WEB・アプリサービス

ティアンドエスへの転職情報まとめ。難易度や年収などについて解説

ソフトウェア開発の請負や運用保守、さらには半導体の製造など、テクノロジーに関連する事業を多角的に展開しているティアンドエス。
日立グループや東芝グループなど、大手企業からの受注実績も目立っている企業です。
最近では画像認識や画像処理、ハードウェア制御といった研究開発にも力を入れています。
そんなティアンドエスは、システムエンジニアやヘルプデスク、品質保証といった職種で中途採用を募集中です。
エンジニア職を中心に多くの求人が出ており、IT業界への転職を検討している方には見逃せない企業です。
この記事では、ティアンドエスへの転職を検討している方に向けて、ティアンドエスの転職難易度や推定年収、口コミなどを解説します。

ティアンドエスへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・ティアンドエスの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ティアンドエスの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ティアンドエスの企業概要
  • ティアンドエスの転職ポイント
  • ティアンドエスの社風や企業文化

ティアンドエスに転職するポイント

ティアンドエスの特徴

POINT

  • ・システム開発などを中心に行う企業
  • ・半導体領域や画像処理などの分野も手掛ける多角的な事業展開が強み
  • ・比較的休みが取りやすく、ワークライフバランスは良好との声多数

ティアンドエスへ転職するポイント

POINT

  • ・エンジニアや品質保証、カスタマーサポートといった職種で求人あり
  • ・システムエンジニアやQAエンジニアなど、IT専門職での募集が特に多い
  • ・面接は履歴書に書いた内容が中心のオーソドックスな質問が中心

ティアンドエスの企業概要

会社名 ティアンドエス株式会社
本社所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい 3丁目6番3 MMパークビル11階
社長 武川 義浩
設立 2016年11月1日
株式 上場(東証グロース)
株主構成 武川義浩(34.37%)
日下理(8.56%)
渡辺照男(8.21%)

ティアンドエスの売上

ティアンドエスの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 2,297百万円 2,266百万円 2,732百万円
経常利益 269百万円 304百万円 419百万円

ティアンドエスの最新ニュース

ティアンドエスの事業内容

ティアンドエスの主力事業は、あらゆる産業領域のソフトウェア市場におけるシステム開発の受託と、開発したシステムの保守や運用です。
日立グループや東芝グループなど、大手企業からの受注実績を数多く誇るティアンドエスは、大企業からの受注実績をもとに製造業やサービス業など、各業界で請負実績を伸ばしています。
大手企業を中心とした顧客戦略がティアンドエスの強みであり、最近では大手企業の関連会社やグループ会社からの受託も多いです。
さらに、ティアンドエスではシステム開発に加え、半導体分野にも力を入れています。
ティアンドエスの前身である旧テックジャパンの事業を引き継いでおり、安定的に半導体を供給できるインフラを整えていることが強みです。
さらに最近では次世代メモリの研究開発などを「挑戦分野」と位置づけ力を入れており、競争力の強化を図っています。

ティアンドエスの募集要項

システムエンジニア

システム開発や保守、さらには業務システムのプログラム開発などを行うのがシステムエンジニアの役割です。
搬送システムの開発やデータマイニング技術、数理科学技術など、幅広い領域の開発に携わることができます。
情報収集力や分析力が求められる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・1年以上のシステム開発の実務経験

ヘルプデスク(マネジメント)

大手半導体メーカーのヘルプデスク業務を担当します。
ヘルプデスク業務に加え、ネットワーク設定やキッティング業務、電話対応や問い合わせ対応などが具体的な仕事内容です。
また、マネジメント職としてメンバーのマネジメントも行います。

必須な経験・スキル

  • ・ヘルプデスクの業務経験
  • ・Officeアプリケーションの操作経験
  • ・リーダー経験

ティアンドエスの転職難易度

ティアンドエスの転職難易度は中程度です。
ティアンドエスでは、システムエンジニアやQAエンジニア、ヘルプデスクなど、多くの職種で中途採用を募集しています。
各職種で求められている実務経験はそれほど厳しいものではなく、幅広く中途採用の門を開いていることが伺えます。
携わることができる業務も多いため、応募しやすい方が多いといえるでしょう。
一方、一部の職種では熊本限定の求人が出ていたりと、勤務エリア的に応募しづらいケースがある点には要注意です。
また、IT専門職での採用が中心のため、エンジニア以外の職種への転職は応募できる職種が限られてしまうかもしれません。
求人情報は常に更新され続けるため、こまめにチェックしておくようにしましょう。

ティアンドエスが転職者に求める人物像

ティアンドエスは転職者に対し、「クライアントのビジネスを左右するという自覚を持ちつつ、挑戦することをやめない人」を求めています。
ティアンドエスは大手の上場企業を中心とした顧客を持っており、クライアントからの受託案件がそのクライアントのビジネスの命運を大きく左右することが少なくありません。
日々進化し続けているIT業界のトレンドを常に追い求め、どのような案件にも果敢にチャレンジすることができる人材であることが重要です。

ティアンドエスの転職までの流れ

ティアンドエスの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:課長・チームリーダー
想定内容:書類選考の際に記載した履歴書の内容をもとに、これまでの職務経験やティアンドエスで取り組みたい仕事内容などについて聞かれます。

最終面接

想定選考官:社長・担当役員
想定内容:一次面接と同様にオーソドックスな質問が中心であり、会話ベースで和やかな面接だったという情報もあります。

内定

ティアンドエスの面接形式

ティアンドエスの面接回数は2回です。
面接形式については、一次面接が応募者二人、選考者二人の複数人形式での面接、二次面接は一対一形式での面接だったという口コミがあります。
面接1回あたりの所要時間は45分前後と標準的な水準です。
応募から採用決定までは2週間前後で、面接の合否はそれぞれ1週間以内に送られています。

ティアンドエスの面接内容

ティアンドエスの面接で最もよく聞かれる質問内容の一つに、「ティアンドエスで取り組みたい仕事は何か」というものがあります。
ティアンドエスでは現在、これまで基盤としてきたソフトウェア開発に加え、古くから取り組んでいる半導体や挑戦領域であるメモリの研究開発、さらにはAI開発などにも挑戦中です。
幅広い仕事があるなかでどのようなことに取り組みたいのかという点を意識しながら、転職後のイメージを膨らませておきましょう。
これ以外にはオーソドックスな内容がほとんどで、答えやすかったという口コミが多かったです。
特に変わった質問もなく、社長面接では社長自身が話している時間も長かったという情報もありました。

ティアンドエスの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は比較的少ない
・求人情報はDODAなどでも確認可能
・これまでの経験を問うような質問が多い

エンジニア、30代前半、男性
「これまでどのようなプロダクトに取り組んできたのか」と聞かれました。また、取り組んできたプロダクトを答えたあとは、「自身が実装を担当した箇所はどこか」「何人体制の開発だったか」などと詳しく聞かれました。
カスタマーサポート、30代前半、男性
特にこれといった答えにくいような質問は少なく、書類に記載した内容に沿って進む面接でした。社長面接の時は、社長自身が話している時間も長かったです。
営業、20代後半、女性
他社と同じような質問内容がほとんどで、答えに窮するような場面はありませんでした。「ティアンドエスは多角的な事業展開をおこなっているが、特に携わってみたい領域はあるか」と聞かれたことを覚えています。
管理職、40代前半、男性
「これまでのマネジメント経験について詳しく説明してください」といわれました。さらに、マネジメント経験について答えたところ、「その経験をティアンドエスでどのように活かすことができると考えていますか」と聞かれました。
エンジニア、20代前半、女性
一次面接は応募者と面接官がそれぞれ2人ずついました。特に変わった質問内容はありませんでしたがやや緊張感がありました。最終面接は会話ベースで打ち解けていて、「ティアンドエスでどのような仕事をしたいのか」といった内容を聞かれました。

ティアンドエスで働いている方の評判・口コミ

エンジニア、在籍3~5年、男性
株式上場をしてから雰囲気がガラッと変わり、これからまた新しい体制を作っていこうという気概を感じます。これまで基盤としてきた半導体やソフトウェアの下請けのみならず、新しい研究開発領域に力を入れているのが強みです。社長はカリスマ性が高く、どちらかといえばトップダウンの体制があります。
管理職、在籍3~5年、男性
経営層には東芝に関係していた人材が多く在籍しているため、信頼感があります。2016年にシナノシステムエンジニアリングとテックジャパンが合併して発足した企業であり、両者の雰囲気がそれぞれ受け継がれている印象です。風通しは良く、上下関係も比較的緩くなっています。
営業、在籍3~5年、女性
顧客層が幅広いことに加え、大手企業の案件を担当することもあるため、多彩な事業に携われていると感じます。プロジェクトにはよりますが比較的休みも取りやすく、ワークライフバランスは良い方なのではないでしょうか。残業を美化する風土もないため、36協定や法令を遵守する風土を強く感じます。一方で景気の影響を強く受けやすく、それによって賞与が左右されてしまいます。
口コミの要約

株式上場をしてから雰囲気が大きく変わり、これまでの人月商売から脱却しようという意識が強い企業です。多角的な事業展開を行っているため、多彩な事業領域に携わることができ、やりがいがあるという口コミが多く見られました。ワークライフバランスも良好だという声が多かった一方で、景気によって賞与が大きく左右されてしまう点を指摘する意見もありました。

ティアンドエスの年収・給与

年収 450万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 財経制度、健保保養所、退職金制度、社員懇親会、家族手当、資格手当など

ティアンドエスでの転職者の出世難易度

ティアンドエスでの転職者の出世難易度は中程度です。
ティアンドエスではさまざまなプロジェクトを担当しているため、一概に評価基準を設けることが難しく、自己評価が重視されます。
成長中の企業であるということもあり、出世難易度自体が格段に高いというわけではありません。
ある程度の出世を達成するためにはさまざまなプロジェクトへ貪欲に取り組んでいる姿勢が欠かせないといえます。
常に最新のITトレンドを求めることができるチャレンジ精神旺盛な人材が重宝される傾向にあります。

ティアンドエスはどんな人が働いている?

ティアンドエスの従業員数

296名

ティアンドエスの平均年齢

37.2歳

ティアンドエスの平均勤続年数

5.5年

ティアンドエスの社風

2016年にシナノシステムエンジニアリングとテックジャパンが合併する形で発足したティアンドエスは、社風としては合併前の両社の社風が入り混ざった独特な風土があります。
最近ではこれまでのシステム開発請負という意識から脱却して新しく事業を始めようという意識も浸透してきているようで、成長意識が高いのもティアンドエスの社風の特徴です。
人事や営業などを中心に徐々に考え方が変わりつつあります。
また、社長のカリスマ性が高いのもティアンドエスの社風の特徴です。
「ワンマン経営なのではないか」と指摘する社員の口コミもありましたが、トップダウンの体制で安定していることを評価する声もあり、賛否は分かれていました。
経営層には東芝関係者が多く社員から信頼を寄せられているのもティアンドエスの特徴です。

ティアンドエスのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00〜17:45
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、特別休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月22.9時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ティアンドエスの社長

武川 義浩

1961年生まれ。
1984年に株式会社ティーエスディーへ入社。
1993年に株式会社アイネットで勤務し、1996年株式会社テックジャパンへ入社。
1997年に代表取締役社長就任。
翌年、有限会社ソフトワールドの代表取締役社長に就任。
2016年より、ティアンドエス株式会社の代表取締役社長を務めている。

ティアンドエス現職、OB/OGの有名人

木下 洋

1968年生まれ。
1992年に監査法人朝日新和会計社へ入社。
1996年に公認会計士登録。
2008年にあずさ監査法人パートナーへ就任し、2019年に木下洋公認会計士事務所を設立。
2020年より、ティアンドエス株式会社の取締役執行役員業務本部長を務めている。

ティアンドエスの転職に関わるQ&A


社員からの口コミによると、ティアンドエスの平均残業時間は22.9時間であり、これは上場企業としてもやや短い水準です。
実際社員の口コミでも「残業が美化されるという風土がないため、定時でも帰りやすい」という意見が寄せられていました。
プロジェクトにはよるものの全体的に休みも取りやすく、平均するとワークライフバランスはかなり良いといえるでしょう。

ティアンドエスでは、産休や育休などの制度が整っています。
実際、産休を取得したあとに職務へ復帰した女性も少なくありません。
業界の特性上どうしても女性が少ないという点はありますが、それぞれにあったプロジェクトや業務に割り振るなどの配慮もされています。
そのため、女性の働きやすさについても心配ないといえるでしょう。

ティアンドエスへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ティアンドエスの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
採用情報ページには、企業メッセージをはじめ、オフィス環境やQ&Aなど、さまざまな情報が多数掲載されているため、応募する前に一度読んでおくと良いでしょう。
ただし、求人内容がざっくりとしか掲載されておらず、イマイチ分からないという部分も少なくありません。
より詳しい内容が知りたい場合や公式サイトに載っていない求人に応募したい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ティアンドエスの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

システム開発の募集要項を一緒に確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してティアンドエスに転職するなら、競合他社の募集要項を比較することが可能な「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動を行える手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・求人案件確認~応募までのスピード感

転職サイトは、空いた時間を活用して転職活動を行えるという手軽さがあるので、比較的時間をかけずに転職することが可能です。
また、求人案件が比較的豊富であり、求人案件の確認から応募までがスピーディーに進みます。
できるだけ時間をかけずに転職したい方やさまざまな企業を比較したい方は、転職サイトの活用がおすすめです。

システム開発を行う企業の募集を比較するなら「iX転職」

iX転職では、競合他社の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールのシステム開発メーカーの平均年収は、800万円~1,200万円となっており、別サイトと比べ、比較的高く設定されています。
また、iX転職では、一般的に掲載していない非公開求人を多く持っている転職サイトとして有名であり、ヘッドハンターに相談することで自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性もあります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「自分の今の能力で活躍できる企業がどれほどあるのか」や「募集要項はどのような違いがあるのか」などを知りたい方は、iX転職にまずは登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

rakumoの転職難易度は高い?選考フローや口コミなどを解説

rakumoは、勤怠管理や経費精算など、企業向けグループウェアサービスをSaaS方式で提供している企業です。 「仕事をラクに。オモシロく。」をビジョンに掲げており、主力サービスである「rakumo」を提供しています。 その結...

クリーマへの転職は難しい?転職難易度や選考のコツなどを解説

創作活動に取り組む全国のクリエイターとそのファンをつなぐためのプラットフォーム「Creema」の運営を行うクリーマ。 ハンドメイドの商品を専門で販売しているCtoC独自のマーケットプレイスを運営している企業です。 また、クリ...

SaaS業界に転職する際におすすめの転職エージェント・転職サイト

近年何かと話題に上ることの多いSaaS企業の躍進ですが、SaaSに興味を持っていても実際にどのような意味を持つのかはっきりと分からないという人も少なくありません。 SaaS業界への転職を検討するにあたって、まずはSaaSの言葉の意味を...

Institution for a Global Societyへの転職は難しい?口コミや年収などを解説

Institution for a Global Society転職者の主なキャリアステップ ...

Huluへの転職はおすすめ?年収や評判について解説

Hulu転職者の主なキャリアステップ 前職 放送、映像などのメディア系企業 HJホールディングス株式会社に転職 次の転職先 放送、映像などのメディア系企業...

ヤプリへの転職。社風や年収などの就職状況を解説!

ヤプリ転職者の主なキャリアステップ 前職 ヤフー、コロプラ、メルカリ、リクルート、サイバーエージェントなどのWEB系事業会社など 株式会社ヤプリに転職 次の...

ラキールの転職事情。面接内容や選考フローなどを解説

ラキール転職者の主なキャリアステップ 前職 ITベンダー 製薬会社 株式会社ラキールに転職 次の転職先 ベンダー SIer ラキールの主...

グローバルインフォメーションへの転職は難しい?転職難易度や事業内容などを解説

グローバルインフォメーションは、海外市場調査を中心とした市場調査レポートの作成事業などを手掛けている新進気鋭の企業です。 特定の調査項目について専門のアナリストが市場や技術動向の分析を行い、体系的なレポートを提供する事業を展開して...

アイキューブドシステムズへの転職難易度は高い?口コミや評判などを解説

アイキューブドシステムズは、イノベーションの連鎖を生み出すサービスの創出に注力し、ソリューションの提供を行っている企業です。 主力サービスである「CLOMO」をはじめ、長期的で安定性に長けた法人向けサービスを提供しています。 ...

メルカリの転職難易度は?年収や口コミを徹底リサーチ

メルカリ転職者の主なキャリアステップ 前職 LINEなどのWeb系事業会社 Amazonなどの外資系テクノロジー企業 Big4などのコンサルティングファーム 株式会社メルカリに転...

TOP