メーカー

リコーの転職難易度は高い?口コミや年収などを解説

▼下記は、リコーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからリコーに転職してくるのか
・転職先:リコーからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

リコーの主な転職元・転職先

学歴

大学卒業や大学院卒業などが在籍しており、幅広い学歴の人材が在籍しています。

職歴

リコー在籍者の主な職歴は、日立製作所やミノルタ、富士ゼロックス、パナソニック京セラなどの大手メーカーが挙げられます。

退職後の主な転職先

リコーからの転職先として、アクセンチュアNTTデータPwCコンサルティングなどの大手IT系コンサルシャープヒューレット・パッカードなどの大手IT系メーカーなどへ転職しています。

リコーは、事務機器や光学機器などを製造・販売しているメーカーです。
主な製品として、複合機やファクシミリ、レーザープリンターなどを提供しており、国内のみならず、米州や欧州、中東など、200の国と地域に提供しています。
海外売上比率は約60%とグローバル展開も推進しており、また、オフィスにおける生産性の向上を目指して、新たなワークスタイルを実現する機器とソリューションの提供を行っている企業です。
1936年設立と歴史は非常に長く、現在では81,184名もの社員が在籍しています。
そんなリコーでは、法人営業などのポジションにて、価値観や立場の異なる方と協力して成果をあげることができるような人材を求めています。

初めての転職でリコーを目指すならまず「iX転職」を見るべし!

・リコーの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
・大手やハイクラスの求人情報を知りたい。
・現職や、特定の企業にばれずに転職活動をしたい。

そんな方に最もおすすめしたいのが、大手やハイクラス求人を豊富に取り扱っていてる人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手がける「iX転職」。

また、まだ転職するつもりはなくても、情報収集として、事前にiX転職をチェックしておくと、目指す業界・職種などの傾向を把握することができます。

現職や特定の企業に対し、自分の情報を非公開にすることができるため、設定した企業にばれずに安心して転職を進めたい方にもマッチするサイトです。

この記事でわかること

  • リコーの企業概要
  • リコーの転職ポイント
  • リコーの社風や企業文化

リコーに転職するポイント

リコーの特徴

POINT

  • ・事務機器や光学機器などを製造・販売している大手メーカー
  • ・海外売上比率約60%とグローバルビジネスも展開
  • ・新たなワークスタイルを実現を目指し、機器とソリューションの提供

リコーへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は非常に少ない
  • ・法人営業などで求人募集
  • ・価値観や立場の異なる方と協力し、成果をあげられることが重要

リコーの企業概要

会社名 株式会社リコー
本社所在地 東京都大田区中馬込1丁目3番6号
社長 山下 良則
設立 1936年2月6日
株式 上場(東証1部)
株主構成(2018年3月期) 日本マスタートラスト信託銀行(9.92%)
日本トラスティサービス信託銀行(9.15%)
GOLDMANSACHSINTERNATIONAL(8.73%)

リコーの売上

リコーの売上推移

事業年度 2018年度 2019年度 2020年度
売上高 2,013,228百万円 2,008,580百万円 1,682,069百万円
税引前利益 83,964百万円 75,891百万円 -41,028百万円

リコーの最新ニュース

リコーの事業内容

リコーは、主に事務機器や光学機器などの製造・販売を行っている大手メーカーです。
現代の情報化社会において、革新的な商品やサービスの提供を行っており、日本国内だけでなく、世界200の国と地域で事業展開しています。
リコーの主な事業として、下記の3事業を主軸に運営しています。

オフィス事業

複合機やプリンターなどのオフィス向け画像機器を中心に提供している事業です。
各種ソフトウェアや関連商品、ネットワーク環境の運用支援商品などの提供しています。
そのほかにも、ユーザーサポートなどを組み合わせたトータルソリューションの提供を行っており、クライアントの課題解決に貢献しています。
その結果、前期の事業売上が1,570,246百万円と世界トップシェアを有しており、リコーの基盤といえる事業です。
今後の展望として、サービスのさらなる品質向上やセキュリティ強化を計り、生産性向上へと繋げることを目指しています。

プリンティング事業

印刷関連の商品やサービスを提供している事業です。
印刷業を営むクライアントに、多品種少量印刷に対応可能なデジタル印刷「カットシートPP(プロダクションプリンター)」や「通帳PP」などを提供しています。
また、家具や壁紙、自動車外装など、多種多様な印刷と可能となる「産業用インクジェット」や「インクジェット用インク」、「産業用プリンター」などの提供も行っています。
さらには、食品用POSラベルやバーコードラベル、衣類タグなどに活用される「サーマルペーパー」や「サーマルメディア」なども提供しており、印刷関連に関してトップシェアを誇っている事業です。
今後の展望として、印刷物の削減やデジタル化の業務効率化を計り、プリンティングコストの低減とデジタル活用の推進を目標としています。

その他事業

上記2事業以外の商品やサービスを提供している事業です。
光学技術や画像処理技術を活かした自動車運転を支援する「車載用ステレオカメラ」や、雰囲気や位置関係をリアルに伝え、静止画だけでなく動画も撮影可能な360°全天球カメラ「Smart Vision」など提供しています。
さらには、医療機関に対してプリンティングシステムやドキュメントのソリューションを提供や、環境問題を機軸としたエコソリューションの展開なども行っており、マルチに活動している事業です。

リコーの募集要項

産業向け光学製品の営業・マーケティング

国内外の大手エレクトロニクスや機械メーカーなどの法人顧客に対し、産業向け光学製品の営業やマーケティング業務を担当するポジションです。
具体的には、販売戦略の立案や推進、直接取引企業への営業活動、納入のスケジュール管理などを行います。
そのほかにも、光学製品やモジュールなどのマーケティングも行います。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上の営業やマーケティングの実務経験
  • ・ビジネスレベルの英語力

電気回路・ソフト開発系エンジニア

電気回路やソフト開発などを行うポジションです。
具体的には、インクジェットプリンターのヘッドエレキ・ドライバ制御系の要素開発や商品設計、複写機関連のハードウェア設計を行います。
それ以外にも、エンジン・コントローラ・ソリューションソフトウェアの設計や、デジタルカメラの組み込みファーム設計などを行うため、携わる業務は多岐にわたる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・ヘッド駆動回路・制御技術開発などの実務経験
  • ・組込み系開発でのモデル開発経験
  • ・プリンタのエンジンソフト設計や画像処理設計などの実務経験 など

化学系エンジニア

各種製品の製品設計や開発、要素開発などを行うポジションです。
具体的には、粘着加工に対する製品設計と工程設計、プロセスの改善、外部生産協業による粘着加工拠点の立ち上げ、高機能インクジェット要しの要素開発と設計を行います。
また、情報記録メディアの製品設計と開発や、ゴム加工法技術開発、感熱記録メディアの製品設計と機能材料開発など、非常に多くの業務に携わります。

必須な経験・スキル

  • ・粘着剤や剥離紙の素材、必要機能の知見
  • ・インクジェット用紙の工程設計および立ち上げ経験
  • ・情報記録メディアやリライタブル感熱記録の機能開発の知見その製品設計経験 など

リコーの転職難易度

リコーの転職難易度は比較的高いです。
その理由として、求められる経験にあります。
全体的にどのポジションでも、3年以上の実務経験や専門的なスキルが求められ、それと同時に一定以上の知識が必要となってきます。
また、企業としての人気も非常に高いため、ライバルが多いことも想定できます。
リコーへの転職を目指すなら、難易度が高いことをあらかじめ理解しておくことが必要です。

リコーが転職者に求める人物像

リコーでは、価値観や立場の異なる方と協力して、成果をあげられるような人材を求めています。
また、自ら行動し、何かを成し遂げられる人材や、常に多様な視点を持って物事を考えられる人材、人のために何かを取り組み、努力を続けられる人材なども求めている傾向があります。
リコーでは、クライアントの課題解決に取り組んでいるため、こういった能力が必要不可欠です。
面接では、これらを如何にアピールするかがポイントといえるでしょう。

リコーの転職までの流れ

リコーの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接・WEBテスト

想定選考官:人事
想定内容:志望動機やキャリアプランなど、定型的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:所属部署役員・人事責任者
想定内容:これまでの質問に加え、人間性を判断するような質問をされます。

内定

リコーの面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数は2回ですが、職種によって異なる場合があります。
1回あたりの時間は1時間前後です。

リコーの面接内容

リコーの面接は、志望動機や今後のキャリアプランなど、定型的な質問から進みます。
それ以外にも、「好きな言葉は?」や「自分を花で例えると?」など、人間性を確認するような質問もされます。
さらには、リコーが掲げる「リコーウェイ」を理解しておく必要があるため、企業研究は抜かりなく行いましょう。
リコーの企業研究のほかにも、同業他社の企業研究を行い、リコーと他社の違いを明確にしておくことが肝心といえます。

リコーで働いている方の評判・口コミ

製品開発、在籍7~10年、男性
自分の部署だけで完結する業務はほとんどなく、さまざまな部署と連携して業務を遂行するため、考え方やスキルの幅が広がります。自分から積極的に動くことで色んなことが経験できるので、やりがいを感じながら働くことができるでしょう。
物流・購買・資材調達、在籍5~7年、男性
社内の研修制度は比較的充実していると思います。内容や講師によっては非常に面白く、とても勉強になることが多いです。また、業務に活用できるのであれば、社外研修も受けることが可能であり、スキルアップできる環境はあるといえます。
ブランド・プロダクトマーケティング、在籍3~5年、女性
残業はそれほど多くなくて比較的休みが取りやすく、リモートワークやフレックス制度は自由に使うことができるので、ワークライフバランスは非常に良いと思います。また、男性でも育休を取得している方もいるので、どんな方にとっても働きやすい企業です。
口コミの要約

リコーの口コミを見てみると、スキルアップできる環境が整っており、さまざまな刺激を受けながら仕事できるということが伺えます。また、男性でも育休を取得しているなど、非常に働きやすい企業だといえます。

リコーの年収・給与

年収 827万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 なし
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 カフェテリアプラン、財形貯蓄、持株会、共済会、慶弔見舞など

リコーでの転職者の出世難易度

リコーの出世難易度は中程度です。
優秀な人材が多く在籍しており、それぞれ実績を残しているため、一見出世は難しそうにも感じますが、任せられた業務を愚直にこなしていればいずれ出世することができます。
また、転職者だからといって出世しにくいということもなく、評価は平等に行われます。
ただし、上司や周りの社員に認められていなければ、出世することは難しくなってしまうので、自身の実績を上手にアピールすることがポイントといえるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 なし 800万円
40代前半 なし 900万円
40代後半 部長 1,400万円
50代前半 部長 1,100万円

リコーはどんな人が働いている?

リコーの従業員数

81,184名

リコーの平均年齢

44.6歳

リコーの平均勤続年数

18年

リコーの社風

リコーは、常に変革し続けており、人や国を愛し、勤めを愛するという「三愛精神」を持っている企業です。
そのため、穏やかな社員が多く、真面目で堅実な社風があります。
また、社員の満足度ナンバーワン企業を目指しているため、社員を大切にするという風土があります。
風通しの良い雰囲気もあるため、自分らしく働きたいという方には、向いている企業といえるでしょう。

リコーのワークライフバランス

副業可否 不可(社内副業は可)
勤務時間 所定労働時間 7時間30分
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年次有給休暇、慶弔休暇、リフレッシュ休暇、特別長期休暇など
平均残業時間 月20時間以内
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

リコーの社長

山下 良則

1957年生まれ、兵庫県出身。
広島大学工学部卒業後、株式会社リコーに入社。
資材部門で購買業務に従事し、そのほかにも香港の海外部品調達事業所解説や、フランスや中国の工場の立ち上げに従事。
2008年にアメリカのリコーエレクトロニクス株式会社の社長に就任し、3年間務めを果たす。
帰国後は、総合経営企画室長に就任。
その後も、常務執行役員や取締役専務執行役員、取締役副社長執行役員などを歴任し、2017年より代表取締役社長に就任。
現在では、ビジネス機械・情報システム産業協会会長も務めている。

リコー現職、OB/OGの有名人

近藤 史朗

1949年生まれ、新潟県出身。
新潟大学工学部卒業後、株式会社リコーに入社。
厚木事業所電送機器事業部に配属され、1998年に画像システム事業本部プリンタ事業部長に就任。
翌年には画像システム事業本部副事業本部長に就任。
その後も、執行役員画像システム事業本部長や城跡執行役員などを歴任し、2007年に代表取締役社長執行役員CEOに就任。
現在は取締役会長を務めており、そのほかにも、公益財団法人市村清新技術財団理事長や理研と未来を創る会会長なども務めている。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声がわからない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。

よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。

それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「CREEDO」。


※画像はイメージです。現在掲載中のものとは内容が異なる可能性があります。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞ける上、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

CREEDO公式サイトへ

リコーの転職に関わるQ&A


リコーは、サービス残業やハラスメントの類は皆無であり、働きやすい環境があることからホワイト企業といえます。
仕事の雰囲気も殺伐としておらず、比較的のんびりと仕事ができるため、自分のペースで仕事することができるでしょう。

志望動機を作成するにあたって一番のポイントは、リコーで何がしたいかを論理的に書くことです。
「リコーに入社し、自分が何をしたいのか」や「どういう風に活躍したいのか」など、意欲や真剣な気持ちを織り交ぜると良いでしょう。
また、これらを論理的に書くことで、より説得力のある志望動機になります。

リコーへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

リコーの公式HPにある採用情報ページから応募が可能です。
リコーについてやトップメッセージ、製品や技術についてなど、さまざまな情報が掲載されています。
ただし、求人情報は閲覧することができず、必要事項を入力してエントリーし、自身に合ったポジションがあった場合のみ、オファーがくるようになっています。
もし、自分から求人に応募したい場合やリコーへの確実な転職を目指している場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

空いた時間に転職活動するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してリコーへ転職するなら、企業案件数が豊富であり、ハイクラス求人が多い「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。
・空いた時間を活用して転職活動ができる
・求人件数が非常に多い
・希望ポジションが比較的見つけやすい

転職エージェントと比べ、転職サイトは空き時間を活用して気軽に転職活動をすることができます。
また、求人件数が非常に多く、求人検索が細かく設定できるため、自分が希望するポジションを探すことが可能です。
時間をかけずに素早く転職したいという方は、転職サイトがおすすめです。

iX転職は比較的平均年収が高く、給与交渉もできる!

iX転職から届くスカウトメールです。

※画像はイメージです。時期やタイミングによって掲載内容が異なります。

ハイクラス求人をメインに扱っているiX転職なだけあり、提示されている年収が比較的高く、求人によっては給与交渉ができるようになっています。
また、転職サイトの中でもiX転職は非公開求人を比較的多く持っている傾向があり、キャリアアドバイザーに相談すれば紹介してもらえる可能性があります。

あなたがリコーに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

AGCの転職難易度は?面接内容や口コミなど解説

▼下記は、AGCに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからAGCに転職してくるのか ・転職先:AGCからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

スノーピークへの転職!面接や口コミ、ポイントなどを解説

▼下記は、スノーピークに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからスノーピークに転職してくるのか ・転職先:スノーピークからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

日本マイクロソフトへの転職は難しい?口コミや年収などをチェック

  ▼下記は、日本マイクロソフトに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本マイクロソフトに転職してくるのか ・転職先:日本マイクロソフトからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、...

三菱電機の転職難易度は?年収や面接対策を解説

  ▼下記は、三菱電機に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三菱電機に転職してくるのか ・転職先:三菱電機からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

ヤンマーの転職事情。難易度や面接内容など解説

▼下記は、ヤンマーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからヤンマーに転職してくるのか ・転職先:ヤンマーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

リコーの転職難易度は高い?口コミや年収などを解説

▼下記は、リコーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからリコーに転職してくるのか ・転職先:リコーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

コクヨへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、コクヨに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからコクヨに転職してくるのか ・転職先:コクヨからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

日本ハムの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、日本ハムに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本ハムに転職してくるのか ・転職先:日本ハムからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

オープンハウスへ転職するには?面接内容や評判などを解説

▼下記は、オープンハウスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからオープンハウスに転職してくるのか ・転職先:オープンハウスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せる...

株式会社ポケモンの転職は難しい?求人情報や年収などを解説

▼下記は、株式会社ポケモンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから株式会社ポケモンに転職してくるのか ・転職先:株式会社ポケモンからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目...

TOP