WEB・アプリサービス

フレクトへの転職は難しい?事業内容や転職難易度などを解説

フレクト転職者の主なキャリアステップ

フレクトの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学・大学院卒業など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職

フレクト在籍者の主な職歴は、ベイカレントなどのコンサルファームのほか、WEB系事業者やモビリティサービス事業者などが挙げられます。

次の転職先

フレクトからの転職先として、電機メーカーやソフトウェア開発会社へ転職しています。

フレクトは、「あるべき未来をクラウドでカタチにする」というコーポレートビジョンのもと、最新のクラウドテクノロジーで企業のDX化を支援するインテグレーターとしてのポジションを確立している企業です。
新型コロナウィルス感染症の影響で、リモートワークやビジネスのIT化が進み、近年注目を浴びており、2021年11月には、株式を上場したことでも話題になっています。
また、2022年に「2024年に向けた運行管理業務の最新手法」のオンラインセミナーを開催するなど、幅広く手掛けている企業です。
フレクトは、Web系のエンジニアやプロジェクトマネージャーといった職種で中途採用を募集中です。
DX化を支援するという事業内容の特性上エンジニアの求人が豊富で、開発職としてキャリアを積んでいきたい方には見逃すことのできない企業といえます。
この記事では、フレクトへの転職を目指すうえで必ず知っておきたいフレクトの事業内容や将来性、年収などについて徹底的に解説します。

フレクトへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・フレクトの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、フレクトの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • フレクトの企業概要
  • フレクトの転職ポイント
  • フレクトの社風や企業文化

フレクトに転職するポイント

フレクトの特徴

POINT

  • ・企業のDX化支援に向けたさまざまな取り組みを行うインテグレーター
  • ・ビジネスモデルの変革を見据えた「攻めのDX」を打ち出す姿勢が特徴的
  • ・社内で頻繁に勉強会が開催されるなど、学習意欲の高い人材が多い

フレクトへ転職するポイント

POINT

  • ・エンジニアやプロジェクトマネージャーなどの職種で中途採用を募集中
  • ・Web系エンジニアの採用に注力しているが、過去には営業での求人募集もされたことがある
  • ・面接では未来志向の質問が多いため、将来のビジョンを明確化させておくことが肝心

フレクトの企業概要

会社名 株式会社フレクト
本社所在地 東京都港区芝浦1丁目1番1号 浜松町ビルディング11F
社長 黒川 幸治
設立 2005年8月
株式 上場(東証グロース)
株主構成 合同会社クロ(62.72%)
SSBTCクライアント・オムニバス(4.73%)
大橋正興(4.45%)

フレクトの売上

フレクトの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上高 2,882百万円 2,559百万円 3,642百万円
経常利益 105百万円 -186百万円 240百万円

フレクトの最新ニュース

フレクトの事業内容

フレクトの主力事業は、企業のDX化支援に向けたクラウドインテグレーションサービスの提供です。
「あるべき未来をクラウドでカタチにする」というコーポレートビジョンを掲げ、業務プロセスの改善のみにとどまらない「攻めのDX」を行うのが特徴といえます。
顧客接点の変革はもちろん、サービス商品自体の変革やビジネスモデルそのものの変革も見据えた抜本的なDX化支援を行うことで同業他社と差別化しているのがポイントです。
具体的には、クラウドの最新技術を活用したサービスの企画やデザイン、開発や運用までを行うサービスを提供しています。
国内の大手企業にも採用実績があるなど最近フレクトのプレゼンスは増しており、今後は物流やフィールドサービスにおける業務最適化などにも事業を拡大していく方針です。
そのなかでも、車両の位置を可視化するクラウドサービスは注目されており、人と物の移動を効率化するソリューションとしてフレクトも注力しています。
多少の上下はあるものの、売上高はここ数年拡大傾向で推移しており、今後もますます成長していくことが期待されている企業です。

フレクトの募集要項

Web系SE

SalesforceやAmazon Web Serviceなどを始めとしたクラウドプラットフォームを利用したクラウドシステムの開発を行います。
フレクトでは、3〜10名のチームで開発を行うことが多いため、スピード感が求められるのが特徴です。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上のJavaやC#、Rubyなどを活用した開発経験
  • ・基本設計までを行った経験

プロジェクトマネージャー

フレクトにおけるプロジェクト開発のリーダー的ポジションとして、プロジェクトのマネージメントやリソース管理、リソース調整などを行います。
要件定義やシステム設計なども行うため、エンジニアとしての実力も求められるポジションです。

必須な経験・スキル

  • ・新規開発案件や継続保守案件におけるプロジェクトマネージャー経験
  • ・3年以上のJavaやC#、Rubyなどを活用した開発経験
  • ・基本設計までを行った経験

クラウド開発

Web系の業務システムからIoTやAIなど、クライアントと直接コミュニケーションを取りながらクラウドシステムの開発を行うポジションです。
具体的には、大規模コンシューマ向けWeb・スマホサービスプロジェクトや新規事業サービスの立ち上げプロジェクトへ参画します。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上のプログラミング経験

フレクトの転職難易度

フレクトの転職難易度は中程度です。
フレクトでは、Web系に特化したクラウドエンジニアを中心に採用を行っています。
プロジェクトマネージャーなどのポジションでもエンジニアとしての実力が求められるものがほとんどなため、中途採用は開発職の経験者がメインとなるでしょう。
応募のために求められている条件はそれほど厳しいわけではありませんが、エンジニアとして一定の実力が求められているのも事実です。
ただし、過去には営業職での中途採用が募集されたこともあります。
また、株式を上場したことで急速に注目が集まっている企業であり、面接の倍率も上昇傾向にあることが予想されます。
フレクトの企業風土をしっかりと理解したうえで、面接の場で実力をアピールできるよう準備を進めておくことが重要です。

フレクトが転職者に求める人物像

フレクトが転職者に求める人物像として、「オーナーシップを持って主体的に取り組めること」が挙げられます。
フレクトでは、3〜10名単位の比較的小規模なチームで開発を進めていく傾向があります。
クライアントの課題解決に向けてスピーディーに仕事に取り組むことはもちろんですが、一人一人が仕事にオーナーシップを持って取り組むことが求められます。
そのほかにも、「ただ与えられた仕事をこなすだけではなく、顧客の利益拡大に向けた提案をしていきたいこと」も求められています。
フレクトでは顧客のDX化支援を行うコンサルティング企業としても一面もあります。
顧客との信頼関係を構築することのできる顧客目線を意識した行動ができる人材が求められています。

フレクトの転職までの流れ

フレクトの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:人事
想定内容:これまでの経歴といった基本的な内容がメインであり、エンジニアへ応募する場合は、実績なども細かく聞かれます。

最終面接

想定選考官:役員・代表
想定内容:フレクトへ入社したらどのような仕事をしていきたいのかといった将来のビジョンや熱意に関する質問が多くなります。

内定

フレクトの面接形式

フレクトの面接回数は基本的に2回です。
面接は1対1形式で行われ、原則対面で行われているのが特徴です。
面接1回あたりの所要時間は30〜45分ほどと標準的な長さです。

フレクトの面接内容

フレクトの面接では、「将来やりたい仕事はあるか」や「どのようなエンジニアになりたいのか」といった未来志向の質問が多く聞かれます。
特に今までの経験が浅くポテンシャル採用の色が強い場合は、将来のビジョンを深堀されると考えておきましょう。
これまでの実績や自己分析の結果を踏まえ、自身の描く将来像を明確化させておくことがポイントです。
それ以外の質問としてはオーソドックスなものが多いですが、「MaaSという言葉を知っているか」や「オンプレと比較したときのクラウドの利点は何か」といったクラウド技術に関する知識を問うような質問を聞かれることもあります。
エンジニアへ応募する場合はもちろんですが、それ以外の職種へ応募する場合でもクラウド技術に関する基本的な知識は頭に入れておくと良いでしょう。

フレクトの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は比較的多い
・求人情報はDODAなどでも確認できる
・知識を保有しているかどうかを判断する質問が多い

営業、40代前半、男性
「将来どのような営業になりたいのか」と聞かれました。また、「法人営業の経験はあるか」と聞かれました。基本的な内容が多かったように思います。
エンジニア、30代前半、男性
「エンジニアとしての今までのキャリアを端的にまとめてください」といわれたため、これまでの実績も交えながらお話しました。話しやすい雰囲気の面接でした。
事務、40代後半、女性
「フレクトをどこで知ったのか」と聞かれました。また、「クラウド型サービスについて知っていることはあるか」など、知識面を問う質問が多かったです。
エンジニア、20代後半、男性
「将来どのような仕事をしたいと考えているのか」や「なりたい将来像を教えて下さい」など、未来志向の質問が非常に多かったです。こちらの受け答えからさらに質問が派生していく印象を受けました。
営業、30代前半、女性
志望動機や転職理由といった基本的な内容はもちろんですが、「MaaSという言葉を知っているか」など、知識を問う質問が多かったことを覚えています。そのほかにも、なりたい将来像ややりたい仕事について触れられました。

フレクトで働いている方の評判・口コミ

営業、在籍3~5年、男性
ベンチャー企業のような風通しの良い活気に溢れた風土があります。教育や研修制度はほとんど整っていないため、自力で成長することが求められる企業です。Salesforce案件を主に受託しているため、今後は最新の技術を活用できるかどうかがカギとなります。社員を大切にする風土があり、環境が良いのは高評価です。
エンジニア、在籍3~5年、男性
Salesforceの製品を用いた受託開発を主に行っており、同社の成長に合わせてフレクトも成長している印象です。エンジニアチームの実力はそれなりといった印象で、特別ノウハウが蓄積されているというわけではありません。大手企業との取引もあるため、やりがいを持って仕事に当たることができます。アジャイル開発手法をもっと抜本的に取り入れたほうが良いです。
事務、在籍5~7年、女性
最新のクラウドサービスを取り扱っている企業で、現場の力が強いです。事業目標や戦略がよく変わり、良くいえば臨機応変であり、悪くいえば安定しない状態が続いています。年収は良く、実際に働いている分以上の給料を貰えていると感じます。ワークライフバランスは良く、管理職を除けばかなり柔軟に休める企業です。
口コミの要約

風通しの良い社風がある一方で、個人主義の色が根強い企業だという口コミが多く見られました。現場のワークライフバランスは良く、休暇も比較的自由に取れるようです。受託できる案件が偏っているため、今後いかに受注の幅を広げていけるかが課題だという意見が複数見られました。

フレクトの年収・給与

年収 691万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 年俸制
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 資格取得補助制度、書籍購入補助制度、外部セミナー、退職金制度など

フレクトでの転職者の出世難易度

フレクトの転職者の出世難易度は中程度です。
フレクトでは、実力主義の評価が行われています。
チャレンジに対して寛容な風土があり、しっかりと論理を通せばそれを受け入れてくれることも多いでしょう。
目立った実績を上げることが出世に直結するシステムのため、自ら仕事を見つけてこなしていくチャレンジングな人材が出世しやすいといえます。
また、フレクトでは社員の学習を進めていくためのさまざまな制度が整っています。
各自が自由に企画して開催できるセミナー制度や資格取得補助制度、学習用の書籍の購入補助制度などはその一例です。
このような風土をうまく活用し、最新のクラウド技術について知見を深めておくことがフレクトでの出世を成功させるうえでのポイントとなるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 400万円
30代前半 なし 600万円
30代後半 マネージャー 900万円
40代前半 部長 900万円
40代後半 マネージャー 900万円
50代前半 マネージャー 1,100万円
50代後半 なし 900万円

フレクトはどんな人が働いている?

フレクトの従業員数

163名

フレクトの平均年齢

38.8歳

フレクトの平均勤続年数

3.3年

フレクトの社風

フレクトの社風として、スピード感のある文化が挙げられます。
社員数は160名程度とそれほど多いわけではないため、経営陣の決定もスピーディーです。
特に、フレクトは事業内容としてクラウド型サービスを扱っているということもあり、新型コロナウィルス感染症の流行時におけるリモートワーク切り替えなども非常に早く決断されました。
大企業にはないスピード感があることがフレクトの魅力です。
そのほかの文化として、学びを促進する点を挙げている社員も多くいました。
書籍購入や資格取得には会社からの補助が支給されることに加え、学習のためのセミナーを積極的に開催するという文化も浸透しています。
真面目で勤勉な社員が多く、向上心のある企業風土が特徴といえるでしょう。

フレクトのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 10:00〜19:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 GW休暇、夏季休暇、年末年始、特別休暇、慶弔休暇、ボランティア休暇など
平均残業時間 月15時間程度
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

フレクトの社長

黒川 幸治

1979年生まれ。
2000年に株式会社フィアコミュニケーションズを設立し、代表取締役に就任。
2005年に株式会社フレクトを設立し、代表取締役に就任。

フレクト現職、OB/OGの有名人

大橋 正興

1979年生まれ。
2004年にソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ株式会社へ入社。
2007年に株式会社フレクトへ入社。
その2年後、取締役COOに就任。

フレクトの転職に関わるQ&A


フレクトでは、産休や育休などの制度が整備されています。
社員の口コミでは、「女性率はそれほど高いわけではない」「男女の区別はない」など、賛否両論がありました。
現状は女性社員が少ないため、特別女性にとって働きやすいというわけではないようですが、実際に活躍している女性社員も複数在籍しているため、まずは女性社員比率の向上が課題といえるでしょう。

フレクトでは、リモートワーク手当やサークル活動支援といった独自の福利厚生が充実しています。
そのなかでも資格取得支援制度や書籍購入支援制度、ランチ勉強会といった学習を後押しするための福利厚生が充実していることが特徴です。
セミナーは社員の間で頻繁に開催されているようで、年間で70回以上実施されているという情報もありました。

フレクトへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

フレクトの公式HPにある採用情報ページからエントリーできます。
採用情報ページには、メッセージやフレクトについて、フレクトの独自性など、有益な情報が多数掲載されているため、企業研究に役立てられるでしょう。
ただし、公式HPからの応募の場合、どうしても時間がかかってしまいます。
現職が忙しく、できるだけ時間をかけずに転職したいと考えている方は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、フレクトの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

募集要項の詳細を確認したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してフレクトに転職するなら、ITサービスの提供を行う他社の募集要項も比較することができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・簡単に転職活動を行える手軽さ
  • ・求人数の豊富さ
  • ・求人内容確認から応募までがスピーディー

転職サイトは、空いている時間などを使って簡単に転職活動を行える手軽さがあるため、忙しい方でも比較的転職しやすくなっています。
また、求人数が豊富であり、競合他社の募集要項も確認することができるため、幅広く求人情報をチェックすることができます。

競合他社の募集内容も見たいなら「iX転職」

iX転職では、ITサービスの提供を行っている幅広い企業の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールのサービス業界は、平均年収が800万円~1,200万円と比較的高くなっています。
また、iX転職には一般公開されていない非公開求人を多く扱っている転職サイトとしても有名であり、相談することで自分に見合った非公開求人を紹介してもらえることがあります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「この企業はどんな人材を求めているのか」や「競合他社では募集要項にはどんな違いがあるのか」などを知りたい方は、iX転職に登録してスカウトメールをチェックすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

Kaizen Platformへの転職事情。事業内容や将来性、転職難易度などを解説

Kaizen Platform転職者の主なキャリアステップ 前職 ヤフー、グリー、コロプラなどのWEB系事業会社 株式会社Kaizen Platformに転職 ...

クラウドワークスへの転職は難しい?年収や口コミなどを解説

クラウドワークス転職者の主なキャリアステップ 前職 人材紹介会社 広告制作会社 生命保険会社 観光業界 株式会社クラウドワークスに転職 次の転職先 ...

Huluへの転職はおすすめ?年収や評判について解説

Hulu転職者の主なキャリアステップ 前職 放送、映像などのメディア系企業 HJホールディングス株式会社に転職 次の転職先 放送、映像などのメディア系企業...

エイチームの転職難易度は高い?口コミや面接情報解説まとめ

エイチーム転職者の主なキャリアステップ 前職 グリーなどのWeb系事業会社 不動産販売 ITソリューション 広告制作会社 広告代理店 株式会社エイチームに転職 ...

ランサーズへの転職は難しい?面接内容や年収などを解説

ランサーズ転職者の主なキャリアステップ 前職 楽天、グリー、アイレップなどのWEB系事業会社 ランサーズ株式会社に転職 次の転職先 リクルートなどのWEB...

ミクシィの転職難易度は高い?年収や面接内容など解説

ミクシィ転職者の主なキャリアステップ 前職 グリー、コロプラ、カプコン、DeNAなどのゲーム関連企業 NTTドコモ、ソフトバンクなどのIT系事業 株式会社ミクシィに転職 ...

LayerXへ転職するには?採用の基準や求人情報を徹底調査

LayerXはブロックチェーン技術を活用した、デジタルトランスフォーメーション(DX)事業を展開する企業です。 経理や金融取引、アセットマネジメントなどの分野で事業を展開し、2020年5月には30億円の資金調達に成功するなど、今非常に...

Indeed Japanへの転職難易度は?面接内容や給与を紹介

Indeed Japan転職者の主なキャリアステップ 前職 セールス職は幅広い業種出身者が多い 企画、管理職は大手、目がベンチャー出身者が多い Indeed Japan株式会社に転...

Twitter Japanへの転職。年収や仕事内容について解説

Twitter Japan転職者の主なキャリアステップ 前職 総合代理店 Web系代理店 外資系等の大手事業会社 Twitter Japan株式会社に転職 ...

ZUUへの転職は難しい?年収・評判・面接内容を調査

ZUU転職者の主なキャリアステップ 前職 野村證券、大和証券などの証券会社 三井住友銀行、地銀などの金融機関 リクルートなどのWEB系事業会社 株式会社ZUUに転職 ...

TOP