚えておきましょう。

旭化成が転職者に求める人物像

旭化成グループでは、全社員に「多様性と変革力による、新しい価値の創造ができる能力」が求められています。
①未知を恐れずに挑戦し、②チームワークを大切にしつつ、③主体的に行動すること。これらを旭化成で求めている意味を考えることが、転職を成功させるポイントとなります。
また、旭化成公式ホームページの採用ページには「誠実」「積極」という単語が多く使用されており、これら2点が特に重視されていることがわかります。
また、転職者はこれらに加えて「即戦力となるスキル」と「新しい価値観を会社にもたらすこと」も重要なポイントとなるでしょう。

旭化成の転職までの流れ

旭化成の選考フロー

書類・エントリーシート提出

一次面接

想定選考官:人事担当者
これまでの経験や志望動機など、基本的な質問をされます。

二次面接

想定選考官:希望職種の管理職者
一次面接で回答した内容をさらに深堀した質問をされます。

最終選考

想定選考官:役員
カルチャーへのフィットを測るような質問や、今後のキャリアビジョンに関する質問をされます。

旭化成の面接形式

面接はほとんどの場合1対1で行われます。
職種によって面接回数は異なりますが、基本的に3回です。
面接時間は一回あたり30分ほどです。

旭化成の面接内容

旭化成の面接では、特変わった質問はなく自己紹介や志望動機など、一般的な質問がほとんどです。
ただし、「なぜ?」「どのように?」と1つの回答に対して深堀される傾向あるため、一貫性のある回答ができるよう事前に準備しておくことをおすすめします。
また、面接回数を重ねるほど、企業文化へのマッチ度も深く見られていきます。
現職(前職)のエピソードを通して「誠実さ」や「多様性」といった部分をアピールすることが旭化成の面接を通過するポイントです。

旭化成の選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトでは非常に多くのポジションで求人募集している
・求人情報はDODAなどでも確認可能
・基本的な質問が多い

経理、20代後半、男性
これまでの進路選択について質問されました。これまでの学歴や入学したいと思った理由などを回答しましたが、「なぜそう考えて、そうしたのか」と深堀されました。
MR、20代前半、女性
MR職以外に働きたい職種は?と質問されました。私はずっとMR職以外を検討しておらずMR職一択だったので、正直にそのまま伝えました。
研究開発、30代前半、男性
入社したあとのキャリアプランについて聞かれました。私は事前に細かくプランを設定しており、ポジティブな言葉でできるだけ分かりやすくプランを伝えました。
MR、30代後半、男性
これといった難しい質問をされることなく、履歴書に則って面接が進みました。職務経歴書に関しては詳細な質問をされたので、具体的にこれまでの活動や実績などを回答しました。
MR、30代前半、女性
基本的な内容が中心でした。そのほかにも、雑談ベースで趣味や大学時代に頑張ったことなども聞かれました。人柄や価値観などを判断するような質問が多かったように感じます。

旭化成で働いている方の評判・口コミ

営業職 在籍5~10年 男性
世界を相手にするスケールの大きいビジネスに携われるためやりがいは非常に大きい。上司や同僚からも学べる部分が多く、常に成長を実感できる企業である。また個人のスキルアップ支援も充実しているため、成長を望む人材に取ってはとても恵まれた環境と感じるだろう。
エンジニア 在籍5~10年 男性
有給がとても取りやすく、自分の仕事さえ終わっていれば前日に申請しても嫌な顔をされることはありません。まとまった長期休暇も年に数回あるため、同業種の人と比べるとかなり休んでいる時間は多いと思います。7割の家賃補助や家族手当ても出るなど、ワークライフバランスは非常にいい会社です。
一般職 在籍3~5年 女性
所属する部署によって異なりますが、私の部署は女性が多く、いい意味で男女平等です。女性であることが出世の枷になることはなく、安心して働けます。また、産休、育児休暇、自担勤務などの福利厚生も整っていて、出産後に復帰されている方も非常に多いです。ただし、女性の管理職はまだまだ少なく、女性のキャリアに関してはまだ係長クラスまで改善の余地があると思います。

口コミの要約旭化成の口コミでは、福利厚生や女性の働きやすさなどワークライフバランスに関するポジティブなものが多く見られました。仕事とプライベートをしっかり分けることで、生産性も上がるという口コミも少なくありません。ただし、配属される部署によって雰囲気は異なるという口コミも見られるため、転職をする前に、公式サイトから希望する職種の社員インタビューを確認しておくことをおすすめします。

旭化成の年収・給与

年収 751万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 社会保険完備、社員持株会、財形貯蓄、契約保養所やリート、スポーツクラブなどの施設利用など

旭化成での転職者の出世難易度

旭化成の出世難易度は比較的低めです。
旭化成では、年功序列的なシステムで安定的に出世していくため、一定の成績を収めれば30台半ばでほとんど全員が係長クラスまで出世することが可能です。
なお、この年功序列的な出世コースにはプロパーと中途の差がほとんどなく、むしろ若いプロパーよりも転職社組のほうが早く出世するケースもあるようです。
ただし、若いうちから大企業で活躍し出世したいと考える方には少し辛い環境になるかもしれません。

旭化成はどんな人が働いている?

旭化成の従業員数

8,646名(単独)
46,751名(連結)

旭化成の平均年齢

41.3歳

旭化成の平均勤続年数

14.6年

旭化成の社風

旭化成には、新しいことに挑戦できる環境が整っており、一人ひとりが積極的にチャレンジする社風が根付いています。
ワークライフバランは非常によく、仕事とプライベートを両立させている社員が多いのも旭化成の社風といえるでしょう。
また、社員によるデータ改竄から発生した2016年の傾斜マンション問題により、社内体制が見直され、現在は非常に風通しのいい環境が整っています。

旭化成のワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~17:45
休日 土日祝(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、忌引休暇、結婚休暇、リフレッシュ休暇など
平均残業時間 月30時間前後
フレックス制度 有り(コアタイム 10:00~15:00)
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

旭化成の社長

工藤 幸四郎

1959年生まれ、宮崎県出身。
慶應義塾大学法学部卒業後、旭化成工業株式会社(現・旭化成株式会社)へ入社。
2008年にロイカ事業部長に就任。
2013年に執行役員兼企画管理部長に就任。
その後も、上席執行役員 繊維事業本部企画管理部長や上席執行役員兼繊維事業本部長兼大阪支社長、常務執行役員兼パフォーマンスプロダクツ事業本部長などを歴任。
2022年より、代表取締役社長兼社長執行役員を務めている。

旭化成現職、OB/OGの有名人

吉野 彰

大阪府出身。1948年生まれ。
旭化成の名誉フェロー(研究者)でリチウムイオン電池の発明者の1人。
1918年より誘導性高分子ポリアセチレンの研究を開始し、リチウムイオン電池を発想。1985年に世界で初めてリチウムイオン基本構造を完成させる。1991年に商品化され、現在リチウムイオン電池はスマホやノートパソコン、ビデオカメラなど、小型家電のほとんどに採用されている。2019年12月にノーベル化学賞受賞。

旭化成の転職に関わるQ&A


旭化成は2016年の傾斜マンション(杭打ち)事件以降、企業の評判が急激に落ちた過去があります。
しかし事件以前から旭化成は、残業時間に関する問題やパワハラの報告はなく、ワークライフバランスが非常にいい企業です。
データ改ざんという事件の印象から激務というイメージがついてしまった旭化成ですが、現場を見る限りブラック企業とはいえないでしょう。


旭化成の志望動機を考える際には、①なぜ旭化成なのか②なぜその領域を希望したのか③入社後に何がしたいのか。この3つを一度分けて深堀することをおすすめします。
旭化成は事業領域が非常に広く、社会貢献度の高い企業ですので、本人のバックグラウンド次第で大きく異なります。自己分析を徹底し、前職での経験と企業の強みをマッチさせた志望動機をプレゼンしましょう。

旭化成へ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

旭化成の公式サイトにある採用情報ページから応募することができます。
ただし、旭化成のキャリア採用を実施している職種は時期によって異なり、自身が望む職種での募集を行っていない場合や、どの職種に自身がマッチしているのか分からない場合には、先にキャリアエントリーを済ませておくことをおすすめします。
もし、今すぐにでも転職活動を行いたい場合や非公開求人に応募したいという方は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、旭化成の最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

豊富な求人の中から希望ポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用して旭化成への転職を目指すなら、扱っている企業数が非常に豊富であり、ミドル~ハイクラスの案件が多い「doda X(旧:iX転職)」がベストでしょう。
doda X(旧:iX転職)では市場価値を長期的にサポートしてくれるヘッドハンターと出会えます。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。
・案件数の圧倒的な多さ
・自分のタイミングで転職を進められる気軽さ
・応募~面接までのスピード感

豊富なポジションや企業の中から自分が希望する職種を探したい場合や、転職エージェントとのスケジュール調整がなかなか難しいという場合は、転職サイトがおすすめです。
また、最近では本格的に転職エージェントを活用する前の下調べに転職サイトを利用する人も多く、旭化成の募集要項や必須スキルなどを知りたい人は事前にチェックしてみると良いでしょう。

doda X(旧:iX転職)では比較的年収が高く、年収最高額は1,400万円超え!

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールを見ると、エンジニア職の求人が多数あります。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。

ミドル~ハイクラスをメイン層としているdoda X(旧:iX転職)だけあって提示されている年収も比較的高く、年収最高額は1,400万円越えとなっています。
また、doda X(旧:iX転職)は転職サイトの中でも比較的非公開求人が多い傾向があり、ヘッドハンターに相談することで、一般公開されていない案件を紹介してもらえる可能性があります。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

旭化成への転職は難しい?年収や口コミ、激務との噂も徹底調査

旭化成転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒からの社員が多い メーカー 旭化成株式会社に転職 次の転職先 転職者は少ない 旭化成の主な転...

富士フイルムビジネスイノベーション(旧:富士ゼロックス)への転職。年収や口コミなどを解説

富士フイルムビジネスイノベーション転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 キヤノンなどの大手メーカー 事務機器メーカー 富士フイルムビジネスイノベーション(旧:富士ゼロ...

伊藤園への転職。難易度や面接内容、年収について解説

伊藤園転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員がほとんどだが、小売業者からの転職事例有り 株式会社伊藤園に転職 次の転職先 ダイドードリンコ、アサ...

シチズン時計の転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

シチズン時計転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 パイオニア、カシオ計算機などのメーカー シチズン時計株式会社に転職 次の転職先 コンタクト...

テクノフレックスへの転職情報。口コミや転職難易度を解説

テクノフレックス転職者の主なキャリアステップ ...

アルマードへの転職ってどう?事業内容や転職の難易度、面接などについて解説

アルマードは、バイオテクノロジーを活用した化粧品やサプリメント、健康食品などの製造販売を行っている化粧品メーカーです。 鶏卵の卵の内側にある薄い膜である「卵殻膜」がすべての商品に含まれていることが特徴であり、近年売上を伸ばしていま...

アサヒビールへの転職。難易度や口コミを徹底調査

アサヒビール転職者の主なキャリアステップ 前職 ほとんどがプロパー社員 職歴の特徴は特になし アサヒビール株式会社に転職 次の転職先 転職先の特徴は特に...

日東電工の転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

日東電工転職者の主なキャリアステップ 前職 パナソニックなどの電機メーカー 武田薬品などの製薬会社 電子部品、化学製品、住宅などのメーカー 日東電工株式会社に転職 ...

ビーアンドピーの転職事情。選考フローや転職難易度などを解説

ビーアンドピーは、顧客の販促やマーケティング活動を支え、社会の発展に貢献している企業です。 主力として、顧客からの受注を受けて業務量インクジェットプリンターを使用し、プリントや加工といったインクジェットプリント事業を展開してい...

三菱電機の転職難易度は?年収や面接対策を解説

三菱電機転職者の主なキャリアステップ 前職 東芝 トヨタ メーカー系 三菱電機株式会社に転職 次の転職先 電機 日用品 アパレル メーカー系 ...

TOP