WEB・アプリサービス

東和ハイシステムの転職難易度は?事業内容や将来性、転職するメリットなどを解説

東和ハイシステムは、歯科医院向けの電子カルテ管理システムである「Hi Dental Spirit XR-10i」の開発などを行っている企業です。
長年の運用により蓄積された数多くのノウハウが凝縮された高品質なカルテ管理システムを提供していることが強みとして挙げられます。
最近ではスマホで診察を予約できるシステム「ClinicSmileコネクト」やスマホ診療を可能にする「ClinicSmileONE」など新たなサービスも開始しています。
そんな東和ハイシステムは、営業サポートやシステム事業本部、管理本部など幅広い職種で中途採用を募集中です。
医療のIT化に伴いスマホ向け診察サービスなどの需要が増加するなか、東和ハイシステムは転職先としても注目が集まっています。
そこで、この記事では東和ハイシステムへ転職するうえで必ずおさえておきたい東和ハイシステムの事業内容や将来性、転職するメリットなどを解説します。

東和ハイシステムを目指す人におすすめの転職エージェント

・東和ハイシステムの口コミや年収も気になるけど、確実な人から適切な転職先を紹介されたい!

そんな方はまず転職エージェント「DX CAREER AGENT」をチェックしましょう。

DX CAREER AGENTの主な特徴は以下の通り。

・DXに精通した人材紹介に特化されたサービスならではの、求人・サポート

・サポートする少数精鋭のエージェントは全員、各業界の最大手出身者

・大手の採用代行を行なっているので、マーケットに出てこない優良求人を多数保有

DX CAREER AGENT
DX CAREER AGENT

この記事でわかること

  • 東和ハイシステムの企業概要
  • 東和ハイシステムの転職ポイント
  • 東和ハイシステムの社風や企業文化

東和ハイシステムに転職するポイント

東和ハイシステムの特徴

POINT

  • ・電子カルテの管理システム「Hi Dental Spirit XR-10i」を主力とする東証JASDAQ上場企業
  • ・スマホ診察システムや予約システムなど、新たなサービスも積極展開中
  • ・ワークライフバランスはまずまずだが、男女ともに活躍できる環境との声多数

東和ハイシステムへ転職するポイント

POINT

  • ・営業サポートやシステムエンジニア、総務などの職種で中途採用を募集中
  • ・勤務地は岡山本社が多いが、営業系の職種は全国23拠点に配属
  • ・面接は、入社後にやりたいことなど将来に関する内容が中心

東和ハイシステムの企業概要

会社名 東和ハイシステム株式会社
本社所在地 岡山県岡山市北区野田3丁目12-33
社長 石井 滋久
設立 1978年
株式 上場(東証JASDAQ)
株主構成 石井滋久(40.06%)
有限会社エス・イー(31.42%)
MSIPクライアントセキュリティーズ(2.37%)

東和ハイシステムの売上

東和ハイシステムの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 1,906百万円 1,910百万円 2,369百万円
経常利益 386百万円 398百万円 571百万円

東和ハイシステムの最新ニュース

東和ハイシステムの事業内容

東和ハイシステムの主力事業は、歯科医師向けの電子カルテ管理システム「Hi Dental Spirit XR-10i」の開発と提供です。
主力商品である同サービスは、生体認証やデータベースソフトとの連携機能を強化しています。
システムの管理機能の充実にも力を入れており、手書きカルテ以上の利便性を実現するべく開発されている点が強みです。
カルテの管理のみならず、歯科医院の運営管理の効率化のための機能や診療報酬明細書の作成機能なども盛り込まれており、歯科医院向けの統合型サービスとして高い人気を誇っています。
東和ハイシステムは、1978年の設立以来一貫して歯科医院向けのサポートや営業活動を行ってきた企業です。
40年以上に渡って培われた歯科医院に特化したサポートのノウハウが蓄積されています。
最近ではスマホ予約サービスやスマホ診療サービスの新たな開発にも力を入れており、将来性の高さが注目されている企業です。

東和ハイシステムの募集要項

営業サポート

東和ハイシステムの開発している歯科医院向けサービスの新規顧客獲得に向け、営業活動を行います。
既存ユーザーのシステムサポートやメンテナンス、契約更新等も業務内容です。
関東、関西、中国、四国、九州の全23拠点に配属されます。

必須な経験・スキル

  • ・普通自動車免許(AT可)

経理担当

東和ハイシステムの管理本部に配属され、経理業務を全般的に担当するポジションです。
日常業務の経理処理や債権債務の管理、消費税の申告、法人税等の申告が主な業務内容です。

必須な経験・スキル

  • ・経理の実務経験

東和ハイシステムの転職難易度

東和ハイシステムの転職難易度は中程度です。
東和ハイシステムでは、営業サポートや経理担当のほか、人事担当や総務担当、各種エンジニアなどでの中途採用も募集しています。
幅広い職種で中途採用を募集しているため、経験に合った求人が見つかりやすいのが特徴です。
医療関連業界での経験がある人材が重宝されるのはもちろん、異業界からの転職も狙いやすいといえます。
一方、応募のためにはいずれの職種も数年程度の実務経験が必要です。
必ずしも長い経験や大きな実績が必要というわけではありませんが、全くの未経験から転職を狙うことは難しいでしょう。
最近は業績が拡大するにつれ転職先としての注目が高まってきていることもあるため、面接対策は手抜かりなく行っておく必要があります。

東和ハイシステムが転職者に求める人物像

東和ハイシステムが転職者に対し求める人物像としては、「自ら課題を発見し学習する、自己啓発力の高い人」「高い成長意欲がある人」の2点が挙げられます。
東和ハイシステムは、医療現場のIT化に向けた様々な新しい技術を積極的に取り入れてきた企業です。
IT系のベンチャー企業などが台頭するなかで競争に打ち勝つためには、設立から40年以上が経過した現在でも絶えず知識やノウハウのアップデートを続ける必要があります。
また、東和ハイシステムは公式サイト上でそれぞれの職種に求める人物像を列挙していますが、いずれの職種にも共通して以上の2点が記載されています。
採用にあたって重視しているポイントであることが伺えるため、「自己啓発力」と「成長意欲」の2つのキーワードは是非おさえておきましょう。

東和ハイシステムの転職までの流れ

東和ハイシステムの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:人事・現場社員
想定内容:これまでの職務経験に加え、将来やりたいことなど未来志向の質問が多く聞かれます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:1次面接までの内容を踏まえ、東和ハイシステムへ入社したあとのビジョンなどについてさらに掘り下げられます。

内定

東和ハイシステムの面接形式

東和ハイシステムの面接回数は2回です。
応募する職種によって選考のプロセスには微妙な差があり、なかには面接が1回で終了したという方もいます。
面接はいずれも1対1で行われます。
1回あたりの面接の所要時間は30分ほどと標準的で、選考期間は2週間ほどとやや短いです。

東和ハイシステムの面接内容

東和ハイシステムの中途採用面接では、「あなたが持っている将来のビジョンについて教えて下さい」「東和ハイシステムへ入社したあと何をやりたいですか?」といった未来志向の質問が多く聞かれます。
そのなかには、「あなたの夢を教えて下さい」といったややざっくりとした切り口で聞かれることも多いです。
いずれにしても、東和ハイシステムへ入社後どのように会社へ貢献できるかという観点が重視されているため、あらかじめ入社後のビジョンについて明確化させておきましょう。
そのほかにも、「同業他社は他にもあると思うが、どうして東和ハイシステムを選んだのか?」「どうして設立直後のベンチャーではなく東和ハイシステムを選んだのか?」といった、志望動機を深堀りする質問も目立ちます。
ライバル企業との差別化なども意識しつつ、志望動機を十分に練ってから面接に臨みましょう。

東和ハイシステムの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は多くない
・求人情報はDODAなどでも確認できる
・未来志向の質問が多い

営業、40代前半、女性
志望動機について聞かれたあと、「どうして同業他社ではなく東和ハイシステムを選んだのか?」と深堀りされました。志望動機は1次面接、2次面接共に細かく聞かれるため、事前にしっかりと練っておくと良いと思います。
営業サポート、30代前半、女性
「将来どのようなことをやりたいか?」と聞かれました。また、「あなたの夢を教えて下さい」ともいわれました。全体的に未来志向の質問が多かったです。
エンジニア、40代前半、男性
これまで経験した開発環境についてなど、実務に関連する質問が多かったです。全体的にオーソドックスな内容がほとんどで、形式的な面接という印象を受けました。
営業部、30代前半、女性
「将来想定しているキャリアパスについて教えて下さい」といわれました。夢をしっかりと持っているかどうか、その実現に向けた計画ができているかどうかが主に見られています。
総務、20代後半、男性
志望動機について深掘りされました。また、「東和ハイシステムをどこで知ったのか?」とも聞かれました。面接が1回で終了したため、選考期間も非常に短かった印象です。

東和ハイシステムで働いている方の評判・口コミ

営業サポート、在籍3~5年、女性
現代表が設立した企業ということもあり、カリスマ性の高い経営が行われています。良くも悪くもワンマンといった印象です。営業拠点によって変わりますが、自分の配属されていた拠点ではワークライフバランスも非常に良く、プライベートとのバランスが取りやすいと思います。男女ともに活躍できる環境も整っており、結婚や出産後も働き続けている社員が多いです。
営業、在籍10年以上、男性
顧客の気持ちを優先した経営精神が浸透しており、日々の業務のなかでもそれを意識する場面が多いです。事業展開している分野はやや専門性が高く、医療関連の知見が身につく環境といえます。特に営業を行うなかでさまざまな医療施設の院長などと直接話ができる点は東和ハイシステムならではです。有給休暇は比較的自由に取得できますが、月々の残業時間はやや長めかもしれません。
エンジニア、在籍10年以上、男性
社員旅行や新年会、忘年会などの催し物が頻繁に開催されていて、社員間の距離が近い企業です。製造と販売を一体化した体制を築いているため、開発からサポートまでを自社で一貫して対応できる点が強みです。また、本社の他に各都道府県に拠点を約20か所持っています。営業職の場合は拠点によって待遇にばらつきがあるようですが、エンジニアの場合は基本的に本社勤務であるためあまり待遇に差はありません。

口コミの要約現代表のリーダーシップが強く、カリスマ性のある経営が行われているという口コミが複数見られました。営業活動のなかでさまざまな医療機関の経営者と直接話す機会が多く、それが仕事のやりがいに繋がっているという意見も多かったです。一方、ワークライフバランスについてはややネガティブな意見が目立ちました。配属される営業所にもよりますが、残業時間は比較的長くなる傾向があるようです。

東和ハイシステムの年収・給与

年収 421万円
ボーナスの有無 年2回(営業のみ3回)
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 各種社会保険完備、各種手当、退職金制度など

東和ハイシステムでの転職者の出世難易度

東和ハイシステムでの転職者の出世難易度は中程度です。
東和ハイシステムでは、年に1回給与改定の機会があります。
昇給の幅は基本的にやや小さいため、出世による役職手当などによってそれを補っていくのが東和ハイシステムの特徴です。
また、出世は半年に1回の頻度で作成する個人目標の達成度合いと上司からの評価によって判断されます。
東和ハイシステムでは、自ら進んでさまざまな物事を学習する自己啓発の姿勢が重視されます。
場合によってはシビアな評価が下されることもありますが、自分の能力を高めて目標をしっかりと達成できる社員はしっかりと評価されます。
東和ハイシステムで出世を狙うのであれば、常に自身の知識をアップデートする積極的な姿勢が重要です。

東和ハイシステムはどんな人が働いている?

東和ハイシステムの従業員数

143名

東和ハイシステムの平均年齢

33.5歳

東和ハイシステムの平均勤続年数

7.0年

東和ハイシステムの社風

東和ハイシステムの社風の特徴として、社員同士の仲が非常に良いアットホームな雰囲気が挙げられます。
東和ハイシステムでは、忘年会や新年会、社員旅行などの催し物も頻繁に開催されていることが特徴です。
新型コロナウィルスの流行が始まる前までは、業務後の飲み会なども盛んに行われていました。
また、代表のリーダーシップが強いカリスマ経営が行われているという点も東和ハイシステムの社風の特徴です。
良くも悪くもワンマン経営で、代表の意向が企業全体へダイレクトに反映されます。
このような風土に馴染むことができるかどうかが、東和ハイシステムに合うか合わないかが分かれるポイントの一つといえます。

東和ハイシステムのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00〜17:50
休日 土日祝日(週休二日制)
その他の休日・休暇 年次有給休暇、年末年始休暇、GW休暇、お盆休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月30.7時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

東和ハイシステムの社長

石井 滋久

1945年生まれ。
1965年に東和レジスター株式会社へ入社。
1978年に東和レジスター岡山販売株式会社(現・東和ハイシステム株式会社)を設立し、代表取締役に就任。
2010年に代表取締役を退任、2013年に東和ハイシステムの監査役へ就任。
同年、代表取締役に復帰した。

東和ハイシステム現職、OB/OGの有名人

猪木 健二

1964年生まれ。
1992年に弁護士登録。
1995年に猪木法律事務所を開設し、2005年に岡山弁護士会の副会長に就任。
翌年、猪木・手島法律事務所共同代表に就任。
2014年におかやま番町法律事務所の共同代表を務め、2020年より東和ハイシステム株式会社の社外取締役を務めている。

東和ハイシステムの転職に関わるQ&A


東和ハイシステムでは、育休制度が導入されています。
取得後に職場へ復帰した実績もあり、男女問わず活躍できる環境です。
出世などについて女性だからといった特別な配慮はありませんが、男女ともに平等な評価が行われているという口コミが多くあります。

また、一部変形労働時間制を採用しているため、育児中であっても労働時間を調整しやすいと感じる社員が多いです。


東和ハイシステムの月平均残業時間は30.7時間であり、同規模の企業と比較すると標準的かやや長い水準です。
特に営業や営業サポートといった職種は残業時間が長くなる傾向があります。
週休二日制であり、月に2回ほどの土曜出勤がありますが、有給休暇は自由に取得しやすいという意見が複数あります。
総合すると、ワークライフバランスはまずまずの水準だといえるでしょう。

東和ハイシステムへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

東和ハイシステムの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
採用情報ページには、「企業情報」や「製品情報」、「サポート」など、さまざまな情報が掲載されています。
ただし、募集内容がざっくりとしか載っていないため、イマイチ分からないということも少なくありません。
具体的な内容が知りたい場合や時間をかけずに転職したい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、東和ハイシステムの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

自分のペースで転職を進めたいなら「転職サイト」

求人情報の検索から応募までを自分のペースで転職活動をするなら、「doda X(旧:iX転職)」をはじめとした転職サイトの活用がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。

  • ・公開求人の件数が多い
  • ・自分のタイミングで転職活動が進められる
  • ・気になる求人に素早く応募することができる

転職サイトは、公開されている求人件数が多いため、希望するポジションが見つけやすいという特徴があります。
また、自分のペースで転職活動ができるため、忙しい方でも転職しやすくなっています。
豊富な企業や職種のなかから自分が希望するポジションを探したい方や、自分の時間やペースを大切にしながら転職活動がしたい方には、転職サイトが向いているでしょう。

通信業界の募集要項も比較したいなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)では、競合他社の募集要項も一緒に確認することが可能です。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールの通信業の平均年収は800万円〜1,200万円程度で、別サイトよりも比較的高めの水準となっています。
また、doda X(旧:iX転職)は一般的に掲載している公開求人に限らず、非公開求人が多い転職サイトでもあるため、アドバイザーに相談すると、自分にあった非公開求人を紹介してもらえる可能性が高いです。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「通信企業がどれほどあるのか」や「それぞれ募集要項はどのように違うのか」などを自分で調べたい方は、まずはdoda X(旧:iX転職)に登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

テンダへの転職事情。事業内容や年収、面接での質問内容などを解説

テンダ転職者の主なキャリアステップ 前職 富士ソフトなどのSIer ゲーム開発会社 株式会社テンダに転職 次の転職先 DMMなどのゲーム関連企業 ...

エムスリーへ転職するべき?福利厚生や難易度について調査

エムスリー転職者の主なキャリアステップ 前職 アクセンチュアなどのIT系コンサル 楽天、ヤフーなどのWEB系事業会社 IBMなどのSIer 製薬会社など エムスリー株式会社に転...

アジアクエストの転職難易度は高い?選考フローや口コミなどを解説

アジアクエスト転職者の主なキャリアステップ ...

Slackの転職事情。難易度や年収など解説

Slackは、スチュワート・バターフィールド氏によって開発されたチームコミュニケーションツールであり、それらを運営している企業です。 「ビジネスライフをよりシンプルに。より快適に。より有意義。」を目標にサービスを提供しています...

SaaS業界に転職する際におすすめの転職エージェント・転職サイト

近年何かと話題に上ることの多いSaaS企業の躍進ですが、SaaSに興味を持っていても実際にどのような意味を持つのかはっきりと分からないという人も少なくありません。 SaaS業界への転職を検討するにあたって、まずはSaaSの言葉の意味を...

ASIRO(アシロ)への転職。求める人物像や社風・年収などを徹底解説

「ASIROに関わる人を誰よりも深く幸せにすることで、よりよい社会の実現に貢献する」を企業理念とし、日常生活の基盤やインフラとなりえるリーガルメディア・リーガルHRに関連したサービスを開発・提供する株式会社アシロ。 法律・弁護...

ミクシィの転職難易度は高い?年収や面接内容など解説

ミクシィ転職者の主なキャリアステップ 前職 グリー、コロプラ、カプコン、DeNAなどのゲーム関連企業 NTTドコモ、ソフトバンクなどのIT系事業 株式会社ミクシィに転職 ...

株式会社サイバーセキュリティクラウドへの転職は難しい?口コミや年収などを解説

サイバーセキュリティクラウド転職者の主なキャリアステップ ...

ヘッドウォータースへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

ヘッドウォータース転職者の主なキャリアステップ ...

インフォネットへの転職事情まとめ。事業内容や難易度、将来性などを解説

インフォネット転職者の主なキャリアステップ ...

TOP