メーカー

日本マイクロソフトへの転職は難しい?口コミや年収などをチェック

 
▼下記は、日本マイクロソフトに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこから日本マイクロソフトに転職してくるのか
・転職先:日本マイクロソフトからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

日本マイクロソフトの主な転職元・転職先

学歴

学歴は、高卒〜大学・大学院卒が在籍。幅広い大学の在籍者がいて、海外大学出身者もいます。

職歴

職歴は、大手SIerアクセンチュアIBMなどのコンサル出身者、大手ソフトウェア会社などが挙げられます。

退職後の主な転職先

アクセンチュアIBMなどのIT系コンサルファーム、オラクルやSAPなどの外資系大手ベンダー、アマゾンなどのWeb系事業会社が転職先として選ばれています。

日本マイクロソフトは、1975年にビル・ゲイツらによって設立されたマイクロソフトの日本法人です。
世界中に普及しているパソコン用OSの「Windows」や、オフィスソフトである「Word」「Excel」「PowerPoint」などのソフトウェアの開発・販売を行っている企業です。
現在では、ソフトウェアの開発のみならずクラウドソリューションに注力をしており、急速に進むリモートワーク化や教育現場でのICT化にも今後活躍していく事業でしょう。
日本マイクロソフトでは、営業からSIerまで幅広い業種での中途採用による求人募集を行っております。

初めての転職で日本マイクロソフトを目指すなら「ビズリーチ」を見るべし!

日本マイクロソフトはどんな求人が出ているか早く知りたい!という方は、まずはビズリーチなどの転職サイトで掲載求人をチェックしましょう。
ビズリーチでは年収800万円以上のハイクラス求人が豊富に掲載されているため、転職先がまだ定まっていない方は転職サイトでの比較をおすすめします。

転職エージェントを利用する前の情報収集としても活用できますので、事前にチェックしておくとスムーズに転職活動を進められるでしょう。

また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • 日本マイクロソフトの企業概要
  • 日本マイクロソフトの転職ポイント
  • 日本マイクロソフトの社風や企業文化

日本マイクロソフトに転職するポイント

日本マイクロソフトの特徴

POINT

  • ・アメリカに本社を置くマイクロソフトの日本法人
  • ・リモートワークやフレックスタイム制で自由な勤務が可能
  • ・豊富な福利厚生とダイバーシティで働きやすい環境

日本マイクロソフトへ転職するポイント

POINT

  • ・英語力も含め高い専門知識が必要
  • ・世界的に知名度が高く、やりがいや達成感を感じやすい
  • ・社長を含む上司が変わりやすい

日本マイクロソフトの企業概要

会社名 日本マイクロソフト株式会社
本社所在地 東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー
社長 吉田 仁志
設立 ‎1986年(昭和61年)2月17日
株式 非上場
株主構成 スティーブ・バルマー 3.99%
ビル・ゲイツ 3.95%

日本マイクロソフトの売上

日本マイクロソフトの売上推移

年数 2016年 2017年 2018年
売上高 384,563百万円 409,300百万円 456,727百万円
経常利益 26,667百万円 29,008百万円 23,953百万円

日本マイクロソフトの最新ニュース

日本マイクロソフトの最新情報を掲載しております。

日本マイクロソフトの事業内容

日本マイクロソフトは、ビル・ゲイツらにより創業された、マイクロソフトの日本法人です。
パソコン用OSの「Windows」、Windows向けのオフィスソフトである「Word」「Excel」「PowerPoint」などのオフィスソフトを開発・販売をしています。

近年では、WebブラウザでMicrosoft Officeが利用できる「Office Web Apps」などを統合した「Office 365」や、「Microsoft Azure」などといったクラウドサービスに注力しています。

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、リモート学習や、リモートワーク環境の必要性が高まったことから、教育現場や企業での活用が今後期待されるでしょう。

日本マイクロソフトの転職の募集要項

Partner Development Manager (グローバルSIer)

パートナー企業のビジネス拡大に向けて、ビジネスプランの作成や実行などを行います。
具体的には、企業のトップと定期的なビジネスビューミーティング、ビジネスパフォーマンスの可視化を行い、新しいクラウド機能などを構築することが業務となります。

必須な経験・スキル

  • ・販売・マーケティング・事業運営のために必要な学士号
  • ・英語でのプレゼンテーションスキル
  • ・コアセールスの経験、パートナーチャネルの開発、セールス、ビジネス開発、テクノロジー業界でのアライアンス管理における5〜10年以上の経験

Industry Executive (Government)

公共市場、中央省庁、自治体に向けた総合的なデジタルソリューションを行います。
具体的には、政府や自治体などの「リモートワーク」「web会議」といった働き方改革、既存システムの近代化などをマイクロソフトのテクノロジーを使って進めていく業務です。

主に防衛省をクライアントとし、国防総省の学びを活かした「Japan JEDI」プロジェクトを推進する方を募集しています。
防衛選任のビジネス開発の技術的な観点での理解・知見を求められます。

公共機関のクライアントが多いため、公共機関への営業経験があると採用されやすい傾向にあります。

必須な経験・スキル

  • ・大規模組織における5年以上のIT営業、もしくはデジタル変革を促すソリューションセールスの経験
  • ・クライアントの課題やビジョン、中長期的な事業計画に対する戦略的、包括的なプランの立案および実行経験
  • ・顧客のニーズを理解し、カスタマイズされた顧客中心の提案とソリューションを作成して提供する能力

日本マイクロソフトの転職難易度

日本マイクロソフトの転職難易度は高めです。外資系企業の中でもトップクラスの難易度と言われております。
中途採用自体は多く行われていますが、知名度の高さから応募は多く、集まる人材のレベルも高いため、よほど卓越したスキルを持っていないと採用されることは難しいでしょう。

日本マイクロソフトが転職者に求める人物像

日本マイクロソフトでは、決して諦めない前向きな姿勢を持ち、それによってクライアントや社会にポジティブなエネルギーを与えられるような人材を求めています。
また、学習意欲が高く、知識を蓄え、自分の力にできるような人材も求めています。
日本マイクロソフトは、さまざまな原動力があり、変化が多く決して楽ではありません。
それでも社会にインパクトを与えたいというエネルギーに溢れているため、諦めない前向きな姿勢や、学習能力などが必要となってくるのです。
面接では、これらをアピールできるエピソードを用意してから臨むと良いでしょう。

日本マイクロソフトの転職までの流れ

日本マイクロソフトの選考フロー

書類・エントリーシート提出

一次~二次面接

想定選考官:現場マネージャー
これまでの経験や志望動機など、基本的な質問をされます。外国籍の社員との面接で英語が求められることもあります。

最終選考

想定選考官:現場社員

日本マイクロソフトの面接形式

面接官は2人または1人、30分~1時間にわたって行われます。
面接回数は多いですが、1日で全てを終わらせることができますので、集中力や体力が必要になります。
面接に至るまでにWEBテストを受ける必要があるので、対策をしっかりしてからのぞみましょう。

日本マイクロソフトの面接内容

一次面接では意表をつくような質問は少なく、志望動機、転職理由、保有スキルや英語力などの基本的な質問が多いようです。
二次面接からは現場社員から技術に特化した質問が多く、時にはホワイトボードを使用した説明も求められます。

コミュニケーション能力や主体性、積極性をアピールする必要がありますので、競合の企業が多い中で積極的に情報をキャッチする必要があるでしょう。
また、将来に向けた明確なビジョンを持っていると高く評価されます。話している途中でも質問が飛んでくるなど、スピード感がある面接が多い様子。聞かれたことにはわかりやすく簡潔に答え、話が長引かないように気を付けるのも大切です。

日本マイクロソフトで働いている方の評判・口コミ

システムエンジニア 在籍1~3年 男性
転職する社員や中途入社の社員でも抵抗感はありません。中途社員同士で積極的に交流もあり、転職者にはうれしい雰囲気でした。男女の区別もなく、女性でも管理職になることができます。
営業 在籍1~3年 男性
年俸制なので残業はありません。海外とのやり取りが多く、深夜に及ぶことはありましたが、自宅から参加できるため苦には感じませんでした。勤務時間の波はありますが、やらされている感や変なプレッシャーはありません。
テストエンジニア 在籍3~5年 男性
マッサージルームがあり、予約をすれば月に1回整体師さんの施術を受けることができます。ジュースやコーヒーなどの飲み物は無料で飲み放題で、社食もあり、そこで仕事をすることができます。
口コミの要約

中途採用で入ってくる社員が多いため、プロパー・中途の隔たりは少ないようです。福利厚生もユニークで、自由な社風であることがうかがえます。
また、雇用機会均等を行っているため、性別や婚姻状態などでの差別がなく、平等に出世ができる環境であるといえます。

日本マイクロソフトの年収・給与

年収 931万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 無し
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 無し
福利厚生 生活スタイルやニーズにあった福利厚生メニューを各自で選択。メディカルルーム、マッサージルーム、メンタルヘルスケアサポートなど

日本マイクロソフトでの転職者の出世難易度

日本マイクロソフトの出世難易度は中程度です。
部署によって昇進のルールが違うため、一概にはいえませんが、出世するには英語力は必須となります。
大きな成果を出した人はもちろんですが、仕事上のミスをせず、コツコツ成果を積み重ねる人も評価されます。
少々年功序列なところもあるので、諦めずに長く働くことが出世への近道となりそうです。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 900万円
30代前半 なし 1100万円
30代中盤 なし 1100万円
30代後半 なし 3000万円
40代前半 なし 1400万円
40代後半 なし 1400万円
50代後半 なし 1700万円

日本マイクロソフトはどんな人が働いている?

日本マイクロソフトの従業員数

2280名

日本マイクロソフトの平均年齢

記載なし

日本マイクロソフトの平均勤続年数

記載なし

日本マイクロソフトの社風

外資系とはいえ、日本の会社に近いところが多くあり、合宿を行うなど体育会系な部署もあるようです。
部署によって雰囲気はそれぞれですが、どの部署も向上心が高く、勉強熱心な方が多いです。
フレックスタイム制を採用しているため、就業開始時間も人それぞれで自由な雰囲気があります。

日本マイクロソフトのワークライフバランス

副業可否 可(申請制)
勤務時間 フレックスタイム制または裁量労働制(※標準労働時間7時間30分)
休日 完全週休2日制 (土・日) 祝日または職種によって週休3日制
その他の休日・休暇 夏季休暇 (年 3 日)、年末年始休暇 (12/30 – 1/4)、年次有給休暇 (初年度は入社時期により変動)、傷病休暇 (年 5 日)、ファミリーケア休暇 (年 5 日)、結婚休暇、忌引休暇、ボランティア休暇、永年勤続休暇

平均残業時間 41.6時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

日本マイクロソフトの社長

吉田 仁志

1961年生まれ、神奈川県出身。
1983年に米国タフツ大学卒業後、伊藤忠グループ事業会社に入社。89年にスタンフォード大学大学院コンピュータ・サイエンス博士号を取得。95年にハーバード大学ビジネススクールで経営博士号取得。同年、ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズに入社し、97年には同社の代表取締役社長に就任。2015年に日本ヒューレット・パッカード代表取締役社長執行役員就任、2019年10月に日本マイクロソフト代表取締役社長に就任。

日本マイクロソフト現職、OB/OGの有名人

阿多親市

1975年生まれ。
マイクロソフト株式会社の元社長。アイワ株式会社を退社後、1987年にマイクロソフト株式会社に入社しExcelなどのアプリケーションを普及させる。2000年に同社社長に就任。

日本マイクロソフトの転職に関わるQ&A


日本マイクロソフトはダイバーシティ&インクルージョンの考え方がもとになっているため、性別に関わらず雇用機会に恵まれます。
人種、国籍、性別、年齢、障がい、性的志向などの多様性を認め、社員がのびのびと働ける場所を提供しています。


コアタイム無しのフレックスタイム制を導入していて、テレワークの推進もいち早く始まりました。場所・時間を問わず勤務することが可能です。

日本マイクロソフトへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

日本マイクロソフトの公式サイトにの採用情報ページからエントリーすることができます。
公式サイトには求人情報をはじめ、事業内容についてなど、さまざまな情報が掲載されています。
ただし、採用サイトは英語での記載であり、情報量はそれほど多くはありません。
より具体的な求人を見たい場合や、表には出ていないような非公開求人に応募したい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な求人情報から選ぶなら「転職サイト」

転職サイトを活用して日本マイクロソフトへ転職するなら、掲載されている企業数が多く、ミドル~ハイクラスの案件が多い「ビズリーチ」がおすすめです。
ビズリーチでは、現在の自分の市場価値を知ることができ、また、担当するキャリアアドバイザーの評価を見ることが可能です

転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。
・掲載企業数が多い
・空いている時間に転職活動が行える
・スピード感がある

数多くあるポジションや企業の中から自分に合った職種を探したい人や、エージェントとのスケジュール調整がなかなかできない人には転職サイトがおすすめです。
また、転職エージェントを利用する前に転職サイトを利用するという人も多く、日本マイクロソフトの募集要項などを知りたい人は事前にチェックするのも一つの手でしょう。

ビズリーチではコンサルタントやエンジニアなどの専門職が多数掲載

現在、ビズリーチには日本マイクロソフトの求人は掲載されていませんが、同業他社の求人が多数掲載されています。

※画像はイメージです。

募集されているポジションは、コンサルタントやエンジニアなどの専門職が多数掲載されており、提示されている年収も比較的高くなっています。
また、ビズリーチは転職サイトの中でも、比較的多くの非公開求人を持っている傾向があり、キャリアアドバイザーに相談すると紹介してもらえることがあります。
ただし、企業が求めているスキルや人物像が具体的に分からないこともあり、その結果、経歴やスキルで落とされることもあります。
より確実な転職をしたいのであれば、転職エージェントを利用するのがおすすめ。

通過率を高め、幅広いサポートをしてもらうなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用して日本マイクロソフトへの転職を目指すなら、高い人気を誇っている「リクルートエージェント」がおすすめです。
キャリアコンサルタントの質や業界知識に一定以上の定評があり、業種や業態ごとに専門のキャリアコンサルタントが在籍しているため、転職成功率が高く、その結果、多くの利用者がいる人気の転職エージェントです。

転職エージェントを活用するメリットは大きく3つです。
・キャリアプランや給与交渉などを含むサポートが充実
・本人のスキルや希望条件との高いマッチング率
・非公開求人の多さ

日本マイクロソフトはハイクラス求人の中では人気の高い企業で、どうしても倍率も高くなってしまいます。
「今の自分でも通過することができるのか」や「自分に合っている企業か」などの不安がある場合は、キャリアコンサルタントに相談してみましょう。
日本マイクロソフトへの転職確率を可能な限り上げたいのであれば、転職サイトではなく、転職エージェントを活用するのが確実です。

リクルートエージェントでは営業やエンジニアの求人が多数掲載

現在、リクルートエージェントには日本マイクロソフトの求人は掲載されていませんが、同業他社の求人が多く掲載されています。
日本マイクロソフト リクルートエージェント
※画像はイメージです。

日本マイクロソフトのどのポジションに行きたいかをまだ決めかねている方や、初めて転職活動をする方は、幅広く案件を見られるリクルートエージェントはベストと言えます。
また、登録不要でも案件を閲覧することができるので、軽く案件を見てから興味を持てる案件がであれば登録するという形でも良いでしょう。

あなたが日本マイクロソフトに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

資生堂への転職はおすすめ?転職難易度や仕事内容についてご紹介

  ▼下記は、資生堂に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから資生堂に転職してくるのか ・転職先:資生堂からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

日本ロレアルへ転職するべき?評判や年収などについて解説

  ▼下記は、日本ロレアルに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本ロレアルに転職してくるのか ・転職先:日本ロレアルからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

日本マイクロソフトへの転職は難しい?口コミや年収などをチェック

  ▼下記は、日本マイクロソフトに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本マイクロソフトに転職してくるのか ・転職先:日本マイクロソフトからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、...

P&Gへの転職情報!転職難易度や年収について徹底解説!

  ▼下記は、P&Gに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからP&Gに転職してくるのか ・転職先:P&Gからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりた...

Apple Japanの転職難易度は?年収や社員の口コミ評判を徹底調査!

  ▼下記は、Apple Japanに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからApple Japanに転職してくるのか ・転職先:Apple Japanからどこへ転職するのか 一般的な傾...

富士通の転職情報まとめ。中途採用は難しい?

  ▼下記は、富士通に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから富士通に転職してくるのか ・転職先:富士通からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

良品計画への転職はおすすめ?気になる年収や評判を調査

  ▼下記は、良品計画に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから良品計画に転職してくるのか ・転職先:良品計画からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

本田技研の転職難易度は?評判や年収などを解説

▼下記は、本田技研に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから本田技研に転職してくるのか ・転職先:本田技研からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

NECへの転職。残業やNECからの転職先などについてご紹介

  ▼下記は、NECに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNECに転職してくるのか ・転職先:NECからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

ソニーへの転職難易度は?面接や年収について徹底調査

  ▼下記は、ソニーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからソニーに転職してくるのか ・転職先:ソニーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

TOP