WEB・アプリサービス

フィードフォースへの転職は難しい?口コミや転職難易度などを解説

フィードフォース転職者の主なキャリアステップ

フィードフォースの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学・大学院卒業などが幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職

フィードフォース在籍者の主な職歴は、人事コンサルファームやデジタルコンテンツ制作会社、セキュリティベンダーなどが挙げられます。

次の転職先

フィードフォースからの転職先として、LINEなどのWEB事業者のほか、コンサルファームやAI系企業などへ転職しています。

フィードフォースは、企業やBtoBのデジタルマーケティングをメインに、「DF PLUS」や「EC Booster」といったサービスを提供している企業です。
「「働く」を豊かにする。」というミッションを掲げ、LINEやfacebook、Instagramといったプラットフォームを通じて、企業情報の配信を支援しています。
その結果、各業界のトップ企業を中心に500社以上の企業のデジタルマーケティングを支援するなど、現在も成長し続けている企業です。
そんなフィードフォースでは、企画やエンジニアといったポジションで、既存の枠を超えて新たな価値を創造できるような人材を求めています。

フィードフォースを目指す人におすすめの転職エージェント

・フィードフォースの口コミや年収も気になるけど、確実な人から適切な転職先を紹介されたい!

そんな方はまず転職エージェント「DX CAREER AGENT」をチェックしましょう。

DX CAREER AGENTの主な特徴は以下の通り。

・DXに精通した人材紹介に特化されたサービスならではの、求人・サポート

・サポートする少数精鋭のエージェントは全員、各業界の最大手出身者

・大手の採用代行を行なっているので、マーケットに出てこない優良求人を多数保有

DX CAREER AGENT
DX CAREER AGENT

この記事でわかること

  • フィードフォースの企業概要
  • フィードフォースの転職ポイント
  • フィードフォースの社風や企業文化

フィードフォースに転職するポイント

フィードフォースの特徴

POINT

  • ・企業やBtoBのデジタルマーケティングをメインにサービスを提供する企業
  • ・LINEやfacebookなどのプラットフォームを活用し、企業情報の配信を支援
  • ・各業界のトップ企業など、500社以上の企業を支援した実績を誇る

フィードフォースへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は非常に少ない
  • ・企画やエンジニアなどで求人募集
  • ・既存の枠を超え、新たな価値を創造できることが肝心

フィードフォースの企業概要

会社名 株式会社フィードフォース
本社所在地 東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル5F
社長 塚田 耕司
設立 2006年3月23日
株式 未上場
株主構成 フィードフォースグループ株式会社

フィードフォースの売上

フィードフォースは未上場のため、親会社であるフィードフォースグループ株式会社の売上高を掲載いたします。

フィードフォースグループの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上高 1,526百万円 2,587百万円 3,005百万円
経常利益 371百万円 874百万円 912百万円

フィードフォースの最新ニュース

フィードフォースの事業内容

フィードフォースは、企業やBtoBのデジタルマーケティングを中心にサービスを提供している企業です。
主力として、国内環境に適合したShopifyアプリを提供する「App Unity」や、ECの商品データや人材の求人票データなど、マーケティングに活用するための「dfplus.io」を提供しています。
そのほかにも、ECの商品データや人材の求人データなどを各媒体に変換して連携する「DF PLUS」や、ECの集客業務を自動化する「EC Booster」なども手掛けています。
さまざまな顧客の課題解決に取り組んできた結果、現在では500社以上の企業の支援実績を誇っている企業です。
今後の展望として、B2B領域でSaaSとAIを活用し、効率化や自動化をさらに推進していくことを目指しています。

フィードフォースの募集要項

経営企画

経理や財務、ディスクロージャー、内部監査を担当するポジションです。
また、J-SOX文書整備や運用モニタリング、社内規程整備、予算と中期経営計画の策定なども行います。
経営企画の領域を幅広く経験できる環境があるため、スキルアップが望める職種です。

必須な経験・スキル

  • ・変化の速い環境でも臨機応変に対応できる能力
  • ・論理的思考の保有
  • ・抽象的思考の保有

フロントエンドエンジニア

フロントエンドの開発をメインに、プロダクトに必要なことを職能に縛られずに担うポジションです。
具体的には、フロントエンドの実装やテスト、リリースなどのプロダクト開発全般や、デザイナーと連携したUI企画を行います。
ビジネスサイドやデザイナーと連携し、企画段階から携わることができるため、刺激を受けながら働ける職種です。

必須な経験・スキル

  • ・TypeScriptを用いた開発経験
  • ・ReactやVue.js、Angularなどを用いた開発経験
  • ・SPA構築の実装経験 など

インフラエンジニア

サーバサイドの開発を担当するポジションです。
具体的には、新しいECカートシステムとの連携や新しい広告メニューの追加などを行います。
将来的には、エラー対応や技術的な顧客サポートなどの運用業務も対応できる可能性があるため、さまざまな業務を経験できる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・2年以上のGitベースのコラボレーションツールを用いたWebアプリケーションのチーム開発の経験

フィードフォースの転職難易度

フィードフォースの転職難易度は比較的高いです。
その理由として、企業の知名度の高さが挙げられます。
フィードフォースは、これまでに500社以上の企業を支援したという実績を誇っており、知名度が非常に高く、人気のある企業です。
そのため、どのポジションでも倍率が高く、競争率が激しくなることが想定できます。
フィードフォースへの転職を目指すなら、ほかの応募者に負けないように自己アピールできるようにしましょう。

フィードフォースが転職者に求める人物像

フィードフォースでは、既存の枠を超えて新たな価値を創造できる人材を求めています。
そのほかにも、向上心を持って自ら意識して成長できる人材や仕事のメンバーと協調して業務を遂行できる人材も求めています。
フィードフォースは、企業を第一に考えて行動する企業なため、これらの能力を保有していることで活躍できる場が多くあるといえるでしょう。
面接では、上述した能力を保有していることをアピールできるエピソードを複数用意し、効率的にアピールすることがポイントです。

フィードフォースの転職までの流れ

フィードフォースの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:人事
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問に加え、人柄や価値観を問うような質問をされます。

内定

フィードフォースの面接形式

面接は1対1や1対複数など、状況によって異なります。
面接回数は基本的に2回あります。
1回あたりの時間は1時間前後です。

フィードフォースの面接内容

フィードフォースの面接は、志望動機やこれまでの経験など、一般的な質問から進みます。
また、「新しいことにもチャレンジしていけるか」や「どんなことを通じて成長を実感したか」など、人柄や考え方を判断するような質問もされる傾向にあります。
奇をてらった質問などはほぼありませんが、回答一つ一つをしっかりと見られるため、堂々と回答できることが肝心です。
面接の雰囲気は比較的和やかな雰囲気で行われるので、必要以上に緊張することなく、自分らしく面接に臨むと良いでしょう。

フィードフォースの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は非常に少ない
・求人情報はGreenなどでも確認できる
・比較的和やかな雰囲気のなか面接が行われる

企画、20代後半、男性
なぜうちで働きたいのかを質問されました。フィードフォースが掲げるミッションや経営理念などに共感し、私も一員として企業を支援したいと考えたということを軸にアピールしました。
エンジニア、30代前半、男性
仕事を通して成長を実感した経験はあるかを聞かれました。社会人になってからずっとエンジニアとして働いてきたが、案件をこなす度に成長していることを実感できたということを伝えました。
企画、20代後半、女性
面接の雰囲気は比較的和やかであり、話しやすいと感じました。また、こちらのことを気遣ってくれて、優しい方が多い企業だと思いました。

フィードフォースで働いている方の評判・口コミ

Webディレクター、在籍10年以上、男性
新しいことに積極的にチャレンジしている企業ということもあり、日々刺激を受けながら働くことができます。そのため、成長を実感しながらさまざまな業務に携わることができるでしょう。
HTMLコーター、在籍5~7年、女性
最新の技術を身に付けたい方や技術力を高めたいと考える方には最適な環境があると思います。また、研修やセミナーなども充実しているため、限られた時間のなかでもどんどん知識を吸収することが可能です。
システムエンジニア、在籍7~10年、女性
残業は基本的にしないという風土が根付いているため、業務量が溜まっていなければ定時で帰ることもできます。また何か疑問点や困ったことがあれば、周囲の社員が親身になって話を聞いてくれるため、働きやすい環境はあると思います。
口コミの要約

フィードフォースの口コミを見てみると、新しいことにチャレンジできる環境があり、成長につなげられるということが伝わってきます。また、残業量はそれほど多くはなく、働きやすい環境があるということが伺えます。

フィードフォースの年収・給与

年収 583万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年2回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 家族手当、自己学習支援制度、在宅勤務備品購入補助など

フィードフォースでの転職者の出世難易度

フィードフォースの出世難易度は比較的高いです。
在籍している社員数はそれほど多くはないものの、実績を残している方が多くいます。
そのようななかから自身が出世するということは簡単ではありません。
また、出世するためには積極性や向上心の保有なども必要な要素です。
フィードフォースでの出世を目指すなら、これらを意識して日々努力していくことが大切でしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 400万円
30代前半 なし 600万円
30代後半 なし 700万円
40代後半 なし 900万円

フィードフォースはどんな人が働いている?

フィードフォースの従業員数

48名

フィードフォースの平均年齢

32.4歳

フィードフォースの平均勤続年数

4.1年

フィードフォースの社風

フィードフォースは、企業として新しいことにも積極的にチャレンジしていくという風土があります。
そのため、最新の技術や知識を身に付けることができ、成長しやすい環境が整っているといえます。
また、比較的相談がしやすく、何かあった際は社員同士で助け合うという風土が浸透している企業です。
新しい技術や知識に触れながらどんどん成長していきたいと考えている方には、向いている企業といえるでしょう。

フィードフォースのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 10:00~19:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、慶弔休暇、結婚休暇、年次有給休暇など
平均残業時間 月10時間程度
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り(応相談)
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

フィードフォースの社長

塚田 耕司

1968年生まれ、香川県出身。
京都大学工学部卒業後、安田信託銀行株式会社(現・みずほ信託銀行株式会社)へ入行。
1996年に株式会社ルートコミュニケーションズを設立し、代表取締役に就任。
2006年に株式会社フィードフォースを設立し、代表取締役社長に就任。
現在は、親会社であるフィードフォースグループ株式会社の代表取締役社長も務めている。

フィードフォース現職、OB/OGの有名人

喜多 宏介

1980年生まれ。
2002年に株式会社日本システムディベロップメント(現・株式会社NSD)へ入社。
2005年に大和証券株式会社へ入社。
翌年、株式会社フィードフォースへ入社し、企画営業に従事。
2008年にセールスマネージャーに就任。
2012年に取締役に就任。
2017年~2022年まで事業統括本部長を務める。

フィードフォースの転職に関わるQ&A


基本的に転勤はありません。
そのため、入社した場所での勤務となるので、同じ場所で安定的に働きたいと考える方には嬉しいでしょう。

フィードフォースには、住宅手当や家族手当、自己学習支援制度など、一通りの制度が整っています。
また、在宅勤務備品購入補助やリモート手当なども完備しているため、福利厚生は充実しているといえるでしょう。

フィードフォースへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

フィードフォースの公式HPにある採用情報ページからエントリーできます。
採用情報ページには、企業メッセージやバリュー、会社紹介などが掲載されているため、応募する前に一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、公式HPからの応募の場合、どうしても時間がかかってしまう傾向にあります。
現職が忙しく転職活動にはそれほど時間が割けないという方は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、フィードフォースの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

募集要項の詳細を確認したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してフィードフォースに転職するなら、競合他社の募集要項も比較することができる「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・簡単に転職活動を行える手軽さ
  • ・求人数の豊富さ
  • ・求人内容確認から応募までがスピーディー

転職サイトは、空いている時間などを使って簡単に転職活動を行える手軽さがあるため、忙しい方でも比較的転職しやすくなっています。
また、求人数が豊富であり、競合他社の募集要項も確認することができるため、幅広く求人情報をチェックすることができます。

競合他社の募集内容も見たいなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)では、サービスの提供を行っている幅広い企業の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールのサービス業界は、平均年収が800万円~1,200万円と比較的高くなっています。
また、doda X(旧:iX転職)には一般公開されていない非公開求人を多く扱っている転職サイトとしても有名であり、相談することで自分に見合った非公開求人を紹介してもらえることがあります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「この企業はどんな人材を求めているのか」や「競合他社では募集要項にはどんな違いがあるのか」などを知りたい方は、doda X(旧:iX転職)に登録してスカウトメールをチェックすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

スパイダープラスの転職事情。選考難易度や対策ポイントなどを解説

スパイダープラスは、建設業を主要なターゲットとした建築図面や現場管理アプリケーション「SPIDERPLUS」を展開している企業です。 「SPIDERPLUS」は、2011年リリースにされて以降、利用アカウント数は拡大を続け、202...

スマートニュースへの転職。働きやすさや難易度についてご紹介

スマートニュース転職者の主なキャリアステップ 前職 ヤフー、楽天などのWEB系事業会社 サイバーエージェントなどのWEB代理店 博報堂などの総合代理店 スマートニュース株式会社に...

カカクコムの転職情報。学歴や転職難易度をご紹介

カカクコム転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルートグループなどのWeb系事業会社 サイバーエージェントなどのネット専業広告代理店 アクセンチュアなどのコンサルティングファーム ベンチャー企業 ...

ジャストシステムへの転職!口コミや年収、社風など徹底まとめ

ジャストシステム転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒からのプロパー社員 ジャストシステム株式会社に転職 次の転職先 日本オラクル Microsoft...

DMM.comへ転職したい方必見。転職難易度や評判について調査

DMM.com転職者の主なキャリアステップ 前職 事業会社の新規事業部署 ベンチャー関連 合同会社DMM.comに転職 次の転職先 業種を問わず幅広い企...

ウェルビー(Welby)の転職事情。転職難易度や事業内容、将来性などを解説

Welby転職者の主なキャリアステップ ...

マーキュリーリアルテックイノベーターへの転職は難しい?選考フローや出世難易度などを解説

マーキュリーリアルテックイノベーターは、不動産に関するビッグデータを活用した情報プラットフォームを提供している企業です。 「Big Data × Technology」をビジョンに掲げ、新築分譲マンションの物件概要情報や販売価...

サクシードの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

サクシード転職者の主なキャリアステップ ...

freee(フリー)への転職。転職難易度や評判などを解説

freee転職者の主なキャリアステップ 前職 ワークスアプリケーションズなどのIT系コンサル LINE、Googleなどのweb系事業会社 freee株式会社に転職 ...

リクルートライフスタイルへ転職。口コミや気になる年収をご紹介

エンジニア系プロジェクトマネージャー系ビジネスディベロップメント系デジタルマーケティング系データ系コーポレート系 ...

TOP