ツールベンダー

ブレインパッドの転職難易度は?年収や面接内容などを解説


ブレインパッドは、データ活用で企業の課題解決・経営支援を行う企業です。国内のデータマイニング専門企業の先駆け的な存在として、積極的にデータを活用したソリューション事業に取り組んでいます。東京都港区白金台に本社を構え、従業員数は306名(2019年9月時点)。
AIを搭載したデータマイニングツールの提供や、そのデータ収集技術を活かした広告運用ツールなども開発しています。
採用においては、データサイエンティストやエンジニアだけでなく、コンサルタントや営業など幅広い職種を募集しています。

この記事でわかること

  • ブレインパッドの企業概要
  • ブレインパッドの転職ポイント
  • ブレインパッドの社風や企業文化

ブレインパッド転職するポイント

ブレインパッドの特徴

POINT

  • ・国内DMP市場シェア率NO.1の「Rtoaster」を提供
  • ・「SKILL-UP-AID」などスキルアップするのに役立つ福利厚生が充実
  • ・大手クライアントからの依頼も多く、一般的に公表されていないデータの解析に携わることができる

ブレインパッドへ転職するポイント

POINT

  • ・データ分析に関する興味・関心・知識が必要
  • ・データストラテジスト・営業・コンサルタントなど幅広い職種での募集を行っている。
  • ・IT企業に務めた経験が必須である職種が多い

ブレインパッドの企業概要

会社名 株式会社ブレインパッド
本社所在地 東京都港区白金台3-2-10 白金台ビル
社長 草野 隆史
設立 2004年3月18日
株式 上場(東証一部)
株主構成 株式会社ディシプリン(20.7%)
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(9.7%)
THEBANKOFNEWYORKMELLON(5.3%)

ブレインパッドの売上

ブレインパッド 売り上げ表

ブレインパッドの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 3,528百万円 4,331百万円 5,676百万円
経常利益 143百万円 596百万円 1,213百万円

ブレインパッドの最新ニュース

ブレインパッドの事業内容

ビッグデータ活用サービス事業

ブレインパッドは2004年の創業以降、まだ「ビックデータ」という言葉が存在しなかった時期から、AIを活用しデータ分析の知見を培ってきました。

クライアント企業のビジネス想像と経営改善をビッグデータを活用して支援しています。

マーケティングやCRMを改善したいという依頼があった場合、企業に蓄積されたデータを整理し、マーケティング活動全体を1から改善させます。
ブレインパッドのビックデータ活用サービスのサポート領域は、顧客構造を解明、顧客育成のための戦略立案、最適なマーケティングシステムの構築まで、全てを賄います。
例えば食品工場では製造ラインを撮影したデータを元に、食品の不良品判定のためのアルゴリズムを開発し、人間が目視で確認するより制度の高い検査を可能としました。

ブレインパッドでは社内運営に必要となるデータ分析官の育成も支援しており、、継続的な生産性向上も可能となっています。

デジタルマーケティングサービス事業

人工知能を活かした実践的なマーケティング活動をサポートする事業です。ブレインパッドでは合計10種類の自社開発ツールを活用し、クライアントのマーケティング活動を支援しています。

最先端のデジタルマーケティングに適応するには、ビックデータを活用できるAI搭載のツールと、専門知識を持つパートナーが必須です。
ブレインパッドでは最先端のDMPやレコメンドエンジンを自社で開発しているほか、その取り扱いに長けたスペシャリストの育成にも力を入れています。

ブレインパッドが提供する代表的なツールの「Rtosaster」はレコメンドエンジンを搭載したプライベートDMPです。
Rtoasterは250社以上の幅広い分野で活用されており、DMP市場シェア率NO.1を誇ります。
閲覧・購買傾向によるレコメンドだけでなく、テキストデータを活用したアルゴリズムも保有しているため、ユーザーが読んだ記事の類似性によるレコメンドも可能となっています。
また、ブレインパッドが提供する「AdNote」では、インターネット広告の運用状況の可視化と予算管理の自動化が可能です。
広告運用を根拠のない経験に頼るのではなく、データに基づいてサポートを行うため、経験がない人でも、工数を減らして効率的かつ安定的に広告運用が可能となります。
自然言語処理エンジンの「Mynd plus」は、。ブレインパッドが提供している「Semantic Finder」と、Myndが提供している「Mynd Engine」を融合させたツールです。
2社が協同することで、他の自然言語処理エンジンよりも、高精度かつ柔軟なサービスを提供しています。

ブレインパッドの転職の募集要項

AIソリューション営業

エンタープライズ企業向けにAI・機械学習ソフトウェアの導入支援や、コンサルティング全般を担当します。顧客の課題をヒアリングし、提案書の作成やプレゼンテーションを行っていくのが主な業務です。
入社直後はメンバーのサポートを受けながら業務をこなし、AIソリューションに関する知見を身に着けていきます。人工知能という最先端の領域でこれまでの営業経験を活かしたいという方におすすめです。

必須な経験・スキル

  • ・IT企業での営業経験

デジタルマーケティング担当

ブレインパッドで扱っている「Probance」や「SAP Predictive Analytics」などの製品の普及・セールス活動を行います。
製品ごとの特性に合わせたweb制作や、リスティング・Web広告の企画・運用管理、 外部販促セミナーの企画など、web担当者としてのスキルが求められる職種となっています。
商材が最先端のツールになるため、大きなやりがいを感じることができるでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・商品サービスのマーケティング・企画経験かITプロダクトなどの営業経験のいずれか

機械学習エンジニア

データサイエンティストやソフトウェアエンジニアと協力しながら、サービスの機械学習モデル部分の開発を行います。
具体的には、機械学習システムの導入推進及び、効率化をはかるためのアルゴリズム開発です。深層学習や機械学習関連の文献調査をして、数年後を見据えて先進的な取り組みを行っていきます。
受託開発がメインとなるため、機械学習の活用ビジョンをクライアントに寄り添って考える能力が、必要になるケースもあります。

必須な経験・スキル

  • ・ソフトウェア開発に関する知見および経験
  • ・機械学習に関する知見やアルゴリズムの実装経験
  • ・Pythonの業務利用経験

データサイエンティスト

ジュニアレベル(メンバー相当)とシニアレベル(PJリーダー相当)の2種類に分けて募集が行われています。
ジュニアレベルのデータサイエンティストは顧客の課題を解決するための分析設定や、分析の実施を担当します。企業に蓄積されている大量のデータを効率的に活用できる能力が求められます。
数値モデリング業務にも関わり、予測や最適化、設定モデルの設計スキルも必要です。
シニアレベルのデータサイエンティストは、データ分析のリーディングカンパニーであるブレインパッドのプロジェクトリーダーとなって、クライアントに改善案を提案します。
幅広い業種のクライアントへ提案から分析、結果報告まで全てを担当するため、自身のスキル向上や大きなやりがいが期待できるでしょう。

必須な経験・スキル
ージュニアレベル

  • ・数理的・論理的思考能力
  • ・データ分析経験

ーシニアレベル

  • ・機械学習に基づいた課題解決や意思決定支援業務の経験
  • ・小〜中規模のプロジェクトのリード・マネジメント経験

ブレインパッドの転職難易度

ブレインパッドの転職難易度は高めです。ブレインパッドの中途採用では、熱意・スキル・思考能力全てが高い水準で求められます。
スキルと熱意があっても倫理的思考能力が足りない場合などには不採用となる可能性があります。
またブレインパッドは大量のデータを取り扱う企業なので、エンジニア職は高い技術レベルが求められます。人工知能にする知見があることや、データ分析能力が求められます。
営業職もIT企業での営業経験が必須であったり、AI・機械学習への興味関心が問われることがあります。

ブレインパッドが転職者に求める人物像

どの求人においても最新の技術に興味・関心があることが常に求められます。
ブレインパッドのミッションは「データ活用の促進を通じて持続可能な未来をつくる」とあえて方向性だけを示すものとなっています。そのため、従業員には自分で自分の理想を作る能力が求められ、第三者の評価ではなく、主体的に働く必要があるのです。
誰かが目標に向かっているのに追従するのではなく、自分自身の目標を持って行動したい人材にとって、ブレインパッドは働きやすい環境といえるでしょう。

ブレインパッドの転職までの流れ

ブレインパッドの選考フロー

書類・エントリーシート提出

履歴書・職務経歴書の内容から、ブレインパッドとのマッチ度を判定されます。職務経歴や転職理由の他に、3ファイル添付できるフォームがあるのが特徴的です。

1次~3次面接

想定選考官:人事、部門長
「なぜブレインパッドなのか」を軸に面接がされます。1つの質問に対して、その理由について突っ込まれることも多いので、理由をしっかり考えておくことが肝心です。

最終選考

想定選考官:役員
1次面接で質問されたことを更に掘り下げて質問されます。人工知能分野に自分がどう向き合っているのか、しっかりPRしましょう。

ブレインパッドの面接形式

面接はほとんどの場合1対1で行われます。
面接回数は4回程度です。
1回につき30分程度となります。

ブレインパッドの面接内容

最初は人事、その次は部門長、最後は役員社長と面接を行います。
面接は基本的に和やかな雰囲気で行われますが、「どのぐらい本気で働けます?」といった鋭い質問をされる場合もあります。
「人工知能分野はこれからどう発展していくか」といったAIに関する知識を測る質問は、特に重視される傾向があるため、前もって準備しておきましょう。
1つの質問の応えに対して「それはどういう理由で?」と数回突っ込まれることもあり、論理的に自分の考えを相手に伝える技術が求められます。

企業名ブレインパッドで働いている方の評判・口コミ

データサイエンティスト、在籍3~5年、男性
大手を相手に自分のスキルを十分に発揮できる。業務内容には作業感がなく、常にデータサイエンティストとしてのスキルが高まっていると実感できます。大手クライアントのチームと共同してプロジェクトを進めるため、仕事にもやりがいを感じています。/
営業、在籍1~3年、男性
成長を実感できる会社。評価制度も透明性があり、上司ときちんと相談して決められる。評価や現状についてしっかり話し合うので、よく出来ている点、足りていない点を具体的に知ることができる。データを扱うことが好きな人間にとっては良い会社だと思いますが、かなりデータという分野に特化しているため向き不向きは激しいと思う。
エンジニア、在籍1~3年、男性
フレックスタイム制を有効活用できていて、ライフワークバランスが良い会社だと思います。社会人マナーがあれば、自由に仕事ができる会社です。コアタイムは11:00-14:00なので、満員電車を避けられます。
エンジニア、在籍1~3年、男性
人材の出入りが激しく、2〜3年で転職する人が多いです。退職理由のほとんどはキャリアアップを目指したものですが、一緒に働いてきた仲間が短期間でいなくなってしまうため、人間関係は、いい意味でも悪い意味でもドライです。

口コミの要約

ブレインパッドは、評価の基準は明確で、スキルに見合った昇給が期待できます。また、フレックスタイム制を有効活用している社員が多く、生活とプライベートのバランスが取りやすい職場といえるでしょう。データの分析に特化した業務内容なため、データ分析を楽しいと思える人にとって、ブレインパッドは最適な職場といえます。ただし、短期間で退職する人材が多く、仲間と何かを達成したいという人にはあまり向かない可能性があります。

ブレインパッドの年収・給与

年収  697万7千円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り(月30~46時間)
通勤手当 有り(3万円まで)
住宅手当 無し
福利厚生 SKILL-UP-AID、BOOK-AID、社員持株会制度など

ブレインパッドでの転職者の出世難易度

出世難易度は高めですが、評価制度には透明性があるため、スキル向上に伴って出世していくことが可能です。
フラットな社風ですので、プロパーと比べて転職者が出世しにくいこともありません。前職から給与が減額されないよう調整してもらえるケースや、転職者でも毎年昇給したという口コミも多数見られます。

ブレインパッドはどんな人が働いている?

ブレインパッドの従業員数

306名(連結、2019年6月30日現在)

ブレインパッドの平均年齢

34.7歳(2019年6月30日現在)

ブレインパッドの平均勤続年数

3年1ヶ月(2019年6月30日現在)

ブレインパッドの社風

ブレインパッドの社風は自由な雰囲気です。フレックスタイム制もあり、昼休みも好きな時間に取得が可能です。また、昼休み以外の休憩も取りにくいことはありません。
社内交流も推進しており、全員参加の社内イベントや定例ミーティング、さらにクラブ活動の補助金支援など、部署を問わず社員同士の交流の場が設けられています。
口コミによると、社員のほとんどがデータに強い興味関心を示し、仕事を楽しんでいるようです。そのため、逆にデータに興味がないと厳しい環境になるでしょう。

ブレインパッドのワークライフバランス

副業可否
勤務時間 フレックスタイム制(コアタイム11:00〜16:00)
休日 土日・祝日
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、
その他会社が定めた休日
平均残業時間 35時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り(1週間に1回を上限として、1日もしくは1時間単位で利用可能)
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ブレインパッドの社長

草野 隆史

1997年慶應義塾大学大学院を卒業後、サン・マイクロシステムズに勤務。その後2004年にブレインパッドを設立。現在は、Qubitalデータサイエンスの社長も兼任。「日本ではデータが十分に活用されていない」と訴えており、AIを活用して課題解決を行う分野の最先端を走り続ける。

ブレインパッド現職、OB/OGの有名人

太田 満久

ブレインパッドの機械学習エンジニア。大学院で理論物理を研究し「数学を使ってビジネスの役に立ちたい」と思いブレインパッドに入社。著書に『失敗しない データ分析・AIのビジネス導入: プロジェクト進行から組織づくりまで』『コマンドラインではじめるデータサイエンス ―分析プロセスを自在に進めるテクニック』などが挙げられる。

ブレインパッドの転職に関わるQ&A


ブレインパッドは勉強熱心な社員のための福利厚生が、充実しています。『SKILL-UP-AID』というスキルアップのために、年間12万円を自由に活用できる制度や、『BOOK-AID』という業務に必要な書籍の全額を会社が負担する制度があります。


「株式会社すかいらーく」では「ガストアプリ」のデータを分析し、顧客の来店数を拡大するための施策を展開しました。その結果「どのタイミングでどの情報のオファーすれば、効果が最大化するのか」といった課題をクリアした実績があります。そのほか、YAHOO!JAPANやSMBC日興証券、三菱電機など、大手の課題解決事例が多数あります。

ブレインパッドへ転職する方法

方法①|ブレインパッドの採用ページから申し込む

ブレインパッドの採用ページには50種類を超えるキャリア採用の求人が掲載されています。
応募フォームでは

  • ・基本情報
  • ・職務備考
  • ・ブレインパッドを知ったきっかけ
  • ・転職理由
  • ・志望理由
  • ・人事へのメッセージ
  • ・添付ファイル(3つまで)

の入力を行います。
添付ファイルには職務経歴書の他に2つのファイルが添付可能なため、自分をアピールできる資料を添付しましょう。

方法②|転職エージェント経由で申し込む

ブレインパッドでは転職エージェント経由からの採用を積極的に行っています。
ブレインパッドではDMP「Rtoaster」、MA「Probance」などのツールを転職エージェントに提供しており、自社のノウハウを活用した採用を行っていると言っても過言ではありません。
転職エージェントを利用すると、エージェントの担当者が面接日程や給与交渉を代行してくれるため、スムーズな転職活動が可能となります。また面接対策や職務経歴書の書き方もサポートしてくれるため、転職者にとっては大きなアドバンテージとなるでしょう。

関連記事

セールスフォースへ転職。福利厚生やカルチャーなどをご紹介

セールスフォース・ドットコム(以下「セールスフォース」と略して記述)は、法人向けクラウドサービスで世界をけん引する、アメリカの企業です。従来企業の部門間に存在するテクノロジーサイロをなくして顧客に関する情報を一元管理し、マーケティン...

アドビシステムズの転職情報!募集要項や給与などを解説

アドビ システムズは、米国カリフォルニア州サンノゼに本社を置くデジタルツール&ソリューションベンダー日本法人です。本社は東京都品川区ゲートシティ大崎 イーストタワーにあります。従業員は約600名で資本金は1億8千万円です。 事...

NTTコムウェアへ転職するべき?年収や福利厚生について解説

NTTコムウェアはNTT主要8社の企業で、システムインテグレーター事業を中心に行っています。NTTが培ってきた技術や経験を活かし、クライアントの事業をシステム面からサポート。本社は東東京都港区に構え、従業員数は6000名ほどです...

ALBERTへ転職したい方必見。選考フローや平均給与などについて調査

ALBERTは、データサイエンス技術を活用した数多くの製品を開発しているベンチャー企業です。創業は2005年で、チャットボットサービスや画像認識サービスを開発し、顧客のサービスの質向上に大きく貢献しています。 本社は東京都新宿...

日本オラクルに転職したい方必見。転職難易度や給料、口コミなどをご紹介

オラクルは米国オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に創業されました。国内を拠点として、企業の全業務領域を網羅するアプリケーション製品、世界最高水準のデータベース、ミドルウェア製品群を提供しています。 本...

ブレインパッドの転職難易度は?年収や面接内容などを解説

ブレインパッドは、データ活用で企業の課題解決・経営支援を行う企業です。国内のデータマイニング専門企業の先駆け的な存在として、積極的にデータを活用したソリューション事業に取り組んでいます。東京都港区白金台に本社を構え、従業員数は306名(...

サイボウズへ転職はおすすめ?年収や働きやすさなどについて調査

サイボウズは「kintone」などのグループウェアを開発したソフトウェア開発会社です。1997年に創業され、開発したソフトウェアはさまざまな企業や研究所で活用されています。「サイボウズ」という社名は、日本語で「電脳」という意味の「c...

マルケトへの転職はおすすめ?評判や年収などについてご紹介

マルケトはマーケティングプラットフォームを提供している会社です。東京都港区六本木に本社を構えており、従業員は約100名です。マルケトの製品は多くの会社のマーケティングに活用され、「ブランドの確率」や「収益の向上」といった目的を達...

フロムスクラッチへの転職はアリ?激務って本当?

フロムスクラッチはb→dashというマーケティングプラットフォームを提供する会社です。b→dashはビッグデータを高速処理・分析し、企業が使いこなせるように整理できます。数多くの企業で導入されています。本社は東京都新宿区に構え、従業...

TOP