広告

アドウェイズに転職したい。年収や口コミ、面接内容を調査

▼下記は、アドウェイズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからアドウェイズに転職してくるのか
・転職先:アドウェイズからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

アドウェイズの主な転職元・転職先

学歴

学歴は、高校卒業〜大学・大学院卒業者が在籍と、幅広い学歴の在籍者がおり、さらいは海外大学出身者もいます。

職歴

アドウェイズに在籍している社員の職歴には、これといった傾向はなく、さまざまな職歴を持つ社員が在籍しています。

退職後の主な転職先

アドウェイズからの転職先として、総合広告代理店をはじめ、サイバーエージェントなどのネット専業代理店、Twitterなどの外資テクノロジー系企業、さらにはLINEなどのWeb系事業会社へ転職しています。

株式会社アドウェイズは、デジタルに特化した広告事業を展開する大手上場企業です。2001年2月に設立、2006年6月に東証マザーズ上場を果たしています。

本社は東京都新宿区の住友不動産新宿グランドタワーにあります。2019年3月時点で従業員数は891名、資本金は1,605百万円です。インターネット・テクノロジーを駆使して、社会を変えるサービスを世界中で展開するという信念を元に、現在フィリピン、シンガポール、台湾、香港、韓国、アメリカなど東南アジアを中心とした世界各国でインターネット関連の事業を展開しています。

2003年には中国へ進出をし、現在は中国でトップレベルのシェアを誇るインターネット広告代理店にまで成長しました。アドウェイズのスローガンは ”なにこれすげーこんなのはじめて”。上場してもベンチャー気質を持ち続け、時にはインターネットの概念をも越えて、世界中の人々に驚きと感動を与えることを目指しています。

初めての転職でアドウェイズを目指すなら「ビズリーチ」を見るべし!

アドウェイズの年収や口コミも大切だけど、まずはどんな求人があるか知りたいというそんな方は、ビズリーチなどの転職サイトで求人情報をチェックしてみましょう。
ビズリーチには、ハイクラス求人が豊富に掲載されているため、希望するポジションがまだ定まっていないという方は、ビズリーチで比較しておくことをおすすめします。
転職エージェントを活用する場合でも、情報収集として事前にチェックしておくことで、転職活動を円滑に進められるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • アドウェイズの企業概要や事業内容
  • アドウェイズへ転職するときのポイント
  • アドウェイズの給与や働き方など

アドウェイズに転職する際のポイント

アドウェイズの特徴

POINT

・モバイルアフィリエイトの分野は国内最大級
・福利厚生が充実
・新しい取り組みを好むベンチャー気質

アドウェイズへ転職するポイント

POINT

・成長スピードやグローバルな事業展開に惹かれ、さまざまな企業からの転職者が集まっている
・広告事業に関わるポジションが多く募集されている
・海外展開しているため、英語力必須のポジションがあるほか、海外現地採用の求人もある

アドウェイズの企業概要

会社名 株式会社アドウェイズ
本社所在地 東京都新宿区西新宿八丁目17番1号 住友不動産新宿グランドタワー38階
社長 岡村 陽久
設立 2001年2月28日
株式 上場(マザーズ)
株主構成 岡村陽久(19.60%)
伊藤忠商事(9.62%)
自社(自己株口)(6.82%)

アドウェイズの売上

アドウェイズの売上推移

年数 2017年 2018年 2019年
売上高 42,329百万円 41,501百万円 41,857百万円
経常利益 248百万円 575百万円 903百万円

アドウェイズの最新ニュース

アドウェイズの募集要項

広告プランニング運用

クライアントのニーズに応じたプロモーションプランの設計・提案・運用を行います。取り扱う商品は、アフィリエイトや自社メディアだけではなく、アドネットワーク・DSP・SEMなど多岐に亘ります。

こちらの募集については、過去にスマートフォン広告商品の営業あるいは運用の経験がある方が求められます。運用型広告の経験があればなお歓迎されます。
また海外出稿のニーズも多い為、ビジネス英語力がある方も歓迎されます。

必須なスキル・経験

・スマートフォンの広告商品の営業や運用経験がある方
・運用型広告の取り扱い経験があり、PDCAサイクルを回して改善施策を講じられる方
・変化が激しい業界でスピード感を持って仕事を進めることに自信がある方など

広告企画営業(アプリ)

主な業務内容は、クライアントのニーズに応じたプロモーションプランの設計・提案・運用と、広告主へのフロント業務です。幅広いジャンルに携わるため、業界経験者の方も新たなノウハウ・経験が積めます。

運用型広告の経験、トラッキングサービスやアクセス解析サービスの利用経験がある方、ビジネス英語力がある方が歓迎されます。

必須なスキル・経験

・スマートフォンアプリの広告営業、運用経験者
・変化が激しい業界でスピード感を持って仕事を進めることに自信がある方
・自ら考え主体的に動ける方

サーバサイドエンジニア(リードエンジニア)

企画職・デザイナー・営業と共にプロジェクトに参画し、仕様書に基づいた開発や運用、改善はもちろん、エンジニア視点での企画・仕様策定も業務に入ります。
アフィリエイトシステム、アドネットワーク運用業務支援サービス、販売管理システムなどプロジェクトは複数あり、どのサービスに関わるかは現場の状況や面談を経て決定となります。

広告業界の知識がある方、大規模サービスの開発経験がある方、新しい技術の検証、導入、共有を楽しめる方などは特に歓迎されます。

必須なスキル・経験

・Webアプリケーションの開発経験がある方
・Linux、MySQL、nginxなどを利用した本番環境構築・運用経験のある方
・OOPでの開発実績をお持ちの方
・Git / GitHub or GitLab を利用したチームでの開発経験がある方

エンジニアマネージャー

各部門から編成されるチームの合意を形成してパフォーマンスを最大化することにより、プロダクトの開発を成功へと導く責務があります。若手エンジニアの育成も行います。

アフィリエイトシステム、アドネットワーク運用業務支援プラットフォーム、広告効果分析システムといったサービスがあり、どのサービス担当になるかは面談を経て決まります。言語はプロダクト毎に、システムを高速かつ安定して動作させるために適したものが選択されています。

広告業界の知識がある方、スクラム開発やDDDの活用経験、社内ビジネスプロセスの改善やERP導入経験がある方は歓迎されます。

必須なスキル・経験

・Webアプリケーション開発経験がある方
・プロジェクトリーダーとして、プロダクトの開発を完成まで導いた経験のある方
・組織的な開発体制の改善や先端テクノロジーの導入を推進した経験のある方
・若手エンジニアの育成経験がある方

広告プランニング運用(ADWAYS PHILIPPINES INC.での現地採用)

主な業務はインターネット広告のプランニング運用とレポート業務です。

クライアントへの広告進捗レポート作成などのほか、個人のスキルによりGoogle, Yahoo!, Facebook, Twitterなどの広告運用、記事広告サービスの 広告主×記事×メディア の最適化といった業務も担えます。

海外子会社 “ADWAYS PHILIPPINES INC.” での現地採用となりますので、インターネット広告の知識と英語が一度に身に付く環境です。日本から安心して転職ができるようにと待遇はかなり手厚い一方で、日本のクライアントからは高い成果を期待されます。

よって、本気でフィリピン/セブで働きたいという意欲がある方が求められます。

必須なスキル・経験

・セブ島で2年以上の勤務が可能な方
・Excelなど基礎的なPC操作が可能な方
・日常会話程度の英語ができる方
・自分で考えて動ける方

アドウェイズへの転職難易度は?

アドウェイズは、モバイルアフィリエイト広告分野において国内でも最大級のクライアントを抱えています。年収はここ数年で100万円以上あがるなど、業界内でも最大手のサイバーエージェントに次ぐ水準となっており、人気は高く、転職難易度はやや高いと言えるでしょう。

面接時は質問へのレスポンスの速さや回答内容の論理性が見られるほか、アドウェイズとカルチャーマッチするかも重要視される為、事前の情報収集とロジックの準備が大切です。

アドウェイズの転職はどんな方が受かりやすい?

アドウェイズが積極的に採用するのは以下のような人材です。

・成長意欲が高い方
・チャレンジ、挑戦という言葉にグッとくる方
・今までに無い新しいモノを造りたい方
・誰かのために動ける方
・サプライズ企画で人を喜ばせる事が好きな方
・どうせやるなら「夢中」になりたい方
・忙しい程、燃える方

上記に一つでも当てはまれば、ぜひアドウェイズへの転職に挑戦してみてください。

アドウェイズの転職までの流れ

アドウェイズの選考フロー

エントリー

書類選考

想定選考者:人事

1次面接

想定面接官:事業部副本部長
想定内容:経歴確認のほか、その職種における本人の希望や今後のキャリアプランが問われます。また、パーソナリティを知るための逆質問も多くなされます。

2次面接

想定面接官:部門責任者
想定内容:過去の経験・実績やパーソナリティをより深く問う内容です。

(場合により3次面接。内容は2次面接と重複しますので、根気よく臨みましょう)

内定

入社

アドウェイズの面接形式

面接回数は通常2回で、1次が役員クラス、2次が部門長クラスもしくはその逆の順序となります。カジュアルな雰囲気の中、会話形式で面接実施されることが多いです。

期間としては内定まで約1ヶ月程度。場合によって3次面接を行うこともあります。面接ではとにかく素直に、尖った質問に対しては正確に回答することが好ましいでしょう。

職種によっては、Skypeでの面接も可能です。

アドウェイズの面接内容

人自身を知ろうとする質問が多く、社風に合うかどうかが重視されます。提案力や活動力などが求められるので、自分がその職種においてやりたいことを事前に整理し、面接の場できちんと言葉にして伝えられるようにしておきましょう。

今後のキャリアプランも尋ねられますので、明確に言えるよう準備が必要です。職種によっては「残業が多い」といったネガティブな要素も面接で伝えられ、自身が対応できるかどうかを素直に回答する必要があります。30代の方に対しては、「若いスタッフが多いが大丈夫か」と質問されることもあります。

基本的に形式張らずリラックスした雰囲気なので、構えず自然体で臨むと良いでしょう。

アドウェイズで働いている方の評判・口コミ

営業、在籍年数3年未満、女性
やりたいことを主張し続けていれば、任せてもらえるような環境です。チャレンジ精神が大きい会社なので、何事もチャレンジしてみたい人にはおすすめです。
クリエイティブ、在籍年数5年未満、男性
前よりは残業時間が少なくなったように感じます。広告業界だと残業が多いイメージがありますが、会社全体で無くしていくような動きをしているので、ワークライフバランスが正常になってきています。
クリエイティブ、在籍年数5年未満、女性
産休・育休がしっかり取れ、男性社員でも取りやすくなっています。時短勤務やリモートワークといった新しい制度も広く取り入れられている印象です。
口コミの要約

会社としてチャレンジ精神が大きく、色々な経験をすることができるとの声が多いです。業務量の多さや給料面に関して一部不満の声も見られますが、給料などについては年々改善が進んでおり、業界上位の水準となっています。ただし昇給は、誰が上司になるかによって大きく変わるという声も複数ありました。

アドウェイズの年収・給与は?

平成29年におけるアドウェイズの平均年収は552万円です。ここ数年での平均年収推移は452万円から552万円となっています。それでは詳細を見ていきましょう。

年収 552万円
ボーナスの有無 半期年棒制のため無し
昇給制度 年2回(4月、10月)
残業手当 有り
平均残業時間 20~30時間
固定残業手当 60時間
通勤手当 月上限5万円
住宅手当 記載なし
福利厚生 無料ドリンク、マッサージチェア
社員の家族の誕生日に、5キロのお米など

アドウェイズでの転職者の出世難易度

アドウェイズは比較的新しい会社であり、近年、業容の拡大により中途採用をしています。平均勤務年数は約3年と短く、現時点で中途採用者が多く出世している事例はありません。

ただし、ベンチャー気質の社風に、積極的な姿勢によりどんどん仕事を任せてもらえる文化ということもあり、実績次第では中途採用者でも、出世は十分できると考えてよいといえるでしょう。成果を出し早々にマネージャークラスまで上り詰めるという事例もあるため、チャレンジ精神のある方はぜひ出世を目指してみてください。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代前半 なし 400万円
20代中盤 なし 400万円
20代後半 なし 500万円
20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 650万円
30代前半 課長 650万円
30代中盤 なし 600万円
30代後半 なし 750万円
30代後半 マネージャー 800万円
40代前半 マネージャー 700万円

アドウェイズではどんな人が働いている?

アドウェイズの従業員数

グループ全体:891名(2019年3月時点)

アドウェイズの平均年齢

31.9歳

アドウェイズの平均勤続年数

3.5年

アドウェイズの社風

2001年2月に設立した比較的新しい会社であり、ベンチャー気質が強い会社です。従業員自身がやりたいことができる社風であり、若手の社員でも発言しやすい職場環境です。会社の雰囲気は若く勢いがあり、スローガンに「なにこれすげーこんなのはじめて」という言葉を掲げていることからも、新しいことに挑戦する風土がある会社であることがうかがえます。

スローガンの通り、世界中の人々に驚きと感動を与えられる仕事の実現・新しい価値発信をしていこうとする会社であるため、社員が新しいことにチャレンジすることを支えてくれます。

「人から感謝され、喜ばれるサービスを提供したい」という信念のもと、行動力と情熱が評価される会社です。

アドウェイズのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 10:00~19:00
休日 土曜・日曜・祝日
平均残業時間 20~30時間
フレックス制度 なし
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
休暇制度 夏季休暇、年末年始、慶弔休暇
時短勤務 有り

アドウェイズの社長

岡村 陽久

埼玉県出身の日本の実業家、株式会社アドウェイズ代表取締役社長。高校の頃から松下幸之助の生き方に影響を受けており、入学2ヶ月で高校中退、その後訪問販売の仕事をする会社に就職。この頃から営業の実力は飛び抜けており、入社1ヶ月で全国2位のトップセールスマンとなりました。

2001年に株式会社アドウェイズを設立し、代表取締役社長に就任。モバイルのアフィリエイト広告事業を軸に急成長を果たし、2006年に26歳で東証マザーズへ上場しました。

アドウェイズ現職、OB/OGの有名人

株式会社おくりバント 代表取締役社長 高山 洋平氏

大学卒業後に不動産会社のトップ営業マンという経歴の後、現在の株式会社アドウェイズに入社。中国支社の営業統括本部長に就任するほど営業スキルが高く評価されていますが、実は営業以外のことが苦手である一面もあります。2014年に株式会社アドウェイズのグループ会社である株式会社おくりバントを創業。現在では「プロの飲み師」「豪快力養成講座」などで有名になっています。

アドウェイズの転職に関わるQ&A


平成30年3月31日時点では、連結従業員数は748名・単体従業員数は510名です。平均年齢は31.9歳で比較的若いと言えるでしょう。単体勤続年数は3年6ヶ月で、入社してまもない社員が多いことが伺えます。


アドウェイズではタイミングによって募集内容は変わりますが、基本的に企業ホームページに採用情報を掲載し、募集を行っています。営業職とエンジニア職は安定して募集している傾向にあり、公式ホームページでは募集している条件も明記しているため、転職活動の参考になるでしょう。募集要綱を確認できるページでそのままエントリーすることも可能です。


風通しが良く、新卒・中途関係なく社員同士の仲が良いのが特徴です。また、メンバーの意見を聞いてくれるマネージャーも多く、信頼関係を築けます。ただ、良くも悪くも若い社員が多いため、そういった環境にあまり慣れていない方は戸惑うかもしれません。

アドウェイズへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

アドウェイズの公式サイトにある採用情報ページから応募することができます。
公式サイトには求人情報をはじめ、社員インタビューや仕事環境、社員制度など、さまざまな情報が掲載されています。
また、現在募集を行っているポジションの条件などが掲載されているので、どんな職種が募集されているのか知りたいという方は、一度公式サイトをチェックしておくと良いでしょう。
ただし、掲載されている求人情報量は少なく、より詳しい情報が知りたい場合や公式サイトに載っていないような求人に応募したいという方は、公式サイトよりも転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

自分のペースで転職活動したいなら「転職サイト」

リクルートコミュニケーションズへの転職活動の際に、転職サイトを利用するという方におすすめなのが、掲載企業数がトップクラスで、ハイクラス求人が多い「ビズリーチ」です。
ビズリーチのメリットとして、自分の市場価値を把握することが可能で、希望のポジションや職種に転職がしやすくなることが挙げられます。
転職サイトを活用するメリットして大きく3つ挙げられます。

・求人募集が多数掲載されている
・自分のペースで転職活動が可能
・ネットで応募するだけなのでスピード感がある

自分の希望するポジションを探している方や、自分のペースで転職活動したいという方にはおすすめです。
また、転職エージェントを利用した転職活動を予定しているという方にも転職サイトがおすすめで、事前にリクルートコミュニケーションズへの募集内容や求められるスキルなどをチェック可能です。

「ビズリーチ」では営業やマネージャ職の求人が多数!

ビズリーチに掲載されているアドウェイズの求人を見ると、マネジメント職の求人が多数掲載されています。

※画像はイメージです。

営業やマネージャーなどの求人募集が多く、最低年収は800万円以上と比較的高くなっています。
また、非公開求人を豊富に持っているビズリーチなら、キャリアアドバイザーに相談することで非公開求人を紹介してもらえることがあるでしょう。
ただし、ビズリーチを含めた転職サイトは、応募資格などが詳細に記載されていないことがあるため、企業側が欲しがっている資格やスキルが分かりづらいこともあり、その結果、書類選考が通らないということも少なからずあります。
より確実な転職したいのであれば、転職エージェントの利用がおすすめです。

質の高い転職支援で転職成功率を上げるなら「転職エージェント」

アドウェイズへの転職で、転職エージェントの利用を考えている方におすすめなのが「JACリクルートメント」「マイナビクリエイター」です。

転職エージェントを利用するメリットとしては
・転職活動においてさまざまな面でのサポートが可能
・転職サイトに比べて企業とのマッチング率が高い
・非公開求人数を多数保有している
この3つが挙げられます。
転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書の添削や、模擬面接によるアドバイス、さらには給与交渉まで行ってくれます。
また、あらかじめアドウェイズへの転職実績があれば、転職先の現場社員や人事との人脈があるため、普通は知ることの難しい現場の情報を事前に聞くことが可能です。
初めて転職活動をする方や少しでも転職活動に不安がある方には、転職エージェントの利用をおすすめします。

幅広いサポートがあり、年収最高額1,500万円超えの「JACリクルートメント」

アドウェイズへの転職するうえで、転職エージェントを活用するなら「JACリクルートメント」がおすすめです。
専門性の高いキャリアアドバイザーが多数在籍しているため、アドウェイズへの転職がしやすくなるでしょう。
また、JACリクルートメントは両面エージェントであり、企業と直接的な繋がりを持っているキャリアアドバイザーへ相談することができるので、転職活動をより有利に進めることができます。
さらには、幅広いサポートがあるので、初めての転職活動や転職に対して不安や悩みがある方は活用することがおすすめです。

※画像はイメージです。

JACリクルートメントは基本的に非公開求人となっています。
企業名は伏せられていますが、ミドルやハイクラス求人が多数掲載されており、年収最高額が1,500万円となっています。
また、一般に公開されていないような非公開求人を紹介してもらえることもあり、思いもよらぬポジションを紹介してもらえるという可能性もあるでしょう。

クリエイティブの職種に特化した「マイナビクリエイター」

クリエイティブ職の募集も行っているアドウェイズへ転職するなら、クリエイティブ職に特化している「マイナビクリエイター」がおすすめです。

※画像はイメージです。

クリエイティブ職に精通している転職エージェントなので、自分のキャリアプランやスキルや経験の相談がしやすく、クリエイティブ職のことについて深部まで話せるため、安心して転職活動を進めることができます。
現在、アドウェイズの求人情報は掲載されていませんが、同業他社の求人は多数掲載されているので、一度チェックしてみると良いでしょう。

あなたがアドウェイズに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

アイレップの転職情報を紹介。企業売上や中途面接のフローなどをご紹介

▼下記は、アイレップに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアイレップに転職してくるのか ・転職先:アイレップからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

UUUMへの転職難易度は?年収や社員口コミを徹底解説

  ▼下記は、UUUMに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからUUUMに転職してくるのか ・転職先:UUUMからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

電通デジタルの転職情報まとめ。転職難易度や年収を紹介

  ▼下記は、電通デジタルに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから電通デジタルに転職してくるのか ・転職先:電通デジタルからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

博報堂マーケティングシステムズの転職事情とは?社風などを調査!

博報堂グループとして2017年10月に創業したのが博報堂マーケティングシステムズです。博報堂100%出資の子会社で、企業のマーケティング活動をサポートする基盤の情報システムの設計や開発および活用支援を手掛けています。 デジタルマー...

デジタルガレージに転職したい方必見。どんな会社なのかをご紹介

▼下記は、デジタルガレージに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからデジタルガレージに転職してくるのか ・転職先:デジタルガレージからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目...

Google(グーグル)への転職。年収は?英語力がないと採用されない?

  ▼下記は、GoogleJapanに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからGoogleJapanに転職してくるのか ・転職先:GoogleJapanからどこへ転職するのか 一般的な傾...

サイバーエージェントの転職事情。社員数や社風、残業などについて解説

  ▼下記は、サイバーエージェントに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからサイバーエージェントに転職してくるのか ・転職先:サイバーエージェントからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把...

電通への転職は厳しい?年収や評判など解説

  ▼下記は、電通に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから電通に転職してくるのか ・転職先:電通からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン...

アドウェイズに転職したい。年収や口コミ、面接内容を調査

▼下記は、アドウェイズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアドウェイズに転職してくるのか ・転職先:アドウェイズからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

リクルートコミュニケーションズの転職情報を紹介。口コミや難易度を解説

  ▼下記は、リクルートコミュニケーションズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからリクルートコミュニケーションズに転職してくるのか ・転職先:リクルートコミュニケーションズからどこへ転職す...

TOP