WEB・アプリサービス

ENECHANGEへの転職は難しい?事業内容や面接内容などを解説

ENECHANGE転職者の主なキャリアステップ

ENECHANGEの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、大学卒業や大学院卒業などが在籍しており、大学は国立大学や早慶MARCHといった有名私立大学の割合が高く、なかには海外大学出身者もいます。

前職

>ENECHANGE在籍者の主な職歴は、ガス事業者や発電事業者のほか、アイリスオーヤマやキーエンストランス・コスモスなどが挙げられます。

次の転職先

ENECHANGEからの転職先として、本田技研楽天のほか、KPMGなどのコンサルファームへ転職しています。

ENECHANGEは、「エネルギーの未来を作る」というミッションの元、エネルギー分野に特化したテクノロジーサービスの提供を専門的に行っている企業です。
電力やガス料金のシミュレーションや他社プランとの比較を可能にするサービス「EMAP」などを開発しており、TEPCOやTOKYO GASといった大手電力・ガス会社とも取引実績を誇っています。
また、2022年より、グリーン電力証書のオンラインプラットフォーム法人向けサービスを提供開始するなど、急速に業績が拡大している企業です。
そんなENECHANGEは、エネルギーとテクノロジーを組み合わせた事業の独自性や将来性の高さから転職先としても注目が集まっています。
そこで、この記事ではENECHANGEへの転職を検討している方に向けて、ENECHANGEへの転職を目指すうえで必ず知っておきたい事業内容や面接内容、社員の口コミなどを解説します。

ENECHANGEへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・ENECHANGEの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ENECHANGEの企業概要
  • ENECHANGEの転職ポイント
  • ENECHANGEの社風や企業文化

ENECHANGEに転職するポイント

ENECHANGEの特徴

POINT

  • ・エネルギー分野に特化したサービスを提供している東証マザーズ上場企業
  • ・電気代やガス代のシミュレーションなどを行う「EMAP」など、サービスの開発実績多数
  • ・エネルギー分野に事業基盤を置いているため業績が景気に左右されにくく、安定性が高い

ENECHANGEへ転職するポイント

POINT

  • ・ディレクターやセールス、エンジニアなど幅広い職種で中途採用を募集中
  • ・中途採用に積極的で、役員や管理職など責任あるポジションの募集も多い
  • ・面接での質問は基本的だが、「チャレンジ」と呼ばれる独自の採用方法もある

ENECHANGEの企業概要

会社名 ENECHANGE株式会社
本社所在地 東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル3F
社長 城口 洋平
設立 2015年4月
株式 上場(東証マザーズ)
株主構成 城口洋平(22.88%)
有田一平(11.77%)
エナジー・ステーション(8.89%)

ENECHANGEの売上

ENECHANGEの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上高 1,268百万円 1,713百万円 3,018百万円
経常利益 -304百万円 6百万円 -2百万円

ENECHANGEの最新ニュース

ENECHANGEの事業内容

ENECHANGEは、「Changing Energy for a Better World 〜エネルギーの未来をつくる〜」というミッションの元、電力やガスなどエネルギーに関連するサービスの開発、提供を行っています。
エネルギー分野に特化したサービスを専門的かつ中立的な立場から提供することで、独自のポジションを確立してきました。
また、エネルギーに関連するデータを解析し、電力会社・ガス会社に対するマーケティング支援を行うなど、BtoB分野でも事業を展開しています。
そのなかでも主力としているサービスは、電力会社・ガス会社選びをサポートするプラットフォーム「エネチェンジ」です。
オンライン上で居住地域や世帯の人数、電力の使用状況や仕様時間帯などを入力することで、独自のアルゴリズムに基づいて最適な電力プランを算出します。
月間ユニークユーザー数は220万人を超える規模にまで成長しており、今後も事業規模を拡大できるかが課題です。

ENECHANGEの募集要項

マーケティング・ディレクター

SEOや広告、SNS対応などを始めとするWebマーケティング施策の立案や実行、ターゲットのニーズを意識したコンテンツの企画や広告のディレクションなどを行います。
経験によっては展示会のクリエイティブディレクションや販促物の制作ディレクションを行う、幅広い職務に携わることのできる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・Webマーケティングの実務経験
  • ・Googleアナリティクスなどを使用した分析や改善の取り組み経験

セールス

ENECHANGEが現在事業展開を進めているEV充電器の分野において、EV充電器の新規設置先開拓や営業、提案資料の作成などを行います。
経験や実力によってはメンバーのサポートや営業戦略策定、組織のマネジメントなどを任されるため、責任のある職種です。

必須な経験・スキル

  • ・ほかの職種やチームメンバーと協働できるコミュニケーション能力

ENECHANGEの転職難易度

ENECHANGEの転職難易度は中程度です。
ENECHANGEでは現在、ディレクターやマーケティング、セールスといった職種を中心に中途採用を募集しています。
また、エンジニアやWebライターなどの専門職の中途採用も募集中です。
執行役員や事業責任者などの責任あるポジションでの中途採用も多く行っていることから、中途採用に積極的な姿勢が伺えます。
ENECHANGEでは、電気設備工事やエネルギーなどに関する知見がなくても転職へ応募することが可能なため、応募のためのハードルもそれほど高くないといえるでしょう。
ただし、2020年には東証マザーズへ株式を上場したことで注目を浴びている近年成長中の企業です。
業界内でのポジションの独自性や将来性の高さから転職先としても人気が高まっており、選考の倍率も上昇傾向にあります。
ENECHANGEへの転職を成功させるためには、事業内容などについて下調べをしておくなど、徹底した面接対策が必要でしょう。

ENECHANGEが転職者に求める人物像

ENECHANGEが転職者に対して求めている人物像は2点あります。
1つ目は、「ENECHANGEのビジョンに強く共感できること」です。
ENECHANGEでは、「エネルギーの未来をつくる」というビジョンの元、事業展開を行っています。
選考の際も、エネルギーに関連する事業に携わりたいという想いをアピールすると効果的です。
2つ目は、「自社サービスのファンとして、その成長にコミットできること」です。
ENECHANGEでは、電力やガスプランのシミュレーションを行うプラットフォームなど、独自性の高いサービスを数多く開発しています。
そのようなサービスの利便性や精神に共感できる人材が求められています。

ENECHANGEの転職までの流れ

ENECHANGEの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:採用責任者・チームメンバー
想定内容:これまでの経験や自己PRなど、オーソドックスな内容が中心の面接となります。

最終面接

想定選考官:役員・代表
想定内容:ENECHANGEへ入社後のキャリアプランやENECHANGEの掲げるビジョンへの共感など、人物面に関わる質問が目立ちます。

内定

ENECHANGEの面接形式

ENECHANGEの面接回数は3回です。
面接はオンラインで行われ、いずれも1対1形式です。
1回あたりの面接にかかる時間は30分〜45分ほどと標準的で、選考期間も3週間ほどと一般的な長さです。

ENECHANGEの面接内容

ENECHANGEの面接では、自己PRや志望動機といった内容のほか、「ENECHANGEのビジョンについて知っているか」や「ENECHANGEのビジョンに共感できるかどうか」といった質問が多く聞かれています。
ENECHANGEでは、公式サイト上でも明示しているように「企業のビジョンに対する共感」を非常に重視しています。
面接前に今一度、ENECHANGEのビジョンについて確認を行うなど、企業の目指す方向性に対する共感をアピールできるよう準備を進めておきましょう。
また、ENECHANGEでは「チャレンジ」と呼ばれる独自の採用手法が用いられています。
これは、入社後に取り組むべき課題が事前に与えられ、それに対する解決策を2週間前後で考えるというENECHANGEならではの選考方法です。
企業に対する深い理解やエネルギー業界に対する知識が問われるため、事前知識を固めておきましょう。

ENECHANGEの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには多くのポジションで求人募集している
・求人情報はGreenなどでも確認できる
・比較的話しやすい雰囲気で面接が進む

ビジネス、30代前半、男性
「ENECHANGEのビジョンを知っているか」と聞かれました。事前に調べていたため端的にお答えすると、「そのビジョンにどれほど共感できるか」と聞かれました。
セールス、30代前半、女性
「セールスとして大切にしていることはなにか」や「今までに辛かった経験はあるか」などを聞かれました。全体的にオーソドックスな内容が多く、話しやすい雰囲気の面接でした。
管理、40代前半、男性
「ENECHANGEのことをどこで知ったのか」と聞かれました。また、「これからENECHANGEをどうしていきたいのか」などと未来志向で、経営者目線の質問が多かったです。
ビジネス、20代後半、女性
「転勤や海外勤務があるかもしれないが大丈夫か」と聞かれました。海外勤務はしたくない旨を伝えてもそれほど反応が悪くなかったため、率直に意向を伝えることが大切だと思います。
事業企画、30代後半、男性
「チャレンジ」と呼ばれる独自の採用が行われていたことに驚きました。会社のことをより深く知るきっかけにもなるENECHANGEならではの方法だと思いました。

ENECHANGEで働いている方の評判・口コミ

ビジネス部門、在籍3~5年、女性
IT系のベンチャー企業です。社長を始めとした経営陣が非常に優秀で、無駄な議論がなくスムーズに物事が進む印象があります。エネルギー領域のなかでも独自性の高い事業展開を行っているため、将来性も高い企業です。社員には良い人が多く、コミュニケーション能力の高い社員が多く在籍しています。
エンジニア、在籍1~3年、男性
電力切り替えプラットフォームとしてナンバーワンのユーザー基盤を抱えており、売上の拡大も順調です。また、新型コロナウィルスの流行による不況にも強く、景気の影響を受けない事業展開ができています。ベンチャー企業ということもあり男女ともに活躍できる環境づくりに力を入れている印象です。産休や育休の制度も整っています。
管理、在籍1~3年、男性
企業全体として急成長を求めており、社員の多くが忙しく働いています。残業時間もやや長めで、ワークライフバランス重視の人よりも実力をつけたいキャリア志向の方に向いている企業です。フレックスタイムを採用しているため、融通を聞かせることはできます。テレワークなどの多様な働き方も積極的に推進しており、申請次第では副業も可能です。
口コミの要約

ベンチャー企業らしく、自由な風土があるという意見が多く寄せられていました。産休や育休はもちろん、リモートワークや副業など多様な働き方を推進する取り組みが数多く進められているようです。一方、仕事はやや忙しいと感じる社員も少なくありませんでした。休日出勤は少ないものの、残業時間はやや長めな傾向があります。

ENECHANGEの年収・給与

年収 604万円
ボーナスの有無 年2回(ストックオプション)
昇給制度 年2回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 在宅勤務手当、出張手当、社員持株会、社員食堂、食事補助など

ENECHANGEでの転職者の出世難易度

ENECHANGEでの転職者の出世難易度は中程度です。
ENECHANGEでは、年に2回評価の機会があります。
評価はその年の実績に基づいて行われる実力主義が基本であるため、実力のある社員は若くして管理職へ抜擢されることもあります。
中途採用だからといって出世が遅れるといったことは全くないため、転職者であっても十分出世を狙うことが可能です。
ただし、ENECHANGEには経歴や実力の両面で優秀な社員が多いため、そのなかで頭角を現すのは簡単なことではありません。
コツコツと実績を築くとともに、グローバルな視点で活躍していくことがENECHANGEでの出世を狙ううえでのポイントです。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 マネージャー 700万円
30代中盤 マネージャー 900万円
30代後半 副部長 700万円
40代前半 グループマネージャー 900万円
40代後半 室長 1,100万円
50代前半 副部長 900万円

ENECHANGEはどんな人が働いている?

ENECHANGEの従業員数

79名

ENECHANGEの平均年齢

35.2歳

ENECHANGEの平均勤続年数

1.9年

ENECHANGEの社風

ENECHANGEの社風の特徴としては、ベンチャー企業らしい自由な風土が挙げられます。
特に社内の風通しの向上に力を入れており、社員間の交流を活発にするための取り組みが数多く導入されています。
部署をまたいだ交流を月に2回の頻度で行う「Happy Friday」や、2週間に1度の全社集会などで、さまざまな職種の方と交流する機会が多いです。
また、代表を中心としたトップダウンの体制が確立されていることもENECHANGEの社風の特徴です。
ENECHANGEの役員は経歴、実力両面で非常に優秀で、カリスマ性が高いと感じている社員が多くいました。
良くも悪くもトップダウンの体制で、着実に事業を進めていく風土があるといえます。

ENECHANGEのワークライフバランス

副業可否 可能(要申請)
勤務時間 10:00~19:00
休日 土日祝日(週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始、夏季休暇、年次有給休暇など
平均残業時間 月37.5時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

ENECHANGEの社長

城口 洋平

1987年生まれ。
2009年に株式会社ミログを設立し、代表取締役に就任。
2013年にCambridge Energy Data Lab Limitedを設立し、Directorに就任。
その2年後、ENECHANGE株式会社のアドバイザーに就任し、2017年より代表取締役を務めている。
そのほかにも、SMAP ENERGY LIMITEDのCEOなども兼任している人物。

ENECHANGE現職、OB/OGの有名人

有田 一平

1982年生まれ。
2007年にJRモルガン証券株式会社へ入社。
2012年にグリー株式会社へ入社し、その翌年にはCambridge Energy Data Lab Limitedへ入社。
2015年より、ENECHANGE株式会社の代表取締役を務めている。

ENECHANGEの転職に関わるQ&A


ENECHANGEでは、産休や育休などの制度が積極的に導入されています。
また、出産祝い金とともに「ENECHANGE」のロゴとナンバーをつけたロンパースをプレゼントしているなど、育児を後押しする体制も特徴的です。
普段の勤務でもフレックスタイム制が導入されているため、働く時間に融通を利かせることができるという口コミも多く見られました。

ENECHANGEの月平均残業時間は37.5時間であり、これは同規模の企業と比較してやや長い水準です。
実際、社員の間でも「急成長を目指している会社というだけあり、残業が必然的に長くなる」といった口コミが多く見られました。
休日出勤も稀にあるものの、代休は必ず取得できるなど最低限の取り組みは進められています。
総合的には、ワークライフバランス重視というよりもキャリア志向で実力をつけていきたいという方に向いている企業です。

ENECHANGEへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ENECHANGEの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
募集要項以外にも、ミッションとバリューや職場環境、メンバーとカルチャーなど、有益な情報が多数掲載されているため、企業研究に役立てることができるでしょう。
ただし、公式サイトからの応募の場合は、どうしても時間がかかってしまいがちです。
できるだけ時間をかけずに転職したい方や公式サイトに載っていないような求人に応募したい方は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

通信業の募集要項を一緒に確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してENECHANGEに転職するなら、競合他社の募集要項を比較することが可能な「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動を行える手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・求人案件確認~応募までのスピード感

転職サイトは、空いた時間を活用して転職活動を行えるという手軽さがあるので、比較的時間をかけずに転職することが可能です。
また、求人案件が比較的豊富であり、求人案件の確認から応募までがスピーディーに進みます。
できるだけ時間をかけずに転職したい方やさまざまな企業を比較したい方は、転職サイトの活用がおすすめです。

通信業の募集を比較するなら「iX転職」

iX転職では、競合他社の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの通信業界の平均年収は、800万円~1,200万円となっており、別サイトと比べ、比較的高く設定されています。
また、iX転職では、一般的に掲載していない非公開求人を多く持っている転職サイトとして有名であり、ヘッドハンターに相談することで自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性もあります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「自分の今の能力で活躍できる企業がどれほどあるのか」や「募集要項はどのような違いがあるのか」などを知りたい方は、iX転職にまずは登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

面白法人カヤックへの転職。面接内容や評判を解説

面白法人カヤック転職者の主なキャリアステップ 前職 レベルファイブ ドワンゴ リクルート 楽天 株式会社面白法人カヤックに転職 次の転職先 DeNA...

Fortinetへの転職。難易度やキャリアプランについて解説

Fortinet転職者の主なキャリアステップ 前職 Cisco、ネットワン、日商エレクトロニクスなどのNIer トレンドマイクロなどのソフトウェアメーカー コニカミノルタ、ノキアなどのメーカー ...

クラウドストライクの転職難易度は?面接内容や口コミなど解説

お客様のデータを保護する使命のもと、セキュリティ侵害からデバイスを守る環境を提供するクラウドストライク。テレワーク環境が普及している現代において、世界中の企業にエンドポイントセキュリティを提供しています。 2011年に設立されて以...

DeNA Gamesの転職事情。年収や口コミなどを解説

DeNA Games転職者の主なキャリアステップ 前職 ワークスアプリなどのITコンサル ゲームなどのWeb系コンテンツ制作会社 セプテーニなどのツールベンダー 東芝、シャープなどの電機メーカー ...

サスメド株式会社への転職は難しい?事業内容や将来性、転職難易度などを解説

サスメドは、「ICTの活用で『持続可能な医療』を目指す」という理念のもと、医薬品や医療機器に続く第3の治療法として注目されている「デジタル治療」分野で事業を展開している企業です。 不眠症や乳がんといった疾患を対象としたスマート...

10Xへ転職するには?採用フローや求める人物像を徹底調査

10Xは現在非常に勢いのあるスタートアップ企業です。 2017年創業からの増資額は6億1,000万円となっており、今後さらなる成長が見込めるため転職先として非常に注目されています。 中心的な事業であった献立から食材を注文できる「タベ...

Kaizen Platformへの転職事情。事業内容や将来性、転職難易度などを解説

Kaizen Platform転職者の主なキャリアステップ 前職 ヤフー、グリー、コロプラなどのWEB系事業会社 株式会社Kaizen Platformに転職 ...

サーキュレーション株式会社の転職難易度は高い?年収や口コミなどを解説

サーキュレーション転職者の主なキャリアステップ 前職 SMBC日興証券などの金融 LIFULLなどの不動産 ビズリーチ、エン・ジャパンなどの人材サービス会社 株式会社サーキュレー...

エヌリンクスの転職難易度は高い?面接内容や選考フローなどを解説

エヌリンクス転職者の主なキャリアステップ ...

HENNGE(へんげ)への転職まとめ。面接で聞かれる質問や社員口コミなどを解説

▼下記は、HENNGEに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからHENNGEに転職してくるのか ・転職先:HENNGEからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

TOP