WEB・アプリサービス

ギフティの転職難易度は?面接内容や口コミなどを解説

ギフティの転職難易度は?面接内容や口コミなどを解説
▼下記は、ギフティに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからギフティに転職してくるのか
・転職先:ギフティからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

ギフティの主な転職元・転職先

学歴学歴は、大学、大学院卒などが在籍しており、大学は国立大学や有名私立大学(早慶MARCH)の割合が高い。

職歴ユニクロなどのアパレルメーカーミクシィなどのIT関連企業があげられる。

退職後の主な転職先アクセンチュアなどのコンサルファームがあげられる。

オンライン上でギフトのやり取りが可能になるサービスである「giftee」を提供していることで知られるギフティ。2010年に設立された、新進気鋭のIT企業です。eギフトの発券、流通から販売までを一貫して手掛ける「eギフトプラットフォーム事業」を行っており、BtoB、BtoCの両輪で事業を展開しています。

そんなギフティは、エンジニアや営業、マーケティング職など複数の職種で中途採用を募集中。設立から日が浅い企業ということもあり、中途採用に非常に積極的なのがギフティの特徴です。この記事では、ギフティへの転職を検討している人に向けて、ギフティの事業内容や面接の内容、社員の口コミなどを徹底的に紹介します。

ギフティへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・ギフティの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ギフティの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ギフティの企業概要
  • ギフティの転職ポイント
  • ギフティの社風や企業文化

ギフティに転職するポイント

ギフティの特徴

POINT

  • ・2010年に設立された、eギフトプラットフォーム事業を行うIT企業
  • ・ギフトのやり取りを可能にするサービス「giftee」を展開中
  • ・2019年に東証マザーズへ上場、2020年には東証一部へ市場変更

ギフティへ転職するポイント

POINT

  • ・エンジニア、マーケティングなど専門職のポジションで求人あり
  • ・開発系の職種が多めだが、営業など文系の職種も複数募集中
  • ・面接は非常に話しやすく、和気あいあいとした雰囲気で行われるとの声多数

ギフティの企業概要

会社名 株式会社ギフティ
本社所在地 東京都品川区東五反田2-10-2 東五反田スクエア12階
社長 太田 睦・鈴木 達哉
設立 2010年
株式 上場(東証一部)
株主構成 太田睦 18.87%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 8.95%

ギフティの売上

ギフティの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 1,121百万円 1,767百万円 3,082百万円
経常利益 283百万円 523百万円 1,103百万円

ギフティの最新ニュース

ギフティの事業内容

「キモチが循環する社会へ」をスローガンに掲げているギフティ。その主力事業は、オンライン上でギフトのやり取りが可能になるプラットフォームの開発を手掛けるeギフトプラットフォーム事業です。

オンライン上でギフトのやり取りができるプラットフォームは、個人のみならず飲食業や流通業、小売業など様々な業界で人気を高めています。BtoCのみならず、BtoBにも強みを発揮しているのがギフティのビジネスモデルの特徴です。

2010年に設立されたギフティは、その翌年の2011年からカジュアルギフトサービスである「giftee」の提供を開始しました。2016年には地域活性プラットフォームである「Welcome! STAMP」、法人向けのeギフト販売サービスである「giftee for Business」をそれぞれローンチ。マレーシアに現地法人を設立するなど事業規模は一貫して拡大してきており、今後のさらなるサービスの拡充が見込まれています。

ギフティの募集要項

ソリューション企画営業

eギフトの提供によって、様々な事業者のマーケティング施策を支援するgiftee for businessの営業担当として、自社のサービスの売り込みなどを担当します。人材や金融、不動産、ITなど幅広い業界の関係者と話す機会のある職種です。電話やメール、オンラインツール、訪問など様々な手段を駆使して売り込みを行っていきます。

必須な経験・スキル

  • ・2年以上の営業経験
  • ・顧客志向性が強く、お客様へ価値提供することが好きなこと

マーケティング

ギフティの提供している各サービスについて、より多くの顧客を獲得するために必要な各種サービス戦略の立案やプロモーション施策の計画、運用などを行います。オンラインとオフラインの両面から、様々な手法を用いて数値分析を行うことが必要です。能力によってはチームマネジメントも担当します。

必須な経験・スキル

  • ・顧客獲得に向けた、マーケティング戦略の策定、実行経験
  • ・マネジメントの経験
  • ・市場調査データからマーケティング施策を設計・企画した経験
  • ・クライアントとの折衝経験

ギフティの転職難易度

ギフティの転職難易度は低めです。ギフティは、現在急速な成長フェーズにあります。特にBtoBの事業モデルを確立しているgiftee for businessでは取引件数ベースで年成長率463%を記録しており、急速にシェアが拡大中です。事業拡大を募集背景とした中途採用の求人も数多く出されているため、ギフティへ転職する上では中途採用の求人が多く出ているうちに応募することがおすすめです。

もちろん、多くの求人があるからと行って簡単に採用が決定するわけではありません。それぞれの職種には一定の実務経験が求められている上、面接では求めている人物像に合致しているかどうかなどを丁寧に見極められます。企業研究などにも力を入れ、丁寧に面接対策を行うようにしましょう。

ギフティが転職者に求める人物像

ギフティは、いくつかの行動指針を掲げています。その中でもひときわ強調されているのが、「目標達成のためには、とことんあきらめ悪くなろう」というキーフレーズ。ギフティには、設立から数年間の間はシェアが伸び悩んでおり、その後2015年前後から急速に成長を続けているという経験があります。新規事業など、自分の仕事が苦境に立たされても諦めずに挑み続けることのできる、粘り強さが重視されていると言えるでしょう。

また、ギフティは職種ごとに求める人物像を細かく指定しています。中でも、事業に対する好奇心と主体性はどの職種にも共通して求められる項目です。ギフティの中途採用面接では、自ら物事を考えて様々な物事に取り組んでいけるような人材であることをアピールするとよいでしょう。

ギフティの転職までの流れ

ギフティの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:部長クラスの社員
想定内容:1次面接は、主に部長クラスの現場社員が担当するようです。ギフティでどのようなことをしていきたいかなど、未来志向の質問が多めになる傾向があります。

最終面接

想定選考官:社員・役員
想定内容:最終面接は、1次面接と同じような部長クラスの社員に加え、役員も面接に加わることがあります。エンジニアの場合、最終面接時にスキルチェックなどが行われることもあるようです。

内定

ギフティの面接方式

ギフティの面接は面接官と応募者が1対1で行われることがほとんどです。ポジションや応募するタイミングによって微妙に異なりますが、面接回数は基本的に2回となります。

面接1回あたりにかかる時間は1時間弱と標準的かやや長めですが、中には面接官との話が盛り上がって2時間前後に及んだという情報もありました。

ギフティの面接内容

ギフティの中途採用面接は、志望動機や入社後のビジョンなど、オーソドックスな内容が中心です。特に、ギフティに入社したあとのどのようなことがやりたいかは必ず聞かれています。公式サイトなどでギフティの事業内容についてよく確認して、入社後の具体的な仕事についてのイメージを膨らませておきましょう。

また、苦手なタイプの人と仕事で関わるときどのように対処してきたか、というような質問をされたという情報も。前職については、これまでやってきた仕事内容に加えて、働く姿勢や人間性なども問われるようです。

面接官は皆気さくで、話しやすい雰囲気で行われるという口コミが多くありました。緊張しすぎず、いつもどおりの自分で臨みましょう。

ギフティの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトの募集ポジションは多い
・求人情報はDODAやGreenなどでも確認可能
・オンライン面接あり

エンジニア、20代、男性
面接では志望動機について丁寧に聞かれました。自分の回答内容に対してさらに質問で深堀りされるというパターンが多い気がします。
開発、30代、女性
今まで仕事で苦手な人とどう関わってきたかについて聞かれました。面接官は全員フレンドリーで、とても話しやすかったです。
営業、20代、男性
最後に逆質問があり、「好きなだけ質問をしてください」と言われたため気になっていたポイントなどについてたくさん質問しました。面接時間は合計2時間程度になっていたと思います。
エンジニア、30代、男性
志望動機や退職経緯などの基本的な内容の後に、Ruby on Railsは使ったことがあるか、など技術的な質問を多くされました。社内の環境に馴染めるかどうかを見極められた印象です。
企画、30代、女性
どこでギフティを知ったのか、他にどのような会社を転職先として検討しているのか、などについて聞かれました。基本的な内容がほとんどで、意表を突くような質問はなかったです。

ギフティで働いている方の評判・口コミ

エンジニア、在籍3年、男性
コロナ禍の影響もあり、近年非常に伸びてきている企業です。オンライン上でのギフトのやり取り、というポイントに着目したサービス展開が非常に時代とマッチしています。事業内容上、業界大手企業などの関係者と接する機会も多く、成長を感じることが可能です。評価は基本的に成果主義で、不公平感のない合理的な人事だと思います。
法人営業、在籍4年、男性
入社前は個人向けのサービスを提供しているイメージが強かったですが、giftee for businessをはじめとした法人向けサービスも数多く提供していることを知りました。現在はBtoB分野が非常に成長しています。自身もeギフトというサービスの形態が便利だと思うため、仕事にやりがいを感じます。
管理、在籍7年、女性
ある程度勤務時間を自分で調整することが可能で、働きやすいです。ビジネスモデルは非常に素晴らしいと思いますが、部署によっては残業することがよしとされるような風潮があり、改善が必要だと思います。社内には男女問わず活躍していこうという雰囲気があり、実際活躍している女性の社員も多くいます。研修制度など、会社の教育体制についてはまだまだ未整備です。

口コミの要約ギフティのビジネスモデルが時代にマッチしており、近年急速に成長を遂げているという口コミが多くありました。仕事のやりがいについては好意的な口コミが多く、将来性もある企業だと言えそうです。

設立からの経過年数が少ないということもあり、会社の研修制度などについてはまだまだ未整備だという声が見られました。また、ワークライフバランスについては賛否両論。部署によって残業時間も異なってくるようです。

ギフティの年収・給与

年収 552万円
ボーナスの有無 年1回(査定年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 通勤交通費全額支給、健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、PCおよびディスプレイ支給、ストックオプション制度、ドリンク無料提供など

ギフティでの転職者の出世難易度

ギフティでの転職者の出世難易度は中程度です。ギフティは実力主義を採用しているため、仕事で貢献するほど評価される評価体型になっています。若くても成果を上げていればそれなりの年収レンジとなることが多いようで、出世を狙うのであればコツコツと実績を積み上げていくのが良いでしょう。

しかしながら、中には入社時からほとんど年収は上がらない、上司に気に入らないと出世できないと感じている社員も。上場後に改善されるのではないかという意見はありましたが、出世には実力以外の要素も影響している可能性があることは頭に入れておく必要がありそうです。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 なし 900万円
30代後半 なし 900万円

ギフティはどんな人が働いている?

ギフティの従業員数

135人

ギフティの平均年齢

32.7歳

ギフティの平均勤続年数

2.0年

ギフティの社風

ギフティには、まさにベンチャー企業といった自由闊達な風土があるようです。仕事に対するモチベーションが高い社員も多く、事業の性質上大手企業の関係者と話す機会も多いことから、社員それぞれがやりがいを感じて仕事に就いています。コロナ禍の中で売上も伸びているため、皆でさらに事業を成長させていこうという雰囲気です。

一方でその弊害として、残業をよしとするような雰囲気があると感じている社員もいます。全体的に仕事をどんどんとこなしていきたいと感じている社員が多いため、ワークライフバランス重視型の人は所属する部署の忙しさなどを事前によく確認しておくと良いでしょう。

ギフティのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 フレックスタイム制(コアタイム11:00〜16:00)
休日 完全週休二日制
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始、有給休暇、年間休日日数127日
平均残業時間 21.7時間(月)
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ギフティの社長

太田 睦

1984年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部を卒業後、2007年、アクセンチュア株式会社で官公庁の大規模な開発業務に従事する。2010年、eギフトのビジネスモデルに可能性を感じ、株式会社ギフティの設立を決意。代表取締役に就任した。鈴木 達哉とともに、二人三脚でギフティの経営を導いている。

鈴木 達哉

1985年生まれ。一橋大学経済学部を卒業後、2008年、株式会社インスパイアにて新規事業支援業務などに従事。2011年、UXコンサルティング会社であるwacul社の取締役へ就任。2012年、ギフティの取締役へ就任し、2020年より太田とともに同社の代表取締役を務めている。

ギフティ現職、OB/OGの有名人

柳瀬 文孝

1980年生まれ。東京理科大学大学院理工学研究科情報科学専攻を修了後、2007年アクセンチュアへ入社。アプリ開発やプロジェクトマネジメントへ従事した後、2011年ギフティ社へ参画。取締役CTOへ就任し、10年以上に渡って同社の経営に携わっている。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

ギフティの転職に関わるQ&A


ギフティの平均年収は550万円ほど。これは同規模のベンチャー企業としては標準的な水準です。成果主義の評価体型のため、実力のあるエンジニアなどでは1000万円を超えるときもあるようですが、全体的に給与に関しては不満を感じている社員が多め。東証1部上場後の改善に期待しているという意見が目立ちました。

ギフティの性別ごとの社員構成比を見てみると、男性64%、女性36%と一定数の女性が働いていることが分かります。また、管理職比率は男性53%、女性47%とほとんど同数となっています。社長を始め男女問わず育休を取得した実績もあり、キャリア面、制度面両面で働きやすい環境が整っていると言えるでしょう。

ギフティへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ギフティの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
採用情報ページには、「代表メッセージ」や「スタッフ紹介」、「社員インタビュー」などが掲載されているため、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、求人内容はざっくりとしか掲載されておらず、不透明な部分も少なくありません。
より詳しい内容が知りたい場合や公式サイトに載っていないような求人に応募してみたい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ギフティの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

競合他社の募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してギフティに転職するなら、競合他社の募集要項も一緒に比較できる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動できる手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件の確認から応募までが早い

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が豊富であり、案件確認から応募までがスピーディーに行えます。
できるだけ素早く転職をしたい方やまずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

競合他社の募集要項と比較したいなら「iX転職」

iX転職には、薬品業界などの募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの人材サービス業界の平均年収は、800万円~1,200万円となっており、ほかの転職サイトよりも比較的高くなっています。
また、iX転職は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「自身が活躍できる企業がどれほどあるのか」や「企業ごとで募集要項はどんな風に変わるのか」などを知りたい方は、まずはiX転職に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

あなたがギフティに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

</div

関連記事

ココペリへの転職は難しい?事業内容や社員の口コミなどを解説

ココペリ転職者の主なキャリアステップ 前職 三菱UFJ銀行、みずほ銀行、野村證券などの金融 楽天 メルカリ ファーストリテイリング 株式会社ココペリに転職 ...

クックパッドへの転職について。年収や働き方などを解説

クックパッド転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルートグループなどのWeb系事業会社 サイバーエージェントなどのネット専業代理店 インテージなどのデジタルマーケティング調査会社 ...

HEROZ(ヒーローズ)への転職は難しい?選考フローや年収などを解説

HEROZ転職者の主なキャリアステップ ...

ドリコムへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

ドリコム転職者の主なキャリアステップ ...

インフォネットへの転職事情まとめ。事業内容や難易度、将来性などを解説

インフォネット転職者の主なキャリアステップ ...

フューチャーリンクネットワークへの転職は難しい?年収や出世難易度などを解説

フューチャーリンクネットワークは、地域活性化の実現のため、地域情報プラットフォーム「まいぷれ」の運用やエリアマーケティングの支援事業などを展開している企業です。 地方の中小事業者を中心としたクライアントの情報を最適な形で発信するW...

リクルートマーケティングパートナーズへの転職。年収や転職難易度って?

リクルートマーケティングパートナーズ転職者の主なキャリアステップ 前職 楽天などのWeb系事業会社 アクセンチュアなどのコンサルティングファーム ツールベンダー 株式会社リクルー...

アジアクエストの転職難易度は高い?選考フローや口コミなどを解説

アジアクエスト転職者の主なキャリアステップ ...

Sharing Innovationsへの転職は難しい?選考フローや社風などを解説

Sharing Innovationsは、クラウドやオープン系のプロダクトや技術を駆使し、幅広い業種のクライアントのDX化を支援している企業です。 AIをはじめとしたイノベーションからWebアプリの開発、基幹系システムの開発など、...

企業のDXを支援するフレクトへの転職は難しい?事業内容や将来性などを解説

フレクト転職者の主なキャリアステップ ...

TOP