WEB・アプリサービス

インフォネットへの転職事情まとめ。事業内容や難易度、将来性などを解説

インフォネット転職者の主なキャリアステップ

  • 前職

    ソフトウェア開発、システム開発などのIT系企業
    コンサルファーム

  • 株式会社インフォネットに転職

  • 次の転職先

    マーケティング
    Web広告制作
    IT系企業

インフォネットの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学・大学院卒業など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職

インフォネット在籍者の主な職歴は、ソフトウェア開発やシステム開発などのIT系企業のほか、コンサルファームなどが挙げられます。

次の転職先

インフォネットからの転職先として、マーケティングやWeb広告制作、IT系企業などへ転職しています。

インフォネットは、企業のWEBサイトの構築などをはじめとしたBtoB向けの各種ITソリューションの提供を行っている企業です。
主力として、特別な知識がなくてもWEBサイトの構築が可能になる「infoCMS」や、顧客管理業務の統合ソリューションである「infoCRM」を提供しています。
また、人工知能を用いて顧客からの問い合わせに自動対応するチャットボット「Q&Ai」も手掛けるなど、付加価値の高いソリューションを提供している企業です。
そんなインフォネットでは、SESプログラマーやWEBディレクターなどの職種で中途採用を募集することがあります。
上場して間もない企業ということもあり、成長を実感できる将来性の高い企業だという口コミが多いのが魅力です。
そこで、この記事ではインフォネットへの転職を検討するうえで外すことのできないインフォネットの事業内容や転職難易度などを解説します。

インフォネットへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・インフォネットの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • インフォネットの企業概要
  • インフォネットの転職ポイント
  • インフォネットの社風や企業文化

インフォネットに転職するポイント

インフォネットの特徴

POINT

  • ・WEBサイト構築などのソリューションを一気通貫して提供するIT企業
  • ・売上高は全体的に右肩上がりで推移しており将来性も高い
  • ・知名度の高い大企業や公共団体等と関わる機会が多く、やりがいがあるとの声多数

インフォネットへ転職するポイント

POINT

  • ・SESプログラマーやWEBディレクターなどで求人あり
  • ・事業内容の性質上、ITに関連する専門職の募集が多い
  • ・面接では「入社後に何をしたいのか」を重点的に聞かれる

インフォネットの企業概要

会社名 株式会社インフォネット
本社所在地 東京都千代田区大手町1-5-1 大手町ファーストスクエアウエストタワー2F
社長 日下部 拓也
設立 2002年10月15日
株式 上場(東証グロース)
株主構成 株式会社フォーカスキャピタル(43.93%)
パスファインダー(3.88%)
細羽強(2.02%)

インフォネットの売上

インフォネットの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 844百万円 766百万円 980百万円
経常利益 171百万円 6百万円 90百万円

インフォネットの最新ニュース

インフォネットの事業内容

インフォネットの主力事業は、WEBサイトの構築を始めとしたBtoB向けITソリューションの提供です。
「すぐれたWEB・IT技術やプロダクトをお客様の成果に寄り添い提供することで、人々の生活を豊かにする」を企業理念に掲げ、WEBサイトの構築や保守、運用までを一気通貫して対応する点が強みです。
周辺商品として、顧客管理業務を一括して行う「infoCRM」や、人工知能技術を用いた顧客対応チャットボットである「Q&Ai」なども展開しています。
最近では、ユーザーが音声や文章で入力したデータをAIが分析することでデータを分類し、アウトプットすることのできるソリューション「Repotti」も提供中です。
業界それぞれに特化したきめ細やかなサービス展開が強みで、売上高は2020年の減収を除いて軒並み右肩上がりで推移しています。
今後も需要が高まるIT業界でシェアを拡大し続けている将来性の高い企業といえるでしょう。

インフォネットの募集要項

SESプログラマー

インフォネットのクライアント先にて、CRMに関するフロントエンド開発を担当します。
フルリモートで勤務することが特徴です。
環境はプロジェクトによって異なりますが、ReactとReduxの組み合わせが多くなっています。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上のHTMLやCSS、JavaScriptを利用した新規の画面開発経験
  • ・1年以上のReact.jsまたはReactでの実務経験
  • ・ウォーターフォール型のプロジェクトでの経験

WEBディレクター

WEBサイトの構築やサイトリニューアルの際のデザイン業務、クライアントへの提案業務などを行います。
受託制作に関するデザイン・UI/UXの設計業務を包括的に担当する裁量の大きなポジションです。

必須な経験・スキル

  • ・ユーザーの立場でUI/UXを設計できる能力
  • ・PhotoshopやIllustrator、XDなどでのデザイン制作経験
  • ・2年以上のアートディレクターとしての実務経験

インフォネットの転職難易度

インフォネットの転職難易度は中程度です。
インフォネットでは、WEBディレクターやフロントエンドエンジニア、サーバーサイドエンジニアなどの職種で中途採用を募集しています。
いずれもITに関連する専門職ポジションでの採用となっており、転職を成功させるためにはHTMLやJavaScript、CSSなどの専門知識が必要不可欠です。
インフォネットへの転職を検討する際には、専門性が重要な観点となります。
ただし、専門知識がないから転職できないというわけではありません。
過去には人事などでの求人も出ており、そのなかには実務経験不問のものもあります。
職種にこだわりがないのであれば、バックオフィスの求人を狙うのもおすすめです。
応募する際に職種を慎重に検討し、インフォネットへの転職を確実に成功させましょう。

インフォネットが転職者に求める人物像

インフォネットが転職者に対して求める人物像は「即戦力として、自走できること」と「自分なりの経験を活かして働けること」の2点です。
インフォネットは東証グロースに上場している成長中の企業ですが、まだまだ社員数は少なく研修制度もそれほど整っていません。
中途採用も即戦力として実力を発揮することが求められるため、自らで仕事を見つけて自走することのできる自立性の高い人材が重宝されます。
また、前職までの経験を活かして自分なりの工夫を施すことも重要な観点です。
上記のポイントとも関連しますが、上司からの指示をただこなすだけにとどまらない主体性に富んだ人材が求められていることを頭に入れておきましょう。

インフォネットの転職までの流れ

インフォネットの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:現場社員・部長
想定内容:前職までの経験など基本的な内容のほか、入社後のビジョンなどについて聞かれます。

最終面接

想定選考官:社長
想定内容:1次面接までの内容に加え、インフォネットの掲げているビジョンに対する共感なども聞かれます。

内定

インフォネットの面接形式

インフォネットの面接回数は2回です。
面接形式はいずれも1対1ですが、職種によって微妙な差があります。
面接1回あたりにかかる時間は45分ほどと一般的かやや長い水準です。
選考期間は3週間ほどと一般的な長さです。

インフォネットの面接内容

インフォネットの面接では、志望動機など基本的な内容はもちろん、「インフォネットに入社したらどのようなことをやりたいのか」や「インフォネットに対してどのように貢献できると思うか」といった未来志向の質問が多く聞かれます。
特に専門職以外の面接では、これまでの経歴を聞く質問よりも入社後のビジョンを聞く質問が多いです。
インフォネットの企業理念や経営計画に目を通し、入社後にインフォネットで働くビジョンを明確化させておきましょう。
IT専門職に応募する場合は、これまでのキャリアや経歴なども重視されます。
「これまでに携わった案件の規模と、担当部分は」などと、丁寧に聞かれることが特徴です。
専門職への転職を狙う場合は、アピールできる実績をいくつかリストアップしておくと良いでしょう。

インフォネットの選考対策・口コミ

最新情報

・2022年4月現在、公式サイトには求人が載っていない
・求人情報はDODAなどでも確認可能
・面接の雰囲気は比較的和やかで話しやすい

営業、30代前半、男性
「数あるWEB開発受託企業のなかで、どうしてインフォネットを選択したのか」と聞かれました。志望動機は1次面接、最終面接ともにさまざまな切り口で聞かれるため、よく練っておくことがおすすめです。
プロデューサー、30代前半、女性
「インフォネットへ入社したあと、どのように会社に貢献できるか」といった未来志向の質問が多かったです。入社後のビジョンは明確化させておかないといけないなと感じました。
開発、20代後半、女性
1次面接、最終面接ともに話しやすい雰囲気でした。内容としてはこれまでの実績や能力を聞くようなものが多く、携わったプロジェクトの規模や担当部分などを丁寧に聞かれました。
技術、20代後半、女性
「インフォネットへ入社したあとにどのようなことがやりたいか」と聞かれました。また、「インフォネットの競合他社にはない特徴は何だと思うか」と聞かれたことが印象に残っています。
管理、40代前半、男性
入社後のビジョンを重視した質問が多かったです。実力面というよりも熱意や想いを中心に聞かれました。面接の雰囲気は和やかで、話しやすかったです。

インフォネットで働いている方の評判・口コミ

営業、在籍3~5年、女性
カリスマ性のある社長が経営を続けており、良くも悪くもトップダウンの会社だと思います。最近は株式を上場したということもありさまざまな面で企業の風土が変革中です。残業は基本的にしないようにするというスタンスがあり、ワークライフバランスは比較的良いと思います。
技術、在籍1~3年、男性
企業の風土としては全体的に保守的です。下の意見は通りづらいことが多く、逆らいにくい雰囲気があります。社員とその家族を守るという理念が浸透しており、古くからの日本企業のような考え方です。抱える顧客が多ければ多いほど個人の売上は多くなりますが、それが給与にしっかり反映されているかといわれると微妙かもしれません。
エンジニア、在籍1~3年、男性
制作会社として培ってきた信頼と実績がある安定性の高い企業です。また、自社製品もいくつか展開しているため将来性もあります。有給休暇はやや取りづらいですが、ほかの企業と比べて特段難しいというわけではなく、至って普通の水準です。産休や育休の制度は充実しており、取得後に職場へ復帰する社員も少なくありません。
口コミの要約

社長のカリスマ性が高い企業で、トップダウン方式だという口コミが目立ちました。社員の意見は概ね好意的でしたが、役員人事などについては不満の声も一定数あります。ワークライフバランスは良いと感じている意見が多く、産休や育休など、女性の活躍の推進についてもポジティブな意見が目立ちました。

インフォネットの年収・給与

年収 452万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 介護休職制度、慶弔見舞金制度、育児休暇制度、退職金など

インフォネットでの転職者の出世難易度

インフォネットの転職者の出世難易度は中程度です。
インフォネットでは年功序列型の評価が採用されています。
ただし、目立った実績を上げることができれば若手や入社間もない中途社員でも重役に抜擢されることがあります。
常にタスクが余っているため、アピールできるチャンスが多いという口コミもありました。
年功序列が基本となってはいるものの社内には中途入社の社員が多いため、中途入社だからといって出世が極端に不利になるということはありません。
愛想やコミュニケーション能力といったスキルはもちろん大切ですが、それよりも黙々と仕事をこなせる事務処理能力が評価されやすいという情報もあります。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 400万円
30代前半 なし 400万円
30代後半 なし 500万円
40代前半 課長 600万円
40代後半 部長 800万円
50代前半 部長 900万円

インフォネットはどんな人が働いている?

インフォネットの従業員数

81名(単独)
90名(連結)

インフォネットの平均年齢

38.2歳

インフォネットの平均勤続年数

5.1年

インフォネットの社風

インフォネットの社風の特徴としては、「従業員とその家族を守る」という古くからの日本企業のような理念が浸透している点が挙げられます。
社風は良くも悪くも全体的に保守的で、アットホームな雰囲気があるのが特徴です。
社員同士のコミュニケーションも活発に行われており、文字通り家族のような関係となることも少なくありません。
また、会社を上げてダイバーシティを促進しているという口コミもありました。
女性の社員も数多く活躍しており、産休や育休などの制度も整っています。
保守的な社風ではありますが、株式上場を機に社風の改善が進められている変革途中の企業といえるでしょう。

インフォネットのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00〜18:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、慶弔休暇、年次有給休暇など
平均残業時間 月33.9時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

インフォネットの社長

日下部 拓也

1981年生まれ。
2011年に税理士法人トーマツへ入所。
同年、有限責任監査法人トーマツへ出向し、2013年に株式会社オルトプラスへ入社。
2015年に高野総合会計事務所へ入所し、公認会計士へ登録。
2017年に株式会社フォーカスへ入社し、同年株式会社インフォネットの取締役に就任。
2021年より、代表取締役社長を務めている。

インフォネット現職、OB/OGの有名人

岸本 誠

1981年生まれ。
2005年に株式会社インテリジェンスオフィスへ入社。
2006年に株式会社スタッフサービスへ入社し、同年有限会社キャストコミュニケーションズへ転職。
2009年にプルデンシャル生命保険株式会社へ入社。
2011年に株式会社インフォネットへ入社し、2013年に営業部長に就任。
2017年に代表取締役社長に就任し、2021年より代表取締役会長を務めてる。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

インフォネットの転職に関わるQ&A


インフォネットの月平均残業時間は33.9時間であり、同規模の企業と比較すると標準的かやや長い水準です。
プロジェクト単位で仕事をすることが多いため、繁忙期と閑散期で忙しさが異なるといった情報もありました。
有給休暇の取得のしやすさは並程度といった印象で、総合的なワークライフバランスはまずまずの水準です。

インフォネットでは、女性の活躍を推進するために産休や育休といった制度を積極的に導入しています。
受託するWEB開発案件で必要なデザイナーを中心に多くの女性が活躍しており、取得後の職場復帰率も98%を超えています。
女性社員のうち、およそ3割が育児と家庭を両立しており、女性も働きやすい企業といえるでしょう。

インフォネットへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

インフォネットの公式HPにある採用情報ページからエントリーできます。
採用情報ページには、「インフォネットを知る」や「仕事を知る」、「人を知る」など、さまざまな情報が掲載されているため、企業研究に役立てることができます。
ただし、2022年4月現在、公式HPでは中途採用によるキャリア募集はされていません。
そのため、定期的に公式HPをチェックし、求人募集をされているかどうかをチェックする必要があります。
今すぐインフォネットへ転職したいと考える方は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

競合他社の募集要項も見比べたいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してインフォネットに転職するなら、競合他社の募集要項も一緒に見比べることができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空き時間を活用できる手軽さ
  • ・求人件数の豊富さ
  • ・求人確認から応募までのスピード感

転職サイトは、空き時間を活用して転職活動を行える手軽さがあるため、忙しい方でも比較的転職しやすいでしょう。
また、求人件数が豊富なため、自分の希望するポジションを見つけやすいという特徴があります。
できるだけ早く転職したい方や希望ポジションを見つけたい方は、転職サイトの活用がおすすめです。

競合他社を比較するなら「iX転職」

iX転職では、競合他社の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの通信業界は、800万円~1,200万円が平均年収となっており、ほかの転職サイトと比べると、比較的高くなっています。
また、iX転職は非公開求人を多く保有している転職サイトとしても有名であり、ヘッドハンターに相談することで、自分のスキルや経験に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「通信サービスを展開している企業はどれほどあるのか」や「競合他社では募集要項はどのように変わるのか」などが知りたい方は、iX転職に登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

エイチームの転職難易度は高い?口コミや面接情報解説まとめ

エイチーム転職者の主なキャリアステップ ...

Facebook Japan(Meta)への転職。評判や難易度などを解説

Facebook Japan転職者の主なキャリアステップ 前職 国内・外資系の大手事業会社 大手総合代理店 Web系代理店 Facebook Japan株式会社に転職 ...

エッジテクノロジーへの転職は難しい?事業内容や将来性、口コミなどを解説

エッジテクノロジー転職者の主なキャリアステップ ...

クラウドストライクの転職難易度は?面接内容や口コミなど解説

お客様のデータを保護する使命のもと、セキュリティ侵害からデバイスを守る環境を提供するクラウドストライク。テレワーク環境が普及している現代において、世界中の企業にエンドポイントセキュリティを提供しています。 2011年に設立されて以...

マクアケへの転職は難しい?事業内容や面接の対策ポイントなどを解説

マクアケは、さまざまなプロジェクトの事業者と応援者をつなぐクラウドファンディングサービス「Makuake」を運用している企業です。 1,000万円以上の資金調達に成功したプロジェクトの総数は50件以上であり、映画『この世界の片...

ヤフーの転職情報まとめ。評判や難易度などを調査してみました

ヤフー転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルートグループなどのWEB系事業会社 アクセンチュアなどのコンサルティングファーム サイバーエージェントなどのネット専業広告代理店 ...

THECOO(ザクー)への転職情報。事業内容や口コミを徹底解説

THECOOの転職者の主なキャリアステップ ...

アジアクエストの転職難易度は高い?選考フローや口コミなどを解説

アジアクエスト転職者の主なキャリアステップ ...

Preferred networksの転職難易度は高い?口コミや年収を解説

Preferred networks転職者の主なキャリアステップ 前職 各種メーカー WEB系事業会社 特許・法律事務所 株式会社Preferred networksに転職 ...

インテグレートの転職事情。年収や選考フローなど解説

インテグレート転職者の主なキャリアステップ ...

TOP