コラム

LinkedIn(リンクトイン)の評判は?口コミや利用のメリット・デメリットをご紹介


外資系企業やIT企業などを中心に転職活動への活用が進んでいるLinkedIn(リンクトイン)。海外発のSNSですが、プロフィールが履歴書代わりになるなどのメリットも多く徐々に日本でも人気が高まりつつあるビジネスシーンに特化したSNSです。この記事では、LinkedInを転職活動へ活用するために必ず押さえておきたいLinkedInの基本機能や口コミ、メリット・デメリットなどについて徹底的に解説します。

LinkedInとは?


引用:https://www.linkedin.com/home
LinkedInは、アメリカ発祥の、ビジネスシーンに特化したSNSです。世界で200カ国、7億5000万人以上のユーザーが利用している大手のSNSとなっています。発祥地であるアメリカはもちろん、欧米や東南アジア、さらにはインドなどでも利用が進んでおり、まさに世界中の人々がつながることが出来るSNSです。

設立者はPayPalの創設メンバーであるリード・ホフマンで、現代を代表する起業家の一人となっています。彼が著書の中で提唱した「Economic Graph(エコノミックグラフ)」と呼ばれる概念を体現したSNSとなっており、今後もビジネスシーンを中心にますます進んでいく、現在最も勢いのあるSNSの一つです。

LinkedInの特徴

LinkedInが他のSNSと異なる特徴として、まずは「実名・顔出しが原則」であるという点が挙げられます。TwitterやInstagramでは、ハンドルネームを利用するユーザーが多く、SNS上に自身の顔を上げるユーザーは限られています。しかし、LinkedInでは、世界中の人々が実名・顔出しを原則として利用しているのが特徴です。このような点から、他のSNSと比較しても信頼性の高い情報が手に入りやすいプラットフォームと言えます。

さらに、TwitterやInstagramの汎用性と比較すると、LinkedInはビジネスシーンに特化したSNSといえます。LinkedIn上では世界中の様々なエキスパートが集結しているため、幅広いレンジから優れた人材を発掘することができるのです。

Facebookとの違い

Facebookも、LinkedInと並んでよく利用されるSNSです。日本で最も普及しているSNSの一つであるため、既にFacebookのアカウントを持っているという方も少なくないのではないでしょうか。どちらも社会人を中心に利用が進んでおり、中にはこれらのSNSの使い分けが難しいと感じる方もいるようです。

FacebookとLinkedInの最も大きな違いは、プライベート利用が中心か、ビジネスシーンが中心かという点にあります。Facebookは誕生日や結婚の報告など、主にプライベートに関する事柄を投稿する場所です。それに対してLinkedInは、仕事の成果の共有や転職の報告など、ビジネスに関する投稿が多くなっています

LinkedInの人事・採用担当者の使用率は?


引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000066809.html
LinkedInは日本でも有数のビジネスシーンに特化したSNSですが、一体その利用率はどの程度なのでしょうか。実は、LinkedInの日本における利用者数は300万人となっています。Facebookの利用者数が2800万人であるのと比較するとやや見劣りするように感じますが、ビジネスシーンに特化したSNSであることを考えるとそう単純には比較できません。

人事・採用担当者の利用率については、正式な調査は行われていないものの、おおよそ2割前後であると予想されます。最近ではメーカーやIT企業などでLinkedInを採用へ導入する動きが相次いでいるため、今後さらに利用は拡大していくかもしれません。

LinkedInの良い口コミ・評判

採用現場を中心に急速に利用が拡大しているLinkedInですが、実際に利用している人たちはLinkedInをどう評価しているのでしょうか。肯定的な意見としては、以下の口コミがありました。

久しぶりにLinkedInを開いたら色々と知った名前や意外な企業からオファーが来ていた…!
自分にオファーをくれている企業があると認識することは自信になるし、可能性を広げるきっかけにもなるので定期的に見たい!
(30代/女性)
今回はLinkedinから直接連絡もらって転職しました。プロフィールを高頻度で更新していると、興味のある企業からメッセージが入ってくるので、転職を考えてるのであればやらない手はないかと
(30代/男性)
LinkedInにプロフィール書いてるだけで、自分のスキルの棚卸しになっていいな。逐一更新していきたい。(40代/男性)

口コミを見てみると、プロフィールを定期的に更新していればメッセージが来るという意見がありました。LinkedInでプロフィールを記入することによって自分のスキルや職歴の棚卸にもなり、自分が見つけられなかった企業からの誘いが来るという点が評価されているようです。
また、忙しくて転職情報を眺める時間がないという方でも、受動的に転職を進めることができるのも、良い点として挙げられます。

LinkedInの悪い口コミ・評判

LinkedInの口コミにはLinkedInを高評価している口コミが多かったですが、中にはLinkedInを利用するデメリットを指摘する口コミも散見されます。例えば、以下のようなものがありました。

linkedinで出てくるお勧めされるjobはほぼ見尽くしたけどやりたいものがない……まだ企業の登録が少ないし転職サイトとの併用しないとだめだなあ
(30代/男性)
外資IT転職検討するならLinkedIn!という声結構ありますが、企業検索しづらいし、個人的にはよほどハイスぺでないなら転職専門サイトの方が見やすいしいいと思う。
(30代/男性)
Linkedinのプロフィールってほとんど学歴と職歴しか書いてないのに、スカウトは何をもって声掛けているのか謎。スカウトばっかりなんじゃないかな
(20代/女性)

否定的な口コミとしては、「日本の企業がまだ少ない」「スキル不足・職歴が浅い人にはメッセージが来ない」「転職コンサルタントやスカウトばかりな気がする」というようなものがありました。
LinkedInはアメリカが発祥であることから、外資系企業の登録が多く、英語のスキルが無いとなかなかメッセージをもらうことが難しい点はデメリットとなるでしょう。
また、スカウトや転職コンサルタントからのDMが良く来るという口コミも見られました。企業からのメッセージよりも他サービスの斡旋などが多くうんざりしてしまう方もいるようです。

LinkedInのメリット

LinkedInは全世界で利用されている、ビジネスシーンに特化したSNSです。
しかし、企業は多くの場合複数の採用ルートを持っており、工数の増えるLinkedInをわざわざ利用するメリットを感じにくいというケースもあるかもしれません。
それでは、LinkedInを利用するメリットはどのようなポイントにあるのでしょうか。ここでは、LinkedInを採用へ活用することのメリットを4つ紹介します。

プロフィールが実務経歴書の代わりになる

LinkedInを利用する最大のメリットの一つに、プロフィールを実務経歴書の代わりにすることができるという点が挙げられます。LinkedInでは、学歴や職歴といった基本情報をプロフィール欄に記入することが可能です。さらにはこれまでの職歴やスキルといった詳細も記入することができます。

プロフィール欄をそのまま経歴書の代わりとすることができるため、わざわざ実務経歴書といった書類を作成する手間を省くことが可能です。採用側にとってもフォーマットが統一された履歴書がすぐに手に入るため、この点は応募者、採用者双方にとって大きなメリットです。

仕事とプライベートを分けて管理できる


引用:https://www.linkedin.com/home
LinkedInはビジネスシーンに特化したSNSとなっています。ユーザーの投稿内容も、気になるニュースへの言及や転職の報告、仕事の成果の報告など仕事に関連するものがメインです。特に、いわゆる「仕事ができる人」がどのような考え方をしているのかなど、ビジネス関連する情報のみを集中的に仕入れることができます。プライベートの事情を仕事に干渉させることなくLinkedInを利用することができるという点は、他のSNSにないLinkedInの大きな強みといえるでしょう。

LinkedIn learningでスキルが習得できる


引用:https://www.linkedin.com/learning/
LinkedInでは、LinkedIn leraningというサービスも展開しています。LinkedIn leraningではビジネスやテクノロジー、クリエイティブなど多くのコースが用意されています。累計7ヶ国語で合計16000コース以上が用意されているため、多種多様なニーズに合わせた学習が可能なのが特徴です。

日本語では現在800コース以上が展開されています。新卒からマネージャー層、マーケターやプログラマーなど、幅広い層がスキルを習得出来る点がLinkedInを利用するメリットです。

市場価値がわかる

LiknedInを利用するメリットとして、自身の市場価値がわかるという点も挙げられます。LinkedInはもともとアメリカからスタートしたSNSです。一つの企業に長く勤め上げることが当たり前となっている日本企業とは異なり、アメリカでは転職が珍しくありません。
自分の市場価値が高ければ高いほど、大企業からのオファーやメッセージが届くようになるでしょう。
自身の市場価値を再認識しておくことで、次はマネジメント職へチャレンジしよう、などといったステップアップのための計画を立てやすくなります。自身の市場価値を確認できるという点も、LinkedInを利用するメリットです。

LinkedInのデメリット

ここまでLinkedInのメリットを紹介してきましたが、LinkedInを求人のために活用するためにはいくつか気をつけておきたいポイントが存在します。LinkedInを利用する上で対策をしておきたい、LinkedInを利用する上でのデメリットについていくつか見ていきましょう。

日本企業のユーザー数はまだ少ない

LinkedInはアメリカ発のSNSであるため、現在もまだまだアメリカのユーザーが中心です。国別の利用者数を見ても、1位のアメリカが1億5000万人程度と圧倒的で、ついでインドの4698万人、中国の4003万人と続きます。一方で日本のユーザーは300万人とまだまだ少ないのが現状で、業種によっては国内で人材を探すのにはやや苦労してしまうかもしれません。日本企業においては、そもそも人事がLinkedInを利用していないパターンもあります。日本におけるユーザー数はまだまだ少ないのが現状で、これはデメリットといえるでしょう。

外資系企業に偏っている

上記の項目とも関連しますが、LinkedInを活用している企業はまだまだ外資系に限られているのが現状です。この原因としては、転職に対する価値観の違いが挙げられます。日系の企業においては一つの企業に長く勤め上げることが前提となっていることがまだまだ多く、特に20代で複数の企業を転々としている人は敬遠されがちな傾向があります。一方、外資系の企業はステップアップのための転職をむしろ肯定的に捉えるのが特徴で、そのためにLinkedInも積極的に利用しています。日本における利用者は、まだまだ外資系企業に偏っているという点は頭に入れておくとよいでしょう。

SNSが苦手な人には不向きな可能性も

LinkedInはビジネスに特化していますが、あくまでもSNSの一つです。SNSはこまめに投稿を更新する必要があるなど、SNSを利用すること自体があまり好きではないという方も中にはいるかもしれません。そのような方にとっては、LinkedInを活用して転職することは少し大変です。また、LinkedInはTwitterやFacebookに比べて設定がやや複雑なのも事実です。SNSそのものが苦手な方にとっては、LinkedInもハードルが高く感じてしまう可能性があります。

LinkedInに向いている人・向いていない人の特徴

LinkedInはビジネスに特化したSNSであり、TwitterやInstagramとは使い方や投稿内容などがやや異なるのが特徴です。中には、ビジネスに特化したSNSを利用したことがなく、自分がLinkedInを活用するべきなのかどうかわからないという方もいるかもしれません。どのような人がLinkedInを活用するべきなのでしょうか。LinkedInを利用するのに向いている人の特徴と、LinkedInにはあまり向いていない人の特徴をいくつか紹介します。

LinkedInに向いている人

  • ・外資系企業での転職を考えている人
  • ・ビジネス職・マネジメント層での転職を考えている人
  • ・語学スキルの高い人

LinkedInの特徴として、IT企業や外資企業にユーザーが多いという点が挙げられます。そのため、IT業界や情報通信サービス業界への転職を狙う人はLinkedInに向いているでしょう。ただし、LinkedInと類似したSNSであるWantedlyと比較するとエンジニアの求人は少なめな傾向があります。どちらかというとビジネス職やマネジメント層の人材交流の場がLinkedInとなっている印象です。

また、バイリンガルの人材もLinkedInには多いです。英語や中国語など、語学な堪能な人材を求める場合、あるいは自身の強みが語学である場合にはLinkedInの利用が向いています。

LinkedInに向いていない人

  • ・日本企業での転職を考えている人
  • ・エンジニア職での転職を考えている人
  • ・語学スキルの低い人

LinkedInでの転職に向いていないパターンとしては、製造業や日系の企業の人材にリーチしたいという場合が挙げられます。応募する場合も同様に、日系の企業へ就職したいというこだわりがある場合には、外資系企業がメインのLinkedInを利用した転職は再考の余地があるかもしれません。

また、若手のエンジニアで、エンジニア職での転職を考えている方は、LinkedInよりもWantedlyを利用したほうが効果的であると考えられます。ユーザーの年齢層や職種はサービスによって異なるため、ケースによってLinkedInとその他の媒体を使い分けることが重要です。

LinkedInの登録方法

LinkedInを利用した転職を行う、あるいはLinkedInを利用して人材の募集を行うためには、まずLinkedInにユーザー登録する必要があります。法人と個人で登録方法が異なりますが、ここでは個人の方法を紹介します。登録の流れは以下の通りです。

  • ・LinkedInのアプリをダウンロードする
  • ・メールアドレスやパスワードを記入し、メンバー登録を行う
  • ・プロフィール写真を撮影・登録する
  • ・居住地や職種、企業名などを入力する
  • ・セキュリティ認証を行う
  • ・既にLinkedInを利用している知り合いとつながる

いずれのステップもシンプルなものとなっており、1分で登録が完了するのがポイントです。

LinkedInに掲載された求人の応募方法

LinkedIn上には、いくつもの求人が掲載されています。それらの求人へ応募するのも、LinkedInへ登録するのと同様に非常にシンプルなステップなのが特徴です。LinkedInへ掲載されている求人への応募方法は以下の通りです。

  • ・求人タイトルをクリックする
  • ・「今すぐ応募」ボタンをクリックする
  • ・ポップアップされる画面に、必要な情報を入力する
  • ・レビューをクリックして、入力内容を確認する
  • ・「応募を送信」ボタンをクリックする

慣れれば数分で求人へ応募することが出来るため、手軽に利用出来る点が嬉しいポイントです。

LinkedInを転職で有効利用するためのポイント

LinkedInはまだまだ活用の余地があるSNSですが、IT業界などを中心に既に多くの優秀な人材がLinkedInを利用した転職活動を行っています。
そのため、効果的にLinkedInを利用しなければ、多くの優秀な人材の中に埋もれてしまい自身を十分にアピールできないということがあるかもしれません。LinkedInをフル活用するためにおさえておきたいLinkedInの活用方法を解説します。

プロフィールを充実させる


LinkedInを有効利用するためには、まずプロフィールを充実させることが重要です。LinkedInでは、プロフィールに学歴や前職までの経歴、持っているスキルなどを細かく記載することができます。
プロフィール欄に未入力な部分があると、「現在も転職活動を続けているのか?」「本当に転職活動を行う気はあるのか?」などと企業側に不信感を持たれてしまうことがあるかもしれません。
LinkedInにおけるプロフィール欄は履歴書のようなものです。しっかりと経歴などをアピールし、プロフィール欄を充実させておきましょう。

顔写真はビジネスシーンに適したものにする

LinkedInのプロフィール欄を見ていると、時々「これは本当にビジネスに適した顔写真なのか?」と考えさせられてしまうようなプロフィール写真を設定している人が散見されます。
LinkedInのプロフィール写真は、採用担当者がまっさきに目を向ける部分でもあります。スマホのアプリなどを利用して過度に加工した写真は避けるべきです。
また、表情が見えていると信頼感を伝えることができるため、プロフィール欄は顔が見えるものにしておくのがベストです。ビジネスシーンに適したプロフィール画像を選択するようにしましょう。

外資系企業を狙う場合は英語のプロフィールも用意

外資系企業の中には、はじめから英語で選考を行うことを前提としている企業もあります。
そのため、外資系企業への転職も視野に入れている場合は、英語でのプロフィールも用意しておくのがベストです。
LinkedInのプロフィールは多言語に対応しており、簡単に英語版のプロフィールを追加することができます。外資系企業への転職を検討する場合は事前に設定しておきましょう。

LinkedInと併用すべき転職サービスは?

ここまで見てきたようにLinkedInには数多くのメリットがあり、LinkedInは転職に役立つSNSといえます。
しかし、より多くの企業の目に触れるようなアピールを行うためには、LinkedInと組み合わせて複数のサービスを利用することが効果的です。
LinkedInとの併用がおすすめなサービスを2つ紹介します。

ビズリーチ

ビズリーチは、株式会社ビズリーチが2009年から運営を行っている転職サイトです。
最近ではテレビコマーシャルでよく目にするという方も多いのではないでしょうか。即戦力の人材に特化しているのがビズリーチの特徴で、公開求人数は92,000企業を超えています。

ビズリーチは登録するために所定の審査があるため、信頼性が高いのが特徴です。LinkedInと併用して登録している方も多く、ビズリーチへ登録していることで転職者としての信用度を高めることができます。LinkedInと併用することがおすすめのサービスの一つです。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは、リクルートグループが運営している転職サイトです。
ハイクラスに特化した転職活動に強いのが特徴で、高収入な求人案件が非常に多くなっています。
匿名のレジュメを公開することでヘッドハンターからスカウトを受け取れるという、他の転職サイトにはない流れも特徴です。
能力の高い人材が多くリクルートダイレクトスカウトへ登録しているということもあり、LinkedInとの併用もおすすめできます。

LinkedInに関するよくある質問

LinkedInを利用するメリットやデメリット、評判について細かく見てきました。最後に、LinkedInを利用する上でよくある質問をまとめて紹介します。疑問点を解消し、効果的にLinkedInを活用していきましょう。

今の会社にバレることはある?

LinkedInを利用する上で最も気になる内容の一つに、「今の企業にバレることはあるか」という点があると思います。
結論から言うと、しっかりと対策を行ったとしても少なからずバレる可能性はありますが、それ自体は全く問題ありません。
LinkedInでは特定の企業をブロックする機能があります。今の会社や、関係していると思われる会社をブロックするとともに、情報公開に細心の注意を払えばリスクは低下させられるでしょう。

LinkedInに危険性はある?

LinkedInは原則として実名顔出しの利用が行われているため、TwitterやInstagramなど他のSNSと比べて炎上などの危険性はかなり少ないといえます。
ただ、そんな中でも「海外医者アカウント」「なりすましアカウント」など、注意を払うべきアカウントがいくつかあるのは事実です。不快な思いをしないよう、関わるアカウントには細心の注意を払いましょう。

まとめ

LinkedInの評判やメリット、デメリットなどを細かく紹介してきました。
まだまだ日本では外資系やIT企業などが中心となって活用しているLinkedInですが、徐々に知名度は高まりつつあります。
LinkedInを利用すれば、多くの企業へ一つずつ応募する手間をかけることなく転職活動を進めることが可能です。ぜひこの記事の内容を活用して、効果的にLinkedInを転職へ活用していきましょう。

関連記事

goorilla(グーリラ)の評判は?メリットや口コミを徹底検証します!

転職活動をするときに転職サイトや転職エージェントを利用する方も多いのではないでしょうか。はじめての転職活動をする人にとっては、強い味方になりますよね。 しかし、数ある転職サイトの中から自分に合ったサイトを探しだすのは大変です。...

ビズリーチのスカウトから面談を受けるまでの流れについて解説!

ビズリーチは、国内最大級のハイクラス向けの転職サイトです。 登録されている3分の1以上の求人が年収1000万以上を提示しており、エリート人材が利用する場となっています。 このビズリーチでうまく転職活動を進めるにあたり、重...

気をつけて!ビズリーチの登録で注意すべき3つのポイント

テレビCMや広告などで見かけることも多くなったビズリーチ。 いわゆる「ハイクラス向け」の転職サイトであり、高年収の求人も多く掲載されているのが特徴です。 今回は、ビズリーチにこれから登録しようとしている人のために、気をつ...

50代での転職はムリ?成功するためのポイント4つを解説します。

「50代で転職なんて無理なのかな…」 「50代から転職すると年収が下がるかも…」 あなたは今、そんなふうに考えていませんか? 50代からの転職は、確かにハードルが高いです。しっかりと知識を持っていないと、 転...

JACリクルートメントの評判!転職希望者、求人企業の評判をまとめてみた!

JACリクルートメントのビジネスモデル 最初にご紹介するのは内容は『JACリクルートメント』についての理解を深めるための内容です。どんなビジネスモデルなのか、どんな人に向いているのか。そして、何故、ランクアップの転職の為に選ばれるか。...

よくある転職の失敗例。プロが教える後悔しない転職とは

給料に不満がある。そろそろキャリアアップがしたいなど、転職理由は一人ひとり異なりますが、転職に失敗する人には一定の共通点があることをご存知でしょうか? 転職は人生における大きなターニングポイントです。 大切なタイミングだ...

forkwellの評判は?口コミを徹底検証し大手転職サイトと比較

現在、転職を希望する人のほとんどがエージェントの在籍する転職サイトを活用して転職活動を行っています。「せっかく転職サイトに登録したのに求人がなかった」「エージェントが自分に合わなかった」そういった思いをしないためにも、まずは自分にぴった...

1分で完了!ビズリーチの退会方法を画像でわかりやすく解説

ビズリーチは、ハイクラス向けの転職サイトとして、多くの人に利用されています。 しかし「ハイクラス向け」というだけあって、条件や競争率の厳しい求人も多く、なかなか転職できない…という声がちらほらあるのも事実。 ビズリーチ以...

転職を引き止められても迷うな!上手くかわす対処法2つを解説します

「転職先への採用も決まって、そろそろ今の職場に退職の意思を伝えようかな。」 そんなタイミングで、現職の上司や人事と話し合うことを「退職交渉」といい、多くの場合は退職交渉が終わってから退職届を提出します。 ただ、「退職届を...

RSG Construction Agentの評判は?口コミから実情を徹底解説!

転職活動を行う上で、転職サイトや転職エージェントを利用しようと考える人が多いのではないでしょうか。転職サイトなどを利用すると、求人サイトの中から自分で探すよりも良い求人や自分に合った求人に出会える可能性が高くなります。 しかし...

TOP