WEB・アプリサービス

サーバーワークスへの転職は難しい?事業内容やミッション、将来性などを解説

サーバーワークス転職者の主なキャリアステップ

サーバーワークスの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学・大学院卒業など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職

サーバーワークス在籍者の主な職歴は、SIerやソフトウェア開発、AI/IoTなどのIT系企業のほか、プラットフォームサービスやデジタルマーケティング関連会社などが挙げられます。

次の転職先

サーバーワークスからの転職先として、SIerやシステム開発、ソフトウェア開発などのIT系企業のほか、ビジョンコンサルティングなどのコンサルファームKDDIなどの通信会社プラットフォームサービスなどへ転職しています。

サーバーワークスは、「クラウドで世界をもっとはたらきやすく」というビジョンのもと、Amazonの関連会社が提供するクラウドコンピューティングサービス「AWS」を活用したサービスを提供している企業です。
初期投資を必要とせずにクラウド基盤の設計や構築を行うことのできるサービス提供が強みで、これまでの取引社数は160社を突破、取り扱いプロジェクトは457を記録しています。
そんなサーバーワークスは、ITエンジニアの採用を中心に行っているイメージがあるかもしれませんが、エンジニアだけではなく、ITソリューションセールスや経理リーダー候補など、幅広い職種で中途採用を行っていることが特徴です。
この記事ではサーバーワークスへの転職を検討している方に向けて、サーバーワークスの事業内容や将来性などを解説します。

サーバーワークスへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・サーバーワークスの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • サーバーワークスの企業概要
  • サーバーワークスの転職ポイント
  • サーバーワークスの社風や企業文化

サーバーワークスに転職するポイント

サーバーワークスの特徴

POINT

  • ・サーバーを活用したシステムの提案や設計構築、運用をサポートする企業
  • ・AWSの導入支援やデータベースクラウド化サービスなどを提供している
  • ・自主性を奨励する文化があり働きやすく、平均残業時間も20時間以下と短い

サーバーワークスへ転職するポイント

POINT

  • ・エンジニアやセールス、経理など、幅広い職種で中途採用を募集中
  • ・エンジニアはクラウドアーキテクトやインフラなど、14以上に細分化されている
  • ・面接では人物面を中心に深堀りされるため、対策を進めておくことが大切

サーバーワークスの企業概要

会社名 株式会社サーバーワークス
本社所在地 東京都新宿区揚場町1番21号 飯田橋升本ビル2階
社長 大石 良
設立 2000年2月21日
株式 上場(東証マザーズ)
株主構成 大石良(37.43%)
株式会社テラスカイ(13.21%)
株式会社NTTデータ(3.39%)

サーバーワークスの売上

サーバーワークスの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上高 6,811百万円 8,029百万円 10,920百万円
経常利益 421百万円 410百万円 653百万円

サーバーワークスの最新ニュース

サーバーワークスの事業内容

サーバーワークスの主力事業は、企業のクラウド移行支援を行うトータルソリューションの提供です。
Amazonの関連会社であるAmazon Web Services, Inc.が提供するサービス「AWS」を活用したソリューション販売を行っており、企業のクラウド移行支援を手掛けています。
クラウドコンピューティングは、サーバーの設置やネットワーク機器の整備などに膨大なコストがかかるため、特に中小企業では敬遠されてきました。
サーバーワークスでは、そのような多大な初期投資を必要とせずにクラウド移行を行うソリューションを提供しており、さまざまな業界で導入実績があります。
最近ではWebやゲーム関連のスタートアップ企業のみならず、障害の許されない基幹業務系のシステムでの導入実績も少なくありません。
今後、企業のDW化が注目を浴びるなかでさらなる市場開拓を行うことが期待される将来性の高い事業展開を行っています。

サーバーワークスの募集要項

プロジェクトマネージャー

AWSの導入やサーバーレス開発など多岐にわたるプロジェクトに携わり、外部のステークホルダーとの調整を行うとともに社内メンバーの業務管理を行うのがプロジェクトマネージャーの主な役割です。
AWSの全体設計や標準化、運用設計なども行う専門性の高い職種です。

必須な経験・スキル

  • ・プロジェクトマネジメント経験
  • ・システム開発や構築、運用の経験

デジタルマーケティング

自社システムのクラウド化を検討している企業に向け、サーバーワークスの展開しているサービスの認知を広げ、お問い合わせにつなげるためのさまざまな業務を行います。
オンラインセミナーの開催やメディアの運営、リード獲得手法の拡大など、多彩な職務内容となっています。

必須な経験・スキル

  • ・2年以上のデジタルマーケティング業務の経験
  • ・論理的思考力やクリティカルシンキング

サーバーワークスの転職難易度

サーバーワークスの転職難易度は中程度です。
サーバーワークスでは、プロジェクトマネージャーやデジタルマーケティングなどのほかに、経理や採用担当、AWSトレーナーなど、非常に幅広い職種で中途採用を行っています。
そのなかでもエンジニアの求人が非常に豊富なことが特徴で、クラウドアーキテクトやインフラエンジニア、カスタマーサクセスマネージャーなど、14以上の職種に細分化されて募集が行われていることが特徴です。
職種を問わず、応募のための必須要件はそれほど高くないため、応募しやすいのもサーバーワークスの魅力です。
最近はシェアの拡大に伴い注目の集まってきている企業であるため、選考の倍率も高まりつつありますが、徹底した面接対策を行えば転職を成功させることは十分可能です。
企業研究や業界研究など、手抜かりなく行っておきましょう。

サーバーワークスが転職者に求める人物像

サーバーワークスでは、職種ごとに求める人物像を細かく設定しています。
なかでも、「チーム力を高めながら個人としても成長したい人」は、多くの職種に共通して見られるメッセージです。
サーバーワークスはプロジェクト単位で業務を行うことがほとんどで、多いときには30名近くのメンバーが協力することもあります。
周囲と協力しながら業務を進めていく能力は必須です。
そのほかにも、「これまでの経験を活かしながら、新しい分野にも挑戦していきたい人」という文言も目立ちます。
サーバーワークスは現在もシェアの拡大を続けている成長途中の企業です。
社風をよく理解し、企業と個人双方の成長に貢献していけるような人材が求められています。

サーバーワークスの転職までの流れ

サーバーワークスの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:課長
想定内容:志望動機や前職の退職理由など、オーソドックスな内容がメインとなります。1次面接のあとにリファレンスチェックが行われることも特徴です。

最終面接

想定選考官:部長・取締役
想定内容:これまでの内容に加え、志望動機や入社後のビジョンなどについて深堀されます。

内定

サーバーワークスの面接形式

サーバーワークスの面接回数は2回です。
面接形式は1対1で、1回あたりの面接時間は30分前後と標準的な長さとなっています。
1次面接のあとにリファレンスチェックが行われることが特徴です。
リファレンスチェックでは、前職の在職期間や実績、人物像などを第三者に照会されるため、頭に入れておきましょう。

サーバーワークスの面接内容

サーバーワークスでの面接では、「周りにどのような人といわれるか」や「イライラした時にどう対処しているか」といった人物面を重視した質問が多いです。
また、「自身を体の部位に例えるなら何か」といったやや変化球の質問もあります。
いずれの質問も、自身の経験や性格の特徴などと結びつけながら根拠を明確にして答えることが重要です。
そのほかにも、「部下のマネジメントを行う時に意識していることは何か」など、業務をするうえで意識しているポイントを聞かれることがあります。
エンジニアの場合は「前職でどのようなプロジェクトに携わったか」や「規模はどれくらいで、実装を担当した部分はどこか」といった内容もあります。
事前に自身の実績を整理し、アピール材料を洗い出しておきましょう。

サーバーワークスの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は非常に多い
・求人情報はDODAなどでも確認できる
・比較的回答がしやすい質問をされる

マネージャー、40代前半、男性
「部下のマネジメントを行ううえでどのような点を意識しているか」と聞かれたことが印象に残っています。全体的に人物面を重視した質問が多かったです。
エンジニア、20代後半、女性
前職での経験や携わったプロジェクトについて深堀されました。職歴やスキルといった面よりも、キャリアプランや自己分析などが重視されているように感じます。
エンジニア、20代後半、男性
「サーバーワークスをどこで知ったのか」と聞かれました。BtoB業界に興味があった旨を分かりやすく伝えるように心がけました。
人事、30代後半、男性
「どうしてサーバーワークスを志望したのか」といったオーソドックスな質問が多かったです。面接官の人の雰囲気は非常に和やかで、話しやすく感じました。
エンジニア、30代前半、男性
技術面というよりも人物面を重視した質問が多く、「周りにどのような人といわれるか」「イライラした時にどのようにして対処しているか」といった内容が目立ちました。答えやすい質問が多かったです。

サーバーワークスで働いている方の評判・口コミ

エンジニア、在籍5~7年、男性
全体的に誇らしく感じる企業文化があり、自分が会社に常に寄与できていると感じる場面が多いです。自主性を奨励して自発的な行動を後押しする体制など、他社にはない魅力があります。ただし、人間関係は全体的にドライで、自分から助けを求めなければなかなか周囲がサポートしてくれることはありません。自律性に富んだ人材が求められている印象です。
マネージャー、在籍1~3年、男性
社員一人一人が自由であることを重視する風土があります。エンジニアとしての技能開発に重点を置いており、新卒1年目はまるまる1年間OJT研修です。男女問わず活躍できる環境づくりを積極的に進めており、時短勤務や育休などを自由に取得できます。個人のキャリアやライフワークを尊重する姿勢が人事総務部門にあることが魅力です。
技術、在籍3~5年、女性
上下関係がほとんどなく、文字通りフラットな人間関係が特徴の会社です。若手も役職者に対して積極的に提言をすることができます。失敗した人を責めないという文化が浸透しているのも良いポイントです。ワークライフバランスも調整しやすく、月の平均残業時間は20時間以下となっています。ただし、PMなどの管理職まで出世するとやや業務量が増える印象です。
口コミの要約

社風や制度について、総じてポジティブな声が非常に多く寄せられていました。社員の企業に対する総合満足度ランキングでも上位1%にランクインしているなど、社員の満足度が非常に高いことが伺えます。ワークライフバランスについても好意的な意見が多かったですが、管理職まで出世するとやや忙しくなる傾向があるようです。

サーバーワークスの年収・給与

年収 659万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年2回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 リモートワーク支援手当、AWS認定資格、BYOD手当、ピアボーナスなど

サーバーワークスでの転職者の出世難易度

サーバーワークスでの転職者の出世難易度は中程度です。
サーバーワークスではグレード制を取っており、半期ごとにマネージャーとの面談を実施します。
出世の際は直属のマネージャーが昇格のためのプレゼンを行い、経営や部門長、各マネージャーなどからの承認を経て昇格が決定される制度です。
直属のマネージャーからの評価が重要ですが、年功序列の要素はほとんどありません。
中途採用か新卒採用かに関わらず、チャレンジ精神旺盛で能動的な社員はしっかりと出世できるという口コミが目立ちました。
サーバーワークスで出世をしていくためには、様々な仕事に自発的に取り組む姿勢が求められています。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 600万円
30代後半 なし 700万円
40代前半 なし 700万円
40代後半 なし 800万円
50代前半 部長 1,000万円

サーバーワークスはどんな人が働いている?

サーバーワークスの従業員数

149名

サーバーワークスの平均年齢

35.9歳

サーバーワークスの平均勤続年数

3.1年

サーバーワークスの社風

サーバーワークスの社風には、自主性を奨励するという特徴があります。
若手であっても役職者に対して積極的に提言できる環境があり、自発的に行動すれば大抵の場合は受け入れられるのがポイントです。
「失敗しても叱責しない」という独自のルールが定められていることも特徴で、「失敗を招いた原因を特定して仕組みを改善していく」という目標が実際に強く意識されています。
また、社員の自由を重んじる文化があるのもサーバーワークスの特徴です。
フルリモートで働くことも可能で、なかには沖縄県に在住している社員もいます。
柔軟な働き方が可能な自由な社風があることがサーバーワークスの魅力といえるでしょう。

サーバーワークスのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 10:00~19:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、慶弔休暇、特別休暇、リフレッシュ休暇など
平均残業時間 月18.1時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

サーバーワークスの社長

大石 良

1973年生まれ。
1996年に丸紅株式会社へ入社。
2000年に有限会社ウェブ専科(現・株式会社サーバーワークス)を設立し、代表取締役に就任。
2014年に株式会社365の取締役に就任。
2018年より、株式会社サーバーワークスの代表取締役社長を務めている。

サーバーワークス現職、OB/OGの有名人

羽柴 孝

1978年生まれ。
2000年にジーエフシー株式会社へ入社。
2006年に株式会社サーバーワークスへ入社し、2010年に営業グループサブリーダー兼プロダクトマネージャーに就任。
翌年、営業部長に就任。
2013年より、取締役を務めている。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

サーバーワークスの転職に関わるQ&A


サーバーワークスでは、産休や育休などの制度が導入されています。
また、求人には明記されていないことが多いものの、育休取得後に時短勤務を行うことも可能です。
サーバーワークスの総務人事部には、社員のキャリアやライフワークに寄り添おうという方針があります。
裁量労働制も活用されており、女性も活躍しやすい企業だという声が多く見られました。

サーバーワークスの月平均残業時間は18.1時間です。
上場企業としても非常に短い水準で、社員の口コミのなかにも「ワークライフバランスが良く働きやすい」という声が目立ちました。
事前に調整を行えば1か月程度のまとまった休みを取得することもできます。
ただし、サーバーワークスに限ったことではありませんが、管理職まで出世するとやや業務量が増える点には注意が必要です。

サーバーワークスへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

サーバーワークスの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
募集要項以外にも、「サーバーワークスの成長」や「カルチャー」、「はたらく仕組み」など、有益な情報が多数掲載されているため、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、公式サイトからの応募の場合は、どうしても時間がかかってしまいます。
できるだけ時間をかけたくない方やスムーズに転職活動を行いたい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

他社も含めた豊富な求人から選ぶなら「転職サイト」

転職サイトを利用してサーバーワークスへの転職を考えている方には、ハイクラス求人が豊富な「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つです。

  • ・非公開求人が比較的多い
  • ・求人案件が豊富
  • ・案件の確認から応募までスピーディー

転職サイトは、比較的非公開求人を多く持っている傾向があります。
また、非公開求人も含め、非常に多くの求人案件があるため、希望するポジションを見つけ出すことができるでしょう。
さらには、案件確認から応募までが素早く行えるので、できるだけ時間をかけずに転職したい方には、転職サイトの活用がおすすめです。

競合他社の募集要項もまとめて比較したいなら「iX転職」

iX転職には豊富な求人が取り揃えらえており、サービスの展開を図っている競合他社の募集要項も確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職はさまざまなハイクラス求人を取り揃えており、ほかの転職サイトでは扱っていないような非公開求人も持っている可能性があります。
そのため、iX転職では競合他社と比べながら検討することも可能です。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
ほかの競合他社の募集要項も含め、さまざまな情報が知りたいという方は、iX転職に登録し、届いたスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

マネーフォワードへ転職するには?年収・面接回数・口コミも併せてご紹介!

マネーフォワード転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルートグループ、楽天などのWEB系事業会社 サイバーエージェントなどのWEB系代理店 株式会社マネーフォワードに転職 ...

エッジテクノロジーへの転職は難しい?事業内容や将来性、口コミなどを解説

エッジテクノロジー転職者の主なキャリアステップ ...

スパイダープラスの転職事情。選考難易度や対策ポイントなどを解説

スパイダープラスは、建設業を主要なターゲットとした建築図面や現場管理アプリケーション「SPIDERPLUS」を展開している企業です。 「SPIDERPLUS」は、2011年リリースにされて以降、利用アカウント数は拡大を続け、2...

ベースの転職はおすすめ?転職難易度や年収などを調査!

ベース転職者の主なキャリアステップ ...

インフォネットへの転職事情まとめ。事業内容や難易度、将来性などを解説

インフォネット転職者の主なキャリアステップ ...

リクルート住まいカンパニーへの転職。難易度や年収などを公開

リクルート住まいカンパニー転職者の主なキャリアステップ 前職 楽天などのWeb系事業会社 アクセンチュアなどのコンサルティングファーム ワークスアプリケーションズなどのSIer、ツールベンダー ...

はてなへの転職は難しい?難易度や社風について調査

はてな転職者の主なキャリアステップ 前職 web系事業会社 株式会社はてなに転職 次の転職先 w...

Aimingへの転職は難しい?年収や選考フローなどを解説

Aiming転職者の主なキャリアステップ ...

デジタルマーケティング業界に転職する際におすすめの転職エージェント・転職サイト

デジタルマーケティングとは、様々なものがデジタル化しデジタル関連のサービスが増えている中で注目されているデジタル化されているマーケティグのことです。 デジタルマーケティング業界への転職を検討するにあたって、まずはデジタルマーケ...

東海ソフトへの転職は難しい?将来性、難易度などを社員の口コミを交えて解説

東海ソフト転職者の主なキャリアステップ ...

TOP