WEB・アプリサービス

Huluへの転職はおすすめ?年収や評判について解説

 
▼下記は、Huluに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからHuluに転職してくるのか
・転職先:Huluからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

Huluの主な転職元・転職先

学歴

学歴は、高卒〜大学や大学院卒が在籍、幅広い大学出身の在籍者がおり、さらには海外の大学出身者も在籍しています。

職歴

Huluに在籍者している社員の主な職歴は、放送や映像などのメディア系企業などが挙げられ、他業種からの転職者はほぼいません。

退職後の主な転職先

Huluからの転職先として、職歴同様、放送や映像などのメディア系企業などが挙げられ、同業界への転職がほとんどです。

HJホールディングス株式会社が運営するサービスHuluは、月額1,026円で動画が見放題のサブスクリプションサービスです。

huluは日本に上陸後3年で日本テレビ放送網(日テレ)に売却され、それ以降、同社完全子会社のHJホールディングスが運営しています。

2020年現在、HJホールディングスは本社を東京都港区東新橋に構えています。

大手企業の子会社のため福利厚生が充実しており、フレックス制度や病気休暇などさまざまな制度を完備しています。
現在HJホールディングス株式会社は中途採用を積極的に行っており、サービスをさらに盛り上げ、さらに発展してくれる人材を募集しています。

初めての転職でHuluを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

Huluの年収や評判も気になるけど、先にどんな求人があるのか知りたい!という方はまず、ビズリーチなどの転職サイトで掲載求人情報をチェックしてみましょう。
ビズリーチは、ハイクラス求人が多く掲載されており、転職先がまだ決まっていない場合は、ここで比較することをおすすめします。
転職エージェントを活用する場合でも、情報収集として事前にチェックしておくことで、転職活動がスムーズに進めることができるでしょう。

また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • HJホールディングスの企業概要
  • HJホールディングスの転職ポイント
  • HJホールディングスの社風や企業文化

Huluに転職するポイント

Huluの特徴

POINT

  • ・動画配信サービス「Hulu」を運営している
  • ・日本テレビホールディングスの子会社
  • ・福利厚生が充実しており、「病気休暇」などの休暇も多い

Huluへ転職するポイント

POINT

  • ・仕事に対する責任感が強く、コミュニケーションを重視する人材が求められる
  • ・面接では成長意欲が重視される傾向がある

Huluの企業概要

会社名 HJホールディングス株式会社
本社所在地 東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター 36階
社長 於保 浩之
設立 2014年4月
株式 上場(親会社:日本テレビホールディングス)
株主構成 読売新聞グループ本社(14.27%)
讀賣テレビ放送(6.27%)
読売新聞東京本社(5.9%)

Huluの売上

HJホールディングスは、非上場のため、親会社である日本テレビホールディングスの売上を掲載いたします。

HJホールディングスの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 416,704百万円 423,663百万円 424,945百万円
経常利益 58,130百万円 61,239百万円 57,398百万円

Huluの最新ニュース

Huluの事業内容

動画配信サービスHulu

HJホールディングスは、動画配信サービス「Hulu」を運営しています。
Huluはかつて海外で配信されていたサービスでしたが、2011年に日本に上陸しました。
Huluでは映画やドラマ、アニメ、バラエティーなど、60,000本以上のコンテンツが楽しめ、全ての作品が月額1,026円で見放題です。
現在放送中のドラマやアニメ、昔懐かしいドラマなどさまざまな動画を取り揃えており、さらに、Huluでしか観られないオリジナル作品も配信中です。
ネットに接続すれば、パソコンやスマホ、タブレット、ゲーム機などで視聴することができます。
外出時の空き時間でも動画を観ることができ、まさに「今そこにある機器」でいつでも動画を楽しむことができるのがHuluの最大の魅力でしょう。
現在のHulu利用者数は300万人を突破していて、前年比の伸び率が11%増とさらなる発展が望める事業となっています。

Huluの転職の募集要項

プロダクト部 エンジニアリングチーム エンジニア

Huluのサービスを支える「インフラストラクチャ」に関する業務、データの分析、Huluの利便性を向上させるためのシステム構築を行います。
動画配信に携わった経験や、 CDNを用いたサービスの運用経験、インフラ自動化に関する知識、負荷分散に関する知識など持っていると優遇されます。

必須な経験・スキル

  • ・一度でもHuluを利用したことがある、もしくは他動画配信サービスを利用したことがある
  • ・AWS などのパブリッククラウドの専門知識
  • ・TCP や HTTP などのネットワークプロトコルの専門知識

プロダクト部 プロジェクトリーダー

プロダクト部のプロジェクトリーダーはプロジェクトを成功に導く責任を持ち、ファシリテーションを行い、メンバーを取りまとめる役割です。
そのほかにもプロジェクトのリクエストを分析要件定義やスタートから終わりまでを管理、タスクを明確化し、プロジェクトの管理などどれも責任がある業務です。
プロダクト部を引っ張っていける高いリーダーシップが求められます。
業務量が多く、大変な反面、責任感とやりがいを感じて働くことができる業種でしょう。

必須な経験・スキル

  • ・一度でもHuluを利用したことがある
  • ・プロジェクトマネージャー、プロダクトマネージャー等のスキル
  • ・論理思考スキル

Huluの転職難易度

現在成長中の動画配信サービスであり、転職者からも注目が集まっている企業であるため、HJホールディングスの転職難易度は高いです。
希望する職種によってはハイレベルな知識やスキルが求められることがあり、特にプロジェクトリーダーなどのリーダー職やマネージャー職に就くには、かなりの経験や専門知識が要求されます。
「Huluではどんなことをしたいか」を話すとともに、前職までに培った知識やスキルを上手にアピールし、HJホールディングスにとって貢献できる人材だと見做されない、採用をもらうのは厳しいかもしれません。
「自分が入社したらこんなことができる」という部分を明確にすることがとても重要になってきます。

Huluが転職者に求める人物像

HJホールディングスは仕事に対する責任感やコミュニケーションスキルがしっかりあり、業務を遂行してくれる人材を求めています。
さまざまな部署の人の意見を調整し、プロジェクトを推進していく能力も必要とされています。
改革新旺盛で常にチャレンジし続ける精神、自分の市場価値を高めたいという成長意欲があることが大切になってきます。
ゼロからサービスを作ることを楽しみながら常に諦めない姿勢を持つ人材こそ輝くことができる企業でしょう。

Huluの転職までの流れ

書類・エントリーシート提出

職務経歴書・履歴書を提出します。書類の内容からHJホールディングスにマッチングする人材か判断されます。職務経歴書には仕事内容・培ったスキルを具体的に書くことが肝心です。

1次~2次面接

想定選考官:人事
志望動機や「なぜほかではなくhuluを選んだのか」などを問われます。

最終選考

想定選考官:役員
1次面接で聞かれたことをさらに掘り下げて質問されます。
受け答えに矛盾が生じないよう、正直に答えることを心がけましょう。

Huluの面接形式

面接はほとんどの場合1対1で行われます。
面接回数は2~3回程度です。
1回につき30分程度となります。

HJホールディングスの面接内容

履歴書や職務経歴書の内容からHJホールディングスにマッチする人材かどうか判断されます。
職務経歴書には今まで行ってきた仕事内容や培ったスキルや知識をできるだけ具体的に、尚且つ読み手が分かりやすく書くようにしましょう。
志望動機や前職での経験など、ほかでも聞かれるような定型的な質問は、事前にしっかりと準備しておきましょう。
こちらの回答に対し「それはなぜ?」と追求されることが多々あります。
落ち着いていつも通り回答できるようにしましょう。

Huluで働いている方の評判・口コミ

メンバー、在籍3~5年、男性
社風は部署によって大きく異なりますが、全体を通して企業文化はとても良い会社だと思います。しかし良くも悪くも縦割りの会社なので、あまり他の部署と関わりませんがありません。月に一回社内パーティーなどが催しされており、企業努力は見られますが、人の入れ替わりが激しい会社でした。
 宣伝、在籍3~5年、男性
研修が整っている会社ではなく、どちらかというと自分から進んで勉強しスキルアップするという環境です。中途採用で働いている人はそこまで多くなく、特定分野のスペシャリストが多いと思います。先輩方から技術を盗むことはできるので、そういう意味では学ぶ環境があるといえるかもしれません。
マーケティング、在籍1~3年、女性
福利厚生がとても充実しています。有給休暇以外にも「病気休暇」があり20日間与えられます。また、リロクラブのポイントが7万円もらえるのも大きいです。さらに社内にはお菓子が置いてあり、自由に食べることができます。年に何度か海外研修に行くこともできます。ほかの企業に比べたらのびのびと仕事ができる環境があると思います。

口コミの要約

HJホールディングスの口コミを見てみると優秀な社員も多く在籍し、一緒に働くことで技術を盗めて自身をスキルアップさせることができるということが分かります。また、福利厚生が充実しており、休みも比較的取りやすい企業でしょう。残業時間は基本的に少なく、ワークライフバランスが良いのも魅力の一つです。

Huluの年収・給与

年収 400万円〜800万円
ボーナスの有無 業績に応じて支給
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 Hulu視聴アカウント、ティップネス法人契約、社内フリードリンク、
提携英会話学校法人契約、確定搬出年金(401k)制度、カフェテリアプランなど

Huluでの転職者の出世難易度

HJホールディングスには優秀な社員が非常に多く在籍しているため、出世難易度は非常に高いです。
評価面談で成果や実績を的確にアピールしていかないと、役職に就くのはかなり難しいでしょう。
しかし、プロパーに比べると転職者が評価されないということはありません。
人事評価はシステマティックに行われ、フィードバックがはっきり出るので、仕事の改善点がわかりやすいです。
ひたむきに成果と実績を出し続けてアピールし続けることが、出世への一番の近道でしょう。

Huluの役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

30代中盤 なし 700万円
30代後半 なし 1,200万円
40代前半 なし 1,200万円
40代後半 シニアマネージャー 1,200万円

Huluはどんな人が働いている?

Huluの従業員数

85名

Huluの平均年齢

37.7歳

Huluの平均勤続年数

3.7年

Huluの社風

HJホールディングスはベンチャー企業であり、フレックス制度が設けられているなど、比較的自由な社風です。
社員同士仲が良く、お互い下の名前で呼んだり、ニックネームをつけたりと気軽に関わることができます。
また、福利厚生が充実しているので何かあったときでも対応してもらえますし、休みもしっかりあるので、仕事とプライベートを分けることができます。
全体的に自由で融通を利かせてもらえることがあるので、ストレスを溜めにくい環境でしょう。

Huluのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~18:00
休日 土日・祝日
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、
育児休暇、介護休暇、慶弔休暇
平均残業時間 15~25時間
フレックス制度 有り(コアタイム10:00~15:00)
リモートワーク 記載無し
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

Huluの社長

於保 浩之

1962年生まれ。
1985年に青山学院大学卒業後、グループ会社の日本テレビ放送網株式会社に入社。
2017年にHJホールディングスの社長に就任。
2019年から日本テレビの取締役も兼務。
今後の動画配信サービスは差別化が大事だと考え、Huluのオリジナル作品を積極的に出していきたいと考え、日々試行錯誤を重ねています。

Hulu現職、OB/OGの有名人

小杉 善信

1954年生まれ。
HJホールディングスの親会社、日本テレビホールディングスの代表取締役社長を務めている。
一橋大学商学部を卒業後、1976年に同社へ入社。
ディレクターやプロデューサーの経験を経た後、編成部長就任。
2019年6月に日本テレビHD代表取締役社長及び日本テレビ放送網代表取締役社長執行役員に昇任。
バラエティ番組やドラマなど、幅広く手がけて世間に感動や笑いを届けてきました。

Huluの転職に関わるQ&A


大企業の子会社のため、男性のみならず女性でも働きやすい環境が整っています。
フレックス制度があり、福利厚生も充実しています。
育休や産休もありますので、子育てに専念できたり復帰後も仕事と子育ての両立もしやすいです。
有給も比較的取りやすく、万が一病気になってしまったときでも病気休暇があります。
残業は全体的に少なめですが、部署によっては残業が多いところもあります。
気になるのであれば面接時などに一度、残業時間を確認すると良いでしょう。

日本テレビホールディングスの子会社という点は大きな強みといえるでしょう。
そのほかにも海外視察研究や階層別社内研修や提携企業による社外研修などの研修制度があるので、スキルや知識をしっかり身に付けることができます。
また、季節ごとに社内イベントやパーティーがあるので、社員同士交流を深めることができます。
年収も安定していて、働く社員にとって過ごしやすい企業でしょう。

Huluへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

Huluの公式サイトにある採用情報ページからエントリーすることができます。
公式サイトには求人情報をはじめ、代表メッセージやHuluについて、社員インタビューなど、さまざまな情報が掲載されています。
また、現在募集されている求人情報などが軽く掲載されているので、どんな仕事があるのか知りたいという方は、一度チェックしておくと良いでしょう。
ただし、掲載されている情報量は少なく、より詳しい情報が知りたい方や公式サイトに載っていないような求人に応募したいという方は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

自分のタイミングで転職活動したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してHuluへ転職したいなら、掲載企業数がトップクラスを誇っており、ハイクラス求人を多く取り扱っている「ビズリーチ」の利用がおすすめです。
ビズリーチは、自身の市場価値を把握することができ、より適したポジションへ転職がしやすくなるというメリットがあります。

転職サイトを活用するメリットは大きく分けると3つです。
・掲載求人数の多さ
・自分のタイミングで転職活動ができる
・応募までのスピード感がある

自分の希望するポジションを探している場合や、自分のタイミングで転職活動したいという場合には、ビズリーチがおすすめです。
また、転職サイトは転職エージェントを利用する前に活用する方が多く、Huluの募集内容や求められる能力などが知りたい場合はチェックするのも良いでしょう。

ビズリーチでは年収の相談が可能

現在、ビズリーチには、Huluの求人情報は掲載されていませんが、同業他社の求人は多く掲載されています。

※画像はイメージです。

ハイクラス求人を多く取り扱っているビズリーチなだけあり、全体的に年収が高く設定されており、職種によっては年収交渉が可能となっています。
さらには、公開されている求人以外にも、一般公開していない非公開求人を持っていることもあり、キャリアアドバイザーに相談することで、非公開求人を紹介してもえる可能性があります。
ただし、ビズリーチを含む転職サイトからの応募は、自身と企業とのすり合わせが上手くいかないこともあり、スキルや経験などで落とされてしまうこともあります。
確実な転職を行いたいのであれば、転職エージェントの活用がおすすめです。

質の高い転職支援で転職成功率を上げるなら「転職エージェント」

Huluへ転職するために、転職エージェントを利用するなら「リクルートエージェント」がおすすめです。
リクルートエージェントは、業界トップの案件数を保有しており、転職実績も数多くある人気の転職エージェントです。

転職エージェントを利用するメリットは大きく分けると3つです。
・キャリア相談や年収交渉などを含む幅広いサポート
・自身と企業との高いマッチング率
・非公開求人の圧倒的な多さ

転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書など応募書類の添削や、模擬面接によるアドバイス、さらには年収交渉まで自分の代わりに行ってくれます。
また、あらかじめHuluへの転職実績があれば、転職先の人事や現場職員との太いパイプが構築されているため、事前に内部情報などを聞くこともできます。
転職活動において、少しでも不安がある場合は、リクルートエージェントの利用をおすすめします。

リクルートエージェントはWEB面接可能で、ハイクラス案件が多数

リクルートエージェントに掲載されているHuluの求人情報を見てみると、編集プロデューサーや政策プロデューサーなどの求人が多数掲載されています。
Hulu リクルートエージェント
※画像はイメージです。
自分では大したスキルでもないと思っていても、異なる業種や別業界からしたら重要なスキルということもあり、キャリアアドバイザーから客観的に見てもらうことで、そういった点が明確になります。
その結果、より自分に合った職種への転職が可能となります。
また、リクルートエージェントでは公開されている求人のほかに非公開求人も多く持っているので、状況や持っているスキルと経験によっては非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。

あなたがHuluに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

ウェザーニューズの転職難易度は?面接内容や激務という噂を徹底調査!

  ▼下記は、ウェザーニューズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからウェザーニューズに転職してくるのか ・転職先:ウェザーニューズからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来...

Facebook Japanへの転職。評判や難易度などを解説

  ▼下記は、Facebook Japanに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからFacebook Japanに転職してくるのか ・転職先:Facebook Japanからどこへ転職するのか...

ドワンゴへの転職は難しい?難易度や面接対策方法などを紹介

▼下記は、ドワンゴに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからドワンゴに転職してくるのか ・転職先:ドワンゴからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

クラウド業界に転職する際におすすめの転職エージェント・転職サイト

クラウドとは クラウドサービスや、クラウドファウンディング…近年よく聞かれるようになったクラウドという言葉。生活の中であたり前に触れている方も多いでしょう。しかし、クラウドってそもそも何?と言われると曖昧な方も多いのではないでしょ...

Indeed Japanへの転職難易度は??面接内容や給与を紹介

  ▼下記は、Indeed Japanに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからIndeed Japanに転職してくるのか ・転職先:Indeed Japanからどこへ転職するのか 一般...

リクルート住まいカンパニーへの転職。難易度や年収などを公開

  ▼下記は、リクルート住まいカンパニーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからリクルート住まいカンパニーに転職してくるのか ・転職先:リクルート住まいカンパニーからどこへ転職するのか ...

ZUUへの転職は難しい?年収・評判・面接内容を調査

▼下記は、ZUUに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからZUUに転職してくるのか ・転職先:ZUUからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

チームラボに転職するのは良い?評判や給料などを解説

▼下記は、チームラボに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからチームラボに転職してくるのか ・転職先:チームラボからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

Zoom(ZVC JAPAN)への転職。年収や評判について解説

Zoomはアメリカのソフトウェア開発企業です。 クラウドプラットフォームを使用したマルチデバイス対応のビデオ会議やオンライン会議、モバイルコラボレーションを組み合わせてWeb上でのコミュニケーションソフトウェアを提供しています...

グリー(GREE)へ転職するべき?難易度や年収などをご紹介

▼下記は、グリーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからグリーに転職してくるのか ・転職先:グリーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

TOP