WEB・アプリサービス

ネットフリックスへ転職するべき?福利厚生や社風などをご紹介

 
▼下記は、ネットフリックスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからネットフリックスに転職してくるのか
・転職先:ネットフリックスからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

  • 主な転職元

    ・外資系企業
    メーカー、放送、映像などのメディア系企業
    WEB系事業会社

  • Netflix株式会社

  • 主な転職先

    ・放送、映像などのメディア系企業

ネットフリックスの主な転職元・転職先

学歴

海外大学の出身者が圧倒的に多く、国内でも有名な国立私立大学の出身者が多く在籍しています。

職歴

ネットフリックス在籍者の主な職歴は、全体的に外資系企業が多く、業種では、メーカーや放送、映像などのメディア系企業WEB系事業会社などが挙げられます。

退職後の主な転職先

ネットフリックスからの転職先は、主に放送や映像などのメディア系企業などへ転職しています。

ネットフリックスは1997年にアメリカのカリフォルニア州で創業し、世界中で運営を行う映像ストリーミング配信事業の運営を行っています。
2017年12月時点で世界190か国以上に動画配信を行い、売上規模は1兆5,000億円以上、今では世界的な大企業の地位を確立しています。

日本法人は東京都港区南青山に拠点を構えて事業活動を行っています。
国内外問わず、今後も優秀な人材を確保して幅広い事業を手掛けていこうとしています。
積極的なチャレンジ精神を持ちつつ、ネットフリックスの考え方に共感できる人材を広く募集しています。

初めての転職で動画配信系会社を目指すなら「ビズリーチ」を見るべし

近年増えてきた動画配信サービス。配信する企業によって特徴はさまざまです。
動画配信事業を行う企業の募集要項をまとめて確認したい方はビズリーチをチェック!huluやamazon primeを始めとした動画配信会社の求人情報をまとめて確認可能です。
また、ビズリーチは求人掲掲載数が多いだけでなく、ハイクラス専門の転職サイトという特徴も。平均年収800万円〜1,000万円の非公開案件が多数掲載されています。
Netflixの口コミや募集要項よりも業界全体の募集要項を確認したい方は、まずはビズリーチをご利用してみてはいかがでしょうか。

この記事でわかること

  • ネットフリックスの企業概要
  • ネットフリックスの転職ポイント
  • ネットフリックスの社風や企業文化

ネットフリックスに転職するポイント

ネットフリックスの特徴

POINT

  • ・オンラインで見ることができる映像ストリーミング配信事業会社として全世界にサービスを提供
  • ・情報の透明性が高く、契約者数やコンテンツの視聴者数に関する情報、従業員の解雇に関する情報も社員に公開
  • ・個人業績に給料が連動するためパフォーマンス次第で給料の大幅アップも期待できる

ネットフリックスへ転職するポイント

POINT

  • ・「Culuture Deck」と呼ばれる明示された企業文化へのカルチャーフィットが必須
  • ・革新的なサービスとホスピタリティを追及し、今までにないサービスを作り上げる意志が求められる
  • ・社内での会話は英語が中心となるので、ビジネスレベルの英語力が必須

ネットフリックスの企業概要

会社名 Netflix株式会社
日本所在地 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
社長 グレゴリー・ピーターズ
設立 2015年9月
株式 NASDAQ
株主構成 記載なし

ネットフリックスの売上

ネットフリックスの売上推移

事業年度 2016年 2017年 2018年
売上高 8,830百万ドル 11,692百万ドル 15,794百万ドル
経常利益 186百万ドル 558百万ドル 1,211百万ドル

ネットフリックスの最新ニュース

ネットフリックスの事業内容

映像ストリーミングサービス

ネットフリックスの最大の事業は、映像ストリーミングサービスの提供です。
Watch Instantly(ウォッチインスタントリー)の名称で始まった映像ストリーミングサービスはDVDを借りることなく、オンライン上でテレビ番組や映画、アニメといった作品を視聴することができるサービスです。
視聴可能なデバイスとしては、パソコンのほかに家庭用ゲーム機やスマートテレビ、ブルーレイレコーダーなど、インターネットに接続した機器であればネットフリックスが提供する作品を見ることができます。

これまでの常識を覆すようなサービスを展開したことで、全世界1億5,000万人を超えるのユーザーを獲得する結果となりました。
映像ストリーミング事業は米国内事業と国際ストリーミング事業という形で2つの事業に分けて管理、運営を行っています。

オンラインDVDレンタルサービス

ネットフリックスの中核を成す事業内容として、オンラインDVDレンタルサービスを挙げることができます。
オンライン上で手続きとDVDレンタルの手配が可能となっているサービスで、全世界中で利用者を増やしています。

利用者側はオンライン上で借りたいDVDを希望すれば、指定した宛先にDVDを送付してもらうことができます。
QUEUE(キュー)と呼ばれるレンタル希望リストに登録しておけば、レンタル可能な作品を閲覧することができます。
そのなかから借りたいDVDを選択し、視聴を終えたらポストに投函して返却するという形式を採用しています。

ネットフリックスの転職の募集要項

ソーシャルメディマネージャー(アニメ)

NETFLIXで配信するアニメコンテンツのソーシャルキャンペーンの立ち上げ及び運営を行います。
日本のアニメーション市場を理解し、SNS上での口コミを集めることを目標とするため、市場調査とSNSマーケティング両方のスキルが求められます。
また、このポジションは7年以上の関連業務経験が求められる非常に転職難易度の高いポジションとなりますが、世界最大規模の動画ストリーミングサービスのコンテンツ部分に携る非常にやりがいのあるポジションともいえるでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・以下の職種における合計7年以上の業務経験
  • ・消費者ブランド・メディア・エンタメ・マーケティング代理店

リーガルマネージャー

ネットフリックスの東京オフィスでは、現在、法務チームのメンバーを募集しています。
動画ストリーミングサービスということもあり、版権にまつわる非常に高度な知識が求められるでしょう。業務内容は、契約テンプレートの作成や、法的文書の作成、ビジネスパートナーに向けた法的情報の作成など、NETFLIXの運営に欠かせないものばかりであり、非常にやりがいを持って働くことができるでしょう。
チームメンバーには商業契約、知的財産、映画・テレビマーケティングに携わってきた経験者が多く、即戦力となる人物が採用されやすい傾向があるといえるでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・ネイティブレベルの英語スキル
  • ・高いITリテラシー
  • ・データベースシステムに関する高い知見
  • ・海外支社と連携が取れる、タイムゾーンに拘らない働き方ができること

ネットフリックスの転職難易度

ネットフリックスの転職難易度は高いです。
ネットフリックスでは企業文化へのマッチを重視しており、どれだけ大きな功績や成果を上げたとしても企業文化にマッチしていないと判断されれば、それだけで解雇をされてしまうという風土があります。

評価も年次評価ではなく、四半期評価となっており、上司からできている部分とできていない部分を客観的に伝えられる制度があります。
それだけ厳しい状況で高い成果を発揮することが求められる企業であり、転職に関しても容易ではありません。
高いスキルや経験値を持っていることを前提として、いかにネットフリックスの企業文化や風土にマッチするかというところが大きなポイントです。
転職に向けては、改めてネットフリックスの理念などを見直し、自身の考え方がマッチしているかどうか確認することが重要です。

ネットフリックスが転職者に求める人物像

ネットフリックスでは第一に理念や会社の風土に共感できる人材を求めています。
情熱を持って仕事に取り組むことができるか、精神論だけではなく、具体的な施策やアイデアを具現化して社会に通用するサービスを提供することができるかといった部分も重要です。

「イノベーション」という言葉も1つのキーワードであり、これまで存在しなかったような革新的なアイデアを出して社会に変革を巻き起こすことができるかという点も見られます。

社内外を問わず、他者に対して良い影響を与えられることも重要であり、誠実さや愚直さといった内面的な部分も求められます。
総じて仕事には真摯に取り組み、自由と責任のもと、自らのキャリアを自分の意思で形成していくことができる人材が重宝される会社です。

ネットフリックスの転職までの流れ

ネットフリックスの選考フロー

書類・エントリーシート提出

1次~4次面接

想定選考官:人事
「なぜネットフリックスに入社したいのか」、「ネットフリックスに入社したらやりたいことはあるか」、「ネットフリックスの理念にどれくらい共感しているか」といった点を中心に面接が進められていきます。
応募する職種や応募人数によって面接回数は異なります。

最終面接

想定選考管:役員

1次面接で聞かれた内容をさらに掘り下げた形で面接が進められていきます。
会社理念や風土に関してはかなり深堀りされることがあります。

ネットフリックスの面接形式

1次面接は1対1で行われることがほとんどです。
最終面接では複数の役員と面接を行うケースがあります。
1回あたり30分~1時間で終了となります。

ネットフリックスの面接内容

ネットフリックスの面接では、ネットフリックスに対する理解度や共感度を見られることが多いです。
これまでの実績や活躍してきた分野、高いスキルがあることは前提としたうえで、ネットフリックスに関する知識がどのくらいあるか、事業内容やサービス内容に関してどの程度知っているかを問われることがあります。

そのため、応募者に関する質問もされる一方で、ネットフリックスについての質問をされるケースも少なくありません。
それだけネットフリックスに対する理解度を見たいというのが面接官の思惑であり、企業として求める人物像といえます。

応募者としてはこれまでやってきたことやスキルをアピールすることはもちろんのこと、ネットフリックスの考え方や風土について理解し、的確に回答できるようにしておくことが大切です。
友人や知人にネットフリックスで働いている方がいれば、そうした方から事前に風土などを聞いておくことも有効です。

ネットフリックスで働いている方の評判・口コミ

マーケティング、在籍3年~5年、男性
ネットフリックスはとにかくプロ意識を大切にする会社で、人材を教育するという考え方は持っていません。会社の理念にも「我々は草野球チームではなく、大リーグのチームである」という文言があります。それだけ完成度の高い人材を求めるのが会社の特徴であり、仕事ができない人材を育てるという風土はありません。その分、高いスキルや実績がある人たちが集まっているので、仕事のスピード感や効率性は抜群のものがあります。高いレベルで自分の持っている価値を提供していきたいという方にとってはとても働きやすい会社だと思います。
ファイナンス、在籍3年~5年、女性
ネットフリックスでは意見を出すことが良しとされる文化があります。意見をいわなかったり、他人がいったことをそのまま鵜呑みにしたりするような人材は逆に評価されません。その辺は外資系企業の特徴かなと思っています。仕事に対して主体的な意思を持っていて、「自分はこれがやりたい」という強い信念を持っている方には働きやすい会社だと思います。反対に、受け身のタイプの方や個人としてやりたいことがない方には合わないでしょう。

コンテンツ部門、在籍3年未満、女性
基本的な会社の文化や風土は自由だと思います。ただし、単なる自由ではなく結果が求められるなかでの自由です。会社にとって良いと思われる結果を出し続ける人にとってはとても働きやすい会社ですが、結果が出ないととても辛い状況に追い込まれます。常に向上心や探究心を持って仕事に取り組むことが重要であり、一定のプレッシャーを感じながら仕事を続けることになります。そのプレッシャーを楽しめるぐらいになると、良い環境を手に入れることができるでしょう。結果を出せばきちんと評価してくれるので、その辺は良いと思います。
口コミの要約

ネットフリックスの口コミからは、プロ意識が高く団結力を大切にし、一丸となって業務を遂行しているというのが伺えます。今や世界190か国へ配信している大企業として、責任とやりがいを感じられるでしょう。ネガティブな口コミとしては、結果を求められ続け、そのプレッシャーが辛いという口コミが見られます。プロ意識が高い故ですが、プレッシャーを楽しめるくらいの精神力が必要になってきます。

ネットフリックスの年収・給与

年収 930万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 社会保険完備(健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険)など

ネットフリックスでの転職者の出世難易度

ネットフリックスの出世難易度は高いです。
会社の風土としても「自由と責任」を大切にしている企業であり、一定の責任を果たして結果を出している社員に関しては自由度も高い会社です。
上司からの評価は四半期ごとに行われるため、短期間で結果を出し続ける必要があります。
その分、結果を出し続けることができれば昇進のタイミングも早まっていきますし、出世にも繋がりやすくなります。

その反面、会社が求める結果を出すことができないと、解雇させられてしまうことがあるなど、評価に関してはとても厳しいものがあります。
現状に甘んじることなく、常に上を目指して結果を出し続ける社員にとっては出世も夢ではありません。
極端にいえば、上に行くか下に落ちるかといったどちらかの道のりであり、全ては実力や結果次第で変わる環境があります。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 750万円
30代前半 マネージャー 1,100万円
30代中盤 マネージャー 2,000万円
30代後半 シニアマネージャー 2,200万円
40代前半 マネージャー 2,000万円
40代後半 マネージャー 2,000万円

ネットフリックスはどんな人が働いている?

ネットフリックスの従業員数

7,100人(全世界)

ネットフリックスの平均年齢

記載なし

ネットフリックスの平均勤続年数

記載なし

ネットフリックスの社風

ネットフリックスの社風は「自由と責任」です。
自らの仕事に情熱を持って取り組むことが重要であり、どんな困難も乗り越えていけるような意思を持つことが求められます。
仕事に対して愚直に取り組む社員が揃っており、ビジネスレベルはかなり高いものがあります。

また、会社に入ってから成長していくというよりも、すでにビジネスパーソンとして完成度の高い社員が入社して、成果を出していく風土があります。
高いスキルやレベルの社員たちと一緒に働くことで得られる知識や刺激は計り知れないものがあり、毎日が充実感で満ちあふれたビジネスライフを送ることができます。
その分、結果を出せなかった時の反動も大きく、毎年退職を余儀なくされる社員も数多くいます。

ネットフリックスのなかで生き残って出世していくためには、常に自分を鍛え上げて成長していく覚悟を持つことが求められます。
精神的にも肉体的にもタフな人材が活躍できる企業風土です。

ネットフリックスのワークライフバランス

副業可否 不可
勤務時間 フレックス制
休日 土日・祝日
その他の休日・休暇 慶弔休暇、夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇
平均残業時間 月10時間~20時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 記載なし
時短勤務 記載なし

ネットフリックスの社長

リード・ヘイスティングス

1960年生まれ。
1988年にはスタンフォード大学で人工知能の研究によりコンピュータ科学分野の修士号を取得。
アメリカ合衆国平和部隊に所属した経験や、スワジランドで高校の数学教師を務めた経験も持つ。
1997年にNetflixを共同設立してCEOに着任。
現在ではKIPP、Paharaなど複数の教育機関の役員を務め、The City Fundの取締役も務めている。
プライベートでは2児の父であり、家事や育児も精力的にこなしています。

ネットフリックス現職、OB/OGの有名人

テッド・サランドス

ネットフリックスの最高責任者を務めており、2013年にはタイム誌の「世界で最も影響力のある100人」の1人に選ばれた経歴を持つ。
2000年からコンテンツ取得部門の指揮を執っており、オリジナルコンテンツ路線への移行を行い、ネットフリックスの拡大、成長へと繋げた実績を持っている人物。

学校の芸術教育に特化したNPO法人Exploring The Artsの役員を務めるなど、社内外にわたって多岐に活躍。
また、米国テレビ芸術科学アカデミーの執行委員も務めるなど、活躍の範囲は幅広く、現代のアメリカや世界にとって欠かせない人物の1人。

ネットフリックスの転職に関わるQ&A


日々成長することをいとわず、自己研鑽を重ねることができる人が向いています。
ネットフリックスに入社すると「自由」という言葉を聞く機会が多くなりますが、自由の意味を履き違えてはいけません。
きちんと結果を出した社員が自由を謳歌できるのであり、最初から自由が与えられているわけではありません。
仕事には真摯に打ち込み、自らに与えられた職責を全うすることを前提として自由が与えられています。
基本的に勤務時間などの縛りがあるわけではありませんが、会社から求められる結果を出し続ける必要があります。
そうしたプレッシャーに打ち勝つことができるかどうかも重要な指標となります。


基本的には正社員としての入社になりますが、一般的にいわれる正社員と呼ばれるような安定感はないと考えておきましょう。
上司との評価は四半期ごとに行われることになっており、結果を出すことができなければ容赦ない評価を受けることになります。
毎年大勢の社員が退職することでも有名であり、会社と社員の双方がマッチしている状態になれないと判断された場合は、退職を余儀なくされることもあります。
結果を出すことなく長く働き続けたいという方や、年功序列といった賃金体系を期待している方には合いません。
入社に際して、勤続や収入のアップは自分で掴み取るものだという考え方を持っておくことが大切です。

ネットフリックスへ転職する方法

まずはネットフリックスの採用ページをチェック

ネットフリックスの応募ページでは、東京を含む世界中のオフィスの募集ポジションを一覧で確認可能です。
アジア圏のキャリア採用特設ページでは、従業員のインタビュー動画や、企業文化の紹介など、企業研究に欠かせないコンテンツが多数用意されています。
ホームページ以外から応募する場合でも、一度目を通しておくことをおすすめます。

動画配信事業者の募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

オリジナル作品が強いネNetflix、テレビドラマ・バラエティに強いhulu、旧作・名作に強いU-NEXT、圧倒的作品数のamazon primeなど、メジャー動画配信サービスにはそれぞれ特徴があるため、動画配信サービス携わりたいと考える方は、転職先を選ぶ際に迷われることも多いでしょう。
動画配信を行う企業の募集要項をそれぞれ比較したい方には、転職サイトのビズリーチがおすすめ。
転職サイトを利用するメリットは、

  • ・手軽さ
  • ・案件数の豊富さ
  • ・案件確認から応募までの早さ

今すぐ転職をしたい方、まずは企業を比較したい方はぜひ転職サイトをご覧になってはいかがでしょうか。
ただし、転職サイトから応募した場合、転職活動を全て1人で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなるでしょう。

動画配信サービスを行う企業の募集を比較するなら「ビズリーチ」

ビズリーチには、hulu、amazon prime、楽天TVを始めとする大手動画配信会社から、急成長を遂げているベンチャー企業まで、幅広い企業の募集要項が確認できます。

※画像はイメージです。
ビズリーチに掲載されている動画配信会社の平均年収は800万円〜1,300万円程度となっており、別サイトよりも比較的高く設定されています。
また、ビズリーチは、サイトに掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、アドバイザーに相談すると、自分にあった非公開求人を紹介してもらえる可能性が高いです。

動画配信事業を行う企業がどれほどあるのか、それぞれ募集要項はどのように違うのかなどを自らの手で調べたい方は、まずはビズリーチを確認することをおすすめします。

時間をかけて転職をより確実にするなら「転職エージェント」

Netflixへの転職をより確実な物とするのであれば、外資系に特化した転職エージェント「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」を利用することをおすすめします。
転職エージェントとは、給与交渉や面接の日程調整などを代行してくれるほか、書類添削、模擬面接まで無料で受けられるサービスです。
2020年6月現在、転職エージェントの公開求人では、Netflixの中途採用を取り扱っていません。
ただし、Netflixほどの人気企業になると、応募もそれなりに多くなるため、一部の信頼できるエージェントのみに情報解禁されている非公開求人が用意されている可能性は非常に高いです。
仮に、選んだ転職エージェントが非公開求を持っていなかった場合でも、コンサルタントとのミーティングの中で、自分の気づけていないキャリアが見つかるケースは多いです。

自身のキャリアについて時間をかけてじっくり考え、自身が100%満足できる転職により近づきたい方にとって、転職エージェントを利用することは非常に有効的な手段といえるでしょう。

Netflixの非公開求人を持っている可能性が高いエージェントなら「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」

本社をアメリカに持つNetflixの非公開求人を持っている可能性が高い転職エージェントは、外資系企業に強い「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」です。

ロバート・ウォルターズ・ジャパンでは、動画配信サービスを事業の中心とする企業の公開求人が1件掲載されています。

同エージェントは、外資系特化の人材サービスを30年近く続けていきた、いわば外資系エージェントの老舗です。
そのため各企業からの信頼は厚く、外資系企業の非公開求人を豊富に所有しているエージェントとして知られています。
また、ロバート・ウォルターズ・ジャパンのコンサルタントは各業界に特化した外国人です。
Netflixの転職には英語力は必須となるため、エージェントとのコミュニケーションが難しい場合、Netflixへの転職は厳しいでしょう。
逆に、ビジネスレベルの英語力を持った方にとっては、非常に有効的な転職エージェントとなります。
ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、外資系企業と動画配信サービスに興味がある方に、是非一度ヒアリングを受けていただきたい転職エージェントです。
ヒアリングを受けることで、自身の気づいていないキャリアに気づくことができるかもしれません。

あなたがネットフリックスに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

ドワンゴへの転職は難しい?難易度や面接対策方法などを紹介

▼下記は、ドワンゴに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからドワンゴに転職してくるのか ・転職先:ドワンゴからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

リンクトインへ転職する方法。評判や年収などについて調査

  ▼下記は、リンクトインに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからリンクトインに転職してくるのか ・転職先:リンクトインからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

リクルートテクノロジーズの転職ノウハウ。難易度や残業時間などをご紹介

プロジェクトマネージャー系エンジニア系デジタルマーケティング系データ系コーポレート系 リクルートテクノロジーズ プロジェクトマネージャー系 プロジェクトマネージャー系に関するコメント Webサービス・...

リクルートマーケティングパートナーズへの転職。年収や転職難易度って?

▼下記は、リクルートマーケティングパートナーズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからリクルートマーケティングパートナーズに転職してくるのか ・転職先:リクルートマーケティングパートナーズからどこへ転職...

DMM.comへ転職したい方必見。転職難易度や評判について調査

  ▼下記は、DMM.comに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからDMM.comに転職してくるのか ・転職先:DMM.comからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりた...

スマートニュースへの転職。働きやすさや難易度についてご紹介

  ▼下記は、スマートニュースに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからスマートニュースに転職してくるのか ・転職先:スマートニュースからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来...

アイスタイルの転職情報。難易度や給与などをご紹介

  ▼下記は、アイスタイルに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアイスタイルに転職してくるのか ・転職先:アイスタイルからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

Sansanへ転職するべき?転職の難易度や年収、評判について調べてみました

  ▼下記は、Sansanに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからSansanに転職してくるのか ・転職先:Sansanからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

Twitter Japanへの転職。年収や仕事内容について解説

  ▼下記は、Twitter Japanに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからTwitter Japanに転職してくるのか ・転職先:Twitter Japanからどこへ転職するのか ...

ウェザーニューズの転職難易度は?面接内容や激務という噂を徹底調査!

  ▼下記は、ウェザーニューズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからウェザーニューズに転職してくるのか ・転職先:ウェザーニューズからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来...

TOP