メーカー

キヤノンの転職難易度は?面接内容や口コミなど解説

▼下記は、キヤノンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからキヤノンに転職してくるのか
・転職先:キヤノンからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

キヤノンの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学や大学院卒業など幅広く在籍しており、大学は、国立・私立ともに高学歴者が多くいます。

職歴

キヤノン在籍者の主な職歴は、NEC日立などの電機メーカー富士フィルムやパイオニア、アシックスなどのメーカーなどが挙げられます。

退職後の主な転職先

キヤノンからの転職先として、本田技研京セラソニー資生堂などのメーカーのほかに、博報堂ANAなどへ転職しています。

キヤノンは、カメラやビデオをはじめとする映像機器や、プリンタ、複写機などの事務機器、デジタルマルチメディア機器など、幅広い製品を製造しているメーカーです。
特にデジタル一眼レフカメラや交換レンズ、コンパクトデジタルカメラなどの映像入力に関わる製品の製造販売に特化しており、日本国内だけでなく、海外でも幅広く製品を展開しています。
また、近年では半導体の開発と製造にも力を入れており、さまざまな製品を開発し、事業拡大を図っている大手企業です。
1937年設立、東京都大田区に本社を構えており、187,041名もの社員が在籍しています。
そんなキヤノンは、機器整備などの専門職ポジションにて、即戦力となる人材を求めています。

初めての転職でキヤノンを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

キヤノンの面接内容や口コミも気になるけど、それよりも先にどんな求人募集がされているのか知りたいという方はまず、ビズリーチなどの転職サイトで求人情報をチェックしてみましょう。
ビズリーチにはハイクラス求人をメインに掲載されているため、転職先が未だ定まっていないという場合は、ここで一度比較しておくことをおすすめします。
転職エージェントの活用のみを考えている場合でも、情報収集源としてビズリーチを確認しておくと、転職活動をより円滑に進めることができるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • キヤノンの企業概要
  • キヤノンの転職ポイント
  • キヤノンの社風や企業文化

キヤノンに転職するポイント

キヤノンの特徴

POINT

  • ・映像機器や事務機器、デジタルマルチメディア機器などを展開する大手精密機器メーカー
  • ・日本国内だけでなく海外でも製品を展開し、グローバル化を推進
  • ・残業時間が短く、ワークライフバランスが非常に取れている企業

キヤノンへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は非常に少ない
  • ・機器整備などをはじめとした専門職ポジションで求人募集
  • ・企業理念「共生」に共感できることが重要

キヤノンの企業概要

会社名 キヤノン株式会社
本社所在地 東京都大田区下丸子三丁目30番2号
社長 御手洗 冨士夫
設立 1937年8月10日
株式 上場(東証1部、名証1部、札幌、福岡)
株主構成 日本マスタートラスト信託銀行(8.91%)
日本トラスティサービス信託銀行(6.13%)
バークレイズ証券(2.48%)

キヤノンの売上

キヤノンの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 4,080,015百万円 3,951,937百万円 3,593,299百万円
税引前当期純利益 353,884百万円 362,892百万円 195,740百万円

キヤノンの最新ニュース

キヤノンの事業内容

キヤノンは、カメラやビデオなどの映像機器、プリンターや複写機などの事務機器、デジタルマルチメディア機器などの開発と製造を行っているメーカーです。
特に映像機器に特化しており、快速・快適・高画質の三拍子が揃った「レンズ交換式カメラ」やEOS用の「交換レンズ」、高画質と優れた機能を結集させた「コンパクトデジタルカメラ」など、非常に高い評価を得ています。
また、業務向けの映像制作機器や放送用レンズ、多目的カメラなどの開発や提供も行っており、これらの製品を通じて消費者の暮らしを豊かに彩り、感動と喜びの提供を行っている企業です。
これら以外にも、パーソナル向けプリンターや業務向けプリンター、複合機やスキャナーなどの事務機器、ビデオ管理ソフトウェアや映像解析ソフトウェアといったデジタルマルチメディア機器の提供も行っています。
さらには、近年では産業用機器や半導体露光装置といった半導体の分野にも事業拡大を図っており、付加価値の高いさまざまな製品を展開しています。

キヤノンの募集要項

機械設備保全担当

企業活動の基盤となる会社インフラを守り支えるポジションです。
具体的には、建物や設備における企画や運営管理、維持保全、包括的に建物や設備のライフサイクルに関与し、戦略的な運営に取り組みます。
また、機械設備工事の設計や施工管理、設計投資計画なども担当する場合があります。

必須な経験・スキル

  • ・2年以上の機械設備管理の実務経験
  • ・建築整備士、一級管工事施工管理技術士、エネルギー管理しなどの資格を保有

環境マネジメント・環境設備管理

施設のマネジメントや環境技術の向上を通じ、施設面から環境経営を支えるポジションです。
具体的には、環境マネジメントシステム評価や改善活動、生産設備機器、インフラ設備の運転効率改善による省エネ施策実行などを行います。
それイガに身、エネルギー管理や排水クローズドシステムなどによる水資源有効活用化学物資管理なども行う職種です。

必須な経験・スキル

  • ・2年以上の環境マネジメントや環境設備管理に関する実務経験
  • ・公害防止管理者、危険物取扱者、環境計量士などの資格を保有

臨床検査技師

企業内診療所における臨床検査技師の業務やそれらに関連する業務を担うポジションです。
具体的には、心臓や腹部といったエコー検査、心電図、聴力検査などの業務を請け負います。
また、看護師業務の補助や診療所運用に関する諸業務も行うことがあります。

必須な経験・スキル

  • ・臨床検査技師の資格を保有
  • ・臨床検査技師としての実務経験があり、検査機器を単独で操作できる

キヤノンの転職難易度

キヤノンの転職難易度は非常に高いです。
その理由は、知名度の高さにあり、ワークライフバランスの良さから非常に人気の高い企業のため、応募者が殺到することが想定できます。
さらには中途採用枠が非常に少なく、倍率が高くなる傾向があることがいえます。
また、企業側から即戦力となる優秀な人材を求めており、未経験での応募は基本的に採用される可能性が低いため、転職難易度が非常に高くなっているのです。
キヤノンへの転職を目指すなら、困難であることを理解しておかなければなりません。

キヤノンが転職者に求める人物像

キヤノンでは、高い目標を持ち、その目標を達成できる行動力を持った人材を求めています。
また、自分の軸をしっかりと持ち、チームに力を最大限に引き出すマネジメント力や、好奇心があり、積極的に知識を吸収できるような人材も求めている傾向があります。
映像機器や事務機器などの分野で世界的シェアを誇っているキヤノンは積極的に新たな分野に取り組んでいるため、こういった能力が必要になります。
新しいことにチャレンジできる姿勢や、高い目標に向かって達成するために取り組んできたこと、周囲と協力して成果を出してきたことなど、具体的なエピソードを用意し、アピールできるようにすると良いでしょう。

キヤノンの転職までの流れ

キヤノンの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:課長・人事
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、定型的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員・人事
想定内容:これまでの質問に加え、自分の強みと弱みなどの質問をされます。

内定

キヤノンの面接形式

面接は1対1で行われるのがほとんどです。
面接回数は基本的に2~3回ですが、職種や応募者によって異なります。
1回あたりの時間は30分~1時間です。

キヤノンの面接内容

面接は、志望動機やこれまでの経験といった定型的な質問から進みます。
それ以外にも、「自分の強みと弱み」についての質問をされ、どんな状況下でも変化に立ち向かって粘り強く挑戦できる人材かという部分を判断されます。
自己分析をしっかりと行い、仕事するうえで強みを最大限に活かすことができる人材であることを証明することがポイントです。
また、技術職においては、具体的な研究内容や今後のプラン、手掛けてみたい業務内容などを具体的にアピールすると良いでしょう。
面接の雰囲気は比較的穏やかであり、圧迫面接などはほとんどありません。
変に緊張せず、リラックスして自分らしく面接に臨むことが肝心です。

キヤノンで働いている方の評判・口コミ

販促企画、在籍7~10年、男性
早くから海外に出て結果を残せば、海外人材として捉えられ、さまざまな国で働くチャンスを得ることができます。また、海外での個人による守備範囲は広く、若い年代でも部下を持ちマネジメント能力を伸ばすことができるため、やりがいと責任を感じながら働けます。
経営管理、在籍10年以上、男性
会社の研修制度はしっかりしているため、教育体制は充実していると思います。内部研修のほかに、外部研修を受けることが可能です。業務に支障が出なければ勤務時間中にも研修が受けられるので、効率的にスキルアップすることができるでしょう。
電子関連、在籍3~5年、女性
有給休暇が取得しやすく、最近では5日間の休暇取得が義務付けられています。また、ノー残業デーも存在し、会社全体として残業をなくしていこうという働きがあります。そのためプライベートを充実させやすく、バランスよく働けると思います。
口コミの要約

キヤノンの口コミを見てみると、海外で働くことができ、若いうちから部下を持って働けるため、やりがいと責任を感じながら働くことができることが伺えます。また、ワークライフバランスが非常に良く、働きやすい環境があることが伝わってきます。

キヤノンの年収・給与

年収 761万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 一部有り
福利厚生 社会保険完備、次世代育成手当、財形貯蓄、持株会など

キヤノンでの転職者の出世難易度

キヤノンの出世難易度は比較的高いです。
在籍している社員は優秀な人材が多く、それぞれ多くの実績を残しています。
その中で自身が出世するということは簡単なことではありません。
ただし、仕事に対する評価は平等であり、プロパー社員や中途社員ということ関係なく、しっかりと評価されます。
コツコツと実績を残し、周りから認めてもらえることで出世への道が拓けるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 なし 600万円
40代前半 課長代理 900万円
40代後半 なし 900万円
50代前半 主幹 1,100万円
50代後半 副部長 1,100万円

キヤノンはどんな人が働いている?

キヤノンの従業員数

187,041名

キヤノンの平均年齢

43.8歳

キヤノンの平均勤続年数

19.2年

キヤノンの社風

キヤノンは、日本企業特有の社風があります。
状況によって保守的になる場合もありますが、比較的新しいことに挑戦しようという風土があります。
また、人を育てるという想いが強く、教育体制には力を入れているため、スキルアップできる環境があるといえるでしょう。
社員同士のコミュニケーションにも注力しているので、全体的に社員同士が仲が良い傾向があります。
新しいことにチャレンジしつつ、スキルアップしながら働きたいという方には向いている企業といえます。

キヤノンのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 8:30~17:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、GW、夏季休暇など
平均残業時間 月10〜20時間
フレックス制度 なし
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

キヤノンの社長

御手洗 冨士夫

1935年生まれ、大分県生まれ。
中央大学法学部卒業後、伯父が創業者の一人ということもあり、キヤノンに入社。
15年後の1979年にキヤノンUSA社長に就任。
しばらく務めていたが、前社長の死去により、1995年に第6代社長に就任。
その後も、ビジネス機械・情報システム産業協会会長や日本経済団体連合会会長を歴任し、キヤノンの会長にも就任した。
しかし、2020年より社長にも復帰し、現在では社長兼会長を務めている。
秋の叙勲にて旭日大綬章を受章した人物であり、今後は公益財団法人ボーイスカウト日本連盟総裁に就任予定。

キヤノン現職、OB/OGの有名人

田中 稔三

1940年生まれ、愛知県出身。
慶應義塾大学経済学部経済学科卒業後、キヤノン株式会社に入社。
取締役や経理本部長、常務取締役などを歴任し、2001年に専務取締役に就任。
その後も、経理本部長兼政策・経済調査本部長や取締役副社長を歴任し、2008年より代表取締役副社長CEOを務めている。
現在は、公益社団法人日本租税研究協会副会長や公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会・教育員会委員なども務めている。
田中氏も御手洗氏同様に、旭日中綬章を受章した日本で認められた人物。

キヤノンの転職に関わるQ&A


男性社員のみならず女性社員も多く在籍しています。
また、ここ数年では女性社員管理職を増やそうという働きがあるため、女性でも出世を目指すことができるでしょう。
さらには、産休や育休が取得しやすいため、ライフイベントの際も安心して働くことができます。

キヤノンの福利厚生は、一般的な企業にある福利厚生に加え、キヤノン特有の福利厚生があります。
スポーツジムや保健室、食堂などがあり、気軽に利用することができます。
また、自己啓発用のイーラーニングなどが多数用意されており、資格試験を受けると補助が受けられるなど、さまざまな特典もあります。

キヤノンへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

キヤノンの公式サイトにある採用情報ページから応募が可能です。
企業からのメッセージや人事担当役員からのメッセージなどが掲載されているので、企業研究に役立てることができるでしょう。
ただし、求人情報の内容はそれほど詳しく掲載されておらず、2020年11月現在、求人情報は非常に少なくなっています。
もっと色んな求人情報を閲覧したい場合や一般公開されていない求人に応募したい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な求人から希望のポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを利用してキヤノンへの転職を考えているなら、豊富に企業数が掲載されており、ミドルクラス~ハイクラスの案件を多く取り扱っている「ビズリーチ」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つあります。
・多くの求人案件がある
・忙しい方でも転職活動が行える
・気になった求人にすぐ応募できる気軽さ

多くの求人案件があるため、自分に合ったポジションを探したいという方には、転職サイトがおすすめです。
また、現職などで忙しくなかなか転職活動ができないという方でも、比較的転職活動がしやすく、気になった求人があればすぐに応募ができるので、比較的時間をかけずに済むでしょう。

ビズリーチでは平均年収が高く、求人によって年収交渉ができる!

ビズリーチに掲載されている求人は、保全担当系の求人が多数掲載されています。

※画像はイメージであり、時期によって掲載内容が異なる場合があります。

ハイクラス求人を多く扱っているビズリーチだけあり、提示されている年収は全体的に高く、また、求人によっては年収交渉をすることが可能となっています。
さらに、ビズリーチでは、キャリアアドバイザーの評価をチェックすることができ、自分に合った担当者を見つけることができるという特徴があります。
ただし、転職サイトからの応募は、自分と企業とのすり合わせが上手くいかないことも少なくありません。
その結果、面接で落とされてしまったり、書類選考が通らないということがあります。
確実な転職を望むなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

幅広いサポートを受けながら確実な転職をしたいなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用してキヤノンへの転職を目指すなら、案件数が豊富で多角的なサポートを受けることができる「リクルートエージェント」がおすすめです。
キャリアコンサルタントの質が高く、業界や専門的な知識に定評のある転職エージェントです。

転職エージェントを活用するメリットは主に3つ。
・書類の添削から模擬面接などの幅広いサポート
・自身と企業の条件をすり合わせてくれるためマッチング率が高い
・多くの非公開求人情報を取り扱っている

転職エージェントでは、書類の添削や模擬面接はもちろん、自分の代わりに企業と年収交渉してくれるなど、幅広いサポートを受けることができます。
また、キャリアコンサルタントに相談も可能で、自分に合った一般には公開されていない非公開求人も紹介してもらえます。
今の自分でもキヤノンに転職することができるか知りたい方や、果たして自分の理想としている企業なのかなどがある場合は、キャリアコンサルタントに相談することで解決できる可能性があるでしょう。

リクルートエージェントではWEB面接が可能!

リクルートエージェントでは、エンジニアなどの専門職ポジションの求人が掲載されています。

※画像はイメージであり、時期によって掲載内容が異なる場合があります。

初めての転職で何から始めたら良いかわからない方や転職活動に不安を感じている方には、実績豊富なキャリアコンサルタントによる幅広いサポートや相談が可能なリクルートエージェントは最適です。
また、リクルートエージェントの特徴として、登録しなくても案件を閲覧することが可能なので、求人情報を見てから登録するという方法も一つの手でしょう。

あなたがキヤノンに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

ナイキジャパンへ転職するには?求人情報や口コミ評判まとめ

▼下記は、ナイキに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからナイキに転職してくるのか ・転職先:ナイキからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

川崎重工への転職。難易度や口コミなどを解説

▼下記は、川崎重工に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから川崎重工に転職してくるのか ・転職先:川崎重工からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

良品計画への転職はおすすめ?気になる年収や評判を調査

▼下記は、良品計画に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから良品計画に転職してくるのか ・転職先:良品計画からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン...

パイオニアの転職難易度は?口コミや年収など解説

▼下記は、パイオニアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからパイオニアに転職してくるのか ・転職先:パイオニアからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

レキットベンキーザーへの転職はおすすめ?年収や転職情報について調査

  ▼下記は、レキットベンキーザーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからレキットベンキーザーに転職してくるのか ・転職先:レキットベンキーザーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把...

NECへの転職。残業やNECからの転職先などについてご紹介

  ▼下記は、NECに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNECに転職してくるのか ・転職先:NECからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

クボタの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、クボタに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからクボタに転職してくるのか ・転職先:クボタからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

コニカミノルタへの転職難易度はどれくらい?評判や採用情報などを調査

▼下記は、コニカミノルタに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからコニカミノルタに転職してくるのか ・転職先:コニカミノルタからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せる...

デンソーへの転職は難しい?年収や難易度について徹底解説

  ▼下記は、デンソーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからデンソーに転職してくるのか ・転職先:デンソーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

カプコンの転職難易度は?社員の評判や面接内容を徹底解説

  ▼下記は、カプコンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからカプコンに転職してくるのか ・転職先:カプコンからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

TOP